我が家の菜園そして土佐町2017年05月21日 21時21分11秒

朝から庭に水をまき、ちょっとした野菜の育成を見ましたが、どうも思うように伸びてくれません。
とはいいつつも先日はトマトの花が咲き、遅くても少しずつ伸びています。

うまく収穫できたらいいのにと思います。
この写真は少し古いSONYのサイバーショットHX-100Vで撮りました。
長いこと使っていないので電池が心配ですが結構写っています。

山に行くときはこれで十分かな?
荷物も軽くてすみます。




昼から高取城の麓にある土佐町を歩きに行きました。
初めて行きましたがいいところです。

高取町土佐街道

壺阪山駅前の喫茶店?
いろんなものがあります。

高取町土佐街道

とにかくツバメの多いところでした。

ほとんどの家の軒先に2,3個の巣がありました。

多いところは5つくらい巣がありました。

じっくり待って餌をあげるところも撮りたかったですが時間がなかったのと、よその家の庭先なので待てませんからね。
また巣の近くでいると親鳥が遠くからこちらを観察しあまり飛んできませんでした。

高取町土佐街道

高取町土佐街道

町並み保存のために、至る所にこんな案内板がありました。
どこかの町にこれを掲げてほしかったですね。

紀ノ川筋の各町々もこの考え方で町並みを残していれば、いい観光地になったのにと残念です。

高取町土佐街道

奈良に土佐町とはおかしいなと思っていたら、看板に書いているとおりに、大和朝廷に仕えて帰りの路銀をくれなかったのでやむなくここに定住したということです。
いつの時代もお上のすることは民衆のことなど意に介しないですね。

高取町土佐街道

明治8年に建てられた道標。
こんなのいいですね。

高取町土佐街道

今日は30度を超えているところがありました。
それでも何組かこの町並みを歩いていました。

てくてく記録は、ぼちぼち書いていくことにします。

南海高野線九度山駅2017年05月11日 12時06分21秒

先日乗った南海高野線。
外国人観光客の増加で収益も上がっていると思いますが、大河番組ブームに乗って真田幸村一色です。

六文銭があちこちです。

駅という感じではなく、どこかの居酒屋の入り口のような感じです。
これはこれでブームを表現するのにはいいかもしれませんが、外国の方には通じているのでしょうか。

改めて戦国武将の旗印を見るとセンスがいいですね。
これなら戦場で敵味方入り混じってもすぐわかります。

ホームも六文銭だらけです。ベンチも赤。

この六文銭というのはよく知られているように、三途の川を渡るときの「賄賂」なのですね。当時の足軽兵士は死ぬ覚悟で着物に縫い付けていたらしいです。 

南海高野線九度山駅

南海高野線九度山駅

下は2001年当時の九度山駅。
この当時から今の飾りつけをしていたら立派ですけどね。
やっぱり引き金がいるのでしょうかね。

南海高野線九度山駅

今日お客さんからAR(Augmented Realty=拡張現実)のプレゼンを受けましたが、我々はとてつもない時代に突入しつつあるのを感じます。

スマホでカタログなどのある部分をかざすだけで3Dの動画や合成画像が現れ、それが回転したり声が出たりで、すごいことができます。

その昔、まだBASIC言語でプログラムを組んでいた時、文字を画面のある位置に表示しようとするだけでかなり労力を費やしましたが、今は指先で動かすだけでいいのですからね。

打ち合わせの中で、私は、

「犯罪者をチェックするときにこのシステムはいいですね」

といいました。
それはともかく、行方不明の方を探すのにいい手助けになるでしょうね。
捜索願のポスターにスマホをかざすと情報が現れ、もし情報があればすぐツイッターなどで連絡できます。

ま、日本は中途半端な個人情報保護がうるさいですからうまく活用できないでしょうけど。

とにかく時代は進みつつあります。
遅れていても生活には困りませんが・・・・

琵琶湖周辺の鳥や虫2017年05月05日 22時08分19秒

琵琶湖周辺はいろんな動植物が多いところです。
とりわけ水鳥はいろんな種類があり目を楽しませてくれます。

湖岸をバズーカ砲のようなレンズをつけ三脚を傾げて歩いている人が、結構たくさんいます。

私ももう少し長いレンズがほしいなと思っているところです。


写真は琵琶湖周辺で行きずりに、ひょいと出会った鳥や虫君たちです。

普通はこういうシチュエーションの時は人のそばにいないのですが、トラクターで地面が掘り起こされ、労せずして餌にありつけるので待っています。
餌があるとトラクターのすぐそばまで行って捕っていました。


