今日も雨だった。2021年05月18日 21時45分22秒

今朝から雨模様で、降ったりやんだりだった。

   世を隔て人を隔てゝ梅雨に入る

句は高野素十さんのだが、なんとなく今のご時世にぴったりという感じである。
15日の写真だが、岩出市押川の日吉神社である。

風吹のトンネルができるまでは、ひっそりとした谷間の集落だったと思うが、そういう所にふさわしいひっそりした神社であった。

こんな飾り気のない神社が好きである。今風に観光目的の、化繊の幟旗一杯の神社はあまり好きではない。


扁額もない。


石段もそろっていなかった。降りるのは怖かった。


祠もひっそりなら賽銭箱もささやかだった。祠周りは歴史を感じた。


境内にあった地蔵さんと何かの供養塔。近くに寺もあった。


とても犬には見えなかった狛犬。


祠も主張せず、きちんとあった。


狛犬の足に青虫がくっついて、だんだん上に上がっていた。


境内はシャガがキレイだった。


今日の和歌山のコロナ感染者は16人だった。
やはり昨日の4人というので喜んではいけない事がわかった。
台湾も変異株により患者が増えたという。これをどう鎮めるか注目したい。

日本ではワクチンがやっと打たれ出したが、明日受付なのでWEBでエントリーしよう。

いよいよ梅雨がはじまった2021年05月17日 22時12分31秒

もう梅雨らしい。
今日は一日雨が降った。
どこへも行けず何もできず。

温暖化のせいか季節が少しずつ早くなっている感じがする。

和歌山のコロナ患者が4人となった。3月29日以来とか。
でも油断をしたらダメだね。ほとんどが変異株ということで初心に返って警戒すべきだろうね。
それにしても今頃自衛隊を使っての大量接種。
PCR検査を患者が出だした頃に自衛隊を使って、大量検査をしていたらどうなっただろうか?大量の処理の練習もできていろいろ自衛隊の訓練にもなったと思うけどね。
国家的な危機と捉えてなかったのがそもそもの間違いの始まり。

それでも打たないよりいいのでどんどん進めてほしいね。マスメディアも市町村の担当者が萎縮するような揚げ足取り報道は控えて、ワクチンが早く国民全員に接種できるように応援してほしい。

キジバト

雨の中松本食堂に来てくれたハト君。スズメなら6羽入るのだが、一羽でほぼ満席。
スズメ君達は近くでハト君が食べ終わるのをまっている。

キジバト

背中には水滴が。


イソヒヨドリ君。雨の中をあちこち飛び回っている。多分子育てが忙しいのだと思う。



夏のように暑い一日だった。2021年05月16日 20時31分54秒

暑い一日だった。
スズメ君やハト君達は相変わらずやってきてくれた。
もうそろそろヒナが孵ってもいい頃なので遊びに来ないかまっている。

夕方古紙回収に段ボールを出しに行った帰りに少し平池に鳥を見に行った。
平池の鳥君達の大半はもう渡ってしまったのかずいぶん少なくなった。
少し寂しい。写真を撮っていると、

「あのね。カモのヒナが4羽いて親についてヨチヨチ歩いていたけど、どこかに行ったなー」

と、声をかけてくれた人がいた。
近くにカモのヒナがいないか見たが、いなかった。

「黒鳥はどこかにいますかね」と聞くと、
「うーん。いたけど今はいないね」という返事だった。

暑いので日陰にでも入っているのかわからない。


サギ君はいつもの所にいた。ギンヤンマが写っていた。


黒鳥さんはやはり中にある島の木の陰にいた。ボーエンレンズ一杯一杯。だいぶ遠い




仲良く夕日をあびている。


このかめ君は木に登っている。どうも甲羅を見るとクサガメのようである。


これはミドリガメ君達。


これもミドリガメ君達。餌がもらえると思うのかワサワサと集まってきた。


風が強かったので噴水の水しぶきもゆがんでいる。

はっきりしない天気の一日2021年05月11日 21時23分36秒

今朝は15度あった。
お日さまは朝だけちらっと顔を出したきりであった。

いろいろ用事があってテクテクもいけなかった。
昨日もろくに歩いていないので少し足が重い。

トマトの花が開いてき、アジサイも少しほころんできた。
ドバチも巣を作り出した。
レンズを変えてじっくり撮らねばと思っている。

ミニトマト

アジサイ


今日はコロナは19人であった。岩出の高齢者施設でのクラスターでの感染という。
和歌山の重症者は217人であるが和歌山県は470床確保したと言っていた。
ここが踏ん張りどころかわからないね。
それにしても県外からの持ち込みで感染する人が多い。

