高野女人道続き2017年03月20日 20時53分51秒

昨日の続き。
坂を下りると小さな橋があって、再び登りになります。


道はさらにきつい登りになって上に続きます。

高野女人道

稜線に出ると遠くまで見渡せます。

高野女人道続き

赤松がたくさん。
その昔はきっとたくさんの松茸が採れたことでしょう。

高野女人道続き

さらに登ると遠くの山がかすんで見えます。

高野女人道続き

相の浦口に地蔵さんがあります。

高野女人道続き

案内表示を兼ねています。

高野女人道続き

道はまだ登りが続きます。

高野女人道続き

野猿かアンテナの基礎の跡が残る広場に来ます。

高野女人道続き

高野女人道続き

やっとついた頂上にはテレビのアンテナが立っています。

高野女人道続き

大滝口女人同跡には5時に到着。
ここで小辺路ルートとクロスします。
時間がないので、高野の町中に降りることにしました。

高野女人道続き

途中の道にはまだ雪が残っていました。
さすが高野山。

高野女人道続き

今日は暖かだったですね。
朝から以前から気になっていたバンパーのへこみを修理しました。
結構時間がかかりましたが、なんとかそれほ目立たなくすることができました。

バンパーを外し、へこみをたたき伸ばして、再び取り付けました。

作業をしていると近所の人が、

「素人の仕事にしてはいいんじゃないですか」

という感想でした。


鳥の分布2017年03月14日 21時29分28秒

今日新聞のスクラップをしていると「カラス都会を去る」という見出しで、鳥の分布に変化があるという記事がありました。

都市部のカラスが2000年には18664羽だったのが2015年には4816羽に減っているそうです。
カラス対策が功を奏した結果で、徐々にその数を減らしています。
ところがツバメやスズメも数を減らしているということです。

これは巣を作る場所がなくなったせいでしょうね。
今の家は彼らが巣を作るところがないですね。

我が家では毎年換気扇の隅に巣を作り、子育てをしています。
今も巣作りの準備をしているらしく、かわいらしい足音が聞こえてきます。

記事では、繁殖の失敗率も都市部で高い数値となっているようでそのことも個体の減少に輪をかけているようです。

ところが森林の復活や自然を生かした護岸工事が増えたせいで、カワセミやオオタカが増えているとも書いていました。

注目すべきは人が餌をやっていたドバトは浅草寺に2000羽いたのが餌をやらなくなってから50羽に減ったそうです。また不忍池のオナガガモも6000羽から70羽に減ったということです。

やはり人による餌やりも生態系に大きく影響を与える、といういい例です。

文中で、都市鳥類研究会の代表は

「鳥は社会の鏡だ。新たに進出する鳥も消える鳥も都市が抱える何らかの問題を映している」

と指摘しています。
都市部の鳥の栄枯盛衰は、人間は鳥とどう共生すべきかという問題を
訴えかけている。と締めくくっていました。

なんとかいいバランスでこれからも楽しませてほしいですね。

今夜は少し列車を・・2017年03月13日 22時08分59秒

今夜の帰りはウンドーブソクを少しでも解消するために大阪駅まで歩きました。
距離は短いですがいろいろ見るところやよりたいところがあって困ります。

ホームで待っていると新しい車両がやってきました。
デザインも粋ですね。
オレンジのラインが効いています。
カンジョーセンにはおしゃれすぎる感じがしないでもないですが。

新しい環状線

新しい環状線電車

カンジョーセンはこの車両が合っている気がするのですけどね。
新しい車両のオレンジはこの色を継承したのかもしれません。

古い環状線電車

古い環状線電車

そして我が通勤列車。
10人いたら10人ともケータイを見てますね。
離れて撮りたいですが位置を離れると席取り合戦に負けるので、並んだまましか撮れません。
日曜日などじっくり狙うのも面白いかもしれません。


並んで待った列車が来、乗ってさあ座ろうとすると後ろから来た中年の女性が私を押しのけて席に座ってしまいました。

「オーノー」という感じでその女性をまじまじと見てしまいました。
こんな人もいるんだ、と思ってしまいました。
吉本だと漫才のネタにするのでしょうね。
結局私は三国ヶ丘までたちました。


