だんだん寒くなってきた2020年10月16日 21時14分27秒

今朝は寒いくらいだった。
窓を開けると入ってくる風が冷たかった。

最近熊に襲われたというニュースが多くなった。
けがをしたり、家の食料をあさったり、人里も恐れずにやってくる。
オオカミがいればこういうことはないのだが。
せめて犬でも飼っていたら味方になるのだが最近は柴犬でも家の中で飼うおうちが多い。
山の餌がないと言うがそれだけだろうか。
最近は野良犬もいないし、いるのは野良猫だけである。
ユーチューブなどを見ると犬は小さくても熊を追い払う。
イノシシもそうである。

日本にオオカミがいなくなって100年くらいだが、熊とオオカミは何万年と言う戦いの歴史があり、特にオオカミは熊などの天敵だったので、DNAにはきっちり組み込まれているはずである。
犬は先祖はオオカミであるから熊としてはオオカミに襲われるのが怖いとDNAに組み込まれているので、犬にはやはり一目置くのかもしれない。


何という花か知らないが、葉もなく花だけが咲いた。




今年はゴーヤを作るのに失敗したが、これはカリフラワー。
無事たくさん収穫できるか、これからである。

いい天気が続く2020年10月02日 18時00分09秒

ここのところいい天気が続く。
いわゆる秋晴れ。

ウォーキングを少し長くやった。
レンズテストもかねて途中鳥でもと思ったが、鳥も昼食だったのか普段よく見る鳥ばかりだった。それもなかなか撮れるところまでいかなかった。

ならば昆虫をと思ったがいつもながらこれが手強くすぐ逃げていく。
なかなか難しい。

トランプ大統領夫婦がコロナにかかったというニュースがあった。
マスクもしないで遊説などをしていたので、早晩かかるだろうとは思っていたが、選挙戦のさなかなので少し気の毒。
トランプ氏は高齢なので重症化も懸念される。
得意の大規模集会開催が当面難しくなり、再選戦略は大きな打撃を受けるだろうね。
今月下旬にかけての候補者討論会が残り2回予定されているが、実現できるかどうか不透明になった。
これが選挙戦にどう影響を与えるか、どう展開するか注目していきたい。

アゲハチョウ





世界的な食糧不足になったとき、このトノサマバッタは真っ先に養殖されて食卓に上がるんじゃないかと思う。結構癖がなく旨いらしいが。




何の幼虫かしれないがこちらが撮ろうとしてざわざわすると20センチほど草の葉から葉へ飛んだ。幼虫が飛ぶのを初めて見た。あっという間だった。飛んだ後こうして体を丸めたまま動かなかった。



背中に苔の生えた緑亀くん。かなり大きかった。


彼岸花ももう終わりかな。白くなっているのが多くなった。


今日は中秋の名月2020年10月01日 21時15分23秒

今朝もいい天気だったが歩かなかった。
ただ道が濡れていたので少し降ったのかなと思う。
昼からも歩くつもりだったが歩かなかった。
昨日、一昨日と歩いていないので、何かで代わりをしなければいけない。

そういえば「デジタル庁」なんてのができたそうだが、何をデジタル化するのだろう。
おじさん方は何でもかんでもデジタル化すればいいと思っているのではなかろうか。
デジタル化そのものの意味がわかっているのだろうか。
これこそ縦割りをやめてデジタル化しなければいけない。
それをすることで国民が暮らしやすくなるように、じっくりといいシステムに仕上げていく必要がある。お隣の国は20年かかってまだ発展途上である。
政府のお仕着せのシステムで、各省庁が個々バラバラにデジタル化をしても意味はない。

デジタル化してシステム化への移行はおじさん方が考えている以上に難しい。
そんなことを思っていた矢先、東証のシステムがダウンした。
ま、デジタル化に世界中から後れをとっている我が国にとってはさもありなん。

今日は、西暦10月1日、旧暦では8月15日で中秋の名月だという。 
でも今月は天文学的には満月ではないという。天文学的な満月は明日らしい。
とりあえず行事として名月をカシャ!

