紀ノ川バス釣り2020年02月01日 19時00分48秒

いい天気だった。
それに朝からテレビでバス釣りの番組があった。
これはいかなくては、と用意をして紀ノ川に出掛けた。

紀ノ川バス釣り

今日は少し釣り場を変えた。
普段より上流のスポットに行った。
行くとすぐに鵜が何羽か飛び上がった。
またかよ、という感じで見送った。
それでも気を取り直してロッドをセットしラパラを付け釣りだしたが、釣れない。
昼だったので持ってきたミニラーメンを湯を沸かし食べ、その後コーヒーを飲んだ。
その間シラサギやアオサギが飛んできては私に気づき、飛び去った。
中州の草が枯れていて歩きやすくなっているので普段の釣り場の対岸に行った。
結構こまめにルアーを打ったが、水深も浅く、ディープランナーでは底をこすった。
活性が高い時は底の石ではねたルアーにヒットするのだが、今日はその気配もなかった。

紀ノ川バス釣り

釣っていると急にトンビより一回り大きな鳥が30センチくらいのバスらしき魚をとらえて飛び去った。
防水コンデジではその姿をとらえきれなかったが、羽の裏が白かったのでミサゴだったかも。写
真ではわかりにくいが羽の下のでっぱりは魚である。結構大きい。
とにかく冬枯れの川岸はいろんな種類の鳥が飛び交い、今度はカメラを持ってこようと思った。

紀ノ川バス釣り

釣れないのでいつものところに戻ると若い人たち二人が釣っていた。
「釣れましたか?」
「いや全然だめです」
「鵜が入ってきたら釣れないですね」
「じゃ鵜も食べられない大きなものがいる可能性はありますね」
「そうですね」
などと少し話をした。
彼らは対岸の際ギリギリのポイントに上手にルアーを打ち込んでいた。
私はとても打てない。
天気が良く空もきれいだったが、坊主だったのでとぼとぼと川を後にした。

紀ノ川バス釣り

倒木に生えていたキノコ。これは初めて見た種類である。

紀ノ川バス釣り

今日はクロスカブちゃんを連れて行った。というより連れてもらったという感じ。

令和2年初紀ノ川2020年01月25日 21時30分53秒

本当に久しぶりに川に出た。令和2年初かな。

水が少なくなっているのと天候が中途半端なので、釣れそうにはなかったがとにかく川に出たかった。
CBちゃんのガソリンが少なかったので補給をしなければいけなかったので、久しぶりに連れ出して走った。

もう3時を過ぎていたので、釣れる時間も限られていた。実際曇りだったのですでに暮れかけていた。

いつもの所に着いてすぐにコーヒータイムにした。
わかしている間にロッドをセットし、ラパラを付け打ち出した。
2,3投目にコツンとしたあたりがあったのであおるとフッキングした。
なんとなく引きがおかしい。
ランディングネットはまだセットしていなかったので岸に引き上げるのに不安があった。
水が濁っているので近くに来るまで魚種がわからなかったが、見えてきてびっくりした。
ヘラブナである。
それも背びれにかかっている。だから引きがおかしかったのだ。
竿を気にしながら抜き上げた。結構重かった。

背びれにかかっているので針外しがしにくかった。
その間にコーヒーがわいたので、一休みした。手はフナの匂いがしていた。

これって坊主ではないのか?

バス釣り紀ノ川

バス釣り紀ノ川

フナは結構大きく、重量があった。

バス釣り紀ノ川

今日は時間がなかったのでコーヒーのみ。少しさみしい。

せっかくの休みも雨2020年01月23日 21時21分21秒

せっかくの休みは雨だった。
またスキャンや部屋の片づけをした。
しかし片付かないね。
スキャンはかなり進んだ。もう少しでネガカバー入りのフィルムがなくなる。

釣りに行けないので、近くに置いていたルアーをスケッチした。
先日文具店で買った絵筆の感触を確かめながら描いた。

釣りに行きたいというガンボーが沸いてきた。もう長いこと行っていない。今日の雨で少し水かさが上がっているだろうから今週末ぐらいがおもしろいかも。


写真は1989年1月の勝浦観光船着き場。
当時勝浦に住んでいたのでよく写真を撮りに行った。
ネガもかなり残っている。皆それぞれに観光地を訪れ、非日常を楽しんでいる。それを地元の人たちは商売にしている。
その取り合わせがおもしろかったのである。

