富士山噴火はあるのか?2019年01月08日 12時56分59秒

昔子供の頃、冬の暖房は火鉢であった。
消し炭を絶やさずくべて暖をとった。
今思えば全然暖かくならないが、絶えず火があるということでいろんな遊びをした。
というより退屈だったのでいろいろ考えた。
火鉢の中の炭の火種をオキといったがその上に飴玉を載せ、灰をかぶせると飴玉が火で溶けて灰の中からマグマのように吹きだし、さながら火山噴火のようになった。
それを見るのは結構面白かった。
飴玉はマグマそのものでかぶせた灰の弱いところから湧き出してきた。

磯田さんの「天災から日本史を読みなおす」を見ると富士山の噴火のことが書かれている。
富士山噴火資料はたくさん残されているらしいが、噴煙は富士山の3倍の高さまで吹き上げたという。
火穴付近の村里には3mほど積もったという。噴煙は千葉県の銚子まで砂を飛ばし、この間は昼間でも提灯がいったという。

文中で、いま、
「富士山が噴火すれば我々は半月間、火山灰の闇を覚悟せねばならない。大量の空気が要るガスタービン式の火力発電所の電力をどのように安定供給するのかなど、金五郎の話は我々に重い課題を突き付けている」

と書いている。
また、富士山が噴火するときは5年くらい前から軽い地震が増え、2か月前から富士山中だけの火山性地震が毎日、続いたらしい。
それらが古文書に書かれているという。

いつ起こっても不思議ではない自然のパワーによる災害に対し、今からきちんと対策を練っておく必要があるのを感じる。

火鉢の飴玉マグマはかわいいものだが、実際に富士山などが噴火すればその影響は計り知れない。とはいいつつ、ハエトリグモのように手をすり合わせるだけの人たちが多いので、きちんと対策をしてくれているか、国民も問題意識を持ち自らがチェックしていかなければと思う。

今日はさらに寒かった2019年01月07日 21時28分19秒

今朝は昨日よりも冷えた。
峠を越えるとマイナスだった。

逆に昼は気温が上がってきた、といってもビルの中ばかりで、新年の挨拶に来ていただいた、お客様の受け売りであるが。

そういえば9歳の天才がまた現れた。
中邑菫さんだ。

かわいい顔をして、立派に井山5冠と引き分けたという。

これから才能をぐんぐん伸ばして頂点を狙ってほしいね。
彼女ならいけるだろう。
マスコミも節度を持って接してその成長を見守ってほしい。
妙に引きずり回して潰さないようにしてほしい。

それにしても利発そうでかわいいスターの誕生である。
楽しみ。

今日も寒かった2019年01月06日 21時50分32秒

今朝も何となく寒かった。
昨夜は寒くて何度も起きたので、寝覚めはすっきりしなかった。

一日パソコンの前でネガのスキャンをしていた。
時々席を離れて別のことをしながらなのではかどらなかったが、ネガシート5本位を処理した。36枚×5本で、180カットくらいをデジタル化したわけである。

夕方買い物に出かけ、ブックコーナーで以前からほしかった、磯田道史さんの「天災から日本史を読みなおす」という本を買った。
最近のように地震が多いと、サバイバルのために、過去の災害の記録を知っておくべきだと思う。
そうした意味からも磯田さんは、古文書を読み解く能力を駆使して、いい記録の本を出してくれた。
いわゆる地震や災害の「専門家」の言うことは、ほとんど当てにならないというのが最近の定説となっているが、磯田さんの調べ上げたものは、古文書の過去の災害の記録である。
それをわかりやすく解説してくれているので、この本の方がよほど説得力がある。

まだ第一章しか読んでいないが、そこには天正地震で長浜城にいた山内一豊のむすめおよねが乳母とともに崩れた梁の下敷きとなり幼い命を落としたことが書いてある。
天正地震は一瞬にして長浜城を潰してしまったのである。
琵琶湖周辺は地震などないように思うが、昔から幾度となく震災に遭っている。この震災がなかったなら秀吉は家康を攻め、家康の天下取りはできなかったとも書いている。