キジのつがいも悠然と餌を探していました。


逆光に光るタンポポ。
写真を撮るときは気がつかなかったのですが画面に蝶が写っていました。
気がついていたのならもっと別の撮り方があったのにと思いました。

なぜ気づかなかったかと言えば、液晶画面で画面確認をしたのですが折からの夕日と老眼の目では画面がほとんど見えず、山勘で写したためです。


エナガかな?
この小さな鳥は木の中で飛び回っているときは撮りにくいです。


喫茶店の看板に止まった蝶。


近江八幡の八幡堀近く店の前で、店の人に食事をねだっているカラス。
いつも餌をもらうので、人になれているのか、かなり近寄っても逃げませんでした。

店の中から何か餌が飛んできて、カラスはそれをついばんでいました。

今日のお仕事

本日の仕事は、以前から気になっていた玄関先から庭に降りるところの段差をなくす工事をしました。

連休前に買っていた板などで作りましたが、久しぶりの大工仕事でした。

小工仕事かな?

今日のお仕事

上のとこの写真がビフォー。

今日のお仕事

そしてアフター。
設計図もないまま作りましたがなんとかできました。

琵琶湖いろいろ2017年05月04日 23時34分03秒

今日もいい天気でした。
家で大工仕事をしました。

草津ではカヌーをRAV4に積ぱなしでした。
ファルトボートは組んだり解体したりが結構やっかいですぐ下ろせるように組んだまま積んでおきました。

まだ今日もこのまま積んでいます。


昨日は息子たちと待ち合わせの場所へいく途中に、御上神社に立ち寄りました。
ここは国宝だらけで結構見応えのある神社でした。
近江富士といわれる三上山の麓にあります。

詳細はまた書きたいと思います。


そして湖東三山の一つ、西明寺。
ここも国宝だらけで、見応えがありました。
特に3重の塔は秀逸で見飽きませんでした。

これも詳細は別途書きたいと思います。

西明寺

西明寺

西明寺

待ち合わせの場所には子供交通公園があり、EVや電車、そして遊具などがあり賑わっていました。

面白かったのは進行方向の景色がテレビ画面に映り、それを見ながら運転できるというものでした。

子供交通公園

普通のラジコンと違って車の行く方向が、運転者目線で見えるようになっています。

子供交通公園

黄色い服の人がサポーターです。

「うるさかった」

といっていましたが・・。

子供交通公園

左のディスプレイが真上からの画像で、自分がどこにいるかを確認できます。
右が運転席からの画像でこれを見ながら運転します。

シミュレーターはプログラムされた映像をコントロールしますが、これは実際に車を走らせての運転ですのである意味これの方が実際的かわかりません。

高齢者のレベルを見るのにこんなのがいいですね。
もう導入しているところもあるかわかりませんが。


携帯のナビは混雑を避けてくれたのか、東近江市から草津伊賀線を名阪柘植にガイドし、名阪国道を走らせ針インターから165号線、24号線へとナビしてくれました。

思ったより早く着き、高速の渋滞にも巻き込まれず高速代もいりませんでした。

今日はどこへも行かず、以前から気になっていた家の玄関周りを少しいじりました。
ほぼ予定通りの仕上がりでした。
明日はその仕上げと水道を少しいじる予定です。

滋賀 琵琶湖 いろいろ2017年05月01日 20時47分09秒

花の季節ですね。
ホテルの駐車場のハナミズキ。


最初はカヌーをしようと思ったのですが、雨が降ってきたのでパスし、琵琶湖博物館に向かったのですが月曜日で休み。
仕方なく観光パンフレットに載っていた三大神社へ藤の花を見に行きました。

