イマイチ春にならない2017年03月22日 21時33分27秒

今朝は5℃でした。
久しぶりにバイクで走りました。

気温はまだまだ低いですがいい気持ちでした。

会社近くの歩道に木蓮が咲いています。
朝小鳥が飛び回っていましたので写真を撮ろうと思いましたが連れがいたので撮れませんでした。

夕方鳥はいませんでしたが、ビルの谷間のきれいな花を見ることにしました。

帰りの気温は7度でした。
さすがに峠は5度まで下がりました。
それでも暖かくなっています。

春よこい早く来い、です。

WBCは優勝できなかったですね。
少しさみしいです。

あとは相撲と高校野球ですね。

高野女人道続き2017年03月20日 20時53分51秒

昨日の続き。
坂を下りると小さな橋があって、再び登りになります。


道はさらにきつい登りになって上に続きます。

高野女人道

稜線に出ると遠くまで見渡せます。

高野女人道続き

赤松がたくさん。
その昔はきっとたくさんの松茸が採れたことでしょう。

高野女人道続き

さらに登ると遠くの山がかすんで見えます。

高野女人道続き

相の浦口に地蔵さんがあります。

高野女人道続き

案内表示を兼ねています。

高野女人道続き

道はまだ登りが続きます。

高野女人道続き

野猿かアンテナの基礎の跡が残る広場に来ます。

高野女人道続き

高野女人道続き

やっとついた頂上にはテレビのアンテナが立っています。

高野女人道続き

大滝口女人同跡には5時に到着。
ここで小辺路ルートとクロスします。
時間がないので、高野の町中に降りることにしました。

高野女人道続き

途中の道にはまだ雪が残っていました。
さすが高野山。

高野女人道続き

今日は暖かだったですね。
朝から以前から気になっていたバンパーのへこみを修理しました。
結構時間がかかりましたが、なんとかそれほ目立たなくすることができました。

バンパーを外し、へこみをたたき伸ばして、再び取り付けました。

作業をしていると近所の人が、

「素人の仕事にしてはいいんじゃないですか」

という感想でした。


高野女人道テクテク2017年03月19日 23時02分40秒

朝からいい天気でした。
バイクが汚れていたので石けんで洗ってあげました。
ピカピカになりました。
ワックスをと思いましたが時間がなくまた明日にでもやろうと思います。

昨夜出しておいたミカンに朝早くからヒヨドリがやってきました。
昨日のと同じ個体のようです。
別の鳥が来てほしいですね。


2時前に家を出、高野女人道を歩きにまた高野に登りました。
歩き始めは2時50分でした。
いつもながらかなり遅くなってしまいました。

高野女人道

お助け地蔵から登り始めました。

高野女人道

道は良く整備されて歩きやすかったですが結構急な登りがありました。
このプレート黑河道にもありました。

高野女人道

愛宕神社についたのは3時5分でした。

高野女人道

高野女人道

高野女人道

愛宕神社を過ぎた頃、行く道で近くの方らしいご婦人に会いました。

「女人道にいくのかい」
「はい」
「最近は鹿が多くなっているので気をつけてください。朝など国道までも出て来るよ」
「へー奈良公園みたいですね」
「おかげでこのあたりに草花が皆食われてしまいました」
「それは大変ですね」
「スカイラインへの道をつけたり、トンネルを掘ったりしてからこちらへ出てきた」

ということでした。広く新しい道やトンネルができて餌場までの道を中断されて、人家まで出てくるようになったのでしょうね。

高野女人道

坂の上りはじめのところに熊注意のかんばんがありました。
英語の注意書きがあるところが時代ですね。
でもこの看板は少しおかしいですね。
英語版には熊にあったときの対処方法を書いているのに、日本語では単に注意しなさいということだけしか書かれていません。
日本人もこのくらいの英語は理解しなさいと言うことでしょうけど・・・

