新しい靴の履きならし2022年06月19日 20時51分59秒

今日は靴を新しくしたので足慣らしを兼ねて竜神岳に登った。
高野山周辺はたまに晴れた日曜日でバイクが一杯だった。
大型はやりのバイクにこんなカブちゃんも走っていた。
私のは110だがこれはまだ小さな50ccである。
でもテント泊でもするのか大型リアケースにサイドバッグいいなー。


護摩山の前はさながらバイク展示場の感じで日本製は言うに及ばず外国製もたくさん駐めていた。
スカイタワーに着いた時は既に2時に近かった。


途中の根っこから倒れた木。
北海道の人にすれ違ったが出張で三重県まで来たがここまで足を伸ばしたという。
「北海道は基本的に梅雨はありませんが、蝦夷雨というのがあって降るときがあります。でも基本的に今が一番いいときなので遊びに来てください」
ということであった。


トップの石碑のあるところには14時40分ほどであった。
休憩したいと思ったが腰を下ろすところがなくそのまま歩き出した。


アマチュア無線をしている二人連れがいた。うまく交信できたみたいだった。
今はアンテナがずいぶん小さくなっている。携帯パソコンで相手を探していた。


あたらしい靴。でも今の靴は軽くなっている。


ちょっと大雨が降れば崩れそうな山肌。



山道の途中ですれ違ったハンターカブ125。ちょうど駐車場に着いた頃戻ってきた。


駐車場に着いたのは15時40分だった。
4時頃近くの東屋でサンドイッチを食べた。
前の桜にぶら下がっていた。


そこをでたのが5時であった。車やバイクが後から次々にやって来たが全部広いところで追い抜かせてやった。バイクは皆手を上げてお礼をしてくれた。

今日はいい天気だった。2022年05月22日 21時04分01秒

今日はいい天気だった。
先週は雄岳に登ったが今週は雌岳に登ろうと、二上山に向かった。
京奈和道はバイクが多かった。
それも大型バイクが多く、ミーティングか何かやっていたのかたくさん集まっていた。
登山口について駐車しようと思ったが一台分しか余っていなかった。
今日はそれくらい人が多く登っていた。


イノシシならぬここでは猿である。11時にまだ少し時間があった。


大きな石仏を見ながら道を登った。
榊ばくざんの碑のある東屋で昼ご飯にしたがまだ11時を過ぎたばかりであった。


頂上にはちょうど12時に着いた。


日時計の周りは十二支があるので私は牛の所に腰掛けた。


万葉歌碑。


山頂を示すポールが立っており温度計がついていた、ちょうど天気予報どおり28度あった。
頂上から今度は馬の背に降りた。12時47分だった。


馬の背から今度は展望台に上った。少し霞がかかっていたがこの時期仕方がない。
13時であった。



展望台から今度は岩屋に向かった。
岩屋についたのは13時15分だった。ここは昔と変わっていなかった。





1000年経っていたという杉はかなり腐りが来ていた。


次は石切場に向かったがここは13時28分に着いた。割に早く着いた。
石切場を見終わった後、ハイク道とクロスするところに東屋があり、そこで14時10分過ぎまでお茶を飲んで休憩した。




14時20分に再びお地蔵さんのところに帰った。
ウグイスやそのほかの鳥もたくさん鳴いていたが写真にできなかった。
チョウやバッタを少し撮った。それはまたにしよう。

結局日のあるうちに家に帰り着いたが、出かけるのが早かったのと余り無理をしなかったので普段より早く帰ってきた。

二上山に何年ぶりかで登った。2022年05月15日 22時25分51秒

今日はすきっとしない天気だったが、二上山に登ることにした。
11時頃家を出、昼ご飯をコンビニで買って歩き始めたのは1時10分頃であった。
登山道は二上神社の横を抜けて上へ登っているが、ひたすら階段で結局は雄岳までほぼずっと続いていた。
誤算であった。
いつもは竹内街道側から登っているのでなだらかな道が続いているだろうと思ったがそうではなくひたすら登った。
足首が痛いのでそれをかばいながら転けないように気をつけながら登った。

雄岳に着いたのは3時を過ぎていた。
雨が心配だったのでお茶を飲み休憩してすぐに下った。
2,3人同じように雄岳の上で休憩していたので聞くと結果的に同じ道を降りる方がいいと言うことになった。

もと来た道を下ったがやはり帰りの方が早かった。
後ろを歩いていた人が、追いつくなり「転けるんじゃないかと心配してみてた」と声をかけてくれた。
大分あぶなかしい歩き方だったのかと反省。
ストックをつくところも気にしながら今度はひたすら降りた。
若い人は飛ぶように降りていくが私は無理だった。


