野上鉄道2019年12月19日 19時06分03秒

そのチンチン電車は疲れていた。
スピードがのろいので、揺れ方も何となくよたよたとしていた。
しかし時間通り、きちんと動いていた。

走って、そして人を運ぶという本来の機能は全く失われていなかった。
延長11.4キロを30分近くかけて走っていた。
地域の足として大正時代から80年もたくさんの人を運んできたが、経営難から廃業方針が打ち出され、結局は廃線となってしまった。

今写真を見ると車掌さんもおり2名乗車である。
これでは経営的にも苦しいだろう。

私はこの路線が好きで、乗っている人たちも愉快で楽しかった。
駅舎や改札口の昔のままの風情が、写真をするものにとって楽しい光景であった。
すでにホームページは作っているが、フィルムネガをスキャンすると、ページに使っていない写真がたくさん出てきた。

記録としてアップした。

野上鉄道

野上鉄道

車掌さんがいる。

野上鉄道

野上鉄道

野上鉄道

写真はほかにもまだたくさんある。
また日を改めてアップする。

いやこうして古いネガをスキャンしていると、興味は尽きない。
こんな時代があったのかと思ってしまう。
しかしこの電車に似たものが走っている路線も存在する。

これからインバウンドが増えて、こうした電車の人気が出るかもしれないが、何せ沿線の活気が戻らないと商売にはならないと思う。
少し残念。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kikuo.asablo.jp/blog/2019/12/19/9191326/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。