今日も寒かった2020年01月17日 21時56分26秒

今日は定期検診だった。
寒い中家を出たが、途中で水道工事があり渋滞していた。
後で聞くと和歌山市で断水が続いているとか。
その復旧をしていたのだ。

病院近くも渋滞で、病院の駐車場も病院側は満車であった。
駐車のために信号を超えて車が並んでいるのをみると、昔のようにメインストリートを市電が走っていてパークアンドライドで路面電車を使ったら、こういうことはないのにと思う。

50年ほど前の国体のときに車の通行の邪魔になるといって撤去してしまったが、今残っていればいい観光資源になっているのにといつも思う。
広島や長崎などいまだに市電を残しているところがある。京都や大阪も残っている。

残念である。

旅館の丹前でバスに乗るのは違和感があるが、路面電車だと特に気にならなかった。以前にも書いたことがあるが、和歌浦は市電がなくなってから人が少なくなったという。和歌浦から丹前を着て、市内の繁華街へ繰り出すという楽しみもあった。

それが今はできない。

外国人が和歌山を訪れた時、路面電車のゆるい感じがいいのじゃないかと思うのだがどうだろうか。
これからももっとインバウンドを増やすためには、まだまだ工夫がいると思う。

写真は1989年1月、勝浦漁港観光船船着き場のスナップ。

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

車の窓ガラスが凍った2020年01月16日 22時14分09秒

仁和寺五重の塔
今朝は寒かった。
夕べの雨が車に残り凍りついてワイパーが動かなかった。
冬至10日たちゃああほでもわかる、というが夜明けが少し早くなっている。
車から見る竜門山から昇る日の曙光はきれいである。
しかし今年は雪が降らない。
例年だと一度は積もる寒さが続くのだが、今年はない。

先日のテレビでニセコスキー場がオーストラリア人にすごく人気があると言っていた。
今日札幌出身のお客さんとの話でもそのことが話題になった。
いま日本は国を挙げて外国人の観光客を誘致しようと躍起となっているが、どこかピントが外れている部分もあるような気がしてならない。

もっと日本文化を味わってもらうようにすべきだと思うのだけど、バブル期以来スクラップアンドビルドのサイクルが早すぎる感じがする。
これからは作り変えるのではなく、いい施設の熟成を図っていかなければいけないと思う。

高野山の外人観光客はいかにも満足そうに歩いている。
高野三山で登ってくるのは外人ばかりという事実をもっと知るべきで、目新しい建物ではなく、何もないけど満たされる、というような観光地つくりをしてほしいと常々思う。
そしてまた行きたいと思わせるのが本当のリゾート地である。

やたら華美でてんこ盛りの観光地はいつか飽きられる。

windows7のサポート終了2020年01月15日 22時33分48秒

昨日でwindows 7のサポートが切れた。
なんとなく腑に落ちないが、従うしかないのか。
悪意あるものがウィルスなどの仕掛けをしなければ7のままでもよいのだが、そうはいかないのが世の常。

おかげでシステム屋さんとかパソコン販売店などが潤う。
車を買い替えるのと同じと思えばいいのだが、いろいろ機能がありすぎて能力が上がり活用範囲も広がって、社会的にも影響力が大きくおなりすぎた。

35年ほど前かなシャープのポケットコンピュータから始まり、日立ベーシックマスター、そしてNECの9801UV2というのでベーシックプログラムを組んだ。
そのころ中学校で職場を一時離れ、ゆとりの時間をつかい、パソコンの先生をした。

会社に復帰した年にWindows3.1のころにLANを何もわからないまま構築し、覚えた。このころのIPアドレスなどLAN設定は、イニシャルファイルをメモ帳などで書き込んでの設定だった。

