もう12月も2日目2020年12月02日 20時48分14秒

今日も暖かだった。
今日こそはゼロかなと朝一番に我が県のコロナ患者数を見るが、減らずにむしろ増えている。
今までは大阪で飲み食いしていたり通ったりして感染しているのが最近は家庭内や施設内が多い。和歌山はまだ病室がいっぱいというのは聞かないが、このまま増えれば危なくなるのは必然の理である。

よその患者の多い県では、医療従事者の心身の疲労がピークに達しているという。
政府は、新規感染者数が減らない場合どうするのだろう。
決断が遅いのはAさんからSさんに移行しても全然変わらない。
いったん限りなくゼロに近いところまで持って行き、それからGOTOをやっても遅くはなかったはずである。台湾やニュージランドがいい例である。なぜ日本でできないのか。

今のままでは働き方や観光のあり方など旧態依然のままとなる。
コロナを機会にすべてが変化すると期待したが、このままでは変わらない。

今日ニコンの28-300mmにテレプラスをつけたらどんなに写るかを試した。
まずまずの写りであった。これがきちんと写れば持ち運ぶ機材が少なくなるのである。






コーヒーを飲みながら鳥を待ったが、いいのが来なかった。というより木の中を飛び回るのでピントが合わない。とは取れなかったものの言い訳かな。

インフルエンザ注射をしてきた2020年12月01日 21時44分21秒

今日は朝からいい天気。
しかしどこへも行かなかった。

夕方4時に約束していたインフルエンザの注射を近くの医院に、打ちに行った。
午後の診察は四時から七時と言うことで、待合室には私一人だった。

問診票を渡し、少し待った。
その間熱を測ったが36.5度であった。
先生の声がしてまもなくよばれた。
「痛くないように打ってくださいね」
「それなりの痛さはありますが、ハイ、チクッとします」
あっという間に終わった。
最近の注射針は痛くない。打たれる方とすればいいことで、針先の研究が進んでだんだん痛くなくなってきた。それに昔は注射器を使い回しをしたので終わり頃打つ人は針に他の人の油が回って切っ先が鈍くなり余計痛かったと思う。
とにかくインフルエンザの注射は終わった。
早くコロナ注射がほしいね。

ウイルスがはびこるたびにワクチンを作っていたら、シーズンが始まるごとに何種類かのワクチンをうたなけらばいけなくなる。

写真はスズメ君達が電線で集まっているところ。昔はもっと多かったけどね。でもまた最近増えてきたかな。

スズメ

やはりつかまりやすい細い電線にとまっているのが多いね。

スズメ

注射を終えて医院の前の電柱。彼らは別のグループだと思う。

スズメ


今日は医院への往復とスーパーで少し歩いて、一万歩を楽にクリアしていた。
よしよし。

天気予報は寒くなると行っていたがそうでもなかった2020年11月29日 19時51分48秒

今日は割と暖かだった。鳥撮りの気持ちやみがたくカブちゃんで走った。
はじめはミサゴを撮りに行こうと思ったが、少し雲があったのでやめ、カワセミを撮りに行こうとも思ったが、長靴を履かないと行けないので、結局は粉河にした。
粉河の河川敷の東屋で昼ご飯にした。今日はおかずがあり少しリッチ。


しばらく鳥を待ったが鳴き声もしなかった。
それでもカメラを用意して待った。
待つときは来ないのはすべてに当てはまる。
場所を変えてバイクのところでいると、突如木のてっぺんにトンビでより大きな鳥がとまっていた。
135-400mmでカシャカシャ!
撮れた。
トンビではない。




家で図鑑を見ても該当する鳥がいなかった。最初はクマタカかと思ったが特徴である羽に白い筋が見えない。
何という鳥だろうな。
この鳥がいなくなってしばらくしてツグミの群れが同じ木にとまった。


鳥を撮るのはいいが種類がわからないので難儀する。
しかしこれでミサゴ、カワセミ、種類不明のタカ類の撮影ポイントがつかめた。


こちらは鳥人間の集団。ここがハンググライダーの着陸ポイントのようである。
今度は近くまで行って撮らしてもらおう。


帰りはかなり夕暮れてきた。

クロスカブCC110

クロスカブCC110



日が落ちてしまった。

コロナ患者がますます増えてきた。2020年11月27日 21時45分18秒

晴れた日が続く。
しかしコロナ感染はますます増えていく。
国民のほとんどがまだ早いと危惧したGOTOトラベルはやはりトラブルになった。

人が動けば感染が拡大するというのはこれまでの経験からわかると思う。
GOTOイートの方もそれに輪をかけている。
相乗効果で患者数が増えてきた。

それにしても患者がこれだけ増えてきても看護体制の対策や治療機関への対応は過去の感染拡大のときと変化ないというのはつらい。
GOTOトラブルに追われて肝心な所に注力していないのが見え見えである。
シミュレーションをするためのソーゾーリョクがないのだね。
もう一つの関心事には、Aさんの悪さ加減が暴かれているがどういう決着をするかがある。

