訳のわからない天気だった2021年05月24日 21時17分54秒

今朝は20度だった。少し肌寒かった。
爽やかと言えば爽やかだが、天気は雨の予感のする空模様だった。

朝からは何とか持ったが、やはり昼から降ってきた。
晴れている間に、久しぶりに田井ノ瀬にいた。

キツネのロウソクというキノコを見た。
妙なキノコである。まさにキツネロウソクというのが当たっている。

キツネノロウソク

キツネノロウソク



ヒバリが行ったりきたりしていた。これは巣かヒナがいると思い近くの草むらをウォッチングした。ヒバリは逃げずに私の周囲をくるくる回った。ちかくにヒナたちがいるのかわからないけど探せなかった。親たちが逃げないということは間違いなく巣がある。
プロは探し当てるのだろうけどね。
もう少し観察しないとダメかな。


オオバンが行ったりきたりしていた。かめさんが写っているのは知らなかった。




鯉の竿を2本出していたが気楽そうにしていた釣り人。うらやましい。
対岸でバサーが二人いたが釣れないのかすぐに場所を変えてしまった。
釣れそうな天気と川の表情をしていたけどね。
水温が思ったより低いのでバスの活性が低いのかもしれない。


産卵期を迎えて鯉が忙しそうに何匹も上流に向かっていた。


アオサギ君がメダカを狙っていた。私に気づいて田の中に場所を変えた。

コロナは和歌山は4人だった。大阪も216人、東京は340人で少し減ってきたかなと言う気がするが北海道が366人でちょっと苦しいね。
このまま減っていってほしいけどね。

いい天気だった。2021年03月11日 21時17分16秒

今朝は3度だった。
結構寒かったが昼過ぎから気温が上がってきた。

先日からとうとうスズメ君が我が松本食堂に足繁く来てくれるようになった。
カー犬が少しでも揺れると逃げてしまうのでニコンにリモートケーブルをつけてカシャ!
スズメガ来てくれるようになって、また楽しみが増えた。
もっとアップをと思ってオリンパスを3脚につけてお客様が来るのを待っている(^^)

スズメ

はじめは1羽で来る。

スズメ

なんか「うまいかい?」と聞いている感じである。

スズメ

食べたいけどね。

スズメ

彼女が来るとスズメ君達はどこかに行かなければならない。

スズメ

鬼の居ぬ間に食べよう。


夕方遅くに釣りを兼ねていったが、魚の気配はなかった。すぐ納竿した。
鳥も少なかった。カワセミが来ないかと少し待ったが来なかった。


ハト君がいたが、そこはカワセミが来るはずだったんだけどね。


かめ君。


待っていたカブちゃん。まだ葉は出ていないのでよく見える。

今日は震災10年である。自然災害はいつ起きるかわからないので心しておこう。
それより腹が立つのは、原発事故で検証が深まるにつれて人災だということが浮き彫りになる。

今朝は8度。暖かい一日だった。2021年02月02日 20時47分30秒

今朝は8度でかなり暖かだった。
しかし日は差してなかった。

朝からメジロ君を撮りに行った。
この頃メジロばかり観察しているのでだいぶわかってきた。
大体二羽で行動していて、鳴き交わしている。
近づくと警戒するのか、鳴き声が変わる。
面白い。
メジロ君が来ないかとひまわりの種とミカンを刺していたら、一羽飛んできた。
写真に撮ろうとカーテンを開けると逃げてしまった。

昼から、初釣りを兼ねて鳥撮りに出かけた。
釣り道具一式とオリンパス一式をもち、二兎を追いかけた。

川面はとても釣れる雰囲気ではなく、ゲーリーヤマモトもラパラも来なかった。
川底が浅くなっているのかすぐ枯れ葉を引っかけてきた。

コーヒータイムをしていると、ノスリが真正面にやってきて、ちらっと川面を見て魚がいないなと判断したのかすぐ飛び去ってしまった。
しかし今日は長いレンズを持ってきていたのでカシャ!カシャ!
撮れた。
カワセミは来なかった。