今日ももう夏日だった2021年05月10日 21時50分22秒

今朝は少しひんやりしたが、体感温度はそれほど寒くなかった。
いい天気だったが用事で市役所に行ってきた。

図書館へも寄りたかったがコロナで閉めていた。
帰りに伊坂橋を渡ったが、ドクターヘリが河原に止まり、消防車と救急車がいた。
コロナ患者が出たのかもしれない。
市役所で、前の会社の同僚とはなしをしたが、その友達がコロナで死んだそうである。
3月末に感染し4月中旬に体調が悪くなり、4月30日になくなったそうである。
これも最初は入院できなかったそうだが最後はエクモを使ったが、ダメだったと言うことである。

ワクチンは日本は遅れているが、治療薬の開発はできるのではないかと思うが、それもできないらしい。

ほんとこの国はどうなっているのだろう。

Sさんはこの時期でも、「・・検討する」「・・と聞いている」「・・専門会議の指示に従う」の一点張りで、自分からどうしてほしいとどうしても言わない。
国民は、まっているのだけどね。
それにしてもAさんのマスクでゴタゴタしたとき、きちんと水際で止める手段を講じていれば今ほどすったもんだはなかったと思うけどね。

あのマスクのお金を治療薬製造に使っていれば今ほど恐れなくても良かったのに、とこれは結果論だが、国民誰もが思っていた。
その反対ばかりをした、そしてこれからもトンチンカンを続けていくであろうと思われるのは、某国政府のおえらい方々である。

写真は1976年から1986年まで折に触れて撮っていた漁村のスナップである。
場所はあちこちある。

漁村風景

漁村風景

漁村風景

漁村風景

漁村風景






今日は、和歌山は11人、大阪が668人、東京が578人コロナ患者が出た。
和歌山は減ってきたが、さて。

夏みたいな一日2021年05月09日 20時01分04秒

今日は暑かった。
今朝の時点で18度を超していた。
もう夏の気配満々。
テクテクをしても汗ばんだ。

ケリ

ケリの雛。


こうして田の中にいるとわかりづらい。保護色になっている。


このヒヨドリさんはくわえていた白いものを落としていた。画面中央寄りの白いものだが、よく見るとヒナの糞だった。巣からくわえて持ってきたのだろう。


電柱の先に止まっていたキジバト君。ついカシャ!


セキレイ君。


そして貴志川の土手で鉢君をカシャ!ストロポがほしかったね。し羽根が夕日に輝いてキレイだった。


色が面白い蜘蛛君。


巣が夕日に輝いている蜘蛛君。


今年初めてのカエル君。そういえばトノサマガエルは極端に少なくなった。



今日はコロナは和歌山は17人と若干減ってきた。
大阪も減ってきたが逆に東京は増えてきた。なんとなく予想していたけどね。

はっきりしない天気の一日だった。2021年05月08日 20時20分28秒

今日はいい天気かなと思ったが、次第に曇ってきて、うっとうしい空模様になってきた。気温はそれほど下がらなかったが、気分的にからっとしなかった。

また丸田川へカワセミを探しに行ったが、来なかった。
代わりにヒヨドリさんがせっせと巣の材料を探していた。
土手擁壁の苔をとっているので最初は何を食べているのだろうかと思ったが、別の場所では枯れ草を口にくわえていたので理解できた。
そういえば家のイソジオ君の巣にも苔があったっけ。