神社もゆっくり参拝したかったが天気が心配だった。



なぜここ二宮金次郎。


イノシシが出るのか道にトビラがある。


はじめはいい道に思えた。


鉄の階段まであった。


こんな坂ばかりを上り下りした。


大津皇子の御陵が見えたときはほっとした。
既に3時を過ぎていた。


ここは26番目の経塚である。


10度しかなかった。




降りたのは5時40分を少し過ぎて詳しくは二上山のページに追加してまたアップしよう。

帰ってご飯を食べながら、NHKBSのMLBをみたら、オオタニサンが100号を打った試合を流していた。すごい。

一気に寒くなってきた。秋らしい一日2021年10月17日 19時58分52秒

今朝から秋に本格的な訪れの実感できる気温であった。
秋はやはりこうでなくてはいけない。
今まで暑すぎた。

昨日に続いての伯母子岳の写真であるが、やっぱり山に登ると動植物に目が行く。
足が悪くなければもっとフットワークよくとれたのだが、とにかくきちんとたっていないと踏ん張れずたったまま写真を撮った。


こういう木を夜見ると少し怖いだろうね。


紅葉には少し早い感じである。


実がなっていた。


こちらも実がなっていた。


キノコ。初めて見るキノコだった。


白いのが一杯あった。


この木の洞のキノコを撮ろうとしてしゃがんだがひっくり返ったのである。
バッグなどの装備をすべて外して立ち上がろうとしたが起き上がれず、手を引かれないと立ち上がれなかった。左足が全く役に立たなかったのである。


ヤマトフキバッタかな。


オオセンチコガネでこれはどの山にもいる感じである。


シジュウカラだが前の葉が邪魔をしている。この木の実を食べていた。
足が不自由なのと歩き続けていないとひっくり返りそうになるのでもっと撮っていたかったがすぐに歩き始めた。

7年ぶりの伯母子岳2021年10月16日 23時16分45秒

7年ぶりに伯母子岳に行きましたが、後3kmの地点で左足がきちんと動かなくなり転けた。湿布を貼ってなんとか歩けるようになったがそのまま引き返した。
いつものようにそのまま歩き出したのだが2年のブランクは大きく、筋肉がきちんとしなさいと言ってる感じであった。

「オイルショック(老いるショック)」か。

今までこういう事はなかったのでショックであった。
天気が最高に良く、周囲の山々もよく見えた。
またゆっくり顛末など書くことにする。








このキノコを撮ろうとして転けた。

大台ヶ原登山2021年05月28日 22時14分05秒

今朝も少し寒かった。
足首痛と腰痛が少しあり、そのリハビリにと山登りに行くことにした。
山の花のシロヤシオ(ゴヨウツツジ)などの開花もちらほらでそれを見に行くのもあった。最初行者還を考えたが昨日の雨で危険かなと思い大台ヶ原にした。

8時に家を出てついたのは11時40分頃だった。
12時に歩き出し、尾鷲辻に13時についた。
そこで昼ご飯をしようと思ったが爆睡している男性がいたのでやめ、歩を進めた。
日出ヶ岳に行くまでの正木が原途中で倒木に腰掛け食べた。
日出ヶ岳には15時に着いた。
コーヒーなどを飲み、そこを16時に出発。
16時50分頃に駐車場に到着した。
おかげで足首と腰痛は治った。
ウンドー不足だったのかもしれない。
大台ヶ原は今まで何度も登っているが、入院やコロナやらでだいぶブランクがあり、久しぶりだったが、ちょうどいい山登りかもしれない。

今日出くわしたのはお猿さんとシカ、そしてウグイスだった。
今日は金曜日で人出も少なく,鳥撮り用にいいレンズを持った人が大勢いいた。
普通に歩いている人は少なかった。明日もいい天気なので人出も多くなるだろう。


道の途中で出くわしたお猿さん。どうも子連れだったみたいである。


猿君のウンチかな。ハエがビックリするぐらいたかっていたのでカシャ!


