街角2017年04月23日 22時39分52秒

久しぶりの東京出張で、大阪との違いをいろいろチェックしました。
それはまた追々書いてみたいなと思います。

イベントに参加して、トミーカイラを展示していると、大阪の人と東京の人でリアクションがずいぶん違うのを感じました。

大阪の人は、こちらの言っていることを理解しようがしまいが、関心を持ってとにかくいろいろ聞いてきますが東京の人は割と冷めた感じでちらっと立ち止まり、通り過ぎます。

以前ライクT3で東京の町を走ったとき、全然無視されたのを思い出しました。
大阪の人は指を指してあげくに写真まで撮りますが、東京は一切そういうのがなかったですね。

イベントでも同じのりでした。
大阪のコテコテノリノリが面白いと思います。

写真は東京の街角です。
樋に草が生えています。
向こうにはコンクリ打ちぱなしというより、全然完成されていないビルがあり、それでも一階には店が営業していました。

東京街角

これは同じような樋に書かれた落書きや張り紙。

東京街角

ちょん切れている樋に生えている草。高架橋の下です。

東京街角

これはレンガ造りのガード下の落書きと張り紙禁止の看板。

東京駅近くのこの橋脚はかなり古いらしいです。

東京街角

こうした風景をチェックしながら歩くのも面白いです。
昔はよくこうしたところを見つけて撮ったのですけどね。

最近はあまりできてないです。

めちゃ暑でした2017年04月16日 21時22分06秒

今日は暑かったですね。
今年の最高気温とか。

RAV4とフレアのタイヤをスタッドレスからノーマルに交換しました。
暑いので汗をかきながら交換しました。

休憩の合間に家の庭の「自然」を撮りました。

アシナガバチも巣作りが忙しいようですだれの表面を一生懸命かみとっていました。
かむ音がカシャカシャと聞こえていました。

アシナガバチ

家の庭に咲いている花です。



水瓶の中の蚊の幼虫が次々羽化しています。
この写真は今まさにサナギから抜け出して飛び立てるようになるのを待っているところです。


チューリップの中に桜の花びらが入っていました。


今日のニュースでバイクの販売が落ち込んでいるということが載っていました。
駐輪場も少ないのと駐車禁止になってから、販売台数が落ち込んむのも当然ですね。
高速道路も安くないですしね。

原付バイクもずいぶん少なくなった感じがします。
高校もバイク禁止が多いですものね。

メーカーも売れないと気合いが入らないでしょう。
いいバイクがたくさん道路にあふれるようになってほしいですね。

庭の花もたくさん咲いてきました2017年04月15日 20時39分47秒

一気に暖かくなって、よそより遅く咲く我が家の庭の花も咲き出しました。
フリージアやチューリップも一斉に花開いてきました。


水瓶の中には桜の花びらが・・
もう公園の桜も散ってしまいました。



チューリップの花の中に花粉まみれのコガネムシが2匹いました。


そして夜桜。
百合の山の桜のライトアップです。
町も昔よりぐんと明るくなっています。
LEDのせいか青色の光が多くなりました。

花見のお客さんが途切れずやってきていました。


今日はいい天気なのにどこにも行かず、録画しておいた、ケビン・コスナー主演の「ワイアット・アープ」を見ていました。
この映画面白いですね。
全部見る間がなかったのですが、「真昼の決闘」のイメージとちょっと違って、深みのある映画に仕上がっていました。
ケビン・コスナーかっこいいです。

残りを見るのが楽しみです。

満開の桜の下で2017年04月13日 17時40分47秒

今朝はいい天気でした。
これは写真を撮らなければ、とサクラの下に停車し、カシャ!

時間がないのでさっと止めてさっと撮りました。
KLEでも撮りましたが、CBでは初めてです。

CB400SS

かなりくたびれた案内板が少し邪魔をしています。
取り替えてほしいと思いました。

CB400SS

昼からは町おこしの打ち合わせで弁天町に行きました。
そこには写真のようなビンテージカーなどを集めた博物館があり、見学させていただきました。

クラシックカー

クラシックカーでJAFのようにレスキューをしている雰囲気を出しています。

クラシックカー

フェラーリで一番好きなタイプです。

クラシックカー

ルノーアルピーヌ。
その昔、これのプラモデルを作りました。

クラシックカー

アメリカ、ヨーロッパ車などを分けて4部屋に並べていました。
ほとんどが動き、車検も受け、公道も走れるようにしていました。

クラシックカー

こんなのを見ていると時間がいくらあっても足りません。
車好きは必見のスペースですね。

やっと暖かくなってきましたが2017年04月10日 21時51分36秒

久しぶりの田舎で春を探しましたが、思ったほどダイナミックに昆虫などでていなかったですね。

スカンポ(田舎ではゴンパチといいます)も昔のようにタケノコのような太いものがありませんね。


なんとなく小ぶりな春になりつつあります。
聞けば魚も釣れにくくなったとか。

貝類も藻が生えないので少なくなっているとか。


どこか自然のバランスが崩れつつありますね。

電車では黒いスーツの新入社員らしき集団がよく乗っています。
全員が黒いスーツなのですぐわかりますが、あまりにも画一的でなんとなくなじめません。もっといろいろな色を楽しんでほしいと思います。

