蒸し暑い一日だった。2021年06月02日 21時49分19秒

今朝は20度だった。
なんとなく朝から蒸し暑い日だった。

昨日の続きをやったが蒸し暑くてなんとなく乗らない作業だった。
しかしとにかくやり上げた。
変な切り取り部分もなんとかクリアした。
この波板を張ってもう10年近くなるが、取り付けたときはもっと早くに仕上げたのだが、今はその倍かかった。
今日テレビの番組で、鈴木秀子さんが、
「年をとると今日できたことが明日できなくなる。けどそれは仕方ない。客観的に自分の説得訓練をしていくことだ」といっていた。
そうかもしれない。


なんとか明日の雨に間に合った。
これでまた10年は持つ。そのうち反対側がダメになると思うが今度はサイズが一緒なので時間はそれほどかからないだろう。


小雀君、これは親を探している。親スズメ君は逃げ方を教えている。
カーテンちょっとでも揺れると逃げる。小雀は後に従って飛ぶ。もう少しゆっくりしてくれたらいいのにと思うけどね。

コロナは和歌山は8人、大阪213人、東京587人、北海道317人、沖縄297人だった。やっぱりまた増えだした。
特に沖縄は減らないね

過ごしいやすい朝と真夏のような昼と。2021年06月01日 22時10分25秒

今日は朝から16度でしのぎやすかった。
朝から少し貴志川の土手を歩いた。久しぶりである。
昼からは一眠りしてから昨日から続く駐車場の波板張りをした。
今日は2枚を張ったが、根気が続かず明日に持ち越した。
明日少し工夫をしなければいけない。というのも道なりにカットしているのでサイズを測り、波板をカットしなくてはいけないのである。
そして重なりをどうするかとかのいろいろ明日しなければいけない。


写真左はそのまま残した。右を5枚張り替えているのである。明日が難物。

やっぱりスズメ君は小雀を連れてきた。
よく見るとまだくちばしが黄色い。顔もあどけなさが残っている。


時々口移しで親が餌をやっているが素早すぎて写真に撮れなかった。



このケリも多分今年産まれた子と思う。カメラを構えるまで動かなかった。


このイソジオ君は子育て中かな。


河原に咲いていた花。1センチくらいのかわいい花である。


これもたくさん咲いていた。


これは土手に咲いていた。この花も小さな花だった。


アザミがあちこちに咲いてモンキチョウが飛び回っていた。


ツバメ君が我が子の飛ぶのを観察しているところ。


これは河原で鳴いていたホオジロ君。


バッタ君も出てきた。


今日のコロナ感染者数は、和歌山は3人だった。
大阪も201人とだいぶ減ってきた。東京は471人、北海道254人、沖縄223人だった。
早く平常になってほしいね。
オリンピックを開催するためにまためちゃくちゃをやりそうな気がする。
今の政府は何をしてくるかわからないからね。

車庫の屋根を張り替え始めた。2021年05月31日 21時24分25秒

もう5月も終わり、日が経っていくのは早いな。
まだやりたいことが一杯あるのに。
時間だけが駆け足で過ぎていく。

今朝から先日来、気になっていた車庫の屋根を張り替え始めた。
昔のようにひょいひょいとは行かず、はしごに登るのもエッチラホイという感じである。それに波板の長さを間違って買ってしまい、取り付け前に切った。
それやこれやで張れたのは一枚だけだった。
隣の人が、
「今日のものになるんかい?」
と聞いてきたが、
「いやもう疲れたのであしたです」
とこたえた。また明日しよう。
どうすれば上手くいくか考え中。


車庫の屋根が老朽劣化でもろくなり風で飛んでしまった。
それとだんだん全体がゆがんできたのである。
2.4mの波板5枚を取り替えることにした。実はもう半分あるのだが、こちらの5枚が劣化が激しいので次にすることにした。

スズメ

スズメ君達は元気に食事をしに来てくれる。

スズメ

スズメ

スズメ

早く食べておくれよ、といっている感じである。

スズメ




今日のコロナ感染、和歌山はとうとう1人になった。
大阪も98人東京は260人。
しかし沖縄142人、北海道279人と気を抜けない。
今のままではオリンピックをどうしてもする感じだけど、マラソンは北海道でやるので早く終息させないといろいろ都合が悪くなるけどね。
SさんもAさんの悪いところばっかり引き継いで、自分のやりたいことができないので腹立つやろね。

