退屈な時代2018年03月06日 22時17分59秒

最近昔のことを話しする機会が多くなりました。

木を伐りに行ったり、アワビを取りに行ったり、竹林に入りタケノコをとったり、そのほとんどがアウトドアのことが多いですね。

そのことは、別の見方をすれば、自給自足の文化が多くあったということですね。
今は、ほとんど何でもそろいますが、それはお金によって得られるものです。

自給自足の時は、薪木を得るためにリヤカーを引いて、山にのこぎりを持って入り、固い樫の木などを引いて薪にしました。
旬の食材もほとんど山や海でとりました。

何か必要なものを得るために様々な手順があり、退屈しませんでした。
なんとなく充実した毎日でした。

最近の若い人たちの退屈しのぎはスマホやゲームでしょうか。

「昔はよかったねー」というのが団塊の世代のいつもの結論です。

写真は先日昼ご飯を食べに来た雀君たちです。
右の黒いものは私の靴です。
彼らも人の手から餌をもらっていると退化するかも。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kikuo.asablo.jp/blog/2018/03/06/8798843/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。