高野女人道続き2017年03月20日 20時53分51秒

昨日の続き。
坂を下りると小さな橋があって、再び登りになります。


道はさらにきつい登りになって上に続きます。

高野女人道

稜線に出ると遠くまで見渡せます。

高野女人道続き

赤松がたくさん。
その昔はきっとたくさんの松茸が採れたことでしょう。

高野女人道続き

さらに登ると遠くの山がかすんで見えます。

高野女人道続き

相の浦口に地蔵さんがあります。

高野女人道続き

案内表示を兼ねています。

高野女人道続き

道はまだ登りが続きます。

高野女人道続き

野猿かアンテナの基礎の跡が残る広場に来ます。

高野女人道続き

高野女人道続き

やっとついた頂上にはテレビのアンテナが立っています。

高野女人道続き

大滝口女人同跡には5時に到着。
ここで小辺路ルートとクロスします。
時間がないので、高野の町中に降りることにしました。

高野女人道続き

途中の道にはまだ雪が残っていました。
さすが高野山。

高野女人道続き

今日は暖かだったですね。
朝から以前から気になっていたバンパーのへこみを修理しました。
結構時間がかかりましたが、なんとかそれほ目立たなくすることができました。

バンパーを外し、へこみをたたき伸ばして、再び取り付けました。

作業をしていると近所の人が、

「素人の仕事にしてはいいんじゃないですか」

という感想でした。


高野女人道テクテク2017年03月19日 23時02分40秒

朝からいい天気でした。
バイクが汚れていたので石けんで洗ってあげました。
ピカピカになりました。
ワックスをと思いましたが時間がなくまた明日にでもやろうと思います。

昨夜出しておいたミカンに朝早くからヒヨドリがやってきました。
昨日のと同じ個体のようです。
別の鳥が来てほしいですね。


2時前に家を出、高野女人道を歩きにまた高野に登りました。
歩き始めは2時50分でした。
いつもながらかなり遅くなってしまいました。

高野女人道

お助け地蔵から登り始めました。

高野女人道

道は良く整備されて歩きやすかったですが結構急な登りがありました。
このプレート黑河道にもありました。

高野女人道

愛宕神社についたのは3時5分でした。

高野女人道

高野女人道

高野女人道

愛宕神社を過ぎた頃、行く道で近くの方らしいご婦人に会いました。

「女人道にいくのかい」
「はい」
「最近は鹿が多くなっているので気をつけてください。朝など国道までも出て来るよ」
「へー奈良公園みたいですね」
「おかげでこのあたりに草花が皆食われてしまいました」
「それは大変ですね」
「スカイラインへの道をつけたり、トンネルを掘ったりしてからこちらへ出てきた」

ということでした。広く新しい道やトンネルができて餌場までの道を中断されて、人家まで出てくるようになったのでしょうね。

高野女人道

坂の上りはじめのところに熊注意のかんばんがありました。
英語の注意書きがあるところが時代ですね。
でもこの看板は少しおかしいですね。
英語版には熊にあったときの対処方法を書いているのに、日本語では単に注意しなさいということだけしか書かれていません。
日本人もこのくらいの英語は理解しなさいと言うことでしょうけど・・・

高野女人道

有刺鉄線が張り巡らされていました。

高野女人道

この後ろくろ峠まで歩き、町に戻りました。
それについては次の日に。

町石道てくてく2017年02月26日 20時54分27秒

今日も朝から割といい天気でした。
またミカンを庭の木に刺しました。

早速ヒヨドリがやってきました。
結構面白いのと、レンズのテストに彼らを撮りました。

今日はOM-DにトキナーSD70-210mmf4.0-5.6をつけ撮ってみました。
ズームで210mmにしたときどう写るか楽しみでしたが、そこそこ写っていました。

