今日も雨だった。2021年05月18日 21時45分22秒

今朝から雨模様で、降ったりやんだりだった。

   世を隔て人を隔てゝ梅雨に入る

句は高野素十さんのだが、なんとなく今のご時世にぴったりという感じである。
15日の写真だが、岩出市押川の日吉神社である。

風吹のトンネルができるまでは、ひっそりとした谷間の集落だったと思うが、そういう所にふさわしいひっそりした神社であった。

こんな飾り気のない神社が好きである。今風に観光目的の、化繊の幟旗一杯の神社はあまり好きではない。


扁額もない。


石段もそろっていなかった。降りるのは怖かった。


祠もひっそりなら賽銭箱もささやかだった。祠周りは歴史を感じた。


境内にあった地蔵さんと何かの供養塔。近くに寺もあった。


とても犬には見えなかった狛犬。


祠も主張せず、きちんとあった。


狛犬の足に青虫がくっついて、だんだん上に上がっていた。


境内はシャガがキレイだった。


今日の和歌山のコロナ感染者は16人だった。
やはり昨日の4人というので喜んではいけない事がわかった。
台湾も変異株により患者が増えたという。これをどう鎮めるか注目したい。

日本ではワクチンがやっと打たれ出したが、明日受付なのでWEBでエントリーしよう。

いよいよ梅雨がはじまった2021年05月17日 22時12分31秒

もう梅雨らしい。
今日は一日雨が降った。
どこへも行けず何もできず。

温暖化のせいか季節が少しずつ早くなっている感じがする。

和歌山のコロナ患者が4人となった。3月29日以来とか。
でも油断をしたらダメだね。ほとんどが変異株ということで初心に返って警戒すべきだろうね。
それにしても今頃自衛隊を使っての大量接種。
PCR検査を患者が出だした頃に自衛隊を使って、大量検査をしていたらどうなっただろうか?大量の処理の練習もできていろいろ自衛隊の訓練にもなったと思うけどね。
国家的な危機と捉えてなかったのがそもそもの間違いの始まり。

それでも打たないよりいいのでどんどん進めてほしいね。マスメディアも市町村の担当者が萎縮するような揚げ足取り報道は控えて、ワクチンが早く国民全員に接種できるように応援してほしい。

キジバト

雨の中松本食堂に来てくれたハト君。スズメなら6羽入るのだが、一羽でほぼ満席。
スズメ君達は近くでハト君が食べ終わるのをまっている。

キジバト

背中には水滴が。


イソヒヨドリ君。雨の中をあちこち飛び回っている。多分子育てが忙しいのだと思う。



夏のように暑い一日だった。2021年05月16日 20時31分54秒

暑い一日だった。
スズメ君やハト君達は相変わらずやってきてくれた。
もうそろそろヒナが孵ってもいい頃なので遊びに来ないかまっている。

夕方古紙回収に段ボールを出しに行った帰りに少し平池に鳥を見に行った。
平池の鳥君達の大半はもう渡ってしまったのかずいぶん少なくなった。
少し寂しい。写真を撮っていると、

「あのね。カモのヒナが4羽いて親についてヨチヨチ歩いていたけど、どこかに行ったなー」

と、声をかけてくれた人がいた。
近くにカモのヒナがいないか見たが、いなかった。

「黒鳥はどこかにいますかね」と聞くと、
「うーん。いたけど今はいないね」という返事だった。

暑いので日陰にでも入っているのかわからない。


サギ君はいつもの所にいた。ギンヤンマが写っていた。


黒鳥さんはやはり中にある島の木の陰にいた。ボーエンレンズ一杯一杯。だいぶ遠い




仲良く夕日をあびている。


このかめ君は木に登っている。どうも甲羅を見るとクサガメのようである。


これはミドリガメ君達。


これもミドリガメ君達。餌がもらえると思うのかワサワサと集まってきた。


風が強かったので噴水の水しぶきもゆがんでいる。

降りそうで降らなかった2021年05月15日 21時29分04秒

今朝も20度だった。
毎朝のルーチンのスズメ君達の食事入れ、新聞取り、野菜への水やり。
ぼうっとした頭でやった。
ゴーヤの一つが生育しないで枯れかかっているので摘んだ。
トマトなどは順調みたい。

今日は新聞のコラム欄の「風景を歩く」で紹介されていた集落を訪問しようと行ったが、ナビは道の修理などお構いなしにやるから、橋の修理中でいけず引き返した。
裏からと思い岩出町の押川から入ろうとしたが道はなかった。
押川には日吉神社という面白い神社があったがそれは日を改め紹介しよう。

