高野山に紅葉を見に登った2019年11月04日 22時27分10秒

山に久しく登っていないので、少しトレーニングのつもりで高野三山を登ることにした。
今日は車が混むだろうなと思っていたが、それは当たり、高野山内のどの駐車場もいっぱいで、スカイラインに少し入ったところに臨時駐車場ができていて、そこに駐車した。
はじめは2台ほどだったが、登山の準備が終わるころにはもう10台ほどが駐車をしていた。

歩き始めは12時ちょうど。いつもながら遅い出発である。
まず奥の院参道に向かった。
紅葉目当ての人がいっぱいだった。
参道を抜け、水子供養塔の前を過ぎたのは12時30分であった。
いろいろ見学したり、写真を撮りながら歩いて摩尼山登山口についたのは12時45分だった。
昼食もせずに上り始めた。
約20分ほど歩いて摩尼峠についた。
そこで昼食することにした。
昼食はふもとのセブンイレブンで買ったおにぎりとサンドイッチにした。
昼食は30分ほどかかった。
歩き出そうとしたとき下から外人の男女二人連れが登ってきた。
最初の女性が、

「コンニチワ」と日本語であいさつしてくれた。

二人目の男性には私が、

「ハイ!」

と呼びかけた。
ニコッと笑いで返してくれたが、言葉はそれきりだった。
わき目もふらない感じで登って行った。
次に会った二人の外国人女性には笑顔で挨拶をしただけだった。

途中6人に出会ったが、4人が外国の人だった。

再び歩き始め磨尼山山頂についたのは、14時26分でかなり遅かった。
そこから1時間足らずで黒河峠分岐につき、これからの距離と駐車場に着く時間を考えて、楊柳山方面にはいかず、そこから三本杉への道をショートカットすることにした。

三本杉についたのは16時16分で、いつものように湯を沸かし、暖かいココアを飲んだ。20分ほどゆっくりし、もとの駐車場に着いたのは17時16分で、これまたいつものように私の車が最後に一台ぽつんと残っていた。

久しぶりの山だったので少し不安はあったが、何とか歩くことができた。
今度はもっと長いところを歩かなければと思う。
今日のルートはちょうどいい距離とアップダウンの山道だったかなと思う。

もっと紅葉を期待していたが、まだ完全ではなく、銀杏の葉もなんとなく今年は小さく感じるが、黄葉はきれいだった。温暖化の影響で紅葉も昔のように赤くならないかもしれない。

高野山 磨尼山

高野山 磨尼山

高野山 磨尼山


高野山 磨尼山

水子供養塔。

高野山 磨尼山

途中で見た大国さんだがなぜここにという感じでポツンとあった。

高野山 磨尼山

案内板の上に載っていたくまさん。

高野山 磨尼山

いがぐりのからが苔の上に。

高野山 磨尼山

磨尼山山頂にある祠。

高野山 磨尼山

祠の中の如意輪観音。

高野山 磨尼山

高野山 磨尼山

道に生えていたキノコ。
今日はキノコウォッチも楽しみだったが思ったより種類はなく生えていなかった。

高野山 磨尼山

黒河峠。巨木が毛こそぎ倒れていた。

高野山 磨尼山

三本杉のほうに降りた。

高野山 磨尼山

道の途中でこれも根こそぎ倒れたヒノキが道を完全にふさいでいた。

高野山 磨尼山

この道の終わりころに、トロッコの線路がある。
昔木を切って運んだのだろうか。

高野山 磨尼山

三本杉に到着。

高野山 磨尼山

ココアブレーク。

高野山 磨尼山

もうお月様が出ていた。

高野山 磨尼山

ポツンと一台。


ハローキティちゃんの背もたれ2019年09月05日 13時10分04秒

昨夜は大雨だったが、一転今朝はいい天気。
秋の空気を期待したが、まだ夏で、少し重たく暑かった。

少し疲れているからと自分で許しを与え特急に乗った。
先日キティちゃんのラッピングをしているはるかをアップしたが、今朝乗ったはるかは、ラッピングをしていなかったが、シートの背もたれがキティちゃんであった。
なんてことはないのだが、外国人受けするのかなー。


はるかで来ると時間に余裕ができる。
歩数を伸ばすために土佐堀川を散策しながら歩いたが、百日紅がきれいだった。
向こうは三井住友銀行で、なかなかの建物である。


御堂筋もこんな建物ばかりだったらいいのだが、いい建物もかなり残っているがほとんどが近代建築である。

Aさんはインバウンドをもっと多くと呼びかけてはいるが、ソフト、ハードともにインフラが確立されていない気がするのである。
各地域の独自の取り組みを思い切ってやらせたほうがいい結果を生むような気がするのだが、かといって地方はいいアイデアが出ないまま、横並びである。

