夏はやっぱり暑い2018年08月13日 22時24分07秒

今日もめちゃ暑で、39度ほどありました。
やっぱり異常な高温ですね。

普通雷が鳴ればザッと一雨来るのですがそれもないですね。
進路のはかりづらい台風が次々にできています。

今年の冬はこの揺り戻しと気圧の関係で、めちゃくちゃ寒いのではないかと心配します。暖かい冬であったなら、また来年の夏の暑さがコワイですね。

今日もどこへも行かず、いらなくなった、というより身辺整理が必要なため、古いカメラや車のカタログを整理しました。
ルーチェやカペラに始まりファミリア、ランサーとみていて飽きないものばかりですけどね。カメラではニコンやキャノンのフィルムカメラのカタログを結構丹念に集めていたので量的にはかなりありました。

捨てることにしました。

写真は1976年8月。
確か宇久井海岸かなと思いますが、はっきりしません。
今でもこういう光景はあるのでしょうか。
何となく人が生活を楽しんでいるという感じがいいですね。

ボイラーで干物に作る時代ですが、やはり天日干しは栄養価が高いのですけどね。

1976年夏

暑さしのぎにガード下で。

1976年夏

芸術ですね。

1976年夏

なんとものんびり。

1976年夏

いかにもおいしそうです。

暑う!2018年08月12日 23時34分32秒

今日も暑かったですね。
磁石で取り付けていたすだれが落ちたので、きちんと取り付けましたが、これが結構難物で、時間がかかりました。
日陰がないところでやったのでクラクラしました。

なんとか取り付けることができましたが、予定とはかなり違ったフィニッシュになってしましました。

私の場合、いつものことですが。

朝、庭に水をやったいるとショウリョウバッタが草を食べていました。
オンブバッタは睡蓮の葉っぱをほとんど食べてしまいました。

ま、仕方ないですね。

また明日も同じような暑さだとか。
昔のようににわか雨が降れば涼しくなるのですが、本当に最近の天気はかわいげがないですね。

夏らしい「趣」が全然ないですね。

ウスバカミキリ2018年08月10日 12時20分01秒

虫の話。

ニュースや雑誌で見ると近年、日本各地の桜の名所で外来カミキリムシによる被害が拡大しつつあるということです。

そのカミキリムシの名前は「クビアカツヤカミキリ」で外来種らしいです。

漆黒のメタリックな体に胸部の背中が真っ赤な彩りをした、見た目はとても美しいカミキリムシで、原産地は中国、モンゴル、ロシア極東部、朝鮮半島、ベトナム北部とされ、東アジアの大陸エリアに広く分布する種ということです。

このカミキリムシが厄介なのはバラ科樹木に好んで寄生し、成虫が、サクラやモモ、ウメなどの樹木に卵を産み、孵化した幼虫が樹木の幹を食害して、樹木を弱らせてしまうそうです。
幼虫は樹幹の中で2~3年過ごすため、一度寄生されると樹幹の被害は拡大を続け、弱った樹木は最悪、枯れてしまいます。
桜並木などに寄生されたらたまったものではありません。

昔クサギの虫といって疳の虫封じで白い7センチほどの幼虫をよく食べさせられました。
それがカミキリムシの幼虫だと思っていましたが、コウモリガの幼虫だったということがネット検索で判明しました。

当時コンロの上の金網に2,3匹乗せあぶり、やや焦げ目がついたら食べました。
蛾の幼虫だとわかっていたら食べなかったでしょうね。
クサギの根っこ近くに巣くっていたのでクサギの虫といわれましたが、桐やクリの木にも巣くうらしいです。

害虫には違いありません。

虫は古くから不思議な力を持つとされ「日本書紀」には富士川の近くにいた大生部多(おおうべのおお)という人が、柑橘(かんきつ)類にいる虫を神として祀(まつ)った記事があったり、今でも様々な虫が漢方薬などで珍重されていますね。

ウスバカミキリ

写真はウスバカミキリです。

家の近くをうろついていたそうです。
このカミキリの生態をネットで調べていて、クサギの虫の正体を知ったのです。

このカミキリは今頃里山でよく目にしますが、産卵場所は弱った木や立ち枯れの木に産卵するということで、クビアカツヤカミキリのように害虫ではないようです。

この虫の幼虫も食用にされたということです。
一度このカミキリムシの幼虫を食べてみたいですね。

人類の滅亡期がやってくる2018年08月07日 18時05分20秒

MSNのニュースで、

「デンマークのコペンハーゲン大学(University of Copenhagen)やドイツのポツダム気候影響研究所(Potsdam Institute for Climate Impact Research)、オーストラリア国立大学(Australian National University)などの研究者がまとめた論文によると、このまま極地の氷が溶け、森林が伐採され、温室効果ガスの排出量が増え続けていくと、地球は転換点となるしきい値を超える。そうなれば気温は産業革命前よりも4~5度上昇し、海面は現在よりも10~60メートル上昇し、21世紀末までに各河川は氾濫し、沿岸地域は暴風雨にさらされ、サンゴ礁は消滅。地球の平均気温は過去120万年間のどの間氷期よりも高温になるという」

