「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に2019年07月06日 23時07分45秒

アゼルバイジャンで開かれているユネスコの世界遺産委員会が大阪府堺市、藤井寺市、羽曳野市にまたがる「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録を決定した。

うれしいが、まだいわゆる仁徳天皇陵の被葬者が特定できないことには何となく歯切れが悪い。
宮内庁が調査をさせないが今度の世界遺産登録をきっかけに、各古墳を再調査してほしい。

その中で歴史も変わるのではないかと思う。

それと周りの景観をもっときれいにしてほしい。
仁徳天皇陵の周りもきれいとはいえない。
世界遺産をきっかけに全体の見直しをしてほしい。

これを機会にもう一度古墳郡から歴史を正しく見直す機会にしたい。
宮内庁も考え直す時期に来た。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kikuo.asablo.jp/blog/2019/07/06/9112143/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。