秋晴れのいい天気2019年11月01日 22時38分33秒

朝夢でまたバイクが出てきた。
やっぱり走り回っていた。
夢の中でもかなり長い距離を走っていた。
乗りたいのだ。

今日は朝からお医者。
いつものことだが結構時間がかかった。
いい天気だったのだが中途半端な時間に帰ったので釣りにも行けず、少し残念だった。
早く終われば町をウォッチングしようと一応カメラは持って行ったが、撮れなかった。
ま、こういう日もあるか。

関東の台風の爪あとはまだ当分癒えそうにもない。
洪水のニュースを見ながら思ったことは、やっぱりどの川の流域も、遊水地に家をたくさん建っているということである。
田圃をつぶして宅地にしているところが多い。
昔の人は洪水に苦しめられたので様々な工夫をこらしている。
それを忘れて宅地にしているので洪水になるとひとたまりもない。
また水のコントロールも十分にできなかった感じである。

気の毒なのはそんなところに家を建てた人たちである。
行政の町つくりを信じて家を建て、まさか洪水などおきるとは、想定していなかっただろう

避難所も水没したところやがけ崩れで壊れたところもある。
そんなところに避難所を建てること自体どうかと思う。

なんとなく人災を感じるのは私だけだろうか。

想定外の雨ばかり降るが、先日も書いたがこれからは想定外が使えない。すでに何度も起こっているのだから被害を想定した対策を早く講じてほしい。
専門家はあまりあてにならないので、地元の人たちで工夫を凝らして災害のない街を作ってほしい。

今度の台風被害でも住民が早くしてくれと言っているのに、後回しにされて被害が拡大してしまったところもある。
あるゆる災害を想定してより強い国土つくりをしてほしい。
ジェット機やコストの合わない武器など、買っている場合じゃないと思うけどね。

写真はふと見た木の枝で悠然と獲物を待っている、カマキリ君。

朝もやが立ち込めた2019年10月30日 20時10分18秒

今朝は辺り一面が真っ白だった。
太陽は出ていたが靄に光を遮られ真ん丸に光っていた。
露が車にいっぱいついていた。

お日様はオレンジになっていた。
空の色も光もよかった。
これはいい光景だと思いカメラの用意をした。
い開けたところに来るまでと、走っているとだんだん靄が晴れてきた。

少し走った山側で靄が濃くなり、これはいいところが撮れると思ってカメラを出したが電池が切れていて、それを交換しているうちに晴れてきてしまった。

何とか撮ったのがアップした写真である。
このショットの5分ほど前が素晴らしかったのであるが撮れなかった。

今朝はバイクに乗ろうと思ったが車にした。
今日バイクで走ったらびしょびしょになっていただろう。


またまた大雨被害が・・2019年10月27日 18時32分22秒

台風がそれたと思っていたら雨が、またまた降って千葉が被害を被った。
古来から、関東平野は川ばかりで、危険な土地だった。
それを人間が長いことかけて手なづけたようにあっても、自然の力の方が強かった。
もう自然が牙をむくことがないことを、祈らずにはいられない。

こちらは地震の危険が増している感じで、いつ揺れてもおかしくない。
どんな状況にあっても生き延びる方法をシミュレーションしておかなければと、いつも思う。

地震が来ても大水が出ても、カヌーで使うライフジャケットは役に立ちそうな気がする。
それとヘルメットがあれば幾分かは持ちこたえられそうである。

避難するときライフジャケットを着ていれば、仮に道路が陥没していてそこに落ち込んでも、浮くことができる。
仮に濁流に流されたとしてもライフジャケットはプロテクタの役目を果たしてくれると思う。ニュースで避難する人の映像を見ていてそう思った。

食料や水も大切だがそれ以前の問題で、まず我が身の安全を自分自身で確保すべきである。

温暖化によって海の温度が上がるとこれまで以上の強力な台風が来るかわからないので、備えはしておくべきと思うが、その中にライフジャケットとヘルメットを加えてほしいね。

