台風の前の曇りかな?2020年10月07日 20時07分18秒

少し空き時間があったので、最近こだわっている我が町を見ることにした。
今日は桃で有名な調月や安楽川を歩いた。
このあたりは水路があって、家、桃畑、水路という感じで続いているので水路で道が行き止まりの所が多く畑も柵をしているので、何度か引き返しながら歩いた。
やっぱり当てもなく歩くと新しい発見があるのでワクワクしながら歩く。

紀の川市桃山散歩

水路はジャコやウグイがたくさん泳いでいた。かなり大きいのもいたのでスピンナーを引くと釣れると思う。水路の上に祠があった。

紀の川市桃山散歩

桃畑のヒーロー。ニャンコがいた。岩合さんみたいに友達にはなれなかった。

紀の川市桃山散歩

これも桃畑のヒーローで、なんとなく現役っぽいが、なんとなく契約切れみたいな感じ。

紀の川市桃山散歩

これも現役っぽいがやはりさみしい雰囲気が漂う。タリバンの一斉射撃を受けた感じである。

紀の川市桃山散歩

この2台は完全に草むらのヒーローになっている。

紀の川市桃山散歩

さすが桃山の塀。桃があった。


ミカンも色づいてきている。

紀の川市桃山散歩

コスモスも綺麗。

紀の川市桃山散歩

柿も主張しているが手つかずでなんとなく捨て置かれている感じ。

紀の川市桃山散歩

結局この道も行き止まった。あちこちコスモスがよく咲いていた。


カメラを持ってあちこちうろうろしながら歩くのは楽しい。まして歩いたことのない道は飽きずに疲れも感じない。
家に帰って万歩計を見ると9952歩歩いていた。少し歩きすぎかな。
次は古墳のあるところか、名手本陣のあたりを歩きたいね。

あちこちのテレビ局でTさんのニュースが取り上げられているがなんとなくTさんはコロナにかかっていないんじゃないかと疑わしくなってきた。どうもおかしい。一連の動きが映画を見ている感じである。根っからのビジネスマン。

久しぶりにロッドを振ったが・・2020年09月18日 19時58分52秒

今日は雨という予報だったが朝からは薄日も差した。
依然として暑さは残った。

夕方久しぶりに、本当に久しぶりに貴志川にナマズを狙って釣りに行った。
釣れる当てはなかったが、すこしは暑さが和らいできたので、ちょっと振ってみようかなと思った。
家から歩いて行ったが釣り出して何ほどもしないうちに大雨が降ってきた。
急いで片付け、帰ってきた。
降るのを予想して、ジャケットを持って行っていたので助かった。
雨は家に着く頃には小降りになった。

普通の靴を履いていたので立ち込んでのルアーを打てなかったが、今日行ったところは子供達が小さい頃よく鯉やナマズを釣ったところだった。
しかし川の相は昔の面影はなかった。
水門を作ってから魚類が少なくなってしまった。

貴志川への降り口でいつものニャンコが二人の女性から餌をもらっていた。ひどくなついていた。

写真は久しぶりの草むらのヒーロー。
フェアレディZなので、レストア用に部品のほしい人もいるかもしれない。
かなり草に覆われつつある。

久しぶりの出勤・・コロナは・・2020年04月20日 21時50分25秒

久しぶりの出勤。
普段乗る電車は座れた。
昨日テレビで、仕事に向かうとき気をつけなければいけないのは帰りの電車だと言っていたが、確かにそうで、朝の乗客はものを言わない。
帰りは少し早く帰ったが、やはりざわつく。
以前ほどではないが、やはりサラリーマン同士の会話が多い。

それにしても次々と増えてくれコロナ患者。
きちんと防御しなければいけない。

手洗いを励行するには、ウィルスは何層もの脂質でできた保護膜に覆われたタンパク質分子で、それらが目、鼻または口の粘膜の細胞に付着すると、突然遺伝コードが変異して倍々方式で増え侵略してくるそうである。

本来ウィルスはとても壊れやすいのだが、脂質でできた何層もの膜に覆われていることが問題で、この脂質の保護膜を取り除く必要が出てくる。
脂質の保護膜を破壊することができる石けんや洗浄剤は有効な訳である。
だから手あらいが必要である。
破壊するためには石けんをたっぷり泡立てて20秒以上こする必要があるという。

さらに熱は脂質を溶かすので手を洗うときは温水の方がよい。
服やシーツは振ってはいけないらしい。
服などの表明に張り付いた状態では不活性なので時間がたてば分解するという。
しかしこれを振ったりハタキをかけたりすると最大3時間空気中にウィルスが浮遊し鼻などに付着してしまうという。
残存期間は、生地:3時間、銅と木:4時間、段ボール:24時間、金属:42時間、プラスチック:72時間ということで、こうして時間を知らされると少し怖いね。