今日は暑かった。2021年05月30日 20時25分39秒

今日は一日暑かった。
夏の暑さを教えている感じであった。

日も強くなり、鼻の頭が少し痛がゆい。
クマバチがアジサイの花の蜜を吸いに来たのか、飛び回っていたのでカシャカシャ!
少し前まではクマバチ君もたくさん来ていたが今は少なくなった。

ハトもスズメ君達が食べ終わった後にゆっくりとやってきて、ヒマワリの種とかスズメが大きくて食べられなかった実を食べている。
こうしてハトを撮ってよく見ると、なんとなく哲学者風の貫録がある。






電線からスズメ君達が食べ終わるのをまっている。




カーテンを開けてもすぐには逃げず、食べている。スズメ君達はカーテンが揺れただけで逃げ出す。

今日のコロナ患者は、和歌山が5人、東京448人、大阪197人。
気になる北海道が288人、沖縄271人。
全体に少し減ってきたが油断してはいけないと思う。

田植えがはじまっている2021年05月29日 22時18分00秒

今朝は20度を超していた。
昨日山歩きをしたので、少し足が痛い。

家でいろいろ用事をしていて結局歩きにも行かなかった。

 鞭もまた泥まみれなり田掻牛

とは、若井新一さんの句であるが、里山ではそろそろ田植えの準備が始まっている。畑仕事はいやというほどやらされたが、田んぼはなかったので、やったことがない。
一度牛を操ってみたかったけどね。

写真は1973年5月のもので、多分十津川だと思う。
今は牛などめったに見ないが、当時は牛による田掻きが一般的であった。
最近はトラクターが幅をきかせているが、牛での田掻きはいかにも田植え前だ、という感じがする。

これもいつの間にか消えてしまった光景。

熊野には、この時期「田掻き」というスポーツがあった。
田掻きというのは、こうした牛の競争のことである。
以前職場の先輩が、
「おい、田掻きってしっているか?」と聞いてきたことを思い出す。
きっと楽しい思い出があったのだと思う。
古座川筋では、田掻きは村々の一大イベントであったからだ。

司馬遼太郎さんが、

「ともかく昭和期というのは若衆組や田掻きだけではなく日本の多くの遺俗を容赦なくほろぼしてしまったという点でも、おそろしいほどの画時代性を持っている」

と「街道を行く」の「熊野・古座街道」で書いている。





大台ヶ原登山2021年05月28日 22時14分05秒

今朝も少し寒かった。
足首痛と腰痛が少しあり、そのリハビリにと山登りに行くことにした。
山の花のシロヤシオ(ゴヨウツツジ)などの開花もちらほらでそれを見に行くのもあった。最初行者還を考えたが昨日の雨で危険かなと思い大台ヶ原にした。

8時に家を出てついたのは11時40分頃だった。
12時に歩き出し、尾鷲辻に13時についた。
そこで昼ご飯をしようと思ったが爆睡している男性がいたのでやめ、歩を進めた。
日出ヶ岳に行くまでの正木が原途中で倒木に腰掛け食べた。
日出ヶ岳には15時に着いた。
コーヒーなどを飲み、そこを16時に出発。
16時50分頃に駐車場に到着した。
おかげで足首と腰痛は治った。
ウンドー不足だったのかもしれない。
大台ヶ原は今まで何度も登っているが、入院やコロナやらでだいぶブランクがあり、久しぶりだったが、ちょうどいい山登りかもしれない。

今日出くわしたのはお猿さんとシカ、そしてウグイスだった。
今日は金曜日で人出も少なく,鳥撮り用にいいレンズを持った人が大勢いいた。
普通に歩いている人は少なかった。明日もいい天気なので人出も多くなるだろう。


道の途中で出くわしたお猿さん。どうも子連れだったみたいである。


猿君のウンチかな。ハエがビックリするぐらいたかっていたのでカシャ!


木の上で鳴いていたウグイス君。コンデジで一杯一杯。いつも使っているニコンがほしかった。


顔を覗かせこちらを見ているシカ君。



花はまだつぼみで6月に入れば一斉に咲き出すだろう。









シャクナゲもキレイだった。


向こうの大峰山系。


夕暮れが迫っていた。これはすでに吉野に入っている。

今日は少し寒いくらいだった。2021年05月27日 21時46分57秒

今朝は15度だった。少し肌寒かった。
雨は降り続いていた。おかげで昨夜の皆既月食は見ることができなかった。
またスーパームーンの皆既月食は12年後らしいので、それを見ることにしよう。
見ることができるかな?