これから私たちの年金を稼いでもらわなくてはいけないので、大事にしなくては。

グローバルなビジネス戦争に勝たなければいけないこれから、大変な時代になると思いますが、頑張ってほしいですね。

パン屋さんはだめなの?2017年04月05日 23時01分38秒

今朝の新聞にパン屋さんが外されて和菓子屋さんに変更されたと言うことが一面で載っていました。

それが道徳教育の本なのですね。
A総理になってからやたらおかしくなってきました。

さらに腹立たしいのが、K法務大臣のテロ等準備罪についての答弁で、他議員からの質問に、

「成案されてから説明いたします」

の一点張り。
成案する前にきっちり議論しないと大変なことになると、国民も危惧しているのにそれに全然答えていませんね。
審議が通ってとんでもない事柄が織り込まれている可能性があります。
そんな答弁を聞いていて法務大臣は本当のところ全くわかっていないのだと気づきました。これは答弁をテレビで見ている大多数がそう思っていると思います。
陰のように付き添っている役人さんらしき人にいちいち聞いていますものね。

教育勅語を学校教材に使おうという話もありますが、 I 防衛大臣が言う、

「核の部分は取り戻すべきだ」

ということ自体危険ですね。
核とは何だろうと言う気がします。その核を推し進めて戦争に至った負の歴史をまた繰り返そうとしている気がします。

今日はまだ体調が十分ではなく布団の中にいました。
桃と桜が一気に花開いてきました。

これからいい時期なのに体調など壊したくないのですが、仕方ないですね。少し免疫力が落ちているのかな。
少しのんびりしなさいと言うお告げかもしれません。

写真は家の前の公園の桜です。
まだ満開ではないですがきれいに咲き出しました。

春がそこまで来ました2017年03月26日 19時34分14秒

昨日から家の水瓶に餌をあげています。
メダカとカワジャコはこの冬を越しました。

餌をあげると夏のように元気ではありませんがつつきに来ます。
まずは一安心。

花もいろいろ咲き出しました。
これらの花は冬の間も咲いていたので、春を告げると言うには当たらないかもしれませんが。

ラフに撮ったので、これといった特徴のない写真になってしまいましたが、今朝咲いていた花をカシャ!

庭の花

今日もテレビを少し長い時間見ましたが、例の学校の問題ばかりでした。
もっと審議しなければいけない案件が山ほどあるのにね。

9億の土地をめちゃくちゃ安く売って、その売った国の責任者の姿が見えず記録もない。大阪府は審査が十分でなく認可してしまった。そして証人喚問が不発で慌ててしまった。

日本の政治の弱点が見えてます。
庶民にはめちゃ厳しいですが、大きなところではズルズルですね。

それでも庶民は声を出し続けなければいけないのですね。
先日見た南方熊楠のテレビ番組でも、前の三重県知事の北川さんが言っていました。

神社の合祀反対を南方熊楠が官僚である柳田国男あてに、施策を中止してほしいと手紙を書き、それが受け入れられ中止したと言うことですが、その引き金はやはり下からの突き上げが必要だったのですね。

最近は昭和60年代のように、デモをするとかが少なくなりました。
外国はすぐ行動に起こしています。

我々も不平不満をネットでばかりでなく、意思を直接ぶつける行動を起こす気風を作らなければいけない、と思ったりもします。

庭の花

今日もバイクも釣りもしませんでした。
日曜日に雨というのいやですね。

庭の花

いい天気だったですが・・・2017年03月25日 22時30分08秒

今日はいい天気で、バイクで少し長く走りたかったのですがやめていろいろ家の片付けなどをしました。

そういえば、最近は、ホームページを一から作ってアップする人が少なくなりました。
以前はページを作ったらカウンターをつけキリ番をとったらプレゼントをやりとりしていたのですが、最近はそんなのないですね。

