だんだん春本番2020年03月23日 22時52分09秒

今朝は9度。
バイクで走ろうと思ったが用意をしていなかったので車にした。

コロナ禍はとどまるところを知らない。
特にイタリアが大変。
ドイツのメルケル首相も予防注射受けた医師が陽性だったということで自宅待機。
どうなっているのだろう。

台湾の社員が、日本へ帰りたいがいったん台湾を出て帰ると、2週間待機しなければいけなくて、それを破ると100万元から10万元の罰金という。日本円にして最高400万円くらいの罰金を払わなければいけない。それでは仕事にならないので帰れない。

その同僚が、ビルゲイツさんが2014年に、

「世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。 事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。アウトブレイクのシナリオに沿った計画立案からワクチンの開発、そして医療従事者達のトレーニング」などと演説し、

「今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だ」

と訴えた動画のURLを教えてくれた。
その動画の中でビルゲイツさんは続けて、

「パニックに陥る必要はありません―でも今、始めなければならないのです」

と言っている。
ところがどの国もアウトブレイクに対する対策を全くたてていなかった。
対策を立てていないところにコロナ禍である。
世界の人々を恐怖に陥れて経済もマヒしてしまっている。
ビルゲイツさんはコロナ禍を予言していた感じである。

特に被害が深刻なイタリアは財政難で医療体制を縮小していた。
その影響をまともに受けたのかもしれない。
目先の利益にとらわれて本当に必要でやらなければいけないことを忘れてしまう。
人類がこれからも生き延びていこうとするとき、無駄と思われていても、きちんと手を打っておく必要がある。
今回のコロナ禍とビルゲイツさんの言葉で思った。

写真は1974年3月。里山風景である。

めちゃ暖かい日曜日2020年03月22日 21時02分02秒

今日は雨が降ると思っていたが、たまには日も差す暖かい日だった。
桜が花開くのではないかと思いだすと、家でじっとしていられなくなり、ダムの堰堤の桜を見に行った。

春を訪ねて

桜はまだ少し早い感じで、山桜以外はまだつぼみであった。

春を訪ねて

春を訪ねて

明日咲き出しそうな感じである。

春を訪ねて

川岸に咲いていた花。

春を訪ねて

この桜はもう咲いているがまだ、ツボミばかりであった。

春を訪ねて

コゲラかな。忙しそうに木の皮をたたいていた。

春を訪ねて

ヤマガラかなたくさんいた。

春を訪ねて

春を訪ねて

ダムではバサーが結構たくさん釣っていた。

春を訪ねて

ドローンを飛ばしていた人がいた。

「楽しそうですね」
「はい」
「ダム湖のはまったら大変ですね」
「そうですね。この辺りは電波がなぜか飛びにくいです」

といいながらドローンを片付けていた。
結構コンパクトにたためていた。

最近のテレビもこのドローンで撮ったものが多くなった。今までのようにヘリや飛行機を出さなくてもよくなったのでコストも大幅に下がっただろう。

「最近のテレビもこれで撮ったのが多くなりましたね」
「そうですね。私もこれを使った仕事をしています。でも最近は飛行許可をとるのが大変です。特に都市部で飛ばすのに苦労します。飛行場ではドローンのために飛行機が飛べないというのがよくありますからね」

なるほど。
でも面白いだろうなー。
やってみたいね。

花園村から高野山2020年03月21日 23時42分55秒

朝からいい天気。
少し知っておきたいことがあったので、花園村に向かった。
何年振りかである。
花園村には恐竜ランドがある。
できて30年たつらしいができたての頃行ってから以来行っていない。
ランドの前に行くと、以前と変わらない大きな恐竜模型が出迎えてくれる。

花園村恐竜ランド

花園村恐竜ランド

結構たくさんの人が来ていた。
コロナウィルスが猛威を振るっているとき、人里離れたこういう施設はいいと思う。

花園村恐竜ランド

花園村恐竜ランド

花園村恐竜ランド

花園村恐竜ランド

蝶がたくさん飛び交っていた。春が盛りを迎えようとしていた。
桜のつぼみもはちきれそうであった。明日ぐらいに咲き出すかもしてない。

売店を少し見て洞窟の中には入らず、近くのキャンプ場を見に行った。
管理棟の前で、何やら什器を掃除しているご夫婦らしき方がいたので話をした。
キャンプ場の管理を任されているという。

このキャンプ場ロケーション的には非常にいい。
滞在を長くして高野のふもとの自然を楽しむのにいいと思う。
花園村は長期滞在型にして、ゆっくりゆったり自然を楽しむには最適である。