スズメばかりも若干あいてきたので、庭の虫や花を少し撮った。
それでも昆虫は少なくなった。今はそんな時期なのかな。



アブ君だけがいてくれた。


これは前の公園で撮った。


ガクアジサイも小さい方の花が咲いてきた。


名前は忘れたが、いつも可憐な花を咲かせてくれる。


今日は湯を沸かさず、ポットに湯をいれていった。いつものところでこコーヒータイム。


テクテクの途中にあったバラ。


これもテクテクの途中にあった花。名前は知らない。


まだ餌をねだる子ツバメ君。とっさのことでピントが甘い。


親が食事をくれるのを待っている子ツバメ君。もう飛べるのだけどね。

コロナ患者は和歌山は8人だった。東京が増えだした。北海道と沖縄は相変わらず減らないね。なんとかしてほしいね。

皆既月食だが・・2021年05月26日 21時08分44秒

今朝も19度とそれほど温度は上がらなかった。
日中は気温は上がったが空気が乾燥しているのかそれほど暑くはなかった。
久しぶりに散髪をした。

それとナビを取り付けたので少し走り回った。
なんとか使えそうである。
しかしこうした電子機器は年々進歩し、やすくなっている。
今までのようにソフトを入れ替えてというのではなく新しいのを買った方がいいかもしれない。高いナビはソフトを自動で入れ替えてくれるようである。


どこのアジサイも花が開きだした。


アジサイの葉裏にカタツムリが寝ていた。


サクランボが黒くなっていた。


コメツキの種類かな。


何かを採集しているのかな。不思議。

コロナ感染、和歌山は12人。少し増えた。
それでもひところのように爆発的な増え具合ではない。
北海道と沖縄が依然高い。
東京や大阪は少し落ち着いてきたかなという感じである。
いずれにしろ早くおさまってほしいものである。

今日は大谷君が15号ホームランを打った。

今朝も涼しかった2021年05月25日 22時04分16秒

今朝もヒヤッとした気温だった。
湿気が少ないのかもしれない。
19度しかなかった。

左足首が痛くて湿布を貼った。
それでも運動をしなくてはと、いつもの丸田川にテクテクしにいったが、足首が痛いので恐る恐る歩いた。
ヨチヨチの感じが余計したともう。


ハト君は今日は二羽でやってきた。


このスズメ君の後ろの腕金でチュンチュンとヒナの声がした。



トンビが電柱の上にいた。スズメ君達は旋回して必要以上には近づかなかったが、それほど恐れてもいなかった。ノスリがいるときは警戒するけどね。


ホウジロ君の風呂。頭から突っ込んでパタパタ。


気持ちよさそうに顔を上げる。


夕暮れのサギ君。

今日の和歌山のコロナ感染者は7人だった。
家からほん少しの所の病院でクラスターが出ているので、気をつけなくてはと思う。

訳のわからない天気だった2021年05月24日 21時17分54秒

今朝は20度だった。少し肌寒かった。
爽やかと言えば爽やかだが、天気は雨の予感のする空模様だった。

朝からは何とか持ったが、やはり昼から降ってきた。
晴れている間に、久しぶりに田井ノ瀬にいた。

キツネのロウソクというキノコを見た。
妙なキノコである。まさにキツネロウソクというのが当たっている。

キツネノロウソク

キツネノロウソク



ヒバリが行ったりきたりしていた。これは巣かヒナがいると思い近くの草むらをウォッチングした。ヒバリは逃げずに私の周囲をくるくる回った。ちかくにヒナたちがいるのかわからないけど探せなかった。親たちが逃げないということは間違いなく巣がある。
プロは探し当てるのだろうけどね。
もう少し観察しないとダメかな。


オオバンが行ったりきたりしていた。かめさんが写っているのは知らなかった。




鯉の竿を2本出していたが気楽そうにしていた釣り人。うらやましい。
対岸でバサーが二人いたが釣れないのかすぐに場所を変えてしまった。
釣れそうな天気と川の表情をしていたけどね。
水温が思ったより低いのでバスの活性が低いのかもしれない。


産卵期を迎えて鯉が忙しそうに何匹も上流に向かっていた。


アオサギ君がメダカを狙っていた。私に気づいて田の中に場所を変えた。

コロナは和歌山は4人だった。大阪も216人、東京は340人で少し減ってきたかなと言う気がするが北海道が366人でちょっと苦しいね。
このまま減っていってほしいけどね。