久しぶりの古道歩き2021年04月07日 22時26分32秒

川湯の朝は少し肌寒かったが天気は最高に良かった。
朝歩き用に着替えたあと朝食を食べた。



宿泊客は朝だけというのが多いのか、夕べよりは人が多かった。
それでも少ないという。さすが川の水が綺麗だった。


ホテルが車で発心門まで送ってくれるというので、本宮大社前までマイカーを置きに行った。大社から10分あまりで発心門に着いた。
そして歩き始めた。ここを歩くのは何年ぶりだろう。
看板が立ち替わっただけでそれほど大きな違いはない。
6.9kmを歩く。
発心門王子そして水呑王子、伏拝王子、祓殿王子、そして本宮大社のルートである。道は良く整備されていて歩きやすいのだが時々石畳や階段状の道があり結構疲れた。

発心門王子

発心門王子

発心門王子

しかしウグイスの鳴く山道を歩くのはいい。
まだ所々桜も残り、木々の新芽がキレイだった。





水呑王子のある学校が一番変わっていたかな。とにかくキレイになっていた。個人的には前の方が好きだった。

水呑王子


前日よく降ったのに道はぬかるんでいなかった。水はけがいいのか。
以前歩いたときはフランス人とすれ違ったが、今日は日本人ばかりで、二人連れや三人づれに三組ほどだった。少しさみしい。


こんな満開の桜も残っていた。


綺麗な熊野の山並み。


この端を渡るの本宮大社はもうすぐである。



本宮大社の裏にある鳥居。


八咫烏もマスクをしている。狛犬もしている。


13日からの祭りの宣伝もしていた。コロナ禍でもする感じ。




入り口の鳥居下の狛犬の下にはマスクをしなさいとある。



大きな斎原の鳥居。確かに大きい。


下の八咫烏がいた。鯉のぼりも泳いでいた。空にはドローンがアブの鳴くような音を立てて飛んでいた。



帰りは国道168号線を五条へ走り京奈和道路だった。
168号線も昔と違い早くなっている。

九頭神社2021年03月28日 11時51分34秒

23日に紀の川市にある九頭神社に行ってきた。
通称麻生津九頭神社というそうだが、旧麻生津村村社は紀の川市麻生津中宮の原一の老樹に囲まれて鎮座する氏神さまで建立は、不明ということである。

境内には、八坂神社、祓戸社、若宮社、稲荷社、祖霊社、桂神社がある。
本殿は木造銅瓦葺流造で、はじめは真新しい拝殿が本殿と思っていた。

2棟の東屋があり、紀の川筋の家並みの見晴らしがいい。
ここの特徴は、モチの大木があるところで、ほかにも巨木がたくさんあり、歴史の古さを感じる。シラカシの木もあったのだが倒壊したそうである。
残っていれば幹周は3. 9m、樹高は20mの堂々たる木だったという。 
クスノキは環境省巨樹巨木林DBによれば、幹周は4. 94mm、樹高は17mということでこれは幹を見ただけでも大きさがわかる。
全国各地にこの九頭という名前がありここの神社は九頭だけで龍をつけてないが関連はあるだろうと思う。

ウィキペディア(Wikipedia)によると、
「九頭龍伝承(くずりゅうでんしょう)、九頭龍伝説(くずりゅうでんせつ)は、日本各地に残る九頭龍(大神)に関する伝承・伝説のことである。九頭龍大神伝承(くずりゅうおおかみでんしょう)、九頭龍大神伝説(くずりゅうおおかみでんせつ)とも。

発掘された平城京の二条大路木簡には、奈良の南山に住む九頭一尾の大蛇に疫病(天然痘)の原因となる鬼を食べて退治してもらい、都での流行阻止を祈願したとされる文が書かれている。ここでは人を害するものではなく、病気を食べる利益をもたらすものとして扱われている。」
とある。

住所は、和歌山県紀の川市麻生津中1。

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

九頭神社

人間ドックに行ってきた。2021年03月15日 20時58分34秒

今朝は6度だった。

昨夜地震が起きたときまだ寝ていなかったのだが、寝れなくなり眠いまま起きた。
今日は人間ドックだったので、ご飯を食べずに病院へ向かった。

道が混んで、せっかく早く起きたのにギリギリにになってきた。
なんとか時間通り8時50分頃についたがもう人はいっぱいだった。
一応ドックのメニューをこなしていったのだが途中の身長のところで、174.5センチだった。

