里山2016年12月05日 22時28分20秒

先日大銀杏を見に行った折、近くの在所の小径を歩きました。
いいですね。
いかにも里山という感じがしました。

コンクリートとガラスとそしてプラスチック大流行の昨今、こうした景色を見るのは逆に新鮮な気持ちになります。

それらを見ているとそこに住んでいる人びとの生活がイメージできます。
これが日本の本来の姿ではないのかなと思います。


夕日に柿の木が美しく、壁に映った影もまたいいですね。
トタン壁が半分塗りかけというのがまたいい。


ドラム缶はここに放置されてかなりの年数が経つのでしょう、錆びて割れてきています。穴のあいたところからは、草がでています。
鉄が自然に還るときは味が出てきます。


放置されたホダ木。
もうだいぶ経っている感じですが、自然のものはそのままでも景色になります。
これがプラスチックだと絵になりません。


この様々な形の石を積み上げたところが何とも味があります。
ドラム缶とカーブミラーの取り合わせも面白いです。


古い看板に貼り付けた広告はすべて禿げてしまっています。
アートのようです。

私も外国を歩くときは、こういう景色を楽しみます。
外国から来た人びとも同様にこうした飾らぬおもしろさを楽しむのじゃないだろうかを思っています。

日本のIRでお客様を呼ぼうとするその方向を間違わないでほしい、と望みます。

久しぶりの新宮とんぼ返り2016年12月04日 21時03分35秒

新宮の病院に用事があり、どんぼ帰りで自宅から新宮を往復しました。
行きは中辺路を回り、帰りは168号線を走りました。
距離はほとんど同じですが、帰りは雨も降ってきて何となく時間がかかっらように思えました。
それほど差はなかったのですが。

でも一日に360kmはいささかハードですね。


朝、道の駅龍遊で。バイクがたくさん休憩していました。
最近のツーリングバイクのトップケースはGIVIなどの高価なものより、DIYで売っている四角の工具入れが多いですね。
底が四角なので荷物も楽に詰められて何よりも安く頑丈ですから、いいと思います。

白見の滝

白見の滝がどうなっているか気になっていましたが、昔通りではありませんが復活していました。
崩れていた岩も取り除かれていました。

白見の滝

対岸の山崩れがあったところにも新しい橋が架かっていました。

白見の滝

川湯の仙人風呂も湯気を立てていました。
つかる時間はありませんでしたが・・。

川湯仙人風呂

トイレ休憩を兼ねて本宮大社。

熊野本宮大社

もう猿の年も終わりですね。

熊野本宮大社

そういえばカジノ法案が通りました。
これでうまく外国観光客を誘致できればいいのですが・・

いま熊野古道を歩いているのは8割が外国の方なのですが、歴史の息遣いやスピリチュアルな雰囲気を楽しみにして訪問してくれる観光客は、カジノにはいかないでしょうね。となるといいコンサートホールや会議場が必要となってきます。

オリンピック会場の話や築地市場のごたごたを見るにつけ、せっかくとおったIRへの足掛かりも、きちんと整備できて観光客をおもてなしできて、そしてリピーターにできるかどうか心配になってきます。

それに今の日本の街づくりはやりたい放題で、この街の景観はこう作っていこう、という明確なコンセプトがないのでめちゃくちゃで味気ない街が多くなっています。

外国の方は、日本の昔ながらの息遣いの聞こえる街並みや歴史的なものを見に来るのであって、外国と似たようなカジノでは、10年ほどで以前のテーマパークブームの二の舞となるような気がしてなりません。

現に世界的に見てもカジノの収益は下がってきています。

本当のIRを実現するために、無電柱化や公衆トイレなどの拡充をし、歩くだけでも楽しい街づくりをし、そのうえで必要な会議に参加していただいたりイベントを楽しんでもらったり、そしてカジノもありますよ、というのがいいと思うのですけどね。

