高野山に紅葉を見に登った2019年11月04日 22時27分10秒

山に久しく登っていないので、少しトレーニングのつもりで高野三山を登ることにした。
今日は車が混むだろうなと思っていたが、それは当たり、高野山内のどの駐車場もいっぱいで、スカイラインに少し入ったところに臨時駐車場ができていて、そこに駐車した。
はじめは2台ほどだったが、登山の準備が終わるころにはもう10台ほどが駐車をしていた。

歩き始めは12時ちょうど。いつもながら遅い出発である。
まず奥の院参道に向かった。
紅葉目当ての人がいっぱいだった。
参道を抜け、水子供養塔の前を過ぎたのは12時30分であった。
いろいろ見学したり、写真を撮りながら歩いて摩尼山登山口についたのは12時45分だった。
昼食もせずに上り始めた。
約20分ほど歩いて摩尼峠についた。
そこで昼食することにした。
昼食はふもとのセブンイレブンで買ったおにぎりとサンドイッチにした。
昼食は30分ほどかかった。
歩き出そうとしたとき下から外人の男女二人連れが登ってきた。
最初の女性が、

「コンニチワ」と日本語であいさつしてくれた。

二人目の男性には私が、

「ハイ!」

と呼びかけた。
ニコッと笑いで返してくれたが、言葉はそれきりだった。
わき目もふらない感じで登って行った。
次に会った二人の外国人女性には笑顔で挨拶をしただけだった。

途中6人に出会ったが、4人が外国の人だった。

再び歩き始め磨尼山山頂についたのは、14時26分でかなり遅かった。
そこから1時間足らずで黒河峠分岐につき、これからの距離と駐車場に着く時間を考えて、楊柳山方面にはいかず、そこから三本杉への道をショートカットすることにした。

三本杉についたのは16時16分で、いつものように湯を沸かし、暖かいココアを飲んだ。20分ほどゆっくりし、もとの駐車場に着いたのは17時16分で、これまたいつものように私の車が最後に一台ぽつんと残っていた。

久しぶりの山だったので少し不安はあったが、何とか歩くことができた。
今度はもっと長いところを歩かなければと思う。
今日のルートはちょうどいい距離とアップダウンの山道だったかなと思う。

もっと紅葉を期待していたが、まだ完全ではなく、銀杏の葉もなんとなく今年は小さく感じるが、黄葉はきれいだった。温暖化の影響で紅葉も昔のように赤くならないかもしれない。

高野山 磨尼山

高野山 磨尼山

高野山 磨尼山


高野山 磨尼山

水子供養塔。

高野山 磨尼山

途中で見た大国さんだがなぜここにという感じでポツンとあった。

高野山 磨尼山

案内板の上に載っていたくまさん。

高野山 磨尼山

いがぐりのからが苔の上に。

高野山 磨尼山

磨尼山山頂にある祠。

高野山 磨尼山

祠の中の如意輪観音。

高野山 磨尼山

高野山 磨尼山

道に生えていたキノコ。
今日はキノコウォッチも楽しみだったが思ったより種類はなく生えていなかった。

高野山 磨尼山

黒河峠。巨木が毛こそぎ倒れていた。

高野山 磨尼山

三本杉のほうに降りた。

高野山 磨尼山

道の途中でこれも根こそぎ倒れたヒノキが道を完全にふさいでいた。

高野山 磨尼山

この道の終わりころに、トロッコの線路がある。
昔木を切って運んだのだろうか。

高野山 磨尼山

三本杉に到着。

高野山 磨尼山

ココアブレーク。

高野山 磨尼山

もうお月様が出ていた。

高野山 磨尼山

ポツンと一台。


税金のことなど2019年11月03日 22時26分47秒

消費税が10%に上がってだいぶ経つ。
結局税率に合わせレジなどのプログラムをやり替えたシステム屋さんが儲けて、特に飲食店さんの負担だけが増えただけのような気がする。
店で物を買って店内で食べると10%でテイクアウトすると8%というのも腑に落ちない。
誰が軽減税率などという発想をしたのだろうか?
よその国もこんな中途半端な税額になっているのだろうか。

