雨ばっかり2017年10月18日 23時18分15秒

秋の長雨、こんなに降り続くといやになります。
アメリカの山火事に持って行きたいですね。

今日はカメラ雑誌の発売日です。
久しぶりに買ってみましたがあまり変わり映えしないしなくて昔のようなわくわく感がないですね。

記事にニコンD850のインプレがありましたが、カメラもここまで来たかというところまで発達してきましたね。

4575メガピクセルと気の遠くなるような画素数です。
その昔初めて買ったデジカメが103万画素でした。
それでも35万画素より写りがよくてうれしかったのですが、その当時から比べるとすごい進歩です。

会社の近くにキャノンのショールームがあり時々見に行くのですが、EOS6Dなどはずしりと重くてそれに明るい大きいレンズをつけて撮ってみると、やはりミラーレスにはない安心感があります。

今度のD850もいいでしょうね。

でもいったん軽いミラーレスを使い出すと、軽い方ばかりを使ってしまいます。

ニコンで言えば、DFを、ミラーレス並みに小型軽量にして作ってほしいなと思います。

ま、問題はそれらができたとして、先立つものがないので指をくわえて見てるだけ、ということになることです。

写真はニコンのページから借りてきました。
かっこいいですね。

どうなる日本2017年10月17日 22時15分00秒

ペルーが日本へ来て、その仲間が日本を見て歩いた時の日記に、

「今にこの国は世界でもトップレベルの国になる」

という風なことを書いていたというのを物の本で読んだ記憶があります。その理由として、

「器用で勤勉で、裏表のない仕事をし、他人を思いやるやさしさがある。また品格がある」

ということも書かれていたと言うことです。
私はそのことを知ったとき日本にうまれたことを誇りに思ったことを覚えています。

実際その予言通りに日本はあらゆる面で世界のトップレベルの国になっていったのですが、いまやどうでしょうか。

最近の信じられないような不祥事を見ていると、何かどこかでこの国は踏み外しているという感じがしてなりません。
福島原発の事故を見ていても責任のなすりつけあいをして、どうするのと言いたいですね。

それやこれやで、日本は危機的状態だと思います。
特に品格がなくなりつつある気がします。

穿った見方をすれば、リーダーの品格が全くないために国全体がおかしくなっている、そんな気がしてなりません。

もっと昔のリーダーは、よかれ悪しかれ、独特な貫禄と日本を代表しているのだというオーラーがでていましたが、最近のリーダーにはあまり感じられません。

選挙戦のまっただ中ですが、なんとなく諦めに似た気持ちになっています。
これで与党が過半数を占めたら国民に待っているのは・・・

選挙戦たけなわ2017年10月16日 22時31分29秒

選挙戦がたけなわですね。

いろいろな誰かがこんなことを言った言わない、とか様々な情報が飛び交っています。
頭のいい人たちが総力で作戦を練り戦略を立てて戦っています。

週刊誌の電車の中吊り広告をちらっと読むだけでも面白いですね。

どういう結果になるかわかりませんが、どう転んでも国民はすっきり感がないだろうと思います。

国民が、希望を出しても、それはいい、という施策がほとんどないですね。

うわべだけの選挙の時だけの、いいことだらけの言葉を並べていますがこれまで守られてことはありません。
政治家の無駄遣いをなくし、環境破壊の何物でもない無駄な公共投資を少なくしてお金を作ると言うことはないのでしょうかね。

選挙で国民のためになる党を選ぼうと思っても、核になる党がありませんものね。

少し情けないです。

ハゲといった人もでているのですね。
これはこれで結果が楽しみです。

22日は台風が来そうだと言うことですが、さてさてどうなるのでしょうか。



写真は毎日通る道から見える看板。
???という感じで面白く見ながら毎朝通り過ぎています。

寂光院2017年10月15日 16時17分46秒

昨日三千院の後参詣した寂光院。

寂光院の本尊は六万体地蔵尊菩薩で鎌倉時代造立の地蔵菩薩立像(重要文化財)でしたが平成12年5月9日未明、放火により、本尊は大きく焼けてしまったということです。これはニュースでも大きく取り上げられたので記憶していました。

新たに小野寺久幸仏師によって、形・大きさともに元通りに復元され、鎌倉時代の制作当時そのままの美しい彩色で新造されたものが、安置されていました。
平成17年(2005年)6月再建されましたが、本尊と同時に徳子と阿波内侍の像も新しく作られ本尊の左右に安置されていました。

地蔵菩薩の本願は、抜苦与楽ということで、それは慈悲の心を表わし、人間の苦しみや辛さ、思い通りにならない現実を救い抜け出させて頂き、願いを叶えて頂ける諸願成就のご利益があるということである、ということですが・・・。


高倉天皇と徳子の稜墓。

寂光院

寂光院の入り口の扉。


三門。

寂光院

秀吉が送った灯籠。

寂光院

「祗園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらは(わ)す。
おごれる人も久しからず、
唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、
偏に風の前の塵に同じ。」