ナビを入れ直して、再度チャレンジした。
目的の集落は神通温泉奥にあった。
今度はきちんとナビ通りであったが、記事にあった目的の村はもう杉林の中に消えていた。廃村になったというので、朽ち果てた建物をイメージしていたがきれいな杉林になっていた。


工事中の橋。後でくるっと回って対岸に向かった。


なぜかカヌーが棄てられていた。


出くわしたカエル君。



集落は擁壁ををのこして杉林になっていた。


よく枝打ちされた杉。若い人二人が間伐していたので、
「この辺りは今畑というところですか?」
と聞いたが、
「僕らこの辺りのものでないので知りません」
ということ答えだった。

ネットで見ると、
「和歌山県最北部を東西に走る通称・農面道路を根来寺より東進、某所より北に折れ、林道に入る。数100メートルも登ると路面は一気に荒れ始め、かつての舗装が整備されないまま放置されているようだ。その遥か先に、今回の調査地点、今畑廃村がある」
とあり廃屋の写真もあったが歩いても歩いても、廃屋はなかった。








トレールバイクの轍があちこちにあった。
どこか知る人ぞ知るの入りくちがある感じで、トレールバイクと何台かすれ違った。

もうすでに夏!2021年05月14日 21時48分20秒

いい天気だった。
気温も朝からすでに20度あった。
いい天気だが今日は定期検診の日で病院に出かけた。
10時ちょっと過ぎについて、計算も終わったのはすでに2時を過ぎていた。

「先生が転勤とかで入れ替わってしまって、予約が上手く入りませんでした。すみません。それに今日は受診する人がいつもより多くて、迷惑をおかけしました」
と事務の人が謝って回っていた。

診察をしてくれたのは、若い美人の女医さんだった。
研修医が明けてすぐのような感じでいつもより丹念に見てくれた。
先生がほとんど替わったので一人あたりの診察時間も長引いた。

食事をしてからということだったので、病院のコンビニでおにぎりとパンを買って外のベンチで食べたが、すでに夏だった。
ハトが物欲しそうに近寄ってきたがすでにパンは食べてしまっていた。


東屋のベンチに腰掛けてポットのコーヒーを飲んでいると、

「今日は夏みたいに暑いね。ここに来るまでに汗をかいてしまった。朝から来たけど昼を過ぎてしまった」

と話しかけてきた。ソーシャルディスタンスをとってマスクのまましばらく話をした。しかしもう少し近づいてマスクなしで話したいね。

もう夏の日差しで、庭の石も夏色になっていた。




コロナで医療が逼迫しているが、治療の際、救命の可能性の高い患者を優先して医療をすることを「トリアージ」と呼ぶらしい。

大地震などのような災害が発生して、2人のうちどちらか一方しか助けられない状況にあったとき、超重症の患者さんを一生懸命助けていると、2人とも救えないという事態が起こる。これを避ける方法が、トリアージというらしいが、これは経験がないと判断できないし、難しいと思う。

医療が逼迫してくると避けて通れなくなる問題なので怖い。
病床や機器が十分であれば、そうした問題は起こらない。
ということは患者を減らすこと以外ないのである。
必然的にワクチン接種が重要になってくる。治療薬の開発も同じくらいに重要だと思うが政府はあまり議論をしていない。
ワクチン接種は進まず治療薬も認可しない、ほんとにこの国はどうなるのだろうか。

鬱陶しい一日だった。2021年05月13日 20時03分29秒

鬱陶しい一日だった。

裏山の行者堂に用事があってのぼった。
蚊がたくさん飛んできたがスプレーがあったのでそれほどかまれなかった。
街角は花が最盛期で、いろんな花が咲いていた。

家ではスズメは相変わらず飛んでくるが、ヒヨドリはミカンにも来なくなった。
ヒナを育てるのに青虫などを食べているのかもしれない。

行者堂に行くとツバメのひな鳥が餌をまっていた。
少し早い気もするが、親が飛んでくると大騒ぎをする。
スズメ君達もヒナを連れてくるかなと、楽しみである。

ツバメ

親鳥をまつツバメのヒナ。まだくちばしの根元が黄色い。

ツバメ

親鳥がくると大騒ぎをする。

ツバメ

今日和歌山は28人、大阪761人、東京1010人。
そろそろゴールデンウィークの感染が顕著になる時期である。
北海道が増えてきたのが気になる。
新しい感染患者のほとんどが変異株というところが恐ろしい。
変異株を入れない工夫をすると言ったのは誰かしらないが、これほど増えてきてはどうしようもない。

