暑いのか寒いのか。2020年05月19日 22時13分07秒

粉河寺大門前にいくつかある神社の一つが大神社である。
ここは規模は小さいが、日本の古来からの地域信仰の神社らしさをとどめている。
境内には樹齢千年以上の楠があり、古くからある神社のようである。
楠はパワースポットとして人気があるという。

大神社の樟

紀の川市の案内にあったので、5月11日、粉河寺に参拝した後行ってきた。
粉河寺の楠も立派だがこの神社のも立派である。
神仏混淆の時期には、同じ境内にあったのではないかと思う。
神社はこのくらいの大きさがちょうどいい。

大神社の樟

楠は、とにかく巨大である。惚れ惚れする。

大神社の樟

1000年生きてきて、いろんなことを見聞きしてきただろう。

大神社の樟

大神社の樟

提灯の柄は、舌をアレンジしたのかと思ったが、そうでもなかった。
何を表しているのかわからなかった。

今日は暑いのか寒いのかわからない天気だった。
新聞はビニール袋に入れられていたので雨が降っていたのだろう。
私が起きた頃は上がったばかりらしく降ってはいなかったが、生暖かい風がふいていた。晴れると今度は爽やかな風が吹き、気温が下がってきた。

世界中がWHOのことでもめている。
きちんと足並みをそろえてくれないと人類は破滅の道をたどる。
SDGsの精神はどうしたのだろう。

今日は昼から雨2020年05月18日 17時43分49秒

天気予報通り昼から雨が降ってきた。
朝のうちに虫か鳥を撮ろうと、根来寺の南にある五百仏山(いよぶさん)麓の東屋に行った。
いろんな鳥が行ったり来たりしたが、こちらの思うような被写体にはなってくれなかった。
鳥を撮るにはまだまだ修行卯が必要である。
虫は今蝶や蛾の幼虫が撮りやすい。
時期である。

東屋でコーヒーを沸かして飲んだ。
いつもながらウグイスをはじめとした、いろんな鳥のさえずりを聞きながらのコーヒーはおいしい。

五百仏山

五百仏山案内板。歩くのにちょうどいい。

五百仏山

一山越えると、四国八十八カ所を歩いたことになる。ここが八十八番目。

五百仏山

東屋がある。緑がきれい。
「めにあおば やまほととぎす はつがつお」
このうち2つがここにある。

五百仏山

五百仏山

いつものようにコーヒータイム。

五百仏山

何がまつられているのだろうか。

五百仏山

目にとまった花たち。

五百仏山

五百仏山

幼虫もたくさんいた。

五百仏山

五百仏山


五百仏山

蜘蛛くんも。

五百仏山

五百仏山

五百仏山

大阪がとうとうコロナの罹患者がゼロになった。
全国的にも少なくなってきたのでうれしい。
まだ県またがりの移動は自粛しなければいけないが、この調子だとそう遠くない時期に全面解除になるかわからない。

その日が早く来ることを楽しみにしよう。

粉河寺に参詣・・コロナ退散願い2020年05月11日 21時52分32秒

今日は真夏のような暑さ。
今頃からこの暑さでは、7,8月になったときの気温が怖い。
昨年よりも大きい台風が来るのじゃないかと心配である。

今日は昼からウルグアイラウンド道を走り、虫を狙いに行った。
虫が思うように撮れなかったので、粉河寺に行くことにし、少し遅くなったが参詣した。
ここは西国3所の3番目でもあり、これまで何度となく来ているが、結構大きい寺なので来るごとに新しい発見がある。

粉河寺

南大門は結構新しいが重要文化財である。

粉河寺

中門も重要文化財である。

粉河寺

中門には四天王像があり、迫力があるが金網で囲われているため、網が写る。

粉河寺

粉河寺

堂々たる作りの本堂。

粉河寺

樹齢ははっきりしないが1000年は軽く超している樟の大樹。すごい。


粉河寺

今日昼から少しの間国会中継を見ていたが、質疑を聞いていただんだん腹が立ってきた。国民のことをなんとも思っていないことが、質問への回答ではっきりわかった。
具体的な回答が全くない。スピーディーに事を運ぶと言いながらもう何ヶ月たっているのだろう。
専門家会議の偉い人も質問に答えていたが、以前の回答をごまかしていた。
もうこの政権ではダメというのがよくわかった。
国民を馬鹿にしている。
それと自動車の税金はすでに来ているがマスクは届かない。
配らないつもりだろうか。
マスク市場がだぶついてきてからくるのだろうか。
来たとしても2枚では役に立たない。

