高野女人道テクテク2017年03月19日 23時02分40秒

朝からいい天気でした。
バイクが汚れていたので石けんで洗ってあげました。
ピカピカになりました。
ワックスをと思いましたが時間がなくまた明日にでもやろうと思います。

昨夜出しておいたミカンに朝早くからヒヨドリがやってきました。
昨日のと同じ個体のようです。
別の鳥が来てほしいですね。


2時前に家を出、高野女人道を歩きにまた高野に登りました。
歩き始めは2時50分でした。
いつもながらかなり遅くなってしまいました。

高野女人道

お助け地蔵から登り始めました。

高野女人道

道は良く整備されて歩きやすかったですが結構急な登りがありました。
このプレート黑河道にもありました。

高野女人道

愛宕神社についたのは3時5分でした。

高野女人道

高野女人道

高野女人道

愛宕神社を過ぎた頃、行く道で近くの方らしいご婦人に会いました。

「女人道にいくのかい」
「はい」
「最近は鹿が多くなっているので気をつけてください。朝など国道までも出て来るよ」
「へー奈良公園みたいですね」
「おかげでこのあたりに草花が皆食われてしまいました」
「それは大変ですね」
「スカイラインへの道をつけたり、トンネルを掘ったりしてからこちらへ出てきた」

ということでした。広く新しい道やトンネルができて餌場までの道を中断されて、人家まで出てくるようになったのでしょうね。

高野女人道

坂の上りはじめのところに熊注意のかんばんがありました。
英語の注意書きがあるところが時代ですね。
でもこの看板は少しおかしいですね。
英語版には熊にあったときの対処方法を書いているのに、日本語では単に注意しなさいということだけしか書かれていません。
日本人もこのくらいの英語は理解しなさいと言うことでしょうけど・・・

高野女人道

有刺鉄線が張り巡らされていました。

高野女人道

この後ろくろ峠まで歩き、町に戻りました。
それについては次の日に。

御朱印の転売2017年02月13日 12時34分13秒

今朝は一番寒い感じでした。
車の窓が凍っていました。

峠道も樹氷ができていて、きれいでした。

今日のYAHOOのニュースで、最近人気の「御朱印」の「転売屋・代行屋」が増えてきて、オークションなどでもたくさん出ているということでした。

以前から西国三十三所や四国八十八か所などは行きたくてもいけない人が、依頼して押してもらっていましたが、最近はビジネスとしてやられているということです。

ニュースでも書いていましたが、 「御朱印」とは神社などにお参りをした証として受けるもので、お金で買っては意味ないと思うのですけどね。

人気入手困難な「レア物御朱印」と呼ばれ、ネットオークションなどで転売されたりするそうですね。
何十枚も一気に買い込んで売るようですが、寺社仏閣の参拝記録までもがビジネスにされるとは日本もせちがらくなってきました。

こうなれば神社やお寺も逆手にとって、期間限定御朱印を出したらどうでしょうね。
秘仏御開帳の時など独自の御朱印を出せば人気が出るでしょう。

とにかく日本の最後のほっこりした雰囲気までもがビジネスにされる時代になったことに対し一抹というより、大いに不安を感じます。
ビジネスになりということは需要があるということですからね。
御朱印が単なる「もの」となってしまいそうなところにさみしさを感じます。

写真は樹氷の峠道です。

雪の高野龍神スカイライン2017年02月11日 20時49分04秒

今朝も目覚めると白銀の世界かなと思って起き出したら、おひさんが照っていました。
気温は相変わらず低いままでしたが・・

庭の木にミカンをさしているとヒヨドリが来ました。

いい天気だったので雪を見に高野山に走りました。


高野への道は麓から雪でした。
駐車場のトイレの屋根からつらら。

雪の高野山

雪の深さは30センチくらいでした。

雪の高野山

雪の高野山

大門も雪化粧。

雪の高野山

雪の高野山

途中でバンビが出てきました。

雪の高野山

道の途中で対向車の方がすれ違いの時、止まって窓を開け、

「龍神の方にいかれるのですか?」
「いや護摩壇山までです」
「それはよかった。龍神までの道は深すぎて危険です」
「そうですか、ありがとうございます」

護摩壇山の駐車場も真っ白。

車も中に入れないくらい積もっていました。
山に登ろうと思いましたが、山道も雪が深すぎてやめました。
スパッツもアイゼンも持っていましたが、スノーシューがいるぐらいの雪でした。

雪の高野山

雪の高野山

雪の高野山

雪の高野山

この後高野の方に帰りの道でスタックしている車がありました。
FFで前輪が雪の中に突っ込んでしまいタイヤが空転していました。
ストックや木の板でフロント周りの雪を砕き取り除き、後ろから押してやっと抜け出すことができました。
夕暮れが近い時間だったので割に早く抜け出せてよかったです。

