少し涼しい朝2018年08月16日 22時05分40秒

今朝は少し気温が低かったですね。

台風が矢継ぎ早にやってきています。
やっぱり異常ですね。

この前行方不明になっていた坊や見つかってよかったです。
あれで雨に打たれていればどうなったかわかりません。
それにしても三日間何も食べないでよく持ったなと感心します。
小川の近くにいたので水は飲んでいたのではないかと思いますが実際はどうでしょうか?

あれだけの動員をしながら見つけられず、一人のボランティアが、ある信念の元に、見つけ出したというのは素晴らしいと思いました。

ある町で一人の男性が牢屋を簡単に抜け出し、3000人以上の人員を繰り出して見つけられないでいます。

その間罪を重ねて逃げ続けているのですね。
逃げたときすぐに広報し注意を呼びかけていれば、また違った展開になっていたと思います。
奈良か京都の山際を隠れながら逃げているのではないかと、想像します。

それにしても、国が悪ければその下のあらゆる機関がだめになります。
そのパターンがほとんど同じ感じというところが憎いですね。

もう行政は当てにせず、自分たちで片付ける時代に来たかなと思います。それをしようとするとやたら規制があって何もできないのが今の日本ですね。

久しぶりの雨でしたが余り気温は下がらず2018年08月15日 22時59分22秒

久しぶりに雨が降りましたが、それほど涼しくはならなかったですね。
庭に水をやらなくてもよかったのが、いいとしましょう。
湿気が高いので涼しさを余り感じませんでした。

台風も次から次にできてきますが、天気予報も今年の台風の進路は確定しかねている感じですね。
マスコミも声高に、地球温暖化のせいだとは言いません。
地球温暖化のせいで海水温度が上がり異常気象になっていることを知らせてほしいですね。

ニュース番組で、出演している一部のコメンテーターが時々言っているだけです。

先日久しぶりに100均ショップへ買い物に行きましたが、プラスチックの製品が多いですね。それでもほとんどのものが揃っています。
ルアーも100円で売っていました。100円のルアーで釣れたらいいですね。
値段が安いので、根掛かりなど気にしなくてもきわどいところに打ち込めるでしょう。
他の商品でもこれが100円でできるか、という商品も中にはありますね。

写真は1980年白浜温泉祭りです。
今でもやっているのかな。

今見ても、ペーソスの漂う、いかにも地方の祭りという感じがします。





今年のお盆休みは、行きたかったところにはいけず、ストレスの残る5日間でした。
何かでリカバリーをしなければ・・

いやになる暑さ2018年08月14日 22時52分13秒

今朝は28度くらいで少ししのぎやすいかなと思っていましたが、何の何の。
気温はすぐに上がってきてクラクラするくらいでした。

バイクを久しぶりにきれいにしました。
最近燃費が悪くなってきたので空気圧を正規に合わせました。
かなり少なくなっていました。
それとチェーンの緩みが大きかったので張りましたが、マニュアルを見ると乗らないでくださいという領域にたるんでいました。
いかんいかん。

バイクをチェックし終わり、今度は部屋の片付けをしました。
昨日に続いてカタログやら古い雑誌を処分しました。

まだ大分あるので当分家の中での仕事は途切れないでしょう。

頼まれているホームページがタイトル画像のところで途切れて苦戦しましたが、何となくできそうなところまでこぎつけました。
これも当分作業が続きます。

せっかくの休み、行きたいところもあったのですがいけそうもないです。

夏はやっぱり暑い2018年08月13日 22時24分07秒

今日もめちゃ暑で、39度ほどありました。
やっぱり異常な高温ですね。

普通雷が鳴ればザッと一雨来るのですがそれもないですね。
進路のはかりづらい台風が次々にできています。

今年の冬はこの揺り戻しと気圧の関係で、めちゃくちゃ寒いのではないかと心配します。暖かい冬であったなら、また来年の夏の暑さがコワイですね。

今日もどこへも行かず、いらなくなった、というより身辺整理が必要なため、古いカメラや車のカタログを整理しました。
ルーチェやカペラに始まりファミリア、ランサーとみていて飽きないものばかりですけどね。カメラではニコンやキャノンのフィルムカメラのカタログを結構丹念に集めていたので量的にはかなりありました。

捨てることにしました。

写真は1976年8月。
確か宇久井海岸かなと思いますが、はっきりしません。
今でもこういう光景はあるのでしょうか。
何となく人が生活を楽しんでいるという感じがいいですね。