210mmではいまいちアップできないのでOMマウントのケンコーテレプラスをつけて140-420mmで撮ってみました。

やはりコントラストは悪くなりますが、これもなんとか写りました。

これは使えるという判断をし、昼から歩いた町石道に持って行きました。

ヒヨドリ

これがトキナー70-210mmf4.0-5.6で撮ったものです。

ヒヨドリ

トキナーSD70-210mmf4.0ー5.6にケンコーテレプラス×2倍をつりつけた撮ったものです。

コゲラ

まず天野の丹生都比売神社から笠松峠まで歩きましたが、その途中の木の上で、「コンコン」と音がしていました。
「ん、これかキツツキの音じゃないかな」と上を見るとコゲラが木をつついていました。
私にとっては滅多に見ることがない鳥なので、トキナーを210mmに延ばして撮りました。
300mmくらいがあればきちんと撮れたのにと少し残念です。
暗いし鳥が頭を高速で木に打ち付けるので撮り難かったですね。

コゲラ

頂上の六本杉。

町石道 

はい、ブランクのところに文字を入れなさい、という感じの看板。
どんな言葉が書かれていたのでしょうね。

町石道

ここを歩いた人がぶら下げていったのですね。

町石道

椿の季節です。

町石道

二つ鳥居の手前に展望台があり天野の里が一望できます。

町石道

コーヒーブレイク。

町石道

町石。

町石道

二つ鳥居。

町石道

町石道

行き過ぎていった男性。慈尊院から大門まで歩き、また慈尊院に戻るということでした。

「すごいですね」
「いやいや、慈尊院までだから暗くなるかもしれないね」

といいながら元気に歩いて行きました。
子供さんを連れた男性も行き過ぎましたが、その方は天野の方で、

「いやこの道を時々倒木などがないか見回っています」

それで以前と比べるとずいぶん歩きやすかったのですね。

ありがたいですね。世界遺産になったのでこれからもいい道になるでしょう。

町石道

いろいろあちこち、歴史を見学してきましたが、また別に日に・・。

世界遺産 高野街道 三谷坂(3)2017年02月21日 12時25分09秒

今朝はバイクで出ようと思っていましたが、気温は3℃でした。
少し気温が低すぎるので車にしました。
駅までの道も寒かったです。

春一番が吹いたそうで、もうじき暖かくなるでしょう。
最後の寒さかな。
少し暖かくなると雨が心配ですが・・。

昨日に続いて三谷坂です。

昼食の後少し登ると頰切地蔵がありました。
地蔵さんはなるほど、頬が切れていました。岩の割れ目ですね、といってしまえばロマンがありませんが。





きれいな水がどんどん出ていました。
コーヒー用にと汲みました。


かなり疲れた頃にまっとう岩があります。
はじめは探せず行ったり来たりしましたが、ここまで来て見ないで帰るのもしゃくなので探しました。

大きな岩がありました。

昔は山の下の方からでも見えたようですが、杉の木がそれを遮ってしまったようです。

杉を植えてしまって、水も涸れるしポイントが見えなくなるしでいいことないですね。

こうして伝説が消えてしまいます。



やっと笠松峠に出ました。


先週降った雪がまだ残っていました。
かなり降ったのですね。


天野の田が見えてきました。
天野米は有名です。


丹生都比売神社には3時前に着きました。
帰りの交通機関にバスを予定していたので、バスの時刻まで休憩することにしました。


コーヒーをわかし握り飯を食べました。


帰りに乗ったコミュニティバス。


乗客は二人だけ。赤字ですね。
バスの出発時刻まで運転手さんに道のことなどをいろいろ聞きました。


バスに張っていた和歌山弁の注意事項。
もうじき英語と中国語と韓国語が必要になってきます。


バスは4時半に出発し、東渋田で降り、そこから三谷公民館まで歩きました。
これが結構な距離でした。
普段運動不足なのでちょうどいい歩きではありましたが・・・。

世界遺産 高野街道 三谷坂(2)2017年02月20日 12時30分38秒

昨日の続き。
とにかく坂は登りばかり。
最近山に登っていないので、足が少し身がいりかけていました。

