紀の川市中津川熊野神社2020年01月11日 22時28分17秒

紀北地方は古くから京都の寺社の荘園だったので、歴史ある寺社が多い。
今日はそんな神社を探した。
熊野神社というのが市報に紹介されていた。
それを見に行くことにした。

熊野神社は細い道を登って山の中腹にあった。
たぶんこの道は葛城参詣を越え京都へつながっていたのだと思う。
軽4がやっと通れるくらいの道が上に伸びていた。
あまりに狭いので運転には気を使った。
普通車では苦しい道幅である。
道案内が十分ではなく到着できるかどうか若干の不安があったが、何とかたどり着いた。

紀の川市中津川熊野神社

熊野神社はきれいないい雰囲気の神社だった。
市の説明書によると、この神社は寛政9年(1797年)京都聖護院が造営したようである。
石灯籠が2対ほどあったがそのうちの低いほうの一対が正平二十四年(1369年)建立とある。
もう600年をこえてここに立っているわけである。

紀の川市中津川熊野神社

紀の川市中津川熊野神社

紀の川市中津川熊野神社

とにかく山深い人里離れたところにこんな立派な神社があるということが面白い。
修験と熊野とは切っても切れないつながりがあるのでこの神社も熊野になったのかもしれない。

葛城修験の行場として土地、中津川の人々の産土神社として守られているという。

紀の川市中津川熊野神社

正平二十四年(1369年)建立されたということが刻まれている。古い。

紀の川市中津川熊野神社

少し年代が新しい灯篭に鳥の巣があった。

紀の川市中津川熊野神社

太い杉の木があったが根っこに穴が開いていた。しかし元気な枝を伸ばしていた。

紀の川市中津川熊野神社

本殿が二棟。

紀の川市中津川熊野神社

貴志川イルミネーション2019年12月22日 18時12分32秒

写真は昨日のものだが、平池のイルミネーションを見に行った。
毎年バージョンアップされていて、今年は特にダイナミックに輝いていた。
毎年やっていると、見せ所がわかってくるのだろうか。
入口近くにはアーケードのヨナトンネルが迎えてくれる。

貴志川平池イルミネーション

ペットボトルをうまく輝かせている。

貴志川平池イルミネーション

皆で撮りっこしている。

貴志川平池イルミネーション

対岸のイルミもきれいだった。

貴志川平池イルミネーション

風がなかったので、きれいに二重に見える。

貴志川平池イルミネーション

黒鳥がえさをねだっていた。

貴志川平池イルミネーション

和歌山電鉄の貴志駅もクリスマスの飾りつけをしていた。

貴志川平池イルミネーション

貴志川平池イルミネーション

今日は比較的暖かだった。2019年12月21日 20時08分14秒

今日は割と暖かだった。

釣りに行きたかったが、歯医者の予約があり、いい天気だったのに歯医者に行った。
部分入れ歯が、仕上げの段階なので休むな、とお医者さんに言われていた。
お医者さんは今年中に仕上げると言っていたので仕方がない。
新しい歯は、具合よく収まった。
最終的な噛み合わせ具合とかを、来週調整するらしい。

クロスカブ110で走った。
歯医者近くの廃業した喫茶のレンガがおもしろかったので前においてカシャ!

少し回り道をし、和歌山電鉄と並行する廃道で電車の来るのを待った。
KLE400もCB400SSも撮ったところである。

クロスカブ110

カンカンと踏切の音がしまもなく電車はやってきた。
今まで見たことがない車両であった。

派手なラッピングをしていた。

クロスカブ110

クロスカブ110和歌山電鉄

これはオモ電がお池の鉄橋を渡っているところ。

クロスカブ110和歌山電鉄

今日もボウズだった2019年12月01日 17時40分46秒

草藪の中をかき分け歩くと汗ばんでくる。

今日も釣れないかなと紀の川に出掛けた。
水はずいぶん減っていてかなり浅くなっていた。
それでも何とか釣れればと思いロッドをセットし、昼ご飯がまだだったので湯を沸かした。ラーメンとパンとリンゴで昼食にした。
湯が沸く間打ち続けたがあたりはなかった。
イタチがすぐそばを走り抜け、カワセミが2羽とんでいた。
古着屋で買った迷彩柄の上着は、動かなければ目立たないのか、すぐ近くに生き物がやってくる。これは楽しいね。