夕べの雨露が光っていた。

メジロ

羽根も開かないで次の枝に飛び移った。

メジロ君

メジロ君

サザンカの蜜を吸うことで花粉をあちこち移している。

ノスリ

きたきた。

ノスリ

ノスリ

ちらっと川面を見て「魚はないな」と判断したのかすぐ飛び去った。


コーヒータイムをしながら鳥を待った。今日は固形燃料がなかったので枯れ枝でたき火をして湯を沸かした。これはこれで良し。


セイタカアワダチソウも枯れている。


カブちゃんはおとなしく待っていた。

カワセミは撮れず。2020年11月22日 20時44分00秒

今日もそれほど寒くはなかった。
今日は釣りをやめてカワセミ撮りに専念しようとオリンパスフルセットとコンデジを持って出かけた。
鳥の声はするのだが藪の中を飛び交い、にわかバードウォッチャーには姿を見せてくれなかった。

今日に限ってジャコがピョンピョンと水面をはねながら逃げていた。
水面下ではバスがジャコ達を追っていると思う。
そんなところにルアーを打てば一発ヒットなんだけど今日は道具がない。
悔しいが水面のざわめきを見ている以外にない。

カワセミも飛んではいたが、目指す木にはとまってくれなかった。
コーヒータイムをしばしばとったが、火打ち石の火の付き具合も悪かった。
ま、今日はあきらめた。
夕暮れが早くなったのを感じる。


一気に黄葉になり、黄色のカブちゃんも目立たなくなってきた。


ヒョウモンチョウの一種かな。これはコンデジ。なんとなくすっきりしない。


コーヒーを飲みながらカワセミを待つ。今日は三脚まで用意した。


撮るものがないので500mmミラーレンズで泳ぐヘラブナを撮った。
ピント合わせが難しかった。

昨日親しかった友人の喪中はがきが来た。
同い年なのでつらい。

いい天気が続く。今日はカワセミが撮れた。2020年11月17日 16時57分37秒

今日は荷物が多かった。
先日ミサゴを撮ったので今日はカワセミを撮りたかったのである。オリンパスのフルセットと50倍のコンデジを持ち出した。
しかしただ川に行って待つだけではつまらないので、釣りの用意もした。
おかげで荷物が多くなり大変になった。
それにくわえてオリンパスペンFTの38mmレンズのテストもしたかったのでそれも持ち出した。
そしてそれぞれが単独のパッケージをしているのでバックがいくつにもなり、腰にはルアーの入ったウエストポーチを巻いた。
ちょっと格好悪いが人に会わないのでよしとした。

釣果はボウズだった。鵜が何匹かあちこちしていた。
そんなときは釣れない。

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

二兎を追うものは一兎も得ず。
はじめはカワセミが来ないしバスは釣れないしでコーヒータイム。

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

鵜が二羽泳いできたが私に気づいて飛び去った。こちらも羽音にビックリしてピントを合わせる間がなかった。

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

そしてカワセミはきた。50倍ズームいっぱいいっぱいでこれだけのアップ。
オリンパスの300mmで撮ってトリミングした方がシャープかな。

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

レンズテストをした、PENFT用の38mmf1.8で撮った。

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

まずまずの写りだね。で、昼ご飯。


大きなヘラブナの群れ。これがバスだったら・・

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

カブちゃんはおとなしく待っててくれた。

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

紀ノ川バス釣り&カワセミ撮り

今日も晴れ。リベンジの紀ノ川2020年11月05日 17時18分12秒

今日もいい天気。
朝11時頃から紀ノ川に出た。
3日の日も川に出たがボウズだったのでリベンジと火打ち石での着火のスキルアップである。
水はさらに少なくなり、最初は釣れる気配がなかった。
諦めてコーヒーと食事の用意をした。火打ち石で火をつけた。