平家物語と関わりが深いのがこの寂光院です。

六万体地蔵尊菩薩

寂光院

諸行無常の鐘。つくなと書いていました。

寂光院

三門から入り口を見たところ。

寂光院

茶室入り口の東屋の屋根のコケと落ち葉。
紅葉の頃はきれいな葉がもっと落ちているでしょう。

寂光院

寂光院を出て近くの漬物屋さんの前にあった漬物蓋と石。
石には日付が書いてありました。

寂光院

漬物屋さんの前にはスイス人観光客がたくさん。
売り子のおばさんも英語で何か言っていました。

寂光院

僕はおしっこ。

寂光院

寂光院を出て道を山手に行くと、石段がありそこを登ると墓石がありました。



徳子でしょうか。
かわいい顔をしています。

寂光院

たくさんの石塔がありました。平家一族のお墓でしょうか。

寂光院

寂光院

今日は朝から雨。
少し晴れたら釣りにと思いましたがだめでした。
今日みたいな日の方が釣れるのですけどね。
釣り師は雨でも行かなければいけないのですが・・・

古いネガをスキャンして一日が過ぎました。

三千院・寂光院2017年10月14日 23時13分36秒

京都二日目は三千院。

1974年頃に来て以来で、ほとんど忘れていました。

パンフレットによると、三千院は延暦年間(782‐806)に伝教大師最澄が比叡山東塔南谷(とうとうみなみだに)の山梨の大木の下に一宇を構えたことに始まったそうです。
その後、慈覚大師円仁に引き継がれ、平安後期以降、皇子皇族が住持する宮門跡となり、寺地は時代の流れの中で、比叡山内から近江坂本、そして洛中を幾度か移転し、その都度、寺名も円融房、梨本坊、梨本門跡、梶井宮と変わったようです。

明治4年、法親王還俗にともない、梶井御殿内の持仏堂に掲げられていた霊元天皇御宸筆の勅額により、三千院と称されたということです。
明治維新後、現在の地大原に移り「三千院」として1200年の歴史をつないでいる、ということですが、三千院という名前が明治以降につけられたとは知りませんでした。

三千院のことは、あまりに語り尽くされているので私がとやかく言うこともないのですが、やはり名刹ですね。

たくさんの人が参拝していました。
半数近くが外国の人でしたが・・

三千院

定番のアングル。

三千院

この前で庭を鑑賞している人たちは全員が各国の方たちでした。
この庭を楽しんでくれていました。
いいですね。

三千院

三千院

さりげなくある国宝がうれしいですね。
写真に撮れないのが残念。

三千院

境内の真ん中あたりにあった弁天さん。

三千院

わらべ地蔵があちこちにありました。

三千院

こけに覆われています。

三千院

これは鎌倉時代の地蔵さん。

三千院

楽しげな地蔵さん。

三千院

観音堂。
中にまつられている観音様は作りが何となくシャープでなく、ファイバーっぽい感じでした。
ま、いいか。

三千院

この小さな地蔵さんが観音堂の横に一万体以上並べられていました。

三千院

梅茶やシソ茶を売っていましたが、この方たち英語できちんとやりとりしてました。
立派!

三千院

三山院の後は寂光院に参詣しましたが、また明日にします。

とにかく天気予報では雨だったので、時々薄日も差しまずまずの天気でしたのでラッキー!という感じの一日でした。

般若寺そして京都国立博物館2017年10月13日 23時39分59秒

今日は休みをもらって京都国立博物館の国宝展を見に行きました。
京奈和道路を走り奈良を抜け途中にある般若寺に立ち寄りました。
ここのコスモスや冬の水仙は結構有名です。
ちょうど今頃がいいだろう、と立ち寄りました。

ベストシーズンでした。

薄黄色いコスモスのバックに本堂が見えます。

般若寺

巨大な13重の塔。

般若寺

釈迦如来の石像もコスモスに囲まれています。

般若寺

本堂をバックに不動明王。

般若寺

般若寺

般若寺

般若寺

般若寺

そして京都での国宝展。
見応えありました。
素晴らしい一品ばかりでした。

京都国立博物館

今日は8時まで開館していたので見終わって出てきたときは夜でした。
旧館がライトアップされてきれいでした。

京都国立博物館

京都タワーもきれいにライトアップされていました。

京都国立博物館

10月の後半から展示品の入れ替えがあるのでまた来たいと思いました。

電車の中で2017年10月12日 22時57分20秒

最近気になっていることがあります。
前にも一度書いたような気がしますが・・。

普段満員電車で通勤していますが満員なのに席に座らない人が結構いるので困ります。
今日も何名かありました。

車掌さんが「お詰めください」と言っているのに座りません。
席の前に立っているので、誰もその席に行けず空いたまま誰もすわれなくなっています。

座ってくれると2人ぶん他の人は、中に詰めることができます。

何となく最近そんな人が多くなった気がします。
スマホをやっているので手を下ろしている分詰められません。

バックパックを担いだまま乗っている人も最近多くなり、それも詰められない要因にもなっています。
それやこれやでみながちょっと工夫と気遣いをすれば、余裕が出るのになと思いながら、電車に揺られてます。

