2007年が始まった2007年01月04日 22時09分30秒

デジカメが、それも一眼レフがすばらしくなってきている。
フィルムも宣伝はしているが、ライカまでもがデジタルのM8を造るに至ってはもう後戻りできない感じ。
そういえば、CDが出たとき、臨場感や音が突き刺さる感じで聞き疲れするといって、やはりアナログレコードでなければとかたくなにレコードにこだわった人もいた。
デジタルカメラか35mmカメラかの議論もそれににている。
しかし今でもアナログレコードは健在だし、プレヤーも新製品が出ている。
デジタルとアナログの一番の違いは、デジタルは複製が可能でアナログは難しいという事かな。
CDもDVDもいくらでも原本と全く同じものが複製できる。
写真も同様。
レコードもテープなどで複製はできるけれど本物ではなく、フィルムでの写真も複製は可能だが微妙に違ってくる。
ただボビーとしての楽しさは、やはりアナログに軍配を上げたい。
レコードのほこりを取って、傷つけないように細心の注意を払い少しばかりの雑音ののちに音楽を耳にするまでが楽しいのである。
フィルムも撮っているたときは本当にイメージ通り写っているかどうか分からず、できあがってうれしがったり落胆したり。
そのプロセスが楽しいのである。
デジタルはいきなり結論づけられてしまう感じである。
短絡的といえる。
それが、何となく今の殺伐とした世相と無関係ではないような気がしてならないのである。

コメント

_ 繭 ― 2007年01月09日 20時52分15秒

こんばんは。
今夜は宵宮なんですね。
近くの神社の笛の音が聴こえてきます。

ほんとうにデジタルの進歩は素晴らしいですね。
でもアナログで撮るときのように、この一枚に対しての求心力がちがうのでしょうね。
何枚でも取り直しが効くから どうしても本気の心が
ともなわなくなるのでしょうね。

ま、わたしなんか技術もさることながら。。
被写体に対しての視線がブレてる。
ぐらぐらしてる。(^^)
だから絶対。。。いいものは撮れないよね。(^^)

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kikuo.asablo.jp/blog/2007/01/04/1092606/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。