高野山の駐車場で。

雪の高野山

郵便ポストも綿帽子をかぶったように面白い積もり方してます。

雪の高野山

雪の高野山

雪の高野山

気温はマイナス4.3℃。
高野龍神スカイラインの頂上はマイナス6℃でした。

寒いはずです。

雪の高野山

雪の高野山

地蔵さんも雪の中。

いろいろ2017年02月08日 21時57分45秒

今日のニュースで自衛隊の日報が公表されましたが、なんとなくおかしいなぁ、と感じているのは私だけではないと思います。
事実として殺生行為があったのに「戦闘」ではなく憲法上都合が悪いので「武力衝突」という表現にしたといいますが、それで通るのですね。

ま、今に始まったことではありませんが、国会答弁を見ながら、政府は一般市民を助けてくれないなという気がします。

やっぱり自分のことは自分で守らないといけないですね。
今や頼りにできるのは皆が貯めているお金ですが、それすらどんどん目減りしています。どう自分を守ればいいかわからないですね。

写真は先日行った葛城古道の八幡神社です。
小ぶりながら社殿もしっかりしていてきれいな神社でした。

少し急な階段がありました。

伏見 八幡神社

杖がありました。

伏見 八幡神社

伏見 八幡神社

伏見 八幡神社

武者絵の絵馬です。かなり古いので、何の絵かわかりません。

伏見 八幡神社

このショット、カシオのアウトドアカメラです。
35mm換算21mm。結構広角なので、神社がほぼ全景入っています。

伏見 八幡神社

お百度ならぬ御千度石。

伏見 八幡神社

白蛇が守っていました。

伏見 八幡神社


かつらぎ古道テクテク2017年02月04日 21時03分38秒

最近会社が遠くなった代わりに歩く距離が短くなりました。
前の北浜の事務所の時は必ず5000歩以上歩いていましたが、今の事務所になって、測ってはいませんが3000歩くらいに減ってしまっています。
そのせいかどうか、やっと70kg台に減っていた体重が71kg台に逆戻りしてしまいました。

これではいけないと、テクテクをすることにしました。
先週は高見山の樹氷見学登山ができなかったので、今週は葛城古道を歩くことにしました。

何年ぶりかのテクテクですが、まだ行ったことのない菩提寺と八幡神社のほうに歩きました。

葛城古道

歩いていくと、寒い寒いといいつつも、道筋の草花などで春は確実にやってきているのを感じました。

葛城古道

この地蔵さんはいままで「あ、あるな」という感じできちんと見ていませんでした。
今日は間近にお参りしました。

葛城古道

少し高台になったところから、大峰山系でしょうか、冠雪してきれいに見えていました。
偏光レンズがあればもっとクリッと撮れていたと思います。

葛城古道

歩いていく道端で目に付いた草花や木の実です。

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

古道の分岐を菩提寺のほうに向かいました。

葛城古道

途中桜を眺めるポイントの看板がありました。


菩提寺の三門の壁にその桜の写真が貼ってありました。
綺麗ですね。


三門。

菩提寺

こちらに仏さまが安置されていました。
このお寺については別の日に書きたいと思います。

菩提寺

菩提寺を出ていったん戻り高天彦神社への道がフェンスで囲われてあり、そこは歩いたことがなかったので、ロックを外しその道を歩きだしました。

葛城古道

道は最近作られたらしく真新しい階段やグレーチングで橋も作られていました。
水仙の花も道端に何本も植えられており、ここをかつらぎ古道の一つのルートにしようという感じでした。

葛城古道

はじめの降りと登りが少しきついだけで、尾根道に入ると広くないですが歩きやすい道が続きます。

葛城古道

30分ほど歩いたところに真新しい東屋があり、その手前にもイノシシ除けのフェンスがありました。

葛城古道

東屋で少し休憩し大きな農家らしい建物を眼下に見ながら降りました。

葛城古道

降りきったところにまたフェンスがありましたが、今度のフェンスは針金でくくられて開けられず、「通行禁止」の札が掛けられていました。
ここまで来てそれはないぞと、こじ開けて進もうかなと思いましたが大人げないのでやめ、もと来た道を引き返しました。

