今朝は9度だった。肌寒かった。2023年03月29日 20時42分30秒

朝は昨日に続いて肌寒かったが日が当たってくるにつれ気温が上がり出した。
公園の桜も満開になり花びらが散りだした。
この日曜頃が終わりかも知れない。


マクロを持って治を探しに行ったが特になかった。
時折モンシロチョウが飛んできたが止まってくれなかった。


わが家のムスカリも増えて来た。


もう咲かないと思っていた菊が咲いた。
チューリップも一つが蕾を持った。


春の日は鳥君達もなんとなく暖かく見える。


夕方テクテクをした。
今日は子安地蔵の祠まで登った。
長靴を履いておばさんが、

「今年は桜の花が咲くのが早いね」
と言ってきたので、

「来年はもっと早くなるかも知れませんね」
「そうやね。温暖化が進むからね」

そういえば、一昔前は入学式ぐらいに桜が満開になっていたことを思いだした。
やはり少しずつ満開が早くなっている、。



貴志川の土手。
ウグイスがよく鳴いていたので階段に腰掛け、持ってきたお茶を飲みながら鳴いているところを見ていたが姿が見えなかった。



今の土手にはこの花がよく咲いている。


川で魚を獲るダイサギ君。
水もなんとなくまったりした感じである。


サギ君が飛び立った。山は山桜が葉を増やし緑が濃くなってきた。
春本番を感じる。


帰り道。
家が崩れかかっている。
素人目にも危ないと思う空き家が2軒ほどありその形を雨ごとに変えている。
ここも早くなんとかしないとサッシが道の方に倒れる。


青春18切符2023年03月28日 22時49分45秒

朝は少し寒く感じたが、段々気温が上がってきた。
青春18切符の山陽道のいけるところまでと言うことで、倉敷を選んだ。
実は倉敷は3度目である。
2012年に2度目、そして今日で3度目である。


駅前はそれほど変わりはないが、周辺のビルが新しくなっていた。


商店街も大きな変化はなかった。
店がいろいろ工夫していた。


「じじ」と「ばば」


美観地区への途中にある「阿智神社」。
外国人が熱心に写真を撮っていた。


伸びた松を手入れする職人さん。
観光客も外人さんが多くなった。
お目当ての大原美術館が近い。


美観地区は桜が満開。


満開の桜と堀のほとりで写真を撮るカップル。
結婚式そしてお披露目、何組かいた。



そして大原美術館。


桜が綺麗だった。


掘りにはまだハクチョウがいた。


そのハクチョウをバックに写真を撮る2組の親子。


人力車。


2億5千年以上前の岩石。
化石がないか見たがみつけることができなかった。


やはり倉敷は遠かった。
特に普通列車の区間が長いので、時間がかかる。
姫路からは新快速が出ているので早くに着く。

今朝も10度を超えていた。2023年03月27日 21時17分05秒

今朝も肌寒かったが気温は10度を超えていた。
朝早くからヤマガラ君達が遊びに来た。


楽しみにしていたタンポポが、咲いた。
春は黄色が似合う。



前の公園の桜。
もう満開かな。メジロ君達も桜が咲き出してから家の食堂には余り来なくなった。
桜の蜜の方がおいしいだろうね。



メジロ君が落とすのか花びらがあちこち。
下水道のマンホールのデザインが桃の花である。
その上に落ちた花びら、対比が面白くてカシャ!