電車のでは前のおじさんが二本目のカンハイボールを飲んでいました。
信号の赤らランプや緑のランプがカンに写って流れます。

これが旅行中ならいいのですが、通勤のルーチンですからあまり面白くないですが、こうしたシーンはなんとなく好きですね。

物語があります。

EXILIMのテストCB400SS2017年03月11日 21時47分29秒

CB400SS
今日は少し暖かいかなと思っていましたが、風があってそれほど暖かく感じませんでした。
朝から釣りに行こうかと思い用意しましたがいけませんでした。

昼かなり遅くなってからCB400SSで先日取り付けたカシオEXILIMのテストにひとっ走りしました。

桃が咲いているところをあちこち探しましたがまだ少し早い感じです。
梅が咲いていたのでその前でカシャ!

スクリーンに取り付けたカメラ部は、かなり揺れますがそれなりに撮れていました。

https://youtu.be/GINFd6Gqhuc

今日は震災の日ですね。

会社でテレビの中継を見たとき、これは大変なことになると大騒ぎになりました。

あれから6年たったのですね。

それにしても原発事故は余計でした。
女川原発も同じ状況だったのに持ちこたえたということは、福島はやはり人災だ、と思います。

このとき感じたのは、原発事故で放射能が漏れたのを米軍のドローンがいち早く察知し、他の国は自国民の国外避難をチャーター便を出してまで退去を呼びかけましたが、当の日本国民はほとんど何も知らされず本当のところを隠され知らされないまま今に至っています。

地震は自然災害である意味避けられない部分がありますが、原発事故は人間が作った施設によるものなので残念ですね。

我が家の前も中央構造体が走っているので、いつ地震に襲われるかわかりませんので、そのときどうするかをシミュレーションしておかなければと思っています。

1980年街角2017年03月06日 22時10分02秒

最近世界中でふん切れの悪いことばかりが続いています。

お隣の国のお兄さんの殺害に関してもどうもよくわかりません。
ミサイルまで撃ち込んできました。

海の向こうでは盗聴したのしないの。

先日のI元知事のかっこ悪いインタビュー。
そして際限のない学校建設に関わる泥仕合。

なんとも訳のわからない事態が世界中で起こっています。
人間はいつまでたっても同じことに繰り返しなのでしょうか。

これからの世界の行く末を、しらけつつもきちんと見ていかなければいけませんね。

写真は1980年3月、天王寺公園でのスナップです。



今夜の帰り、また居眠りをしていて、皆が一斉に降りたのでついつられて一駅早く降りてしまいました。
3分後にすぐ次の電車が来たので特に問題はなかったのですが・・・

町石道てくてく2017年02月26日 20時54分27秒

今日も朝から割といい天気でした。
またミカンを庭の木に刺しました。

早速ヒヨドリがやってきました。
結構面白いのと、レンズのテストに彼らを撮りました。

今日はOM-DにトキナーSD70-210mmf4.0-5.6をつけ撮ってみました。
ズームで210mmにしたときどう写るか楽しみでしたが、そこそこ写っていました。

210mmではいまいちアップできないのでOMマウントのケンコーテレプラスをつけて140-420mmで撮ってみました。

やはりコントラストは悪くなりますが、これもなんとか写りました。

これは使えるという判断をし、昼から歩いた町石道に持って行きました。

ヒヨドリ

これがトキナー70-210mmf4.0-5.6で撮ったものです。

ヒヨドリ

トキナーSD70-210mmf4.0ー5.6にケンコーテレプラス×2倍をつりつけた撮ったものです。

コゲラ

まず天野の丹生都比売神社から笠松峠まで歩きましたが、その途中の木の上で、「コンコン」と音がしていました。
「ん、これかキツツキの音じゃないかな」と上を見るとコゲラが木をつついていました。
私にとっては滅多に見ることがない鳥なので、トキナーを210mmに延ばして撮りました。
300mmくらいがあればきちんと撮れたのにと少し残念です。
暗いし鳥が頭を高速で木に打ち付けるので撮り難かったですね。