スーパーで売る食料品やその他の生活費必需品は一律10%、それ以外のぜいたく品は15%くらいまでに上げればよかったのにと思う。
生活感覚のない人たちが政府に忖度して、選挙の時の言い逃れをしやすいようにシステムつくりをした気がして仕方がない。
選挙の時言うだろう。
「生活必需品の税率はあげていません」

普段生活の中で、消費税が上がったことを感じるのは、通勤で特急に時々乗るが、これまでは640円だったのが、660円に上がったことである。
何か損をしたように思う。

最近Aさんの元気が少しないような気がするのだが気のせいかな。
国民のことはあまり考えてくれず、A国のTさんにおべんちゃらばかり言っている感じがするけどね。
少し国際情勢も違った方向に変わりつつあるからね。

写真はスキャンしたものなので少し古いが、コスモスについていたカメムシの一種かな。改めてみるとあまり見かけない虫である。

秋晴れのいい天気2019年11月01日 22時38分33秒

朝夢でまたバイクが出てきた。
やっぱり走り回っていた。
夢の中でもかなり長い距離を走っていた。
乗りたいのだ。

今日は朝からお医者。
いつものことだが結構時間がかかった。
いい天気だったのだが中途半端な時間に帰ったので釣りにも行けず、少し残念だった。
早く終われば町をウォッチングしようと一応カメラは持って行ったが、撮れなかった。
ま、こういう日もあるか。

関東の台風の爪あとはまだ当分癒えそうにもない。
洪水のニュースを見ながら思ったことは、やっぱりどの川の流域も、遊水地に家をたくさん建っているということである。
田圃をつぶして宅地にしているところが多い。
昔の人は洪水に苦しめられたので様々な工夫をこらしている。
それを忘れて宅地にしているので洪水になるとひとたまりもない。
また水のコントロールも十分にできなかった感じである。

気の毒なのはそんなところに家を建てた人たちである。
行政の町つくりを信じて家を建て、まさか洪水などおきるとは、想定していなかっただろう

避難所も水没したところやがけ崩れで壊れたところもある。
そんなところに避難所を建てること自体どうかと思う。

なんとなく人災を感じるのは私だけだろうか。

想定外の雨ばかり降るが、先日も書いたがこれからは想定外が使えない。すでに何度も起こっているのだから被害を想定した対策を早く講じてほしい。
専門家はあまりあてにならないので、地元の人たちで工夫を凝らして災害のない街を作ってほしい。

今度の台風被害でも住民が早くしてくれと言っているのに、後回しにされて被害が拡大してしまったところもある。
あるゆる災害を想定してより強い国土つくりをしてほしい。
ジェット機やコストの合わない武器など、買っている場合じゃないと思うけどね。

写真はふと見た木の枝で悠然と獲物を待っている、カマキリ君。

首里城が焼けた2019年10月31日 21時04分00秒

朝テレビを入れたらいきなり見たことのある建物が猛火に包まれていた。

なんと首里城が燃えていた。
それも半端な燃え方ではなく、炎が立ち上がっていた。

ここは一度訪れたことがあるところで、沖縄のシンボル的建物で、いい建築物だっただけに残念である。
なぜスプリンクラーがなかったのか、なぜ他の建物にまで延焼したのか、不思議だ。

木造建築だから万全の対策をしておくべきであった。
それにしてもなぜあれほどの火が出たのか。
原因を知りたい。

これらの建物が焼けてしまったとはにわかに信じがたい。
 
首里城

首里城

首里城

別の話であるが、情けない記事でまた閣僚が辞任した。
これで二人目である。

妻の選挙違反の責任を取る形で辞任したというが、単にウグイス嬢の手当てが限度を超えて支払っただけという、とても政治のプロのやることではない感じ。

籠池さんも判決が出た。

いろいろあって秋が深まり朝晩少し寒いくらいになってきた。
明日からもう11月である。カレンダーが2枚を残すだけになった。

里山歩きがしたい2019年10月29日 20時53分01秒

最近里山を歩けていない。
その昔は、里山やひなびた漁村の面白さに魅せられて、近くの集落に足しげく通った。
最近はとんと行けていない。

1973年から1990年くらいまでにはたくさんの写真が残ったが、最近はほとんど撮れていない。
日本が変わっていく様を自分なりに記録していきたいと思うが、ままならない。

