雪国になってしまった2018年02月13日 18時03分15秒

朝起きると雪でした。
まだ暗いのでぶれてしまいましたが、まだ一台も車が走っていません。

紀の川市雪

私の足跡です。

紀の川市雪

冬のソナタか。
欅も真っ白。

紀の川市雪

雪国みたいに電車が走っていきます。

紀の川市雪

木にかかった雪は、私の好きな景色です。
北国の大雪ではそんなのんきなこと言ってられないでしょうけど・・・
ニュージランドなどは記録的な暑さとか。
やはりどこかおかしいですね。

紀の川市雪

平昌オリンピック。
やはり見てしまいます。スノーボードがひやひやしながら見なければならないのを初めて知りました。
すごいですね。

モーグル原さんもよかったですね。
やはり楽しく滑ったといっていましたが、やはり遊びの気分になったら勝ちですね。
高梨さんも立派でした。

これからのどの競技も日本勢がどこまで攻めるか楽しみです。

CB400SSちょいのり2018年02月03日 20時35分39秒

今朝起き抜けは、0℃でしたが、次第に気温が上がって、10時過ぎには6℃を超えました。
雨も降りそうにないので、CBを乗ってやることにしました。
先日来の寒さと、乗らなかったためにバッテリが上がりそうになり、一度充電しました。
今日は走らないとまた弱くなるので、気温も上がってきたので走り出しました。

走るもう一つの目的は、どこかに菜の花が咲いているだろうと、それを探しに行きました。
京奈和道路を90km位で流し、エンジンの調子を見ましたが、快調でした。
帰りは菜の花を探しながら下の道を走りました。

粉河の新しくできた道の桃畑の中に、菜の花は咲いていました。
毎年ここで撮っている感じがしますが、今日は紀ノ川の土手を改修しているために、車がやたら多く、真横から撮るとはねられそうになるので仕方なくナナメから撮りました。

CB400SS


CB400SS

この黄色を見ると春が近いのを実感します。

CB400SSちょいのり


CB400SSちょいのり

竹房橋下の河原はパラグライダーやパラセールの基地として有名ですが、今日もたくさん飛んでいました。

ちょっと見たくなって河原におり、コーヒーの用意をしました。

コーヒーを沸かしながら百合の山から飛び、河原に降りてくるのを眺めていました。
降りてきた人に、

「このセールはどのくらいの重さがあるのですか?」

と聞くと、

「種類にもよりますが、大体10キロくらいです。これは少し重くて20kg位あります」

ということで、私が山に登るときのザックの重さ位かな。
見た目より軽いですね。

一人の若い女性が、下から飛び上がろうとしてるのか、セールを地面に置いて風を待っていました。
どのようにして飛び上がるのか見たくてコーヒーを飲んだ後も少し長い間見ていましたが、風をはらませようとセールの向きを変えたりしながら10回くらいチャレンジしていましたが、風が少し弱い感じで、セールが開き切りませんでした。

結局私が見ている間には飛び上がれませんでした。

風を見る吹き流しが水平にたなびき、セールがうまく風をはらめばスイと上がるのでしょうね。

CB400SS

うまく風をはらんだように見えましたが、乗り手を持ち上げる揚力は出なかったようでセールは降りてきました。
離陸を見たかったですが残念でした。
これも習熟してくるとはまりそうな趣味ですね。

CB400SS

久しぶりのちょいのりですが50kmほど走っていました。
少し足りない感じですが冬の間はこれくらいかな。

朝から雪2018年01月11日 12時32分54秒

朝、雪が積もっていました。
ワクワクでした。

これはこれはと思い、カメラを持ち出しました。

出がけにカシャ!
まだ暗いのです。


途中の道から走りながらカシャ!
柿の木に積もった雪は風情があります。


大阪に入ると若干少なくなりましたが、線路も白くなっていました。
電車に乗る前にカシャ!


