モーターショー終了2017年12月11日 22時04分08秒

ダイハツコンパーノベルリーナ。
懐かしの車です。
私の友達はこれのオープンカーに乗っていました。

この車は今でも数が少ないと思います。
今でも通用するな、と思いながら、近くにいたダイハツの方に、

「今でも通用しますね」

というと、

「はいありがとうございます。じつはこの車は物語があります」
「ほうそれはどういうことですか」
「この車50年経ちますが、ノーリストアで、ワンオーナーカーです」
「それはすごいですね」
「はい、そのオーナーというのが、ダイハツの元社員で、この車を設計し仕上げたひとなのです」
「へえ」
「その人は現在体を悪くしていますが、モーターショーへ出るということでこの車を借りてきました。デスプレイを見ていただくためにおいでいただき、ステージで車と並んで記念写真を撮ろうとすると、それまで杖を使い人に支えられて歩いて立つのもやっとという状態なのに、車の横に並ぶと杖も人の手も借りずにシャキ!としたのです。その姿を見て私は泣いてしまいました」

という話をしてくれました。
いい話ですね。
この車ラダーフレームなのです。
今時モノコックばかりでラダーフレームを作らなくなりました。
ラダーフレームは強くて修理がしやすいのでいいのですけどね。
今の日本の乗用車でラダーフレームでできているのは、ランドクルーザーだけかな?
ジムニーもラダーフレームでしたが新型はどうなんでしょうか。
昭和42年当時はちょうどモノコックに移行する端境期でした。
この年新車が出たカローラはすでにモノコックでした。

丸めのライトも新鮮ですね。
今の車はほとんどがけったいな形のライトばかりです。

ダイハツコンパーノベルリーナ

最後の勢揃い。たくさんのカメラマン。

大阪モーターショー

記念撮影。

大阪モーターショー

私たちのブースも何もありません。

大阪モーターショー

四日間のモーターショーは終わりました。

大阪モーターショー2017年12月10日 22時14分30秒

今日も大阪モーターショー仁説明員で出ました。
9時前に会場に行くと、すでに長蛇の列でした。

結構人気があるのをうかがい知れます。

大阪モーターショー

昨日土曜日は8万人を超えましたが、今日は日曜日なのでさらに参加者が多かったのではないかと思います。

大阪モーターショー

屋外ステージでやったいたこのバイオリンジュオ、結構聞かせました。
なかなかよかったです。

大阪モーターショー

昼ご飯はATCの海岸縁で階段に座って食べました。
暖かで昼食時でしたが、少しのんびりしました。
サンフラワーを見ていると、またどこかに旅に出たくなりました。

大阪モーターショー

LIKEーP3は相変わらず子供たちに人気でした。

大阪モーターショー

終了間際、ダイハツのブースで音楽が一気に変わりましたが、その曲がなり出した途端、カメラマンが、それも白ボディのいいレンズをつけたカメラマンがわさわさとブースのところに集まり出しました。
なんだなんだと思っているとコンパニオンがたくさん出てきました。
シャッター音が機関銃のように鳴り出し、撮影会が始まりました。
じゃあわたしもと、カメラの放列に加わり、カシャ!
彼らのように「本職」ではないので列の後ろから遠慮がちに、カシャカシャ!