今は、ショーゾウケンなどといったわけのわからない権利を振りかざされるので、なかなか正面切って表情の面白さを撮ることができなくなった。

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

最近の人たちはスマホをいじっているだろうね。

勝浦観光船着き場


勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

今日もボウズだった2019年12月01日 17時40分46秒

草藪の中をかき分け歩くと汗ばんでくる。

今日も釣れないかなと紀の川に出掛けた。
水はずいぶん減っていてかなり浅くなっていた。
それでも何とか釣れればと思いロッドをセットし、昼ご飯がまだだったので湯を沸かした。ラーメンとパンとリンゴで昼食にした。
湯が沸く間打ち続けたがあたりはなかった。
イタチがすぐそばを走り抜け、カワセミが2羽とんでいた。
古着屋で買った迷彩柄の上着は、動かなければ目立たないのか、すぐ近くに生き物がやってくる。これは楽しいね。

バスのほうは、この前はたくさん岸に近づいてきたのに、今日は一匹も来なかった。
上流のほうから鵜が5羽ほどやってきた。
私の目の前で子バスをくわえ、そして飲み込み、私に気づき、慌てて飛んで行った。
バスが急にいなくなった原因はこれだ。

本流なら逃げ込めるところはあるが、ここは閉鎖されたワンドである。
鵜が5匹も入れば大食漢の彼らのこと一網打尽にされる。
いたとしてもしばらくは岸辺の草陰に隠れて出てこないだろう。

というわけで今日もボウズ。

この頃カブが釣りのお供をよくする。
今日はいっそ黄色にこだわろうと、カーゴネットも同じ色にした。
なかなかしまった感じである。

紀の川バス釣り

これでずり落ちの心配がなくなった。

紀の川バス釣り

サギと鵜が。

紀の川バス釣り

子バスをくわえ、そして飲み込んでから、私に気づき逃げ去った。

紀の川バス釣り

昼食。

紀の川バス釣り

傾いた陽に輝いて、きれいだった。

紀の川バス釣り

紀の川バス釣り

今日もアオサギが一羽、夕日を眺めていた。

紀の川バス釣り

今年は紅葉の色がさえない。
バックの木もまだ青さを残している。

高温が続いたせいだと思うが、そういえばどこかの国はいまだに桜を見る会でいろいろやっている。
咲き終わらないね。

答弁を聞いていても、国のお偉方の発言は目に余るものがある。
これまでの様々な事件の時の答弁とほとんど同じパターンで、国民蔑ろ。
公的文書をいとも簡単にシュレッダーしてファイルを削除し、復活できないとの答弁。

国民はみんな知っているのにね。

今日はボウズ2019年11月23日 18時30分42秒

今日は初めて走行距離を測ってクロスカブにガソリンを入れた。
8km走った時に満タンにして今日は164km、差し引き154km。
入れたガソリンは2.62リットル。
1リットル当たり58km走っている。
すごい。燃費はいいとはわかっていたが、よく伸びる。

CB400SSは20kmから26kmだからほぼ倍の燃費である。
これからはますますクロスカブの出番が多くなるだろう。

クロスカブ110

今日はボディに合わせた色のバッグを取り付けた走った。
トップケースの上がノースフェイスのバッグ、釣り道具を入れたバッグがミレー。
一応ブランドものだが、中古をオークションで安く買った。
いずれも具合がよかった。
ロッドケースも細めのに交換した。

クロスカブ110

クロスカブ110

釣りはボウズだった。
2,3匹泳いでいるのを見かけたが、ルアーを投げても無視された。
小魚が飛び跳ねるようになった時には、

「よい子の皆さんはおうちに帰りましょう」

という町内放送が流れた。
時合的に釣れそうだったが、よい子だから帰ることにした。

クロスカブ110

クロスカブちゃんはきちんと待っていてくれた。
工場の屋根ではアオサギが夕日を眺めていた。

クロスカブ110

久しぶりのCB400SS2019年11月16日 21時27分08秒

休みだというのに歯医者がよい。
今日は久しぶりにCB400SSで走った。

歯医者の椅子の上で2時間近くいろいろいじってもらった。
まな板の上の鯉ではないが、なすがままである。
治療の間、バイクの話をした。
先生もバイク大好き人間なので、話が弾んだ。
「今度クロスカブを買いました。黄色のです」
「ほう、あれはわしも欲しかったんや。今2サイクルで昔のモペットみたいなのが出てるけどあれもええな」
「自転車にエンジンがついたみたいなのですか?」
「そうやペダルを踏んでエンジンをかけたやつや。20kmしか出ないけど足代わりにええ」
などといろいろ話をしながら治療を受けた。