写真は広場にうち捨てられた軽四三台。
まだ新しいが無残にうち捨てられている。
まだヒーローにもならないが・・




久しぶりに草むらのヒーロー2018年11月24日 23時05分09秒

草むらのヒーロー
久しぶりに草むらのヒーロー。
農免道路にあった。
車種は三菱と思うのだが、さて。

2025年の万博は大阪に決まった。
大阪ぐるみで応援していたのでまずはめでたしだが、問題がたくさんある。
まず交通アクセスで、今でも結構時間がかかる。
それと倉庫や集荷場が多いのでトラックヤードになっていること。
何となくまとまりに欠ける土地になっていることが少し気に掛かる。
それに宿泊のいいのがない。

とは言っても国際的な催事なので、失敗は許されない。
経済効果も桁違いになると思うので、これを機会に街の景観や、交通体系、そしておもてなしの方法などを2025年までに確立していってほしい。

今のままではまだどれもが中途半端。
博覧会を経験したものとして、今のままでは少し心許ない。

万博を引き金に、メインストリートの無電柱化や災害対策を兼ねた新しい街作りをしてほしい。

久々の久々のヒーロー2018年06月03日 21時16分34秒

昨日大台ヶ原から降りるとき、小処温泉に降りました。
曲がりくねった道をおり、上北山村の在所を抜けました。

川に沿った道を国道169号線に向けて走りましたが、途中の川縁にヒーローがありました。

マツダボンゴですね。

この車キャンピングカーのベースカーの走りで、いろいろ改造したものがありました。
今もこのタイプがあればいいなと思います。

最近はこうした独特の作りの車が少なくなりました。

草むらのヒーロー

これはどうしてトタン板で囲ったのでしょうかね。
また乗るつもりだったのでしょうか。
それとも用具入れにしようとしたのでしょうか。

草むらのヒーロー

後は朽ち果てるのを待つだけという気がします。

今日は大谷君は4タコで、少し打率も下がってきています。
この辺で一発、目の覚めるようなホームランを打ってほしいですね。
マークがだんだん厳しくなってこれからが正念場かなと思いますが、彼の頑張りに期待しましょう。
最近のテレビは大谷君の活躍を見るのだけが楽しみ、という人が多いですね。

紀州のドンファンの亡くなられたのですが、この結末は少し気になりますが。

韓国はどういうチョイスをするのでしょう2017年05月09日 12時30分21秒

韓国の大統領選挙が始まりました。
最終投票率が80%を超えそうだといわれていますが羨ましいですね。

どこかの国のように低投票率が定着していると、国民の声がよくわからないですね。

平和ボケして無関心となった人が多いのかな。
フランスが終わり韓国が終わって、さて世界はどうなるか、という感じですが残りは我が国の憲法改正論議ですね。

それはさておき、これからの熊野古道などのコンテンツにはできるだけ周辺の、それもお年寄りなどの声を入れ込んでいきたいと思っています。

地域の昔話などを織り込めたらいいなと思います。
各新聞の記事などもそういう記事が多くなりました。

やはり高齢社会においては地域の、それも里山の伝説やお年寄りが見聞きした記録などきちんと残しておかないと、日本が日本でなくなるような気がします。

中国富裕層やヨーロッパの歴史好きの人たちが高野山に登り、お坊さんの法話などを楽しみにしているということは、日本人はそれ以上に仏教や地域の歴史に関心を持っておかなくてはいけないのですけどね。

残念ながら私も外国の方が来ても、日本人として、じゃあどうなのか?、と聞かれてもにわかには答えられません。

外国の方は自分たちの歴史はスルドク把握し、「自分自身はこう考える、こう生きる」というのをキチンと語ってくれます。

写真は、先日行った最後の仇討現場から少し下ったところにあった草むらのヒーローです。

草むらのヒーロー

草むらのヒーロー


バイクのこと、そして久しぶりの草むらのヒーロー2017年03月21日 19時09分45秒

今日はずいぶん暖かくて、マフラーはしませんでした。
いよいよ春ですね。
3月も後半ですからね。

世の中世界中が大変ですね。

FBIがサスペンス映画もどきのやりとりをやっている国もあるし、ミサイルを今にも撃ち
込みそうな国もあるし、ごちゃごちゃと言った言わないでもめている国もあります。
ヨーロッパではテロが頻発してますものね。

気をそらされている間に法案をいろいろ通されてしまいます。

気をつけなくてはいけません。

コロッと明るい話題で、最近のバイクのスタイルが、KLE400のようなものが多くなってきたことがあります。

それも250CCの、ライトだけれどしっかりしているというのが出てきました。
ホンダやカワサキが出してきました。
売れ出すと他のメーカーも出してきて競争になり性能も上がってくるので楽しみです。
バイクもファッションと同じで、デザイン傾向など繰り返します。

私たちの年代は、アフリカツィン(これがよく売れているのでにたやつが出てきているのかも)は乗りたいけど重すぎる、けどデュアルパーパスのしっかりしたバイクに乗りたい、そんな人たちがターゲットにされている感じです。

野山を自由に走り回れるし車検も不要だし、時間のある熟年ライダーにはぴったりだと思います。
CB400SSに乗って感じるのは、軽いというのはこんなに気楽なものだったのかと言うことです。