葛城古道

夕ぐれの陽が長い影を作っていました。

葛城古道

エナガが群れてさえずっていましたが、動きが素早いのと小さいので、写真に撮りにくい鳥です。

葛城古道

八幡神社。
小ぶりですがいい神社でした。この神社についても日を改めて書きたいと思います。

八幡神社

神社の下に産直のお店がありました。
ちょうどご主人らしき男性が出てきたので、

「いまはどんなものを販売しているのですか?」
「うーーん、今はとれないのでほとんど出ませんね」
「そういえばさっき高天原神社にこの先から行こうとしたのですが、山を越えて降りきったところのフェンスがロックされていてその先進めず困りました」

と聞くと、

「え、それは困りましたね。あそこは閉めてはいけないのですけどね。その道はこの地域の人たちがつけたのです」
「男の人がいましたが私たちがきたのをみてどこかへ行ってしまいました。出て来たら入ってもいいか聞こうと思ったのですけどね。なんとなく隠れられた感じです。いい道ができたと思ったのに残念でした」
「あの家は無人で管理をしている人がいるのですが・・。それは問題ですね。フェンスが閉められて通れないと困りますので、今夜寄り集まりがあるのでそのとき言っておきます」

ということでした。車道でない古道を歩けると思って楽しみだったのですけどね。


久しぶりの葛城古道でしたが、少し歩き足りない気もしますが、これまで行けてなかったお寺と神社にいけたのと久しぶりの山道で少しきつい運動ができたので良しとしましょう。
ともかくいい天気でよかったです。

また明日は雨くさいので嫌ですね。

小さな神社2017年02月01日 22時04分20秒

今朝も寒かったですね。
気温は-2℃でした。峠のトンネルを越えたときは-3℃でした。

日中は部屋の中にいるので暑いくらいですが、帰りの峠は6℃でした。
気温は上がるのですが風が吹くので体感温度はそれほど上がりません。

冬ですなー

今朝の電車はめちゃ眠たくて、少し寝てしまったらしく夢を見ました。
夢かうつつかの境目がわからないままに、天王寺に着いてしまいました。
天王寺までの到着駅のアナウンスの声が、夢の中に取り込まれてフィクションになっていました。

夢の中身は忘れてしまいましたが、何かに追いかけられたような気がします。
いびきで他の人に迷惑を掛けたのではないかと反省。

写真は先日行った高見山の麓にある八幡神社。

ここは伊勢街道で、ここから少しのところの登山口から高見山に登り、山をまくようにして伊勢に向かいます。
本居宣長も紀伊の国に赴任する時にはここを通ったはずです。

旅人は、なにわなどからずっと歩いてきてこのあたりで一息休憩をしたと思います。


橋は雪が氷になってよく滑りました。


いい雰囲気の石段があります。いかにも里山の神社という感じがします。


石段にはシカの足跡がたくさんありました。


本殿。


熊野坐大神もまつられています。


手水鉢の水もかちんかちんに凍っています。


伊勢に対する遙拝所でしょうか。


神社もこのくらいが何となくなじめます。
境内もきれいで地元の人たちがここを大事にしていることがよくわかりました。

今度高見山に登ったときにまた行きたいと思います。

雪そして粉河寺2017年01月15日 21時29分23秒

今朝は少し遅くに起きました。
昨夜降った雪は朝方にはやんでいましたが、気温が低かったせいで昨夜隣の子供たちが道に描いた絵が残っていました。

初雪ですものね。うれしいですね。

早速カメラを持ち出してカシャ!





夕方遅くに粉河寺に行きました。
特に目的はなかったのですが雪が残っていればめっけものという感じでいきました。

粉河寺は相変わらずどっしりと迎えてくれました。
妙なノボリバタがないので落ち着きます。

いいお寺ですね。

粉河寺

本堂床のふしの模様が面白くてカシャ!

粉河寺

粉河寺

丈六堂の中の仏様。

粉河寺

本堂から少し山を登ったところにある行者堂。
初めて行きました。

粉河寺行者堂

お寺の上には産土神社。
遅くまでピーヒャラドンドンと雅楽らしき音楽が流れていました。

産土神社

祭礼の縁起について書かれていますが難しい文章ですね。

産土神社

この神社にはクジャクが飼われていました。
ケージの前の写真にはメスも写っていたので宮司さんに聞くと、4,5年前に山中に逃げ込んでしまったそうで、それから2年ほどいたらしいのですが、最近は見えなくなったそうです。

産土神社

というわけで絵馬もクジャクが描かれていました。
宮司さんは親切にお正月の行事のことやお札の納め方など、いろいろ教えてくれました。

産土神社

粉河寺の前に小さな大神宮があり、そこには1100年もたつという大楠がありました。


大神宮



それはそうと今日テレビの番組でオバマ大統領の最後の演説を聞きましたが、アメリカではいろいろ言われていますが、私はオバマケアなどは素晴らしい実績だと思います。また中東から軍隊を撤退させたり地球警察としてのアメリカをやめるといったことは、本当の平和を願ってのことだったと、素人ながらに思います。

