八角形の鐘があった・・天開山泰運寺2017年01月03日 21時13分08秒

志摩の非日常生活を楽しんで、ふるさと串本へ新しくできた自動車道路を南下しました。これまでは海沿いを走り景色もよかったのですが、新しい道はコンクリばかりで景色は期待できません。

しかし時間がめちゃくちゃ短縮されました。
この辺りがジレンマを感じるところですね。
景色がほしいけれど今や景色のいいところを走っていては時間がかかり、結局は山中をトンネルで貫きながら道が走るようになりました。

沿道の人と人のふれあいも希薄になります。
時代といえばそうでしょうが、何か割り切れなさもあります。


1日166号を走り志摩まで行きましたがその途中の松阪市飯高町波瀬にある天開山泰運寺に立ち寄りました。
道を走っていると看板を見つけたので寄り道をしました。

子授けの寺として有名らしいですね。
お寺までの道筋に、33体のかわいい観音像がありました。

これが33番目の観音様で、鐘楼の横にありました。

天開山泰運寺

境内には県指定重要文化財でもある法華経69,384文字が刻まれた八角梵鐘がありました。

八角形の鐘を見るのは初めてでした。
面白いですね。
どんな音がするのか突いてみたい気もありましたが、やめました。



八角形の鐘

八角形の鐘

天開山泰運寺

確かに八角形です。

天開山泰運寺

小さい文字が刻まれています。
法華経らしいです。ということは天台宗のお寺でしょうか。

天開山泰運寺

天開山泰運寺

天開山泰運寺

天開山泰運寺


天開山泰運寺

普通お寺の池は水が濁っていてそこが見えないところが多いのですが、この池は水が絶えず流れているため、楓の落ち葉がよく見えました。
大きな鯉がたくさん泳いでいました。

天開山泰運寺

花の寺としてもよく知られたいるらしいのですがシャクナゲのつぼみが春を待っていました。境内一面桜の木が植えられており、花が咲いたときにはさぞかしきれいだろうと思われます。

天開山泰運寺


今日は、海南湯浅道路が渋滞10kmと表示がでていたので、田辺で降りて国道を南部まで走り、424号線を経て、貴志川に帰りました。
30分ほど多くかかりましたが、高速の渋滞ののろのろより気楽に走れました。
古座海岸では掘っ立て小屋が燃えたのか、パトカーやら消防車がたくさん来ていました。
暖かかったのでバイクもたくさん走っていましたが、海南にはいってすぐの2mほどの高さのある土手から川に飛び込んだバイクがあり、パトカーが来ていました。
4台ほどでツーリングしていて、運転を誤ったのでしょうか。
人ごとではなく、私も気をつけなくてはね。

パルケエスパーニャ2017年01月02日 23時15分08秒

朝からいい天気でした。
正月はなぜかいい天気の時が多いです。

今年は志摩のスペイン村でした。
パルケエスパーニャも初めてでした。

結構しっかり作っていました。
コンセプトがはっきりしているので結構続いているのでしょうね。

ちょこっと目についたところをカシャ!

パルケエスパーニャ

絶叫マシン。
私はとても乗る気にもなりませんが、人気でした。

パルケエスパーニャ

足が空を向いていますものね。
年齢的に私はもう乗れません。
若くても乗る気はないですが・・・

パルケエスパーニャ

乗れるとしたらこれくらいでしょうか。

パルケエスパーニャ

これも少し絶叫タイプで人気がありました。

パルケエスパーニャ

これは馬が絶叫している感じでしたのでカシャ!

