初夏の沈・・泳いだ2017年06月10日 23時16分42秒

久しぶりに紀ノ川にカヌーを出しました。
いつものところに行くとガードマンが立っていてなんとなく車をおいておくと具合悪そうなのでやめにし、竹房橋下流から出しました。

ところどころで鮎釣りをしている人がいました。

カヌー紀ノ川

カヌー紀ノ川

少し下流でいったん舟を止め、釣りの準備をしました。

カヌー紀ノ川


カヌー紀ノ川

所々にある瀬をかわして順調に漕いでいきました。
そしてカーブの瀬をクリアした途端いきなり木の枝が川に伸びていてもろに突っ込んでしまいました。
水面と枝との間がなかったので、当然沈。
カヌーを引っ張って泳ぎました。
ジャコを釣っている人がいて、

「こっちが浅いで」

と教えてくれました。
舟と一緒に流れて少し浅くなったところで舟をあげました。

パドルが沈したところの木に引っかかっていたので、再び川に入り泳いでパドルを回収しました。

河原で荷物をすべてさばいて乾かしました。
いい天気だったので着ていた服はすぐに乾きました。

気になったカメラは、カシオは防水なので問題なかったのですが、ソニーが緩く閉めていたドライバックの中で水没しました。
すぐに電池を抜き乾かしておきました。

釣りをしていた方が、

「これから鮎釣りが盛んになるから紀ノ川でカヌーなどを漕いだらけんかになるで」

といって、いろいろ教えてくれました。
たくさん釣れる古座川のようにいきません。
カヌーが通ると鮎は鵜がきたと思って散っていくらしいで。

カヌー紀ノ川

写真左の白く泡立っているところをクリアしたと思ったらあっという間もなく木の枝に突っ込みました。

釣っているのを見に来た別の人が、

「あの瀬だったらどんな舟でもひっくり返るね。木を切ってもらわんとあかんな」

といいながら帰って行きました。

カヌー紀ノ川

カヌー紀ノ川

舟をどうして回収しようかと考えましたが、結局歩いて竹房橋までもどり、車を回送し、沈したところまで乗り込んで舟を積みました。

久しぶりの沈でしたが川の水は思ったほど冷たくなく助かりました。
今日の反省はドライバックの口はきちんと閉めておくべしでした。

やっと釣れた2017年06月04日 21時40分20秒

今日は朝からいろいろ用事があって外へ出なかったのですが夕方、なんとなくバスが釣れそうな気がして、川に出ました。

そして何投目かにやっときました。
35センチくらいかな。
サイズとしてはまずまずでした。

久しぶりだったのでうれしかったですね。
ゲーリーヤマモトの古いワームに来ました。

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

そのあと川ではペアになったバスが、何匹か行ったり来たりしてました。

普段なら後2,3匹は釣れるところですが、なんとなくよそよそしく、どのルアーにも全然反応しませんでした。

どうも産卵間近で、産卵にいい場所を探している感じでした。

紀ノ川バス釣り

岸辺を何度も行ったり来たり。
ルアーに見向きもしませんでした。

紀ノ川バス釣り

普段ならこの位置にルアーを落とすと100%食ってくるのですが、今日は見向きもしません。
川縁の藻場をうろうろしていました

紀ノ川バス釣り

久しぶりの紀ノ川は水かさが増えていました。
釣れそうな川面でした。
帰りにソニーサーバーショットのレンズテストをかねてカシャ!
今日はNIKONAW100とソニーを持って行きました。
やはり同じサイズのCCDでも写りが違いますね。
一番上のカットがAW100で、後のがサイバーショットです。

もう夏のような2017年05月20日 15時52分26秒

いい天気なので、釣れそうな気がしてあまり時間がなかったのですが、紀ノ川に繰り出しました。
かなり大きなのが足下に見えたので顔の前にルアーを落とすとヒットしたのですが、フッキングが浅く、やりとりできないままバレました。