「あれ!僕は177センチあるはずだけど」
というと、看護師さんは、事もなげに、
「年をとると骨がすり減って低くなるのですけどね」
「それにしても2.5センチも減るはずはないと思うのですが」
「じゃあもう一度計りますか」
といいながら記録をリセットしてくれた。
もう1度秤に乗り直して計ってもらったが数値に変わりはなかった。
「ショック」というと看護師さんは、
「いやいや、中には一年で5センチほど縮んだ人もいますよ」
といって慰めてくれた。

確かこの前計ったのは。4年前だから4年で2.5センチ低くなったということである。
このままの計算では80歳になったらかなり低くなるのを覚悟しないとダメだ。
あー、本人はまだ青春時代と思っているのだが。

胃カメラを鎮静剤で痛くないようにして撮影した。
この鎮静剤での胃カメラが痛くなくていい。点滴をしながらマウスピースをつけた途端寝てしまい、「松本さん」と起こされたらすでにカメラ撮影は終わっていた。
しかし、眠くて仕方なく、病院で休憩した。
病院を出てからの帰り熊野古道の川辺王子のある力侍神社に立ち寄った。
以前歩いたときとどんなに変わっているか知りたかったこともあったのだが、神社そのものは大きくは変わっていなかった。

山桜が綺麗に咲いていた。

力侍神社

鳥居周辺は昔のままだった。

力侍神社

力侍神社

境内には2匹のニャンコがいた。

力侍神社

力侍神社

神社本殿。右棟

力侍神社

左の棟。

力侍神社

消毒液のボトルが何本も。ひょっとしてマイボトル?

力侍神社

力侍神社

力侍神社

力侍神社

案内板の前に休憩所がある。コーヒータイムにちょうどいい。

力侍神社

古道案内板。これは以前歩いたときはなかった。ブームへの対応かな。


有田市浄妙寺の重要文化財を見た。2021年03月14日 20時52分02秒

今朝は8度だった。
しかしお日さまはなんとなく暖かかった。
やはり昼前にはかなり暖かくなってきた。
とは言っても底冷えがするのは変わりなかった。寒かったがブルゾンは一つ薄手のものにした。確かに春になりつつある。
今日は最初かつらぎに行く予定だったが有田の方に向かった。
というのが有田の方が国宝や重要文化財が多かったからである。

まず有田市の歴史民俗資料館で浄妙寺のあらましの展示会をしているというので見た。この資料館は、紀の川市、海南、かつらぎとみてきた中では一番よく考えられており見応えがあった。

展示を見た後浄妙寺に向かった。
浄妙寺は寺伝によると、大同元年(806年)平城天皇の母の、乙牟漏皇后とも阿波の尼僧西阿弥の建立ともいわれている。

 開山は唐僧如宝和尚といわれ、もとは七堂伽藍の名刹であったらしく、嘉応元年(1169年)に宮崎定範がこの地方を領してから70石の寺領を受けている。
それが天正13年(1585年)の秀吉の紀州責めの兵乱によって、堂舎及び縁起など焼けた。薬師堂と多宝塔だけは林の中にあったため、兵火を免れることが出来た。
それが今に残っているのである。

この寺には文化財が多く、薬師堂と多宝塔は建造物として、薬師堂に安置されている木造薬師如来、両脇侍像、木造12神将立像は彫刻物として、蓮華唐草文螺鈿須弥壇は工芸品として、それぞれ国指定の重要文化財となっている。
本堂(薬師堂)に安置されていた仏像の一部(6体)が1994年11月に盗難に遭い、現在も戻って来ていないそうである。
しかし今でも木造の薬師如来像と十二神将立像6体が安置されているそうであるが見ることはできなかった。

有田市 浄妙寺

阿弥陀堂は重要文化財である。

有田市 浄妙寺

この多宝塔も重要文化財である。


多宝塔の相輪は多層塔のものと多少異なっており、 下から露盤、覆鉢、請花、九輪までは同じだが、その上に水煙を付けず四葉、六葉、八葉の請け花を順に重ね、頂上に火焔宝珠を据えるらしい。 また、四葉の請花から屋根の四隅に向かって鎖を垂らす。 鎖には風鐸が付く場合も多いらしいがここの多宝塔もかわいい風鐸がぶら下がっていた。