今日はウンドーフソクを少しでも和らげようと緑花センターへ行ってきた。
鳥も鳴き声はするが林の中で飛び回って姿が見えない。唯一メジロがカメラにおさまってくれた。


ユズリハの実をたくさんで飛んできて食べていた。


「チッチッチ」と鳴きながら飛び回っていた。ピントが合わせにくかった。





今日は少し寒かった。2020年11月24日 20時37分23秒

とうとうTさんも政権を譲る。
とはいいつつ完全に決まるまでいろいろ手数が必要らしい。
そのシステムはにわかにわかりづらい。
いずれにしろ早く動き出してほしい。

GOTOも依然バタバタしている。
決断が遅いね。

これをたたきながら時々日本シリーズの経過を見ているが、すでに0対2でソフトバンクが勝っている。
なんとなくまた今年もソフトバンクのワンサイドのような気がする。
ベンチを見てもソフトバンクの選手の方が生き生きとした顔をしている。
最近は巨人の選手は菅野しか知らない。
後の選手はほとんど知らない。
そういえば相撲もあまり関心がなくなった。
大鵬や柏戸が元気だった頃は星取り表まで作って優勝予想をしたけどね。
こんなことを言うと古いといわれるだろうね。

もう一つ、最近年代を感じるのは、若い人の名前が読めず書けないことである。
画数の多い字など特に難しい。
ハンコレスを言われているが画数の多い字を使った名前の人はサインするとき困るのではないかと思ってしまう。

今日も500mmを持ち出して鳥を撮りに行ったが、緑花センターは休みだった。


練習を兼ねて根来の道の駅近くの、ため池の鳥を撮った。


月は東に日は西に。月がくっきりと青空に浮かんでいた。
満月ではないが500mmだとこの大きさで撮れる。
手前はハゼノキ。

カワセミは撮れず。2020年11月22日 20時44分00秒

今日もそれほど寒くはなかった。
今日は釣りをやめてカワセミ撮りに専念しようとオリンパスフルセットとコンデジを持って出かけた。
鳥の声はするのだが藪の中を飛び交い、にわかバードウォッチャーには姿を見せてくれなかった。

今日に限ってジャコがピョンピョンと水面をはねながら逃げていた。
水面下ではバスがジャコ達を追っていると思う。
そんなところにルアーを打てば一発ヒットなんだけど今日は道具がない。
悔しいが水面のざわめきを見ている以外にない。

カワセミも飛んではいたが、目指す木にはとまってくれなかった。
コーヒータイムをしばしばとったが、火打ち石の火の付き具合も悪かった。
ま、今日はあきらめた。
夕暮れが早くなったのを感じる。


一気に黄葉になり、黄色のカブちゃんも目立たなくなってきた。


ヒョウモンチョウの一種かな。これはコンデジ。なんとなくすっきりしない。


コーヒーを飲みながらカワセミを待つ。今日は三脚まで用意した。


撮るものがないので500mmミラーレンズで泳ぐヘラブナを撮った。
ピント合わせが難しかった。

昨日親しかった友人の喪中はがきが来た。
同い年なのでつらい。

今日は少し寒く風が強かった。2020年11月21日 21時27分18秒

今日は少し寒かったが、11月としてはまだ暖かい。
風がやたらと吹いていた。

コロナ患者がずんずん多くなっているけど、これだけ人の移動が激しいと感染リスクは高くなる。
これは誰しもが予測していたことだった。
たしかGOTOキャンペーンはコロナが落ち着いてからということだったが、落ち着かないまま経済を優先し、見切り発車したが予想通り第3次感染を迎え、これまでの大流行よりさらに増えている。
Sさんは、観光支援事業「Go To トラベル」の運用見直しを表明したというがいつ何をどうするのかがはっきりしない。
こういうことがAさんの時から続いている。
旨くコロナ禍を乗り切っている国を参考にし、それをさらにバージョンアップさせるという発想はないのかな。

キャンセル料を払ってまで行くのをやめさせるという発想がなんかちぐはぐ。
ならばはじめからキャンペーンなどを打たないで各県内のみでの往来を推進し支援金などを手厚くした方がよかったのではないかと思う。
キャンペーンに乗っかって旅行に行ける人はいいけど、解雇されたり、職場をなくしたりした人のリカバリーがほとんどなされていないのと、潤っているのが大手だけということに腹が立つ。

「さらに強い対策を講じる事態を回避するため、国民の協力が不可欠だ」と呼び掛けていると言うが、政府は国民のことなど考えていない。それでもまだ国民に協力しろという。

今日は親戚のお墓参りの後、少しウォーキング。


ミラー500mmレンズで、少しもたついた。まだまだ練習が必要である。



この木は確か天然記念物。


この辺りのおうちは瓦が立派なのが多い。お地蔵さんの祠も瓦葺き。


瓦の上でさえずるイソヒヨドリ。


ここのお地蔵さんの祠はしゃちほこがある。もう一つを探したが見当たらなかった。


「いらっしゃいませ」のお人形さんだがなんとなく元気がなさそう。

今日も夏日。きていたスェットを脱いだ2020年11月20日 20時00分35秒

今日も暑かった。
朝から医者に薬をもらいに行ってきた。
お年寄りが大勢きていた。みな一様に書類を持ってきていた。高齢者の検診のようであった。
おばあさんお名前が呼ばれた。
「**さん検診の前に体重と身長測ります」
「はい」
「146センチですね}
「ええ、私そんなに小さくないで」
「あのね。身長は小さくなります。大きくなりません。体重は増えるけどね」
「・・・」
待合室にいた人がマスクの顔を見合わせていた。
話をしたいけれどマスクが邪魔をして皆無言であったが目は笑っていた。
私も年々身長が下がっている。
人ごとではない。一ヶ月で4センチ背が伸びたのは中学生の頃だった。