今日は風が強かった。2020年05月07日 16時36分08秒

今日は風が強かった。
郵便局に用事があり、普段はバイクか車で行くところを歩いた。
結構遠いので時間がかかった。
普段は見ることのできない景色があり面白かった。

交差点に地蔵さんがあった。

貴志川町街角

バイパス工事の前は別の所にあったらしいが工事の都合で引っ越してきたようである。
次は地蔵寺。この町に引っ越してきてはじめて中に入った。
小さいがなかなかいい寺だった。

貴志川町街角

貴志川町街角

貴志川町街角

貴志川町街角

貴志川町街角

郵便局のATMを利用する人のために椅子を3脚ほど建物の外に並べていて、おばあさんが一人座って、前の人がお金を下ろしてくるのを待っていた。
事務所の中はビニールシートで覆われている以外は普段と変わりはなかった。
郵便局で用事を済ませちょっと遠回りをした。

近くに古墳があったのを思いだした。
丸山古墳である。
古墳はあった。木が生い茂り、藪になっていた。いわれないと古墳とはわからない。
しかしいろんなものが出てきたようで案内看板に、説明があった。

貴志川町街角

いい加減に案内板を更新してほしいね。

貴志川町街角

貴志川町街角

竹藪にしか見えない。

道は古墳を巻くように続いている。
まるた川に沿って歩いた。
ここは少し前までバスなども泳いでいたが、今は鯉だけが見えていた。
少し気になったがフナの群れがいないことで、いま時分は群れをなして泳いでいないとだめなのだが、全国的に少なくなっている感じである。

貴志川町街角

川は思った以上に長かった。

貴志川町街角

一昔前には家などなく田ばかりであったが、もう住宅地になってきている。
川は草が生い茂りなかなかいい環境のように見えた。
少なくとも川床をコンクリートで覆っていないところがいい。
大きな車道に出たが結構車が多く歩道が切れたり細かったりで危ないので脇道に入った。

貴志川町街角

しばらく歩くと神社に突き当たるが、ここは地域の氏神である。
ここまでの道も、一昔前はいい町並みであったが今は真新しいおしゃれな家が多くなっていた。
神社にあった自動販売機でジュースの小さいのを買った。

貴志川町街角

この神社がどういうものかはわからない。

貴志川町街角

神社の神木。

貴志川町街角

多羅乳女神社本殿。

貴志川町街角

護国神社もある。

結構暑かったが、風が強かったのでそれほど汗はかかなかった。
家に帰ると12000歩を超えて歩いていた。

車を洗うと雨、槙尾山明神社紹介2020年05月06日 20時22分09秒

今朝、車が2台ともざらざらと汚れているので、洗った。
私が車を洗うと必ず雨が降る。
今日も天気予報で夕方に雨が降るかもと言うことであった。
でもまあいいやという感じで2台を洗った。
やはり夕方雨が降ってきた。
今日一日は完全なステイホームであった。

それにしても政府は地方自治体の独自性を大事にしてくれない。
コロナ禍に対して各自治体がいろいろいいと思うことを取り組んでいるが、政府は我が道を行く、である。
大阪が数字データとともに一生懸命取り組んでいるのを抑えようとしている。
自分たちの無策ぶりが露呈していやなのか。

国民としてはいい加減にしてほしいといいたいね。

先日、新聞で紹介されていた、九度山町にある槙尾山明神社に行ってきた。
高野明神、白髭明神、弁財天が祀られているということで別当寺として町内に槇尾山遍照寺があるという。
創建年は不詳だが、神社・神宮寺共に『紀伊続風土記』に記録が残されているらしい。
今回2体の神像が発見されたと言うことが新聞に載っていたので、興味を持ち行ってきた。人はいなかった。

神社は、古来から丹生白髪大明神が鎮座し、弘法大師が槇尾山で修行中、傍らの弁財天を信仰し日参し、高野山を開いた後も月に九度、槇尾山に参詣した。
しかし、ある日のこと、九度山まで下りて来た時、吉野川が増水し、渡河に困っていたところ、弁財天が現れて「この地に我を移し祀れ」と告げたと云う。
弘法大師はこの山に弁財天を移して祀り、槇尾山の篇額を掲げた。と1633年(寛政10年)に書かれた『善根功徳の記(遍照寺縁起)』に書かれているらしい。