ボイラーで干物に作る時代ですが、やはり天日干しは栄養価が高いのですけどね。

1976年夏

暑さしのぎにガード下で。

1976年夏

芸術ですね。

1976年夏

なんとものんびり。

1976年夏

いかにもおいしそうです。

暑う!2018年08月12日 23時34分32秒

今日も暑かったですね。
磁石で取り付けていたすだれが落ちたので、きちんと取り付けましたが、これが結構難物で、時間がかかりました。
日陰がないところでやったのでクラクラしました。

なんとか取り付けることができましたが、予定とはかなり違ったフィニッシュになってしましました。

私の場合、いつものことですが。

朝、庭に水をやったいるとショウリョウバッタが草を食べていました。
オンブバッタは睡蓮の葉っぱをほとんど食べてしまいました。

ま、仕方ないですね。

また明日も同じような暑さだとか。
昔のようににわか雨が降れば涼しくなるのですが、本当に最近の天気はかわいげがないですね。

夏らしい「趣」が全然ないですね。

暑い中を紀ノ川2018年08月11日 22時00分32秒

今朝は少しましな気温でした。
庭に水やりをして、我が家の庭から、今年たった一つだけ娑婆に出た瀬見君の抜け殻をカシャ!

大きな木を切ってしまってから一気に少なくなりました。
少しさみしいです。

セミの抜け殻

暑くなってから紀ノ川に。

日中の水温が上がりすぎたときはあまり釣れないとわかっていても、何となく出かけたくなります。

楽しみの一つが川縁のひとときですね。
今日の昼食は、贅沢にもご飯とかなり以前にモンベルで買っておいた山用の親子どんぶりを食べました。
山用なので少し塩気が多いのですが、今日の暑さの塩分補給にはベストでした。
味もよかったです。
手作り折りたたみテーブルはよく働きます。

その後はコーヒー。

いつもなら食べているとき、少し大きなバスが通り過ぎるのですが、今日はゼロ。
10センチほどの子バスがブルーギルに混じって泳いでいました。

紀ノ川バス釣り

先日オークションで買ったハスルアーを打ってみました。
ブルーギルがよくかかりました。
このルアーは、海では、河口のメッキやコノシロがよく釣れます。
一個しか手元になかったので色違いを2個ほど買い足しました。

ブラックバス 紀ノ川

川縁は、時折風が通り抜け涼しかったのですが、場所を移動するときには背丈以上ある藪の草いきれの中を通らなくてはならないので、一気に汗が噴き出してきます。


昨日のニュースで、気象庁の観測日誌が廃棄されたと言うことを知りましたが、なぜ日本はそうした貴重な文献を捨てるのでしょうね。
最近のドキュメンタリーの記録もほとんど外国の公文書館からのものです。
この前のモリカケ問題や自衛隊の文書管理など、目を覆いたくなります。

芸術でも、浮世絵展などきれいなものはみな外国で保管されていたものです。
価値のわからない人に、「美しい国日本を作る」とか言われたくないですね。

ウスバカミキリ2018年08月10日 12時20分01秒

虫の話。

ニュースや雑誌で見ると近年、日本各地の桜の名所で外来カミキリムシによる被害が拡大しつつあるということです。

そのカミキリムシの名前は「クビアカツヤカミキリ」で外来種らしいです。

漆黒のメタリックな体に胸部の背中が真っ赤な彩りをした、見た目はとても美しいカミキリムシで、原産地は中国、モンゴル、ロシア極東部、朝鮮半島、ベトナム北部とされ、東アジアの大陸エリアに広く分布する種ということです。

このカミキリムシが厄介なのはバラ科樹木に好んで寄生し、成虫が、サクラやモモ、ウメなどの樹木に卵を産み、孵化した幼虫が樹木の幹を食害して、樹木を弱らせてしまうそうです。
幼虫は樹幹の中で2~3年過ごすため、一度寄生されると樹幹の被害は拡大を続け、弱った樹木は最悪、枯れてしまいます。
桜並木などに寄生されたらたまったものではありません。

昔クサギの虫といって疳の虫封じで白い7センチほどの幼虫をよく食べさせられました。
それがカミキリムシの幼虫だと思っていましたが、コウモリガの幼虫だったということがネット検索で判明しました。

当時コンロの上の金網に2,3匹乗せあぶり、やや焦げ目がついたら食べました。
蛾の幼虫だとわかっていたら食べなかったでしょうね。
クサギの根っこ近くに巣くっていたのでクサギの虫といわれましたが、桐やクリの木にも巣くうらしいです。

