もう12月も2日目2020年12月02日 20時48分14秒

今日も暖かだった。
今日こそはゼロかなと朝一番に我が県のコロナ患者数を見るが、減らずにむしろ増えている。
今までは大阪で飲み食いしていたり通ったりして感染しているのが最近は家庭内や施設内が多い。和歌山はまだ病室がいっぱいというのは聞かないが、このまま増えれば危なくなるのは必然の理である。

よその患者の多い県では、医療従事者の心身の疲労がピークに達しているという。
政府は、新規感染者数が減らない場合どうするのだろう。
決断が遅いのはAさんからSさんに移行しても全然変わらない。
いったん限りなくゼロに近いところまで持って行き、それからGOTOをやっても遅くはなかったはずである。台湾やニュージランドがいい例である。なぜ日本でできないのか。

今のままでは働き方や観光のあり方など旧態依然のままとなる。
コロナを機会にすべてが変化すると期待したが、このままでは変わらない。

今日ニコンの28-300mmにテレプラスをつけたらどんなに写るかを試した。
まずまずの写りであった。これがきちんと写れば持ち運ぶ機材が少なくなるのである。






コーヒーを飲みながら鳥を待ったが、いいのが来なかった。というより木の中を飛び回るのでピントが合わない。とは取れなかったものの言い訳かな。

インフルエンザ注射をしてきた2020年12月01日 21時44分21秒

今日は朝からいい天気。
しかしどこへも行かなかった。

夕方4時に約束していたインフルエンザの注射を近くの医院に、打ちに行った。
午後の診察は四時から七時と言うことで、待合室には私一人だった。

問診票を渡し、少し待った。
その間熱を測ったが36.5度であった。
先生の声がしてまもなくよばれた。
「痛くないように打ってくださいね」
「それなりの痛さはありますが、ハイ、チクッとします」
あっという間に終わった。
最近の注射針は痛くない。打たれる方とすればいいことで、針先の研究が進んでだんだん痛くなくなってきた。それに昔は注射器を使い回しをしたので終わり頃打つ人は針に他の人の油が回って切っ先が鈍くなり余計痛かったと思う。
とにかくインフルエンザの注射は終わった。
早くコロナ注射がほしいね。

ウイルスがはびこるたびにワクチンを作っていたら、シーズンが始まるごとに何種類かのワクチンをうたなけらばいけなくなる。

写真はスズメ君達が電線で集まっているところ。昔はもっと多かったけどね。でもまた最近増えてきたかな。

スズメ

やはりつかまりやすい細い電線にとまっているのが多いね。

スズメ

注射を終えて医院の前の電柱。彼らは別のグループだと思う。

スズメ


今日は医院への往復とスーパーで少し歩いて、一万歩を楽にクリアしていた。
よしよし。

はっきりしない天気だった。2020年11月30日 20時57分50秒

もう11月も終わり。
早い、あまりにも早くに時間がたってしまう。
コロナで予定が大きく狂っているのは私だけではないが、どこへも行けないのは残念である。
コロナ患者は和歌山でもだんだん増えてきた。
今までは大阪由来だったが、元々のわからない感染者が増え出した。

このまま行けば400人に達するのも時間の問題である。
これが40年前だったらと思うと寒くなる。
今でもバタバタしているのに40年前だとどうなっているだろうか。
医療は今ほど進んでいないので感染すると死を覚悟しなければいけないだろうね。

そんな1980年11月に撮った大阪の質屋さん。
最近は質屋に質草を置かずネットのオークションなどで売っている。
その方が売れるだろう。時代とともに商売も変わってきた。


仏像とカメラが売られている。


雑多なものが売られていた。


最近こういう楽しいお店がなくなってきた。
どこか取り澄ましたよそ行きの店になってきた。

天気予報は寒くなると行っていたがそうでもなかった2020年11月29日 19時51分48秒

今日は割と暖かだった。鳥撮りの気持ちやみがたくカブちゃんで走った。
はじめはミサゴを撮りに行こうと思ったが、少し雲があったのでやめ、カワセミを撮りに行こうとも思ったが、長靴を履かないと行けないので、結局は粉河にした。
粉河の河川敷の東屋で昼ご飯にした。今日はおかずがあり少しリッチ。