クリニックの帰りに平池に少し立ち寄った。
PENに500mmのミラーレンズをつけたのでどんな写りをするかテストをしたかった。
500mmは35mm換算1000mmの超望遠となる。


カメラに比べてレンズはかなり大きい。


古いレンズだがなんとか写っていた。


ジョロウグモもかなり離れていたが撮れていた。
ミラーレンズ特有のリングボケの出る所を探したがなかった。
しかしこれでカワセミを撮るための段取りができた。なんとか使える。


これは普通3脚を立てて撮るべきだろうが手持ちで立って撮った。
息を詰めてぶれないように撮るが、昔はシャッターを押しきるまで息を止められたが、今は続かない。それに撮り終わった後ふらふらと体がそよぐ。
山に登る中高年が遭難するのもこんな時ではなかろうか。


フェイスブックで仲間が丹生長谷神社の銀杏の葉が黄葉していたのをカキコしていたので今日ぐらい散るだろうと思い走った。
やはり盛大に散っていた。
木に葉はほとんど残っていなかった。



銀杏が今にも落ちようとぶら下がっていた。



地面にもかなり大量に実が落ちていた。


だるま石渓谷。そういえば中心の石をよく見ればだるまさん。



せっかく晴れたのに大雨が降ってきた。


東屋が見当たらなかったので山肌に車を止めてティータイム。


今日は夏に逆戻り。暑かった。2020年11月19日 21時37分37秒

今日は暑かった。
11月にこんな暑さは初めてじゃないかな。
そういえば朝のワイドショーで九十九里浜にハマグリがそれこそ億単位で打ち上げられみんなが拾っているとか。
こんなことはふるさとでもなかった。
やはり海水温が上昇しすぎてハマグリも逃げたのではないかと、私は勝手に推測する。

とにかく二十七度あった。夏である。
高野山の紅葉がどうなっているか知りたくて走った。
途中丹生都比売神社に立ち寄った。
大勢の人が来ていた。
盛りの時で明日になれば葉が巻くか黄色になってしまうかである。

そして高野山にあがったが高野は十九度あった。この時期の十九度は高野山としては暑い。

高野の奥の院の道を散策したが、来るごとに新しい発見をする。
写真が多くなるので一部にする。

丹生津比売る神社

もう少し境内が赤くなっていると思ったがそうでもなかった。
やはり時期が遅くなっているのかもしれない。
それでもこれだけの秋を残していた。

丹生都比売神社

丹生都比売神社

丹生都比売神社

七五三参りだが神主さんが祝詞を上げているが本人は遊んでいた。

丹生都比売神社

丹生都比売神社

丹生都比売神社

丹生都比売神社

丹生都比売神社

丹生都比売神社

丹生都比売神社

これは高野山。ご時世かマスクをしている。

高野山

お坊さんもマスクをしている。

高野山

夏に酒戻りのような陽気だった。2020年11月18日 20時25分10秒

今日は夏が戻ったみたいな気温であった。
いろいろ用事がありどこへも行けなかった。明日もいい天気そうなので明日またバードウォッチングでもと思っている。

11月6日に花園に行く途中で立ち寄った。
そのとき大銀杏の葉はまだ緑だったが今頃は黄色に変わっているかもしれない。

銀杏の実がたくさん落ちていて少し拾った。
それにしても立派な銀杏だった。

長谷丹生神社は丹生都比賣命・大黒主の命の二座を、主祭神としている。
弘法大師高野山入山後も、六ヶ七郷を天の大社の社領とし、年中祭礼の料也とある。
七郷の中の長谷村(現伊都郡かつらぎ町新城地区、海草郡紀美野町長谷宮地区)の鎮守社として祀られてきた社であり、現在の社殿は明治30年に改築されたという。
10月10日神幸祭 御旅所まで青年団子供会氏子中で「山車」を先頭に神輿の渡御あるというが見たことはない。

長谷丹生神社

長谷丹生神社

長谷丹生神社

長谷丹生神社

長谷丹生神社

長谷丹生神社

長谷丹生神社

長谷丹生神社

長谷丹生神社

ネンガジョウの季節であるが、⒉,3年前から来年からは出さないというメッセージを書いたのもちらほら来るようになったが、先日話をしているとそういう人に限ってすぐ亡くなっていると言われた。

やっぱり今年も出そう、と例年になく早くにデザインも決め、印刷を始めた。
例年12月末でないと完成しないのだが今年は早くに出せるだろうか。