町石道てくてく2017年02月26日 20時54分27秒

今日も朝から割といい天気でした。
またミカンを庭の木に刺しました。

早速ヒヨドリがやってきました。
結構面白いのと、レンズのテストに彼らを撮りました。

今日はOM-DにトキナーSD70-210mmf4.0-5.6をつけ撮ってみました。
ズームで210mmにしたときどう写るか楽しみでしたが、そこそこ写っていました。

210mmではいまいちアップできないのでOMマウントのケンコーテレプラスをつけて140-420mmで撮ってみました。

やはりコントラストは悪くなりますが、これもなんとか写りました。

これは使えるという判断をし、昼から歩いた町石道に持って行きました。

ヒヨドリ

これがトキナー70-210mmf4.0-5.6で撮ったものです。

ヒヨドリ

トキナーSD70-210mmf4.0ー5.6にケンコーテレプラス×2倍をつりつけた撮ったものです。

コゲラ

まず天野の丹生都比米神社から笠松峠まで歩きましたが、その途中の木の上で、「コンコン」と音がしていました。
「ん、これかキツツキの音じゃないかな」と上を見るとコゲラが木をつついていました。
私にとっては滅多に見ることがない鳥なので、トキナーを210mmに延ばして撮りました。
300mmくらいがあればきちんと撮れたのにと少し残念です。
暗いし鳥が頭を高速で木に打ち付けるので撮り難かったですね。

コゲラ

頂上の六本杉。

町石道 

はい、ブランクのところに文字を入れなさい、という感じの看板。
どんな言葉が書かれていたのでしょうね。

町石道

ここを歩いた人がぶら下げていったのですね。

町石道

椿の季節です。

町石道

二つ鳥居の手前に展望台があり天野の里が一望できます。

町石道

コーヒーブレイク。

町石道

町石。

町石道

二つ鳥居。

町石道

町石道

行き過ぎていった男性。慈尊院から大門まで歩き、また慈尊院に戻るということでした。

「すごいですね」
「いやいや、慈尊院までだから暗くなるかもしれないね」

といいながら元気に歩いて行きました。
子供さんを連れた男性も行き過ぎましたが、その方は天野の方で、

「いやこの道を時々倒木などがないか見回っています」

それで以前と比べるとずいぶん歩きやすかったのですね。

ありがたいですね。世界遺産になったのでこれからもいい道になるでしょう。

町石道

いろいろあちこち、歴史を見学してきましたが、また別に日に・・。

ヒヨドリくんいらっしゃい2017年02月25日 10時03分23秒

昨日はプレミアムフライデーだったのですね。

この日本で3時に帰って、休める人が何人いるでしょうね。
日本人の働き方として、普段から業務を集中してこなして成果を上げるというものではないため、政府の意図するような休みはできないでしょうね。

外国の人の話を聞いても何かひらめいたときは何時になってもそれをやり遂げ成果が得られれば後はリラックスするという働き方ということですが、日本のような仕事ぶりでは難しいでしょう。

今朝は朝からいい天気でカシオを使ってヒヨドリを撮ってみました。
使い古された撮影方法ですが、結構面白いです。

家の中にいてコーヒーを飲みながら、刺したミカンにヒヨドリがやってくるのを待ちました。

すぐやってきました。


ヒヨドリ

よく食べます。



大きい袋の時はいったん上に放り投げるようにして食べます。

ヒヨドリ

この鳥のおかげでほかの鳥が寄りつかず、せめてメジロをと思っても彼らがすぐ追い払います。

ヒヨドリ

このレンズ部と本体とが分かれ、リモートで撮影するという機能はなかなか使い勝手がよく使えます。

気をつけなくてはいけないのがピント位置で、これはターゲットをきちんとしないといけませんね。
また何か面白い使い方ができないか考え中です。

CB400SS

先日カシオにオプションのクリップを買いました。
レッグガードに取り付けて少し走って見ましたが、なかなかいい具合でした。
スクリーンにつけようと思いましたが、角度がよくなく何か工夫をしなければなりません。

紀ノ川釣り

久しぶりに紀ノ川にでましたが釣れませんでした。
昼食はインスタント食品でした。なかなかの味でした。
箸を忘れましたが、周りは木だらけで、いくらでも作れます。

紀ノ川

土手の木々は葉が全くありませんが、きっと春を迎える準備をしていると思います。

CB400SS

釣りにはCBで走りました。快調でした。

CB400SS

骨を折らないように2017年02月24日 23時25分32秒

今朝は5℃でした。
これはバイクで、ということでCBで走りました。
峠は3℃でしたが、風は間違いなく暖かくなっている感じがします。

今日会社が事務局をしているソリューション会に参加しました。
毎回医療関係の著名な先生の講演がありますが、今日の講演のテーマは、

「ロコモティブ症候群と運動器疾患の治療」

でした。

「骨を折ると寝たきりになり結果的に認知症になってしまうので、普段から骨を折らないようにしましょう。そして折ったときにはこんな治療をします」

というのが大きなテーマでした。
治療方法などの具体的な写真がありよくわかりました。
ビタミンDと適度な運動が必須ということもよく理解できました。

私はバイクに乗るのでコケないようにしなければ、と思いました。

実は今朝電車の中で、ズボンのファスナーが壊れフルオープンになりました。
コートを着ているのでわからなかったのですが、会社ではシャツになりますので女性社員に針と糸を借り縫いました。