パルケエスパーニャ

これらテーマパークの感想など詳細はまたいずれ。

懐かしの姫駅 1975年2016年11月02日 12時27分26秒

昨夜スキャンしたフィルムの中にありました。
懐かしの姫駅です。

下の写真はこれまでも何回かブログにアップしましたが、それは紙焼きをスキャンしたものでしたが、これはフィルムから起こしたものです。

画像はやはりすっきりシャープに出ています。

懐かしの姫駅

今でも残念に思うのは、SLの時代にこの角度で撮っておきたかったということです。
架線がないのはほんと、すっきりしてます。

春先には田んぼに蓮華が咲きますが、鉄道写真家の中井さんの絶好の被写体になるかと思います。

懐かしの姫駅

木造駅舎。
味があります。今はコンクリで何の変哲もない駅舎に変わっています。

懐かしの姫駅

列車を待つ人。

懐かしの姫駅

懐かしの姫駅

降りた人。

このころは乗客もたくさんいました。
いつだったか忘れましたが、そう遠くない年に、台風か何かで電車が止まったとき、ニュースが、

「乗客2名が足止めをされました」

とか何とかいっていましたが、そのときの乗客は高校生がたった二人だけだったのですね。

懐かしの姫駅

木造の駅舎だと待つ間も何となくゆったりとしていそうな、そんな感じがあります。
これから旅行に行った折りなどは、木造駅舎必撮です。

懐かしの姫駅

この駅から少し西に行ったところに熊野古道の大辺路が延びています。
古道は東に延びて、古座川方面に向かいます。

近江八幡市 日牟禮八幡神社、八幡堀2016年11月01日 12時38分28秒

10月29日、正暦2年(991年)近江商人の信仰を集めてきたという日牟禮八幡宮に行ってきました。

以前八幡祭り祭礼の時に来たことがあるのですが、大きな太鼓をたたく山車について廻ったので、神社を見ることができませんでした。

今回少しじっくりと参詣しました。

境内はエノキやムク、杉などの古木が生い茂っていました。
拝殿や本殿がどっしりと歴史を伝えるかのように立っていました。

社宝には重要文化財の安南渡海船額があり、安南(ベトナム)貿易で活躍した豪商・西村太郎右衛門が正保4年(1647年)に奉納したものといいます。残念ながら非公開ということです。寛永13年(1636年)に出された鎖国令で帰国できなくなり、望郷と鎖国解禁の思いを込めて自らの姿を描かせたそうです。
いつかテレビの番組で見たことがあります。

3月の左義長まつり、4月の八幡まつりも全国的に有名で左義長祭は以前から見たい祭ですがまだかなっていません。ともに国の無形民俗文化財ということです。

近江八幡 八幡神社

いつも思うのですがこの安っぽい幟、何とかならないでしょうかね。
いかにも商魂むき出しという感じです。
戦国時代の武将の幟はセンスがありすばらしいデザインのものが多いですが、安っぽいナイロンの幟はどうも好きになれません。

これだけの古刹、幟などあげなくても人は来ると思いますが・・・
あげるのであればもっとセンシティブなものにして欲しいですね。

近江八幡 八幡神社

近江八幡 八幡神社

近江八幡 八幡神社

八幡堀も有名な観光スポットであり、たくさんの人が歩いていました。
もう夕暮れも近かったのでなかなか情緒ある景色でした。

近江八幡 八幡堀

八幡山を囲むように築かれた堀で、琵琶湖水運にも利用されていたといいます。
両岸には白壁土蔵や旧家が立ち並んで、往事にぎわいを思い起こさせます。
各家には堀に降りるために小さな戸があり、そこから荷物を運んだりしたことがよくわかります。

時代劇で越後屋が悪いことをたくらんでいるときに、こういう裏口からよく出入りしていますね。

八幡堀

ここも重要伝統的建造物群保存地区、重要文化的景観地区に選定されているそうです。

近江八幡 八幡堀

近江八幡 八幡堀

ここも荒れ果てていて埋め立ての危機にあったそうですが、青年会議所は昭和50年に「死に甲斐のあるまち」をまちづくりのコンセプトにした新たな運動を展開し、その結果この堀を清掃し、浚渫工事などをして昔をよみがえらせたそうです。

どこかの町がせっかくの街並みを壊して最悪の景色にしてしまったのと大違いですね。

ここは、あとひといき頑張ってこの堀の水を澄んだものにして欲しいですね。
水郷の水も茶色く濁っていますから仕方ないのかも知れませんが、生態系なども含め研究し、時間はかかるかも知れませんが浄化を取り組んで欲しいですね。