まもなくWindows95が出てもうプログラムをシャカリキに組む時代は終わったと思った。というよりもう手に負えなくなったというのが当たっているかもしれない。

それからいくつかアップグレードされそしていよいよwindows10で最後だという。

自分のホームページを出したのが1998年で、それまでは会社のページを作っていた。
当時は今ほどいいソフトがなくHTML言語のタグもすべて叩いてページにしたので、時間がかかった。
興に乗ると真夜中まで作業をしたのが懐かしい。

そのころはハッカーはいたがウィルスなど今ほど多くはなかった。

便利なデバイスも増え、ハードディスクも安く大容量になってきた。
NEC9801のころは、ハードディスクは20メガくらいしかなかったのでアプリのセットアップに苦労した。

パソコン通信では、スキャナーで読んだ画像を送るのに、通信速度が遅かったのでRGB三原色にわけ一色づつ送り、受け手が復号し、画像を見ることもよくやったが、今は動画が簡単に撮れ、そのまま送れる時代になった。
パソコンやスマホで、何でもできる時代になってくる。
これからスマホも5Gの時代になるが、今以上にシステムが出てき、恐ろしい時代が来そうな気がする。

久しぶりの名古屋2020年01月14日 21時54分02秒

朝、週のうち始まりは少し早い電車に乗る。
席取りが難しい。
電車がホームに入ってくると一番前の人はドアをあけるボタンを押し続ける。
ボタンの横のランプが赤くならないと押してもドアは開かないのだが、それでも押し続ける。
座りたいという意欲がみなぎっている。

私は結局天王寺まで立ちぱなしとなる。

今日は名古屋に出張だった。
ひさしぶりにシンカンセンに乗った。
途中でいつも楽しみにしている伊吹山は今年は全国的に雪が少ないのを表すように
山頂は白くなってなかった。
それでも山の威厳を保ってきれいだった。

名古屋支社は名古屋駅前にあるがリニアの建設で時々自身のように揺れる。
いつになれば開通するのか知れないが、オリンピックには間に合わないだろう。

楽しみの駅弁、行きはおにぎりにした。
アミノ酸無添加と書いていた。
あえて無添加を強調するのは添加するのが悪いのかなと思ってしまう。
味はノリが湿っているので、まずくはないがコンビニの方がいいかな。
しかしつつみが本物の竹の皮だったのでよかった。
いまどき珍しい。
仕事を終えての帰り、ホームでまた駅弁を買ったがこれも野菜が多くヘルシーな感じだったので選んだ。
結構おいしかった。





今日はいい天気2020年01月13日 22時05分19秒

今日はいい天気だった。
少し遠出をして高石まで走った。

高石では小林美術館という小さいがこぎれいな美術館に行った。
個人の趣味で集めた美術品を見てもらいためにと、建設したらしいが、なかなかいい作品が並んでいた。

写真撮影はできないので、館内の雰囲気はわからないが、特別展では藤田嗣二、横山大観などが並んでいた。

2階の常設展では、若いこれから有望な人たちの作品が並んでいた。

1階がカフェになっていて、コーヒーを飲んだ。
館長が、自ら接客し名刺を配っていた。
車で出るときも後ろで誘導してくれた。
できてまだ3年ということだが、これから所蔵品が増えるのを楽しみにしよう。しかしこういう趣味も大変だね。

福田美術館、そして今日の小林美術館と見て回っていたら、絵を描きたくなった。少し時間が取れる勤務になったので、また描きだそうかな。
へたでも書きたいものが描けたらいいな。

今日は曇りでめちゃくちゃ寒かった2020年01月12日 22時21分18秒

やっぱりイラン上空での旅客機墜落は誤射だった。
亡くなった人は気の毒で言葉も出ないが、これも一連のTさんとイランとのいざこざのせい。
緊張状態のままボタンを押してしまったのだろう。

そんな緊張状態の時、Aさんが中東へ行ったが何しに行くのだろうか?

