晴れ時々雨の天気2021年04月18日 20時59分15秒

今日はいい天気かなと思っていたら雨が降ってきたりして、訳のわからない日だった。
いつも通りスズメ君達を撮ったが、レンズを換えたのでいつもと少し違った。
今日は大谷君の試合はなかったので朝からはホームページなどを作っていた。
昼から重要文化財のある寺社に行ってきた。
紀美野町の「釜滝薬師」と「十三神社」であった。
二つともいい寺と神社であった。また詳細を書きたい。

今日のyahooのニュースで、アベノマスクについて書かれた記事があったので興味深く読んだ。

『「アベノマスク」とやゆされた布マスク2枚の全戸配布を政府が始めてから、17日で1年が経過した。「税金の無駄遣い」と批判が相次ぎ、届いたマスクを福祉団体などに寄付する動きも広がった。政府は「一定の効果はあった」と主張するが、芳しい評判は聞こえてこない。
(中略)
「なぜ無駄遣いと考えずに先走ってしまったのか。もっとやることがあったのでは」と、そもそもの政策に疑問が拭えない。
厚生労働省によると、全戸配布にかかった費用は総額約260億円。
日本郵便のシステムを活用して約1億2000万枚を配り終えたのは、開始から2カ月後の昨年6月20日ごろ。既にマスク不足はある程度解消した時期だった。
情報基盤会社プラネット(東京)が昨年7月時点で実施したインターネットによる調査では、アベノマスクを使っていると答えたのはわずか3.5%にとどまった。
有識者でつくる民間臨時調査会が昨年10月にまとめた政府の新型コロナウイルス対応についての報告書は「(マスク値崩れの)効果をある程度持ったことも確か」と評価しつつ、「総理室の一部が突っ走った。あれは失敗」という官邸スタッフの証言を引用。「政策意図が国民に十分に伝わっていたとは言い難い」と総括している。』 

とあった。それはそうだろう。私の分は封も開けずに家にある。
260億円があれば営業時間短縮で苦しんでいるお店をどれだけ救えるだろうか。
3.5%しか使わなかった、ということは単純計算だが、250億あまりをドブに棄てたことになる。というより、一部の人だけが潤った気がする。
あのマスクでは使わないだろう、と予想はしていたがあまりに大きい額に唖然とする。いずれにしろ国民不在の施策ばかりをしていたらそのツケはいつか大きく跳ね返るだろう。




釜滝薬師

十三神社