コゲラ

頂上の六本杉。

町石道 

はい、ブランクのところに文字を入れなさい、という感じの看板。
どんな言葉が書かれていたのでしょうね。

町石道

ここを歩いた人がぶら下げていったのですね。

町石道

椿の季節です。

町石道

二つ鳥居の手前に展望台があり天野の里が一望できます。

町石道

コーヒーブレイク。

町石道

町石。

町石道

二つ鳥居。

町石道

町石道

行き過ぎていった男性。慈尊院から大門まで歩き、また慈尊院に戻るということでした。

「すごいですね」
「いやいや、慈尊院までだから暗くなるかもしれないね」

といいながら元気に歩いて行きました。
子供さんを連れた男性も行き過ぎましたが、その方は天野の方で、

「いやこの道を時々倒木などがないか見回っています」

それで以前と比べるとずいぶん歩きやすかったのですね。

ありがたいですね。世界遺産になったのでこれからもいい道になるでしょう。

町石道

いろいろあちこち、歴史を見学してきましたが、また別に日に・・。

文字の読み間違い2017年02月22日 12時32分47秒

今朝もバイクで出ようと思いましたが、-2℃でしたのであきらめました。
いつまでも寒いと思いますが、来週はYAHOOお天気を見ても比較的気温が高いので楽しみにしています。

世の中のことを言えば、安倍首相が、「民進党の皆さんだとはひと言も言っていない。訂正でんでんとの指摘はあたらない」と字を読み間違って答弁したということが話題になっています。

自分で書かないからこうなるのでしょうね。
私もその昔、議会答弁用の回答を何度か作ったことがあります。

その時は、読み間違いがないようにあんちょこを作り、渡しました。

今の議会答弁のドタバタは、自分の言葉を持たないから話がややこしくなるのでしょうね。
いいも悪いもトランプさんをはじめ各国のトップは大概の事案には、自分で即座に答えています。

小学校の英語もいいですが、ディペート能力を鍛えるように学校でもそんな時間を取ってほしいです。外国ではその時間が多いようですね。

私たち日本人は子供の時からろくな討論もせず、なあなあの会議ばかりをやってきて、今の国会風景につながっている感じがします。昔と変わっていません。

文字の読み間違いですが「凡例」を「ぼんれい」、「廉価版」を「けんかばん」などという人が結構たくさんいます。
「楡家の人々」を、書店で「ひのきけのひとびとってありますか?」と大声で聞いていた人がいましたが、その時は店内のお客さんがみなそっちのほうを見ましたね。

五木寛之さんが講演で、「親鸞(しんらん)を『おやどり』と読む人が増えてきました」と嘆いていました。

私の場合は、読みよりも筆順がめちゃめちゃで、これはもう一度勉強しなおさなければなりません。人前で筆順が違ったら恥ずかしいので少しづつ直していますが追いつけません。

それと気を付けなくてはいけないのが最近ではパソコンによる文章の変換ミスですね。これはよくあります。
議会討論用の文章が変換間違いしていてそのまま読まれたりしたら、またまた大騒ぎになるでしょうね。

写真は、昨夜の街角風景と今朝の風景です。

街角

街角

いつもカメラを2017年02月17日 23時33分55秒

通勤の時もカメラを持ち歩いていると職場の同僚が、「盗撮ですか」とよく冷やかします。
会社のホームページやチラシの写真を撮るのには、やはり一眼レフでなくてはならないし、結果的に日々必要となるので持ち歩いています。

それだけではなくて、カメラを提げて通勤というのは、働き始めてからずっとです。
古くはオリンパスXAなどをいつも持っていました。

最近は当然デジカメですね。

プロは写真を撮るときだけ機材を持ち出しますが、私の場合はのべつ幕なしに持ち歩いています。

シロートですね。

やっぱりシロートは撮るものも、味噌もくそもという感じで、一向に人様に胸を張ってみせるような写真が撮れません。
それでも持ち歩いているのは、一種の精神安定剤ですね。
持っていると安心するのです。

ですからパソコンとカメラはセットで、いつも通勤鞄に入っています。
結構かさばるのと重さもあるので、なければ軽いだろうなとは思いますがその二つがないとなんとなく落ち着かないのですね。

それらを持たないで出かけると忘れ物をしたような気分で一日を過ごすことになります。山に登ったり旅行をするときは、ミラーレス一眼2台とそれらがトラブったときのためのホケンとしてコンデジを一台持って行きます。
レンズは大抵4本ですね。