クルマ大丈夫かなと思っていたら、やはり2台ほど側溝に突っ込んでいました。
対向車線に車が何台か止まっているところがあり、どうしたのかなと思い見ると、FRのスポーツカーがタイヤを空転させて動けなくなっていました。
抜け出すためのコツがあるのですけどね。

ともかく通行止めになるくらい降らなくてよかったです。

紀ノ川初釣り・・ボウズ2018年01月07日 21時56分21秒

朝からグズグズしていて、昼から少し気温が上がってきたので、これは初釣りいかなくては、と思い紀ノ川に出かけました。
川面を見ていると、ライズもなく釣れる気があまりしなかったのですが、そこは初釣り、いろいろルアーを替えて打ち続けました。

空ではラジコン飛行機が飛んでいました。
今のモーター+ラジコンリチウムイオン電池なので音が静かですね。

釣れないのでバードウォッチングをしましたがあまり種類は多くなかったです。
カワセミが来ないかカメラのスイッチを入れて待ったのですが、今日は来ませんでした。

紀ノ川バス釣り

紀ノ川初釣り

川下に行ってからまた元のポイントに戻ると、若い人が釣っていました。
「釣れましたか?」
「今来たばかりですから」
そこから私は上流のポイントまで行って釣っていると先ほどの若い釣り人が追いついてきました。

「釣れましたか?」
私が聞くと、

「釣れないです」
「まだ水温が低いのでしょうね」
「ひるから晴れてきたので水温も上がると思ってのですけどね」
「そうですね」
「台風前に僕は53センチを釣りましたけどね。台風からこちら大きいのが釣れなくなりましたね」
「そうですね。私もカヌーから釣りました」
「当時はよく釣れましたが、台風でどこかに行ったのでしょうかね」
「小さいのがたくさんありますから2年後くらい楽しみですね」
「そうですね」

てなことを話し合いながらも、二人ともルアーを打ち続けました。
が、結局はボウズ。

私が納竿した後も彼はまだ釣っていました。

紀ノ川初釣り

紀ノ川初釣り

紀ノ川初釣り

CBも初乗りです。
少し距離は物足りませんが、今年も元気に走ってくれそうな気がします。
土手の木も葉っぱが全くなくなりました。

昼間のライトアップ2018年01月06日 22時59分47秒

今朝も寒かった。

いきたいところがあったのですがいきませんでした。

いろいろとしなければいけないことやしたいことがいっぱいあり、なんとなく集中できませんでした。
結局家の中で一日。

写真は先日の平池。

鴨君たちは岸に上がり餌をついばみますが、人を恐れません。

紀の川市平池

夜はイルミネーションが点灯してきれいなのでしょうけど、昼間見るとなんとなく不気味です。

貴志川町平池

ミッキーのライトアップでしょうが私なら片方をタマにしますね。
もうひとひねりほしかったなー。

貴志川町平池

3連休なのですが・・・。

黒鳥が遊んでいる池2018年01月03日 21時44分14秒

紀の川市の平池に黒鳥が来ていると、ニュースや新聞で知りました。
これは見に行かなければなりません。
出かけました。

車を降りてすぐの池辺には姿が見当たらなかったのですが、池の中頃に人だかりがあり、その前で黒鳥が遊んでいました。

国鳥・・・紀の川市

とにかくたくさんの鴨が餌を食べていました。

国鳥・・・紀の川市

黒鳥がいました。
なまえのとおり真っ黒でした。
以前来た白鳥は誰かが追い立ててどこかに行ってしまいましたが、この黒鳥はずっととどまってほしいですね。

国鳥・・・紀の川市

おじさんが手ずから餌をやっていました。

黒鳥・・・紀の川市

鴨にカイツブリもたくさんいます。

黒鳥・・・紀の川市

上から、マガモ、オオバン、黒鳥、ヒドリガモかな?