バスのほうは、この前はたくさん岸に近づいてきたのに、今日は一匹も来なかった。
上流のほうから鵜が5羽ほどやってきた。
私の目の前で子バスをくわえ、そして飲み込み、私に気づき、慌てて飛んで行った。
バスが急にいなくなった原因はこれだ。

本流なら逃げ込めるところはあるが、ここは閉鎖されたワンドである。
鵜が5匹も入れば大食漢の彼らのこと一網打尽にされる。
いたとしてもしばらくは岸辺の草陰に隠れて出てこないだろう。

というわけで今日もボウズ。

この頃カブが釣りのお供をよくする。
今日はいっそ黄色にこだわろうと、カーゴネットも同じ色にした。
なかなかしまった感じである。

紀の川バス釣り

これでずり落ちの心配がなくなった。

紀の川バス釣り

サギと鵜が。

紀の川バス釣り

子バスをくわえ、そして飲み込んでから、私に気づき逃げ去った。

紀の川バス釣り

昼食。

紀の川バス釣り

傾いた陽に輝いて、きれいだった。

紀の川バス釣り

紀の川バス釣り

今日もアオサギが一羽、夕日を眺めていた。

紀の川バス釣り

今年は紅葉の色がさえない。
バックの木もまだ青さを残している。

高温が続いたせいだと思うが、そういえばどこかの国はいまだに桜を見る会でいろいろやっている。
咲き終わらないね。

答弁を聞いていても、国のお偉方の発言は目に余るものがある。
これまでの様々な事件の時の答弁とほとんど同じパターンで、国民蔑ろ。
公的文書をいとも簡単にシュレッダーしてファイルを削除し、復活できないとの答弁。

国民はみんな知っているのにね。

久しぶりに釣った2019年11月02日 20時43分50秒

晴天。秋晴れ。
これは釣りに行かねばと思い、出掛けた。

小さいのばかりがよく釣れた。
投げると喰い、投げると喰いだった。
しかし大きいのは来なかった。
2歳児ばかりだった。
それでも長いこと釣れていなかったのでうれしかった。

天気も良く風もなく最高であった。


立て続けで3匹上げた。

バス釣り

釣れた後のコーヒータイムは格別である。
湯を沸かす間も2匹ほど釣り上げた。

バス釣り

コーヒーを淹れて冷ましている間に打つと雷魚がきた。
ラッキークラフトのシャッドに来たが、フックが伸びていた。
結構大きかった。

紀の川バス釣り

川ジャコのライズが盛んになってきて逃げまどっている中にラパラを打ち込むと、続けざまにかかった。
もう一回り大きかったらいうことはないのだが、まだ小さい。
しかし皆元気で、よくファイトしてくれた。


なんとラパラに2匹がくらいついて上がってきた。
長いことルアー釣りをするが一つのルアーに二匹かかってきたのは初めてである。
それくらい活性が高かった。

紀の川バス釣り

久しぶりの釣行だが期待以上に釣れた。
6月から釣っていないので、ウップンも晴らせて、楽しかった。
欲を言えば、ネットでランディングするくらいの大物が来てほしかった。
ネットを使ったのが雷魚だけというのは寂しい。

大物を釣るのであれば、ワームのほうが良かったかも。

キンモクセイの花の匂いが一杯2019年10月22日 17時44分38秒

朝は肌寒かった。
このまま涼しいのかなと思ったら昼から暑いくらいになってきた。
もう10月なんだけどね。

今日は、普段使っているパソコンがめちゃくちゃ遅いので、精神衛生上よくない。
少し前、ハイスペックなパソコンをもらってきていたので、セットアップをした。
私にパソコンは、インテルi3、32ビットで買ってから大分経つ。
ハードディスクもへたってきたのか処理が遅くなり、交換したいと思っていたが先立つものがなかった。
ひょっとしたことで、i5のパソコンが手に入ったので今日Win10にアップグレードし引っ越し作業をしている。(現在進行形なのはこれがまた時間がかかっているためである)
引っ越しツールを使ったが、それでも遅い。
ま、300G位の容量があるので仕方ない。