まずマンガンを削り粉を紙の上にのせ麻縄をほどいた繊維を絡ませてこすったらすぐ着いた。だいぶなれてきたがやはり一気に着かない。いろいろ試す必要がある。
食事は持ってきたご飯を湧かした水に入れコーンスープを入れて食べた。その後ミニラーメンを作って食べた。これが昼食だった。

食べ終わって場所を移動し、ラッキークラフトを投げるとこの前より少し大きくなったバスがかかった。高校受験が終わった感じの大きさだった。立て続けに2匹が釣れた。

もう一匹と思い今度はゲーりヤマモトのワームをつけて投げると手応えがあり、30センチオーバーがきた。水が減っているので水面が低く抜き上げるにはきつそうなのでネットを使った。ネットを使うサイズは久しぶりだった。
今日はまずまずの釣果。リベンジはできたがこのまま雨が降らないと釣りにくくなる。

カワセミを写真に撮ろうと少し長いレンズのソニーのコンデジカメラを持って行ったが、動きが速すぎてとれなかった。上空にはミサゴが2羽弧を描いて飛んでいた。
やはりいいレンズを持ってくるべきだったかな。

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

30センチオーバー。まずまず。

紀ノ川バス釣り

カブちゃんはおとなしく待っていた。ブロッコリーがだいぶ大きくなってきた。


今日は雨が降ると思ったのに快晴2020年11月03日 19時53分29秒

今日は雨が降ると行っていたが一日晴れた。

3時過ぎに紀ノ川に出た。
少し遅かったが、今日は二つ目的があった。

一つは先日買っておいた火打ち石(ファイヤースターター)を使って火が付くかと言うことであった。
二つ目は今まで使っていたテーブルがバッグを小さくした関係でかさばるため、少しでも体積を減らそうと、ルアーケースを台にしようと思い立ち、ケースに薄い板を張り付けた。

まずファイヤースターターは麻縄を砕きスターターをこすると意外に簡単に、火は付いた。これで山に行ってライターなどがなくても火が付けることができる。

ケースに張り付けた板は滑らず快適であった。

カワセミが4羽ほど、飛び交っていた。
対岸の木に止まって獲物を狙っていた。やっぱり長いレンズがほしい。
川に着いたときたくさんの水鳥が一斉に飛び立ちビックリした。夕日に羽根が透けて綺麗だった。

釣りは、ボウズ。
帰りにカラスウリをとった。

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

一発でつける練習をしなくてはいけないが、思ったより簡単に火が付いた。
コツをつかんで今度は雨の時つける練習をしよう。

紀ノ川バス釣り

お菓子の箱をばらき、両面テープで貼っただけ。なかなか具合よかった。このルアーケースは予備のルアーを入れている。

紀ノ川バス釣り

とってきたカラスウリ。秋の景色。

久しぶりの紀ノ川2020年10月31日 18時45分22秒

昨日に引き続きいい天気。

今年は暑すぎたのであまり釣りに行っていないので、そろそろ子バスも高校生くらいになっている頃だからと思い紀ノ川に出かけた。

行く道で大きなカマキリ君がいらっしゃいという感じで挨拶してくれた。かわいかったのでカシャ!

着いてまずコーヒー。
そしてラパラをつけて何投かめにきた。
高校生より少し小さい位で、今受験勉強をしている中学3年生という感じのバスが立て続けに来た。

コーヒーを飲み終わって場所を移動した。
そこでも中学3年生バスを釣り上げ、ボーズが避けられたので本格的に釣ろうと思い、ルアーをいろいろ換えた。
ワームに換えてから何投目かに少し大きいのがきた。
久しぶりに4月以来の少し大きめのバスとのやりとりの感触がうれしかった。
もう一つ中学生バスを釣った。

最近雨が降っていないので水は少なく普段の水面よりかなり下がっていたが、この秋初めての割にはいい釣果だった。
もう少し大きくなって水位が上がれば面白い。本格的には11月の中頃かな。

