イマイチ春にならない2017年03月22日 21時33分27秒

今朝は5℃でした。
久しぶりにバイクで走りました。

気温はまだまだ低いですがいい気持ちでした。

会社近くの歩道に木蓮が咲いています。
朝小鳥が飛び回っていましたので写真を撮ろうと思いましたが連れがいたので撮れませんでした。

夕方鳥はいませんでしたが、ビルの谷間のきれいな花を見ることにしました。

帰りの気温は7度でした。
さすがに峠は5度まで下がりました。
それでも暖かくなっています。

春よこい早く来い、です。

WBCは優勝できなかったですね。
少しさみしいです。

あとは相撲と高校野球ですね。

バイクのこと、そして久しぶりの草むらのヒーロー2017年03月21日 19時09分45秒

今日はずいぶん暖かくて、マフラーはしませんでした。
いよいよ春ですね。
3月も後半ですからね。

世の中世界中が大変ですね。

FBIがサスペンス映画もどきのやりとりをやっている国もあるし、ミサイルを今にも撃ち
込みそうな国もあるし、ごちゃごちゃと言った言わないでもめている国もあります。
ヨーロッパではテロが頻発してますものね。

気をそらされている間に法案をいろいろ通されてしまいます。

気をつけなくてはいけません。

コロッと明るい話題で、最近のバイクのスタイルが、KLE400のようなものが多くなってきたことがあります。

それも250CCの、ライトだけれどしっかりしているというのが出てきました。
ホンダやカワサキが出してきました。
売れ出すと他のメーカーも出してきて競争になり性能も上がってくるので楽しみです。
バイクもファッションと同じで、デザイン傾向など繰り返します。

私たちの年代は、アフリカツィン(これがよく売れているのでにたやつが出てきているのかも)は乗りたいけど重すぎる、けどデュアルパーパスのしっかりしたバイクに乗りたい、そんな人たちがターゲットにされている感じです。

野山を自由に走り回れるし車検も不要だし、時間のある熟年ライダーにはぴったりだと思います。
CB400SSに乗って感じるのは、軽いというのはこんなに気楽なものだったのかと言うことです。

250CCだともっと軽いので扱いやすいでしょうね。

写真は先日高野山で見つけた草むらのヒーローです。
かなり年季が入っているらしく原形をとどめていません。
スズキのキャリーかな。

草むらのヒーロー

草むらのヒーロー

明日は少し暖かくなってバイクで走れるかな。
楽しみです。

今夜の帰り、またまた以前と同じ側溝に車が突っ込んでいました。
同じ場所に何台も突っ込むと言うことは、構造的欠陥があると思います。
緩いカーブでそこから急にカーブが深くなるので左側の注意がおろそかになるのでしょうかね。
なんとかしてほしいですね。

高野女人道続き2017年03月20日 20時53分51秒

昨日の続き。
坂を下りると小さな橋があって、再び登りになります。


道はさらにきつい登りになって上に続きます。

高野女人道

稜線に出ると遠くまで見渡せます。

高野女人道続き

赤松がたくさん。
その昔はきっとたくさんの松茸が採れたことでしょう。

高野女人道続き

さらに登ると遠くの山がかすんで見えます。

高野女人道続き

相の浦口に地蔵さんがあります。

高野女人道続き

案内表示を兼ねています。

高野女人道続き

道はまだ登りが続きます。

高野女人道続き

野猿かアンテナの基礎の跡が残る広場に来ます。

高野女人道続き

高野女人道続き

やっとついた頂上にはテレビのアンテナが立っています。

高野女人道続き

大滝口女人同跡には5時に到着。
ここで小辺路ルートとクロスします。
時間がないので、高野の町中に降りることにしました。

高野女人道続き

途中の道にはまだ雪が残っていました。
さすが高野山。

高野女人道続き

今日は暖かだったですね。
朝から以前から気になっていたバンパーのへこみを修理しました。
結構時間がかかりましたが、なんとかそれほ目立たなくすることができました。

バンパーを外し、へこみをたたき伸ばして、再び取り付けました。

作業をしていると近所の人が、

「素人の仕事にしてはいいんじゃないですか」

という感想でした。


高野女人道テクテク2017年03月19日 23時02分40秒

朝からいい天気でした。
バイクが汚れていたので石けんで洗ってあげました。
ピカピカになりました。
ワックスをと思いましたが時間がなくまた明日にでもやろうと思います。

昨夜出しておいたミカンに朝早くからヒヨドリがやってきました。
昨日のと同じ個体のようです。
別の鳥が来てほしいですね。


2時前に家を出、高野女人道を歩きにまた高野に登りました。
歩き始めは2時50分でした。
いつもながらかなり遅くなってしまいました。

高野女人道

お助け地蔵から登り始めました。

高野女人道

道は良く整備されて歩きやすかったですが結構急な登りがありました。
このプレート黑河道にもありました。

高野女人道

愛宕神社についたのは3時5分でした。

高野女人道

高野女人道

高野女人道

愛宕神社を過ぎた頃、行く道で近くの方らしいご婦人に会いました。

「女人道にいくのかい」
「はい」
「最近は鹿が多くなっているので気をつけてください。朝など国道までも出て来るよ」
「へー奈良公園みたいですね」
「おかげでこのあたりに草花が皆食われてしまいました」
「それは大変ですね」
「スカイラインへの道をつけたり、トンネルを掘ったりしてからこちらへ出てきた」