1960年から1970年代の景色はどこもほのぼのとしてなんとなく豊かな感じがしたが、高度経済成長に続くバブル期以来日本は変貌し、今は後戻りできない状態になってきた。ヨーロッパの国々は国を挙げて地球環境も含め、昔に戻そうと頑張っているが、日本はその気配がない。

少し寂しい。

政府はまた介護保険制度を変えようとしているが、ちらっと見ただけだがますます弱者が虐げられる感じである。

昭和から平成時代の悪いところばっかりが引き継がれている気がする。
昭和30年代の、貧しいけれど豊かだった頃が懐かしい。

なぜ里山が好きかというと、昭和30年代の昔とあまり変わらないたたずまいにノスタルジーを感じるからである。

写真は昭和50年(1975年)の熊野川沿いの村である。




またまた大雨被害が・・2019年10月27日 18時32分22秒

台風がそれたと思っていたら雨が、またまた降って千葉が被害を被った。
古来から、関東平野は川ばかりで、危険な土地だった。
それを人間が長いことかけて手なづけたようにあっても、自然の力の方が強かった。
もう自然が牙をむくことがないことを、祈らずにはいられない。

こちらは地震の危険が増している感じで、いつ揺れてもおかしくない。
どんな状況にあっても生き延びる方法をシミュレーションしておかなければと、いつも思う。

地震が来ても大水が出ても、カヌーで使うライフジャケットは役に立ちそうな気がする。
それとヘルメットがあれば幾分かは持ちこたえられそうである。

避難するときライフジャケットを着ていれば、仮に道路が陥没していてそこに落ち込んでも、浮くことができる。
仮に濁流に流されたとしてもライフジャケットはプロテクタの役目を果たしてくれると思う。ニュースで避難する人の映像を見ていてそう思った。

食料や水も大切だがそれ以前の問題で、まず我が身の安全を自分自身で確保すべきである。

温暖化によって海の温度が上がるとこれまで以上の強力な台風が来るかわからないので、備えはしておくべきと思うが、その中にライフジャケットとヘルメットを加えてほしいね。

幸い私はカヌーをやっているおかげで、ヘルメットとライフジャケットはある。
災害時すぐ取り出せるようにしておかなければと思う。

車で走っているとき地震が来て津波に遭ったらどうするか?
それはまだノーアイデアである。研究の余地がある。
水が来ればドアは開かないし、さてどうしよう。

写真は加太淡島神社に奉納されている人形で、1977年10月に撮ったものである。

加太淡島神社

加太淡島神社

どの人形も何か訴えているような眼をしている。
だから自分で捨てられずここに奉納するのかも。
毎年何万という人形が奉納され焼かれる。

この頃思うこと2019年10月25日 13時25分59秒

最近の学校はどうなっているのかと思う。
以前から学校が旧態依然で全然改革されていないのを感じていたが、先日来大きく報道されている先生同士のいじめの実態を見ていると、寒い。

これでは生徒にいじめをしないようにとは言えない。

報道が正しければ、めちゃくちゃないじめをしていた感じである。
生徒の自殺やいじめの問題を、問題が表面化してきてから、
「知らなかった」「問題はないと思っていた」と紋切り型の答弁がされる。
今回の先生同士のいじめ問題も、実際はもっと早くからわかっていたはずで、それを関わりたくないのでお互いが無視していたのではなかろうか。

なんとなくそんな気がする。

国全体がどこか行く方向を間違って、教育現場もその表れの一つかなと思う。
これでは世界に通じる教育ができない。

私は以前から思っていることだが、教育委員会の在り方が問題だと思う。
はっきり言って教育委員会はいらないと思う。
ある町の市長が組体操をやめなさいとツイッターで書いていたのに教育委員会はやめず、けがをする生徒が出た。

