2011年02月02日 23時48分15秒

先日のスカイライン、日光神社への道です。
鹿の足跡と車の轍です。

JRのダイヤ改正が近づいてきていますが、今週は連日3分から5分遅れています。
先日は動物をはねたといって20分近く遅れました。
今日は「先行している特急に遅れがでているために信号待ちをしています」、とのこと。

そしてアナウンスが、
「本日は到着が遅れてご迷惑をおかけしています」

私としては、
「本日も到着が遅れて・・」といってほしいですね。

今度のダイヤ改正で遅れないように余裕を持ったダイヤにしてほしいですね。

それと、列車の運行ですが、毎朝ホームで列車を待ってさあ乗ろうとすると、三角の停止線から2m位ずれて停車します。乗客はその都度移動を余儀なくされます。

それでも車掌さんは、「停止線よし!」だって。

昔はコントロールの難しい蒸気機関車を、ぴったりと停止線に止めていました。
まさに職人芸でした。

荒っぽい時代になってきました。職人芸を持つ人が各企業で少なくなりました。

二上山2011年02月06日 23時10分19秒

昨日は、風邪を引いて咳と熱と頭痛がして、何もできず一日ごろごろしていました。
今日は何とか持ち直したので、昼から少し足を伸ばして二上山に登ってきました。

風邪の症状は少なくなったのですが、腰が痛いので歩かなければと、行ってきました。
テレビの「ためしてガッテン」でも、歩けば善玉コレステロールが増えて血管のプラークもなくなると、いってました。

そんなのにすぐ影響されやすいタイプなので、ともかく歩きに行かなければと、以前歩き残している二上山にいったわけです。
最近忙しくて歩いていなかったので、岩場を腰をひねりながら歩くと気持ちがいいです。

おかげで以前は雷雨でいくのを断念した、大津皇子の墓にもいけました。

「うつそみの 人にある我れや 明日よりは 二上山を 弟背と我見む」、と万葉集で姉の大伯皇女がここ二上山に弟を葬るとき、詠んでいます。

どうも大津皇子は、ぬれぎぬをかけられ政争の犠牲になった感じがしますね。
周りはそれを知っているので、こんな神聖な山としてあがめられてきたところに墓をたてても誰も何も言わなかったのです。

二上山からの夕日を期待していましたが、雲が厚くなり見ることができませんでした。
二上山
二上山

クニマス2011年02月09日 23時33分06秒

クニマスが70年ぶりに山梨県の西湖で発見されて、田沢湖の地元が復活させようとしているけれど元の水質の戻るのは、120年ほどかかるようですね。

すぐ観光に結びつけるところがさみしいです。それよりなぜ田沢湖で死滅したかを考えるべきですね。

出たとこ勝負の生態系無視のやりっぱなしダム工事の犠牲になったのは言うまでもありません。

ここに来てまたダム建設復活の話があちこちで聞かれますが、もう一度クニマスがなぜ滅んだかを考えてほしいですね。

紀ノ川も魚が少なくなりました。
河口堰ができてからさらに少なくなりました。
釣り人が少なくなったので、それほど問題にはなりませんが、いつかだめになるでしょう。
大滝ダムができて久しいですが、欠陥ダムなため水もためられません。

あれにつかっている税金返してほしいですね。

ともかく絶滅したと思っていた魚が、元気に生きていると言うことはうれしいです。
さかなくんに拍手です。

これで誰か狼を発見してくれたらもっとうれしいのですが。

大阪駅前2011年02月12日 10時48分41秒

先週の大阪駅前です。
交差点にいるおじさんが、大きなスピーカーを持って大声で歌い出しました。
あまりに大きい音なので内容がはっきりしないのですが、ともかく耳をつんざくような大音響でした。

でも道行く人は何もないような感じで歩いていました。
ときおり私のように、見ている人もいましたが、大半は無視でした。
「スピーカおじさん・・」と道行く人がつぶやいていました。
大阪駅

次にこれまたかなり大きい音で、路上ライブが始まりました。
でも、おじさんの音響に飲み込まれる形で、音がかき消されてしまいました。
大阪駅

警察官がきて、おじさんの大音響を止めたのですが、そこに中年の女性がきて、
「この人だけを止めるのはおかしいのではないですか?
ライブをやっている人たちを止めましたか?
迷惑をかけているという点ではおなじじゃないですか」
と食い下がっていました。