もっと広く世界では、オーストラリアの火事もすごい。
すでに10億の野生動物が死んだというが、この回復には時間がかかるだろう。
Tさんはこういうことにはあまり関心がないみたいである。
地球温暖化と関係があるかどうかはもう少し時間がかかるだろうが、地球規模で天候が極端になっていることは確かである。
オーストラリア以外でも、温暖化の影響とみられる変化が続々と起きている。
一昨年夏のスウェーデンでは通常の平均気温より15℃以上も高い32.5℃を記録している。
アメリカのカリフォルニア州では毎年発生している山火事の規模と期間が拡大している。
日本でもここ数年、強い勢力の台風が、今までと違うルートで日本各地を襲っている。

今年の冬でいえば雪が少ない。
この年始に京都に行ったが、雪は全然だった。
昨年は雪がかなり降っていた。

いずれにしろ今地球全体が、カオスの時代で、それに天変地異が拍車をかけている気がする。
これでアフリカやアマゾン地域が干ばつになり動植物がいなくなるようなことがあれば、地球の終わりが早く来るような気がする。

今日はめちゃくちゃ寒かった。
行きたいところやしたいこともあったが、曇りで鬱陶しく寒いので、家から出ずフィルムをスキャンした。

大阪駅にて

写真は1989年3月。大阪駅かな?


紀の川市中津川熊野神社2020年01月11日 22時28分17秒

紀北地方は古くから京都の寺社の荘園だったので、歴史ある寺社が多い。
今日はそんな神社を探した。
熊野神社というのが市報に紹介されていた。
それを見に行くことにした。

熊野神社は細い道を登って山の中腹にあった。
たぶんこの道は葛城参詣を越え京都へつながっていたのだと思う。
軽4がやっと通れるくらいの道が上に伸びていた。
あまりに狭いので運転には気を使った。
普通車では苦しい道幅である。
道案内が十分ではなく到着できるかどうか若干の不安があったが、何とかたどり着いた。

紀の川市中津川熊野神社

熊野神社はきれいないい雰囲気の神社だった。
市の説明書によると、この神社は寛政9年(1797年)京都聖護院が造営したようである。
石灯籠が2対ほどあったがそのうちの低いほうの一対が正平二十四年(1369年)建立とある。
もう600年をこえてここに立っているわけである。

紀の川市中津川熊野神社

紀の川市中津川熊野神社

紀の川市中津川熊野神社

とにかく山深い人里離れたところにこんな立派な神社があるということが面白い。
修験と熊野とは切っても切れないつながりがあるのでこの神社も熊野になったのかもしれない。

葛城修験の行場として土地、中津川の人々の産土神社として守られているという。

紀の川市中津川熊野神社

正平二十四年(1369年)建立されたということが刻まれている。古い。

紀の川市中津川熊野神社

少し年代が新しい灯篭に鳥の巣があった。

紀の川市中津川熊野神社

太い杉の木があったが根っこに穴が開いていた。しかし元気な枝を伸ばしていた。

紀の川市中津川熊野神社

本殿が二棟。

紀の川市中津川熊野神社

1月10日はえべっさん2020年01月10日 22時55分25秒

今日は定期検診で病院に行った。
午後だったが人がたくさんいた。
いい天気だったのでCBちゃんで走った。

そういえば先日トヨタが会社内の空き地を、いろいろな実験のできる街にすると発表した。
なかなかいいことだと思う。
町の中に近未来の実験場を作ってほしいね。

再生可能エネルギーの活用そして自産自消の実験などをダイナミックにしてほしい。
町の中に病院や介護施設を作り、それがこれからの少子高齢社会の提案もできるようにしてほしい。
政府の出来が悪いので、逆に民間が頑張り政府が動かざるを得ないようになればいい。
当然自動運転や5Gを使ったICT実験もダイナミックに実験するだろうし、楽しみである。

外国のことを言えば、イランの旅客機墜落は少しびっくりした。
これから墜落原因をきちんと調べてほしい。
ともかくアメリカは武力報復をしないということで、株価も上がりホッと一安心。