恐竜ランドを出た後、高野山に向かった。
途中、花園北寺や阿弥陀堂をなどを見ながら走った。


花園北寺。寺の境内には昭和29年の大水害の際に亡くなった人をお祀りする碑があった。


阿弥陀堂。小さいが歴史を感じる。



阿弥陀堂から高野山に抜ける道は細い山道で、杉の葉がずっと絨毯のように降り積もっていた。
キジのメスとニアミスをした。
くねくねと曲がった道を高野山の大門まで走り、高野山からは極楽橋に降りる道を下ったが、これも細くくねくねと曲がった道が続いた。



極楽橋手前のトンネル口で電車の走ってくるのを待った写真を撮った。


極楽橋駅近くでニホンカモシカの子供がうろうろしていたので写真を撮ろうとしたがワイドレンズだったので小さくしか写せなかった。
内臓ストロボの光も届かなかった。少し残念。

家までの帰りは、広域農道を走った。
イタチが道を横切った。

とにかく今日はよく走った。
紀州の山は奥が深い。

今日は暖かだった2020年03月20日 21時42分19秒

シンビジウム
新型コロナウイルス感染症は、国内感染者が都市部を中心に増えているとして全国に拡大すれば、どこかの地域を発端として爆発的な感染拡大を伴う大規模流行につながりかねないとの提言があった。
その感染拡大を「オーバーシュート」という言葉が使われている。

証券用語だと思っていたら、コロナの感染拡大の言葉だった。
濃厚接触とういう摩訶不思議な表現があったり、オーバーシュートなどというわけのわからない英語を使ったり、日本語は忙しい。

メガクラスタ、これも一般人にはよくわからない。
巨大集団感染ということらしいが、巨大集団感染というだけでいいのじゃないだろうか。

今日は肘が痛くてご飯を食べるとき腕が口まで上げられなかった。
真上には伸ばせるので肘の関節が具合悪くなったのかなと思う。
バイクに乗るのは問題なかったが、ヘルメットのあごひもがしにくかった。
ローカか?いやだね。

写真はシンビジウムのつぼみ。数は少なくないが今年も咲いてくれそうである。

ずいぶん暖かくなってきた2020年03月19日 23時10分03秒

今朝温度計を見ると8度あった。
よっぽどバイクにしようかと思ったが、車にした。

電車は座ることができた。
ズレ勤が定着してきたのかと思う。
行きも帰りも座れた。

混んでる電車は混んでるのだが、時間的にあまり人が載っていない列車がある。

そういえば森友の改ざんを遺族が提訴した。
国民のほとんどは改ざんしたのを知っているが、忖度が忖度を呼び、うやむやにされようとしたが、提訴という形で説明を求めたわけである。
応援したいね。

コロナ禍で神戸から大阪への移動も制限がかかりだした。
どこへも行きにくくなってきた。
EUも国の間の行き来ができなくなった。
厳しい状況になってきた。

目に見えないウィルスは、われわれの予想を超えた広がりで、全世界を震撼させている。
仮にこれが収まってもまた次の新しいウィルスが襲ってきそうな気がする。

写真は1980年3月の勝浦である。
こんな平和な旅行ができるようになるのはいつ頃だろうか。

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

勝浦観光船着き場

今日はバイク日和2020年03月18日 21時51分38秒

朝から病院で定期検診。
コロナのせいですべての人がマスクをしていた。
その中で黒のマスクをしているのは私だけだった。
黒は少ないのかなー
検診はいつも遅くなるが、今日は遅いながらもいつもよりは早く終わった。
会計はいつものように時間がかかった。
検査結果はまずは問題なし。

出かけるとき温度計を見ると、12度あった。
これはバイク日和。
今日はCBちゃんで走った。
先日オイルを変えたが、心なしか加速がスムーズになったような気がする。
100kmくらいすぐ出た。
帰りの道すがらあちこちに咲いていた花を撮りながら走った。
鳥を撮りたかったがなかなかいいところにとまってくれなかった。
レンズも120㎜相当なので少し力不足。
仕方ない。

鳥の動きを少し長く観察したので次の撮り方の参考にした。
やっぱり鳥を撮るのは長いレンズが必要である。

紀ノ川の土手にはセイヨウカラシナがきれいに咲いていた。
それをバックにカシャ!