有田市 浄妙寺

立派な木組みである。

有田市 浄妙寺

この鐘は新しい。
境内には石碑があった。

有田市 浄妙寺

有田市 浄妙寺

孫を連れて散歩に来ている感じであった。


小ぶりだがなかなかいい境内である。

有田市 浄妙寺

六地蔵?の並びが面白い。

有田市 浄妙寺

お大師さんがいた。

有田市 浄妙寺

阿弥陀堂側面。


阿弥陀堂前面。

有田市 浄妙寺

本堂屋根。



これらを見ているとき、上空をノスリが飛びすぎて行った。

今朝は雨だった。2021年03月13日 21時02分59秒

今朝は起きたときすでに11度だった。
夕べ雷も鳴り大雨が降ったらしいが、私は気づかなかった。
しかし朝早くに目が覚め早く起きてしまった。
龍門山を見るともやがかかって何も見えなかった。
若いときだったらこんな日は写真を撮りに走ったが、今は「まあ、いいか」という感じでパスする。

昼ご飯を食べてすぐに日根野に向かった。
天気予報では曇りだったので、カブちゃんで走った。
じつはカブに乗りたいという人がいて、私が日根野まで走ることになった。
雨だったら車で迎えに行こうかとも思ったが晴れてきたので走った。
12年間通い慣れた道である。

走り出したのはいいが、途中で雨がぱらついてきた。
オイオイという感じだったがそのまま走った。
日根野駅でお客さんと待ち合わせしたがそのときは傘がいるほど降ってきた。
駅で出会って近くのスー-パーで雨をやり過ごすことにした。
ケンタでコーヒーを飲みながら雨をやり過ごした。
少し晴れてきたのでバイク駐車場に行き、カブちゃんを試乗してもらった。

ものすごく気に入ったらしく、
「帰ったらすぐ注文しようかな」
ということであった。

試乗を堪能してもらったあと帰り道の根来寺の大門前桜の具合はどうか知りたくて
ちょっと寄り道した。
桜はまだつぼみであった。しかしもう咲きたくてうずうずしている感じで、来週には咲き出すのではないかと思う。
帰り道紀ノ川から貴志川にかけて大きな虹が架かっていた。
虹を見るのは久しぶりなので、これはこれはと思い、橋の上からカシャ!
同じ思いの人がいて車を停めて写真を撮っていた。
こちらはバイクなので撮りやすかった。




つぼみはまだ堅そうだがもう色づき始めている。来週には咲くだろう。




紀ノ川に架かる虹。


貴志川に架かる虹。向こうの橋はいつも散歩する橋である。
よく見ると二重に虹が出ている。
空がどんよりしているのが少し残念である。

今日は国宝巡り2021年03月10日 20時47分32秒

朝は8度あった。
だいぶ暖かくなってきた。風が強かったが暖かさのおかげでそれほど寒くはなかった。


ミカンにイソヒヨ君が来た。


風が強いのでヒヨドリさんの服が乱れている。
今日はスズメ君が顔を出してくれたが、逃げられては困るのでリモコンコードをつけて撮った。狙っていたところに来ず、顔だけになった。


暖かくなってきたので、寺社巡りを再開した。和歌山にもいい寺院がたくさんあるのでまず国宝や重要文化財を見て回ることにした。

善福院

善福院は健保2年(1214)栄西禅師によって創設されたといわれる。
広福寺五ヶ院の一つという。
広福禅寺は古くは七堂伽藍を備えていたが、大旦那の加茂氏の没落にともない荒廃したという。
その後、高野山に頼り真言宗に転宗し伽藍を修復し、更に紀州藩となってからは天台宗に転宗した。
現在は善福院だけとなっていて釈迦堂の本尊釈迦如来坐像の胎内の修理銘に嘉暦2年(1327)とあることからこの頃の再建とされている。

桁行三間梁間三間、一重裳階附き寄棟造り、本瓦葺の二重仏殿で、木割(材木の長さに対する太さ)が太くがっしりした感を与えている。また、床は瓦を敷いていた。
本瓦葺寄棟造、平行垂木など禅宗様式定着前の様式がよくあらわれている。