苔も乾くと巣の材料には、いいだろうね。


ビワもだいぶ大きくなってきた。


向こうが全然見えないような木立があったが全部切られてしまっていた。
向こうの山が丸見えになった。


ここも草が刈られてしまった。
両脇に鳥君がたくさん潜んでいたのだが、もう隠れるところがなくなった。


ここにあった草や木がなくなって視界が開けていた。コーヒータイムが広々。
もう直ぐ田に水が張られる。


ホウジロ君がさえずっていた。「河川を美しく」


枯れ草を口にくわえたヒヨドリさん。


つい3mほどの手前で何かを探していた。私の方を見ていたが逃げなかった。
手前の草が邪魔だがカシャ!カシャ!。


テクテクの時であったニャンコ君。



これは団地に住むニャンコ君。あまり見ないが、毛並みもいいのでいい暮らしをしているのかな。

連休も終わったが、今日のコロナ感染者は大阪が1021人で奈良が86人、和歌山は19人だった。東京は1121人と緊急事態宣言の効果は見られない。
明日ぐらいから連休中の感染者の数字が出てくるので、人流を停めるとSさんが言っていたが、さて。
今年のGWで以外と地方に遊びに行った人が行った先で感染してくるような気がする。
和歌山の場合は、都市部の人がおいていくのだろうか。
新宮で感染者が出たらしいがそれはよその人のをもらった気がするね。
感染は当分避けられないので、オリンピックもやめたほうがいいね。

今日も雨だった2021年05月07日 22時40分36秒

朝から鬱陶しい天気だった。
16度あったが妙に肌寒かった。

昼前から雨が降ってきた。
先日植えたゴーヤやミニトマトには水をやらないでいいので、その面ではいい雨である。そういえばもうすぐ梅雨になる。

ゴーヤ

ゴーヤも少し腕を伸ばしてきた。

ミニトマト

サントリーがミニトマトの苗を作っている。自社で開発するジュースなどの原料にするのが余ったので、ほかに供給するのかな、と思ってしまう。


アジサイもだいぶ蕾みが大きくなってきた。


今日のテクテクは、近くの行者堂であった。先日からこのアルコールストーブにした。
固形燃料では、シャラカップやこの湯沸かしの底が真っ黒になるが、これだと綺麗なままである。


カタツムリがいたので二匹捕まえた。
セミの抜け殻もあったのでテーブルにおいて観察した。
カタツムリも少なくなった。そういえばカニを全く見たことがない。



楓の実がなっていた。もう少し経つとこれが風にのって運ばれ、新しい木になる。


途中にあったミカンの花。いい匂いがしていた。木を詳細に探すとアゲハチョウの幼虫が見つけられるかわからない。

今日コロナ感染は19人だった。まだ連休の答えは出ていないが、緊急事態宣言の効果はないような気がする。

かなり夏が近くなった感じの気温2021年05月06日 21時25分09秒

気温は昨日より少し下がって12度だった。
スズメ君の食事台には水がたまっていた。
朝から用事で少しバタバタした。
医者に行くために、久しぶりにカブちゃんに乗ったが、もう夏服で良かった。
今日カブちゃんは2000kmになった。
距離的には遅いが走りに行かないので仕方ないね。

久しぶりに和歌山電鉄のイチゴ電車などとカシャ!

クロスカブCC110

2000kmを800mほど過ぎたが、とにかく2000kmを越えた。

クロスカブCC110

定番のツーショット。

クロスカブCC110

クロスカブCC110


バッタ君が竹にすがっていた。


テントウムシ君。忙しそうに動き回っていた。


紋の付き方を見るとジャコウアゲハかな。これもなかなか止まってくれない。


家のしだれ桃についていた幼虫。さてどんなに変わるか。


蜘蛛君もいた。

ケリ

ケリの昨日の子供を見ようと思ったが、警戒する鳴き声を発してあちこち歩き回った。ヒナがいるのはわかったいえるのだが、とうとう見つけられなかった。

キジバト

家にきたハト君。いつも二羽でくる。

スズメ

スズメ君達。今日は四羽。


ユンボの上に止まったヒヨドリ君。

今日も和歌山のコロナ感染は23人だった。
どうも養護施設はクラスターが発生する確率が高いね。

変な天気の一日。2021年05月05日 19時10分11秒

今朝は18度あった。
雨はまだ降っていなかったが風が強かった。
昼前からきっちり降ってきた。風もさらに強くなってきた。

この連休中コロナはどうなるだろう。
今日は和歌山は23人だった。大阪は668人で若干減ったが連休明けが怖い。

各地で渋滞が出ている。車で移動している分にはいいが、各地の観光地での状況はどうだろうか?

空港の検疫で毎日感染者が出ている。
政府は変異株はきっちり見張って入らせないようにするといっていたが、これだけ増えてきたら手の打ちようがない。水際作戦はダメだった。
この責任は大きいね。

今日ももう絶対撮れない写真をカキコした。
1979年紀三井寺競馬厩舎で、馬券などは興味なかったが馬は好きだった。
馬のつぶらな瞳がいい。