磯田さんの文章は闊達で古文書の読み解きとともに、引きずり込まれる。この本で私も過去の地震の知識とサバイバル方法をシミュレーションしなければと思う。

今夜の気温は1℃であった。
明日朝は通勤路がアイスバーンになるかわからない。
気をつけなくては。

写真は久しぶりにニコンをとりだし庭に出ると、水仙が咲いていたのでカシャ!
画像サイズが大きい分ボケも幾分大きい。

大阪、人、人、人2019年01月05日 21時01分47秒

チケットを頂いたナンバ花月のイベント「百花繚乱」を見に行った。
若手からベテランのイリュージョン、漫才、手品、ジャグリングなどイベントのコンセプトである諸芸いろんな芸を楽しんだ。
特にジャグリングが上手で面白かった。

トリの手品で、火のマジックがあったが、タネを入れている箱からいつまでも煙が出ていたのが気になった。
昨年も同じマジックをしたが煙は出てなかった。火が消えきってなかったのかもしれない。でもマジックは続けられていたので、どうしようもなかったのだろう。

終了してから地下鉄で梅田に出た。
地下鉄の駅までの商店街は人であふれていた。
そのほとんどが外国の人だった。
大阪はことあるごとに写真を撮ってきたが、当時の今から40年ほど前には考えられない風景が、今ある。


大きなバッグをゴロゴロ転がしている人も多い。
一時の爆買いは少なくなったが、それでもいっぱいのバッグを引っ張っている人がいる。大きな箱を抱えている人がいる。

最近は昔のようにいいシャッターチャンスを狙ってほっつき歩くことが少なくなった。
また狙ってこだわりのシーンを撮っておかなくてはいけない。
昔と違った国際色豊かな、面白いところが撮れるかもしれない。



大阪駅では、百舌鳥古墳群を世界遺産にというイベント。
ここは日本人が多かった。


意味不明な埴輪のかぶり物。もう少し工夫がほしかったね。



ルクアの有名本屋をぶらぶらしてコーヒーをと思ったが人だらけで、座る場所もなかった。和歌山に同じ会社のプロジュースによる本屋ができるというが、これほどの人を集めることができるだろうか、というよりそれだけの人が来てくれるだろうか、心配である。

この冬初めての氷点下2019年01月04日 23時01分58秒

今朝はこの冬一番の寒さだった。
温度計を見ると0℃だった。
車に乗り,いつもの道の峠を越えると氷点下になった。
道の周りの木々も白く霜が降りていた。
霜は時々降りていたが、通勤の時には氷点下にはならなかったが、今朝は氷点下であった。

写真は暮れの31日お参りした、明通寺である。


詳しい縁起は小さなパンフレットに書かれている。
こんな雪深いところに国宝があった。



三門は仁王様が守っていた。



鐘楼。これも立派なものである。


おみくじ結び。三重塔の形をしている。


入場料を払ったら、住職さんが案内してくれて、寺の由来や仏像の説明をしてくれた。
明快な説明で寺の由来もよくわかった。

説明を受けているとき何度か屋根の雪が大きな音を立てて落ちた。

仏像も素晴らしかったが写真に撮れなかった。
少し残念。

三重の塔の取り替えた相輪。


賓頭盧様。


国宝の三重の塔。
この頃からみぞれが雪に変わった。


古色蒼然、威厳がある。


本堂も国宝。




かやの巨木があった。
小浜市は鯖街道のルートで古来から重要な街道であった。
そんな重要な位置に立派な寺があっても不思議ではない。

久しぶりにいい寺を見ることができた。


今日は阪和線は普段通りの混みようだったが、地下鉄はガラガラで座れた。
休みのところや休んだ人が多いのだ。

休んでもよかったのだがちょっと急ぐ仕事があったので、出勤した。

とまあ初出勤とは言ってもいつも通り。
コキの仕事はいつもと変わりなく始まった。

釣り初め、走り初め2019年01月03日 21時08分07秒

今日は思ったより天気がよかったので昼過ぎてから川に出かけた。
本当は釣り初めにガシラかメバルがほしかったのだけど時間がないので、紀ノ川にした。
紀ノ川は綺麗にすんでいて、底まで見えていた。
鯉が時々前を泳ぎ去って行くが、バスらしい魚影は見えなかった。
釣れそうにないのでコーヒーを沸かしながらスケッチをした。
これも書き初めか?