鎌倉時代後期の禅宗様式の典型的な建築として国宝に指定されており、鎌倉円覚寺舎利殿、山口功山寺仏殿などと共に有名だという。

住所は、海南市下津町梅田271番地である。

善福院

禅寺だったので、軒丸瓦は「禅福寺」となっている。

この善福院には、裳階がある。
裳階(もこし)は、仏堂、塔、天守等で、軒下壁面に付いた庇状構造物で、元来は風雨から構造物を保護するために付けられたもの。
構造は本屋より簡素であり、建物を実際より多層に見せることで外観の優美さを際立たせる効果があるため、特に寺院建築で好んで利用されたという。
代表的な建築物としては、法隆寺(金堂、五重塔)、 薬師寺(金堂、大講堂、東塔、西塔) 東大寺(大仏殿)などがある。

善福院


床は瓦敷である。


三郷八幡神社は、浜中村、大崎村、塩津村と、加茂村の一部の総氏神として、近衛天皇の久安年間(1145~1151)浜中の莊、上村大森の地から元山の西尾へ移され、更に、後土御門天皇の文明年間(1469~1487)現在地に遷座したという。
春祭は、大投餅、秋の例大祭は、子供神輿渡御、浦安舞奉納、神火祭を行い、大いに賑わうそうである。

国指定重要文化財の本殿は、様式的には、室町末期の特徴をよく残し、蟇股や木鼻の浮立彫刻には、桃山前期様式の前駆がみられる。

現存の棟札によれば、安永年間及び文政年間の2回比較的大規模な修理を受けていることが分る。

最古の棟札には「永祿二季戌未六月吉日及び釿始六月十一日假殿御立六月七日外遷宮六月九日柱立六月二十七日」の記がある。
其の他、宝永・慶応の棟札が国指定重要文化財に指定されている。

八幡宮の額は、裏に「奉寄附八幡宮領掛、紀州海士郡三ケ村神前也、元祿十二己卯年九月朔日、從五位下水野志摩守 源重孟 敬白」と刻されている。
縁起書2巻は、元祿9年紀州藩主の代参として、從五位下水野志摩守が長保寺参詣の折、乗馬がいなないて急に進まなくなったので、不思議に思い、下馬して馬が向いた方角の山腹を見ると八幡神社があったので、神威のあらたかなのを感じ、寄付されたものという。

住所は、海南市下津町黒田269番地である。

三郷八幡神社

この杖を見て少しびびったが、それほどでもなかった。

三郷八幡神社

本殿。小さいが重厚。

三郷八幡神社

彩色がいい。

三郷八幡神社

三郷八幡神社

ここは桜の名所であるという。

三郷八幡神社

風が強かったので鳥居も揺れている。

三郷八幡神社

所々に偉人の言葉を書いた紙があった。これはスティーブ ジョブズのもの。

一気に暖かくなってきた。2021年03月09日 22時33分25秒

今朝は4度だった。
しかし感じとしてはもっと暖かかった。
気温もぐんぐん上がり昼には15度を超えていた。
今日昼前少しウォーキングをしたがダウンのコートを脱いだ。
それほどの暖かさだった。

鳥もどんどん出てきてモデルになってくれた。
特にうれしかったのはノスリの写真が撮れたことである。
ミサゴやノスリはどうしても撮りたい鳥であったが今日、きちんと撮ることができた。
羽ばたきが違うなと思っていたら鳥を待っていたところの柱に止まってくれた。
しばしお見合い。
それでも逃げなかった。
カシャカシャ!

昼からかつらぎ町の笠田公民館佐野分館に佐野寺の展覧会に行ってきた。
佐野寺は「さのじ」とばかり思っていたが、「さやじ」というのを初めて知ったがそのいわれも知った。
展示室の隣で、瓦などの拓本をとる研修をしていたので私は軒丸瓦を写した。
学芸員さんが「難しいですよ」というので優しい方を出してくれたが、こういうことは得意なので難しい方を選んだ。
まずまずのできではなかったかと思う。