ブログでページを立ち上げている人が多くなってきました。

しかしページを書いて作り込むのは別の面白さがあります。
写真の配置や文章を考えながらたたいていると時間を忘れます。

1998年からページを立ち上げ、当時はタグを一つずつ打ち込んでいたので時間がかかりました。

画像や割り付けが思い通りにならなくて苦労しました。

最近はいい作成ソフトがあるのでかなり早くなりました。
ただ大概の専用ソフトは、バグがありうまく表示されないときがあります。
そのような時のリカバリーは、HP開設当時にタグうちに苦労したことが役に立って、すぐにどこが悪いか見つけることができ、エラーを直すことができます。

今、ページ全体を見直し、作り替えているところです。
やっぱり開設当時のページはうまくできていないので、今のブログの画面になれているとぱっと見違和感があります。

ページのトーンを合わせながら、極力写真のサイズも合わせて作り込んでいます。
ページ数が多いのでかなり時間がかかりますが、写真を追加したり文章を校正したりで結構楽しい作業です。

テレビを見ても実りの少ないやりとりを延々とやっていますね。
早く決着をつけてもっと大事な法案の審議をしてほしいです。

海の向こうではオバマケアが残りましたね。
これはよかったですね。
大統領がいくら言っても、だめなものは通さないという、行政機関の筋の通ったやり方がいいですね。

それに比べて我が国のこのていたらくは・・・
一体どうなってるのだと言いたいですね。

写真はニューヨークの街角です。
今日は久しぶりにフィルムのスキャンをまとめてやりました。
今日はアメリカ旅行の時のポジフィルムを重点的にやりました。

また行きたくなってきました。

ニューヨーク

ワールドトレードセンターからかな?

ニューヨーク

メトロポリタン美術館

ニューヨーク

ハイドパーク

ニューヨーク

どこかのストリート。

ニューヨーク

フルトンマーケット近く。

ニューヨーク

なんとなく大人の雰囲気の街角ですね。
安っぽいのぼり旗などありません。

高野女人道続き2017年03月20日 20時53分51秒

昨日の続き。
坂を下りると小さな橋があって、再び登りになります。


道はさらにきつい登りになって上に続きます。

高野女人道

稜線に出ると遠くまで見渡せます。

高野女人道続き

赤松がたくさん。
その昔はきっとたくさんの松茸が採れたことでしょう。

高野女人道続き

さらに登ると遠くの山がかすんで見えます。

高野女人道続き

相の浦口に地蔵さんがあります。

高野女人道続き

案内表示を兼ねています。

高野女人道続き

道はまだ登りが続きます。

高野女人道続き

野猿かアンテナの基礎の跡が残る広場に来ます。

高野女人道続き

高野女人道続き

やっとついた頂上にはテレビのアンテナが立っています。

高野女人道続き

大滝口女人同跡には5時に到着。
ここで小辺路ルートとクロスします。
時間がないので、高野の町中に降りることにしました。

高野女人道続き

途中の道にはまだ雪が残っていました。
さすが高野山。

高野女人道続き

今日は暖かだったですね。
朝から以前から気になっていたバンパーのへこみを修理しました。
結構時間がかかりましたが、なんとかそれほ目立たなくすることができました。

バンパーを外し、へこみをたたき伸ばして、再び取り付けました。

作業をしていると近所の人が、

「素人の仕事にしてはいいんじゃないですか」

という感想でした。


鳥の分布2017年03月14日 21時29分28秒

今日新聞のスクラップをしていると「カラス都会を去る」という見出しで、鳥の分布に変化があるという記事がありました。

都市部のカラスが2000年には18664羽だったのが2015年には4816羽に減っているそうです。
カラス対策が功を奏した結果で、徐々にその数を減らしています。
ところがツバメやスズメも数を減らしているということです。

これは巣を作る場所がなくなったせいでしょうね。
今の家は彼らが巣を作るところがないですね。

我が家では毎年換気扇の隅に巣を作り、子育てをしています。
今も巣作りの準備をしているらしく、かわいらしい足音が聞こえてきます。

記事では、繁殖の失敗率も都市部で高い数値となっているようでそのことも個体の減少に輪をかけているようです。

ところが森林の復活や自然を生かした護岸工事が増えたせいで、カワセミやオオタカが増えているとも書いていました。

注目すべきは人が餌をやっていたドバトは浅草寺に2000羽いたのが餌をやらなくなってから50羽に減ったそうです。また不忍池のオナガガモも6000羽から70羽に減ったということです。

やはり人による餌やりも生態系に大きく影響を与える、といういい例です。

文中で、都市鳥類研究会の代表は

「鳥は社会の鏡だ。新たに進出する鳥も消える鳥も都市が抱える何らかの問題を映している」

と指摘しています。
都市部の鳥の栄枯盛衰は、人間は鳥とどう共生すべきかという問題を
訴えかけている。と締めくくっていました。

なんとかいいバランスでこれからも楽しませてほしいですね。