もうすでに夏!2021年05月14日 21時48分20秒

いい天気だった。
気温も朝からすでに20度あった。
いい天気だが今日は定期検診の日で病院に出かけた。
10時ちょっと過ぎについて、計算も終わったのはすでに2時を過ぎていた。

「先生が転勤とかで入れ替わってしまって、予約が上手く入りませんでした。すみません。それに今日は受診する人がいつもより多くて、迷惑をおかけしました」
と事務の人が謝って回っていた。

診察をしてくれたのは、若い美人の女医さんだった。
研修医が明けてすぐのような感じでいつもより丹念に見てくれた。
先生がほとんど替わったので一人あたりの診察時間も長引いた。

食事をしてからということだったので、病院のコンビニでおにぎりとパンを買って外のベンチで食べたが、すでに夏だった。
ハトが物欲しそうに近寄ってきたがすでにパンは食べてしまっていた。


東屋のベンチに腰掛けてポットのコーヒーを飲んでいると、

「今日は夏みたいに暑いね。ここに来るまでに汗をかいてしまった。朝から来たけど昼を過ぎてしまった」

と話しかけてきた。ソーシャルディスタンスをとってマスクのまましばらく話をした。しかしもう少し近づいてマスクなしで話したいね。

もう夏の日差しで、庭の石も夏色になっていた。




コロナで医療が逼迫しているが、治療の際、救命の可能性の高い患者を優先して医療をすることを「トリアージ」と呼ぶらしい。

大地震などのような災害が発生して、2人のうちどちらか一方しか助けられない状況にあったとき、超重症の患者さんを一生懸命助けていると、2人とも救えないという事態が起こる。これを避ける方法が、トリアージというらしいが、これは経験がないと判断できないし、難しいと思う。

医療が逼迫してくると避けて通れなくなる問題なので怖い。
病床や機器が十分であれば、そうした問題は起こらない。
ということは患者を減らすこと以外ないのである。
必然的にワクチン接種が重要になってくる。治療薬の開発も同じくらいに重要だと思うが政府はあまり議論をしていない。
ワクチン接種は進まず治療薬も認可しない、ほんとにこの国はどうなるのだろうか。

夏みたいな一日2021年05月09日 20時01分04秒

今日は暑かった。
今朝の時点で18度を超していた。
もう夏の気配満々。
テクテクをしても汗ばんだ。

ケリ

ケリの雛。


こうして田の中にいるとわかりづらい。保護色になっている。


このヒヨドリさんはくわえていた白いものを落としていた。画面中央寄りの白いものだが、よく見るとヒナの糞だった。巣からくわえて持ってきたのだろう。


電柱の先に止まっていたキジバト君。ついカシャ!


セキレイ君。


そして貴志川の土手で鉢君をカシャ!ストロポがほしかったね。し羽根が夕日に輝いてキレイだった。


色が面白い蜘蛛君。


巣が夕日に輝いている蜘蛛君。


今年初めてのカエル君。そういえばトノサマガエルは極端に少なくなった。



今日はコロナは和歌山は17人と若干減ってきた。
大阪も減ってきたが逆に東京は増えてきた。なんとなく予想していたけどね。

今日も雨だった2021年05月07日 22時40分36秒

朝から鬱陶しい天気だった。
16度あったが妙に肌寒かった。

昼前から雨が降ってきた。
先日植えたゴーヤやミニトマトには水をやらないでいいので、その面ではいい雨である。そういえばもうすぐ梅雨になる。

ゴーヤ

ゴーヤも少し腕を伸ばしてきた。

ミニトマト

サントリーがミニトマトの苗を作っている。自社で開発するジュースなどの原料にするのが余ったので、ほかに供給するのかな、と思ってしまう。


アジサイもだいぶ蕾みが大きくなってきた。


今日のテクテクは、近くの行者堂であった。先日からこのアルコールストーブにした。
固形燃料では、シャラカップやこの湯沸かしの底が真っ黒になるが、これだと綺麗なままである。


カタツムリがいたので二匹捕まえた。
セミの抜け殻もあったのでテーブルにおいて観察した。
カタツムリも少なくなった。そういえばカニを全く見たことがない。



楓の実がなっていた。もう少し経つとこれが風にのって運ばれ、新しい木になる。


途中にあったミカンの花。いい匂いがしていた。木を詳細に探すとアゲハチョウの幼虫が見つけられるかわからない。

今日コロナ感染は19人だった。まだ連休の答えは出ていないが、緊急事態宣言の効果はないような気がする。

かなり夏が近くなった感じの気温2021年05月06日 21時25分09秒

気温は昨日より少し下がって12度だった。
スズメ君の食事台には水がたまっていた。
朝から用事で少しバタバタした。
医者に行くために、久しぶりにカブちゃんに乗ったが、もう夏服で良かった。
今日カブちゃんは2000kmになった。
距離的には遅いが走りに行かないので仕方ないね。

久しぶりに和歌山電鉄のイチゴ電車などとカシャ!