写真は1988年の環状線電車内です。

夏の名残2017年10月11日 21時34分40秒

朝家から出かけるときに、我が家の門に小さな朝顔が咲いているのに気がつきました。
小さな朝顔です。

もう10月なのに咲いています。
通勤の途中の土佐堀川べりにかなり大きな朝顔が咲いていました。

いつもは朝日が朝顔をきれいに光らしているのですが、今朝は少し時間が早かったので光が当たっていませんでした。

写真の面白さはここにあるのですね。
いいシーンはその時間その瞬間しかないと言うことです。
その時間を逃すとだめですからね。

というわけで大阪の朝顔は平凡なものになってしまいました。

あさがお

都会の花と思えない感じで楚々と咲いています。
ピンクとブルーがあります。

あさがお

そしてもうひとつ今日の帰りの道。

我がCB400SSは、20,000kmになりました。

キリ番を写真に撮ろうと家までの道で、メーターに気をつけていました。
しかしローガンがあるためメーターの数字が見にくく、100m単位の数字が少し上がってしまいました。
走っている途中で20,000kmになったので歩道に駐めてカシャ!

ともかく20,000km。

次は22,222kmのぞろ目を楽しみに、安全に走りたいと思います。

CB400SS

CB400SSが一年無事に走った2017年10月10日 21時51分43秒

今日CB400SSを購入してから1年経ちました。
19949km走りました。

買ったときが13264kmだったのでこの1年間で、6585km走ったことになります。

一ヶ月平均548kmです。その間トラブルなし。

燃費は26km/リットルです。以前のKLE400が23km/リットルだったのでかなり経済的になりました。
燃費以外にCBにしてよかったと思うのは、サイドスタンドが出しやすく安定していると言うことです。
以前のKLEはサイドスタンドの角度が悪く、倒れないように駐輪する場所を探すのが大変でした。

CBはどこでも気軽に駐輪できます。

車重が軽いので取り回しがやりやすいのは言うまでもありませんが、それ以上に分解修理などがめちゃめちゃやりやすいこともありがたいことです。

それやこれやでこのバイクに満足しています。

明日には20000kmを超えます。
これからもずっと大事に乗っていきたいと思います。

選挙戦が始まりました。
私は投票する人は決めていますが、とにかく、このまま、いまのまま進んでいくと大変なことになると思います。

国民すべてが賢い選択をしてほしいですね。

大台ヶ原2017年10月09日 22時47分55秒

3連休の最後の日。
ウンドーをしていないので体がなんとなくシャキッとしないので、手軽にいける大台ヶ原に登りました。

まずシオカラダニを目指しました。
いままでは日出が岳からいくのですが、今日は反対側から登り始めました。

このコースは最初が下りが続きこのシオカラダニからは延々と登りが続きます。

大台ヶ原

ともかく下り終わり昼ご飯。
ここでモンベルの浄水器でコーヒー用の水を確保。
そのまま飲んでも大丈夫だと思いますが、とりあえずウイルスまでカットするというこの浄水器でこしてコーヒーを沸かしました。

コーヒーはなんとなくおいしく感じました(^^)

大台ヶ原

25センチほどのイワナが獲物を待っていました。
大中小のサイズのイワナが入れ替わり立ち替わり、行ったり来たりしていました。
かなりの数のイワナが泳いでいました。

フライを流したら楽しい思いができるのではないかと思いますが・・・・

大台ヶ原

今日はたくさんのひと人が行き来していました。

大台ヶ原

大台ヶ原

食事が終わった頃からガスがかかりだし、近くの景色しか見えなくなりました。

大台ヶ原

牛石が原も霧の中。

大台ヶ原

神武天皇も霧の中。
手をかざしてもだめでしょう。

大台ヶ原

昨年ここに登りましたが紅葉は遅くてがっかりでしたが、今日はもう2,3日早い感じで、まだすべてが紅葉していませんでした。

これだけ暑い日が続くと紅葉はかなり遅れるのではないかと思います。

大台ヶ原

大台ヶ原

大台ヶ原

大台ヶ原

作業用のモノレールが作られていました。
これを観光用に走らせると面白いですね。
それほど自然を壊しませんものね。
エンジンではなく電動式にするとなおいいですね。

大台ヶ原

昆虫があまりいない大台ヶ原ですが、この木でなにやら毛むくじゃらな幼虫がうごめいていました。

大台ヶ原

大台ヶ原

戻ってきた駐車場も真っ白でした。
帰りの道もガスってフォグランプをつけて走りました。

ガスの中鹿に合わないかなと思いましたが、駐車場で鳴き声を聞いただけでした。