川では久しぶりにカワセミを飛んでいた。
長いレンズがあればよかったと思うが、そんなときはコンデジしか持っていなかった。少し残念。

紀ノ川バス釣り

いらっしゃいませ。こちらへどうぞ

紀ノ川バス釣り

至福の時。

紀ノ川バス釣り

一匹目。

紀ノ川バス釣り

二匹目。

紀ノ川バス釣り

三匹目は少し大きかった。

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り

四匹目。

紀ノ川バス釣り

五匹目。

そういえば今夜は満月で、ハロウィーンと満月が重なるのは46年ぶりとか。
なんか今夜の満月は遠いので2020年で一番小さなスーパームーンで今月二回目とか。次の10月31日のハロウィーンに満月になるのは38年後で、もし私が生きていれば110歳。ワオ!

ハロウィーンと満月

角度が違うのか月面の模様が、この前撮ったときと少し違う感じ。

一気に秋。いい青空だった。2020年09月19日 20時25分04秒

今日は朝からいい天気。

今日はうれしいことがあった。また遊びのアイテムが増えたのである。

カヌーを二隻処分したのだが、釣りに行くにはどうしても手軽のがほしくなり、先日処分したCB400SSのお金の一部で買った。
使用頻度が昔ほどではなく、あまり高級なのもいらないし、手軽な軽いのを選んだ。
10kgしかなく膨らますのも10分あればもう漕ぎ漕ぎ態勢になる。
これを買ったもう一つの理由がカブに積めそうだったからである。
実際は思ったより大きいが、工夫すれば積めないことはない。
アルフェックボイジャー460Tはすこしハードな漕ぎ漕ぎに使って普段はこれになりそうである。もう一隻残っているがこれも嫁入り先が決まった。
結局三隻処分し、一隻買ったことになる。
四隻-三隻+一隻=二隻で、二隻の断捨離となる。

釣り用には、ロッド立ても簡単につけられた。これはボイジャーで使っていたものだったがこれにも着いた。この角度だとトローリングができる。

ワクワクである。

あとはカヌーをどうカブに積むかで、タイ・ベトナム状態になるがリアシートを外したら簡単に乗ると思う。収納袋が思ったより大きかったので縛り方を工夫する必要がある。

カブに積んで川のそばまで行ってくんでこぎ出すのを楽しみにしている。
もちろん車にも簡単に入るので車でのツーリングの時などトランクに積んで出かけられる。
カヌーを漕ぐとケンコーコツが鍛えられるのでいいと思う。筋力を落としてはいけないのでいい運動になるはずである。


組んで、というより膨らました。微妙に仕上がりの悪いところもあるが、値段からするとこんなものかな。モンベルのなどは10万を超えるからね。


シートは以前ファルトボートに使っていたシートを利用した。


ロッド立てもボイジャーで使っていたものだが上手く着いた。トローリングができそうである。
ワクワク。

久しぶりにロッドを振ったが・・2020年09月18日 19時58分52秒

今日は雨という予報だったが朝からは薄日も差した。
依然として暑さは残った。

夕方久しぶりに、本当に久しぶりに貴志川にナマズを狙って釣りに行った。
釣れる当てはなかったが、すこしは暑さが和らいできたので、ちょっと振ってみようかなと思った。
家から歩いて行ったが釣り出して何ほどもしないうちに大雨が降ってきた。
急いで片付け、帰ってきた。
降るのを予想して、ジャケットを持って行っていたので助かった。
雨は家に着く頃には小降りになった。

普通の靴を履いていたので立ち込んでのルアーを打てなかったが、今日行ったところは子供達が小さい頃よく鯉やナマズを釣ったところだった。
しかし川の相は昔の面影はなかった。
水門を作ってから魚類が少なくなってしまった。

貴志川への降り口でいつものニャンコが二人の女性から餌をもらっていた。ひどくなついていた。

写真は久しぶりの草むらのヒーロー。
フェアレディZなので、レストア用に部品のほしい人もいるかもしれない。
かなり草に覆われつつある。