そうなるとさらに観光客が増えると思います。

今回は川縁を、少しじっくりと見て堀の雰囲気を味わいました。
いいところです。

近江八幡 八幡堀

近江八幡 八幡堀

この辺の地蔵さん?は顔がありません。

近江八幡 八幡堀

かわらミュージアムの中の通路です。
かわらで、花や鯉などを描いています。引っかかって歩きづらいですが、こういうのもいいですね。

かくれ里 石の寺2016年10月31日 12時17分36秒

昨日、紹介されて出かけた教林坊の境内の泉水を見ながら、なんとなくこの情景を見たことがある、というより記憶にあるな、と感じていました。
白洲正子さんのゆかりの寺だということも宿で聞いていました。
教林坊を参詣し、帰ってから白洲正子さんの著作である「かくれ里」を見てみました。
やはりその本だったのです。

その本には、天野の里や吉野の里のことが書かれていますが、石の寺のところは読んではいるのですが行く機会もないかなと思って読み飛ばした感じです。
ありました。

「石の寺」の章で書かれていました。

『~かつては観音正寺の末寺が三十以上もあり、繁栄を極めたというが、現在は教林坊というささやかな寺が一つ残っているだけである~』

『~ここで私の興味をひいたのは、慶長時代の石庭で、これが中心の庭になっているのだが、いきなり山へつづく急勾配に作ってあり、よく見ると、それは古墳を利用してあるのだった~』

『~その石室の巨大な蓋石を、そのまま庭石に使ってあるのだが、不自然でなく、日本の造園の生い立ちといったようなものを見せられたような感じがする・・・・・』

ピックアップすると、そういうことが書かれていました。

これは教林寺のホームページでも出ています。
「かくれ里」の本をもう一度読んでみました。

いただいたパンフレットによると、

「教林坊は、推古十三年(605年)に聖徳太子によって創建されました。寺名の『教林』とは太子が林の中で教えを説かれたことに由来し、境内には「太子の説法岩」と呼ばれる大きな岩と、ご本尊を祀る霊窟が残され、『石の寺』と呼ばれています。ご本尊は太子自作の石仏で、難産を帝王切開によって助けたという安産守護の言い伝えがあります(これを「我朝、帝王切開の濫觴なり」といいます)。子授け・安産のほか、ご詠歌に「九十九折れ たずねいるらん 石の寺 ふたたび詣らな 法の仏に」と詠われるとおり、どんな困難な願い事も二度詣でれば叶うという「再度詣りの観音さま」として信仰されています」

とありました。 
 
書院西面の庭園は小堀遠州作とつたわり、桃山時代を象徴する池泉回遊式庭園で、書院南面にも室町時代と考えられる庭園があり、小さいながら良くまとまった枯庭となっています。

水琴窟もあり、竹筒に耳を当てるといい音を出していました。

葦引き書院は三階まであり2階は経典らしき本が棚の中にあり、立派な火鉢も置いてありました。3階は仏様がありかやぶき屋根らしい組み方で、おみくじがたくさん結わえられていました。

こういうのいいですね。

境内のカエデなどは紅葉には少し早かったですが、逆光に輝く緑もまた趣があるものでした。

教林坊

紅葉にはあと少しです。

教林坊

教林坊

教林坊

教林坊

教林坊

この大岩、古墳の天蓋なのですね。
その下には聖徳太子が彫ったという赤川観音が祀られています。

教林坊

書院から庭園。いい雰囲気です。

教林坊

3階というより3層目の大黒天。

教林坊

おみくじがいっぱい。

教林坊

紅葉真っ盛りか雪の日に来てみたいお寺でした。

今朝はこの秋はじめての冷え込みで、9度でした。
CB400SSの小さなカウリングでは少し寒い感じです。
もう少し大きなものを考えないと。

大津市びわ湖ホールコンサート2016年10月30日 21時52分32秒

今日とまった宿に水彩画がたくさんかかっていました。
話を聞くと退職されて好きな絵をかきだし、それをこのホテルに飾っているということでした。

その中で雰囲気のいいお寺の絵があったので、聞くと、

「教林坊です」
ということでした。

チェックアウトした後、その教林坊に向かいました。
ナビは別のお寺に連れて行きましたが、ゴールについて寺が違ったので近所の人に聞くと、

「教林坊はすぐ近くです」

と教えてくれました。
教えられたとおりに行くと看板がありました。

そして駐車場に入れると、なんと前の田んぼ一面にコスモス畑になっていました。
これはこれはとみると、新幹線の線路が走っていました。

田舎の電車と違って新幹線はすぐ来るだろうと待っているときました。
もっと時間があれば粘って面白いショットもあったと思いますが、とりあえず雰囲気をカシャカシャ。

新幹線とコスモス

次の新幹線が来るまでの間に蜂などをカシャ!