木の上で鳴いていたウグイス君。コンデジで一杯一杯。いつも使っているニコンがほしかった。


顔を覗かせこちらを見ているシカ君。



花はまだつぼみで6月に入れば一斉に咲き出すだろう。









シャクナゲもキレイだった。


向こうの大峰山系。


夕暮れが迫っていた。これはすでに吉野に入っている。

五百仏山をテクテクした。2020年12月11日 20時17分39秒

今日も暖か。
タイヤを冬用に替えようと思ったらナットが2台ともない。
以前整理したとき捨ててしまったのか。
ナットがなくてはナットもならん(オジンギャグ)
結局はジャッキアップし、タイヤを外していた元のタイヤをまたつけた。
ジャッキアップしたら、フロントサスペンションのブーツがボロボロなのに気がついた。また修理しなくてはいけない。
人も車も長いこと使うとどこかくたびれてくる。

日頃のウンドーフソク解消と鳥撮りそして紅葉を撮りに根来の 五百仏山四国八十八ヶ所巡りを八十八番から一番まで歩いた。
昼過ぎだったので腹ごしらえをして歩いた。
紅葉は綺麗だったが鳥はメジロが一つ撮れただけだった。
適度にアップダウンがあり、足慣らしにはちょうどいい距離であった。
7300歩あるいていたが、体感的にもっとと思ったがフツーだった。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

昼ご飯。この頃はファイヤースターターでの点火も早くなってきた。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

五百仏山四国八十八ヶ所巡り八十八番。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

コースはよく整備されている。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

途中の東屋だがコーヒータイムには早すぎたのでパス。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

根来寺の根本大塔がよく見えていた。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

メジロ君。鳥はこの一枚だけだった。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

そして一番。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

一番近くの東屋でコヒータイム。カフェインレスコーヒーとあられ。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

一番の前に池がある。

五百仏山四国八十八ヶ所巡り

池に垂れ下がった紅葉したかえで。

桂の木を見に行った2020年10月14日 22時43分45秒

朝からいい天気だった。
今日は以前から見たいと思っていた桂の木への再チャレンジをした。
これまで道を取り違えて見ることができなかったのだが、いい地図がネットであったので登った。
道が一筋違っていた感じである。

夏の間は登る人もないらしく道は荒れていた。
蔦が絡んだところや倒木が20カ所もあり、普通の登山道であれば50分から1時間で登るところを2時間以上かかった。
下りも足場が悪かったのでこれも2時間以上かかり11時40分に登り初めて車の所に着いたのは4時過ぎであった。

桂の木はすごかった。
やはり天然記念物に指定されているだけのことはあった。

飯盛山桂谷桂


飯盛山桂谷桂

飯盛山桂谷桂

飯盛山桂谷桂

飯盛山桂谷桂

飯盛山桂谷桂


飯盛山桂谷桂

飯盛山桂谷桂

蔦やこうした倒木の根があちこちにあった。

飯盛山桂谷桂

こんな倒木が20カ所ほどもあり通り抜けるのに時間がかかった。

飯盛山桂谷桂

飯盛山桂谷桂




見たこともないカエルがいた。


沢ガニもいた。

飯盛山プチ登山2020年01月19日 21時18分07秒

今日もいい天気だった。
朝から釣りに行こうと思ったが風があり、気温が低かったので昼からにした。
テレビなどを見ているうちに、桂の木が気になりだし、昨年から2回チャレンジしている桂の大木への道の下調べに行くことにした。

以前は西から登っていけなかったが、今日は東から登り飯盛山頂上を目指すことにした。
国道480号線を高野方面に走り、天野に向かう道の反対側に向かい飯盛城を目指した。
飯盛山

飯盛山

飯盛城に着き、そこに車を置き歩き出した。飯盛城は鉄筋が錆びてきて軒丸瓦の下のコンクリートが割れてきていた。
歩き出したのは、2時10分であった。

飯盛山

飯盛山

飯森山への道は車が入らないように、ゲートがあった。
案内板があったので扉は気にせず、登るとまたゲート扉があった。
当然それも無視。

飯盛山

しばらく行くと山頂へ案内する看板があった。
「山頂 0.2km」

あと少しである。道はなかったがわずかなふみ跡と赤いテープがところどころまかれていたので迷うことはなかった。
しかし道はかなり急坂で、0.2kmよりは遠く感じた。

飯盛山

頂上付近で道はフラットになり頂上の周りを巻くように続いていた。
とってつけたようにコンクリの椅子が一脚あった。
飯盛山山頂には、2時45分に着いた。ここまで30分ほどしか歩いていない。
山頂からの眺めは、木々が伸びているためにそれほど良くはなかった。
曇ってきたので空もすっきりしなかった。
桂の巨木は頂上から竜門山への道筋に1キロくらい歩けばあるのがわかったが、今は冬なので葉もなく他の木々と混ざってしまい面白くないので、若葉が芽生えたころにまた登ることにした。

飯盛山

飯盛山

しばらく頂上を楽しんだが、冬の日の暮れは早いので、引き返すことにした。
ちょうど3時になったので、先ほどのコンクリの椅子のところでコーヒータイムにした。
あられとういろで、おやつにした。