駐車場のおじさんが、

「今年は桜も遅かったので、藤も遅れています。いつもならもっと伸びているんでけれどね」

ということでした。



本殿はそれほど大きくないですがきれいで重厚な作りでした。


そして藤。
きれいの一言。



おやつに藤の絵のあるまんじゅう。
ほどよい甘さの餡が絶品のまんじゅうでした。


晴れてきたので、近江八幡に行きいつものところから船をおろしましたがまた雨が降ってき風が強くなってきたので一回りしたあと早々に片付けました。



カシオを取り付けたのですが・・・


時間があったので八幡堀から八幡山に向かいました。
頂上か船を下ろしたところがよく見えました。
向こうは西の湖です。


八幡山のロープウェイ待合所に張ってあった琵琶湖の古地図です。
島も入り江もたくさんあり今よりいい湖だったのがよくわかります。

このときのままだったら最近のニュースで言ってたように鮎の漁獲量が例年の一割しか捕れないと言うことはないでしょう。

残念です。

草津2017年04月30日 22時00分12秒

草津駅前の飲食店街。
コンセプトが昭和30年代。
なんとなく軽い感じですが、それなりにうまくエイジングしていました。

和歌山の飲食店街も、いっそ江戸時代の雰囲気でおもてなしをしたらはやると思うのですけどね。

絣の着物の女性にお酌されたらうれしいでしょうね。


歩道にあった石像。


中山道を示す看板と像。
ゴミ箱の前をいうのがいただけないですね。
このあたり行政のこだわりが必要ですね。

この町だけではなく我が和歌山にもこうしたアンマッチなものがたくさんあります。


いい天気だったですが・・・2017年03月25日 22時30分08秒

今日はいい天気で、バイクで少し長く走りたかったのですがやめていろいろ家の片付けなどをしました。

そういえば、最近は、ホームページを一から作ってアップする人が少なくなりました。
以前はページを作ったらカウンターをつけキリ番をとったらプレゼントをやりとりしていたのですが、最近はそんなのないですね。

ブログでページを立ち上げている人が多くなってきました。

しかしページを書いて作り込むのは別の面白さがあります。
写真の配置や文章を考えながらたたいていると時間を忘れます。

1998年からページを立ち上げ、当時はタグを一つずつ打ち込んでいたので時間がかかりました。

画像や割り付けが思い通りにならなくて苦労しました。

最近はいい作成ソフトがあるのでかなり早くなりました。
ただ大概の専用ソフトは、バグがありうまく表示されないときがあります。
そのような時のリカバリーは、HP開設当時にタグうちに苦労したことが役に立って、すぐにどこが悪いか見つけることができ、エラーを直すことができます。

今、ページ全体を見直し、作り替えているところです。
やっぱり開設当時のページはうまくできていないので、今のブログの画面になれているとぱっと見違和感があります。

ページのトーンを合わせながら、極力写真のサイズも合わせて作り込んでいます。
ページ数が多いのでかなり時間がかかりますが、写真を追加したり文章を校正したりで結構楽しい作業です。

テレビを見ても実りの少ないやりとりを延々とやっていますね。
早く決着をつけてもっと大事な法案の審議をしてほしいです。

海の向こうではオバマケアが残りましたね。
これはよかったですね。
大統領がいくら言っても、だめなものは通さないという、行政機関の筋の通ったやり方がいいですね。

それに比べて我が国のこのていたらくは・・・
一体どうなってるのだと言いたいですね。

写真はニューヨークの街角です。
今日は久しぶりにフィルムのスキャンをまとめてやりました。
今日はアメリカ旅行の時のポジフィルムを重点的にやりました。

また行きたくなってきました。

ニューヨーク

ワールドトレードセンターからかな?

ニューヨーク

メトロポリタン美術館

ニューヨーク

ハイドパーク

ニューヨーク

どこかのストリート。

ニューヨーク

フルトンマーケット近く。

ニューヨーク

なんとなく大人の雰囲気の街角ですね。
安っぽいのぼり旗などありません。

八角形の鐘があった・・天開山泰運寺2017年01月03日 21時13分08秒

志摩の非日常生活を楽しんで、ふるさと串本へ新しくできた自動車道路を南下しました。これまでは海沿いを走り景色もよかったのですが、新しい道はコンクリばかりで景色は期待できません。

しかし時間がめちゃくちゃ短縮されました。
この辺りがジレンマを感じるところですね。
景色がほしいけれど今や景色のいいところを走っていては時間がかかり、結局は山中をトンネルで貫きながら道が走るようになりました。