昨年はこの時期たくさん釣れたのですけど今年は坊主ばかりです。
子バスも釣れず少しさみしい感じです。

個体もかなり少なくなっています。

シマヘビが泳いで通り過ぎました。

紀ノ川バス釣り

トンボが足下でじっと獲物が来るのを待っていました。

紀ノ川バス釣り

AW100のマクロで近づけるだけ近づいてカシャ!
いつも行くポイントまで行こうとしましたが、草がはびこり、先日痛めた足首が草をこいでいる内に痛くなり進むのを諦めました。

汗をたくさんかきながら草の中をよたよたと移動しました。

曇りの日にリベンジしなくてはだめですね。

紀ノ川バス釣り

先日植えたトマトの花が咲きました。


蜂がよく飛んでいたので物入れを開けるとアシナガバチが巣作りをしていました。


それにしても一気に暑くなりました。
バイクに乗る時も服装に迷います。

庭の初夏2017年05月14日 19時48分09秒

朝から団地の掃除があり、溝掃除や草刈りをしました。
少し時間があったので先日から続けている家の外構の整理などをしました。

我が家の庭も、もう夏のような感じで、いろんな花が咲いていました。

庭の初夏

葱坊主を見ると小さなコガネムシがたくさんついていて、花粉を食べていました。


毛虫もいました。


少し時間があったのでひさしぶりに紀ノ川にでました。
ヘラブナ釣りの人が二人。

「お!どこかで見たことのある人だと思ったら、カヌーできてる人やね」
「はい」
「今日も朝から3隻ほどカヌーがきていたで」
「そうですか。へらは釣れましたか?」
「朝からめちゃくちゃ釣れた。あまり釣れすぎると面白くないね」
「そうですね。テクニックを見せられないですね」
「そうやね。適当に遊べるのが一番ええね」

ロッドの用意をして打ち込みましたが、あたりはなし。
少ししてヘラブナ釣りのひとが、

「おい、水が少なくなっているで」
「え、水門開けたのでしょうかね」
「そうやね。もう30センチくらい水位が下がったね。全くあたりが止まってしまった」
「バスもおんなじかなー」

場所を変えていつもの陸っぱりのところで、コーヒーをわかしていると中型バスが2匹泳いでいきました。

いることはいるのですが食いついてくれなかったですね。

結局坊主。

時間切れになったので納竿しましたが、竿をたたんでいるときに足下に2匹やってきて泳ぎ去りました。

くそ!

ま、釣れないときはこんなものですね。
昨年の今頃は釣りまくっていたのに・・・・。


今日はカメラを忘れ、持って行ったカシオも電池が切れていました。
スマホで撮りましたが指が写ってしまいました。
スマホ写真のスキルはまだまだです。


水面を見ると、何の稚魚かわかりませんがなぶらになって泳いでいました。
ジャコではないので、鯉か鮒でしょうか。

この写真もスマホで撮りました。

カワセミが目の前を飛んでいきました。
対岸の木ではウグイスがうるさいくらいに鳴いていました。

カヌー漕ぎ漕ぎ2017年05月02日 22時36分19秒

昨日は風と雨にたたられて十分乗れなかったので、朝からカヌーを下ろしました。
今日は近江八幡まで行かず、草津の外れの護岸の駐車場に車を駐め、下ろしました。

風は東から吹いていたので湖面は快適でした。
エリのまわりを漕いで、次に水路に向かいました。

水路の入り口にボート釣り禁止の看板。

カヌーではどうなんだい?
やっぱりあかんのかな。

というわけ竿は出さずじまい。
琵琶湖もバスの姿がめっきりすくなくなりました。

駐車場でゴムボートを片付けている人がいたので、

「釣れましたか?」

と聞くと、

「だめでした。釣れないです」
「そうですか、ここ2,3年だめですね」
「そうなんですよ」


陸っぱりをしているバサーがいたのですが、

「つれましたか。いつもこんなに濁っているのですか?」

と声がかかりました。

「いいや釣れないです。ほかの人たちも釣ってなかったですね。水の濁りは、普段はこれほどでもないのですが」

と答えました。

外来種であるバスの個体が少なくなるのはいいことですが、釣りをするものにとっては、ハードルが上がります。

バスの個体減少と鮎の不漁の相関関係はどうなったのか、知りたいですね。
そして何よりもブルーギルの絶滅を目指さないと琵琶湖固有の魚資源がなくなるのではないかと心配します。