今朝は0度だった2020年03月17日 23時10分11秒

今朝は思ったより寒かった。
玄関の温度計は0度だった。
同じ温度でも真冬と今とではなんとなく違い、めちゃくちゃ寒いという感じではなかった。やはり太陽が顔を出した時のパワーが違うのかなと思ったりする。
それでも峠では路面がシャーベット状に凍っていた。

今日のyahooニュースでイタリアのベニスの運河の水が、透明になり魚の泳いでいるのが見えているというのがあった。
イタリアはコロナ禍で日本よりも大変なことになっているが、観光客が減れば別の顔になるというのが分かった。
きれいになったわけではなく船の行き来が減り、水底の泥が巻き上がらなくなっただけとは言うが、底の見える海というのはなんとなく清涼感と安心感がある。

コロナウィルスにはサッカー協会の偉い人もかかってしまったが、熱を出したお相撲取りは陰性だったとか、不幸中の幸い。
スポーツが軒並みアウトの時、せめて野球と相撲ぐらいは観客がいなくても見せてほしいね。

いずれにしろ今度のコロナ禍は経済はどうあるべきか、結局は自国で完結する方法を考えなさい、という啓示かわからない。

写真は1976年3月の街角。

1976年3月街角

1976年3月街角

1976年3月街角

1976年3月街角

1976年3月街角

雪が降った。2020年03月16日 13時01分56秒

今日は意外に冷たかった。
車の外気温を見ても3℃しかなかった。
いつものように竜門山を眺めると白かった。
雪もかなり降ったのがわかる。
橋の上からカシャ!

この時期に雪なんて。
ま、もっと遅い時期に降り積もった時もあったので、自然の営みとしては想定内かな。

コロナの大騒ぎ。
世界の国々の医療への取り組みがわかり別の面で興味がある。

Tさんがアメリカの医療制度は世界一だとっていたが医療保険もきちんとしない国が世界一であるはずがない。
その点日本は世界に誇れる医療体制である。
医療の方法の遅れはまた別問題で、国民皆保険などの体制は抜きんでていると思う。

だからせっかく世界で一番の医療制度をもつ日本は感染者の数もキチンと報告してくれていたらもっと早くに現在の状況が予測でき世界各国にやり方を報告できたのにと思う。

手当てが遅れたのと情報を隠蔽したせいで、せっかくのチャンスをふいにした。
Aさんのやり方はまずい。

それにしても今回のウィルス騒ぎ、野生動物にも影響が出て、日本では奈良公園の鹿が餌をくれる観光客が減ったので鹿せんべいがもらえず、芝生もまだ枯れているため餌にはならず、腹を空かせて住宅街や道路にあふれている。
タイでも猿が観光客からの餌がもらえず、街に出てきて餌をあさっているとか。
いずれにしろ自然界でも大変なことになっている。

啓蟄だから2020年03月15日 22時03分44秒

啓蟄だからと、ニコンを2台提げて裏山に登った。
あわよくば春の鳥たちも撮りたかった。
昆虫はまだ少なかった。
というよりほとんどいなかった。
野鳥は結構いたが木の枝に阻まれ、あまり撮ることはできなかった。
専念の台風で木がかなり倒れていたが、以前歩いたときと比べかなり整備されていて、歩きやすかった。


登り口の畑の菜の花をカシャ!
もう少し暖かくなると昆虫はこの花によってくる。
まだいなかった。


ヤママユ?
羽化をじっと待っている感じ。


火の用心が幹に食い込んでいる。この看板は落ちないだろう。象の鼻に似ているね。


初めて見るキノコ。



ホウジロかな?。この鳥だけがなんとか撮ることができた。


道沿いのおうちの椿がきれいに咲いていた。
スイセンも今が盛りである。


雨の土曜日2020年03月14日 22時26分14秒

せっかくの土曜日は朝から雨。
昨日に引き続きホームページのメンテ。
間違わないようにたたくと結構時間がかかる。
それでも間違いがある。
表に細かい数字を入れているので気を遣う。

それにこの頃キーを間違って押してしまうことが多くなった。
気をつけなくてはいけないね。

庭の小手毬の枝を見ると、かわいい芽が出て花となる膨らみが出ていた。

春は近い。

フェイスブックのカキコでは紀南のほうは早い桜がきれいに咲いている写真を入れた書き込みが多くなった。
こちらはまだ桜は咲いているところがない。

もうすぐ一気に咲き出すだろう。

夕方Aさんが記者会見をしていたが、少し見ただけでチャンネルを変えてしまった。表情をみているとさすがに疲れたような感じであった。

写真は芽が出だした小手毬。