木々の葉がないのでバードウォッチングにはいい季節なのだが、鳥も少なかった。
カワセミが目の前を横切ったが、とても写真には撮れない早さで通り過ぎていった。

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り


岸辺にカラスガイの大きな殻が、いくつか転がっていた。
中身はなかった。
以前紀ノ川下流でこの貝をつり上げたことがある。
釣り上げたと言うよりはワームがこの貝の上に落ち、ビックリして口を閉めたのでフックを挟んだまま上がってきた。

そのとき食べてみたが肉が硬く、味もゴムをかんでいる感じだった。
これはかなり大きい。
なぜいくつかこうして死んでしまったのだろう。気になる。

紀ノ川バス釣り

いつもの橋の上。今日は昨日充電したので一発でかかった。
走り初め。また一年付き合ってもらおう。

CB400SS

CB400SS

娘からのラインの画像。
うーん。漢字の勉強をしている気配はあるが、ちょっと違っている。

ハンガリー

桃太郎ラーメン。ハンガリーのラーメンはどんな味だろう。
日本人がやっているのならこんなネーミングはしないだろうね。
日本人観光客狙いの、中国の人かわからない。

ハンガリー

今日は少し風邪気味で、体が重かったが今日出かけなければずっと行けない感じがして出かけた。
薮漕ぎをしてもいつものスイスイとした調子は出てこなかった。

初夢2019年01月02日 21時01分31秒

夢を見た。

会社への通勤途上、雨が降ってきた。会社は剣山の頂上のようなところにあり道は険しく細い。とても始業時までには間に合わないので電話をしようと携帯を探すが、ない。あちこち探したが結局見つからないまま目が覚めた。

ここでトイレ。
映画のインターミッションの感じ。

再び夢を見た。
今度は体育館のようなところの椅子を並べていた。
レセプションが迫っているのにまた半分も並んでいない。
必死になって並べだしたところで目が覚めた。

初夢にしては少し苦しい展開の夢であった。
最初の夢は日本100名山を時折見るのでその記憶が出てきたのか。
会社ではよく椅子の並べ替えをしているので、その作業がよみがえったのか。

一富士二鷹三なすび、にはならなかった。

朝から少し暖かだったので雪道を走った車の洗車をした。
高圧洗浄機で洗剤のスプレーから始めた。
ワックスがけも何ヶ月ぶりかでやった。
ついでにフレアーの洗車ワックスもやってしまったが、フレアのワックスをかけ始めたとき、雨が降り出した。
龍門山あたりは日が照っていた。団地の周りだけが降っている感じだった。

くそ!

メーターの確認。
RAV4 104,353km、フレア 18,620km、CB400SS 26,445km。


RAV4は、1年で 11,999km。


CB400SSは、1年で 5,342km。


フレアは、 3,485km。
それぞれが結構走っている。

CB400SSは心配したとおりにバッテリが上がっていた。
洗車の間充電していたら元気になった。
交換して2年目だから、そろそろ換えなくてはいけないかな。
チェーンとスプロケットも換え時になってきた。
あっという間に70歳台に突入したが、いつまで安全に乗れるかなー、と車を洗いながら思った。

車を洗うといつも、学校を出て就職したデーラーで正月納車の新車を徹夜で何台も磨いたことを思い出す。
「いつになったら車が持てるのだろうか?」と仲間と話しながら、ドラム缶にスチーム洗車用のノズルを突っ込み温水にし、手を温めながら磨いた。
車に水をかけると、ルーフの水が凍って、拭き取るときにはセーム革を使ってもシャリシャリと音がした。