合間にマクロレンズのテストがてら庭の花の写真や公園のキンモクセイを撮った。
まずまずの写り。


まだ朝顔が咲いている。




何の工夫もないショットだけど、これだけピントよく写ってくれたらいい。
前の公園ではキンモクセイの木が20本くらい花盛りで、匂いを振りまいている。


夕方、CB400SSのフロントフォークブーツが以前からズタズタに破れてきていたので、気になっており、オークションで買っておいたブーツに取り替えた。
これを普通に修理屋に頼むと、部品代は安いのだがバイクをつり上げ、フォークをいったん抜かなくてはいけないので、1万円以上かかる。

何かいい方法はないかといろいろ考えた。
結局はブーツを割り、フォークに付けてからポリプロピレンもくっつけられる瞬間接着剤でくっつけた。
うまいことくっついた。
少しは見栄えがよくなったかな。



またまた記録的大雨の地域が2019年10月03日 21時24分17秒

今日は、以前から引っかかっていた緑内障のチェックに行ってきた。
幸いまだいわゆる緑内障にはなっていなかった。
プラネタリウムのような白い半円形の、器具の前に顎を置き、一点を見ながら次々映し出される、ランプの小さい光が見えるかどうかを、チェックした。
見えたかどうかは手に持ったボタンを押し、知らせた。
目を動かしてはいけないのでかなり見づらく、薄い光が続くと、

「つかれてくると見にくいですね。少し休みましょう」

と看護師さんが休憩を取らせてくれた。
結構緊張した。

朝からテストをし、午后4時からテスト結果を聞いた。
その間時間があったのでオートバックスでRAV4のオイルを交換した。

クリニックをでてから、以前から撮っておきたかった稲わら干しと彼岸花を撮りにいった。ここは毎朝の通勤ルートで、彼岸花が枯れないうちに撮りたいと思いつつ朝は時間がないので撮れなかった。

今日は台風の余波で雨が降っていたが、撮りに行ったときはやんでいた。
夕暮れも近く、暑さのせいか彼岸花は少し弱ってきていたが、なんとか撮れた。


回りの田を見てもこのスタイルでの稲わら干しは、少なくなった。


ニュースを見ると高知で大雨が降ったらしく、車が水没した写真があった。
インドなど世界的にも信じられないような大雨が降ったとか、この状態はますますひどくなるのかもしれない。

一昔前は、今頃の台風は潮岬をよこぎっていったので我がふるさと串本は、「台風銀座」と呼ばれていたが、最近は銀座も廃れてきた。
15号台風のように千葉をかすめるというものはなかったように思う。

虫の音がきれいに聞こえる季節になった2019年08月26日 22時43分48秒

貴志川から粉河に入ってまもなく、その地蔵さんはある。

この地蔵さん、顔がない。
一応顔らしきものはくっついているが、はっきりしていない。
以前から気にはなっていたが、先日久しぶりにバイクに乗った折、写真に撮りたくなり、バイクを止めカシャ!

せめて造作をきちんとしてほしかった。
土台の碑文を見ると、読めないが何やら、由緒ありげな雰囲気である。
実際いろいろいわれがありそうな雰囲気がする。
川岸近くの地蔵さんで一番多いのは、洪水があって亡くなった人がいて、その鎮魂のために地蔵さんをお祀りするものである。

これは今でも時々ある。
今は洪水も少なくなったが、このお地蔵さんはかなり古いと見た。

これとは少し違うが、某国では地蔵さんではなく、女性の座った像がある。どうもあの像は芸術的に見ても感心しないし、腑に落ちない。

もういい加減にしてほしいといいたくなる。

誰かがどこかで、嫌日をあおっているのじゃないだろうかと疑ってしまう。
私自身は、遙か昔から日本のために尽くしてくれた、同輩だと思っているのだけれど、うまくいかないね。

今朝は気温が20度を切っていた。
車の外気温の表示を見ると19度であった。
帰りに電車から車までの公園では虫の音がきれいであった。
あっという間に秋の気配が濃くなってきた。
このまま涼しくなってほしいね。

