やっぱり大阪は食い倒れ2019年05月23日 23時34分05秒

今日は異業種の方々が集まってのホスピタル研究会があった。
普段はライバル会社が一堂に集まっての会で、全国では珍しいのではないかと思う。

会が終わった後は、懇親会。

「京都の着倒れ、大阪の食い倒れ、堺の建て倒れ」とよく言われるが、まさに大阪は食い倒れで、ほんとに料理がうまい。

今日の料理もおいしかった。
世界で3番目に住みたい都市と言われる理由がわかる。
料理がおいしいし、お節介だが面白い人々がたくさんいる街は住み心地がいいはずだ。

懇親会の会話の中でも、外国人が地図を出して困っているのを見ると大阪人は、特におばちゃんは、ほっとけないようだ。だから懇切丁寧に日本語で道案内している、と一致した。

雰囲気が目に浮かぶ。
私が「日本で日本語でしゃべっても東京では通じない」というと、「大阪でも通じないときがあります」と合いの手を入れられた。

方言はなかなか直らない。