夏のように暑い一日だった。2021年05月16日 20時31分54秒

暑い一日だった。
スズメ君やハト君達は相変わらずやってきてくれた。
もうそろそろヒナが孵ってもいい頃なので遊びに来ないかまっている。

夕方古紙回収に段ボールを出しに行った帰りに少し平池に鳥を見に行った。
平池の鳥君達の大半はもう渡ってしまったのかずいぶん少なくなった。
少し寂しい。写真を撮っていると、

「あのね。カモのヒナが4羽いて親についてヨチヨチ歩いていたけど、どこかに行ったなー」

と、声をかけてくれた人がいた。
近くにカモのヒナがいないか見たが、いなかった。

「黒鳥はどこかにいますかね」と聞くと、
「うーん。いたけど今はいないね」という返事だった。

暑いので日陰にでも入っているのかわからない。


サギ君はいつもの所にいた。ギンヤンマが写っていた。


黒鳥さんはやはり中にある島の木の陰にいた。ボーエンレンズ一杯一杯。だいぶ遠い




仲良く夕日をあびている。


このかめ君は木に登っている。どうも甲羅を見るとクサガメのようである。


これはミドリガメ君達。


これもミドリガメ君達。餌がもらえると思うのかワサワサと集まってきた。


風が強かったので噴水の水しぶきもゆがんでいる。

降りそうで降らなかった2021年05月15日 21時29分04秒

今朝も20度だった。
毎朝のルーチンのスズメ君達の食事入れ、新聞取り、野菜への水やり。
ぼうっとした頭でやった。
ゴーヤの一つが生育しないで枯れかかっているので摘んだ。
トマトなどは順調みたい。

今日は新聞のコラム欄の「風景を歩く」で紹介されていた集落を訪問しようと行ったが、ナビは道の修理などお構いなしにやるから、橋の修理中でいけず引き返した。
裏からと思い岩出町の押川から入ろうとしたが道はなかった。
押川には日吉神社という面白い神社があったがそれは日を改め紹介しよう。

ナビを入れ直して、再度チャレンジした。
目的の集落は神通温泉奥にあった。
今度はきちんとナビ通りであったが、記事にあった目的の村はもう杉林の中に消えていた。廃村になったというので、朽ち果てた建物をイメージしていたがきれいな杉林になっていた。


工事中の橋。後でくるっと回って対岸に向かった。


なぜかカヌーが棄てられていた。


出くわしたカエル君。



集落は擁壁ををのこして杉林になっていた。


よく枝打ちされた杉。若い人二人が間伐していたので、
「この辺りは今畑というところですか?」
と聞いたが、
「僕らこの辺りのものでないので知りません」
ということ答えだった。

ネットで見ると、
「和歌山県最北部を東西に走る通称・農面道路を根来寺より東進、某所より北に折れ、林道に入る。数100メートルも登ると路面は一気に荒れ始め、かつての舗装が整備されないまま放置されているようだ。その遥か先に、今回の調査地点、今畑廃村がある」
とあり廃屋の写真もあったが歩いても歩いても、廃屋はなかった。








トレールバイクの轍があちこちにあった。
どこか知る人ぞ知るの入りくちがある感じで、トレールバイクと何台かすれ違った。

かなり夏が近くなった感じの気温2021年05月06日 21時25分09秒

気温は昨日より少し下がって12度だった。
スズメ君の食事台には水がたまっていた。
朝から用事で少しバタバタした。
医者に行くために、久しぶりにカブちゃんに乗ったが、もう夏服で良かった。
今日カブちゃんは2000kmになった。
距離的には遅いが走りに行かないので仕方ないね。

久しぶりに和歌山電鉄のイチゴ電車などとカシャ!

クロスカブCC110

2000kmを800mほど過ぎたが、とにかく2000kmを越えた。

クロスカブCC110

定番のツーショット。

クロスカブCC110

クロスカブCC110


バッタ君が竹にすがっていた。


テントウムシ君。忙しそうに動き回っていた。


紋の付き方を見るとジャコウアゲハかな。これもなかなか止まってくれない。


家のしだれ桃についていた幼虫。さてどんなに変わるか。


蜘蛛君もいた。

ケリ

ケリの昨日の子供を見ようと思ったが、警戒する鳴き声を発してあちこち歩き回った。ヒナがいるのはわかったいえるのだが、とうとう見つけられなかった。

キジバト

家にきたハト君。いつも二羽でくる。

スズメ

スズメ君達。今日は四羽。


ユンボの上に止まったヒヨドリ君。

今日も和歌山のコロナ感染は23人だった。
どうも養護施設はクラスターが発生する確率が高いね。

今日から新年度。あっという間に4月。2021年04月01日 20時38分52秒

朝から昨日と変わらない暖かさだった。
もう春真っ盛りで桜もかなり花びらが舞い落ちていた。

 中空にとまらんとする落花かな  

とは中村汀女さんの句だが、まさにそんな感じでふぶきとまでは行かないが、チラチラと落花がある。

夕方貴志川の河原を歩いた。

セイヨウカラシナ

ウグイスが鳴いていたので探すと、木の上で歌っていたのでカシャカシャ!
打つものところでコーヒーを飲んでいると今度はモズが虫の幼虫をくわえて木に止まったのでカシャカシャ!
面白い花もたくさん咲いていたのでこれらもカシャカシャ!