ブルーギルは貪欲で、他の魚の卵から個体までを食い尽くしてしまいますものね。

琵琶湖カヌー

琵琶湖カヌー

藤の花がきれいでした。
今年は近江八幡の桜が見れなかったので、藤になりました。

琵琶湖カヌー

この水路。
全くの直線で漕ぐものにとっては変化がなく、面白くないですね。

もっと変化のある水路かなと思い漕ぎ入れたのですけどね。

せめて護岸は2段にして内側をアシなど生えるようにしてくれたら魚も産卵できるし変化のある水路になると思います。

琵琶湖カヌー

そんなことを思いながら漕いでいると、ツタの茎とわからないようにシマヘビが昼寝をしていました。

こちらが写真を撮っていると気がつき動き出しました。

琵琶湖カヌー

堤防の穴に滑り込んでいきました。

琵琶湖カヌー

護岸に椅子が一つ。
鯉を釣っているのでしょうか。人はいませんでした。

琵琶湖カヌー

今は田んぼの用意の季節で、田の土が流れ込み水が濁っていました。

水路に流れ込む土管の水も茶色に濁っていました。
普段はもっと澄んでいますが・・・

久しぶりの漕ぎ漕ぎ、あまり長い時間ではなかったですが、まずは小手調べという感じで漕ぎました。

花が少し咲き始めていますが・・2017年04月01日 21時46分25秒

なんとなくすっきりしない一日でした。
カメラと釣り道具を持ってCB400SSで走りました。
山田ダムはどうだろうかと、行ってみましたが水量が少なく、湖面を見ても水量が少なく、釣れそうにありませんでした。

少し長い間使っていないので、そのチェックを兼ねて、タックルを用意し打ってみましたが、釣れませんでした。

何人か橋にやってきて湖面を見てすぐ帰ってしまいました。

「今年は水が少ないですね」と聞くと、
「そうやね普段はもっと水深があるけどね。この前釣ったけど鯉ばかりやった」

バス釣りの人もいて、

「釣れそうにないですね」と声をかけると、
「そうやね。ま、ちょっと打ってみます」

ということで、皆さん残念がっていました。

CB400SS

魚の気配がない湖面。テレビが捨てられてさみしそうです。

CB400SS

CB400SS

釣れそうにないのでコーヒーを入れてもイマイチ気合いが入らなかったです。
この湖畔にはウグイスが近くまで来るので長いレンズを用意していたのですが、それも来ませんでした。

ま、この次ですね。

そういえば昨年の今頃は桃の花をブログにアップしていましたが、今年は咲いてないですね。
桜も遅いですね。
家の前の公園の桜がやっと咲き出したばかりでした。

なんとなく今年はずれている感じです。

ヒヨドリくんいらっしゃい2017年02月25日 10時03分23秒

昨日はプレミアムフライデーだったのですね。

この日本で3時に帰って、休める人が何人いるでしょうね。
日本人の働き方として、普段から業務を集中してこなして成果を上げるというものではないため、政府の意図するような休みはできないでしょうね。

外国の人の話を聞いても何かひらめいたときは何時になってもそれをやり遂げ成果が得られれば後はリラックスするという働き方ということですが、日本のような仕事ぶりでは難しいでしょう。