250CCだともっと軽いので扱いやすいでしょうね。

写真は先日高野山で見つけた草むらのヒーローです。
かなり年季が入っているらしく原形をとどめていません。
スズキのキャリーかな。

草むらのヒーロー

草むらのヒーロー

明日は少し暖かくなってバイクで走れるかな。
楽しみです。

今夜の帰り、またまた以前と同じ側溝に車が突っ込んでいました。
同じ場所に何台も突っ込むと言うことは、構造的欠陥があると思います。
緩いカーブでそこから急にカーブが深くなるので左側の注意がおろそかになるのでしょうかね。
なんとかしてほしいですね。

落書き考2017年02月07日 12時44分27秒

毎朝通勤電車から見えるスズキアルト かな?
10年前と全く同じ場所にあります。

つい2、3年前は落書きがなかったのですが、改めて見るとかなりダイナミックに落書きがされています。

いっそ書くのなら楽しいデザインにしてほしいのですが、これは平凡ですね。

日本の落書きを見ていると少し寂しいものばかりです。
同じ描くなら外国のようにアートとして鑑賞に堪えうるものにしてほしい、といつも思います。 

シャッター通りのシャッターにもいろいろ書かれていますが、もっとキチンと落書いて、名物にしてほしいとですね。
いい落書きであれば、それをしのごうと皆頑張り、さらにいい景色になると思うのですけどね。

シャッターのラッカーを塗り替える必要もないし一石二鳥です。
今は周りの者もその落書きを一生懸命消そうと鼬ごっこになっていますが、むしろ自由に書かせるほうがいいと思います。

いい景色というのが結構個人差があって何とも言えませんが、今のレベルの落書きだったらおおかたが消されても仕方ないですけどね。

ベルギーの通勤電車も見事に落書きをされていましたが、消している感じもなかったです。
アメリカでは塀への落書きアートいっぱいの路地裏が有名になり観光客がたくさん見に来るらしいですね。

日本もなにか遊び心のある奇想天外な街づくりをしていってほしいな、といつも思います。

阪和線の沿線に落書きにストーリー性を持たせ、見ていても楽しい落書きがいっぱい書かれていたら退屈な通勤電車も楽しくなるのではないかな?

海辺のヒーロー2016年10月21日 12時29分27秒

アメリカ大統領選、いろいろあって他国のことながら注目しています。
しかし良いも悪いも国民の前で丁々発止するあのパワーとディベート能力には感心します。

議論の中身は今までのどの大統領選挙のものより小粒なものが多いですが、それぞれが考え方をきっちり言っているところがいいですね。

ひるがえって某国のやりとり、少し寂しいですね。

最近気になったのは、沖縄での「土人」という言葉が使われたことです。
沖縄では「土人」という言葉は差別用語なのですね

昔はよく使った言葉ですが最近はあまり使いませんでした。

私は当時、差別用語との認識はなく、土着民や先住民を「土人」といっていたように思います。
ある時期から「土人」をはじめ「チビクロサンボ」なども差別用語だといって使われなくなりました。

今ではほとんど死語になっていると思っていましたけど、出てくるのですね。

なぜあのシチュエーションで「土人」という言葉が出てきたのか理解に苦しみますが、双方がいいたいことを言い合って対立した結果でしょうね。

よくよく考えれば、差別用語だと区別していることが、根底に未開の島などに住む人は遅れているという固定観念があってそのことをいうといわゆる「土人」が傷つくということから差別用語だといっている感じがします。

「土人だからこんなことは優れている」という認識と、「土人のくせに」という認識では大きく違います。

祖父が南方で船乗りをしていた関係で、「土人の航海術はすごい」などとよく聞かされていたので、土人という言葉にはあるあこがれも持っていました。

言葉というのは難しいです。

写真は海岸で朽ち果てようとしている船のキャビンです。
海辺のヒーローです。

何となく伏し目がちに事態を受け止めている感じがしてカシャ!
1975年の写真です。

草むらのヒーロー2015年09月23日 21時55分40秒

もう連休も終わります。
あっという間でした。

20日に仕事に行ったので余計早く感じたのかもしれません。

草むらのヒーロー

通勤途上にあるヒーローです。
通い始めてからずっとここにこのままの姿であります。
さすがに草が生い茂ってかぶさってきています。

これから先どうなるのでしょうな。
後ろに写っているパチンコ屋も、巨大な草むらのヒーローとなりつつあります。

少し寂しい感じです。

草むらのヒーロー

カマキリ君がクロスオーバーのアンテナにとまっていたのでカメラを持ち出し撮ろうとしましたが、機嫌が悪くこのショット一枚を撮らせてくれただけで飛んで行ってしまいました。


今日は朝から、植えた覚えもないのに2階のベランダよりも背が高くなった、名前も知らない木を切り倒し、そのあと周りの葛も切りました。

ほんと「困る」という字は囲いの中に「木」がありますものね。

小さな木工用ののこぎりで切っていると、太さが直径20センチ以上もある木は、力ばかりがいってらちがあきませんのでドリルに20mmのホールソーをつけ、木のぐるりに穴をたくさんもんでから切り倒しました。

これだと力もいらず簡単に木を切ることができます。

次の仕事は根っこを掘り、まだ1mくらい残っている幹を倒す作業です。