スズメ

スズメ君もヒヨドリ君も来てくれた。

ヒヨドリ

散歩の途中で出会ったニャンコ。

ネコ

さえずるウグイス君。ただいま婚活中かな。

ウグイス

ウグイス

秋川さんの「千の風・・」を思い出した。口の開け方がそっくりな気がする。

ウグイス

モズ君。

モズ

花や草いろいろ。




モズを撮りに行ったとき藪の中に入ったが出てくると、この幼虫がズボンに一杯付いていた。小鳥の餌にちょうどいい。


大阪、兵庫、宮城への、今月5日から1カ月「まん延防止等重点措置」適用を正式決定したと言うが、何の施策も打たないで言葉ばかりが走っている。
3波、4波は必ずくると国民の誰もが思っていた。
そして政府はそれに対して何かするだろうと思っていたが、全くなにもしない。
行政からの支援も遅れがちと聞く。

今度のコロナで日本も一皮むけると思っていたが、悪さばかりが目立ち、それを直そうとしない。
半藤一利さんの提言そのままのていたらくである。
そこへ持ってきて各省庁間の縦割り行政の露呈。
今度の23人会食の「惨事」も同じ省庁内での意思疎通のなさが垣間見える。

縦割り行政をなくすと言ったのは、誰かは国民はきっちり覚えているが、もうしらけきっているので言わないでおこう。

九頭神社2021年03月28日 11時51分34秒

23日に紀の川市にある九頭神社に行ってきた。
通称麻生津九頭神社というそうだが、旧麻生津村村社は紀の川市麻生津中宮の原一の老樹に囲まれて鎮座する氏神さまで建立は、不明ということである。

境内には、八坂神社、祓戸社、若宮社、稲荷社、祖霊社、桂神社がある。
本殿は木造銅瓦葺流造で、はじめは真新しい拝殿が本殿と思っていた。

2棟の東屋があり、紀の川筋の家並みの見晴らしがいい。
ここの特徴は、モチの大木があるところで、ほかにも巨木がたくさんあり、歴史の古さを感じる。シラカシの木もあったのだが倒壊したそうである。
残っていれば幹周は3. 9m、樹高は20mの堂々たる木だったという。 
クスノキは環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周は4. 94mm、樹高は17mということでこれは幹を見ただけでも大きさがわかる。
全国各地にこの九頭という名前がありここの神社は九頭だけで龍をつけてないが関連はあるだろうと思う。

ウィキペディア(Wikipedia)によると、
「九頭龍伝承(くずりゅうでんしょう)、九頭龍伝説(くずりゅうでんせつ)は、日本各地に残る九頭龍(大神)に関する伝承・伝説のことである。九頭龍大神伝承(くずりゅうおおかみでんしょう)、九頭龍大神伝説(くずりゅうおおかみでんせつ)とも。

発掘された平城京の二条大路木簡には、奈良の南山に住む九頭一尾の大蛇に疫病(天然痘)の原因となる鬼を食べて退治してもらい、都での流行阻止を祈願したとされる文が書かれている。ここでは人を害するものではなく、病気を食べる利益をもたらすものとして扱われている。」
とある。

住所は、和歌山県紀の川市麻生津中1。

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

春らしい天気の一日。2021年03月27日 20時46分55秒

春らしいいい天気ではじまった一日だった。
風もさほど強くなく少し汗ばんだ一日だった。
今日はスズメ君達は5羽以上でやってきた。
おかげで飛んでいる写真が撮れた。飛ぶところは面白いのでこれまでも狙っていたがなかなか撮れなかった。
5匹くるとどれかが飛び上がるので撮ることができた。
昼から桃を探して出かけた。もう摘花しているところもあった。

カブちゃんで走ったが、前を行く男女二人乗りバイク2台が遭うバイクごとにピースサインを送っていた。すれ違うバイクはそれに応えて手を上げていた。
昔はツーリングとわかった相手に単に手を上げて挨拶したが、今日のはピースサインであった。男女二人乗りであったのが少し腹の虫の居所が悪くなる。

スズメ

スズメ君達は、けんかしているのだろうかじゃれ合っているのだろうか。

スズメ

スズメ

家の前の公園で見かけたヒヨドリ君。


そして桃の花。




土手の桜もだいぶ咲いてきたので人がたくさん出ていた。



M元首相は26日夜、東京都内で開かれた元官房長官のパーティーで、衆院議員会館のK氏事務所にいるベテラン女性秘書に触れ「Kさんの部屋に大変なおばちゃんがいる。女性と言うには、あまりにもお年だ」と述べたらしいが30年前の発言ならいざ知らず今はそんな時代ではない。まして自身は女性蔑視発言で東京五輪・パラリンピック組織委員会会長を2月に辞めたばかりである。