しばらく鳥を待ったが鳴き声もしなかった。
それでもカメラを用意して待った。
待つときは来ないのはすべてに当てはまる。
場所を変えてバイクのところでいると、突如木のてっぺんにトンビでより大きな鳥がとまっていた。
135-400mmでカシャカシャ!
撮れた。
トンビではない。




家で図鑑を見ても該当する鳥がいなかった。最初はクマタカかと思ったが特徴である羽に白い筋が見えない。
何という鳥だろうな。
この鳥がいなくなってしばらくしてツグミの群れが同じ木にとまった。


鳥を撮るのはいいが種類がわからないので難儀する。
しかしこれでミサゴ、カワセミ、種類不明のタカ類の撮影ポイントがつかめた。


こちらは鳥人間の集団。ここがハンググライダーの着陸ポイントのようである。
今度は近くまで行って撮らしてもらおう。


帰りはかなり夕暮れてきた。

クロスカブCC110

クロスカブCC110



日が落ちてしまった。

今日の天気予報は晴れだったが・・2020年11月28日 21時39分07秒

今日は確か悪くても曇りであったが、雨が降るとは思わなかった。
パソコンをたたきながら古い書類の整理をした。

私の散歩のコースに小さな神社がある。
鳥居に扁額が上がっていないので、名前も地元の人に聞かなくてはわからないのだが、遠い昔には今の大きな神社などもこのくらいから大きくなったのではないかと思う。

今の商売優先のキンキラキンの神社より、こうした地元に根付いた神社が好感が持てる。こうした神社を探し、記録していくのも面白いなと撮りながら思った。

神社は田の中にあった。神社の続く道は狭かったがいい街並みであった。


田の中にある。


一応祠がある。


小さいながらも威厳がある。


昔ながらの街並みである。

コロナ患者がますます増えてきた。2020年11月27日 21時45分18秒

晴れた日が続く。
しかしコロナ感染はますます増えていく。
国民のほとんどがまだ早いと危惧したGOTOトラベルはやはりトラブルになった。

人が動けば感染が拡大するというのはこれまでの経験からわかると思う。
GOTOイートの方もそれに輪をかけている。
相乗効果で患者数が増えてきた。

それにしても患者がこれだけ増えてきても看護体制の対策や治療機関への対応は過去の感染拡大のときと変化ないというのはつらい。
GOTOトラブルに追われて肝心な所に注力していないのが見え見えである。
シミュレーションをするためのソーゾーリョクがないのだね。
もう一つの関心事には、Aさんの悪さ加減が暴かれているがどういう決着をするかがある。

今日はウンドーフソクを少しでも和らげようと緑花センターへ行ってきた。
鳥も鳴き声はするが林の中で飛び回って姿が見えない。唯一メジロがカメラにおさまってくれた。


ユズリハの実をたくさんで飛んできて食べていた。


「チッチッチ」と鳴きながら飛び回っていた。ピントが合わせにくかった。





いい天気だったが・・・2020年11月26日 20時51分04秒

いい天気だったが、夕べ3時頃目覚めてそれから寝られず一日ボウとしていた。
しかしここ2,3日歩いていないので、少し歩いた。

135-400mmズームのレンズテストをした。
何とか写っていた。
この頃イソヒヨドリのメス。
この頃雄も雌も軒先でじっとしていることが多い。



丸太川を泳ぐ鯉。なぜかここの川の水は赤い色をしている。


ススキが綺麗だった。これはフツーのワイドズーム。


散歩途中のおうちで、コロナ予防のためのマスクをたくさん干していた。
物干し竿代わりのパイプがいい。これだけ日が当たっていればウィルスも死滅するだろう。

それにしてもコロナウィルスの伝染力はすごい。
その中でカラオケ大会などを開催するのは間違っている。
今やどこで誰が感染しているかわからないのである。
リスクは避けるべきである。
こちらも奈良や京都に行きたいところだが、我慢している。

