高野女人道続き2017年03月20日 20時53分51秒

昨日の続き。
坂を下りると小さな橋があって、再び登りになります。


道はさらにきつい登りになって上に続きます。

高野女人道

稜線に出ると遠くまで見渡せます。

高野女人道続き

赤松がたくさん。
その昔はきっとたくさんの松茸が採れたことでしょう。

高野女人道続き

さらに登ると遠くの山がかすんで見えます。

高野女人道続き

相の浦口に地蔵さんがあります。

高野女人道続き

案内表示を兼ねています。

高野女人道続き

道はまだ登りが続きます。

高野女人道続き

野猿かアンテナの基礎の跡が残る広場に来ます。

高野女人道続き

高野女人道続き

やっとついた頂上にはテレビのアンテナが立っています。

高野女人道続き

大滝口女人同跡には5時に到着。
ここで小辺路ルートとクロスします。
時間がないので、高野の町中に降りることにしました。

高野女人道続き

途中の道にはまだ雪が残っていました。
さすが高野山。

高野女人道続き

今日は暖かだったですね。
朝から以前から気になっていたバンパーのへこみを修理しました。
結構時間がかかりましたが、なんとかそれほ目立たなくすることができました。

バンパーを外し、へこみをたたき伸ばして、再び取り付けました。

作業をしていると近所の人が、

「素人の仕事にしてはいいんじゃないですか」

という感想でした。


高野女人道テクテク2017年03月19日 23時02分40秒

朝からいい天気でした。
バイクが汚れていたので石けんで洗ってあげました。
ピカピカになりました。
ワックスをと思いましたが時間がなくまた明日にでもやろうと思います。

昨夜出しておいたミカンに朝早くからヒヨドリがやってきました。
昨日のと同じ個体のようです。
別の鳥が来てほしいですね。


2時前に家を出、高野女人道を歩きにまた高野に登りました。
歩き始めは2時50分でした。
いつもながらかなり遅くなってしまいました。

高野女人道

お助け地蔵から登り始めました。

高野女人道

道は良く整備されて歩きやすかったですが結構急な登りがありました。
このプレート黑河道にもありました。

高野女人道

愛宕神社についたのは3時5分でした。

高野女人道

高野女人道

高野女人道

愛宕神社を過ぎた頃、行く道で近くの方らしいご婦人に会いました。

「女人道にいくのかい」
「はい」
「最近は鹿が多くなっているので気をつけてください。朝など国道までも出て来るよ」
「へー奈良公園みたいですね」
「おかげでこのあたりに草花が皆食われてしまいました」
「それは大変ですね」
「スカイラインへの道をつけたり、トンネルを掘ったりしてからこちらへ出てきた」

ということでした。広く新しい道やトンネルができて餌場までの道を中断されて、人家まで出てくるようになったのでしょうね。

高野女人道

坂の上りはじめのところに熊注意のかんばんがありました。
英語の注意書きがあるところが時代ですね。
でもこの看板は少しおかしいですね。
英語版には熊にあったときの対処方法を書いているのに、日本語では単に注意しなさいということだけしか書かれていません。
日本人もこのくらいの英語は理解しなさいと言うことでしょうけど・・・

