クロスカブにUSB電源端子取り付け2019年10月11日 22時35分05秒

今日は大人しくしていなさいとのお医者さんのお達しだったので、2時間30分の通勤は少しタフなので、休んだ。

重いものを持ったりするといけないと言うことなのだが、バイクをいじるくらいはいいだろうと、先日買っておいたUSB電源端子をクロスカブに取り付けることにした。

クロスカブ110

どこに付けるか大分迷ったが、やっぱりハンドルにした。

クロスカブ110

電源本体を取り付けてから、フロントカバーを外した。
リード電線には保護カバーを巻き付け配線した。
電線むき出しと違って他の電線ともなじんでいる。

クロスカブ110

フロントのカバーも外して、電線をシート下のバッテリのところまで配線した。
このカバーも簡単に外れた。
ただし、プラスチック嵌合なのでそれを割らないように気をつける必要がある。

クロスカブ110

カバーを外して眼に入ったのが、へんなバーであるがバーと思ったらドライバーだった。
こういう所にドライバーがなぜ、と意外なセッティングで戸惑ったが、バッテリの+端子を見るには、このドライバーで2本のビスを外さないといけないため、必要なのである。-端子はむき出している。
ハンドルから引いてきた電線を取り付けて、カバーを元に戻した。

クロスカブ110

白いボタンを押すと通電の確認で赤いランプがつく。
取り付け成功。

クロスカブ110

いろいろつけたが、それぞれのパーツはジコシュチョウしていないところがいいなー。

ここまでは思い通りのセッティングになった。
後はスマホホルダーだが、スタイルがたくさんあるので決めかねている。

夜10時30分、窓に当たる風が台風の風になってきて、こちらに近づいてきているのがわかる。

我が街は台風はかすっただけだったけど2019年10月12日 22時11分16秒

台風の風雨がひどいらしいということで手立てを打っていたが、雨も風もたいしたことは無かった。
和泉山脈が風を防いだのかもしれない。

上陸した関東地方は予想通りに大変なことになっている。
これ以上被害が無いことを祈ろう。

それにしても毎年50年に一度という大雨や風が続いている。
場所が違うだけで50年に一度が毎年あるので、言葉としては意味をなさない。

これも温暖化のせいかと思うが、日本が先頭を切って温暖化対策のビジョンを出してほしい。
Tさんに追随して遠慮しているのかしれないが、このままでは50年に一度の災害が毎年どこかで起こって、さらに今度は干ばつなどが起こりはしないかと心配である。

アマゾンやアメリカも森林火災が起きている。
ヨーロッパも水害、インドも水害。
地球は今風邪を引いている。

特効薬がないので地道な取り組みを全世界でやっていかなくてはならない。
でないと、持続可能な開発目標SDGsの達成も絵に描いた餅となる。

今日はお仕事2019年10月13日 23時08分36秒

今日は休みの時しかできない作業があり、出勤した。

電車は空いていた。ウィークデーもこれくらいゆったり座れたらいいのにと思いながら座っていた。

土佐堀川には彫刻がいくつかあるが、今日は台風一過の秋晴れかなと思ったが、大阪は曇っていた。

大阪

ケヤキも少し黄ばんできた。

いつもは通勤の人でごった返しているのだがほとんど人通りがない。
時折ランニングをする人がハッハッとやってくるだけである。

大阪

落書きをするなという看板だが、落書きよりスタイルが悪い。
こんな看板を出した人の神経を疑う。

大阪

先ほどまでラグビーのワールドカップを見ていたが、すごい。
格闘技だね。
見ていると大体ルールがわかってきたが、わかると面白さが増してくる。

タックルのきついのを食らうと、私だったら一瞬のうちに脳しんとうを起こすだろう。
と思いながら見ていると、勝った。
素晴らしい勝ちだった。
4勝目である。
これで決勝トーナメント進出。
これからの活躍に期待しよう。