ネットでの口コミで、これはいいというお墨付きをもらえるような街つくりをしそのうえで質の高いリゾート施設を作ってほしいです。

丹生酒殿神社の大銀杏2016年12月03日 22時04分06秒

イチョウの黄葉がきれいですね。
例年より少し遅れての黄葉ですが、あちこちのイチョウの黄葉にずれがあって、その分楽しめる時間が長いです。

今日は昼かなり遅くにかつらぎ町の丹生酒殿神社のイチョウを見に行きました。

綺麗でした。

たくさんの人が見に来ていました。
駐車場が狭いので、車がおけなくて難儀していましたが、そのうちの2台の人たちが、駐車位置の問題でもめていました。

「軽の癖にとは何ですか」

などと堂々巡りに言い合いをしていました。
だれの目にもあとから来た軽の駐車の仕方が悪かったのですが、「軽の癖に」といわれたことに腹が立ったのでしょうね。

丹生酒殿神社の大銀杏

このミカンの木の下から丹生都比女神社、そして高野までの熊野古道が新に世界遺産になった三谷坂です。

丹生酒殿神社の大銀杏

丹生酒殿神社の大銀杏

丹生酒殿神社の大銀杏

慶応4年の額です。
歴史があるのですね。

丹生酒殿神社の大銀杏

丹生酒殿神社の大銀杏

丹生酒殿神社の大銀杏

丹生酒殿神社の大銀杏

丹生酒殿神社の大銀杏

かなり大きいので樹齢を聞いてもだれも知りませんでした。

丹生酒殿神社の大銀杏

もう理屈抜きに、日本の秋の景色ですね。

近所のお年寄りが通りかかったので少しお話をしましたが、

「毎年このイチョウの下でコンサートをしますが、今年はあいにくの雨で子供会館でしました。今年は黄色くなるのが遅いね」

といい、

「また近いうちここの掃除に来なあかんのや」

いいながらお詣りを済ませ帰っていきました。
この後少し山手にある鎌神社にも参詣しました。
そのことはまたいずれ。

冬将軍が居座っていそうな日々2016年12月02日 22時15分05秒

池に写る紅葉 根来寺
今朝は気温が8℃でした。

だんだん寒い日が続きだしました。
あっという間に12月ですからね。
何となく時間の進みが早くなっているのを感じます。

今週は阪和線で2回も人身事故がありました。
月曜日と今夜、人身事故があり大幅に遅れました。
今夜はたまたま1時間遅れの黒潮が来たのでそれに乗りましたが、どうも人身事故は6月と12月に多いような気がします。

今日の昼過ぎ久しぶりにヨドバシへ出かけましたが、ひところと比べて外国の方が少なくなっているような気がします。
爆買いも一段落し、これからが勝負の時期でしょうかね。

そういえば、カジノ法案が審議されようとしていますが、ヨーロッパのようなグレードの高いカジノを作ってほしいですね。
本当の意味でのインテグレーテッドリゾートを、どこにどう作りどう育てていくか、という論議が必要ですね。

単に収益のための施設づくりをするとまた本質がわからなくなります。
大阪の発展を考えるなら、コアに立派な国際会議場や博物館や美術館を併設し、その中に「カジノもある」世界の都市の見本のような都市つくりをしてほしいと思います。

日本はいつも言葉ばかりが先に走って、頓珍漢な結果に終わっていますからね。

もちろん私などはカジノには行けないでしょうけど。
そういえばカジノでトランプさんを負かした日本人がいたとか。

秋も終盤になってきましたがまだまだ紅葉しきってないところもあります。イチョウはもう時期を過ぎました。

写真は根来寺の池に写るカエデの紅葉です。
カメラはオリンパスPEN PL2 レンズはニッコール70-300mmです。

この国の行方2016年12月01日 22時05分47秒

CB400SS
最近のテレビなどで、高齢化社会と宣伝されて、いろいろいわれています。現役時代に競争社会を生き抜いて、やっと楽になったと思ったら今度は老後の生き残り競争です。

これまで国は、かっこいい事ばかりを言って高齢社会が到来する、と口では課題として検討しているようなことを言っていました。

ところが高齢化社会になればどういう問題が起きるかとの見極めと各省庁間の連携が全然されていません。
個々バラバラでは高齢化に向けた社会構造造りができません。

例を挙げれば、今頃になって高齢者の交通事故が多い、とあたふたしていますが、それはすでに分かっていたことです。
それに対して何の対策も立てていなかったですね。

高齢社会に対する社会構造をきっちりと打ち立てなければいけないときに、たくさんたまっていた年金を、価値の少ないけれどたくさんの費用で厚生年金施設をあちこちに建て、いろんなプロジェクトに浪費して、年金支払いができなくなるとそのしわ寄せを国民に押し付けました。

