冬の雨2019年02月19日 22時39分59秒

今朝はかなり暖かだった。
それでも6℃しかなかった。

その昔新聞配達をしていた頃は、冬の今頃の雨が一番いやだった。
雨に濡れると冷たさが増すので、手袋の上に炊事用の手袋をはめて寒さをしのぎながら配達した。

雨の降る日が多くなると、だんだん暖かくなってくる証拠なので、うれしかったが、そうなるまでを待ちわびた。

今日の新聞を見て驚いた。
ノーベル平和賞に、AさんがTさんの推薦文を書いたとコラムであった。
そこまでやるかという感じだが、さもありなんと当然のようにも思えてくる。


会社から帰る頃には雲間からスーパームーンが、時々顔を見せた。