明けましておめでとうございます2019年01月01日 09時44分24秒

年が明けた。
1月1日が誕生日、また一つ年をとった。

今年の初日は琵琶湖だった。
雲が厚くて少しの間だったが、拝めた。湖岸にでようと思ったが、部屋の窓から。
何人かが湖岸からきれいな初日を拝んでいた。

一年の始まりとしてはいい日の出である。

初日の出

初日の出

比良山系の山の雪も少し溶けていた。
今朝は昨日と比べかなり暖かだった。


正月である。
朝食は特別料理であった。それぞれ量は少なかったが味はよかった。
おとそも用意されていたが運転をしなければいけないのでパス。


ホテルのロビーでは餅つきがあった。
臼でつく餅つきも久しぶりに見た。子供の頃はどこの家でも一家総出で、餅つきをした。餅をつく日はわくわくしたのを思い出した。


つき上がった餅を、きなこバージョンとあんこバージョンにしてもらい食べた。
つきたての餅はおいしい。


帰宅の道すがら、石清水八幡宮に初詣と思っていたが、参拝客が多く道路も閉鎖されていたので、諦めた。
京奈和道路にのろうと男山を巻くように走っていると道から神社が見えたので、底に初詣することにした。「内神社」という大きくはないが、いかにも地元の人が大事にしているかがわかる、いい神社であった。





石清水八幡宮の遥拝所を表す碑が立っていた。ここから拝めば石清水八幡宮に参ったことになる。今年はこれで良しとしよう。


枝が大胆に打ち払われた楠。境内のまわりに1m位に切った枝が積まれていた。

奈良市を抜け京奈和を走って帰ってきたが、イオンの前で初売りを目的に来たのか駐車場に入る車が国道まであふれ渋滞した。奈良から和歌山までの間で2店舗あるが、そのいずれもの国道で、スーパーに入るための車で流れが悪くなっていた。

今津からほとんど休みなしで運転してきたので、京奈和の西かつらぎPAでかなりの時間寝た。

誕生日はドライブの一日だった。

今日も雪2018年12月31日 19時12分19秒

今津の朝は雪もやんでいた。
朝日が湖面を照らしていた。波がないので陽の光が長く延び光ったいた。


水鳥が光の中を飛び去り飛び来た。



その鳥を撮りに来たのだろう。
カメラマンが一人湖面に向けてカメラを三脚にすえ構えていた。


朝食。シンプルやね。


ホテルの山側。


昼ご飯。道の駅も周りの食堂も皆閉まっていたので、ローソンでイートイン。
結構おいしかった。


メタセコイア並木。人がいっぱいだった。
観光バスもひっきりなしで、道の真ん中で写真を撮る人が多いので危なくてしょうがない。私も撮ったのだが・・。


日本とは思えない景色。



今日は大晦日。ホテルではこんなサービスがあった。右の瓶は和歌山のお酒。世界一統の「熊楠」60台最後に飲む酒に持ってきた。
今夜はこれを少し飲んだ。


それにしても日本の気候は山があるために、峠を越えると全く違ってくる。
晴れた今津をでて若狭に入ると、みぞれがたくさん降り出してきた。

熊川宿を過ぎ、小浜市にある明通寺に参詣したが、みぞれは雪に変わった。
この明通寺は本堂と三重塔が国宝だが、また別の日に書きたい。
小降りだが歴史を感じるいいお寺だった。

熊川宿で昼ご飯をと考えていたが、29日から1月3日まで休みであった。
小浜市のフィッシャーマンズワーフも休みだったので、また今津まで戻った。

紅白歌合戦をやっているが、知らない歌手ばかりで、グループが多い。


年越しそば。
そういえば最近年越しそばとして特別に食べたことはなかった。
今年は雪吊りのある庭を眺めながら食べた。

コキ!

湖北は雪だった2018年12月30日 21時05分10秒

久しぶりの湖北。

道の途中の白鬚神社。
境内は昨夜の雪が、溶け出したところに車でこねられてグチャグチャ。
靴がゴアテックスでなかったらビショビショになるところだった。

白鬚神社

有名な、湖中にある鳥居。

白鬚神社

本殿も雪をかぶっている。

白鬚神社

雪雲が流れ去り、伊吹山が顔を出した。


白鳥も泳いでいた。


伊吹山と松林。


カイツブリとサギ。
浮世絵のようなシーン。


光の関係か向こうの景色が蜃気楼のように浮き上がって見える。


この寒いのにボートを出している。
オーバー60cmを狙っているのか。

この近くの湖岸にも陸っぱりのバサーがかなりいてルアーを打っていた。
この時期ヒットさせるのは難しいだろう。
私も釣りたかった。


一面の雪景色。
小さい頃憧れた景色である。


道の駅安曇川で買って食べた昼ご飯。
おいしかった。


ホテルの窓からの琵琶湖。