早く終われば釣りに行こうと思いフルセットを積んできたが、治療に時間がかかりすぎた。

しかし予定していた通りに、とりあえず田井ノ瀬のサッカーグラウンドの東に乗り込み、コーヒータイムをした。
湯の沸く間に一応ルアーをセットし、投げてみたが魚の気配が全くなし。
今頃は雑魚やアユが泳いでいるがそれも全然なし。
カンパンをかじりながらコーヒーをすすりつつ川面を眺めていたが、やはり魚の気配はなかった。
コーヒータイムを終えた後、ちょっと投げて納竿。
反対側の岸辺では、ヘラ釣りの人が並んで釣っていた。

CB400SS

並木の銀杏も少し色づいてきている。

CB400SS

この朝顔?は一年中咲く。

CB400SS

本町駐車場をつぶしているが、そこに書かれている落書き。

CB400SS

天気が良かったのでバイクもきれいに見える。

CB400SS

コーヒータイム。

CB400SS

クロスカブ、ちょいのり100km2019年11月09日 22時58分53秒

今日は朝からいい天気。
うずうずしてきた。
先日トップケースにフックを付けておいた。
今日はそれの具合を確かめたかった。

荷物は、釣り道具フルセット、オリンパスOM-Dフルセット、そして食糧。
それをCBと同じようにして積み込んだ。
当初は二川ダムまで走ろうと思ったが、家を出たのが12時半だったのでやめ貴志川に沿ってくるりと回った。

百合の山裾を回ったら、高野へ行く道に突き当たった。
そのまま左に折れて鞆渕方面に走り国道480号線に突き当たった。
旧道を走り志賀から、花園との国道370号線三差路を紀美野町方面に走った。

美里町から新しいトンネルを抜けて雨山を抜け、貴志川への道を走った。
途中、山田ダムがあるが、せっかく釣り道具一式持っているので、これは振らないわけにいかないと、用意をした。

4人ほど釣って帰るところだったが釣れてなさそうだった。
湖面を見てもなんとなく釣れそうになかったが、必殺ラパラで5投目くらいに小ぶりのバスがかかった。

とにかくいい天気で気温も12度とベストコンディションであった。
100km走っていた。
1リットルで何キロ走っているか、明日ガソリンを入れるのが楽しみである。
家に着いたのは4時半を少し過ぎていた。

クロスカブ110

「鳥獣霊魂慰霊之碑」と書かれた立派な碑の前で昼食。
握り飯とパン。

クロスカブ110

クロスカブ110

クロスカブ110

逆光にきれいだった。

クロスカブ110

地蔵さんの前で。
案内板に滝不動があることが書かれていたので、見に行った。

クロスカブ110

道を間違って行き止まりのほうに走ったが、朽ち果てた別荘が何戸かあった。
バブルの時期に立ててそのまま放置した感じ。

クロスカブ110

クロスカブはこんな道のほうが似合う。

クロスカブ110

気温12度。

クロスカブ110

時間は1時45分。
この時計、オークションで安かったが、便利。

クロスカブ110

滝不動堂。

クロスカブ110

クロスカブ110

雨山地区にきれいな広場があり、コーヒータイム。

クロスカブ110

秋らしいきれいな青空だった。

クロスカブ110

クロスカブ110

山田ダムでヒットした一匹。岸際でかかったのでフッキングが甘かったのかすぐ針から外れて落ちた。

バス釣り山田ダム

カブはこういうシーンもいいな。

クロスカブ110

バス釣り山田ダム

というわけで少し長いちょいのり。
スピードは60km以上出さなかったが、それほどストレスを感じず走ることができた。
100km走ってもそれほどの疲れはない。
足回りもしっかりしているからだろうか。
とにかくこのバイクは使える。