高野女人道

有刺鉄線が張り巡らされていました。

高野女人道

この後ろくろ峠まで歩き、町に戻りました。
それについては次の日に。

春が近い2017年03月18日 18時45分27秒

今日は天気ははっきりしませんでしたが、暖かでした。
こんないい日に歯医者に行ってきました。
もったいないですがやむを得ません。

当然バイクで走りましたが、冬用ジャケットでは暑いくらいでした。
歯医者では椅子の上でかなり待たされました。

治療が終わってからの帰りに紀ノ川土手に降りていい春の兆を探しました。
時間がなかったので残念でしたが、コーヒーをわかす間いろんな鳥を見ました。


カシオEXILIMの走行テストをしました。

先日取り付けたブラケットへの取り付けもダートでも問題なく作動しました。


エンジンの振動がもろにわかりますが、今度はヘルメットにつけてみたいと思います。

紀ノ川

オリンパスOM-D レンズはルミックス。

紀ノ川

カシオで撮ったCB400SS。

紀ノ川

コーヒータイム。

紀ノ川

カシオはこれくらい離れてもシャッターが押せました。
いろいろ使えそうです。

紀ノ川

OM-DにOMズイコー50mmf3.5。

紀ノ川

OM-Dにニッコール200mmf4.0。

紀ノ川

OM-Dにニッコール200mmf4.0。

紀ノ川

道の途中でカラスの巣を見つけました。
まだ作成途中だと思いますが、都会のカラスの巣のように針金などないです。
繁殖期になったら見に来なくてはと思います。

紀ノ川の土手ほかの鳥の巣もきっとあると思います。
1度ゆっくりウォッチングする必要があります。

今夜は少し列車を・・2017年03月13日 22時08分59秒

今夜の帰りはウンドーブソクを少しでも解消するために大阪駅まで歩きました。
距離は短いですがいろいろ見るところやよりたいところがあって困ります。

ホームで待っていると新しい車両がやってきました。
デザインも粋ですね。
オレンジのラインが効いています。
カンジョーセンにはおしゃれすぎる感じがしないでもないですが。

新しい環状線

新しい環状線電車

カンジョーセンはこの車両が合っている気がするのですけどね。
新しい車両のオレンジはこの色を継承したのかもしれません。

古い環状線電車

古い環状線電車

そして我が通勤列車。
10人いたら10人ともケータイを見てますね。
離れて撮りたいですが位置を離れると席取り合戦に負けるので、並んだまましか撮れません。
日曜日などじっくり狙うのも面白いかもしれません。


並んで待った列車が来、乗ってさあ座ろうとすると後ろから来た中年の女性が私を押しのけて席に座ってしまいました。

「オーノー」という感じでその女性をまじまじと見てしまいました。
こんな人もいるんだ、と思ってしまいました。
吉本だと漫才のネタにするのでしょうね。
結局私は三国ヶ丘までたちました。


電車のでは前のおじさんが二本目のカンハイボールを飲んでいました。
信号の赤らランプや緑のランプがカンに写って流れます。

これが旅行中ならいいのですが、通勤のルーチンですからあまり面白くないですが、こうしたシーンはなんとなく好きですね。

物語があります。

1980年街角2017年03月06日 22時10分02秒

最近世界中でふん切れの悪いことばかりが続いています。

お隣の国のお兄さんの殺害に関してもどうもよくわかりません。
ミサイルまで撃ち込んできました。

海の向こうでは盗聴したのしないの。

先日のI元知事のかっこ悪いインタビュー。
そして際限のない学校建設に関わる泥仕合。

なんとも訳のわからない事態が世界中で起こっています。
人間はいつまでたっても同じことに繰り返しなのでしょうか。

これからの世界の行く末を、しらけつつもきちんと見ていかなければいけませんね。

写真は1980年3月、天王寺公園でのスナップです。



今夜の帰り、また居眠りをしていて、皆が一斉に降りたのでついつられて一駅早く降りてしまいました。
3分後にすぐ次の電車が来たので特に問題はなかったのですが・・・

今日はもう春の感じ2017年03月04日 18時57分49秒

今朝は早い時間は気温が低かったですが、ぐんぐん気温が上がってきました。

また庭の木にミカンを刺し、鳥が来るのを待ちました。
きれいに食べられたミカン。

一日で半分がすべて食べ尽くされます。


今日もヒヨドリがやってきました。
今日はニッコール200mmf4.0で撮りました。

このレンズもよく写ります。


昨日取り付けたカシオカメラのアダプターの位置がイマイチしっくりしないので、いろいろ考えました。
結局スクリーンに穴を開け、ここに取り付けることにしました。
すぐ外せるようにマジックテープを取り付け裏から3脚穴にボルトで取り付けました。
しっかりと取り付けることができまず外れることなくなりました。

CB400SS

CB400SS

そこにカメラを取り付けます。

CB400SS

これで今までは首からぶら下げたコントローラーでシャッターを押しましたが、なんとなく不便でした。

そこでダッシュにコントローラーを取り付けることにしました。

アルミ板をハンドルポストに合わせてカットし取り付けました。

CB400SS

いい感じに仕上がりました。

CB400SS

これでシャッターも簡単に押せ、画面で確認できます。
コントローラーはかなり強力なクリップがついているので落ちる心配はなく、がたつき防止に金具の裏に滑り止め防止のゴムマットを取り付けました。
しっくり取りつけることができ、がたつきもなくなりました。