高野女人道

有刺鉄線が張り巡らされていました。

高野女人道

この後ろくろ峠まで歩き、町に戻りました。
それについては次の日に。

春が近い2017年03月18日 18時45分27秒

今日は天気ははっきりしませんでしたが、暖かでした。
こんないい日に歯医者に行ってきました。
もったいないですがやむを得ません。

当然バイクで走りましたが、冬用ジャケットでは暑いくらいでした。
歯医者では椅子の上でかなり待たされました。

治療が終わってからの帰りに紀ノ川土手に降りていい春の兆を探しました。
時間がなかったので残念でしたが、コーヒーをわかす間いろんな鳥を見ました。


カシオEXILIMの走行テストをしました。

先日取り付けたブラケットへの取り付けもダートでも問題なく作動しました。


エンジンの振動がもろにわかりますが、今度はヘルメットにつけてみたいと思います。

紀ノ川

オリンパスOM-D レンズはルミックス。

紀ノ川

カシオで撮ったCB400SS。

紀ノ川

コーヒータイム。

紀ノ川

カシオはこれくらい離れてもシャッターが押せました。
いろいろ使えそうです。

紀ノ川

OM-DにOMズイコー50mmf3.5。

紀ノ川

OM-Dにニッコール200mmf4.0。

紀ノ川

OM-Dにニッコール200mmf4.0。

紀ノ川

道の途中でカラスの巣を見つけました。
まだ作成途中だと思いますが、都会のカラスの巣のように針金などないです。
繁殖期になったら見に来なくてはと思います。

紀ノ川の土手ほかの鳥の巣もきっとあると思います。
1度ゆっくりウォッチングする必要があります。

鳥の分布2017年03月14日 21時29分28秒

今日新聞のスクラップをしていると「カラス都会を去る」という見出しで、鳥の分布に変化があるという記事がありました。

都市部のカラスが2000年には18664羽だったのが2015年には4816羽に減っているそうです。
カラス対策が功を奏した結果で、徐々にその数を減らしています。
ところがツバメやスズメも数を減らしているということです。

これは巣を作る場所がなくなったせいでしょうね。
今の家は彼らが巣を作るところがないですね。

我が家では毎年換気扇の隅に巣を作り、子育てをしています。
今も巣作りの準備をしているらしく、かわいらしい足音が聞こえてきます。

記事では、繁殖の失敗率も都市部で高い数値となっているようでそのことも個体の減少に輪をかけているようです。

ところが森林の復活や自然を生かした護岸工事が増えたせいで、カワセミやオオタカが増えているとも書いていました。

注目すべきは人が餌をやっていたドバトは浅草寺に2000羽いたのが餌をやらなくなってから50羽に減ったそうです。また不忍池のオナガガモも6000羽から70羽に減ったということです。

やはり人による餌やりも生態系に大きく影響を与える、といういい例です。

文中で、都市鳥類研究会の代表は

「鳥は社会の鏡だ。新たに進出する鳥も消える鳥も都市が抱える何らかの問題を映している」

と指摘しています。
都市部の鳥の栄枯盛衰は、人間は鳥とどう共生すべきかという問題を
訴えかけている。と締めくくっていました。

なんとかいいバランスでこれからも楽しませてほしいですね。

WBCが面白い2017年03月12日 22時40分51秒

今WBCで日本はオランダと戦っていますが、面白いですね。
これまで3連勝だから余計面白いのかもしれませんが、やはり短期決戦のゲームは力を出し切るので余計面白いのかもしれません。

前評判を覆して、勝ち進んだので余計関心を集めるのかもしれません。
ここまできたら是非優勝してほしいですね。

今日はいい天気でしたが一日フィルムのスキャンをしていました。
少しウンドーフソクです。
ま、こんな休日もあります。

改正道路交通法を受け、新たな運転免許の区分に「準中型」が導入されたようですね。普通免許の保有実績がなくても18歳から取得できるということですが若手ドライバーの就業を増やし、物流業界の人手不足緩和につなげようということですね。

バイクも免許も駐車場問題もなんとか改正してほしいです。
バイクの駐輪禁止が緩和されれば小口のメール便などはバイクで十分ですからね。

写真は今日のヒヨドリ君。
今どのヒヨドリがよく来るのか個体の識別をしていないので、これから表情など撮っておいて比較してみたいと思います。

EXILIMのテストCB400SS2017年03月11日 21時47分29秒

CB400SS
今日は少し暖かいかなと思っていましたが、風があってそれほど暖かく感じませんでした。
朝から釣りに行こうかと思い用意しましたがいけませんでした。

昼かなり遅くなってからCB400SSで先日取り付けたカシオEXILIMのテストにひとっ走りしました。

桃が咲いているところをあちこち探しましたがまだ少し早い感じです。
梅が咲いていたのでその前でカシャ!

スクリーンに取り付けたカメラ部は、かなり揺れますがそれなりに撮れていました。

https://youtu.be/GINFd6Gqhuc

今日は震災の日ですね。

会社でテレビの中継を見たとき、これは大変なことになると大騒ぎになりました。

あれから6年たったのですね。

それにしても原発事故は余計でした。
女川原発も同じ状況だったのに持ちこたえたということは、福島はやはり人災だ、と思います。

このとき感じたのは、原発事故で放射能が漏れたのを米軍のドローンがいち早く察知し、他の国は自国民の国外避難をチャーター便を出してまで退去を呼びかけましたが、当の日本国民はほとんど何も知らされず本当のところを隠され知らされないまま今に至っています。

地震は自然災害である意味避けられない部分がありますが、原発事故は人間が作った施設によるものなので残念ですね。

我が家の前も中央構造体が走っているので、いつ地震に襲われるかわかりませんので、そのときどうするかをシミュレーションしておかなければと思っています。

マイクロプラスチックのことなど2017年03月10日 23時27分09秒

先日テレビのニュースで、琵琶湖の魚からマイクロプラスチックが発見されたといっていました。

マイクロプラスチックのことが少しずつ問題視されてきていますがCO2の問題と同じで、人間の経済活動により拡散されてきているようです。

マイクロプラスチップは、海洋などの環境中に拡散した微小なプラスチック粒子で、厳密な定義ははないのですが、大きさが1ミリメートル以下、ないしは5ミリメートル以下のものを指すそうです。

