めちゃくちゃ寒い一日2020年10月17日 17時56分05秒

今日は朝から雨。
寒い一日だった。
ホームページを一つ作ったが、これからまた順次作り替えていくことにする。

写真は1990年のもので、会社が忙しくなり始めた頃で、このあたりの写真は少ない。
しかしあちこち撮っている。

街角

どこかは忘れたがこのハンガーの形が面白かったのかな。

街角

これも同じ街だと思うがどうも共同住宅みたいで、郵便受けも9つある。面白いのは二階の窓の花を植えている竹である。今時こういうアパートには入居者はいないだろうね。

街角

なんか悟ったような表情でこちらを見ていたワンちゃん。吠えもせずじっと見ていた。

街角

極端に三角のカラオケやさん。ビルの中がどうなっているか知りたかった。
「新空港」という店の名前もいいなー。

街角

アパートに囲まれた二階建て。
なんとなく肩身が狭そうな感じがして、頑張れ、と声をかけたくなる感じがした。

もう30年経っているのでいずれの写真の景色も、もうなくなっているだろう。
昨日撮った花はコルチカムだった。
昨年は部屋で咲かして、球根を捨てないで庭に植えたのを忘れていた。
忘れコルチカム。

今日も朝からいい天気2020年10月13日 09時49分16秒

今朝もいい天気である。
少し寝不足が続いているので体がなんとなく重い。

昨日はいい天気だった。
大和街道のてくてくページをつくってからもう20年以上経つので新しいバージョンにしたいので歩いた。
特に那賀地区や橋本市地区は都市計画で大きく町並みが変わってしまっているのでその変貌ぶりを確かめたかった。

粉河から歩き始めて名手本陣までを歩いた。
大和街道の町並みそのものは大きく変わりはないが、空き家が更地になってしまっていわゆる古街道のイメージの町並みは消えつつある。

JR和歌山線の線路踏切を渡るところがあるが、地図を見ながらいっていると後ろから女性が声をかけてくれて、
「どこまで行くのですか」
「名手本陣までですが」
「でしたらこの道ではなくもう一つ向こうの踏切で、その踏切を渡ってすぐ右にいくと大和街道です。この道をよく間違う人が多いのです」
ということで間違えずにすんだので助かった。間違う人が多いのでレクチャーしてくれたのである。

大和街道

杏と蔵。このあたりは蔵のあるおうちが多い。

大和街道

大和街道

大和街道

大和街道

電柱に防火用ホース政党のポスター。うっかりすると見落とす。
電柱が邪魔をしている。

大和街道

ここは変わっていないが以前歩いたときはこの格子戸はまっさらだった。

大和街道

高級な柿なのかビニールをかぶせている。

大和街道

大和街道

草がうまい事同じ長さで切れているなと思ったら、電車走行でちょん切れた。

大和街道

名手川で魚を狙うサギ君。

大和街道

新設の道路なら電柱をなくしてほしかったね。

大和街道

ここないが変わらないが人の気配はなかった。

大和街道

郵便局である。

大和街道

名手本陣も久しぶりに訪れたが、無料になっていてバージョンアップされていた。
女性が一人版をしていた。その女性からお土産にキーホルダーをいただいた。
結構歩いたので10000歩を軽く超えていた。

大和街道

大和街道

大和街道


大和街道

左側は馬を止めておいたのかな。侍の行き来を想像する。

大和街道

早速キーホルダーをつけた。軽くていい。

一日中雨、寒い一日2020年10月08日 20時35分47秒

今日は寒いくらいだった。
台風も来ているが今度は少し影響があるかもしれない。
雨が「記録的」に降ることがないように祈ろう。

和歌山を見直し記録しているところだが、どの町も寒いところばかりである。

我が町紀の川市は観光での活性化を目指していると言うが、先日歩いた諸井橋付近は、とても人が訪れる雰囲気ではなかった。
とにかくほったらかし。
せっかくいい施設を作ったのにメンテがされていないので生かされていない。