昼も大分過ぎて裏山の行者道にテクテクした。
ここも桜が満開だった。
ここは山桜もあり、それはほとんど散っていて葉が大きくなっていた。


車が一台登ってきたが私を見かけて降りていった。






公園でもある行者堂の広場に咲いていたスイセン。


バッタも出だした。
山道にたくさん咲いているタンポポの上でじっとしていた。


団地の集会所の桜の下に咲いているスイセン。
ここのスイセンは全部黄色である。


スイセンもたくさんの種類がある。
それぞれに名が着いているいるのだろうけど、私は知らない。

一日雨が降った。2023年03月26日 20時50分00秒

一日雨が降った。

朝のルーチン。
鳥君達の食事を夭死している間も降り続いていた。
雨の日は、先ず鳥の着いた食堂の水出しからやる。
そのときガーデンシクラメンの根元に粟などが落ちる。
その粟などをアオジやシジュウカラ、ヤマガラがたべる。
ハトは大きなトウモロコシや麻の実を食べてしまう。
小さな粟などは残す。


ハト君は食事がない時、くびをかしげる。


珍しく2羽そろってきたヒヨドリ君達、カーテンを開けると逃げるので、カーテン越しである。これは少しトリミングした。


シジュウカラ君はこの食堂の上でコンコンとヒマワリや大きな実の殻をつつく。
そしておもむろに中身を食べる。
食べ終わるとどこかへ飛んでいく。


前の公園の桜。今日が満開かな。


雨つぶと新芽。わが家のモミジ。


桜の開花を家の窓から見える山桜でしる。もうすぐ花が落ち葉桜となる。
雨がそれを促す。


今朝は11度しかなかった。2度低いと肌寒い。2023年03月25日 20時26分26秒

今朝は11度だった。
2度低いと肌寒さを感じる。
暖かさに慣れているので少し冷えると寒く感じる。
人間って勝手なものである。

今日の買い物は自転車で走った。
途中集会所の桜が綺麗だったのでカシャ!
ここはスイセンも綺麗である。


買い物の帰りに丸田川に寄った。


合鴨が5羽、水草を食んでいた。
多分平池から飛んできたと思うが、飛び立つところを撮りたかったが、飛んでくれなかった。


ダイサギが飛んできたがすぐ飛んでいった。



そしてわが家の睡蓮が新芽を水の上に出てきた。
今年は花が咲くだろうか。
昨年は一つだけだった。
モネまでは行かなくても、もう少しダイナミックに咲いてほしい。


これはボウフラのサナギである。
これが皆雌だったら少しあたたくなったら蚊に悩ませられるね。
金魚かメダカを入れれば食べてくれるだろうかな。
工夫をしなければならない。


こちらはアリ君。
メジロのためのハッサクに集団で来ている。


アシナガバチもブンブン飛び出した。
どこかで巣作りをしているのか、木をかじっていた。
モンキチョウやモンシロチョウもキャベツの周りを飛び回っている。
アゲハチョウも飛んできていた。
それにしても各個体が小さくなっている。
子供の頃遊んだような立派な蝶に、最近はであうことが少ない。

今朝は12度。曇りだったが東の空が明るかった。2023年03月24日 21時10分31秒

降り続いた雨も中休みと言ったところか。
朝の気温も10度を下がる日が少なくなってきた。
夕方の岩出橋の温度計は21度だった。


シジュウカラが来ると鳴き声ですぐわかる。
多彩である。


やまちゃんは食事がないとわめくようになき、食事を入れると仲間に知らせるのか、ヒマワリの種をくわえて飛び回っている。


切ったしだれ桃の木に留まっている。
雨が降り続いている。



ハトちゃんたち珍しく2羽できた。


公園の桜がたくさん咲いてきた。

中国の砂嵐すごいね。
黄砂がまた日本にたくさん飛んでくる。
今年は少しルートが違うみたいだけど、これもやはり異常気象にせいかな。
世界が戦争などしないでこの異常気象に対処しなければいけないのいね。
あー。

天気予報通り雨が一日降り続いた。2023年03月23日 20時59分16秒

今朝も12度もあった。
それでも日中は雨がシトシト降った。

頭にゴアテクス体もゴアテクスで装備してテクテクに出かけた。
この頃は自転車が多いので、丸田川は久しぶりな気がする。
カワセミが来ていないかと思ったが、いなかった。
朝からだったら来ていたかも。