特にオバマケアは、5年10年と経ち制度のグレードが上がれば、アメリカ国民はオバマさんに感謝するのでしょう。

トランプさんのこれからの動きを注目していきたいですね。
ツイッターでいろいろ言っていますが、まだ彼の本音のところが私には、よくわかりません。世界の人がどうなるのだろうと、かたずをのんでいるのはよくわかります。

今全世界がすべての物事の結果を短期で求めすぎるような気がします。
それで余計軋轢が激しくなってきていろいろ問題が起こっています。

評論家の方は、世界もそして日本も大戦前の状況とよく似てきたといいますが、私もそんな気がします。

怖いですね。

石園座多久虫玉神社2017年01月10日 19時41分17秒

仕事で大和高田に行き、作業が終わった後近鉄の駅前にこの神社がありました。

石園座多久虫玉神社(いわぞのにいますたくむしたまじんじゃ)というにわかに読みがたい神社ですが、それがまた歴史を感じます。
通称 竜王宮として地元住民からは篤い信仰を集めているそうです。
神社の中に保育園がありました。

大神神社を龍の頭、当神社を龍の胴、葛城市の長尾神社を龍の尾とする伝説があるそうです。
建玉依比古命・建玉依比賣命が主祭神だそうです。

時間がなかったので、さっと見てそこを離れました。

石園座多久虫玉神社

石園座多久虫玉神社


石園座多久虫玉神社

石園座多久虫玉神社

石園座多久虫玉神社

久しぶりに早く電車に乗ったのに、山中渓で電車が動物をはね、阪和線がストップしてしまい、大幅に遅れました。

いつものことですが滅多にない時間に帰ろうとしたのに遅れると少しつらいものがあります。
ま、相手は動物だから仕方ないですね。
駅に降りると和歌山に向かう人たちが、運転開始を待っていました。

八角形の鐘があった・・天開山泰運寺2017年01月03日 21時13分08秒

志摩の非日常生活を楽しんで、ふるさと串本へ新しくできた自動車道路を南下しました。これまでは海沿いを走り景色もよかったのですが、新しい道はコンクリばかりで景色は期待できません。

しかし時間がめちゃくちゃ短縮されました。
この辺りがジレンマを感じるところですね。
景色がほしいけれど今や景色のいいところを走っていては時間がかかり、結局は山中をトンネルで貫きながら道が走るようになりました。

沿道の人と人のふれあいも希薄になります。
時代といえばそうでしょうが、何か割り切れなさもあります。


1日166号を走り志摩まで行きましたがその途中の松阪市飯高町波瀬にある天開山泰運寺に立ち寄りました。
道を走っていると看板を見つけたので寄り道をしました。

子授けの寺として有名らしいですね。
お寺までの道筋に、33体のかわいい観音像がありました。

これが33番目の観音様で、鐘楼の横にありました。

天開山泰運寺

境内には県指定重要文化財でもある法華経69,384文字が刻まれた八角梵鐘がありました。

八角形の鐘を見るのは初めてでした。
面白いですね。
どんな音がするのか突いてみたい気もありましたが、やめました。



八角形の鐘

八角形の鐘

天開山泰運寺

確かに八角形です。

天開山泰運寺

小さい文字が刻まれています。
法華経らしいです。ということは天台宗のお寺でしょうか。

天開山泰運寺

天開山泰運寺

天開山泰運寺

天開山泰運寺


天開山泰運寺

普通お寺の池は水が濁っていてそこが見えないところが多いのですが、この池は水が絶えず流れているため、楓の落ち葉がよく見えました。
大きな鯉がたくさん泳いでいました。

天開山泰運寺

花の寺としてもよく知られたいるらしいのですがシャクナゲのつぼみが春を待っていました。境内一面桜の木が植えられており、花が咲いたときにはさぞかしきれいだろうと思われます。

天開山泰運寺


今日は、海南湯浅道路が渋滞10kmと表示がでていたので、田辺で降りて国道を南部まで走り、424号線を経て、貴志川に帰りました。
30分ほど多くかかりましたが、高速の渋滞ののろのろより気楽に走れました。
古座海岸では掘っ立て小屋が燃えたのか、パトカーやら消防車がたくさん来ていました。
暖かかったのでバイクもたくさん走っていましたが、海南にはいってすぐの2mほどの高さのある土手から川に飛び込んだバイクがあり、パトカーが来ていました。
4台ほどでツーリングしていて、運転を誤ったのでしょうか。
人ごとではなく、私も気をつけなくてはね。