今朝は朝からいい天気でカシオを使ってヒヨドリを撮ってみました。
使い古された撮影方法ですが、結構面白いです。

家の中にいてコーヒーを飲みながら、刺したミカンにヒヨドリがやってくるのを待ちました。

すぐやってきました。


ヒヨドリ

よく食べます。



大きい袋の時はいったん上に放り投げるようにして食べます。

ヒヨドリ

この鳥のおかげでほかの鳥が寄りつかず、せめてメジロをと思っても彼らがすぐ追い払います。

ヒヨドリ

このレンズ部と本体とが分かれ、リモートで撮影するという機能はなかなか使い勝手がよく使えます。

気をつけなくてはいけないのがピント位置で、これはターゲットをきちんとしないといけませんね。
また何か面白い使い方ができないか考え中です。

CB400SS

先日カシオにオプションのクリップを買いました。
レッグガードに取り付けて少し走って見ましたが、なかなかいい具合でした。
スクリーンにつけようと思いましたが、角度がよくなく何か工夫をしなければなりません。

紀ノ川釣り

久しぶりに紀ノ川にでましたが釣れませんでした。
昼食はインスタント食品でした。なかなかの味でした。
箸を忘れましたが、周りは木だらけで、いくらでも作れます。

紀ノ川

土手の木々は葉が全くありませんが、きっと春を迎える準備をしていると思います。

CB400SS

釣りにはCBで走りました。快調でした。

CB400SS

久しぶりのCB400SSノリノリ2017年01月29日 17時23分59秒

天気予報では昼から雨ということだったので、朝からちょこっとCB400SSを流しました。
出かけるのが遅かったので、一応ロッドは持ち出しましたが使いませんでした。

川岸ではたくさんの人が釣っていました。

CB400SS

CB400SS

南海電車の古い鉄橋の橋脚の前で写真を撮りたかったのですが、道はガードされて入ることが出来ずあきらめました。

CB400SS

風もなく川面は湖みたいでした。

CB400SS

座ってコーヒーをわかしているとセキレイがいったり来たりしました。
鴨も時々4,5羽やってきてそして飛びたちを繰り返しました。





南海電車にこんなきれいな電車があるとは知りませんでした。
加太行きのタイをイメージした車両ということでした。


CB400SS

先日取り付けたヘルメットホルダーは掛けやすく便利でした。

CB400SS

河原に降りてダートを走ってみましたがつけたタイヤは結構グリップがよく、安心して走らせることが出来ました。

CB400SS

紀の川市の山手の細い道を走りました。ミカン畑の中にイノシシのトラップがありました。イノシシが入っていればよかったですけどね。

CB400SS

竹林の前で。

CB400SS

廃屋の前で。このときセローが走り抜けたので挨拶をしました。

CB400SS

今日少し長い距離を走ったのは、先日取り替えたプラグとオイルの効果を感じてみたかったのですが、プラグ交換の効果か掛かりがよくて発進がスムーズになったように思えます。加速も気のせいかよくなった気がします。

魚は皆さんあまり釣れていませんでした。
道具を出して打とうかなと思いましたがやめました。

コーヒーをわかしていると私と同じくらいの男性がやってきて、
「きれいに乗っているね」
「はいだいぶ古いですが・・」
「わしはエルシノアをガレージに置いている。乗れるんだけれど2サイクルだから背中がオイルだらけになるよ。少し前までXL乗ってたけど売ってしまった」
「エルシノアいいですね」
「ダックスもレストアしてる」
「楽しみですね」

などなどバイク談義はつきませんでした。

バス釣り 紀の川2016年12月18日 14時27分50秒

朝からいい天気。
出かけるのは今でしょ!
という感じでほんとに久しぶりに紀ノ川の出かけました。

河原ではラジコンの皆さんが楽しそうに飛行機を飛ばしていました。
やりませんかと誘われていますが・・・

バス釣り紀ノ川

この夏に大きいのをばらした近くは、浅くて透明です。
今頃の時期はいつもこうです。
バスがいないか少し水面を見ていましたが、いませんでした。
小さな雑魚がいっぱい泳いでいました。
鮒もたくさん。