雨だった。宝来宝来神社2021年05月12日 21時25分30秒

朝から少し危ない空模様だったが昼前から本格的な雨になってきた。
雨の中を有田にある紀州宝来宝来神社に行ってきた。
ここの岩を「ホギホギホギ」と唱えて触ると宝くじが当たるらしい。
現に当たった人もいる。

コスモスパークに向かってくねくねした山道を行くと、その神社がある。
目印は山頂に何基か立つ風力発電所である。

宝来宝来神社

宝来宝来神社

3つの鳥居がある。

宝来宝来神社

由来。

宝来宝来神社

宝来宝来神社

宝来宝来神社

いらなくなった財布を奉納していた。

宝来宝来神社

いかにもお金が貯まりそうである。


岩の前の布袋さん。高さ2mほどの岩がある。


宝来宝来神社

絵馬はほとんどが宝くじに当たってくださいというお願いである。

宝来宝来神社


途中景色のいい展望台がある。
晴れていればずっとユアサの方面まで見えるそうである。
手前は有田川。

今日和歌山は25人の感染者が出た。これでクラスターが発生しないとぐっと少なくなるけどね。まだまだ油断できない。

はっきりしない天気の一日2021年05月11日 21時23分36秒

今朝は15度あった。
お日さまは朝だけちらっと顔を出したきりであった。

いろいろ用事があってテクテクもいけなかった。
昨日もろくに歩いていないので少し足が重い。

トマトの花が開いてき、アジサイも少しほころんできた。
ドバチも巣を作り出した。
レンズを変えてじっくり撮らねばと思っている。

ミニトマト

アジサイ


今日はコロナは19人であった。岩出の高齢者施設でのクラスターでの感染という。
和歌山の重症者は217人であるが和歌山県は470床確保したと言っていた。
ここが踏ん張りどころかわからないね。
それにしても県外からの持ち込みで感染する人が多い。

今日ももう夏日だった2021年05月10日 21時50分22秒

今朝は少しひんやりしたが、体感温度はそれほど寒くなかった。
いい天気だったが用事で市役所に行ってきた。

図書館へも寄りたかったがコロナで閉めていた。
帰りに伊坂橋を渡ったが、ドクターヘリが河原に止まり、消防車と救急車がいた。
コロナ患者が出たのかもしれない。
市役所で、前の会社の同僚とはなしをしたが、その友達がコロナで死んだそうである。
3月末に感染し4月中旬に体調が悪くなり、4月30日になくなったそうである。
これも最初は入院できなかったそうだが最後はエクモを使ったが、ダメだったと言うことである。

ワクチンは日本は遅れているが、治療薬の開発はできるのではないかと思うが、それもできないらしい。

ほんとこの国はどうなっているのだろう。

Sさんはこの時期でも、「・・検討する」「・・と聞いている」「・・専門会議の指示に従う」の一点張りで、自分からどうしてほしいとどうしても言わない。
国民は、まっているのだけどね。
それにしてもAさんのマスクでゴタゴタしたとき、きちんと水際で止める手段を講じていれば今ほどすったもんだはなかったと思うけどね。

あのマスクのお金を治療薬製造に使っていれば今ほど恐れなくても良かったのに、とこれは結果論だが、国民誰もが思っていた。
その反対ばかりをした、そしてこれからもトンチンカンを続けていくであろうと思われるのは、某国政府のおえらい方々である。

写真は1976年から1986年まで折に触れて撮っていた漁村のスナップである。
場所はあちこちある。

漁村風景

漁村風景

漁村風景

漁村風景

漁村風景






今日は、和歌山は11人、大阪が668人、東京が578人コロナ患者が出た。
和歌山は減ってきたが、さて。

夏みたいな一日2021年05月09日 20時01分04秒

今日は暑かった。
今朝の時点で18度を超していた。
もう夏の気配満々。
テクテクをしても汗ばんだ。

ケリ

ケリの雛。


こうして田の中にいるとわかりづらい。保護色になっている。


このヒヨドリさんはくわえていた白いものを落としていた。画面中央寄りの白いものだが、よく見るとヒナの糞だった。巣からくわえて持ってきたのだろう。


電柱の先に止まっていたキジバト君。ついカシャ!


セキレイ君。


そして貴志川の土手で鉢君をカシャ!ストロポがほしかったね。し羽根が夕日に輝いてキレイだった。


色が面白い蜘蛛君。


巣が夕日に輝いている蜘蛛君。


今年初めてのカエル君。そういえばトノサマガエルは極端に少なくなった。



今日はコロナは和歌山は17人と若干減ってきた。
大阪も減ってきたが逆に東京は増えてきた。なんとなく予想していたけどね。