山を駆け回っていた時代の子供たちと、今、勉強一筋かスマホばかりやっている子供たちと、体力や危険予知能力にずいぶん差があるのを認識すべきである。

教育委員会は生徒を守る組織ではなく、自分たちを守る組織である気がする。
いじめや不祥事の隠滅は上手だが生徒の状況把握がへたくそな気がする。

写真は1974年10月、街角の石焼き芋屋さん。
こののんびりした感じがいいなー

焼き芋屋さん

焼き芋屋さん

今日は秋晴れだった2019年10月09日 19時40分01秒

タイフウの前の静けさか、今日は素敵な天気だった。

検査で入院したが,入院するのがもったいない天気だった。
台風のニュースで15号で被害に遭った地域の空撮があったがほとんどの家の屋根がまだブルーシートである。
次の19号も同じ規模だといっているがまだ修理もしていないのにお気の毒である。
早く温帯性低気圧に変わるのをまとう。
そうなったらなったで大雨が降るかわからないし、つらいね。

野球ではカネヤンがなくなった。
一時代を築いた選手だったけどもしカネヤンが大リーグへ行っていたら面白かったのにと思う。
阪神が奇跡的にCSに進出したのも面白いし、吉野さんがリチウムイオン電池の開発でノーベル賞をもらうとか、うれしい話である。
K電のゴタゴタはあっけにとられてしまうがそれにまつわる政治家はいないかどうか調べてほしいね。

写真の3連チャンで津祭り。
これで終わりにしよう。








かなり涼しくなってきたが台風が・・2019年10月08日 23時12分25秒

今朝は空模様は快晴ではなかったけれど、雲間からの朝日が、きれいだった。
昼頃は大阪も少しうっとおしくなってきたが、事務所の中なのではっきりした天気はわからなかった。

帰りもあまりいい天気ではなく、暑かった。

かない大きな台風が来ているということで、気になる。
15号で被害があった町もコース上にあるがこれ以上被害が出てほしくない。

写真は昨日に引き続き1975年10月津祭り風景で、祭りに呼応し、チンドン屋が楽しく繰り出していた。

チンドン屋

チンドン屋さんの一生懸命さが好きである。
こうして町の角々を演技しながら練り歩いていた。

チンドン屋

お店の宣伝もばっちりやっていた。

チンドン屋

この後ろ姿は少しペーソスが漂う。

1975年10月津祭見世物小屋2019年10月07日 13時13分16秒

だいぶ涼しくなってきた。
これが本来の気候だろう。
洋上には超大型の台風19号が発生した。また被害などなければいいと思う。

K電のごたごた、とどまるところを知らない。
つい他の電力会社もやっているのではないかと思ってしまう。
報道を見ていると、会社は損をしてなくて、結局は消費者の電気代値上げでまかなった気がする。

写真は1975年10月、津市で行われた津祭での露店の一つである。
こういう見世物小屋も少なくなった。いまでもやっているのだろうか?
この日祭りでは、チンドン屋さんがいくつか商店街を練り歩き、祭りを盛り上げていた。


看板ではどんな少女がいるかわくわくした。




この蛇は生きていた。それを生で食べる。オオカミ娘、悪食の人である。



ネットで改めて見ると、この祭りは、年々盛んになっているらしい。
「唐人踊り」は県の無形民俗文化財に指定されている。

現在の「唐人踊り」は、江戸時代に朝鮮から幕府へ派遣された使者の身なりをまねていると伝えられている。
喜怒哀楽の面をつけ、黄・白・赤色の上着、虎皮模様のズボン、笠、わらじをつけて、ラッパや笛、かね、太鼓のはやしで町を練り歩く。
「唐人踊り」は370年の歴史を持つといい、きらびやかな唐人の衣装をまとい、おどけた面をかぶった行列が独特のおどりを披露する。
「朝鮮通信使」を模したものと伝えられている。

藤堂2代高次公が八幡宮の氏神祭としたのが津まつりの始まりで、鎧武者が市中を練り歩く高虎時代行列をはじめ、しゃご馬、高虎太鼓は人気の的になっているという。

この日の見世物小屋は結構面白かった。
見物客はおどろおどろしい看板にひかれて入るが、いつものことながら出たときは幾分落胆すすか、まあこんなものだろうと納得して出るかのどちらかである。

祭もいろいろ撮ってきたが、この津祭は記憶に残るいい祭であった。
今年は10月12,13日に開催されるという。