こういうのをつけると、どこかへぶらりと走りたくなります。

天野の里2017年02月27日 22時02分55秒

少し暖かくなってきました。
もう2月も終わりです。

今朝の電車の車掌さんはきれいな声の女性でした。
爽やかではっきりしたいいかたで好感が持てました。

滑舌の悪い男性の車掌さんのくどいアナウンスとは大違いで、いっそ車掌さんは全部女性にしてほしいなぁとおもいました。

町石道を歩き終わり丹生都比売神社までの道すがら、こんなお店もありました。
そば屋さんです。

ご主人らしき方が石臼でそば粉をひいていました。
はじめはそばか何かわからなかったのですが、看板を見てわかりました。

天野の里

お店の中にこんなオブジェ。

天野の里

看板ですがユニークですね。
これにつられて入ろうとドアを開けたのですが、

「もう終わりました」

ということで、食べられませんでした。

天野の里

以前歩いたときにはイノシシの被害もそれほどなかったので、田の周りにシシよけの電線もなく、こんなトラップもなかったのですが、かなり被害があるのでしょうね。

天野の里

以前歩いたときは葛はなかったのですが、すでに一面はびこっています。
姿のいい倉と建物だけにこのまま朽ちさせるのは惜しいですね。
なにか工夫をして天野全体が統一した感じで、懐かしいお店が増えたらいいなと思います。

天野の里

明日は晴れるのでしょうか。
バイクで行けたらいいのですが。

町石道てくてく2017年02月26日 20時54分27秒

今日も朝から割といい天気でした。
またミカンを庭の木に刺しました。

早速ヒヨドリがやってきました。
結構面白いのと、レンズのテストに彼らを撮りました。

今日はOM-DにトキナーSD70-210mmf4.0-5.6をつけ撮ってみました。
ズームで210mmにしたときどう写るか楽しみでしたが、そこそこ写っていました。

210mmではいまいちアップできないのでOMマウントのケンコーテレプラスをつけて140-420mmで撮ってみました。

やはりコントラストは悪くなりますが、これもなんとか写りました。

これは使えるという判断をし、昼から歩いた町石道に持って行きました。

ヒヨドリ

これがトキナー70-210mmf4.0-5.6で撮ったものです。

ヒヨドリ

トキナーSD70-210mmf4.0ー5.6にケンコーテレプラス×2倍をつりつけた撮ったものです。

コゲラ

まず天野の丹生都比売神社から笠松峠まで歩きましたが、その途中の木の上で、「コンコン」と音がしていました。
「ん、これかキツツキの音じゃないかな」と上を見るとコゲラが木をつついていました。
私にとっては滅多に見ることがない鳥なので、トキナーを210mmに延ばして撮りました。
300mmくらいがあればきちんと撮れたのにと少し残念です。
暗いし鳥が頭を高速で木に打ち付けるので撮り難かったですね。

コゲラ

頂上の六本杉。

町石道 

はい、ブランクのところに文字を入れなさい、という感じの看板。
どんな言葉が書かれていたのでしょうね。

町石道

ここを歩いた人がぶら下げていったのですね。

町石道

椿の季節です。

町石道

二つ鳥居の手前に展望台があり天野の里が一望できます。

町石道

コーヒーブレイク。

町石道

町石。

町石道

二つ鳥居。

町石道

町石道

行き過ぎていった男性。慈尊院から大門まで歩き、また慈尊院に戻るということでした。

「すごいですね」
「いやいや、慈尊院までだから暗くなるかもしれないね」

といいながら元気に歩いて行きました。
子供さんを連れた男性も行き過ぎましたが、その方は天野の方で、

「いやこの道を時々倒木などがないか見回っています」

それで以前と比べるとずいぶん歩きやすかったのですね。

ありがたいですね。世界遺産になったのでこれからもいい道になるでしょう。

町石道

いろいろあちこち、歴史を見学してきましたが、また別に日に・・。

ヒヨドリくんいらっしゃい2017年02月25日 10時03分23秒

昨日はプレミアムフライデーだったのですね。

この日本で3時に帰って、休める人が何人いるでしょうね。
日本人の働き方として、普段から業務を集中してこなして成果を上げるというものではないため、政府の意図するような休みはできないでしょうね。