神仏混淆の名残が残る神社で、小さいがきれいな神社であった。
中学校が近くにあり、生徒らしき集団が10人ほどでサッカーをしていた。
学校は校舎は人はいなかった。

九度山町槙尾山明神社

槙尾山明神社

九度山町槙尾山明神社

九度山町槙尾山明神社

九度山町槙尾山明神社

九度山町槙尾山明神社

九度山町槙尾山明神社

九度山町槙尾山明神社

九度山町槙尾山明神社

九度山町槙尾山明神社

花園村から高野山2020年03月21日 23時42分55秒

朝からいい天気。
少し知っておきたいことがあったので、花園村に向かった。
何年振りかである。
花園村には恐竜ランドがある。
できて30年たつらしいができたての頃行ってから以来行っていない。
ランドの前に行くと、以前と変わらない大きな恐竜模型が出迎えてくれる。

花園村恐竜ランド

花園村恐竜ランド

結構たくさんの人が来ていた。
コロナウィルスが猛威を振るっているとき、人里離れたこういう施設はいいと思う。

花園村恐竜ランド

花園村恐竜ランド

花園村恐竜ランド

花園村恐竜ランド

蝶がたくさん飛び交っていた。春が盛りを迎えようとしていた。
桜のつぼみもはちきれそうであった。明日ぐらいに咲き出すかもしてない。

売店を少し見て洞窟の中には入らず、近くのキャンプ場を見に行った。
管理棟の前で、何やら什器を掃除しているご夫婦らしき方がいたので話をした。
キャンプ場の管理を任されているという。

このキャンプ場ロケーション的には非常にいい。
滞在を長くして高野のふもとの自然を楽しむのにいいと思う。
花園村は長期滞在型にして、ゆっくりゆったり自然を楽しむには最適である。

恐竜ランドを出た後、高野山に向かった。
途中、花園北寺や阿弥陀堂をなどを見ながら走った。


花園北寺。寺の境内には昭和29年の大水害の際に亡くなった人をお祀りする碑があった。


阿弥陀堂。小さいが歴史を感じる。



阿弥陀堂から高野山に抜ける道は細い山道で、杉の葉がずっと絨毯のように降り積もっていた。
キジのメスとニアミスをした。
くねくねと曲がった道を高野山の大門まで走り、高野山からは極楽橋に降りる道を下ったが、これも細くくねくねと曲がった道が続いた。



極楽橋手前のトンネル口で電車の走ってくるのを待った写真を撮った。


極楽橋駅近くでニホンカモシカの子供がうろうろしていたので写真を撮ろうとしたがワイドレンズだったので小さくしか写せなかった。
内臓ストロボの光も届かなかった。少し残念。

家までの帰りは、広域農道を走った。
イタチが道を横切った。

とにかく今日はよく走った。
紀州の山は奥が深い。

今日はいい天気2020年03月13日 22時44分43秒

きょうはいい天気だった。
気分が優れなかったので釣りにも行かず、頼まれているホームページのリニューアルをした。
結構時間がかかっている。

夕刻、ウンドーフソクなので鳥がいないかと思い、根来寺の周辺を歩いた。
鳥は鳴き声もそれほど多くなく、少なかった。

根来寺

根来寺

桜がきれいな場所なのだが今は椿が咲いていた。

根来寺

車を大門の前の駐車場に入れたが、大門前の碑の裏に猫の餌がそのままに置かれていた。
餌をやりたいのはわかるが、後片付けをしてほしいね。
見た目にも汚い。

根来寺

コロナも世界的に蔓延してトムハンクス夫妻やカナダ首相の夫人もかかってしまったとニュースであった。
これではオリンピックの開催も危なくなってきた。
Tさんがいうように一年延ばすのがいいかもしれない。
一年延ばして無観客での試合は力が入らないだろうね。

それ以上に、コロナショックで株価が大幅に下がり、年金のための株が下がり年金を減らされるのではないだろうか。
今のAさんの政府のメンバーならやりかねない。
国民のことなど全然考えていないからね。

