せっかくの日曜日・・雨2018年05月13日 22時37分03秒

今朝は団地の草刈り。
まだ雨は降っていませんでした。
草刈り鎌で公園の草刈りをしました。
結構人が参加していたので雨が来ないうちにかたづけることができました。

公園にはブランコとジャングルジムがありますが、
「老人向けの遊具がほしいな」
と、通りかかった団地の区長さんに言うと、
「そだねー」

手軽に体を鍛える器具があればいいと思いますけどね。

公園の掃除が終わって程なく雨が降ってきて、BSも入らなくなりました。
昨日今日とろくに体を動かしていないので、また明日がしんどいのかな。

少しストレスがたまっている感じがします。

勝浦漁港

せっかくの休みなので、またネガのスキャンをやりました。
今日はカラーポジフィルムを重点にしましたが、古いポジフィルムは、サクラとフジはかなり色が変わっています。
エクタクロームとコダクロームは全く変色なし。
なぜこんな差がついたのかなと考えながらスキャンしました。

勝浦漁港

写真は1976年の勝浦漁港の水揚げ風景です。
1976年にはこうして普通に鯨を水揚げしていたのですね。


病院で検査2018年04月26日 22時57分23秒

今日はお休みをいただいて、以前からチェックしなさいと言われている気になるところの検査に、県立医大病院に行ってきました。

あまりいい結果じゃなかったのですが、また様子を見ることにしました。
いままで体にメスを入れたことがないので、何となく入れずにすめばいいなと思い、血液検査のみで、最終的な検査を先送りしました。

それがいいのかどうかわかりませんが、運任せという感じですね。

医大の回りはツツジがきれいでした。
待合室はたくさんの人がいましたが、様々な病気があることを実感しました。

廊下は少し暗いかなという感じがしました。
もう少しスコーンと明るい方が患者さんも元気になる感じがしますが、さて。

写真は1977年4月。
那智勝浦の観光船着き場です。
最近ここへも行っていないのでどうなっているかわかりませんが、当時は被写体として
面白く、よく通いました。

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

漁師町でもあるのでいろんな干物が道ばたで天日干しをしていました。
冬になるとサンマの丸干しが干されて並びました。
今はどうなのでしょうか?
この頃はまだヌードスタジオもありました。

村田さん初防衛2018年04月15日 21時58分55秒

最近のスポーツは面白いですね。
天才が次々と現れて期待通りの活躍をしてくれます。
今夜楽しみにしていた村田のボクシング。
8ラウンドというちょうどいい頃にノックアウトしてくれました。

単に強いだけではなくて花がありますね。
大谷君と通じるものがあります。

これからの日本もこういう天才を見いだして育てていくという方向に行かなければだめですね。
単に勉強ができるだけではだめですね。
スポーツにしろ、研究にしろ、ものつくりにしろ、何か飛び抜けたものを持った人間を、大事に育てていく必要があります。
今の教育はどこかいびつで、まだほかにもいる天才をスポイルしているのではないかと心配します。

勉強だけできる人ばかりが集まると、今の国会ですったもんだしているようなことがまた起こると思います。
東大を首席で出たという人でも国会での証言を聞いていると、馬鹿かなと思ってしまうし、オーラも全然出ていませんね。

今日は県立博物館でやっていた「きのくに縁起絵巻の世界」の最終日で、少し見てきました。
和歌山県内にもいろいろ絵巻があることを知りました。
なかなか面白かったです。

写真はモスバ店内から見た和歌山城ですが並木やお城の中の木々のの緑がきれいでした。
春真っ盛りで私の好きな萌黄色があふれています。

スマホの写真です。

桜も散ってしまいました2018年04月08日 22時06分27秒

もうこの辺は桜も散りましたが、桜に雪が降ったところもありました。
日本は広くて面白い国ですね。

近くに古紙回収の受け取りポストができて、古紙や段ボールを入れるとその重さを計測し、ポイントがたまって500ポイントになるとスーパーの500円の商品券がもらえます。
これってなかなか考えたシステムですね。