私も言わせてもらうと、
「あなたは政治家というにはあまりにもお年で、時代遅れも甚だしい。早く政治の一線から退いてもらいたい。そうすることで日本は少し良くなる」

朝から雨だった。2021年03月08日 20時15分48秒

今朝は8度あった。
雨が降っていて昼からはやんでいたが、気温は昨日と同じくあまり上がらなかった。
メジロ君もあまり来なかった。

ネットでyahooの記事を見ていたら小沢氏が「自民党のスローガン『国民のために働く』。この上に『一握りの』をつけ加えないと正しくない」と投稿したとある。
「総理や自民党政権と親しい、ほんの一握りの国民だけが利益を得る国へ。そんな国になってしまった。五輪前に世界中に恥を晒している。全ては選挙の結果。国民は選挙で未来を選べる」と選挙で投票することの重要性を訴えた。

私もポスターのキャッチコピーで『国民のために働く』というコピーにはずっと違和感を抱いていた。全然やってくれないじゃん、と思っていた。
小沢氏のいうとおり、今のままではほんの一握りのものしか恩恵を得られず、またややこしい話がいろいろ議論されている。
私が願うのは、国のトップは国民に選ばせてほしいということである。
今のままでは依然として、なあなあ忖度の枠を超えない。
官僚の在任中の悪さを糾弾しないで「もう退任したから呼べない」とは何事か。
国民を馬鹿にしている。国会答弁を見ていても野党の質問を真剣に聞いていないね。

平池

写真は平池。寒いのかほとんどの鴨君達は首を羽の中に入れていた。

平池

平池

平池

平池

平池

グー。パー。

平池

平池

クロちゃんはパンをもらっていた。まだほしそうに私の方に歩いてきた。


平池

咲いていた花。


おじさんには意味不明の柱。

今日も6度。ホンカクテキな春かな。2021年02月22日 10時04分44秒

先日バイクで走っていて、小さな神社に気がついた。

その神社は、歴史の長さを感じさせるような階段が続いていた。
いまにも崩れそうに縁が垂れ下がっているので、足下がおぼつかないものにとっては登りづらい。
手すりがありがたかった。

和歌山の白鬚神社は日高町の阿尾が有名だ。
そこの白鬚神社は400年程前に、天文の時代に滋賀県高島郡の白髭白鬚神社から、分霊を奉戴したのが和歌山県の白鬚神社の始まりとされている。
県の指定文化財となったくえ祭りが行われるが、その分霊を奉戴した際に携わったとされる区内の九戸の戸主の家が代々とり仕切っていると言われている。

じゃあこの白鬚神社はどれくらいの歴史を重ねてきたのだろうか。
いずれにしろ琵琶湖にある白鬚神社からの分霊とは思うが、山里にひっそりある感じで良かった。
こんな神社好きだなー。

白鬚神社

白鬚神社



白鬚神社

白鬚神社

白鬚神社

今朝は雪景色を期待したが・・2021年02月17日 14時56分59秒

今日は5度だった。
雪を期待したが降っていなかった。
朝方久しぶりにメジロがミカンを食べにきた。
いろいろ花が咲き出して、美味しいものがいっぱいになってきたのでこなくなったのかと思っていたら、来た。
今朝はニコンでカシャカシャ!写真は明日アップすることにした。

昨日は久しぶりにゆきちゃんにあってきた。
ゆきちゃんと言っても人ではなく、フクロウなのである。
小さいとき瀕死のケガをしていたのを助けこんなに大きくなったということである。

和歌山の人はよく知っているとは思うがこの郵便局で通帳を作るとお金が貯まり、願い事も叶うと言うことで、全国から来るそうである。
今日はお年玉記念切手をもらいに来たのだがが、今日はゆきちゃんも事務所にいて止まり木に止まっていたのでカシャ!
息子さんが事務所に来ると甘えてホーホーと鳴いた。








今日は、新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。
しかし接種の開始は主要7カ国の中で最後の7番目となり、最も早かった英国と比べると約2カ月の遅れとなった。
接種の開始時期や接種回数などで国家間の「ワクチン格差」が広がっている。
もはや先進国といえないね。

いろいろデーターをとらなければいけないが、その体勢はできているのだろうか。ココアのようにトラブったまま放置しないだろうか。
今の政府は全くアテにできないからね。

朝は冷えるが昼になると暖かくなる。2021年02月11日 17時59分32秒

今朝は3度だった。
ここ2,3日は朝は冷えるが、昼近くになると一気に気温が上がってくる。
うれしいね。暖かいとルンルンとした気持ちになってくる。

今日もバイクで宅配便を送ったついでに、和歌山電鉄沿線をウォッチした。

まだカメラの用意をしていないとき山の木の枝にミサゴが止まっていた。
写真が撮れなくて少し残念だったが、生息確認ができたのでよしとする。

電車を待つ間田んぼの溝でコーヒータイムの湯を沸かした。
電車は何度か来たが、待つあいだ田んぼのツグミがたくさんいて餌をついばんでいたのでカシャカシャ!。




あと何年かしたらここも宅地になるかも。


信号ヨシ!


間がいくつか開いていて乗客もマスク。ヨシ!