紀南の老舗ホテルも廃業や、軒並みチェーン店化されてしまいつつある。
私的には、熊野を泊まりながら周遊できるキャンプ場、それもバイク専門の安くていこごちのいい宿泊スペースが欲しいのだけどね。

桜見に行ってきた2019年04月07日 21時34分17秒

春爛漫。
かなり暖かくなってきた。
朝方が少し冷えっとしていたので、セーターを着たが、昼過ぎからは暑く感じた。
庭を見ると、チューリップが咲き出した。

いつもは黄色のも咲くのだが今年のは赤い。

チューリップ



鳥も相変わらず鳴きかっている。
先日又吉さんのテレビを見ていると、鳥も会話をしている、と研究をしている東大だったかの先生がいることの紹介があった。
鳥たちは会話をしているのだろうか。
「会話は人間だけのものではありません」とその先生は言っていたが、そう思って鳥の鳴き声を聞いていると、何か会話をしている感じに聞こえる。
いや確かに会話をしている。
人間は自分たちだけが高等動物だと思っているけど、鳥たちもある意味もっとすごいかもしれない。

花を撮っているとシジュウカラが庭に飛んできて、昨年作ってぶら下げた巣箱を偵察に来た。
巣作りをしてくれたらうれしいけどね。

シジュウカラ

上の写真はニッコール70-300mm。下は2倍のテレコンをつけて撮った。

シジュウカラ

昼から堀河ダム堰堤にサクラを見に行ってきた。
まだつぼみが大分あるので満開ではなかったが、人もたくさん来ていた。
ダムではバサーが何人かルアーを打ち込んでいた。
大減水をしているのでポイントが絞りやすくなっているけれど、上から見る限りでは岸辺近くには魚影がなかった。

ダム湖は減水しても足場が悪いので竿を出すエリアが限られてくる。
そういう意味からすると、今日はそれほどいいコンディションではなかった、と思う。


普段は木の生え際まで水がある。


とうとうウグイスを撮ったが、遠くて動きが素早く枝が邪魔して難しかった。
何よりも体の色が、木と同じなので見つけにくい。
マニュアルフォーカスにしてなんとか撮った1枚。

ウグイス

スズメバチの巣が4つほど残っている。






どちらが落書きかわからなくなっている壁画の前のサクラ。


鵜がいた。


ダムの帰りに根来寺の大門に立ち寄った。
ここも綺麗にサクラが咲いていて、たくさんに人が見に来ていた。
でもマナーの悪い見物人が多かった。
平気で大門の前に車を止めたり、いつまでも同じ場所で写真を撮ったり。
その昔、フィルム写真の時代は、いいポジションは限られているときなど、まだ撮りたくても後ろの人に気を遣い、場所を変わったものだが、最近はそれがない。

根来寺

根来寺

今日は暖かだったが・・2019年04月06日 22時59分35秒

春爛漫という感じの日曜日。
いろいろ行きたいところがあったが行かずじまいであった。
この陽気であちこちの桜も見頃を迎えてきているだろう。

フィルムをスキャンしながら、以前から気になっていたCBのクラッチワイヤーを取り替えた。
特に切れそうでもなかったが、何分古いので危険回避のために取り替えることにした。ワイヤーは他のワイヤと一緒にフレームにくくられていたのでタンクを外して古いワイヤを抜き取った。

それにしてもこのバイクはメンテがしやすい。
3本のネジを外すだけでタンクが取りはずしができる。
前のKLE400だとカバーを外さなければいけないかったので時間がかかった。

CB400SS

家の前の公園の桜もほぼ満開に近い。
2階のベランダからカシャ!

家の前の桜

上のため池は今工事がされている。決壊対策かな。
着工してかなり時間が経っているが、未だに完成しない。

春爛漫2019年03月31日 20時03分29秒

今日はいい天気になった。
昨日は雨にたたられてどこへも行けなかったが、今日走らないとストレスがたまったままなので、ちょい乗りすることにした。

街は桃の花が八分咲きの感じである。
桜は満開のところもあった。
まさに春はこれから。

CB400SSちょいのり

桃の花をバックに。
カシャカシャ!