という恐ろしい論文が紹介されていたのでコピペしました。

以前から言われていたことですが、現実に対応しなければいけない緊急事態になってきたことがわかります。
大雨、強風、干ばつすべてが加速度的にその厳しさを増してきています。
人間のわずか200年の間の経済活動がこの危機を招いたので、人間は力を合わせて温暖化対策をしなければいけないときになりました。
戦争などしている場合ではありませんね。

論文の紹介記事は、

「化石燃料を、最終的に廃棄物をゼロにする「ゼロエミッション」のエネルギー源で置き換えていくことや、植林のようなCO2吸収に関する戦略をさらに考え出すことを提言している」
としています。

写真は1976年の熊野の海岸です。
海水面が10mあがっても、この何とも言えないいい景色は消滅します。






またまた台風が2018年08月06日 21時59分47秒

またまた台風がきています。
また変なコースをたどっています。

雨などの被害がなければと思います。

NHKで先の豪雨災害で消防団員がなくなったことを特集していましたが、気になったのは亡くなった団員のかたが連絡を取ったのですが6回中一回しかつながらなかったということをいっていたのが気になりました。

それほど大きくない街なので、同時に連絡できる手段ああればよかったと思いました。
専門家は結果だけを見て自分の意見を言いますが、とにかく街の人々が連絡し合える手段を作ると同時に逃げ方を普段からシミュレーションしておく必要があると思います。

私が子供の頃祖父がしばしば地震の時の逃げ方を、私に教えてくれました。他の家でも子供たちに同じことをいっていました。

子供たちは危険回避のための方法をすり込まれていました。
いまはそうして伝えてくれる人もいなくなったので、地域が普段から協力し合って、WIFIやブルーツースを使いうまく連絡を取るシステムを構築し、生き延びる方法を考えていってほしいですね。

紀ノ川紀ノ川バス釣り・・雷魚が釣れた2018年08月05日 14時20分28秒

暑い中、紀ノ川はどうだろうかと出かけました。
昨日釣具店で紀ノ川下流で釣れた、62センチのバスの写真を見せてもらいました。
やっぱり60センチを超えると迫力があります。

その写真を見たわけでもないのですが、今日はどうしても川にでたくなりました。
ネッチュウショーがチラッと頭をよぎりましたが、出かけました。

まず休憩。

用意をしてコーヒータイム。
コーヒーが沸くのを待つ間、メップスブラックフューリーの小さめをつけてブルーギルを何匹か釣りました。

コーヒーを淹れ飲んでいるとき、割に型のいいバスが前を通り過ぎました。
これはこれは、と思いたも網を用意し、必殺ラパラをつけて態勢を整えました。

対岸近くで水面が少し揺れ、魚がいそうな気配がしたのでそこめがけてラパラを打ちました。

一発でヒット。

バスの引きにしては強くて粘っこい、近くに来るとやっぱり雷魚でした。

紀ノ川バス釣り

結構大きくてこのアングルでは入り切りませんでした。

紀ノ川バス釣り

横にすると結構な大きさでした。
たも網を使ってよかったです。

紀ノ川バス釣り

取り込んでからのたうったので、ラパラのフックが皆ゆがんでしまいました。
ルアーの泳ぎがいいように細いフックを使っているのですが、雷魚には少し細すぎました。ともかく久しぶりに引きを楽しませてくれました。

紀ノ川バス釣り

それにしても、やっぱりラパラ。

かなりの暑さでしたが、川面は涼しい風が時折吹き、快適でした。

またまた暑い休日2018年08月04日 21時11分58秒

朝から暑い一日の始まりでした。
庭の水やりをしましたが、ゴーヤがとうとう食べられるように大きくなっていました。

数も思った以上にたくさんありました。
これから楽しみです。

こんな休みの日に行きつけの医者に、薬をもらいに行きました。
せっかくの休みなので釣りに行きたかったのですが、しかたないです。


帰りにいつもの廃道に乗り入れ、和歌山電鉄の電車が来るのを待ちました。
電車が来るまでの間階段があったので登ってみると、古びたお稲荷さんがありました。鳥居も腐食していて葛がたくさん巻き付いていました。
廃道になったので訪れる人も少なくなったのでしょうか。