空き家のキンカン。
葉が何者かに喰われてしまっている。
虫などいないか探したが見当たらなかった。


空き家の壁。今の情報は左の青い掲示板だけ。


溝をカモが遊んでいた。
と言うより食事をしていた。


土手も大分緑になってきた。


春の黄色は好きな色である。
なんとも暖かく感じる。


柿の若葉の緑も好きである。
パッと若葉がお日様に逆光になり緑に輝けば素晴らしい。
今日はおはさまが出ていないし葉もまだ小さく無理だった。


そろそろあちこちで春祭りが始まる。

この街角の掲示板の神社は餅投げの時間が書かれていた。
餅を拾う極意は餅を放る人にお尻を向け前の人の手からこぼれる餅を拾うといいのだが、今、下手にまともに拾いに行くと骨折など怪我をする。


今日は世界水の日。2023年03月22日 21時15分58秒

もう朝は10度を超す日が多くなった。
今朝は12度だった。

街角も毎年の事だが桃の花もチラホラ。
桜の便りもあちこち。

今日も自転車であちこち。
車が通らないところを選んでポテポテした。




ニャンコがこちらを振り向いた。
「うさんくさいな」という感じだった。


今日は世界水の日である。
安全で清潔な水が使えることの大切さを広めるために、国連で決めたそうが日本のいい水源は、お隣の国に大分買い占められていると言う現実もある。

川の水をすっと飲めるのは日本とアメリカくらいだという事であるが、水も有限と言うことを肝に銘じてほしい。
世界中で水飢饉が起きるのは今のままの地球では間違いのないことだから。

WBC決勝をテレビで見ていた。
とにかく優勝してくれたが見ていてハラハラした。




春分の日だというのにお日様が顔を出さなかった。2023年03月21日 20時26分05秒

今日は春分の日だと言うのにお日様が顔を出さずじまいだった。
少し肌寒い感じだった。
雨もポチポチ降った。

とにかく昼と夜の長さがほぼ同じになるという。
日ごとに暖かくなるが今日は余りウキウキした気分ではなかった。
セロトニンも出ずじまいだった。

しかしWBCを見ていてアドレナリンがたくさん出た感じである。
また今年も4強止まりかなと、思って諦めかけたが、逆転して勝った。
面白かった。
結局終いまで見てしまった。
地デジでやってくれたのも良かった。
少しタイムラグがありライブの臨場感がそがれる場面があったけど・・

明日は決勝である。
どんな試合になるかみものである。

写真は1980年3月のものである。
今はこんなニギワイがあるのだろうか。


迎えの船を待つカップル。


バスが着いたのか旗を持って誘導する。



団体旅行か旅館が一番もうけるケースである。


続々お客さんがやってくる。


新婚さんか嬉しそう。


今はスマホで撮るが当時はまだ3脚が主流だった。


カップル。


人を一杯積んで吃水もかなり下がっている。


Kさんがウクライナに行っている。
総理がいく場合じゃないと思うがこれでまた税金がたくさん使われる。
選挙が近いし、街頭の演説のトークが目に見える。

これでは非戦争がますます遠くなってくる。
戦後紛争地にわざわざでかけた総理はいないのだけどね。
またどこかの国にミサイルを撃ちこまれるかも知れない。

朝はまだ少し寒いが、昼は暖かくなってきた。2023年03月20日 21時26分32秒

今朝も10度なかった。
それでも日中は暖かくなってきた。
公園の桜も咲き出した。
前の家の人が、
「桜咲き出したで-」
「はいそうですね.春本番ですね」

正岡子規の句に、
  故郷やどちらを見ても山笑ふ・・・正岡子規
と言うのがある。

芭蕉も、
  さまざまの事おもひ出す桜かな・・・芭蕉
とうたっている。

山も山桜がきれいになってきた。
まさに春がやってきた。


咲きだした公園の桜。


野生の野菊。夜になれば皆花を閉じる。
自然は,植物は面白い。
虫が来ないか植えてみたがまだこない。