古紙回収に集めに回る必要もなく古紙が回収できます。
古紙を出した方も幾分かの見返りがあり、得した感じになります。

今日も持って行ったのですが、もう投入部は段ボールも雑誌類も満杯でした。
私が投入しているのを、2台ほど待っていました。

こうしてみると、発想を転換し、練り直せば新しいビジネスの可能性はあります。
思いついたら先に実行したものが勝ちですね。

写真は1980年4月15日、本宮祭りのスナップです。
もう長いこと行ってません。
今年も来週が本番ですが、38年経った祭りがどう変わったか見てみたいです。

1980-4-15本宮祭り

ハレの日なので皆さん正装しています。

本宮祭り

各地の祭りに、名士がいましたね。

本宮祭り

そして餅拾い。

本宮祭り

私も餅拾いは大好きです。

本宮祭り

出店で、薄いお菓子のようなものに絵を描いていて、それをうまく切り抜くと景品がもらえたのかな、一生懸命切り抜いています。
仮面ライダーが懐かしいです。

もうすぐ春の感じが2018年02月21日 22時34分36秒

今日は暖かでした。
春が近い予感がします。
うれしいですね。

これをたたいているとき、女子パシュートで日本が金メダルを取りました。
すごいですね。
スピードスケートの足の運びなどを見ていると芸術だと思います。
我々がやるとすってんころりでしょうね。
すばらしい。

カーリングも少し見ましたが、ルールややり方が、イマイチよくわかりません。
訳のわからないまま応援していましたが、負けてしまいました。
後はアメリカが負けたら準決勝に進むということですが、是非進んでほしいですね。

写真は1977年の太地の祭りでの餅まき風景です。
餅まきは楽しいですね。
いつも餅まきの時は、写真を撮るのもそこそこに、餅拾いモードに入ります。


でも皆楽しそうに拾っています。
いいですね。


本のことなど2018年02月19日 22時44分04秒

私が本を読む場所は、寝床と風呂の中です。

風呂に入りながらページを繰りますが内容はほとんど覚えていません。それでも何かしら記憶に刷り込みがされているらしく、ホームページをたたいているときなど、ふっと似たようなフレーズが沸いてきます。
最近読んでいる本は池波正太郎さんの「田園の微風」です。
紀行文としてなかなか面白く、スケッチや写真がふんだんに挿入されているところがいいですね。
読んでいると、自分もスケッチを描きたくなる感じがします。

布団の中では軽いけれど考えさせられる、という感じの本を読んでいます。今は、赤瀬川源平さんの「老人力」です。
これもベストセラーになっただけあり、面白いけれど何となく説得力のある文章がちりばめられた本となっています。

挿入されている写真も面白く、寝る前に読む本としては最高です。
もう何回も読んでいますが、さすが文章の達人で読むたびに新鮮です。
ただ、いい文章なのにいいところを覚えることができなくて、かといって布団の中でメモはとりづらく、そのときだけの読書となっています。
文の中身をきちんと覚えられないのは、本の中では「老人力」ということになります。

過去に読んだ詩などをそらんじていえる人をソンケイします。

写真は那智勝浦の八幡様の祭りです。
紀南はお的祭りが多いのです。

今日は少し暖かだった2018年02月15日 22時41分38秒

今朝の気温は3℃でした。
昨日がマイナス3℃でしたから、今朝は6℃気温が上がったことになります。
夜は6℃まで上がっていましたので、かなり暖かく感じました。
マフラーが少し暑い感じでした。
このまま順調に気温が上がってくれたらいいですけどね。
早くバイクに乗れるようになってほしいです。

会社の同僚に乗り鉄がいてめちゃくちゃ詳しく鉄道のことを知っているのですが、その感化もあって今は立派な乗り鉄撮り鉄になってしまいました。
電車通勤しているので電車に乗るのが苦にならなくなったせいもあります。