天気がいいので川を隔てて向こうのかつらぎ山系がよく見えました。


涙石には1時到着。
説明板を見るとこの石からの湧水は枯れたことがないということでしたが、今は流れていません。
枯れてしまっています。

山を見てその理由がわかりました。
杉林にしたためですね。
これが落葉広葉樹林であればかれることはなかったと思います。

杉を伐採したら次は落葉広葉樹を植えてほしいです。
そうすればここの水は復活すると思います。

世界遺産 高野街道 三谷坂

世界遺産 高野街道 三谷坂

杉林のはじめは結構明るいですが、進むにつれて暗くなります。

世界遺産 高野街道 三谷坂

誰かが掛けた遍路道の札。

世界遺産 高野街道 三谷坂

昼食は調理の難しい?、アルファ米のエビピラフ。

おいしかったですが、調味料を入れるのが遅くて途中でふたを開けたりしたので本来の食感と味でなかったかもしれません。

この日はこの四角のコッヘルの使い初めでした。
このコッヘルだとガスバーナーとボンベ、脚などがこのコッヘルの中に収容できるので、かさばらなくなりました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

道はますます暗くなります。

世界遺産 高野街道 三谷坂

この辺にも住宅があったような感じの石積みが続いていました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

道はいいけれど、下りが全くなく普段登っている山以上にきつく感じました。

この後はまた明日。

世界遺産 三谷坂2017年02月19日 22時54分43秒

今日は朝からピーカンでした。
昨年世界遺産に追加登録された三谷坂を歩くことにしました。

出発は11時15分でした。

世界遺産 高野街道 三谷坂

もう梅がよく咲いていました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

歩き始めにまず宮滝の滝の音が聞こえます。
滝壺にいきたかったのですが、危険で降りるなという看板がありパスしました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

コンクリで簡易舗装された道が上りばかりで続きます。

世界遺産 高野街道 三谷坂

途中の畑にあった木のこぶ。
はじめは蜂の巣かなと思いました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

ウルグアイラウンドの道路整備が行われています。
かなり以前から工事が行われていますがなかなか完成しません。

世界遺産 高野街道 三谷坂

世界遺産 高野街道 三谷坂

工事中の道が見えてきました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

ピーカンの空を切り裂くように飛行機雲。

世界遺産 高野街道 三谷坂

道を掘り下げています。

世界遺産 高野街道 三谷坂



世界遺産 高野街道 三谷坂

世界遺産 高野街道 三谷坂

経文岩には12時半につきました。

坂は上りばかりのままさらに上に続きますが、この後はまた明日。

ワープロソフト2017年02月05日 20時40分01秒

今日は新しいワープロソフトをインストールしました。
一太郎2017です。

これまで一太郎2004を使っていましたが、いい加減に新しくしようと先日購入していたものです。

WindowsについているIMEは変換がいまだに悪いためMSDOSの時代から、一太郎ATOKを使ってきました。
実に13年ぶりのバージョンアップです。
一太郎そのものは毎年バージョンアップしていましたが、買わずに使い続けていました。

今回のATOK2017はびっくりするくらいにサクサク変換するようになりました。

ただし、一太郎の文書作成画面はコマンドが複雑化して使いづらくなっています。
これは一太郎だけではなくマイクロソフトのオフィス2017のワードなども同じです。
時代でしょうね。