ということでした。広く新しい道やトンネルができて餌場までの道を中断されて、人家まで出てくるようになったのでしょうね。

高野女人道

坂の上りはじめのところに熊注意のかんばんがありました。
英語の注意書きがあるところが時代ですね。
でもこの看板は少しおかしいですね。
英語版には熊にあったときの対処方法を書いているのに、日本語では単に注意しなさいということだけしか書かれていません。
日本人もこのくらいの英語は理解しなさいと言うことでしょうけど・・・

高野女人道

有刺鉄線が張り巡らされていました。

高野女人道

この後ろくろ峠まで歩き、町に戻りました。
それについては次の日に。

春が近い2017年03月18日 18時45分27秒

今日は天気ははっきりしませんでしたが、暖かでした。
こんないい日に歯医者に行ってきました。
もったいないですがやむを得ません。

当然バイクで走りましたが、冬用ジャケットでは暑いくらいでした。
歯医者では椅子の上でかなり待たされました。

治療が終わってからの帰りに紀ノ川土手に降りていい春の兆を探しました。
時間がなかったので残念でしたが、コーヒーをわかす間いろんな鳥を見ました。


カシオEXILIMの走行テストをしました。

先日取り付けたブラケットへの取り付けもダートでも問題なく作動しました。


エンジンの振動がもろにわかりますが、今度はヘルメットにつけてみたいと思います。

紀ノ川

オリンパスOM-D レンズはルミックス。

紀ノ川

カシオで撮ったCB400SS。

紀ノ川

コーヒータイム。

紀ノ川

カシオはこれくらい離れてもシャッターが押せました。
いろいろ使えそうです。

紀ノ川

OM-DにOMズイコー50mmf3.5。

紀ノ川

OM-Dにニッコール200mmf4.0。

紀ノ川

OM-Dにニッコール200mmf4.0。

紀ノ川

道の途中でカラスの巣を見つけました。
まだ作成途中だと思いますが、都会のカラスの巣のように針金などないです。
繁殖期になったら見に来なくてはと思います。

紀ノ川の土手ほかの鳥の巣もきっとあると思います。
1度ゆっくりウォッチングする必要があります。

わけのわからないことばかり2017年03月17日 23時06分03秒

思えば東京の築地市場から始まった感じがします。

誰がどうして、なぜこうなったというのがわかっていそうでわからないということばかり続いています。

こちらもあまり深く考えると馬鹿らしいので突き詰めたことはあまり知りませんが、豊洲市場、M学園、自衛隊、それぞれが全くはっきりしませんね。

これが世の中の現実でしょうかね。

天皇陛下のことについても皇室典範があれほど多岐にわたるとは思っていませんでした。

あちらの国では大統領がサインしても司法省などいけないものはいけない、と突っぱねる馬力がありますね。
日本では首相が方針を出せば、それがまずいことでも頭のいい方たちが知恵を絞って法律を曲げてでも通してしまいます。

この違いは大きいですね。

予算も環境対策の分がかなり減らされていますが、環境先進州のカルフォルニアなどはやくからゼロエミッションを目指していますので、どう取り組みを進めるか注目していきたいと思います。

今朝バイクで行こうと思いましたが、2℃でした。
早く暖かくなってほしいですね。

日本頑張れ2017年03月16日 18時49分45秒

このごろ日本製品で世界に送り出せる商品が少なくなりました。

一昔前のウォークマンなどのような商品がないですね。
扇風機にしろ掃除機にしろ皆外国製品になってきました。

少しつらいものがあります。

確かに工業製品のパーツでは日本がオンリーワンというのが多いですが、製品として世界中から受け入れられる商品が少なくなりました。

いくつかの電器製品を作る会社が倒産寸前までいきましたものね。
それらのいずれもが、決断が遅れたり社員のモチベーションを上げたりすることがないまま業績アップを目指したからだと思っています。

S社などは新製品を出したくてもなかなか社内でGOが出なかったと言います。他の会社も似たり寄ったりだと思います。

これからIOTやAIのシステムがトレンドとなりますが、トップは失敗してもいいからチャレンジさせる気概が必要ですね。
それがないとまたまた世界のパーツ屋になると思います。