そして教林坊。
このお寺については少し調べたいことががありますので、日を改めてカキコしたいと思います。

いいお寺でした。ここは紅葉の頃はにぎわうそうで、jご住職がライトアップ用のランプを境内各所に設置しているところでした。
ライトアップされた紅葉ときれいな庭の対比は綺麗でしょうね。

教林坊

教林坊

そして今回の本来の目的である、びわ湖ホールコンサート。

演奏は、相愛大学音楽部でした。

指揮が尾高忠明さんで、NHKのクラシックの番組などによく出ていました。
バイオリンが小栗まち絵さん。

演目が、ベートーベンの弦楽四重奏曲「大フーガ」、ブルッフ 「バイオリン協奏曲1番ト短調作品26」でバイオリン独奏が小栗さんでした。

休憩の後がエルガーの「エニグマ変奏曲作品36」でした。

どの曲もいい曲でした。

音楽のことはよくわかりませんが、尾高さんの指揮はメリハリがあってわかりやすい動きで指揮をしていたように思います。

アンコール曲は、同じエルガーの「威風堂々」でした。
これは私も好きな曲です。

びわ湖ホール

びわ湖ホール

このびわ湖ホール、皆がいいところということで一度来たかったのですが、今日やっと実現しました。
エントランスややレストランからは琵琶湖が眺められて素敵でした。
昼前だったのでカレーを食べました。

びわ湖ホール

湖上ではヨットや観光船が行き来していました。
当然バス釣りボートも。

びわ湖ホール

帰りに岸和田SAに立ち寄りましたが、そこで出会ったトライク。このトライク京都で抜いていったものでした。

ちょうどライダーがいたので話を聞きました。

「おいくらぐらいするのですか?」
「うーんボディは逆輸入車やし、リアの作りこみにも結構手間暇かけているんや。1000万円くらい要ったかな。それでも他の人のと比べたらまだ少ないほうやで」
「わお。すごいですね。スピードはどのくらい出ますか?」
「そうやね***kmは出るね。ここまでも1**kmでずっと走ってきた」
「すごいですね。どちらへ行ってきたのですか?」
「芦原温泉に行ってきた。同好会みたいなのがあって今日は38台でいつもより集まりが少なかった。普段は100台超えるけどね」

わお、こんなトライクが100台以上集まったらすごいでしょうね。
見てみたい。

この写真を撮らせていただいた後、いい音を立てながら走り去りました。


マイクロ朝顔2016年10月29日 21時56分29秒

朝起きてみると小さな朝顔が咲いていました。
私の人差し指の先と同じくらいの大きさでした。
こんな咲き方もあるんですね。

もう葉もほとんど落ちて枯れかけているのですが、まさに最後の花を咲かせています。

朝顔

朝少し遅くに近江八幡に向かいました。

近江八幡

着くのが遅かったので八幡神社にいって八幡堀を少し歩きました。

近江

近江

夕方にもかかわらずたくさんの観光客がいました。
外国の方もたくさん歩いていました。
また詳細は後日ページにしたいと思います。

伊賀上野城2016年09月23日 22時26分18秒

明日春日井市で早朝から用があるのでお休みを頂き、今朝から名古屋まで走りました。
昼にちょうど伊賀上野に着いたので、前から見たいと思っていた伊賀上野城を見に行きました。

雨は上がっていましたが、空は相変わらずどんよりとしていて絵柄的にはいまいちくっきりとしませんでした。

伊賀上野城

天守閣最上階の天井には、横山大観、土田麦遷、高浜虚子など画家や当時の国会議員の絵や書などがたくさんあり、見応えがありました。

伊賀上野城

伊賀上野城

創建当時日本一高いといわれた高石垣。

伊賀上野城

伊賀上野城

伊賀は俳聖芭蕉の生まれ故郷でもあるので、芭蕉記念館があり、入りました。

伊賀上野城

記念館の庭に一つだけ咲いていた睡蓮。

伊賀上野城

忍者とランボー?