CB400SSちょい乗り2019年08月24日 21時05分29秒

訳あって長いことCBに乗っていなかったが、今日はそれほど暑くなかったので、チョイノリに、ひとっ走りした。

まずいつもの行く愛宕池への入り口の東屋まで走った。
本当はもっと遠くまで走りたいところだったが体調を考えて、自粛した。

東屋でコーヒーを沸かした。
コーヒーの後下界をスケッチした。

東屋の下に小さな公園があるがほとんど使われていない。

雑草も伸び放題である。
こんな中途半端な公園はなんとかして欲しい。
この下に老人ホームがあるので、散歩の時の休憩場所に利用してもらうとかの方がよっぽど利用価値が高い気がする。
パンダもなんとなくさみしそうで、涙目である。

帰りはウルグアイラウンドで建設中の田舎のハイウェイを走った。
この道路の予算配分はどうしているのか知らないが、建設を初めてもう何年経つだろうか?

東は橋本市まで続くのだがまだ途中で切れている。
この道が完了し橋本まで続けば、バイクで走るのには絶好の道となる。
先日粉河方面から那賀方面へのトンネルが開通し少しつながった。
かつらぎ町のところでまだ通っていないようである。
やるのなら早く開通させてほしい。いかにもお役所仕事の感じである。

CB400SSでちょい乗り

CB400SSでちょい乗り

CB400SSでちょい乗り

さみしげで涙目のパンダくん。
長いこと使っていないのがわかる。

CB400SSでちょい乗り

愛宕池。対岸はスポーツ広場である。
バスがいそうな気がするのだけどどうなんだろう。

CB400SSでちょい乗り

つい最近開通したトンネル。ここも長いことかかっていた。

CB400SSでちょい乗り

道沿いにあった草むらのヒーロー。おうちもすむ人がいないのかヒーローになりつつある。

CB400SSでちょい乗り

今日は28度で今週元の頃の30度を超す暑さでなかったので、快適に走れた。
クロスカブ110は、今注文しても10月になるらしい。
もう少しCBちゃんに頑張ってもらうことにする。

2019年初、令和第一号バス2019年05月02日 21時39分07秒

朝からいい天気。
気温も上がってきた。
昨夜までの雨で紀ノ川の水位も上がっているだろう。

これは行くべき。

紀ノ川に久しぶりに出かけた。
バイクに乗るのも久しぶりである。

いそいそ。

いつものところにバイクを止めた。
空にはいつものラジコン機がいい音で飛んでいた。
趣味のラジコンチームが何人か河原に作った飛行場で遊んでいた。

タックルをセットし、ルアーを打ち出したが来ない。
仕方なくコーヒータイム。
ウグイスがよく鳴いていた。リッチなひとときである。

場所を変えて打って、ルアーが足下に来たときかなり大きなのが急に食らいついてきた。バスが見えていたので食った途端に合わせてしまった。
いわゆる合わせ切れと言うやつで、ラインが切れ大事なラパラともどこかに行ってしまった。バスが見えてなかったらフッキングしていたのにとホウシン状態。

気を取り直して別のラパラで攻めた。
来た!
最初は根掛かりかと思ったが、ラインが走り出した。

ヒット。これは大きい。

先ほどのをばらしたので少し慎重に取り込んだ。
よく太ったバスだった。

2019年そして令和第一号のバス。
やっと釣れた、で再びコーヒータイム。

念願の今年第一号それもランカーサイズ。
コーヒーと持ってきたビスケットがおいしい。
これで10連休5日目に色がついた。

紀ノ川バス釣り

カラスノエンドウが花盛り。

紀ノ川バス釣り

テントウムシの孵化の時期で、周りにはサナギがあった。

紀ノ川バス釣り

コーヒータイム。至福のひととき。

紀ノ川バス釣り

そしてバス。結構大きかった。


あたりがあってロッドをあおったらうろこだけ。
鯉だろう。

紀ノ川バス釣り

CBちゃんはおとなしく待っていた。もう葉が茂ってこちらからは見えなくなった。
季節は春まっさかり。

紀ノ川バス釣り