久しぶりの法隆寺2020年02月24日 22時37分43秒

昨日NHKの番組で法隆寺のことをやっていた。
いきたがりは法隆寺に行きたくなり、昼前に家を出た。

法隆寺はいつも通り堂々としていた。
境内をウロウロ見ていると、法隆寺の職員さんらしい人が、
「NHKでテレビ放映すると人がやってくる。凄い影響力です」
といいながらいろいろ説明してくれた。

法隆寺

実は法隆寺に来たかったわけは、番組中で金堂の扉の格子は継いだものではなく一本の木を切り抜いて作っているといっていたのでそれを見たかった。
なるほど格子に継ぎ目はなかった。

法隆寺

金堂の屋根を指さして、
「あの屋根の途中で瓦が何枚か重ねて並んでいるのが見えますが、なぜかわかりますか?」
と問われた。
「いえわかりません」
「あれは上の屋根からの雨だれを直接下たの屋根に落ちないように工夫されているのです」
なるほど。
「もうひとつ、五重の塔の水煙に鎌が4本あるのをご存じですか?」
「いいえ」
「あれは法隆寺の不思議の一つでなぜ鎌なのかわかりませんが4本あります」
そういえば鎌らしきものが見える。

法隆寺

法隆寺

法隆寺

法隆寺

法隆寺

法隆寺

法隆寺


久しぶりに百済観音も見たが、明日から東京での展示のために運び出すということで、今日はラッキーだったのである。

コロナウィルスの影響かいつになく人が少なかった。
久しぶりの法隆寺だったがゆっくりと落ち着いてみることができた。


せっかくの休みが雨2020年02月16日 20時57分47秒

今日は貴重な休みなのに雨。
それも一日降り続いた。暑いのか寒いのかわからない天気だった。
テレビはコロナウィルスのことばかり。
近くの国も、この国も対応が悪いね。

世界から馬鹿にされそうなことばかり。
すべてが後手後手。
観光客をどんどん入れといて、市中感染が始まったら、感染経路が不明だと。
当然である。潜伏期間中に日本でまき散らされたのではないだろうか。
和歌山でいえば、マリーナシティなんかも外国の方が多い。
その人たちとクロスすればひとたまりもない。
特効薬もまだできていない今度の新型肺炎。
終息はまだ見えていないので、間近に迫るオリンピックはどうなるのだろうか?

藤白神社

藤白神社

藤白神社

藤白神社

藤白神社

藤白神社

藤白神社

藤白神社

国会での議論を聞いていても、野党の質問もその答えも面白みのない議論ばかりで
いやになる。ウィットのまったくない議論は聞いていても退屈なだけである。

写真は昨日博物館に行った帰りに少し寄った。
熊野古道のホームページをリニューアルしなければいけない。

紀の川市中津川熊野神社2020年01月11日 22時28分17秒

紀北地方は古くから京都の寺社の荘園だったので、歴史ある寺社が多い。
今日はそんな神社を探した。
熊野神社というのが市報に紹介されていた。
それを見に行くことにした。

熊野神社は細い道を登って山の中腹にあった。
たぶんこの道は葛城参詣を越え京都へつながっていたのだと思う。
軽4がやっと通れるくらいの道が上に伸びていた。
あまりに狭いので運転には気を使った。
普通車では苦しい道幅である。
道案内が十分ではなく到着できるかどうか若干の不安があったが、何とかたどり着いた。

紀の川市中津川熊野神社

熊野神社はきれいないい雰囲気の神社だった。
市の説明書によると、この神社は寛政9年(1797年)京都聖護院が造営したようである。
石灯籠が2対ほどあったがそのうちの低いほうの一対が正平二十四年(1369年)建立とある。
もう600年をこえてここに立っているわけである。

紀の川市中津川熊野神社

紀の川市中津川熊野神社

紀の川市中津川熊野神社

とにかく山深い人里離れたところにこんな立派な神社があるということが面白い。
修験と熊野とは切っても切れないつながりがあるのでこの神社も熊野になったのかもしれない。

葛城修験の行場として土地、中津川の人々の産土神社として守られているという。

紀の川市中津川熊野神社

正平二十四年(1369年)建立されたということが刻まれている。古い。

紀の川市中津川熊野神社

少し年代が新しい灯篭に鳥の巣があった。

紀の川市中津川熊野神社

太い杉の木があったが根っこに穴が開いていた。しかし元気な枝を伸ばしていた。

紀の川市中津川熊野神社

本殿が二棟。

紀の川市中津川熊野神社