こんなこともできるこんなこともできる、と機能ばかりが増えている感じがします。

なるほど使いこなせばいいのでしょうが、普段の作業ではシンプルな方がいいですね。

ともかく新しいコマンドを勉強して使いこなしたいですね。

このブログの文章はATOK2017でたたいていますが、なるほどすごい変換効率でサクサク書いてくれます。少々のミスタッチは許してくれて正しい文字に変わっています。

写真は昨日行った葛城古道歩きの際にあった菩提寺の続きです。

菩提寺

三門の仁王様。
結構太い金網が張られていたのでワイドレンズでは金網に押しつけても写ってしまいました。ニコンだったら写らないですけどね。

顔だけならマクロ50mmで金網を消せますが・・・

菩提寺

菩提寺

きれいな観音様がいました。

菩提寺

菩提寺

右の石像は役行者のようです。

菩提寺

金剛山が背後に見えます。ここからも金剛山に登れます。

菩提寺

ここ葛城古道周辺のおうちは立派ですね。
いかにも旧家という感じのおうちばかりです。
歴史の深さを感じます。

かつらぎ古道テクテク2017年02月04日 21時03分38秒

最近会社が遠くなった代わりに歩く距離が短くなりました。
前の北浜の事務所の時は必ず5000歩以上歩いていましたが、今の事務所になって、測ってはいませんが3000歩くらいに減ってしまっています。
そのせいかどうか、やっと70kg台に減っていた体重が71kg台に逆戻りしてしまいました。

これではいけないと、テクテクをすることにしました。
先週は高見山の樹氷見学登山ができなかったので、今週は葛城古道を歩くことにしました。

何年ぶりかのテクテクですが、まだ行ったことのない菩提寺と八幡神社のほうに歩きました。

葛城古道

歩いていくと、寒い寒いといいつつも、道筋の草花などで春は確実にやってきているのを感じました。

葛城古道

この地蔵さんはいままで「あ、あるな」という感じできちんと見ていませんでした。
今日は間近にお参りしました。

葛城古道

少し高台になったところから、大峰山系でしょうか、冠雪してきれいに見えていました。
偏光レンズがあればもっとクリッと撮れていたと思います。

葛城古道

歩いていく道端で目に付いた草花や木の実です。

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

古道の分岐を菩提寺のほうに向かいました。

葛城古道

途中桜を眺めるポイントの看板がありました。


菩提寺の三門の壁にその桜の写真が貼ってありました。
綺麗ですね。


三門。

菩提寺

こちらに仏さまが安置されていました。
このお寺については別の日に書きたいと思います。

菩提寺

菩提寺を出ていったん戻り高天彦神社への道がフェンスで囲われてあり、そこは歩いたことがなかったので、ロックを外しその道を歩きだしました。

葛城古道

道は最近作られたらしく真新しい階段やグレーチングで橋も作られていました。
水仙の花も道端に何本も植えられており、ここをかつらぎ古道の一つのルートにしようという感じでした。

葛城古道

はじめの降りと登りが少しきついだけで、尾根道に入ると広くないですが歩きやすい道が続きます。

葛城古道

30分ほど歩いたところに真新しい東屋があり、その手前にもイノシシ除けのフェンスがありました。

葛城古道

東屋で少し休憩し大きな農家らしい建物を眼下に見ながら降りました。

葛城古道

降りきったところにまたフェンスがありましたが、今度のフェンスは針金でくくられて開けられず、「通行禁止」の札が掛けられていました。
ここまで来てそれはないぞと、こじ開けて進もうかなと思いましたが大人げないのでやめ、もと来た道を引き返しました。

葛城古道

夕ぐれの陽が長い影を作っていました。

葛城古道

エナガが群れてさえずっていましたが、動きが素早いのと小さいので、写真に撮りにくい鳥です。

葛城古道

八幡神社。
小ぶりですがいい神社でした。この神社についても日を改めて書きたいと思います。

八幡神社

神社の下に産直のお店がありました。
ちょうどご主人らしき男性が出てきたので、

「いまはどんなものを販売しているのですか?」
「うーーん、今はとれないのでほとんど出ませんね」
「そういえばさっき高天原神社にこの先から行こうとしたのですが、山を越えて降りきったところのフェンスがロックされていてその先進めず困りました」

と聞くと、

「え、それは困りましたね。あそこは閉めてはいけないのですけどね。その道はこの地域の人たちがつけたのです」
「男の人がいましたが私たちがきたのをみてどこかへ行ってしまいました。出て来たら入ってもいいか聞こうと思ったのですけどね。なんとなく隠れられた感じです。いい道ができたと思ったのに残念でした」
「あの家は無人で管理をしている人がいるのですが・・。それは問題ですね。フェンスが閉められて通れないと困りますので、今夜寄り集まりがあるのでそのとき言っておきます」