黒鳥・・・紀の川市

優雅で気品がありますね。

黒鳥・・・紀の川市

黒鳥赤いくちばしが印象的でした。

寒い朝2017年12月09日 22時49分46秒

今朝は寒かったですね。
通勤途中の雨も、みぞれに近い重い感じでした。

もう少し気温が低ければ雪になっていたと思います。
雪が降り出すと冬も第2段階です。

葛城山系も寒々です。


龍門山もはっきり見えません。
日が差し込んでいてきれいでした。


今日の仕事は、学生さんに企業説明をすることでした。

一通りの会社説明の後の雑談。

「私たちの年金を稼いでもらわなければいけないので、よく勉強してください」
「それは自分たちで稼いでください。僕たちの将来は年金があるかどうかわかりませんから」

そうですね。

私たちでもかなり減らされてきたのですから、今の若い人が私たちの年代になったら年金システムはどうなるでしょうね。


地球温暖化の影響で世界中がおかしくなるのは間違いないし、かなり厳しい時代がやってくるかもしれません。

紀ノ川バス釣り・・ボウズ2017年12月02日 21時37分12秒

今日のような暖かな日を小春日和というのですね。
釣れそうな気がしてまた川にでました。
いつものところに行くとすでに2人の若いバサーが入っていました。

「釣れましたか」
「だめです」
「水温が低いのでしょうかね」
「そうでしょうね」

私もルアーをとっかえひっかえ、場所も移動し、キャストキャスト。
釣れない、釣れない。

紀ノ川バス釣り

あるポイントでラインが草に巻き付いていました。

紀ノ川バス釣り

ラインはきちんと処理してほしいですね。
ここはヘラブナ釣り師もよく来るところで、このようにラインを残してしまうと、バス釣り師はできが悪い、ということになります。

まとめて持って帰りました。
結構長かったです。

紀ノ川バス釣り

下流のワンドは水も浅く澄みすぎてバスの気配はなし。
結局ボウズでした。

いちどスレでフナかコイがかかりましたが尻尾の方だったのでバレて逃がしました。

紀ノ川バス釣り

川岸の木も葉がほとんど落ちてしまいました。

紀ノ川バス釣り

昆虫もめっきり少なくなりましたが、このバッタくん元気に飛び回っていました。

紀ノ川バス釣り

また出かけてしまった紀ノ川2017年11月26日 20時02分26秒

今日は昼から曇りから雨に変わりました。
比較的暖かだったので、これは今日こそバス君が待っていそうな気がして、時間もあまりなかったのですが、出かけました。

この頃この川筋で気になるのがゴミです。
雨で流されて塊をあちこちに作っています。
気温が上がると蓋が閉まっているペットボトルがふくらんでポンと音がして来ます。
朝の冷え込みで縮んでいたのが、気温が上がるにつれて膨らむのでしょうね。

空き缶は鉄やアルミで元々自然界であったものなので、環境にそれほど影響を与えませんが、このペットボトルやビニール袋はいろいろ影響があると思います。

少し以前バス釣りをする人のマナーが悪く、バスがよく釣れる野池の周辺はゴミが散らかり放題で、近所から顰蹙を買い、結局は釣り禁止になり金網を張られたりされてしまいました。

ギャング放流のこともありますが、それとは別に釣り師のマナーが問われ、結局は釣りフィールドを縮めてしまいました。

写真のゴミは釣り師のものではないと思いますが、どうも気になる風景です。

先日一緒になったフローターのバサーとの話で、

「フローターで釣ると途中で切れて捨てられたラインがいっぱいありそれを処分しながら漕ぐのです」

ということでした。
対岸のポイントを狙って岸まで飛ばしてしまい、引っかけてラインを切ってしまいます。対岸の対岸はこちらの岸なので、それほど飛ばさなくても釣れます。

そういうマナーも問われますね。

紀ノ川ゴミ

てなことを考えながらポイントにいき、打ち込み続けましたが釣れずじまいでした。
雨脚も強くなりそろそろ納竿と思っていたところ、ヒット。

小学生バスでしたがなんとかボウズは免れました。
写真を撮ろうとしましたがレンズに水滴がありピントが合わず拭こうとしている間に、ピョンピョンと川に戻ってしまいました。

紀ノ川ゴミ

今日は坊主2017年11月23日 22時47分12秒

夕べの雨が嘘のように上がり、さあバスちゃんが待っていてくれる、と思い紀ノ川に出かけました。

本流側のワンドはきれいにすんで、鯉と鮒だけが泳いでいました。
雷魚はいないか少し探しましたがいませんでした。

鵜が一羽、手前の木に止まっていましたが、私に気づき飛び立ちました。

紀ノ川バス釣り

きれいに底まで見えています。

紀ノ川バス釣り

コーヒータイム。
風が強かったので地面に穴を開け沸かしました。

紀ノ川バス釣り

かなり寒かったですがフローターで2人ほど入っていました。

紀ノ川バス釣り

水温が低いのと、風が吹くのでわたしはとうとう釣れませんでした。
必殺ラパラもラッキークラフトも釣れずじまい。

紀ノ川バス釣り

フローターの2人は一匹ずつ釣っていました。
この悪条件でヒットさせたのは立派。
私は結局ボウズでした。

  バス釣りや 網もさみしい ボウズかな

なんちゃって。

紀ノ川バス釣り

橋のたもとの木も黄葉が始まりました。
CBちゃんは賢く待っていました。