今夜は帰りが遅くなりました。

暖かくなってきました2017年02月23日 22時23分03秒

今朝は家の中より外気温の方が暖かでした。
バイクでいけると思っていたのですが結局車にしましたが途中で土砂降り。

駅に行く頃にはやんでいましたが、電車の点検をしたということで電車は30分遅れ。

30分前出発予定の電車に待たずに乗れたため、結果的に会社には10分早く着きました。こういう延着もあっていいかな。

そういえば夕べの帰りの電車でホームにおじいさんが倒れ、近くにいた人が心臓マッサージをしました。

私の座っている場所の前でしたので一部始終を見ることができました。
マッサージをし始めてほどなく倒れた方の指が動き出しました。
あ、これで大丈夫、と思っていましたが、マッサージをしている男性はそのままマッサージを続け、
「AED早く持ってこい」と駅員さんに言っていました。

見ると口から泡を吹いていました。
「ん、これはどこかで見たことがある」
すぐ気がつきました。その方の持病で倒れたのです。
中学生の頃近所の先輩がよく昏倒していたのを思い出しました。

重大な発作でなかった証拠に、駅員さんが担架に乗せようとした頃には気がつき担架に乗らないといって手で払いのけました。

いちおうAEDはセットしましたが、
「AEDは必要ありません」と機械がしゃべりました。

心臓マッサージはする必要なかったかも。

でも一時はびっくりしました。元に戻ってまずはよかったと周りのひとと、頷き合いました。

10年以上通うといろんなことを目撃します。
ま、そのたびに電車は延着するのですが・・・

写真は毎年2月にある御灯祭りです。
これは当時はやっていた赤外線フィルムで撮りました。
どんな写りをするかわからなかったのですが、なんとか撮れていました。
灯火の明かりが丸く写るのがこのフィルムの特徴ということもわかった写真です。
1982年2月6日です。
もう長いことこの祭りに行っていません。

明日は晴れてほしいですね。気温も上がってバイクで行けるかなー

文字の読み間違い2017年02月22日 12時32分47秒

今朝もバイクで出ようと思いましたが、-2℃でしたのであきらめました。
いつまでも寒いと思いますが、来週はYAHOOお天気を見ても比較的気温が高いので楽しみにしています。

世の中のことを言えば、安倍首相が、「民進党の皆さんだとはひと言も言っていない。訂正でんでんとの指摘はあたらない」と字を読み間違って答弁したということが話題になっています。

自分で書かないからこうなるのでしょうね。
私もその昔、議会答弁用の回答を何度か作ったことがあります。

その時は、読み間違いがないようにあんちょこを作り、渡しました。

今の議会答弁のドタバタは、自分の言葉を持たないから話がややこしくなるのでしょうね。
いいも悪いもトランプさんをはじめ各国のトップは大概の事案には、自分で即座に答えています。

小学校の英語もいいですが、ディペート能力を鍛えるように学校でもそんな時間を取ってほしいです。外国ではその時間が多いようですね。

私たち日本人は子供の時からろくな討論もせず、なあなあの会議ばかりをやってきて、今の国会風景につながっている感じがします。昔と変わっていません。

文字の読み間違いですが「凡例」を「ぼんれい」、「廉価版」を「けんかばん」などという人が結構たくさんいます。
「楡家の人々」を、書店で「ひのきけのひとびとってありますか?」と大声で聞いていた人がいましたが、その時は店内のお客さんがみなそっちのほうを見ましたね。

五木寛之さんが講演で、「親鸞(しんらん)を『おやどり』と読む人が増えてきました」と嘆いていました。

私の場合は、読みよりも筆順がめちゃめちゃで、これはもう一度勉強しなおさなければなりません。人前で筆順が違ったら恥ずかしいので少しづつ直していますが追いつけません。

それと気を付けなくてはいけないのが最近ではパソコンによる文章の変換ミスですね。これはよくあります。
議会討論用の文章が変換間違いしていてそのまま読まれたりしたら、またまた大騒ぎになるでしょうね。