大阪モーターショー

大阪モーターショー

私たちのブースにも一人若い女性がビラを配ってくれていたのですが、彼女にもカメラマンが写真を撮らせてほしいと何人かがやってきました。

はじめはビラを持って突っ立っていましたが、カメラマンからポーズを要求され、終わり頃にはモデル立ちで斜に構えるようになりました。

帰りに、今日発売のビーパルを買いました。
シェルパ斉藤さんは、記事の中で私の名前も書いてくれていました。

ライクーP3参上 大阪モーターショー2017年12月07日 23時28分01秒

今日はモーターショーの準備でした。
本邦初のライクーP3を展示します。

いままでLIKEーT3は2人乗りでしたが、今回発表するのは4人乗りです。
いろんな使い道が考えられます。

4人乗りですが結構乗り降りしやすく楽しい車に仕上がりました。

LIKE Pー3

LIKE Pー3

LIKE Pー3

見たかったホンダモンキー110cc。


ダイハツ コンパーノベルリーナ。

今でも古くないですね。


ミニ4駆のパロディで実物大でした。
きちんと走るように本格的にできあがっていました。


ハスラーの普通車版。
これと我がフレアと並べたら面白いなと思いました。


これも、このテントだけでもほしいですね。


そしてトヨタのコンセプトカー。


交通事故のことなど2017年12月05日 22時12分06秒

先週の日経新聞で片側一車線を走っていたら、信号機のない横断歩が見えてきた。渡ろうとしている歩行者がいるーー。

あなたならどうする?

JAFが調査した結果が出ていました。
JAFは、各都道府県で2か所ずつ、計94地点で調査したところ、横断歩道の手前で止まった車は、10251台のうち867台。わずか8.6%という結果だったということが書かれていました。

その文章は続けて、交通事故志望者全体に占める「歩行中」と「自転車乗用中」を合わせた死者の割合は、フランスが17.8%、アメリカ17.7%、イギリス29.9%、そしてわが日本は52.9%ということで、日本の交通事故の大きな特徴は、「交通弱者が車にひかれて死亡する」と書いています。

調査をまとめたJAFの担当者によると、海外、特にヨーロッパでは、歩行者がいれば必ず車は止まるといいます。
これは私も、ベルギーやオランダで体験しました。

日本はやはり「自分優先」が幅を利かせていますね。

ただし、これはアジアの人の特徴かもしれません。
中国や東南アジアでも車は止まらず、ぶつけられる歩行者がうっかりで、悪かったのだと思われているみたいですね。東南アジアでは怖い目をしたことがあります。

いずれにしろ歩いてはねられてはたまったものではないので、十分気を付けなくてはいけないですね。
車を運転するときも歩行者優先を心掛けないといけないと思いました。

写真は今夜のお月様。
手前のパチンコ屋さんの看板が幅をきかせています。

車検で気になったこと2017年12月01日 13時15分55秒

昨日の車検で気になったこと。
それは、新車の時からフロントウィンドーの左に貼っている点検済みのステッカーのことです。

新車時からのステッカーをまだ貼っていたのですが、検査員から、

「はがしてください。そしてはがしたことを検査官に確認してもらってください。出ないと車検証はお渡しできません」

と言われました。
ステッカーの期限が切れているのはわかりますが、

「なぜはがす必要があるのですか?」

と聞くと、

「視界の妨げになるからです」
「新車から貼っていますが」
「あれはいいのです。点検済みの証明ですから、これは期限が切れています」

ということでした。
ラインの中であり、長話ができませんでしたが、なんとなく腑に落ちないことです。
新車のステッカーだと視界の妨げになってもいいのか、と言いたいですね。

それと、こうしたステッカーのデザインの悪さに閉口します。

なぜもっと貼ってもかっこいいステッカーにしないのでしょうね。
フロントウィンドーの点検済みステッカーにしても、こじゃれたデザインで四角のステッカーにし、点検月だけを張り替えられるようにすれば視界を妨げず、はいだ後の糊も最小限で済みます。