ということでした。車道でない古道を歩けると思って楽しみだったのですけどね。


久しぶりの葛城古道でしたが、少し歩き足りない気もしますが、これまで行けてなかったお寺と神社にいけたのと久しぶりの山道で少しきつい運動ができたので良しとしましょう。
ともかくいい天気でよかったです。

また明日は雨くさいので嫌ですね。

2017年が始まった。そして誕生日2017年01月01日 22時09分30秒

2017年が始まりました。
昨日と変わりはないのですが、年が明けるというのは独特の気分がありますね。
まして私の誕生日。

車のメーターを撮りました。
これからの一年、何キロぐらい走るでしょうかね。

CB400SS,もう15000kmを超えました。


RAV4。


フレアクロスオーバー。


朝からスペイン村に行くために準備をして、出発したのは12時でした。
9時頃でる予定でしたがテレビの映画で、「ゴッドファーザー」を見てしまい、起きるのが遅くなり予定より大幅に遅れてしまいました。

今日は高速を走らず、伊勢街道を走りました。
途中赤い社の神社があったので立ち寄りました。
戸隠神社でした。
いかにも里山という感じの田んぼの中に神社はありました。


戸隠神社



日本のマッターホルンといわれる高見山が冠雪していました。
ここは2年前に登ったところです。
冬は樹氷が有名なところです。


途中の看板。
日本狼がいたのです。


車は伊勢について内宮前でめちゃくちゃ混んでいました。
余裕で着く予定がずっと遅れてしまいました。

もう一カ所八角形の鐘のあるお寺に立ち寄りましたが、詳細は別途。
夜更かしの明くる日は堪えます。

伯母子岳ちょい登り2016年11月13日 22時41分08秒

朝、あまりにもいい天気だとやはりどこかへ行かないと気がすみません。

少し遅くに、高野に向かいました。
紅葉狩りをする人の車がずっと続いていました。

スカイラインに入り、笹の森茶屋で昼食を食べました。
車やバイクがたくさん通り過ぎました。

高野龍神スカイライン


高野龍神スカイライン

護摩壇山の道の駅は車とバイクがいっぱいでした。
駐車場ではスペースが空くのを待つ車が並んでいました。

登る山を、龍神岳か伯母子岳か考えたのですが、伯母子岳に向かいました。
時間的に頂上は無理なので、途中の牛首山までにしました。

高野龍神スカイライン

ビッグバイクが多かったですね。

高野龍神スカイライン

熊野古道の標識にイメージを合わせた新しい標識が立っていました。
熊野古道は青でここは茶色にし、デザインが一緒です。
こういう統一感というのはいいですね。
伯母子頂上からすぐに熊野古道小辺路ルートです。

伯母子岳

スカイラインはモミジがきれいでしたが伯母子岳までの登山道は、葉が落ちて冬の景色になっていました。

伯母子岳

それでもところどころに紅葉が残っていました。

伯母子岳

伯母子岳

伯母子岳

牛首山。

伯母子岳

コーヒータイム。

伯母子岳

向こうにそびえるのは大普賢かな。
あの頂上に今年登ったのが信じられません。

伯母子岳

帰りは伯母子岳を巻くように走る林道を、十津川に抜けました。
くねくねとし、所々にダートのある細い道でした。
崖崩れがいつ起きてもおかしくない道ばかりでした。
しかしこの道が紅葉がめちゃ綺麗でした。

スカイラインより密度濃く紅葉になっていて、明るかったら写真にするのですが少し暗かったので撮りませんでした。

紅葉狩りはこの谷筋が素敵ですね。
途中でイノシシ3頭、鹿1頭に出会いました。

今日の持ち出しカメラは、ニコンD40xで、かなり古いカメラですが、きちんと写ってくれました。