今日1月10日はえべっさん。
各地で参拝者が減っているといわれるが近くの大宮神社は、大盛況であった。
夜店もたくさん出て行き来もままならないくらいの人出だった。
お参りしようにも人がめちゃくちゃ並んでいたので時間がなくなり、お詣りすることができなかった。

大宮神社えべっさん

巫女さんたちも大忙し。

大宮神社恵比寿まつり

小判と千両箱の大きなのがあった。そういえば昨年は金貨や小判そして金塊が話題になった。

大宮神社恵比寿まつり

夜店にはなくてはならない大判焼き。

大宮神社恵比寿まつり

夜店がたくさん立ち並んでいた。

大宮神社恵比寿まつり

昔ながらの飴。

大宮神社恵比寿まつり

こんなものを売る店もあったが、若者向けだね。
流行のタピオカを売る店もあるのじゃないかと思ったが、見つからなかった。

今日は少し穏やか2020年01月09日 22時05分09秒

今朝は昨日と打って変わって穏やかな朝であった。

今日も新年のあいさつでお客さんが来た。
その中での話。

「ゴーンさんすごいね。ゴルゴ13の漫画でもトランクに入って逃亡するのが時々出てきましたね」
「そうですね」
「私だったらトイレが近いのでダメですね。箱に入っていてトイレに行きたくなるとだめですね」
「ですよね。漏らしてしまうと、箱から水が出てきて、これはなんだといってすぐに見つかりますね」

と大笑いした。

今回の逃亡劇でまた日本は一つ後ろに下がった感じがする。
これからはもっと国際的に対等にやり取りできる力をつけなければと思う。そのためには幼いころからディベートの力をつけなければだめで、それも英語を使っての議論ができなくては駄目である。

私たちはもうだめだけど今の小学生にはそうした教育をきちんとつけて国際的に通用する人に育ててほしい。

写真は先日行った奈良の街角。
どんな止まり方をすればいいのかわからない。
なんか工夫が欲しかった。

大雨と風2020年01月08日 17時40分52秒

世界リゾート博は、人工島『和歌山マリーナシティ』で開催された。
当初から「リゾート(足しげく通う)」体験型の博覧会を目指した。

計画自体がバブル崩壊前のものであり、地元からは失敗するとの声も多かった。
マイナス要因ばかり出されて県内各地の説明会でも盛り上がらなかった。

しかし各施設も本物にこだわり、何もしなくても楽しい、という空間つくりをしたので、3ヶ月の短い開催期間にも関わらず、見込み予想150万人のほぼ倍に近い300万人もの入場者が訪れた。

同じ時期に開催した三重博などが振るわなかったが、リゾート博は大成功した。地方博としては最高の黒字額となった。
スタッフの一員だったのでうれしかった。

今IRの議論がされているが、基本的には「足しげく訪問してもらう」が目的である。
無理やりカジノをくっつけているところに反発が出て、たくさんのお金が、特に外国資本が動くので今回のように収賄事件が起こる。

私が心配しているのは統合型リゾートをきちんと作れるかどうかである。
ヨーロッパの古くからあるカジノのようにきちんとしたドレスコードがあり、格調高いゲームが展開できるかどうかにかかると思う。
本当に目の肥えた人々を納得させることができる施設が作れるかどうかにある。
また歴史好きなヨーロッパの人々を楽しませるルートを作れるかどうかにかかってくる。

アジア人は単にギャンブルだけを楽しむ人が多いので、思うようなIRになるか気にかかる。

写真は1994年のリゾート博スナップである。

世界リゾート博

サモアのショーはすごい人気だった。

世界リゾート博

温泉もあり風呂が楽しめた。

世界リゾート博

この水をきれいにするのに苦労した。

世界リゾート博

世界リゾート博

クラブメッドの帆船。きれいだった。

世界リゾート博

遊具も面白いのがあった。

世界リゾート博

本物のブタも飼っていた。

世界リゾート博

イルカのショーもあった。


花火もあった。花火の日は想像以上の人が来た。