害虫には違いありません。

虫は古くから不思議な力を持つとされ「日本書紀」には富士川の近くにいた大生部多(おおうべのおお)という人が、柑橘(かんきつ)類にいる虫を神として祀(まつ)った記事があったり、今でも様々な虫が漢方薬などで珍重されていますね。

ウスバカミキリ

写真はウスバカミキリです。

家の近くをうろついていたそうです。
このカミキリの生態をネットで調べていて、クサギの虫の正体を知ったのです。

このカミキリは今頃里山でよく目にしますが、産卵場所は弱った木や立ち枯れの木に産卵するということで、クビアカツヤカミキリのように害虫ではないようです。

この虫の幼虫も食用にされたということです。
一度このカミキリムシの幼虫を食べてみたいですね。

久しぶりの出張・・名古屋2018年08月09日 15時57分06秒

久しぶりの新幹線での出張。
大阪は曇りで少し涼しくなりました。
伊吹山も雲を傘にしていました。

伊吹山

ところが名古屋はカンカン照り。
アツウ。
連日39度の気温の実感をしました。
日の当たるところに出るとくらくらしました。


名古屋の駅前は大阪とはまた違った感じです。
めったに降りることのない駅なので新鮮でした。


昼ご飯は「台湾ミンチのまぜ味噌きしめん」
結構おいしかったです。


ビルの窓からは駅前がよく見えました。
リニア新幹線がくると、右手のビル群が向こうのビックカメラの手前までリニアの駅になり取り壊されるということです。


在来線と新幹線の間にリニア新幹線がやってくるそうで、工事をやっていました。
地下6階の駅になるようです。

いまだに作る必然性を感じないのですけどね。
それより環境対策にお金を使ってほしいな、と思っていますけど・・。


日本は、大きなプロジェクトがなくなるとまた何か新しいメニューが出てきます。
リニアも完成したら使うでしょうが、大阪まで来るのはもっと後ですし、地方の人々にとっては、それほどありがたみもない感じです。

それより各主要都市に路面電車を作ってほしいです。
あれはお年寄りに優しい乗物だと思います。

それと過疎地の交通手段をどうするか、考えてほしいのですけどね。

食料自給率が38%2018年08月08日 21時48分49秒

今朝は25度でした。
スピードを出すと肌寒い感じでした。
台風の風がふいて寒気を少し運んだのでしょうか。
夕方もそれほど暑くなくよかったです。

夜のニュースで日本の食料自給率が38%で先進国の中では一番低いといっていました。

これって異常ですね。

確かに生産も少なくなっていると思います。
地球環境が悪化している今、よその国に頼れなくなったときどうするかを今から考え体制を取らなければいけないと思うのですけどね。

街では、どの外食店もたくさんの人が並んで自分の家で料理をする機会も少なくなっているのも国産の食料を食べなくなっている原因かなと思ったりします。

国産のウナギが売れなくて困っているというのもおかしいです。

なんかすべてのバランスが崩れているのを感じます。

人類の滅亡期がやってくる2018年08月07日 18時05分20秒

MSNのニュースで、

「デンマークのコペンハーゲン大学(University of Copenhagen)やドイツのポツダム気候影響研究所(Potsdam Institute for Climate Impact Research)、オーストラリア国立大学(Australian National University)などの研究者がまとめた論文によると、このまま極地の氷が溶け、森林が伐採され、温室効果ガスの排出量が増え続けていくと、地球は転換点となるしきい値を超える。そうなれば気温は産業革命前よりも4~5度上昇し、海面は現在よりも10~60メートル上昇し、21世紀末までに各河川は氾濫し、沿岸地域は暴風雨にさらされ、サンゴ礁は消滅。地球の平均気温は過去120万年間のどの間氷期よりも高温になるという」

という恐ろしい論文が紹介されていたのでコピペしました。

以前から言われていたことですが、現実に対応しなければいけない緊急事態になってきたことがわかります。
大雨、強風、干ばつすべてが加速度的にその厳しさを増してきています。
人間のわずか200年の間の経済活動がこの危機を招いたので、人間は力を合わせて温暖化対策をしなければいけないときになりました。
戦争などしている場合ではありませんね。

論文の紹介記事は、

「化石燃料を、最終的に廃棄物をゼロにする「ゼロエミッション」のエネルギー源で置き換えていくことや、植林のようなCO2吸収に関する戦略をさらに考え出すことを提言している」
としています。

写真は1976年の熊野の海岸です。
海水面が10mあがっても、この何とも言えないいい景色は消滅します。