別の番組では、そのプラスチックに藻が付着したり、新たな生物が付着したりと、その影響はまだ研究途上ということですが、私の感じではいい結果は生まない気がします。

とにかくビニール袋やペットボトルが太陽の紫外線や波浪によって微小な断片になったものや、合成繊維の衣料の洗濯排水に含まれる脱落した繊維などが含まれるそうですが早くに研究を進めなければいけない気がします。

私は魚のはらわたを食べるの好きなのですが、マイクロプラスチックの付着した餌を食べている魚のはらわたを食べ続けることはできないでしょうね。

動物の生活圏も国際的に狭められ絶滅の危機が叫ばれている種が多くなってきましたが、だんだん人間も追い詰められ、いつか絶滅危惧種になっていく気がします。

はるか乗車券2017年03月08日 18時18分35秒

今朝はバイクで行けるかなと思いましたが気温は0度でした。
バイクはやめにしました。

少し鼻がグズグズするのではるかに乗りました。

回数券を使うのですが、車掌さんによって検札したあとシートのポケットに入れるとき個性があるんで面白く見ています。

昨日の車掌さんは、裏返して入れました。ウラさんですね。

一昨日の車掌さんは、立てて入れました。タテさんですね。

今日の車掌さんは、斜めに入れました。ナナメさんです。

面白いですね。

検札に来る時間も、それぞれ違います。
日根野を出てすぐ来る人と和泉府中を出てしばらくしてくる人といろいろあります。

今日は花粉症か,、鼻がグズグズで止めどなく流れてきました。
国立国会図書館でセミナーがあったのですが、鼻にティッシュを丸めて詰めてマスクをつけていました。

ティッシュはすぐボトボトになりました。
帰りの電車ではティッシュがなくなったので、ハンカチで鼻をかみました。

日本人はハンカチで鼻をかむのをあまりしませんが、外国の人はほとんどハンカチでかんでいます。
鼻をかむのも国際的にしました。

こどもの頃アオバナを垂らしていました。
すするとずずっと鼻に吸い込まれました。
今のようにティッシュなどないので袖口で拭きましたが、パリパリになっていました。
私の田舎は浜からの砂埃がひどく、鼻のアオバナの周りにくっついてこすると痛かったですね。
拭く紙もほとんどが新聞紙を小さく切ったものだったですね。
今のティッシュの柔らかさはすごいの一言です。

それにしてもとりつかれたくないものに取り付かれてしまいました。

会社で、

「腹の中の回虫がなくなったのかな」

というと変な顔をされました。
原因としては先日の山歩きの時セーターでいったのが悪かったみたいです。
マスクもしてなかったし・・・

学研都市からの帰りの電車で親子連れが前に座ったのですが、1+1=1というくらいそっくりに遺伝子を受け継いでいました。

ほのぼのとしてよかったです。

黑河道から楊柳山2017年03月05日 22時06分51秒

先週高野女人道の三谷坂を歩いたので、今日は黑河道の高野山よりを歩きました。
高野山は今日護摩たきの祭りがあり、たくさんの観光客が駐車場に集まっていました。

見たい気もあったのですが、今日は古道歩きが主ですのでパスしました。

中の橋駐車場から登山道へ向かう間、道には行きがたく山残っていました。
さすが高野山。

高野山

高野山

黑河道へは三本杉から登りました。

高野山

高野山 楊柳山から黑河道

登山道も麓の方は雪がたくさん残っていました。

高野山 楊柳山から黑河道

途中にあったかわいい地蔵さん。

高野山 楊柳山から黑河道

トロッコのレールが山道にずっと撤去されずに残っていました。

高野山 楊柳山から黑河道

黑河峠には、祠がありました。

高野山 楊柳山から黑河道

黑河道から楊柳山への道は、はじめは快適な道でした。

高野山 楊柳山から黑河道

途中で急な坂道になります。

高野山 楊柳山から黑河道

そして頂上。
三角点踏みました。

高野山 楊柳山から黑河道

ここで3時30分。コーヒータイム。

高野山 楊柳山から黑河道

ここは2015年の7月の暑いときに登りました。

高野山 楊柳山から黑河道

高野山は山は低いですが、ブナの木が大きく育っています。

高野山 楊柳山から黑河道

高野山 楊柳山から黑河道

高野山 楊柳山から黑河道

高野山 楊柳山から黑河道

時間がなかったので、2015年7月に登ってきた道を、今日は下り奥の院に向かいました。でもこの道の下り坂はきついですね。
以前歩いたときは休み休み上がりました。

夕食を高野山で食べましたが、食べて下山しようとしたところ雨が降ってきました。
歩いているときに降らなくてよかった。

詳細は熊野古道の一環としてページにしたいと思います。