そして誰も責任をとっていません。

これでは国を信用できなくなり、年金積立をしない若者が増えるのは当然ですね。

国や議員さん方も、そして「専門家」も皆が抽象的なことばかり言って、結局は高齢者のタンス預金や年金を少しでも出させようという魂胆が見え見えです。

ほとんどの人は、せっかく一生懸命働いて自分がやりたかったことをやろうとしても生活がしにくいのと先行きの不安があるため働いたり倹約しています。
国はカッコよく生涯現役を目指そうといって、鞭打っています。

そのくせ老人用のケア施設は民間任せ、医療費は上げようとする、年金支払いは抑えようとする。

ホントにこの国はどこへ行くのか、心配です。

そういう意味でトランプさんはいいも悪いも本音でしゃべっているのである意味わかりやすくていいですね。
実際に大統領になった時どういう政治をするか楽しみです。

いずれにしろ最後は国や人に頼るのではなく、自分が頑張る以外ないのですけどね。
アクティブな生活をし、いけるところまで行きたいと思っています。

そういう意味では、写真やバイクはいいですね。

写真は根来の大門前です。
トップケースの前のカバンにはいつでもコーヒーが飲めるようにシェラカップとコンロ、そして雨具などが入っています。この前まで通勤に使っていたスリーウェイバッグです。

さらに寒さがつのってきました2016年11月30日 22時21分48秒

最近健康番組がやたら多いです。
また薬やサプリメントの宣伝も、足腰にいいもの元気が出るものなどいろいろ出ています。
「1000万人御愛用」などといっているサプリメントがありますが、あまりにかけ離れた感じの数字が出てくると何となく胡散臭さを感じる時があります。

サプリメントの効能書きそのままにいろいろ飲み合わせれば、認知症にもかからず足腰も弱らずですが、そうはいかないですね。

お医者さんに聞いても、

「飲んでも害はありませんが、特にドッテことのないものばかりです」

と答えが返ってきます。

でしょうね。

昔ながらの薬草やお茶などは、安定して健康のためにいい、というのがわかります。
緑茶カテキンやウコンなど昔からの食品や嗜好品がいい感じですね。

アマゾンやアフリカのジャングル地帯にも、まだ発見されていないいい薬草があるでしょう。
何年か前、アメリカで健康サプリメントが大はやりしたのですが、その限界が見えて、
すしなどの健康食品に移ってきたのはよく知られたことです。

日本は今、サプリメント大はやりですが今一度、日本のいい食材を見直す時期かもしれません。たくさんある健康番組を見るたびにそう思います。

自分の体が加齢とともにガタが来つつあるのを感じるので、余計その思いが強いですね。

写真は子供の頃よく来たポンガシ屋さんです。

1975年です。

お米をざるに入れ砂糖を持って、「ポン」といわせてもらいに行きました。
いまでもお店でポンガシを売っていると、つい買ってしまいます。

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

ホップが認知症にいい!2016年11月29日 12時28分19秒

フェイスブックの書き込みに、ビールが認知症対策にいい、と書き込みがあったので、ちょっと調べてみました。

「認知症の1つであるアルツハイマー病は、アミロイドβという物質が脳内に蓄積し神経細胞を破壊してしまうのが原因であるとされています。戸部さんは当初、このアミロイドβの作用を阻害する方法を考えていたそうですが、それではうまくいかず、次に神経細胞そのものを守る実験を行いました。

その中で、ビール醸造によって生成される物質、イソフムロンをブタやウシの脳へ投与すると、脳細胞の破壊が止まったといいます。

イソフムロンはほかにも、骨粗しょう症を予防する効果があり、またビールはワインと同様の抗酸化作用を持つことから、認知症以外の老化防止にも期待されるそうです。

適量ならビールも薬になるということですが、ただアルコールに弱い人が無理をしてビールを飲む必要もありませんし、飲みすぎはかえって体を壊します。戸部さんは「そういう場合は、ホップ成分が多く含まれるノンアルコールビールを選ぶのもいいでしょう」(同書より)と語ります。」