CB400SSちょいのり

CB400SSちょいのり

CB400SSちょいのり

そして愛宕公園。駐車場までの道は桜が満開で、カメラマンが数人花を撮っていた。
バイクを駐めようとしたが、カメラマンが動かなかったので諦めた。

CB400SSちょいのり

そして駐車場。ここはまだ五分咲きかな。


柿は葉を落としている。この時期の柿畑も風情がある。
葉が出てくるとまたいい。
鳥がいないか山道を少し入って、コーヒーを沸かしながら鳥が近づくのを待った。
メジロやヤマガラが時々やってきたが、木の枝に邪魔されて写真に撮れなかった。
鳥撮りは、まだまだ未熟で鳥の事を勉強しなければと思った。

CB400SSちょいのり

CB400SSちょいのり

CB400SSちょいのり

CB400SSちょいのり

野の花もいろいろ咲いていた。

CB400SSちょいのり

満開の桜。
そして夕方、紀ノ川がどうなっているか竿は持たずカメラだけで見に行った。

CB400SSちょいのり

セイヨウカラシナの黄色がきれいだった。

紀ノ川バス釣り

カワセミがいたらと思って川縁にでたが、飛んでこなかった。
モズがいた。ウグイスも近くで鳴いていたので撮ろうと頑張ったが姿を見ることはかなわなかった。

紀ノ川は本流側のワンドは水が少なかったがいつものところはかなり水位が上がり、釣れそうな川面になっていた。高校生らしき若者二人が竿を持って行ったが彼らが釣っているところまで行かなかった。

高校野球は我が和歌山勢は2校ともベストエイトで散った。
よくやったね。

明日は新しい元号が発表される。
平成最後の桃と桜の花見をしたことになる。
私は頭文字が「K」の元号になるのではないかと思っているが、さて。

花が咲いてきた2019年03月21日 11時56分35秒

せっかくの休みなのに雨。
気温も暖かくなってきたのに少し残念である。

やむなくネガのスキャンを続けた。
スキャンする間に庭の花を、レンズテストをかねてニコンにマイクロニッコール55mmf2.8で撮った。

このレンズよく写る。

AFでないが、AFだとカメラがピントを合わすとき少しずれると迷うので、時間がかかるがMFだとすっと合う。
ニコンはピントのインジケーターがファインダー内に表示されるので、合焦がよくわかるから、便利である。

花は、先日は、まだ蕾だったシンビジウムと桃の花びらが、膨らんでいた。
蕗の花もあちこちに咲いていた。

桜の開花宣言も九州の方で出された。
春本番はこれからだね。

しだれ桃






花粉症・・・2019年03月07日 12時43分59秒

今朝は昨夜の雨も上がり曇り空だった。
新聞はビニールがかぶせられていた。
もっと早い時間には雨が降っていたのか。

昨夜のホームで私は大きなくしゃみを何度もした。
ホームで待つ人はほとんどが私を見ていた。
皆さんの顔は、「あなたも花粉症なんですね」という表情だった。
マスクをした人も何人かいた。
くしゃみが終わった時、今度は20m位離れて待っている人が、私よりも大きなくしゃみを連発しだした。
ホームの皆さんは首を回してそのくしゃみをする人のほうを向いた。

カフンショーつらいね。

ただ救いは、風邪ひきの鼻水は鼻呼吸ができないが、カフンショーの鼻水は何とか鼻呼吸ができることである。

今日も最悪で、電車の中からハンカチを鼻にあて、通勤路でもあてたまま歩いた。
どうも曇り空の時のほうが花粉がたくさん飛んでいる感じがする。
晴れた日は鼻水も少ない。
今度研究してみる価値がある。

野草や木の実でカフンショーに効くのがあるかもしれない。
昔食べた疳の虫封じのカミキリムシの幼虫などいいかもしれない。
回虫やサナダムシを体内に飼っとけばかからないというのはよくわかるが、少しリスクが多すぎる。

アレグラという薬がよく効いたと教えられたので、これも研究する。

土佐堀川堰堤に柳の木があるが、見ると枝先にはもう芽がでていた。
モクレンもつぼみがたくさんできていた。
モクレンは2本あったのだが昨年の台風で一本折れてしまったので、残りは一本だけになった。