こんないい橋があるのなら渡ろうと思った。


なかなか景色も良さそうであると思ったのだが。


この街灯はいただけない。蜘蛛の巣が・・


渡ろうと思って橋のたもとまでいったが、立ち入り禁止だった。


看板は残っていた。きっちりメンテして渡れるようにしてほしいね。


その奥の蛍の養殖場も立ち入り禁止だった。だからこの看板に書かれている施設はどれも使用できないものばかりだった。


せっかくの公園も使われていない。むしろ河原の方がたき火跡が多くあった。


やはりせっかく作ったものだから活用してほしいね。
妙に都会の公園みたいにすると後のメンテがしんどくなる。むしろ何もない方がいい。
川の流れているところに水で遊ぶ施設を作って遊んでくれるだろうか?

単なる芝生にして桜でも植え、一年中何か花が咲いているという公園にした方が人は来てくれる。東屋もいくつかほしい。休憩するところがないものね。

台風の前の曇りかな?2020年10月07日 20時07分18秒

少し空き時間があったので、最近こだわっている我が町を見ることにした。
今日は桃で有名な調月や安楽川を歩いた。
このあたりは水路があって、家、桃畑、水路という感じで続いているので水路で道が行き止まりの所が多く畑も柵をしているので、何度か引き返しながら歩いた。
やっぱり当てもなく歩くと新しい発見があるのでワクワクしながら歩く。

紀の川市桃山散歩

水路はジャコやウグイがたくさん泳いでいた。かなり大きいのもいたのでスピンナーを引くと釣れると思う。水路の上に祠があった。

紀の川市桃山散歩

桃畑のヒーロー。ニャンコがいた。岩合さんみたいに友達にはなれなかった。

紀の川市桃山散歩

これも桃畑のヒーローで、なんとなく現役っぽいが、なんとなく契約切れみたいな感じ。

紀の川市桃山散歩

これも現役っぽいがやはりさみしい雰囲気が漂う。タリバンの一斉射撃を受けた感じである。

紀の川市桃山散歩

この2台は完全に草むらのヒーローになっている。

紀の川市桃山散歩

さすが桃山の塀。桃があった。


ミカンも色づいてきている。

紀の川市桃山散歩

コスモスも綺麗。

紀の川市桃山散歩

柿も主張しているが手つかずでなんとなく捨て置かれている感じ。

紀の川市桃山散歩

結局この道も行き止まった。あちこちコスモスがよく咲いていた。


カメラを持ってあちこちうろうろしながら歩くのは楽しい。まして歩いたことのない道は飽きずに疲れも感じない。
家に帰って万歩計を見ると9952歩歩いていた。少し歩きすぎかな。
次は古墳のあるところか、名手本陣のあたりを歩きたいね。

あちこちのテレビ局でTさんのニュースが取り上げられているがなんとなくTさんはコロナにかかっていないんじゃないかと疑わしくなってきた。どうもおかしい。一連の動きが映画を見ている感じである。根っからのビジネスマン。

今日は曇り、天気も一休み2020年10月03日 21時08分13秒

今日は曇り、あしたも曇りらしい。
もう10月も始まって4日。
本当に日が経つのは早い。

最近体のあちこちが少しずつ調子が狂ってきているのがわかる。
少し気合いを入れて体を再構築しなければならない。
といいつつ今日はウォーキングをサボってしまった。

断捨離という作業がいろいろあるが今CDをスリム化している。
コピーしたのは捨てて言い残しておきたい曲はスリムケースに入れた。
いい曲はiTuneで録音している。これもいいソフトである。
簡単に録音できるところがいい。
昔ソニーのソフトを使っていたがいろいろ手数が必要だった。
NHKの番組で「クールジャパン」というのがあるが、外国人が京都の老舗の金平糖屋さんの作業を見ていて
「私の国では職人の技を機械ができるように開発するでしょうね」といったのが印象に残っている。
このあたりは難しいところだが職人と機械のできばえが同じなら機械にいってしまうだろう。
そしてその機械がシンプルで操作性がいいとなれば、やっぱりそっちへ行くだろう。
iTuneはシンプルでスムーズである。皆こちらに行くだろう。
日本が工業製品で地位を失いつつあるのはそのあたりにあるのかもしれない。
本当に欲しい機能がなくていらない機能がこれでもかこれでもかと付いている。