台風19号2019年10月14日 23時42分50秒

少し中途半端な天気でどこへも行けなかった。
バイクも乗ろうと思ったけれどパスした。
ストレス解消はできなかった。

台風19号の影響は想像以上に大きい。
特に水害があれほど発生するとは思わなかった。
橋や堤防があれほどあっけなく崩れるとは思わなかった。
ダムの放水も、原因の一つとしてあるのではなかろうか。
以前紀南が大雨で被害があったとき、ダムの放水のせいで下流の家々が浸かってしまった。
地元の人々は、ダムがいっぺんに放流したので水害になったと言っていた。
確かにダムが放流するといっぺんに水かさが増す。

ダムは最上流にあるのが多いが、川はいくつのの支流がある。
支流からの流れ込みに加えて、その支流の流れ込む水以上に放流すると大きな支流が一本増えたことになる。
加えて一気に流すのでその水量は凄い量になると思う。

水は流れの強さを一気に増して、柔い護岸はひとたまりもないだろう。
カヌーで下っても増水の時の瀬と平常時の瀬とでは全然水の重さが違う。
増水したときはカヌーのコントロールがきかない。

50年に一度のレアケースと言われながら毎年どこかで水害が起こっている。
ダムの放水もこれを機会にもう一度検証してほしい。
今回のように大型台風が近づいているのがわかれば、少し前から放水量を増やし、貯水量を減らすとかの対策が必要である。
真夜中にダムの危険水位が上がったから緊急放水をすると言われても、それを知り、確認できる人がいないのではないかと思う。

あれだけ広範囲に停電や通信がアウトならなおさらである。
写真はつんつんである。

10月に入ってからスキャンをしたフィルムに、つんつんがよくでてくる。
懐かしい。

つんつん

台風とともに寒さがやって来た2019年10月15日 18時15分43秒

今朝は少し寒かった。
帰りの道も本来の気温になってきた感じである。

台風19号で串本もかなりの被害があったようだ。
古座の堤防が崩れ、国道の路床が波にさらわれて70mにわたって穴が開いたそうである。
自然の力ってすごい。
あれだけの重さの防波堤を砕いてしまうのだ。
そのおかげで道向かいの魚屋さんが大きな被害を受けた。
追い打ちをかけるように台風に変わりそうな低気圧が太平洋上に、発生したとか。

今年の冬はめちゃくちゃ寒いか、めちゃくちゃ暖冬かのどちらかのような気がする。

日本のマスコミは、地球温暖化とはあまりいわない。
これはあえて言わないようにしている気がする。
ヨーロッパでは温暖化対策をビジネスにしているのに日本はその機運が薄い。

50年に一度の大雨被害が、紀伊半島を皮切りに毎年場所を変えて起きている。
いつどんな自然災害が起きるかわからないのが最近の地球である。
いろいろ考えてどんどん新しい取り組みをしてほしい。

我々のような力のないものが何を言ってもだめだが、小さな声でも集まれば大きくなるのだけどね。
なんとかしたい。

写真は1978年のある港でのスナップで、延縄作りをしているところであるが、こうして魚が自由に獲れるのは、地球の自然なサイクルがあってこそである。






論語に事など2019年10月16日 18時21分55秒

今朝は13℃しかなかった。
一気に寒さが増した。日中は結構気温が上がったが、明日はまた今日ぐらいの気温だろうか。

この頃論語が気にかかっている。

「し、よつをたつ。いなく、ひつなく、こなく、がなし」
 子、四を絶つ。意なく、必なく、固なく、我なし。

ずっと昔、貝塚茂樹さんの論語のエッセンスを書いた本を読んだ。
中身はほとんど忘れてしまったが、今また読み返している。

そのなかでいまだに覚えているのはこの言葉で、
意味は、

①無理やりに意地を通そうとすること。
②全てのことを決めたとおりにしようと無理をすること。
③一つのことに固執して頑なになること。
④自分の我を張ろうとすること。

と四つの事を断ち切っていたのだと私は解釈した。

孔子の考え方がわかり、自分自身の振り返りも含め、孔子の人と基本的な考えのわかる。というよりわかった気になっていた。
当時は自分に都合のいいことばかりに納得していた気がする。

孔子は一言でいえば、柔軟な考え方をする人であった。と解釈した。
自分のありたい、あるべき姿は明確にあり、常にそうあろうと努力する。
絶つとは"やらないことを決める"ということ。
私は、今までこの4つのことは、絶えず心がけ実践してきたように思う。