クロスカブCC110

2000kmを800mほど過ぎたが、とにかく2000kmを越えた。

クロスカブCC110

定番のツーショット。

クロスカブCC110

クロスカブCC110


バッタ君が竹にすがっていた。


テントウムシ君。忙しそうに動き回っていた。


紋の付き方を見るとジャコウアゲハかな。これもなかなか止まってくれない。


家のしだれ桃についていた幼虫。さてどんなに変わるか。


蜘蛛君もいた。

ケリ

ケリの昨日の子供を見ようと思ったが、警戒する鳴き声を発してあちこち歩き回った。ヒナがいるのはわかったいえるのだが、とうとう見つけられなかった。

キジバト

家にきたハト君。いつも二羽でくる。

スズメ

スズメ君達。今日は四羽。


ユンボの上に止まったヒヨドリ君。

今日も和歌山のコロナ感染は23人だった。
どうも養護施設はクラスターが発生する確率が高いね。

今日は本格的な雨2021年04月28日 20時39分07秒

今日は朝から雨。
蕪村のうたに、

 春雨や小磯の小貝濡るゝほど

というのがあるが、今日の雨はそんな感じかな。
どこにも行けなかった。

今日コロナは和歌山県が26人、大阪1260人、東京925人の感染が出た。
世界ではもうどんどん経済活動を再開しているところがあるのに、日本は未だに医療逼迫などと騒いでいる。
どこで日本はコロナ対策を誤ったのだろう。

そしてオリンピック。
どんな結果になってもいいように先読みしてしまい、お互いが泥を投げつけ合っている。国は東京都に押しつけようとしているし、東京は組織委員会は国だろう、といっている感じだし、国民はだんだんしらけてしまっているし。

このままオリンピックをやったとしてもなんかすっきりしない後味になるのではないかと心配する。

写真はいずれも昨日撮ったものである。



これは虫を捕まえ食べているスズメバチ君である。



テントウムシ君。



我が家のツツジ。今年はたくさん咲いてくれた。いまオオテマリの花びらが落ちてきて玄関先が汚くなってきた。


なぜこの写真を入れたかというと、ここがスズメ君達のマンションで、腕金の中からヒナの鳴き声が聞こえる。大阪では信号機のこうした金具の中によく作っていたが、我が団地のスズメ君達はここに巣を作っている。ここなら人はちょっと近づかないだろう。

今朝は少し寒かった2021年04月27日 19時50分36秒

今日もいい天気だったが、朝11度のまま気温はそれほど上がらなかった。
服も冬のまま過ごした。ズボンだけ少し薄手になった。

今日は貴志川の河原にテクテクした。
テントウムシを撮りたくて行ったが、少なかった。そういえばテントウムシの餌になるアブラムシが少なくなってきている。河原の草木もアブラムシが少なくなっているように感じるのだがどうだろうか。とにかく3匹いたがすがっていた草にもアブラムシはいなかった。アブラムシはイバラなどにいたのだが今はいなくなった。

この頃歩いているとドクターヘリが必ず飛んでいる。
ヘリが戻ってくる時間で降りたところが大体わかる。今日は粉河辺りかな。
コロナのせいかはどうかはわからないが、とにかくひっきりなしに飛んでいる。

和歌山県は、感染者の容体の急変や周囲への感染拡大を防ぐため、原則、全員を病院に入院させる対応をとってきたが、第4波の感染拡大で、医療機関の病床のひっ迫が続いていることから、来月から、一部の感染者について、ホテルでの宿泊療養を始めることになったという。対象は、入院患者のうち、発症から5日から7日がたち、無症状や軽症で重症化のおそれが少ない人、また、10代から20代の無症状や軽症で、医師などが宿泊療養が可能だと認めた人だという。

宿泊療養施設となるのは、岩出市の「ホテルいとう」ということだが、看護師が24時間態勢で滞在して、対応にあたるということである。

これはいいことだね。

今日は27人ということで、まずまずだけど相変わらず大阪は1231人と1200人を超している。一昨日行った緑花センターでも大阪や和泉ナンバーが多かったし、マスクをしていない人も密でいた。怖いね。


蜘蛛の巣に引っかかっているが彼は自力で脱出した。



あれだけ咲いていた黄色のセイヨウカラシナが花が落ちてしまった。


アザミか?