写真は1980年10月漁港風景。

漁港風景


漁港風景

漁港風景

漁港風景

漁港風景

漁港風景

それでもやっぱり暑い。9月半ばだというのに2020年09月11日 21時13分25秒

9月も半ばというのにまだ暑い。
朝はかなり涼しくなってきたのに昼前からぐっと暑くなる。
それに雨が降ったりやんだり。
それも尋常な降り方ではなく、愛想なく大量に降る。
今日は病院での定期検診だったが、バイクで行こうと思ったが天気予報を見ると、ちょうど帰り頃に雨だった。
仕方なく車にしたが、雨はやっぱり降ってきた。結果として車にしてよかった。

温暖化を防ごうと京都議定書で世界の国が意識あわせをしたのは何年前だろう。
ヨーロッパとくにEU参加国は取り組みが進んでいるが、我が国はお粗末である。
この調子ではいくらいいことを言っても世界の国はせせら笑っているかもしれない。
早くなんとかしてほしい。

写真は先日ウォーキングをしているとき見かけた表札。
最初は何だろうと思った。よく見るとフクロウが三羽こちらを見ていた。
生き生きとした彫りでなかなかよかった。3センチくらいで小さいが、小さいほど難しいのでかなりの手練れと思う。名字の板の処理も凝っている。
格調高い。表札もこんなのが面白い。


これは団地の公園のブランコの板。
子供が少なくなり、ほとんど乗る機会がなくなっている。
暑いせいもあるけどね。この朽ちかけた板を見ているとなぜかわびしい。


団地も年寄りばかりになってくるので、年寄り用の遊具や体力作りのための器具を備えてほしいね。

相変わらず暑い2020年09月05日 20時50分24秒

朝起きて新聞を取りに行きビニール袋をかぶっていると雨が降ってたんだ、とわかる。
今朝もかぶせていた。

世界的にだんだん予測のできない天候が多くなってきた。
しかしこの暑さは気味悪い。
以前も書いたたと思うが、団地の上に池があり、そこから吹く風で夜は寒いくらいに涼しいのだが今年の暑さは違う。
微妙に風向きが違うのかもしれない。
妙に地震も世界中で多い。

今度の総理は地球の気候についてどう取り組んでくれるのか注目したい。
すでにヨーロッパのポストコロナは地球環境改善に走り出している。
日本はその面でもずいぶん遅れた。

街を歩いていると面白いモノをよく見る。

コカコーラの自動販売機の前に、これは交通安全のための看板だろうか、が立っている。
コカコーラの自動販売機には「温暖化が進むと氷が溶けちゃうよ!」とあるが日本国内の自動販売機の電力量はめちゃ多いのだけどね。
外国にはこれほど多くの自動販売機はない。
自動販売機の数を半分に減らせばずいぶん温暖化防止に役立つと思うけどね。

自動販売機のメッセージと立て看板のメッセージ。
なんとなく符合していないだろうか。
そう思ってみると面白かったのでカシャ!

台風が近づいている2020年09月04日 21時51分14秒

朝から結構な雨。
大型台風が近い。テレビのニュースでも災害から自分を守る方法ばかりを言っている。
セミもツクツクボウシが鳴くだけになってきた。それもすこし弱々しい。
季節は秋である。しかしまだ暑い。

メガネのレンズを入れかえができた、と連絡があったのでクロスカブで店に取りに行ってきた。
老人力がついてきてレンズが合わなくなってきたために、運転するとき危ないので思い切って変えたのである。安くはなかった。目が悪いと余分な金がかかる。

クロスカブちゃんは最近乗る機会が少ないので、すこし長く走った。
いつも行く粉河のウルグアイラウンドの東屋まで足を伸ばしコーヒーを沸かして飲んだ。
雨模様なのでスカッとしない空模様だった。

東屋には前の人が残したのだろうか弁当の食べかすが残っていた。
誰が片付けるの、といいたいが、当分はここに残るのだろうか。
民度が高いと言って自慢していた政治家がいるが、こういう所から民度を鍛えてほしい。これで台風が来て風で吹き飛ばされるとプラゴミになる。