うーん、難しい問題ですね。

外国ではこんな音楽のライブは日常茶飯事ですよね。
でも耳を押さえなければいけない音響は少し考えものですね。

会社でこのことをいうと、やはり皆知っていました。
「路上ライブでも、フォルクローレのいい歌や、うまいユニットの音楽は聞き惚れてしまう」ということです。

天王寺でもめちゃうまいユニットがありますものね。

かおをしかめてしまう「音」と、心地よい「音楽」はやはり区別されてもいいのではないかと思います。

雪が降りました2011年02月12日 11時30分11秒

寒い毎日が続いていましたが、とうとうまとまって雪が降りました。
起きたとき、周囲は真っ白でした。
公園の椿にも雪がきれいにかかっています。
でもこの寒さを越えると冬が終わる感じですね。
雪の椿

ロードスターにも雪が積もりました。
真っ赤と真っ白、いいですね。
ロードスター
こんな日に幌をたたんでオープンで走ればおもしろいかな?
雪を顔で受けながら走るのって粋ですね。
ロードスター

大相撲八百長2011年02月12日 11時52分53秒

大相撲が八百長事件で春場所が開かれないとのこと。
こんなのっていやですね。

八百長は私の小さい頃から、相撲界では常識でした。
今にはじまったことではないですね。

見るものはあると知りながらも、逆に、
「これは八百長やな」と妙に納得しながらみていたものです。
ですから上位の力士の、力のぶつかり合いがより楽しめた気がします。

この大相撲の管理をしているのが、文部科学省。ここが仕切っていることで、問題を大きくしているような気がします。

国技ということでの管理ですが、興業と国のスポーツとしてのかねあいが難しいですね。
相撲協会は、妙なしがらみをやめて独立し、独自の取り組みをする方がいいのではないかと思います。

現に国技といいながら、今上位力士の大半が外国の方ではないですか。妙なプライドは捨てて興業として魅力ある大相撲にしてほしいですね。
そうすれば外国力士も、妙なしきたりに惑わされることなく、もっとおもしろい相撲を見せてくれるのではないでしょうか。

興業面からいえば、今の時代にあわない女性禁止ではなく、女性の力士をいれてより楽しくバラエティに富んだ大相撲を見せてほしいですね。
野球はもとより、レスリングもボクシングも女性が活躍しています。
女性の力のあふれる相撲を見てみたい気がします。

そうなればこれまでの男同士のヤワな八百長相撲などすぐ見破られ、ガチンコとりくみとなり、いい取り組みが増え、もっと相撲ファンが多くなるのではないかと思います。

大雪2011年02月15日 22時27分19秒

またまた大雪でした。
ところが悪いことに、こんな日に限ってロードスターできてしまいました。
タイヤはノーマル、FR。
この駐車場から出るとき、タイヤはひとスリップしました。

普段走っている道がアイスバーンになっています。
信号待ちのたびに、ドアを開け手で路面をなで、状態を確認しながら走りました。

国道なら車がたくさん走っているので、アイスバーンが少ないだろうと回りましたが、だめ。道路が封鎖されたらしく車が動きません。
100m動くのに1時間かかりました。
これはいけないと引き返し元の駐車場に入れて電車に乗り、和歌山まで帰りました。
ところが乗り継ぎの電車がきません。

駅のアナウンスで、「戻りの電車が走行不能となりましたので、バスでの回送を行います」とのことでした。
ところが今度はバスがなく、
「バスがきませんので、タクシーに乗っていただきます」ということでした。

ということで、JRが手配したタクシーで家に帰りました。
雪のおかげで大変な一日の終わりでした。


雪の降る前に停車していた電車が、でたのがよくわかりますね。
このころすでに11時30分。
もうすぐ日が変わります。

雪が残って2011年02月15日 22時51分57秒

今日は少し遅れて家を出ました。

駅から見たら長野みたいな感じです。
あちらの山は普段土取り場なので、見るも無惨に土がむき出しになっているのですが、今日は雪に覆われて、さながらアルプスみたいになっています。

なんとーー2011年02月15日 22時56分09秒

駅までの道。
川を見ると、なんと埋め立てされています。

ここはいい湾処があって、バスや雷魚がよく釣れたところなんです。
それにこの湾処は鯉や鮒の産卵地だったのですが・・・・

これでもうだめになりました。

紀ノ川の魚が少なくなっていることを国土交通省はどれくらいつかんでいるのかわかりませんが、湾処をなくするということは、生態系に大きな影響を与え、復活のための場所をなくするということです。

願わくば、せめて護岸をコンクリートではなく、自然石によるものにしてほしいですね。

そんな配慮ができていればこれほど環境は壊れていないはずですが・・

撮り鉄2011年02月15日 23時22分08秒

最近古い車両が公開されるということで、カメラを持ったいわゆる「撮り鉄」くんが増えています。

阪和線のブルーの車両もなくなるようで、たくさんのカメラマンがシャッターを押しています。

時々私もその仲間入りします。

今日は雪。
シチュエーションは最高でした。

ちょっとシャッターを押しました。