飯盛山

帰りは急坂なので、足元に気を付けながら下った。このころから空が晴れ、日差しが戻り明るくなった。

道は、先日の雨で地面が緩んでいたのでかなり降りにくかった。
もとの城のところに着いたのは、4時5分であった。
晴れてきたのの葛城山系の稜線がくっきりと見渡せた。

飯盛山

野鳥が飛び交っていたので写真に撮ろうと構えていたが、動きが早いのでいいのは撮れなかった。

飯盛山

飯盛山

じつはここに来るまでに、廃墟マニアの間では有名なホテルの廃墟があり、写真もだいぶ撮った。また別の日にアップすることにした。

今年初めてのプチ登山で、歩いた距離は短かったが足腰が山用になっていないため、気を付けながら歩いた。足を鍛えるためには低山でもいいから登り続けなければいけないと思った。

楊柳山から転軸山へ2019年11月17日 21時43分27秒

先々週に引き続き高野三山のうちの楊柳山から転軸山をトレッキングすることにした。

奥の院の前の駐車場に車を置き(今日は比較的早く着いたのでまだ駐車場は空いていた)10時30分に歩き出した。

前回磨尼山から降りてきた三本杉から、今日は登った。

11時に登りを開始した。
11時30分に最初の休憩をとった。
長々と続く山坂道を登った。

距離はそれほど遠くないのだが急坂で、時間がかかった。
12時ジャストに楊柳山への道についた。
そこから摩尼山のほうに200mほど戻ったところに、楊柳山はある。
案内板には200mと書いていたが実際に歩くと200m以上あったような、気がする。
歩きにくい登りの道が続いたから結構きつかったからかもしれない。

12時15分に楊柳山頂上に到着した。

中年を少し過ぎた夫婦連れが頂上にいた。

「わあよかった人に出会えた」
「誰も登ってこなかったですか?」
「あなた方が今日初めて出会う登山者です」
「先々週は6人に出会いました。そのうち4人は外人さんでしたが」
「あまり人に出会わないと道が間違っているのではないかと思います」
「ですよね」
「昼食を食べられるような広いところはありますか?」
「ハイもう少し行くと子継峠があります」

それを聞くと二人連れは立ち去った。

昼食をとり、再び歩きだしたのは12時50分だった。
同じ道を引き返したが登りがきつい坂道は下りもきつい。

子継峠には50分かかって13時40分についた。
ここは黒河道と合流するところである。
黒河道は世界遺産の道である。
そこから40分ほどで転軸山登り口についた。
ここも結構きつい坂道が続き、案内板の距離より長く感じた。

転軸山頂上を15時7分に森林公園に向けて出発した。
森林公園に15時30分に着き公園のトイレでトイレ休憩した。

公園を15時40分に出た。
そこから奥の院参道までの道が定かでないので、3人ほどに行く道を聞きながら歩いた。参道までの道は昔アイススケートをしに来たスキー場を通り抜ける。

途中由緒正しい感じの石塔のある前を通り抜け、奥の院参道に着いたのは16時であった。

そこから駐車場はほど近く、16時5分に無事到着した。
結構長いアップダウンがあり、山はそんなに高くはないが、きつい歩きであった。
日ごろの運動不足もあるかもしれない。

高野山 楊柳山、転軸山登山

ライダージャケットもバイクも黄色のおじさん。
私のクロスカブも黄色で統一しようと思っている。

高野山 楊柳山、転軸山登山

記念撮影している横のいた外人さん。

高野山 楊柳山、転軸山登山

高野山 楊柳山、転軸山登山

今日はここから登り始めた。

高野山 楊柳山、転軸山登山

高野山 楊柳山、転軸山登山

楊柳山頂の三角点。

高野山 楊柳山、転軸山登山

楊柳山の頂上にあった祠。

高野山 楊柳山、転軸山登山

高野山 楊柳山、転軸山登山

子継峠が見えてきた。

高野山 楊柳山、転軸山登山

黒河道は世界遺産である。

高野山 楊柳山、転軸山登山

高野山 楊柳山、転軸山登山

高野山 楊柳山、転軸山登山

高野山 楊柳山、転軸山登山

木の切り株に根を下ろしている杉。

高野山 楊柳山、転軸山登山

転軸山入口。

高野山 楊柳山、転軸山登山

木の根っこが飛び出している。

高野山 楊柳山、転軸山登山

山頂の祠。

高野山 楊柳山、転軸山登山

森林公園。

高野山 楊柳山、転軸山登山

カモがいた。

高野山 楊柳山、転軸山登山

高野山 楊柳山、転軸山登山

途中にあった5輪の塔

高野山 楊柳山、転軸山登山

高野山 楊柳山、転軸山登山

今日もなかなかキノコには出会えなかった。