久しぶりに釣った2019年11月02日 20時43分50秒

晴天。秋晴れ。
これは釣りに行かねばと思い、出掛けた。

小さいのばかりがよく釣れた。
投げると喰い、投げると喰いだった。
しかし大きいのは来なかった。
2歳児ばかりだった。
それでも長いこと釣れていなかったのでうれしかった。

天気も良く風もなく最高であった。


立て続けで3匹上げた。

バス釣り

釣れた後のコーヒータイムは格別である。
湯を沸かす間も2匹ほど釣り上げた。

バス釣り

コーヒーを淹れて冷ましている間に打つと雷魚がきた。
ラッキークラフトのシャッドに来たが、フックが伸びていた。
結構大きかった。

紀の川バス釣り

川ジャコのライズが盛んになってきて逃げまどっている中にラパラを打ち込むと、続けざまにかかった。
もう一回り大きかったらいうことはないのだが、まだ小さい。
しかし皆元気で、よくファイトしてくれた。


なんとラパラに2匹がくらいついて上がってきた。
長いことルアー釣りをするが一つのルアーに二匹かかってきたのは初めてである。
それくらい活性が高かった。

紀の川バス釣り

久しぶりの釣行だが期待以上に釣れた。
6月から釣っていないので、ウップンも晴らせて、楽しかった。
欲を言えば、ネットでランディングするくらいの大物が来てほしかった。
ネットを使ったのが雷魚だけというのは寂しい。

大物を釣るのであれば、ワームのほうが良かったかも。

久しぶりにロッドを振った2019年10月26日 18時56分57秒

朝からK先輩が野菜をくれるというので、かつらぎのスーパー風呂屋で久しぶりに一緒に食事をした。たくさん野菜をいただいた。この時期ありがたい。

そのあと家で一休みして、本当に久しぶりに釣りに出掛けた。

いつもはCBだがクロスカブで釣りに行くのは初めてで、トップケースが小さいためどうしたらいいかいろいろ考えた。
何とか安全に積み込むことができた。

普段の紀ノ川に行くには少し時間が過ぎていて、十分釣ることができないので手近な野池とした。
初めてのところだったが、親子連れやら二人連れがいてにぎやかだった。

なんとなく釣れる気がしなかったが、やっぱりこなくてボウズだった。
親子連れが、

「おいいい加減に帰ろうよ」

と父親。

「あと20回投げさせて」
「あかんもう帰ろう」
「うーんお父さんのいけず」
「またこんどゆっくりな」

といいつつ子供が片付けてからも、お父さんが一番最後まで投げていて、
こどもが、

「おとーさん、帰ろうよー」

と服を引っ張っていた。
お父さんその気持ちわかる。
私も30分ほど投げて納竿。
若い二人連れも同じ時期に車に戻った。

ともかく4か月ぶりくらいに竿を振ったが、できればググッといい手ごたえがほしかった。

クロスカブ110

クロスカブ110

クロスカブ110

クロスカブ110

クロスカブ110

釣りのお供にクロスカブは最適だね。
CBより気軽にどこにでも止められるから、こうした野池めぐりに最適である。
これから出番が多くなりそう。

殺さず減らす新技術で・・2019年08月01日 21時47分43秒

ブルーギル
昨日の毎日新聞に、「殺さず減らす新技術」と題してゲノムを改変してブルーギルを退治しようということが書かれていた。

理屈は、ゲノム編集で不妊遺伝子を持つ雄を作り、野性の雌と繁殖行為を繰り返させると誕生した子や孫の一部だけ産卵できない雌になるという。そのままだと不妊遺伝子を持つ割合が減って元に戻ってしまうため長期間にわたり飼育した不妊遺伝子を持つ雄を放流し続ける必要があるという。

私は、琵琶湖の魚が減ったのは、コンクリ大好き人間たちの無駄な護岸工事や埋め立て工事にあると思う。
それに知らんふりをし、漁獲が減り漁師が困っているのが外来種のせいだといわすところに腹が立つ。

琵琶湖はすごいポテンシャルを秘めた湖である。
ゲノム編集された改変魚を引き続き放流し、ブルーギルを駆逐して在来種や固有種の本来の生態系を確率してほしい。

そのためには護岸や田んぼとの関わりをもう一度見直し、本来の琵琶湖の魚種が繁殖しやすい環境を作るべきである。

そうした根本的な解決策を講じないでSDGsをうたってもだめである。