幸い私はカヌーをやっているおかげで、ヘルメットとライフジャケットはある。
災害時すぐ取り出せるようにしておかなければと思う。

車で走っているとき地震が来て津波に遭ったらどうするか?
それはまだノーアイデアである。研究の余地がある。
水が来ればドアは開かないし、さてどうしよう。

写真は加太淡島神社に奉納されている人形で、1977年10月に撮ったものである。

加太淡島神社

加太淡島神社

どの人形も何か訴えているような眼をしている。
だから自分で捨てられずここに奉納するのかも。
毎年何万という人形が奉納され焼かれる。

キンモクセイの花の匂いが一杯2019年10月22日 17時44分38秒

朝は肌寒かった。
このまま涼しいのかなと思ったら昼から暑いくらいになってきた。
もう10月なんだけどね。

今日は、普段使っているパソコンがめちゃくちゃ遅いので、精神衛生上よくない。
少し前、ハイスペックなパソコンをもらってきていたので、セットアップをした。
私にパソコンは、インテルi3、32ビットで買ってから大分経つ。
ハードディスクもへたってきたのか処理が遅くなり、交換したいと思っていたが先立つものがなかった。
ひょっとしたことで、i5のパソコンが手に入ったので今日Win10にアップグレードし引っ越し作業をしている。(現在進行形なのはこれがまた時間がかかっているためである)
引っ越しツールを使ったが、それでも遅い。
ま、300G位の容量があるので仕方ない。

合間にマクロレンズのテストがてら庭の花の写真や公園のキンモクセイを撮った。
まずまずの写り。


まだ朝顔が咲いている。




何の工夫もないショットだけど、これだけピントよく写ってくれたらいい。
前の公園ではキンモクセイの木が20本くらい花盛りで、匂いを振りまいている。


夕方、CB400SSのフロントフォークブーツが以前からズタズタに破れてきていたので、気になっており、オークションで買っておいたブーツに取り替えた。
これを普通に修理屋に頼むと、部品代は安いのだがバイクをつり上げ、フォークをいったん抜かなくてはいけないので、1万円以上かかる。

何かいい方法はないかといろいろ考えた。
結局はブーツを割り、フォークに付けてからポリプロピレンもくっつけられる瞬間接着剤でくっつけた。
うまいことくっついた。
少しは見栄えがよくなったかな。



また台風がやってくる2019年10月21日 14時14分30秒

また台風がやってくる、
先の台風で被害にあわれ、今片付けの最中の人々にとってまたまたつらい気象状態になってきた。

今回の台風でも大雨被害を見ていて、まず遊水地がないことと、いわゆる鎮守の森らしきところがないことに気がついた。
何かシステム的にバランスを崩している感じがする。

昔の人は河川の氾濫を見越して遊水地を河川敷に作っていたが、最近はそこに家が建ちだしたので、役目を果たさなくなってきた。

何か根本的な新しい発想での都市計画を立てなおさなければ、何度でも被害が出そうな気がする。

写真は1972年の京都は西本願寺でのスナップ。
イチョウも色づいていた。

今年は暑い秋である。

降ったりやんだり2019年10月19日 21時44分12秒

今日は天気予報通り降ったりやんだり。
バイクに乗りたかったが、乗れなかった。
昼からお客さんが来ると言うことでどこにも行けず。

カブにスマホホルダをつけた。
オークションで1000円足らずで買っておいたのだが、オレはスマホのホルダなんだと妙にエバったところがなかったので買ったのだが、うまく取り付いた。
結構しっかりスマホをホールドするが、スマホを挟んでいないときにエンジンをかけるとびびり音がする。

これは構造上仕方ない。
走ればどうなるか明日試そう。
ともかくこれで予定の装備すべて取り付けた。

後は時計があるかな。これはまだいい時計が見つかっていない。

とりあえず晴れたら走るだけ。



イラストレーターの和田誠さんが亡くなった。
単純な線の絵だったが、すごく物語があった。
文庫本でも和田さんのカバーがたくさんある。

映画監督もされ、本当のマルチ人間だった。

残念。

セイタカアワダチソウ2019年10月18日 22時18分03秒

今朝はいい天気で、予報の雨というのはにわかに信じられない天気だった。
気温は13度だった。
もうずいぶん気温が下がってきた。

最近気になっていることで、セイタカアワダチソウのことがある。
通勤ルートのセイタカアワダチソウは元気がない。
ススキの方がその力を発揮しだした。
セイタカアワダチソウも群生しているところもあるのだが、何となく力がない。

ところが別の見方で、セイタカアワダチソウは増えている、という人もいる。

増えているという見方と少なくなったという見方と、どうなんだろうと悩むが、元気がイマイチ足りないというところでは一致している。

あの輝くような黄色の花が、今年は何となく色も悪く花もうなだれている感じである。
私は気温の上昇から、そういう現象が起きているのかなと思っているが来年はどうなるのだろう。