先日スキャナーしていたら、こんな鉄道写真を撮っていました。

当時から鉄道は機会あるごとに結構たくさん撮っていました。
撮り鉄乗り鉄になる下地はあったわけです。

写真は1975年の串本荒船海岸です。
この当時は電化されていないのでディーゼルでした。
記憶をたどると、電化されるのでまだ電柱のない状態を撮っておこうと、この写真を撮った気がします。

それにしても電柱や電線のない線路というのはいいですね。
落ち着きます。

この写真の角度で、蒸気機関車を撮っていたら、といまだに残念に思います。

今日も昼から暖かでした2018年01月15日 18時04分38秒

今日も少し暖かでした。
この気温が続いてくれればいいのですけどね。
また昨日までのように寒い日がやってくるでしょうね。

写真は先日スキャンした1977年1月の白浜です。
このグラスボートは今もあるのでしょうかね。
なんとなくのんびりしていていいですね。

1977年1月白浜

バカガイかな300円。
今なら500円くらいするのでしょうかね。

1977年1月白浜

ウミガメが売られています。
今ではまずないでしょうね。

1977年1月白浜

このお店にもカメのはく製が何匹か。

1977年1月白浜

帰りの肥後橋までの道で火災があり消防車がたくさん止っていました。
火は出てなかったのでどのビルか分かりませんでした。

さらに寒くなってきました2017年12月08日 22時44分10秒

今日は会社での仕事が忙しくてモーターショーの立ちんぼに行けませんでした。
夕方蛍の光がなっている会場に行き、荷物を置いてきただけでした。
明日はまた別の仕事で寝屋川です。

一気に寒くなりました。
本格的な冬の到来ですね。
ま、これが季節の繰り返しなのですが、寒いとバイクにも乗れないし、何となくさみしいですね。

写真は三重県の磯崎港でのスナップです。
1980年12月。
最近こうして日だまりで憩うお年寄りが少なくなりました。
もっとアクティブに動き回るからでしょうか。


バスに乗って幼稚園です。
人数が多いです。
奥に写っている店も面白いところにあります。
これと同じ角度で、今を撮ってみたいですね。

このあたりはよくスナップを撮りに行ったところです。


相撲界が揺れています。
テレビも連日流していますが外野席から見る訳がわからないですね。
国技と言うことでしきたりやら権威やら私たちのわからないことがあるのでしょうね。

いっそ国技だとか言う体裁をかなぐり捨て、他のスポーツのようにチーム制にし、部屋別で勝負を決めればわかりやすくいかもしれません。
Sリーグなどを作ってもっと気楽に相撲を取れる環境にすれば、別の面で面白いかもしれませんが、やはり相撲は相撲のままがいいのでしょうか。

危ない! 海水の酸性化2017年12月04日 12時51分36秒

今朝のニュースで地球レベルでのCO2増加で海にそれが溶け、海水の酸性化が急速に進みつつあるということを言っていました。

これまでも再三指摘され、海水の酸性化が心配されていましたが、とうとうやばいところまで来たようです。

今までCO2増加による温暖化を海が吸い込んで助けていたのですが、これからは海自体の酸性化を注目していかなければと思います。

海がこれ以上酸性化すれば、生きていけない動植物がたくさんあり、そのことが海洋の砂漠化を促す恐れがあります。

特にサンゴなんかは環境変化に弱いので心配です。

戦争なんかやっている場合じゃないのですけどね。
はやくCO2増加をストップさせなくてはと思っています。

写真は2002年8月の串本の海です。
カヌーを漕いで休憩に海岸に上げ、潜った時のものです。
サンゴ礁がきれいです。
もしこれが枯れてしまったらこれまでついていた魚もどこかに行ってしまうでしょう。
なんとかしなければいけません。

串本の海 サンゴ

テーブルサンゴ。

串本の海 サンゴ

グレが群れています。

串本の海 サンゴ

ネンブツダイとゼニモチハゲです。

昨日は串本で釣りたいと思い、竿もルアーもフルセット持って行ったのですが釣りに行けませんでした。

聞けばこの頃全く釣れないということでしたので、ま、いいかという感じでした。