だんだん寒くなってきた2020年11月25日 20時36分30秒

みつ昔ほど前(ひと昔ではない)は6X6版や2眼レフ、35㎜では一眼レフにレンジファインダー。
ハーフサイズにワンテンいろいろあってそれぞれが特徴や個性があった。
フィルムも写りの違いがいろいろあってそれぞれが個性的だった。
撮るものによってフィルムを変えた。

それらをためつすがめつして、あのカメラはいいこのレンズはこう写る、と話し合ったが、今のカメラはその楽しみがなくなってきた。
値段の高いのがとにかくよく写る。レンズのコーティングもよくなりクリアな写りをする。fF値も明るくなって馬鹿高いレンズが多くなり、手が届かない。

カメラ談議が好きだった仲間5人もみんなこの世からいなくなり話し相手もなくなった。
カメラも車も各メーカーとも同じようなスタイルになってきた。
フジフィルムとライカが頑張っているが・・。

とは言いつつも写真を撮り続け、情熱を燃やし続けている。やっぱり写真が好きなのだね。
写真は1979年5月発売のオリンパスXAを買い、8月に撮った大阪駅前のスナップ。
小さいがよく写り、相手に気づかれずにシャターが押せた。
多分今はもう撮れないと思う。
今でもこういう街角を撮るのは好きである。

オリンパスカメラ

XA三機種とPEN。

大阪街角

大阪街角

大阪街角

大阪街角

大阪街角

今日は少し寒かった。2020年11月24日 20時37分23秒

とうとうTさんも政権を譲る。
とはいいつつ完全に決まるまでいろいろ手数が必要らしい。
そのシステムはにわかにわかりづらい。
いずれにしろ早く動き出してほしい。

GOTOも依然バタバタしている。
決断が遅いね。

これをたたきながら時々日本シリーズの経過を見ているが、すでに0対2でソフトバンクが勝っている。
なんとなくまた今年もソフトバンクのワンサイドのような気がする。
ベンチを見てもソフトバンクの選手の方が生き生きとした顔をしている。
最近は巨人の選手は菅野しか知らない。
後の選手はほとんど知らない。
そういえば相撲もあまり関心がなくなった。
大鵬や柏戸が元気だった頃は星取り表まで作って優勝予想をしたけどね。
こんなことを言うと古いといわれるだろうね。

もう一つ、最近年代を感じるのは、若い人の名前が読めず書けないことである。
画数の多い字など特に難しい。
ハンコレスを言われているが画数の多い字を使った名前の人はサインするとき困るのではないかと思ってしまう。

今日も500mmを持ち出して鳥を撮りに行ったが、緑花センターは休みだった。


練習を兼ねて根来の道の駅近くの、ため池の鳥を撮った。


月は東に日は西に。月がくっきりと青空に浮かんでいた。
満月ではないが500mmだとこの大きさで撮れる。
手前はハゼノキ。

今日から寒くなるのかな?2020年11月23日 21時09分01秒

今日一日すっきりしない一日だった。
ウォーキングにもいかなかった。
少しウンドーフソク。

今朝のモーニングショーで今の政府のやり方は戦前と同じだということを言っていた。
私も戦前の実際は知らないが、本などで読んで、これはだめだったということを今またやっている感じがする。
GOTOについても政府のやったことだから政府がガイドラインを早急に出すべきで、決め事を各自治体に任せるのはおかしい。
縦割りをなくそうと言っているが、今回のコロナに関することはすべて縦割り政治の悪さ加減が出ている。
それらをかじ取りする人がないからいつまでもあたふたしている。
国民には手の内を見せず「こう決めたから従え」という感じである。
どこかおかしく民主的でない。

写真は京都の街角。