外国の人の話を聞いても何かひらめいたときは何時になってもそれをやり遂げ成果が得られれば後はリラックスするという働き方ということですが、日本のような仕事ぶりでは難しいでしょう。

今朝は朝からいい天気でカシオを使ってヒヨドリを撮ってみました。
使い古された撮影方法ですが、結構面白いです。

家の中にいてコーヒーを飲みながら、刺したミカンにヒヨドリがやってくるのを待ちました。

すぐやってきました。


ヒヨドリ

よく食べます。



大きい袋の時はいったん上に放り投げるようにして食べます。

ヒヨドリ

この鳥のおかげでほかの鳥が寄りつかず、せめてメジロをと思っても彼らがすぐ追い払います。

ヒヨドリ

このレンズ部と本体とが分かれ、リモートで撮影するという機能はなかなか使い勝手がよく使えます。

気をつけなくてはいけないのがピント位置で、これはターゲットをきちんとしないといけませんね。
また何か面白い使い方ができないか考え中です。

CB400SS

先日カシオにオプションのクリップを買いました。
レッグガードに取り付けて少し走って見ましたが、なかなかいい具合でした。
スクリーンにつけようと思いましたが、角度がよくなく何か工夫をしなければなりません。

紀ノ川釣り

久しぶりに紀ノ川にでましたが釣れませんでした。
昼食はインスタント食品でした。なかなかの味でした。
箸を忘れましたが、周りは木だらけで、いくらでも作れます。

紀ノ川

土手の木々は葉が全くありませんが、きっと春を迎える準備をしていると思います。

CB400SS

釣りにはCBで走りました。快調でした。

CB400SS

文字の読み間違い2017年02月22日 12時32分47秒

今朝もバイクで出ようと思いましたが、-2℃でしたのであきらめました。
いつまでも寒いと思いますが、来週はYAHOOお天気を見ても比較的気温が高いので楽しみにしています。

世の中のことを言えば、安倍首相が、「民進党の皆さんだとはひと言も言っていない。訂正でんでんとの指摘はあたらない」と字を読み間違って答弁したということが話題になっています。

自分で書かないからこうなるのでしょうね。
私もその昔、議会答弁用の回答を何度か作ったことがあります。

その時は、読み間違いがないようにあんちょこを作り、渡しました。

今の議会答弁のドタバタは、自分の言葉を持たないから話がややこしくなるのでしょうね。
いいも悪いもトランプさんをはじめ各国のトップは大概の事案には、自分で即座に答えています。

小学校の英語もいいですが、ディペート能力を鍛えるように学校でもそんな時間を取ってほしいです。外国ではその時間が多いようですね。

私たち日本人は子供の時からろくな討論もせず、なあなあの会議ばかりをやってきて、今の国会風景につながっている感じがします。昔と変わっていません。

文字の読み間違いですが「凡例」を「ぼんれい」、「廉価版」を「けんかばん」などという人が結構たくさんいます。
「楡家の人々」を、書店で「ひのきけのひとびとってありますか?」と大声で聞いていた人がいましたが、その時は店内のお客さんがみなそっちのほうを見ましたね。

五木寛之さんが講演で、「親鸞(しんらん)を『おやどり』と読む人が増えてきました」と嘆いていました。

私の場合は、読みよりも筆順がめちゃめちゃで、これはもう一度勉強しなおさなければなりません。人前で筆順が違ったら恥ずかしいので少しづつ直していますが追いつけません。

それと気を付けなくてはいけないのが最近ではパソコンによる文章の変換ミスですね。これはよくあります。
議会討論用の文章が変換間違いしていてそのまま読まれたりしたら、またまた大騒ぎになるでしょうね。

写真は、昨夜の街角風景と今朝の風景です。

街角

街角