相も変わらずミカンを食べに来たヒヨドリさん。


これはムクドリ君。


ケリ君。


ツグミ君。


ホウジロ君。


感じとしてカワアイサ君かな。


そしてノスリ君。





イソヒヨ君。


キジバト君のカップルかな。


佐野寺の発掘調査で出た軒丸瓦。


発掘された須恵器。


そして私が写した軒丸瓦。
もらってきた。
佐野寺についてはもう少し調べてホームページにしたいと思う。

今日は風が強くて寒かった。2021年02月27日 20時26分46秒

今朝は6度ほどあったが一日中風が強く気温も上がらず寒い一日だった。

24日の日に花園に用事で行った。
その際北寺に立ち寄った。以前来たことがあるのだが、暗くてあまりきちんと見なかった。道のそばにあることから立ち寄った。

北寺観音堂の縁起は定かでないが、高野山の寺領として栄えた時代、集落すべてに伽藍形式のお堂があった中のひとつであると伝えられている。
本尊は観世音菩薩で、有田川町板尾の岩坂観音とは兄弟であるともいわれ、昭和28年の大水害で北寺集落が山津波で全壊した際に、このお堂だけが残ったという。
村全体が山津波に押しつぶされ、この寺だけが残ったというとてつもない惨事だったのだ。地蔵さんの裏になくなった方の名前があった。










それにしても政治が悪いと何もかも悪くなる感じだ。
愛知知事のリコールをもくろんだと思えば、それがアルバイトを使って名簿の書き写し作業が行われていたことがわかったが、主導した「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」事務局幹部の発注書を警察が押収したことの報道もなされるなか、リコールの会も弁護士と共に記者会見をして、それぞれ自らの関与を否定したものの具体的な説明はほぼなく、混沌とした事態となっているということである。
訳がわからない。

混沌にはかなり慣れっこになっているが、具体的な説明がないというのはどこかの
国の政府によく似ている。

それにまずいことが露見して記者会見などで「お詫びいたします」といいながらお辞儀をしているが、それが心からのものでないことはすぐわかる。
それに記者会見を開かなければいけないのにまずいことがあるので、拒否している人もいる。

本当に日本はどこへ行くのだろう。


今日もメジロ君もヒヨドリさんもよく来た。

今日も6度。ホンカクテキな春かな。2021年02月22日 10時04分44秒

先日バイクで走っていて、小さな神社に気がついた。

その神社は、歴史の長さを感じさせるような階段が続いていた。
いまにも崩れそうに縁が垂れ下がっているので、足下がおぼつかないものにとっては登りづらい。
手すりがありがたかった。

和歌山の白鬚神社は日高町の阿尾が有名だ。
そこの白鬚神社は400年程前に、天文の時代に滋賀県高島郡の白髭白鬚神社から、分霊を奉戴したのが和歌山県の白鬚神社の始まりとされている。
県の指定文化財となったくえ祭りが行われるが、その分霊を奉戴した際に携わったとされる区内の九戸の戸主の家が代々とり仕切っていると言われている。

じゃあこの白鬚神社はどれくらいの歴史を重ねてきたのだろうか。
いずれにしろ琵琶湖にある白鬚神社からの分霊とは思うが、山里にひっそりある感じで良かった。
こんな神社好きだなー。

白鬚神社

白鬚神社



白鬚神社

白鬚神社

白鬚神社

今日は暑かった。冬とは思えない。2021年01月26日 21時34分06秒

今朝は4度だった。
ところが昼前からグングン気温が上がり、大阪では19度まで上がったということである。
昨年記録的な高温、と言われて今年はそれを上回ったという。記録的な暑さである。
記録的大雨は毎年なのでまたかという感じだが冬の高温も記録的だという。
やっぱり地球はどこかおかしい。
寒い時の上着を着ていたが、暑くなって脱いだ。

今日は安売りのスーパーに行ったが、大変な人出であった。
駐車場もいっぱいであった。
やはりちょっとでも安くというほうにいく。
Sさんはこんな実態を知っているだろうか?

麻生津の歴史を知りたくて、紀伊国分寺の境内にある歴史民俗資料館に行ったが休みであった。仕方なく国分寺跡を散策した。
鳥が結構多くいた。
今日もニコン1にDXレンズを着けて撮った。
先日は暗かったので写りが悪かったが、今日は割と撮れていた。


境内の池にはカルガモをはじめとして種類の違う鴨君たちが11羽ほど池で遊んでいた。



楠の枝が面白く伸びていた。


正月に挙げたのだろうかタコが数か所に引っかかっていた。

ここからニコン1で写したがそれなりに撮れていた。


ヒヨドリ君かな。


ツグミがたくさんいた。