それと国の許認可の馬鹿さ加減を直してほしいですね。
新しいいい商品はトラブルがつきもので、トラブル対策を先にしては話が前に進みません。

外国のように、トラブルがあればユーザーがそれを鍛え、いい商品に仕上げていく雰囲気が必要です。

今の日本に一番欠けていることではないかと思います。

家電製品だけではなく地方も同じような状態ですね。
地域活性化と言って様々なイベントを考えていますがあまりに年上の人が仕切ると失敗しますね。

地域が停滞しているのといい会社がおかしくなっているのとなんとなく根のところが、同じ傾向にあるような気がします。

もちろん霞ヶ関も同じだと、いやもっと悪い状態ではないかと思っています。

日本、なんとか頑張ってほしいですね。

宅配便で思うこと2017年03月15日 21時47分37秒

宅配便がハードで大変ということから、値上げをしなくてはいけないとか,時間指定を狭めようとかいろいろ言われています。

社会的にも影響が大きいですね。
通販をよく使うので、料金が上がるとこたえます。

政府も人ごとのように思わず、どうすれば働く人が楽になり回転良く荷物の配達ができるか真剣に考えてほしいです。

私は思うのですが、早いことスモールモビリティを認可してほしいと言うことです。
もちろん電気自動車で、軽四より一回り小さい車なら狭い路地に入っていけます。

配達する人の、駐車違反が多いと言うことは、路地やマンションに配達するのにどうしても路駐になります。

スモールモビリティなら路駐でも苦にならないと思います。
登録制にして配達用は駐車可とすればいいし、バイクも駐輪規制をもっと緩やかにしたらいいと思います。

規制やらトラブルのケースバイケースを議論しているうちにこのカテゴリーで、世界的にもまたまたガラパゴスになってしまいます。
いや、すでになっています。

バイクのカテゴリーも見直してより実際的なものにすべきですね。
いずれにしろなんとか働く人も楽になり、料金も上げないという形に落ち着いてほしいです。

今日も寒かったです。

気温はそれほどでもないのですが風が吹いていたので体感温度がずいぶんと寒くなりました。
海の向こうでは記録的な寒波とか、T大統領も異常に気がつき環境対策を打ち出してほしいのですけどね。

日本はくだらないけど大変な議論を連日やっています。
くだんの幼稚園でも、顰蹙を買うような言葉より、例えば、

「私たちは地球環境を守るために無駄や贅沢をしません」

などと唱和してくれていたら、拍手ですけどね。
ちょっと言葉が悪すぎます。

鳥の分布2017年03月14日 21時29分28秒

今日新聞のスクラップをしていると「カラス都会を去る」という見出しで、鳥の分布に変化があるという記事がありました。

都市部のカラスが2000年には18664羽だったのが2015年には4816羽に減っているそうです。
カラス対策が功を奏した結果で、徐々にその数を減らしています。
ところがツバメやスズメも数を減らしているということです。

これは巣を作る場所がなくなったせいでしょうね。
今の家は彼らが巣を作るところがないですね。

我が家では毎年換気扇の隅に巣を作り、子育てをしています。
今も巣作りの準備をしているらしく、かわいらしい足音が聞こえてきます。

記事では、繁殖の失敗率も都市部で高い数値となっているようでそのことも個体の減少に輪をかけているようです。

ところが森林の復活や自然を生かした護岸工事が増えたせいで、カワセミやオオタカが増えているとも書いていました。

注目すべきは人が餌をやっていたドバトは浅草寺に2000羽いたのが餌をやらなくなってから50羽に減ったそうです。また不忍池のオナガガモも6000羽から70羽に減ったということです。

やはり人による餌やりも生態系に大きく影響を与える、といういい例です。

文中で、都市鳥類研究会の代表は

「鳥は社会の鏡だ。新たに進出する鳥も消える鳥も都市が抱える何らかの問題を映している」

と指摘しています。
都市部の鳥の栄枯盛衰は、人間は鳥とどう共生すべきかという問題を
訴えかけている。と締めくくっていました。

なんとかいいバランスでこれからも楽しませてほしいですね。

今夜は少し列車を・・2017年03月13日 22時08分59秒

今夜の帰りはウンドーブソクを少しでも解消するために大阪駅まで歩きました。
距離は短いですがいろいろ見るところやよりたいところがあって困ります。

ホームで待っていると新しい車両がやってきました。
デザインも粋ですね。
オレンジのラインが効いています。
カンジョーセンにはおしゃれすぎる感じがしないでもないですが。

新しい環状線

新しい環状線電車

カンジョーセンはこの車両が合っている気がするのですけどね。
新しい車両のオレンジはこの色を継承したのかもしれません。

古い環状線電車

古い環状線電車

そして我が通勤列車。
10人いたら10人ともケータイを見てますね。
離れて撮りたいですが位置を離れると席取り合戦に負けるので、並んだまましか撮れません。
日曜日などじっくり狙うのも面白いかもしれません。


並んで待った列車が来、乗ってさあ座ろうとすると後ろから来た中年の女性が私を押しのけて席に座ってしまいました。

「オーノー」という感じでその女性をまじまじと見てしまいました。
こんな人もいるんだ、と思ってしまいました。
吉本だと漫才のネタにするのでしょうね。
結局私は三国ヶ丘までたちました。


電車のでは前のおじさんが二本目のカンハイボールを飲んでいました。
信号の赤らランプや緑のランプがカンに写って流れます。

これが旅行中ならいいのですが、通勤のルーチンですからあまり面白くないですが、こうしたシーンはなんとなく好きですね。

物語があります。