そして和歌山電鉄。


電車を待つ間、MLBの速報を見ましたが、大谷君がホームランを、それも2本打ったということでした。最近マルチ安打がないなと思っていたら、一気に二桁ホームランを打ってしまいました。
よかったですね。


ここの日陰はかなり涼しかったです。
今日は湯沸かしはしませんでした。

いろんな大学や組織の問題が続いていますが、何となくパターンが同じで、いやになります。
もうボス中心になって威張れる時代は終わったのですけどね。

依然暑さの毎日2018年08月03日 12時30分40秒

ますます暑い日が続きます。

これはやはり地球全体が温暖化しているせいだと思います。

最近気になっているのですが、この大変な時期に、マスコミは温暖化に対して具体的に何も言わないですね。
30年に一度とか最高気温が何度だったとか、当たり障りのない表現でお茶を濁し、肝心なところは報道しません。

記録的な豪雨災害についても、雨が降った、というところにとどまり、その根本的な原因やその問題点などは報道しません。

タレントの不倫騒動や事件のことなどはこれでもかこれでもかと延々流しますが、温暖化の本当の原因追及や、例えばプラスチックごみなどへの日本としての対応などほとんど報道されません。

日本は、我々が考えている以上に報道の自由がないのかなと思います。

その証拠に報道の自由度ランキングは世界180か国中67位です。
台湾42位、韓国43位、アメリカ45位です。
1位はノルウェー、2位スエーデン、3位オランダであとフィンランド、スイス、ジャマイカ、ベルギー、ニュージランド、デンマークと続きます。

上位はやっぱり幸福度が高いと言われる国々ですね。

我々が報道を見聞きし、知った、納得した、という感じがしないのは、国民が知りたいことをマスコミがスポンサー企業や国に忖度して、あえて抑えているからかもしれません。

ちなみにロシアは148位、中国は176位です。
北朝鮮が最下位で180位。

毎日「いい天気」が続いていて、バイクで走れるのでありがたいです。

 ヘルメット 脱いで大きく せみ時雨

の日が続きます。

台風一過2018年07月30日 22時16分47秒

台風がとおりすぎました。
朝松阪に住む社員が、
「普段の台風とは風の向きが違ったよ」
「そうやね。右ピッチャーのカーブみたいだったね」
などと、思い思いに、これまで経験したことのないコースを進んだ台風の感想でした。

暑さは少し和らいできたように思いますが、朝礼で若い社員が熱中症にかかったことを打ち明けました。

この夏いろいろ初めてのことが多かったですね。
来年はどれくらいの暑さになりどんな台風が来るのでしょうか。

写真は会社の前にある駐輪場。
暑いので料金ゲートを入ったバイクは、突き出た歩道の陰に入れています。
雨の日などはずらっと並んでいます。
バイク乗りがこの駐輪場を作ったのならこの陰に入れるようにするでしょうね。
雨の日などカッパを着るとき陰でやります。
夏の日差しを受けたバイクの黒いシートは、座れないくらい熱いですものね。

一度CBでここまで走ってきたいのですけどね。

ゴーヤがなりだした2018年07月29日 22時04分51秒

ゴーヤ
今朝は大雨からと思っていましたが、晴れていました。
家の前の用水路は、上のため池の水量が増えると水を流し、その流れの音が雨が降っているとそっくりで間違ってしまいます。

とりあえず、雨もそれほど降らなくてよかったです。

それにしても今回の台風のルートは経験したことのないものでした。
やっぱり海水面の温度が高いので、気圧配置がこれまでと微妙に違っているのでしょうね。

海水温の上昇が専門家が数年前に予測したより、かなり早くに進んでいる気がします。

世界各国が異常気象が続くようになってきていますが、このまま行けばどうなるのでしょうね。

そういえば最近電車でよく目にするのがマイ扇風機で、10センチほどのファンのついた丸い扇風機を持っている人です。
それと今家の前の空き地がとうとう家を建てだしたのですが、そこで作業する人の服の後ろに、小さなファンがついていてずっと回っていました。
「涼しいですか?」と聞くと、
「はい、かなり涼しいですよ」
ということでした。
いずれにしろ40度超の気温が続くようになったときのサバイバル術を考えておかなくてはいけないと思います。

写真はやっとなりだしたゴーヤです。
あといくつか小さいのがありました。
キュウリは食べきれないほど次から次へと収穫できますが、ピーマンは全然だめです。