写真は、昨夜の街角風景と今朝の風景です。

街角

街角

世界遺産 高野街道 三谷坂(3)2017年02月21日 12時25分09秒

今朝はバイクで出ようと思っていましたが、気温は3℃でした。
少し気温が低すぎるので車にしました。
駅までの道も寒かったです。

春一番が吹いたそうで、もうじき暖かくなるでしょう。
最後の寒さかな。
少し暖かくなると雨が心配ですが・・。

昨日に続いて三谷坂です。

昼食の後少し登ると頰切地蔵がありました。
地蔵さんはなるほど、頬が切れていました。岩の割れ目ですね、といってしまえばロマンがありませんが。





きれいな水がどんどん出ていました。
コーヒー用にと汲みました。


かなり疲れた頃にまっとう岩があります。
はじめは探せず行ったり来たりしましたが、ここまで来て見ないで帰るのもしゃくなので探しました。

大きな岩がありました。

昔は山の下の方からでも見えたようですが、杉の木がそれを遮ってしまったようです。

杉を植えてしまって、水も涸れるしポイントが見えなくなるしでいいことないですね。

こうして伝説が消えてしまいます。



やっと笠松峠に出ました。


先週降った雪がまだ残っていました。
かなり降ったのですね。


天野の田が見えてきました。
天野米は有名です。


丹生都比売神社には3時前に着きました。
帰りの交通機関にバスを予定していたので、バスの時刻まで休憩することにしました。


コーヒーをわかし握り飯を食べました。


帰りに乗ったコミュニティバス。


乗客は二人だけ。赤字ですね。
バスの出発時刻まで運転手さんに道のことなどをいろいろ聞きました。


バスに張っていた和歌山弁の注意事項。
もうじき英語と中国語と韓国語が必要になってきます。


バスは4時半に出発し、東渋田で降り、そこから三谷公民館まで歩きました。
これが結構な距離でした。
普段運動不足なのでちょうどいい歩きではありましたが・・・。

世界遺産 高野街道 三谷坂(2)2017年02月20日 12時30分38秒

昨日の続き。
とにかく坂は登りばかり。
最近山に登っていないので、足が少し身がいりかけていました。

天気がいいので川を隔てて向こうのかつらぎ山系がよく見えました。


涙石には1時到着。
説明板を見るとこの石からの湧水は枯れたことがないということでしたが、今は流れていません。
枯れてしまっています。

山を見てその理由がわかりました。
杉林にしたためですね。
これが落葉広葉樹林であればかれることはなかったと思います。

杉を伐採したら次は落葉広葉樹を植えてほしいです。
そうすればここの水は復活すると思います。

世界遺産 高野街道 三谷坂

世界遺産 高野街道 三谷坂

杉林のはじめは結構明るいですが、進むにつれて暗くなります。

世界遺産 高野街道 三谷坂

誰かが掛けた遍路道の札。

世界遺産 高野街道 三谷坂

昼食は調理の難しい?、アルファ米のエビピラフ。

おいしかったですが、調味料を入れるのが遅くて途中でふたを開けたりしたので本来の食感と味でなかったかもしれません。

この日はこの四角のコッヘルの使い初めでした。
このコッヘルだとガスバーナーとボンベ、脚などがこのコッヘルの中に収容できるので、かさばらなくなりました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

道はますます暗くなります。

世界遺産 高野街道 三谷坂

この辺にも住宅があったような感じの石積みが続いていました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

道はいいけれど、下りが全くなく普段登っている山以上にきつく感じました。

この後はまた明日。

世界遺産 三谷坂2017年02月19日 22時54分43秒

今日は朝からピーカンでした。
昨年世界遺産に追加登録された三谷坂を歩くことにしました。

出発は11時15分でした。

世界遺産 高野街道 三谷坂

もう梅がよく咲いていました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

歩き始めにまず宮滝の滝の音が聞こえます。
滝壺にいきたかったのですが、危険で降りるなという看板がありパスしました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

コンクリで簡易舗装された道が上りばかりで続きます。

世界遺産 高野街道 三谷坂

途中の畑にあった木のこぶ。
はじめは蜂の巣かなと思いました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

ウルグアイラウンドの道路整備が行われています。
かなり以前から工事が行われていますがなかなか完成しません。

世界遺産 高野街道 三谷坂

世界遺産 高野街道 三谷坂

工事中の道が見えてきました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

ピーカンの空を切り裂くように飛行機雲。

世界遺産 高野街道 三谷坂

道を掘り下げています。

世界遺産 高野街道 三谷坂



世界遺産 高野街道 三谷坂

世界遺産 高野街道 三谷坂

経文岩には12時半につきました。

坂は上りばかりのままさらに上に続きますが、この後はまた明日。

CB400SS ETC取り付け2017年02月18日 20時59分15秒

今日は朝11時ころからCB400SSにETCを取り付けにいきました。
バイク用のETCはめちゃ高くて、便利なのはわかっていましたがつけずにいました。

ところが政府の方で普及率が低いので補助金を出すという話を聞き、それではつけようか、と思い申し込みました。

ところが熊本の地震で製造元が被災し、製造できず結局1年くらいかかりました。
見た感じ自分でもつけられそうですが、取り付けは業者がやらなければいけない感じでしたので、ETCを申し込んだバイクショップに持ち込みました。