東屋の下には小さな公園がある。
パンダとコアラの遊具があるが、ほとんど使われないのか、こけが生えてきている。
こういう遊具というのはなんとなくもの悲しげで、つい撮りたくなってくる。
このパンダも笑いたいが笑えない、そんな顔をしている。
実にシンプルでうまくできているのだがなんとなくペーソスが漂う。
ざわめきが戻るのを草ぼうぼうの中で待っている感じがなんともいい。

クロスカブで走っていると無理をしてでも追い抜こうとする車が多い。
CBちゃんの時は抜きに来なかったがやはり110CCだと遅いというイメージがあるのか何が何でも抜く、という運転者が多い。
抜かれるのはいいのだが車体ギリギリを走って抜かれると怖い目をするときがある。
特に若い女性に多い。当てられないよう気をつけなければいけない。

クロスカブCC110

クロスカブCC110

トップケースを26㍑から40㍑に変えたがそれほど大きくなった感じはない。よかった。


頭の上の黄色の輪は、天使になり損ねたパンダって言う感じである。


おいおいきちんと持って行けよ。まだ鶏の唐揚げ残っているで。

まだ暑い。2020年08月29日 22時47分12秒

今日も暑かった。いつになったら秋が来るのだろうか。
そういえば昨年の秋も紅葉が短く十分ではなかったが、今年はそれ以上に秋が短いのではなかろうかという不安に駆られる。
セミの声もだんだん少なくなってきたが、こう暑い日ばかりでは秋が来ている気配がない。
すこし雨も降ったがまさに焼け石に水である。

次期総理が誰になるか、国民の注目の的であるが、総理候補は大体の予想通りで誰がなってもいいかなと思うが、それらを陰で操っている人の姿が見え隠れするのが気になる。
いずれにしろ、モリカケ、桜、選挙違反そしてコロナ禍、とまだ解決していない事案が残っているがこれらをうやむやにしては民主国家といえない。

そんなさなかに、今度は「Go To Eatキャンペーン」を9月からやるという。
患者を少なくし、陽性か陰性かを見極め、陽性の人を完全に隔離すればキャンペーンもいいが今のままでは罹患者が増えるばかりである。
現に8月の和歌山の患者は、ほとんどがお店からクラスターが出ている。
こんな状態の時キャンペーンを打てば結果が見えている。
そうした適切な命令を出さないままにトップが辞任された。後を継いできちんとしてほしいね。

写真は年代は不明だが大阪駅界隈の夏。





ますます暑い。2020年08月25日 21時36分49秒

今日も暑かった。
昨日も一昨日も歩いていないのでこれはいけないと、朝のまだ涼しいときに歩きに行った。
涼しいと言ってもすでに30度を超えていた。
歩くと汗が噴き出してきた。

田の稲ももう受粉の準備をし出した。

鳴く虫を獲りたいと、特に今はキリギリスを獲りたい、と思っている
土手を歩きながらせめて写真にと思って鳴き声のする方を探すのだが見つけられない。子供の頃はすぐ見つけ、かごに入れ持ち帰った。それがなぜ今できないか。
結構たくさん鳴いているのに姿も見ることができないとは、悔しい。

なぜだろうかと以前から気になって考えていた。
今日ふと気がついた。
これはひょっとして、実際のいるところと違うところを見ているのじゃないかな、と気がついた。
聞こえる音の位相差により違った聞こえ方をし、場所があやふやになるのではないか。原因は何か?
ローカ現象により、左右の聞こえのバランスが悪くなり、音の中心が外れてしまうのではないだろうか。駐車場に車を止めてもゆがむのと同じではないか。
それ以外考えられない。
オイルショックとはこういうことを言うのではなかろうか。
私も言うところの「老人力」が着きだしてきたのだろう。
ドックなどではきちんと聞こえているのだが・・・


もうすぐ実る。


小さな社があった。八幡宮。


うーんこの自転車物語がありそう。


珍しく案山子。いちじくを守っていた。あまり効果はなさそうだが・・


かなり大きな木。


昆虫たちは忙しい時期になってきた。