他の言葉や文章を、70歳を超えてもう一度読みなおし、70歳の解釈をしなければと思う。


秋が深まってきた2019年10月17日 23時17分06秒

今朝もかなり気温が下がった。
秋が深まってきたのを感じる。

それにしても台風被害が日を追うにつれてひどい台風だったのを感じる。
yahooのニュースで見ても、対策により、防げた部分もかなりあった。
地域住民が危ないからといっても行政は動いてくれなかったというのが多い。

また台風が来そうだが、もう風雨はいらない。
地球温暖化を皆で止めよう。

写真は倉敷。
ずっと昔にいったときにはビクターの有名な犬はそれほど多くなかった。
ところが次にいったときにはめちゃくちゃ多く乗っていた。
今度いったらもっと乗っているかもしれない。
こういうのは面白い。
お店の人がこの犬を集めるのに必死になっている姿が目に浮かぶ。


倉敷


倉敷


倉敷


セイタカアワダチソウ2019年10月18日 22時18分03秒

今朝はいい天気で、予報の雨というのはにわかに信じられない天気だった。
気温は13度だった。
もうずいぶん気温が下がってきた。

最近気になっていることで、セイタカアワダチソウのことがある。
通勤ルートのセイタカアワダチソウは元気がない。
ススキの方がその力を発揮しだした。
セイタカアワダチソウも群生しているところもあるのだが、何となく力がない。

ところが別の見方で、セイタカアワダチソウは増えている、という人もいる。

増えているという見方と少なくなったという見方と、どうなんだろうと悩むが、元気がイマイチ足りないというところでは一致している。

あの輝くような黄色の花が、今年は何となく色も悪く花もうなだれている感じである。
私は気温の上昇から、そういう現象が起きているのかなと思っているが来年はどうなるのだろう。

今夜天王寺駅のアナウンスで特急くろしおは、大雨の影響で、白浜からの運転を見合わせているとのことであった。
おいおい今度は熊野地方に雨が降っているのかと、また心配が増えた。


写真は1975年、ツーリングしてきたモーターサイクリスト。
最近バイクはツーリングするとき荷台にトップケースやバッグをくくりつけているが、当時は少なかった。


降ったりやんだり2019年10月19日 21時44分12秒

今日は天気予報通り降ったりやんだり。
バイクに乗りたかったが、乗れなかった。
昼からお客さんが来ると言うことでどこにも行けず。

カブにスマホホルダをつけた。
オークションで1000円足らずで買っておいたのだが、オレはスマホのホルダなんだと妙にエバったところがなかったので買ったのだが、うまく取り付いた。
結構しっかりスマホをホールドするが、スマホを挟んでいないときにエンジンをかけるとびびり音がする。

これは構造上仕方ない。
走ればどうなるか明日試そう。
ともかくこれで予定の装備すべて取り付けた。

後は時計があるかな。これはまだいい時計が見つかっていない。

とりあえず晴れたら走るだけ。



イラストレーターの和田誠さんが亡くなった。
単純な線の絵だったが、すごく物語があった。
文庫本でも和田さんのカバーがたくさんある。

映画監督もされ、本当のマルチ人間だった。

残念。

今日は理想的なバイク日和だったけど2019年10月20日 22時01分51秒

山羊
今朝からいい天気。
かといってカンカン照りではなく、気温もバイクに最適の感じであった。
しかしどこへも行かなかった。

少し心残りの日曜日。
ストレス解消にならなかった。
パソコンのDVDで「ニューシネマパラダイス」を見た。
この映画も4度目くらいである。
映画館で見たいが結構古い映画なのでなかなかやっていない。
東京あたりではやっているかも。
エンリコ・モリコーネの音楽もいい。
サルバトーレの子供の頃の役をしている少年が素晴らしい。
サルバドーレとアルフレッドの会話が面白く、ついつい見てしまう。
劇中に挿入されている古い映画も面白く、映画の歴史もわかる。
本当の映画好きが作った、という感じの映画である。

写真は、1974年新宮市の川縁。
山羊の哲学者風の表情が面白くて撮ったものだが、何かのコンテストで入選した。
最近はこうして山羊を飼っている農家も少なくなった。