伊賀上野城

トイレにも忍者。

伊賀上野城

俳聖殿。

ここも見たかったところです。
なかなかの建物でした。

伊賀上野城

伊賀上野城

伊賀上野城

なかに伊賀焼きの芭蕉が座っていました。


時間があれば芭蕉の生家なども見たかったのですが、今回はパスしました。
天守から見た上野市の建物は平屋で瓦屋根のおうちが多く、なかなかの景色でした。

日本の家並みの典型みたいな景色が四方に広がっていました。

伊賀上野城

醒ヶ井宿2016年08月10日 22時02分35秒

引き続き滋賀。

醒ヶ井宿のスナップです。
ヤマトタケルの銅像があります。

醒ヶ井宿

水がきれいだからハグロトンボ。

醒ヶ井宿

天然記念物で絶滅危惧種のハリヨ。
きれいな水でないと住めません。

醒ヶ井宿

梅花もが咲いています。
大学生らしき集団が遊んでいました。

醒ヶ井宿

ライティング陶器の展示。
いいですね。

醒ヶ井宿

昔ながらの宿場。

醒ヶ井宿

地元の方が作ったアクセサリーをささやかに売っていました。

醒ヶ井宿

とにかく水がきれい。
そして冷たい。

醒ヶ井宿

源流。

醒ヶ井宿

昔はこんな風景がどこにもあったのでしょうけど、今では少なくなりました。

伊吹山、醒ヶ井宿2016年08月07日 23時30分30秒

今日は昨日のマナスル登山の映画の続きで、伊吹山の登りました。
暑中の涼を求めに行ってきました。

スカイラインを登っていきましたが途中息吹大岩不動尊の湧水を汲みました。
めちゃ冷たくておいしかったです。

伊吹山

登山の用意をしているときハーレー軍団がやってきました。
駐車場のおじさんに、

「あとこの倍くらいのハーレーが来ますのでよろしく」

といっていました。
おじさん困った顔をしてました。

伊吹山

涼を求めに来る人が多いのです。
駐車場は満車手前でした。


中央登り口から登り、そして頂上。

伊吹山

ガスってきました。
ここで昼食。

伊吹山

伊吹山

今日はまだかなり花が咲いていました。
花はまた別の日にアップします。

伊吹山

ガスが切れると下界が見えました。

伊吹山

車が多かった分、たくさんの人が登って来ました。

伊吹山

今日の下りは東コースで、このルートは初めてでした。


案内板が物々しいので、身構えながら降りました。

伊吹山

途中廃墟になった神社らしき跡がありました。

伊吹山

晴れたりガスったりでした。

伊吹山

こんな岩が連続してあり岩がもろいためかなり気を付けないと看板通りの危険なルートです。

ハイヒールなどでやってくる人もいますからね・

ここは下り専用ルートなのですが、下のほうで一人の男性と話し合ったのですが、この
ルートはむしろ登り専用のほうがいいのではないかとの結論になりました。

伊吹山

イヌワシ撮り鳥ツアーの人たちがバスでやってきて、イヌワシなどを狙っていました。
カメラを構えている人に超望遠用の照準器をのぞかせてもらいましたがきちんと狙えました。
いい道具ですね。

ほとんどの人が800mm以上の、それもかなり明るいレンズを構えていました。

伊吹山

そして醒ヶ井宿。
梅花藻がきれいでした。

醒ヶ井宿

照明のイベントをしており、梅花藻もライトアップの装置がありました。

醒ヶ井宿

スイカを冷やしていました。
一切れ買って食べました。
冷たくておいしかったです。

醒ヶ井宿

花や昆虫の写真もたくさん撮りましたが、今日はこの辺で。

帰り道、時間があればロッドを振りたかったですが、時間がなかったので醒ヶ井宿からノンストップで家まで帰りました。