私の場合は、急いではいだので糊跡がたくさん残りました。
またベンジンか何かで消さなくてはなりません。

検査官は愛想のいい方ばかりで落ち着いてラインを通せましたが、ライトで3度も✖を食らったせいもあり、どうもすっきりしない車検でした。

車検と文楽2017年11月30日 23時32分14秒

朝からお休みを頂いてフレアの車検に行ってきました。
軽四のユーザー車検は20年ぶりくらいです。
普通車とシステムが少し違うので戸惑いました。

ともかく書類を作ってラインに入りました。
第1回目の車検なのですいすいといくだろうと思いながら、ライトのテスターにはいると、「×」が左右ともにつきました。

それも上下左右にずれていました。
信じられませんでした。

振動で上下にずれるのはよくありますが、左右にずれていたのは40年ユーザー車検をしてきて初めてです。
RAV4は9年経っても全然ずれがありません。

これまで点検してこなかったのですが、左右にずれているということは新車の出庫時のチェックが甘いのではないかと思います。
なんとなくそんな感じがしました。


駐車場の壁面でライトを照らし、高さと左右の光軸を合わせ再度ラインに通すと今度は下げすぎ横に振りすぎ、また不合格。
仕方なくディーラーで調整をしてもらおうと、マツダに持ち込みましたが、別の日にしてほしいと言われました。
仕方なくまた自分で調整をして入りましたが、今度は左はあったのですが右がまだロンパリ。
きちんとした基準で光軸あわせをできる場所がないので、またディーラーのサービスに入れることにしました。
こんどはスズキに持ち込みましたが、昼休みにもかかわらず快くレベルあわせをしてくれました。

さすがに今度は一発合格。
3回を超えると追加料金が取られました。


車検後今度は大阪の中央公会堂での文楽の夕べへ。


御堂筋を少し歩いてイルミネーションを楽しみました。


車検で思わぬトラブルがあったので忙しい一日でした。

車の冬支度2017年11月19日 22時25分56秒

今朝も寒かったですね。

朝からは、少し暖かくなったら釣りに行こうと思ってルアーの整備をしながらフィルムのスキャンをしました。

昼からは、RAV4のタイヤをノーマルからスタッドレスに交換しました。
腰が少し重いのでRAV4の重いタイヤを、腰を痛めないように気をつけながら取り替えました。

これで雪が降るのを待つばかりです。
次はフレアを交換しなければいけないのですが、今日はパス。

タイヤを入れ替えてから散髪にいきました。
最近のカットは電動バリカンなのですね。

カットしてもらいながら考えました。
AIの時代になったとき散髪屋さんは人力で残るのだろうか、ということです。
もうコンビニやスーパーは人手がいらなくなりつつあります。
AIがレジをしてくれるようになります。
あと様々な分野でAIが人に取って代わろうとしていますが、散髪屋さんはどうだろうかとふと思いました。

丸坊主だったら自動バリカンは可能でしょうね。
昔よくはやった頭にかぶるドライヤーのような機械に頭を突っ込んで置くだけでギャーギャーとバリカンが形を整えるようになるかも。
それでもやはり散髪屋さんは、いつまでも手で刈ってもらいたいですね。

散髪屋さんから帰るときはもう暗くなっていましたが、CBのライトがなんとなく暗く、どうしたのかなと思ったら、ロアーランプがきれてアッパーしか点かなくなっていました。
家に帰ってランプを外すとやはり切れていました。

DIY店にいきランプを買ってきて、LEDランプの明かりで取り替えました。CBは修理がしやすいので簡単に取り替えられました。

結局今日は釣りに行きませんでした。

車検制度のことなど2017年11月08日 12時37分02秒

1967-1鈴鹿サーキット
日産やスバルが新車時の車検時、検査員資格の有無でまるで悪者扱いですがどうも腑に落ちません。

工場から出る車に検査員資格は必要なく、社内で検査するエキスパートを育成し、きちんとチェックをすればそれでいいと思います。

それをわざわざ検査員を配置していないとリコール。
考えられません。
時間の無駄遣いでそんなことをしていると日本はますますダメになってきます。
それを拡大解釈をするとユーザー車検もできなくなります。

でもユーザー車検はできています。
ほとんどが簡単なチェックだけで車検が通っています。
私ももう40年以上ユーザー車検をしていますがチェックするのはブレーキ程度で今までクリアしてきました。
検査場では検査官が、自動車工場でいう検査員ですね。
昔は厳しかったですが今の車は壊れないので、比較的簡単に通るようになりました。

外国は車検のないところも多いですね。
あっても簡単だと思います。

これら一連の大きな問題は、車社会に対する様々な課題をクリアするためのアップデートをしていないからです。
法律の不具合を是正しないまま規制だけを強化してきたツケがいっぱい出てきたと思います。

バイクなどの規格なども戦前から変更されず、本来原動機付自転車は自転車に原動機を付けたもので、時速30kmは理にかなっていますが今の原付は時速80kmくらい簡単に出ますものね。
原付バイクを30kmの速度制限を守って走っていると、追い抜かれてかなり怖い目をしなければなりません。
必然的にスピード違反となるわけです。
バイクも250ccと400cc、そして限定解除の大型バイク。
このカテゴリーわけもガラパゴスですね。