実はKLE400で申し込んでいたのですが、途中でバイクを変えたので、変更して今日になりました。

CB400SS ETC取り付け

一体型なので取り付けはせずにタンクバッグに入れて走ることにしました。
配線だけを頼むことになりました。
これが配線を探していたのかかなり時間がかかりました。
アース線を探していたような気がします。

カワサキのならすぐわかるのでしょうけどホンダに変わっていますから、わかりづらかったのでしょうね。

CB400SS ETC取り付け

CB400SS ETC取り付け

ともかく取り付け、パーツ屋さんで早速小型のタンクバックを買いました。
これを買ったためにどうしてもゲートが開くか確かめたくなり、行きたいところもあったのですが、高速に向かってしまいました。

ゲートは、きちんと開きました。
開くのは当然のことですが、カンドーしましたね。
時間があったのならここでコーヒータイムでしたが、今日はできませんでした。

CB400SS ETC取り付け

SAで400CCが並びました。
向こうのバイクは一時購入しようかと迷ったホンダの400Xです。

CB400SS ETC取り付け

岩出橋の橋が延びてきていました。

来週には対岸へ届くのではないかと思います。
これでこのあたりの慢性的な渋滞は少なくなるでしょうか。

casioExilm

今日のバイクを撮ったカメラが、カシオのExilim(エクシリム)です。
(カシオさん、この読みにくいカメラ名で損をしていないでしょうか?何かもっと面白い名前にしてお遊びカメラを前面に押し出した方が売れる感じがするのですけど)

カメラ部だけを首にぶら下げて撮りましたが、本体をポケットに入れていて撮れた画像の確認ができないため、すべてノーファインダーです。

レンズの画角は35mm換算の21mmですのでかなり広角です。

昔スナップを撮るときにワイドレンズでノーファインダーショットをよく撮りましたので、それほど違和感なく写る範囲は大体把握することができます。

カメラ部からも本体からもシャッターを押すことができるので、バス釣りに持って行ってヒットの瞬間などダイナミックに撮れるのではないかと楽しみにしています。

いつもカメラを2017年02月17日 23時33分55秒

通勤の時もカメラを持ち歩いていると職場の同僚が、「盗撮ですか」とよく冷やかします。
会社のホームページやチラシの写真を撮るのには、やはり一眼レフでなくてはならないし、結果的に日々必要となるので持ち歩いています。

それだけではなくて、カメラを提げて通勤というのは、働き始めてからずっとです。
古くはオリンパスXAなどをいつも持っていました。

最近は当然デジカメですね。

プロは写真を撮るときだけ機材を持ち出しますが、私の場合はのべつ幕なしに持ち歩いています。

シロートですね。

やっぱりシロートは撮るものも、味噌もくそもという感じで、一向に人様に胸を張ってみせるような写真が撮れません。
それでも持ち歩いているのは、一種の精神安定剤ですね。
持っていると安心するのです。

ですからパソコンとカメラはセットで、いつも通勤鞄に入っています。
結構かさばるのと重さもあるので、なければ軽いだろうなとは思いますがその二つがないとなんとなく落ち着かないのですね。

それらを持たないで出かけると忘れ物をしたような気分で一日を過ごすことになります。山に登ったり旅行をするときは、ミラーレス一眼2台とそれらがトラブったときのためのホケンとしてコンデジを一台持って行きます。
レンズは大抵4本ですね。

4本持っていても使うのは2本くらいですが、これも持って行かないと撮り損ねがある
んじゃないかと不安なのです。

言ってみれば、レンズは栄養剤みたいな感じですね。

それに最近のカメラは予備の電池が必携です。
電池がないとカメラは動きませんからただの重りになってしまいます。
というわけで、荷物が増えてしまいます。
ま、これは写真をやるものの宿命ですね。

最近は通勤時にカメラをぶら下げていると、駅構内の階段で撮れといわんばかりに前をきわどい感じで歩く女性がいます。
後ろにはコワイおじさんがいてこちらの動きを見ている感じがします。
そんなのを撮ったら、
「会社員盗撮。逮捕される」
と新聞記事になるのでしょうね。

写真は1982年2月25日、勝浦八幡宮の祭礼スナップです。
久しぶりにスキャンしました。

この日あと3本のフィルムを使っていましたが、今日は2本72カットしかスキャンできませんでした。その72カットのうちの4枚です。





当時は祭りがあれば駆けつけて撮っていました。
なんとなくゆったりとした雰囲気が懐かしいです。