沿道の人と人のふれあいも希薄になります。
時代といえばそうでしょうが、何か割り切れなさもあります。


1日166号を走り志摩まで行きましたがその途中の松阪市飯高町波瀬にある天開山泰運寺に立ち寄りました。
道を走っていると看板を見つけたので寄り道をしました。

子授けの寺として有名らしいですね。
お寺までの道筋に、33体のかわいい観音像がありました。

これが33番目の観音様で、鐘楼の横にありました。

天開山泰運寺

境内には県指定重要文化財でもある法華経69,384文字が刻まれた八角梵鐘がありました。

八角形の鐘を見るのは初めてでした。
面白いですね。
どんな音がするのか突いてみたい気もありましたが、やめました。



八角形の鐘

八角形の鐘

天開山泰運寺

確かに八角形です。

天開山泰運寺

小さい文字が刻まれています。
法華経らしいです。ということは天台宗のお寺でしょうか。

天開山泰運寺

天開山泰運寺

天開山泰運寺

天開山泰運寺


天開山泰運寺

普通お寺の池は水が濁っていてそこが見えないところが多いのですが、この池は水が絶えず流れているため、楓の落ち葉がよく見えました。
大きな鯉がたくさん泳いでいました。

天開山泰運寺

花の寺としてもよく知られたいるらしいのですがシャクナゲのつぼみが春を待っていました。境内一面桜の木が植えられており、花が咲いたときにはさぞかしきれいだろうと思われます。

天開山泰運寺


今日は、海南湯浅道路が渋滞10kmと表示がでていたので、田辺で降りて国道を南部まで走り、424号線を経て、貴志川に帰りました。
30分ほど多くかかりましたが、高速の渋滞ののろのろより気楽に走れました。
古座海岸では掘っ立て小屋が燃えたのか、パトカーやら消防車がたくさん来ていました。
暖かかったのでバイクもたくさん走っていましたが、海南にはいってすぐの2mほどの高さのある土手から川に飛び込んだバイクがあり、パトカーが来ていました。
4台ほどでツーリングしていて、運転を誤ったのでしょうか。
人ごとではなく、私も気をつけなくてはね。

パルケエスパーニャ2017年01月02日 23時15分08秒

朝からいい天気でした。
正月はなぜかいい天気の時が多いです。

今年は志摩のスペイン村でした。
パルケエスパーニャも初めてでした。

結構しっかり作っていました。
コンセプトがはっきりしているので結構続いているのでしょうね。

ちょこっと目についたところをカシャ!

パルケエスパーニャ

絶叫マシン。
私はとても乗る気にもなりませんが、人気でした。

パルケエスパーニャ

足が空を向いていますものね。
年齢的に私はもう乗れません。
若くても乗る気はないですが・・・

パルケエスパーニャ

乗れるとしたらこれくらいでしょうか。

パルケエスパーニャ

これも少し絶叫タイプで人気がありました。

パルケエスパーニャ

これは馬が絶叫している感じでしたのでカシャ!

パルケエスパーニャ

これらテーマパークの感想など詳細はまたいずれ。

懐かしの姫駅 1975年2016年11月02日 12時27分26秒

昨夜スキャンしたフィルムの中にありました。
懐かしの姫駅です。

下の写真はこれまでも何回かブログにアップしましたが、それは紙焼きをスキャンしたものでしたが、これはフィルムから起こしたものです。

画像はやはりすっきりシャープに出ています。

懐かしの姫駅

今でも残念に思うのは、SLの時代にこの角度で撮っておきたかったということです。
架線がないのはほんと、すっきりしてます。

春先には田んぼに蓮華が咲きますが、鉄道写真家の中井さんの絶好の被写体になるかと思います。

懐かしの姫駅

木造駅舎。
味があります。今はコンクリで何の変哲もない駅舎に変わっています。

懐かしの姫駅

列車を待つ人。

懐かしの姫駅

懐かしの姫駅

降りた人。

このころは乗客もたくさんいました。
いつだったか忘れましたが、そう遠くない年に、台風か何かで電車が止まったとき、ニュースが、

「乗客2名が足止めをされました」

とか何とかいっていましたが、そのときの乗客は高校生がたった二人だけだったのですね。

懐かしの姫駅

木造の駅舎だと待つ間も何となくゆったりとしていそうな、そんな感じがあります。
これから旅行に行った折りなどは、木造駅舎必撮です。

懐かしの姫駅

この駅から少し西に行ったところに熊野古道の大辺路が延びています。
古道は東に延びて、古座川方面に向かいます。