そしてテントウムシ。少なくなったなー。



何の幼虫かわからないが、あまり姿のいい毛虫ではないね。


尻尾が割れていないのでノスリかと思ったが羽根の模様はトビくさい。


ハトが田んぼで餌をついばんでいた。


イソジオさんは藪の中から毛虫を捕って食べていた。


ホウジロ君もさえずっていた。

今朝は6時に起きた。2021年04月25日 21時27分03秒

今朝は6時に起きてゴソゴソしていたら大谷君がホームランを打っていた。
せっかく点を取ったのにでるピッチャーが悪いので、打たれて大敗してしまった。
点も大谷君が打つと入るがそれ以外ではあまり期待できない。

今日はどこかに行きたかったが自粛して緑花センターへ出かけた。
昆虫や鳥がいないか探したが思ったほどいなかった。
花は綺麗だった。
それでももうバッタ君が出ていたし、春ゼミも鳴いていた。

そういえば今日選挙が多かった。
広島、長野、北海道、そして名古屋市長と忙しい。
今の政権のどこが一番悪いかというと、未来の目標が全くなく、今しかないことで、だから後手後手になるのではなかろうか。
今日ニュースでコロナワクチンの接種率が37カ国中最低だった。
少し前までは韓国が一番悪かったがそれにも抜かれた。

結果的に緊急事態宣言が発せられて、経済活動がストップしてしまっている。












コロナはしたたか。2021年04月11日 20時06分33秒

今朝も肌寒かったが、だんだん暖かくなってきた、とは言っても2,3日前よりは寒かった。

大阪のコロナ新規感染者数は、増加の傾向が続いていて、1日の感染者数が700人を超えるのは6日連続となった。
それとともに和歌山もなかなか減らない。今日も28人の感染が確認された。
患者をどこがどう受け入れているかはあまり知らないが、和歌山も病床が逼迫してきているのではなかろうか。
大阪府内では、感染者4人の死亡が確認され、重症者数は203人となり、重症病床の使用率は83.9%となっているらしい。

和歌山でクラスターがでているのはカラオケが多いが、やはり歌うときマスクを外すので、ウィルスをまき散らすのだろうね。
それにしてもコロナウィルスはしたたかで、これだけ蔓延してきているのに、政府は何もしないね。

ワクチンもいつ打てるかわからない。
これは予想していたけど、予想通りに不細工な結果になっている。

オリンピックもやろうとして意識的に聖火リレーの盛り上がりや池江さんの勝ったことを流している。
日本人はこういうのに弱いからね。オリンピック賛成に流れてしまうのだろうね。


アジサイの葉もかなり大きく伸びてきた。

スズメ

今日は少し角度を変えて撮ってみた。

スズメ


テントウムシを久しぶりに見た。


イソジオ君。左の藪に入って毛虫などの獲物を獲って、コンクリのところで食べていた。なるほどという感じで眺めていた。何度も何度も藪に入って獲物を持ってきた。
これから子育てがはじまるともっと忙しくなるだろうね。


モズ君は、最初に止まったときは何も捕らえてなかったが、いったん飛んでいってかえってきたときには口に獲物をくわえていた。


蜘蛛ちゃん。


ツグミ君の水浴び。結構深く潜っていた。



カマキリ

カマキリ君はまだかなり残っていた。

カマキリが孵化した。2021年04月10日 20時20分26秒

朝から肌寒い一日だった。
庭に水やりをし、ヒヨドリ君やスズメ君達に朝ご飯を届けてふと見ると、カマキリが孵化していた。
寒いのでいつもの勢いがなく、葉っぱにへばりついていた。
しかしたくさん孵化していた。
あと卵胞は三個あるので、孵化が楽しみで、これから朝起きたらチェックしなければいけない。
今朝も早くに知っていれば孵化の瞬間が見られたのだが、皆出た後だった。
風が強いので葉が揺れて撮影に苦労した。
レンズを向けると小さいながら戦闘態勢をとる。

カマキリ

この卵胞から孵化した。

カマキリ

イマイチ動きが悪い。例年だと1時間すればいなくなるが近くで塊ができていた。やはり今日は寒かったからだろうか。

カマキリ

カマキリ

カマキリ


カマキリ

そして今日も来てくれたヒヨドリ君。


スズメ君。


川湯に走った2021年04月06日 22時06分23秒

今朝は8度だった。
昨日は10度を超していたのに今日はそれを下回った。
寒さが戻った。
今日は熊野古道を歩くために川湯に走った。
どのルートを行こうかと迷ったが、424号線を走ることにした。
帰りは168号線を走ろう。

ツツジ

我が家のつつじが咲きだした。オオテマリもあと一息である。
出がけにカシャ!

オオテマリ

海南から金谷に抜ける道のヒーローはまだあった。子のヒーローもう何年になるだろう。

草むらのヒーロー

このお店も閉めてから長い。


椿山ダム。予定ではここで昼食だったのだが雨が降ってきたのでパスした。



次の休憩所でご飯をメスティンで炊いた。うまくたけたのだがおかずがなかった。



仕方なく道の駅まで走った。手の毛虫が張ってきたのではたくと車のドアに行った。


道の駅牛馬童子でふりかけを買って、食べた。おいしかった。ごはんもうまくたけていた。




晩御飯は宿のバイキング。
なかなかおいしかったが、泊り客より従業員のほうが多い感じであった。