場所をいつものオカッパリのところに移しました。
いつも出会うバサーさんが先に来ていました。

「釣れますか?」
「いいやダメですね。久しぶりですね」
「はいバイクを買ったので」

と、いい訳にならない返事をしてしまいました。

バス釣り紀ノ川

タックルを用意する間にコーヒーを沸かして、ビスケットをポリポリ。
用意ができて、一投二投、そしてたくさん。

今日は来ませんでした。
打ち続けましたが全然。

今頃だと当歳物のバスがルアーを追いかけるのですが、来なかったです。
来年はひょっとしてこのワンドも苦戦かもしれません。

バス釣り紀ノ川

なにやらホッカブリをした、一見怪しげなカヌーフィッシャーマンが一生懸命釣っていました。

あとで、釣れましたかと聞くと、
「あたりが一回あったきりです」

バス釣り紀ノ川

景色はまっとうな冬景色で、気温も上がり釣れるはずだったのですけどね。
水温を測ると9℃でした。
少し低すぎるかな。

バス釣り紀ノ川

釣れそうにないので早々と納竿。
釣れなくても釣りに出かけることが重要なんだ、と使い古しのわけのわからない納得。

次に来るときは釣れてや。

バス釣り紀ノ川

正しい冬の土手の前でCBちゃんをカシャ!
このバイクになって、スタンドがしっかりしているので、止めるのが楽になりました。
KLEの場合はスタンドが立ちすぎて不安定で、止める位置を探すのに苦労しました。

野尻湖のことなど2016年10月18日 22時17分08秒

大阪街角
毎日新聞のWEBページで見ましたが、野尻湖が、コイ科の外来淡水魚「ソウギョ」による食害を防ぎ水草を復元しようと、野尻湖漁業協同組合がソウギョを捕獲した人に1匹1万円の謝礼を支払っているそうです。

もともとが、1970年代後半、釣り船のスクリューに絡む水草を除去しようと漁協が約5000匹を放流したといいます。

効果が出すぎて水草が死に絶え、ワカサギ漁に壊滅的な被害が出たため、漁協は駆除に方針転換したということですが、まず駆除は無理でしょうね。

捕獲したソウギョを博物館に持ち込んで証明書をもらい、漁協に届ければ謝礼を受け取れそうです。

地元住民の反応は冷ややかで、「同じ外来魚のブラックバスを放っておくのは都合が良すぎる」と批判するひともいるそうです。

90年代に湖内で初めて生息が確認された肉食のブラックバスは2007年時点で約1万匹(博物館調査)まで増え、モエビなど水生生物を死滅させたということです。

しかし、バス釣り客は年2万8000人に達し、観光資源にもなっていて、ソウギョが食べる水草はブラックバスの稚魚の生育に必要なことから、「漁協にとっての自然保護とは『バス釣りに適した環境の維持』では」と推測しています。

なんとなく日本の今の縮図みたいな感じです。

短絡的に、たくさん収入を得ようとして、行き当たりばったりの取り組みをした結果がこの有様ですね。

そして私が気になるのはバスがオオクチバスではなく、コクチバスということでこの放流の方が生態系に与える影響が大きいと思います。
ソウギョが水草を食べ尽くし、コクチバスが他の魚やエビを食べ尽くし、水草がなくなり湖が汚れワカサギが少なくなれば、野尻湖は単なる水瓶になってしまいます。

ブラックバスは私も釣りますが、本当は日本の川や湖に古くからあるマス科の魚を釣りたいです。
野尻湖はきれいな水で有名な湖で、ヒメマスがあり昔はきっとたくさん釣れたと思います。

外来種ももう駆除は不可能なのでこれからは知恵を出し合い、湖の透明度が確保されこれ以上生態系を壊さないよう、全てが共存できるようにしてほしいです。

そしてそれらの取り組みの答えは30年後に出ると思います。
最近の日本はその30年が待てないのです。

野尻湖のある信濃町は小林一茶の生まれ故郷で、黒姫山にはC・W・ニコルさんが住んでいます。
そんないいところをこれ以上壊してほしくないですね。

写真は駅までの道にあったお店で、何となくよかったのでカシャ!