車も軽四というわけのわからないカテゴリーがあったり、1.7mの幅で5ナンバーか3ナンバーの違いが出て、税金も変わってきます。
世界進出しようとすれば、ほとんどが3ナンバーにしないといけません。

あらゆることがガラパゴスですね。
世界から何年も遅れています。

早く納得のいくように法律をアップグレードしてほしいのですが、動きが見えないですね。

戦争ができるようにする憲法は急ぐくせに、国民の生活が便利になるための法律など後回しです。

もうすぐ我が家の軽四が車検ですが、車検場が別にあり、別のIDとパスワードを取得しエントリーしなければいけないという無駄。
システムが統一されたなら人も施設もシンプルにでき、税金の無駄遣いもかなり減ると思います。

写真は1968年1月の鈴鹿サーキット。
知人のカローラがエントリーし走りました。

このころの車は、点検をきっちりし車検も厳しくないとうまく走らない時代でした。

少しさみしいモーターショー2017年11月02日 22時45分43秒

モーターショーが開かれています。

自動運転やEVなどとだんだん進歩してきて人がついて行けなくなっている感じです。

馬車から車に変わったとき人々は今のような感じだったのでしょうか。

「モーターショーはやっぱりEVばかりやね」
「そうやね。何かこうときめくものがないんやけどね」
「ほんとそうやね。昔ほどときめかないね」
「それはそうと大型のドローンが人を乗せて自動車のかわりになったら面白いね」
「そうやね。鉄腕アトムの乗り物やね。でも風吹いたらどうする」
「山に激突するかわからんね」
「それでもGPSとジャイロがあるからだいじょうぶやろ」
「駐めるときどこへ駐める」
「うーーん、難しいねー」
「プロペラに鳥など当たったらたいへんやねー」
「そうやね。人の頭に落っこちたら首が飛ぶね」
「恐ろしいこと言うなー」
「とりあえずは電動飛行機やね」
「そうやね、静かだし早いし」
「バッテリがまだ重いからあかん。もっと軽いの開発せんとね」
「ラジコン飛行機はほとんど電池で飛んでるもんね」

でも乗り物の究極の姿は飛行機でしょうね。

車は車で自動運転になり人間はますます用なしになります。
車は電気製品になって来るでしょうね。
その証拠にあのダイソンがEVを開発するとか。

ま、技術の進歩に身を任せてうまく付き合っていけたらと思っています。
私は、大阪府と一緒に、大阪モーターショーに出ますが最先端の車を見るのが楽しみです。

あおり運転のことなど2017年10月19日 12時30分12秒

最近車でのあおり運転などが注目されています。

私も若い血気盛んな頃は、遅い車が前を走っていると、ビタッと後ろにつけて運転したこともありますが、もうずいぶん前からそんな馬鹿なことはしなくなりました。

クラクションも下手にならすと、ややこしいリアクションをする人が多くなってきたので、これもよっぽどのことがない限り、鳴らさなくなりました。

自動運転になったら、遅すぎる車への催促アラームなど流してほしいですね。

アオリのことを言えば、陸上だけではなく水上でも感じる時があります。
海でカヌーを漕いでいると、プレジャーボートでわざと間近を走り抜けていく人たちがいます。

琵琶湖でも同じでした。

漁船はスピードを落としてくれるのですが、プレジャーボートは時々、そうでない人がいます。

小さな船が転覆するのを期待するような感じで、むしろスピードを上げて走り抜けていきます。
近くを走られると、大きなきつい波が押し寄せるのでこけないようにパドリングに神経を使います。

車に乗ると人が変わるというドライバーがありますが、これは陸上だけではなく水上にも、やはりあります。

漁師さんは、がんばれよという感じで、手を上げてくれたり声をかけてくれたりします。

そういえば長いこと海を漕いでいません。
若狭や伊根の海を漕ぎたいとずっと思っているのですが・・・・

写真は1999年に漕いだ湯浅湾です。
魚は、釣れませんでした。