ということが書かれていました。
いいですね。
これからのどが渇いたときは、ジュースなどをやめて、ノンアルコールビールですね。

運転しても大丈夫ですし。
それにしても古代から飲まれている、コーヒーやお茶そしてビールやワインなどはそれなりに有効成分があるのですね。

何となくせわしなくなってきました2016年11月28日 21時50分40秒

もうすぐ11月も終わります。
なんとなくあわただしくなってきました。

今日の新聞で福島の賠償と廃炉で、費用が20兆円いると記事がありました。

信じられない金額ですね。

大きい金額といえば年末ジャンボ宝くじ。

我々貧民は、10億円当たるより200万円位をたくさん当たるようにしてくれた方がいいですね。

通勤帰りに電車の釣り広告を見ながら、

「10億円当たったら、あそことあそこに1億円寄付をして、残りでキャンピングカーを買って世界一周だね」

とかいろいろ夢のまた夢を考えながら立ってました。

10億円当たったら、人にもよりますが、おおかたはそれを守りにはいるような気がします。
それか反対に札びらを切って遊びまくり、体を壊すかですね。

200万円くらいだったら、あぶく銭なので、一気にほしいカメラとレンズを買うでしょうね。
大きな額より、そんな使い切りしやすいくじのメニューを考えてほしいです。経済が活性化しそうな気がします。

それと、原発の廃炉費確保の宝くじなんてのもどうでしょうかね。
国民が一緒になってリスクに対応するために、税金じゃないお金を貯めるのにいいですね。

宝くじを買わないものがいっても仕方ないですが・・・

今の日本はすべてにバランスが崩れてきているので、なるようにしかならないという厭世観が次第にふくらんできているのが、少し心配です。

写真は通勤ルートにある大阪フェスティバルホールのライティングです。
もう師走の雰囲気です。

スズメバチの巣が我が家に2016年11月27日 14時37分33秒

昨日スズメバチの巣があるということを聞き、朝さっそくその巣があるというつつじの木を見てみました。

びっくりでした。

直径25センチから30センチの大きなスズメバチの巣がありました。
羽音がしなかったのですが危険を避けて遠くから殺虫剤を巣にふりかけ、様子を見ました。(これもかなり危ない作業なのですけどね)

キイロスズメバチの巣

それでも静かなので意を決して、枝切りばさみを使ってつつじの木からはがしました。
巣はウンともスンとも言いませんでした。

キイロスズメバチ

この状態で中にたくさん成虫がいたら間違いなしに刺されるでしょう。
かなり緊張しました。

キイロスズメバチ

羽音がしないので鋸で巣をバラいてみました。

すると幼虫がたった一つ巣の中にありました。
まだ腐ったりミイラ化していないところを見ると全滅したのはそう遠くない時期かもしれません。

キイロスズメバチ

そして成虫が3匹ほど死んでいました。

キイロスズメバチ

どうしたのでしょうね。

何かに襲われたか殺虫剤か何かで全滅したとか。
それでもここまで巣を大きくするとしたら、かなり周りをブンブン飛んでいたはずです。
気が付かなかったです。

知っていたら巣をいじくって刺されたかもしれません。
近所の人にも被害がなかったのでラッキーでした。

蜂の種類はキイロスズメバチだと思います。
2,3年前にも軒下に巣をして大騒ぎしました。

それでもこの全滅の仕方は尋常じゃないのでハチ事ながら、心配します。
自然の営みの途中で支障が出、全滅したわけですから。

CBで龍門山へ2016年11月26日 22時54分38秒

朝から腰が生痛く、本格的に痛くなる前に対策をと、龍門山に登ることにしました。
CB400SSで登山口まで行き登りました。

時間もなかったので頂上へは行く気はなく、30分ほど登ったところでコーヒータイム。

実は鳥も撮りたかったのでボーエンを持っていきましたが、活躍できずじまいでした。
少なかったですね。

HONDA CB400SS

こんな山道はやはりKLE400のほうが安心して突っ込めました。
CBだとフロントサスのストロークが短いため少し荒れた道に来るとちょっとはねる感じですね。

HONDA CB400SS

コントロールはできるのでまずは及第点かな。

HONDA CB400SS

30分登ったところで鳥待ちを兼ねてコーヒータイム。今日はインスタントでした。
も少し上に行ってもよかったのですが雲行きが怪しくなってきたので引き返しました。

HONDA CB400SS

山の紅葉はもう少しというところでした。

HONDA CB400SS

キューバのカストロさんがなくなりました。
だんだん時代を動かした人が少なくなっています。

ゲバラさんとともに、一時期ヒーローでしたからね。
次はどうなるのでしょう。
カリスマがなくなった後、政治がどう動くか注目したいと思います。