4本持っていても使うのは2本くらいですが、これも持って行かないと撮り損ねがある
んじゃないかと不安なのです。

言ってみれば、レンズは栄養剤みたいな感じですね。

それに最近のカメラは予備の電池が必携です。
電池がないとカメラは動きませんからただの重りになってしまいます。
というわけで、荷物が増えてしまいます。
ま、これは写真をやるものの宿命ですね。

最近は通勤時にカメラをぶら下げていると、駅構内の階段で撮れといわんばかりに前をきわどい感じで歩く女性がいます。
後ろにはコワイおじさんがいてこちらの動きを見ている感じがします。
そんなのを撮ったら、
「会社員盗撮。逮捕される」
と新聞記事になるのでしょうね。

写真は1982年2月25日、勝浦八幡宮の祭礼スナップです。
久しぶりにスキャンしました。

この日あと3本のフィルムを使っていましたが、今日は2本72カットしかスキャンできませんでした。その72カットのうちの4枚です。





当時は祭りがあれば駆けつけて撮っていました。
なんとなくゆったりとした雰囲気が懐かしいです。

雪の高野龍神スカイライン2017年02月11日 20時49分04秒

今朝も目覚めると白銀の世界かなと思って起き出したら、おひさんが照っていました。
気温は相変わらず低いままでしたが・・

庭の木にミカンをさしているとヒヨドリが来ました。

いい天気だったので雪を見に高野山に走りました。


高野への道は麓から雪でした。
駐車場のトイレの屋根からつらら。

雪の高野山

雪の深さは30センチくらいでした。

雪の高野山

雪の高野山

大門も雪化粧。

雪の高野山

雪の高野山

途中でバンビが出てきました。

雪の高野山

道の途中で対向車の方がすれ違いの時、止まって窓を開け、

「龍神の方にいかれるのですか?」
「いや護摩壇山までです」
「それはよかった。龍神までの道は深すぎて危険です」
「そうですか、ありがとうございます」

護摩壇山の駐車場も真っ白。

車も中に入れないくらい積もっていました。
山に登ろうと思いましたが、山道も雪が深すぎてやめました。
スパッツもアイゼンも持っていましたが、スノーシューがいるぐらいの雪でした。

雪の高野山

雪の高野山

雪の高野山

雪の高野山

この後高野の方に帰りの道でスタックしている車がありました。
FFで前輪が雪の中に突っ込んでしまいタイヤが空転していました。
ストックや木の板でフロント周りの雪を砕き取り除き、後ろから押してやっと抜け出すことができました。
夕暮れが近い時間だったので割に早く抜け出せてよかったです。

高野山の駐車場で。

雪の高野山

郵便ポストも綿帽子をかぶったように面白い積もり方してます。

雪の高野山

雪の高野山

雪の高野山

気温はマイナス4.3℃。
高野龍神スカイラインの頂上はマイナス6℃でした。

寒いはずです。

雪の高野山

雪の高野山

地蔵さんも雪の中。

街角2017年02月09日 19時14分48秒

今朝も2℃でした。
なかなか暖かくなりません。

そういえば今日会社のT社製のパソコン3台のキーボードの修理を依頼しました。
以前から壊れていたのですが、セロテープで補修し、壊れたまま使ってもらいそのままにしていました。新たに2台が壊れ、さらにwindows7でなければ動かないシステムがあるので、修理することにしました。
同時期に5台入れたのですが、すべて同じ壊れ方をしました。

これって欠陥です。

他メーカーのは全然大丈夫で、もう10年くらい使っているのもあります。
やはりきっちり製品管理をしていないので、弱い部分がトラブルのでしょうね。
なんとなくその会社の、今の事態が当然のような感じがします。

写真は淀屋橋周辺です。

せっかくのいい建物を高速道路が横切り景観を遮っています。ヨーロッパではこういう道の付け方をするでしょうか。

下は中央公会堂。
いい景色ですね。ヨーロッパに引けをとりません。

この中央公会堂もある時期壊そうとしたらしいですが、これがなければ中之島は全くつまらない島になっていたでしょう。

残ってよかったです。

観光推進をするのならやはりこうした保護し、守るべきものをきちんとしてほしいですね。