今夜天王寺駅のアナウンスで特急くろしおは、大雨の影響で、白浜からの運転を見合わせているとのことであった。
おいおい今度は熊野地方に雨が降っているのかと、また心配が増えた。


写真は1975年、ツーリングしてきたモーターサイクリスト。
最近バイクはツーリングするとき荷台にトップケースやバッグをくくりつけているが、当時は少なかった。


秋が深まってきた2019年10月17日 23時17分06秒

今朝もかなり気温が下がった。
秋が深まってきたのを感じる。

それにしても台風被害が日を追うにつれてひどい台風だったのを感じる。
yahooのニュースで見ても、対策により、防げた部分もかなりあった。
地域住民が危ないからといっても行政は動いてくれなかったというのが多い。

また台風が来そうだが、もう風雨はいらない。
地球温暖化を皆で止めよう。

写真は倉敷。
ずっと昔にいったときにはビクターの有名な犬はそれほど多くなかった。
ところが次にいったときにはめちゃくちゃ多く乗っていた。
今度いったらもっと乗っているかもしれない。
こういうのは面白い。
お店の人がこの犬を集めるのに必死になっている姿が目に浮かぶ。


倉敷


倉敷


倉敷


台風とともに寒さがやって来た2019年10月15日 18時15分43秒

今朝は少し寒かった。
帰りの道も本来の気温になってきた感じである。

台風19号で串本もかなりの被害があったようだ。
古座の堤防が崩れ、国道の路床が波にさらわれて70mにわたって穴が開いたそうである。
自然の力ってすごい。
あれだけの重さの防波堤を砕いてしまうのだ。
そのおかげで道向かいの魚屋さんが大きな被害を受けた。
追い打ちをかけるように台風に変わりそうな低気圧が太平洋上に、発生したとか。

今年の冬はめちゃくちゃ寒いか、めちゃくちゃ暖冬かのどちらかのような気がする。

日本のマスコミは、地球温暖化とはあまりいわない。
これはあえて言わないようにしている気がする。
ヨーロッパでは温暖化対策をビジネスにしているのに日本はその機運が薄い。

50年に一度の大雨被害が、紀伊半島を皮切りに毎年場所を変えて起きている。
いつどんな自然災害が起きるかわからないのが最近の地球である。
いろいろ考えてどんどん新しい取り組みをしてほしい。

我々のような力のないものが何を言ってもだめだが、小さな声でも集まれば大きくなるのだけどね。
なんとかしたい。

写真は1978年のある港でのスナップで、延縄作りをしているところであるが、こうして魚が自由に獲れるのは、地球の自然なサイクルがあってこそである。






台風19号2019年10月14日 23時42分50秒

少し中途半端な天気でどこへも行けなかった。
バイクも乗ろうと思ったけれどパスした。
ストレス解消はできなかった。

台風19号の影響は想像以上に大きい。
特に水害があれほど発生するとは思わなかった。
橋や堤防があれほどあっけなく崩れるとは思わなかった。
ダムの放水も、原因の一つとしてあるのではなかろうか。
以前紀南が大雨で被害があったとき、ダムの放水のせいで下流の家々が浸かってしまった。
地元の人々は、ダムがいっぺんに放流したので水害になったと言っていた。
確かにダムが放流するといっぺんに水かさが増す。

ダムは最上流にあるのが多いが、川はいくつのの支流がある。
支流からの流れ込みに加えて、その支流の流れ込む水以上に放流すると大きな支流が一本増えたことになる。
加えて一気に流すのでその水量は凄い量になると思う。

水は流れの強さを一気に増して、柔い護岸はひとたまりもないだろう。
カヌーで下っても増水の時の瀬と平常時の瀬とでは全然水の重さが違う。
増水したときはカヌーのコントロールがきかない。

50年に一度のレアケースと言われながら毎年どこかで水害が起こっている。
ダムの放水もこれを機会にもう一度検証してほしい。
今回のように大型台風が近づいているのがわかれば、少し前から放水量を増やし、貯水量を減らすとかの対策が必要である。
真夜中にダムの危険水位が上がったから緊急放水をすると言われても、それを知り、確認できる人がいないのではないかと思う。

あれだけ広範囲に停電や通信がアウトならなおさらである。
写真はつんつんである。

10月に入ってからスキャンをしたフィルムに、つんつんがよくでてくる。
懐かしい。

つんつん