もう3月半ばに入る。いろんな草花の芽吹きが盛んになる。



今日は風がぬるくなった2019年02月23日 20時34分19秒

今日はいい天気。
朝起きたときすでに11℃あった。
こんないい日にまたもや医者のはしごをした。

医者のある和歌山へは、CBちゃんで走った。
行きは時間がなかったので写真が撮れなかったが、帰りにちょろっと菜の花を撮った。

この黄色が街に目立ち出すと春が来つつあることを実感する。

CB400SS

CB400SS

大好きな黄色である。

CB400SS

テントウムシが這っていた。

テントウムシ

何という花か忘れたが、小さくてかわいい。


もう少し経てば後ろの木は、ピンクの花びらをつける。

CB400SS

昨日澤先生の話の中で、「キッザニアがあるが、ジジザニアもできてくるかわかりません」といっておられた。
必要かもしれない。あったら面白い。

100歳まで普通に生きられる社会は来るのだろうか?
政府があまりにも国民不在の立場をとっているので、少し不安になってくる。

根来げんきの森散策2018年12月24日 20時39分43秒

朝から年賀状やらいろいろ用事があった。
この3連休で釣りじまいをしようと思ったが、結局できなかった。
少し残念。
せめて昼からと思ったけれど、それもかなわなかった。

ウンドー不足解消に、2時半頃から根来げんきの森に散策に出かけた。
3時頃登り始めた。

不動さん裏の登り口から登り始めた。

根来げんきの森

道は台風でなぎ倒された木がたくさん折り重なっていた。

根来げんきの森

根来げんきの森

キノコのきれいなのを期待したが少なかった。

根来げんきの森

蛾のまゆが目についた。

根来げんきの森

根来寺の境界を示す石標だが文字は風化して読みづらかった。

根来げんきの森

ツツジと椿と効用とが一緒にある山道を登ると、西口広場に着く。

根来げんきの森

そこからは展望が開けており、紀ノ川から東方面の龍門山がよく見えた。

根来げんきの森

根来げんきの森

根来げんきの森

山肌の木もまだ色を保っていた。

根来げんきの森

森の小道をぐるぐる回り元来た道を下りだした頃には、夕暮れが迫ってきた。

根来げんきの森

台風21号で倒れた木に書かれていた。被害のあった日のこと。

根来げんきの森

お不動さんの鐘。
除夜の鐘としてつくのだろうか。


コーヒーを沸かして飲んでいると上から男性が降りてきた。
挨拶をすると、このげんきの森にはほぼ毎日登っていると言うことで、コースをいろいろレクチャーしてくれた。

山登りのトレーニングには少し緩いコースだが、近くにこうして気楽に登れる山があるのはいい。

今日は久しぶりにソニーサイバーショットを連れて行った。
もう10年くらいになるが、まだ元気に写る。

今日は寒かった2018年12月09日 21時59分43秒

今日はめちゃ寒だった。
先日まで暖かだったのが、急に冷えたので余計寒さが堪える。
高野山は雪ではないだろうか?

体調が思わしくなく何度もトイレに行ったが、持ち込みで「植村直己の冒険」という本を読んだ。以前にも何度か読んでいるのだけれど、植村さんの人となりがわかって面白い。
その中で、本多勝一さんとの対談で、日本領事館は、アメリカが南極大陸横断を許可しているのに、日本領事館は、「ちゃんと規則があってそれを破るのはよくない」の一点張り、その後植村さんが横断を成功させて帰ってきたパーティーでもアンカレッジの人々が、国立公園長までが、参加しているのに日本の領事館からは参加者がなかったと言うことである。
本田勝一さんは、
「これは実に日本の官僚の馬鹿さ加減を象徴する面白いエピソードだ」とこたえていました。

外国は個人の裁量で、相手に対し許可を与える度量の広さと冒険に対する考え方が違う。本多さんは「日本では堀江謙一や金子健太郎が太平洋横断に出ると言ったら逮捕しに来た」と官僚の狭量な感覚と規則にはまったやり方を批判していた。

入管法が決まって、私が心配するのはこのあたりで、せっかくはるばる日本に働きに来て日本に貢献しようとするときに、法律や規則を振りかざしてせっかくの意欲をそいでしまわないかと言うことだ。
せっかく仕事に就いてもちょっと規則から外れたからといって追い出しはしまいか。
それは不法就労を増やし、働く場所を奪い、そして犯罪という負の連鎖をうみはしないかと気になる。簡単に重要なデータすらも改ざんする頭のいい人たちばかりだから心配である。

夕方、ウンドーフソク解消に近くの山に登った。
台風21号での倒木も切り倒されてもまた芽が出ている。


行者堂の中。


じゃどこが安全な場所なのだろうか。
イノシシが出るしトラップはあるし。


ここがマラソンコースとは思えないのだが。


多分台風21号で倒れた木だろう。竹もたくさんみな同じ方向に倒れていた。