花の写真はレンズテストをしたもので、レンズもカメラも違うがなんとか撮れた。







台風がそれていった。よかった2020年09月23日 16時29分03秒

台風が予報のコースより東に進んだために被害がなかった。
まずはよかった。
最近の台風は、雨が気になる。以前は風が気になったが、今は局地的大雨というのが怖い。

昨日の毎日新聞の社説で、「生物多様性の危機・・手遅れにならないうちに」と題して記事があった。
その中で『今年は国連が定めた「生物多様性の10年」の最終年に当たる。名古屋市で2010年に開かれた生物多様性条約の締約国会議で具体的なルールが採択された。開催地にちなんで「愛知目標」と呼ばれる』とあった。
国連が発表した報告書では、目標20項目のうち達成できたものはないそうである。
各地で水害やら山火事などで、生物が大量に死滅しただろう。

社説の中でも書かれていたが、農薬の過剰な使用は土地を劣化させ、受粉を助ける動物が減り影響が懸念されるとも書いている。
これについては私もブログでしばしば書いてきた。
地球は人間だけが生きているわけではなく、いろいろな生物がいてそれが微妙に作用しながら地球の命を支えているのである。

いろいろ考えるとやや手遅れ気味だが、自然をわずか40年ほど前の状態に戻せば復活する。
例えば田んぼに川から魚が入れるようにするだけでいろんな生物が復活する。
そのためには、国交省、環境省、経産省、文科省、農水省、財務省などがすべてに絡んでくる。場合によっては復興省も絡んでくる。
Sさんはそういう縦割りをなくすという所信表明をしたが、なにせ生物絶滅の研究をしていないので各省庁に皆さんでどれだけ関心を持っているだろうか。今は野山を駆け巡ったことのない世代が仕切っているので現実を知ろうともしないだろう。

毎日新聞の社説の締めくくりは「一層の努力を続ける必要がある」
さて。


ハナアブはせっせとアザミの蜜をすっていた。

スズメガ

スズメガも忙しく飛び回っていた。
下の三枚は40年前のレンズで撮った。
なんとか写っていた。


これはピーマンと思って買ったのが辛子だった。たくさんなった。



手前のピンクの花はサルスベリ、白いのはコデマリだが今頃咲くのかな。春だったように思うが。

本当に暑い日々が続く2020年08月20日 20時55分55秒

お盆が過ぎると涼しくなると言うのは、今年は当てはまらない。
ますます暑くなってきた。例年だと日が落ちると団地の上の池からの風が涼しいのだが今年は変わらない。
風の方向が微妙に違っているのかもしれない。
今までの夏でも朝起きたときにパジャマが濡れるくらい汗をかいているのはなかったが今年は毎朝である。
扇風機をかけてもそれだから結構暑いのだ。

お隣の国では水害がとどまるところを知らず、それに輪をかけるようにまた台風が来ている。
お友達の国は大統領選で忙しい。
コロナもどんどん人が増えているし収束が見えない。
ここに来てクラスター数が多くなっている感じがする。和歌山でもある。
インフルエンザにかかっても治ればおしまいだけど、コロナは後遺症があるという。どうなるのだろう。

そんな暗いニュースの氾濫の中で将棋の藤井さんが二冠達成と言うことで、どこまで伸びていくのか楽しみである。
スポーツの勝ち負けも面白いが、こうした知的ゲームの勝ち負けも面白い。
MLBで言えばオオタニサンの不振がすこし気にかかる。手術の後は本当に大丈夫なのだろうか。

写真は、古いレンズのテストをした。フィルムカメラの時代に買ったかなり古いものだけどなんとか写っていた。

今日は車庫を見るとカブちゃんだけがおとなしくしていた。なんとなくさみしそうに見えた。そういえば昨日は8月19日の語呂合わせで「バイクの日」だったらしい。
そんな日にCBちゃんがお嫁入りした。ドラマチックやね。

暑くてやりきれない。2020年07月30日 22時12分06秒

昔からレンズの味をいろいろと議論してきた。
やれライカのふわっとしたぼけ味がいい、とかオリンパスはシャープすぎる、とかいろいろ延々と議論してきたが、最近はとんとしなくなった。
カメラ雑誌ではいろいろ書かれているが、どうもピンとこない。
というよりそういう話をする友人もいなくなった。
あの世でいろいろ写真談義をしていると思う。
最近はスマホ写真が多くなり、動画でも写りがよくなったので、読者の投稿動画を番組の中で差し込んでも見劣りしなくなった。
ましてミラーレスの4K動画などはプロ用のビデオカメラをしのいでいる。

フィルムカメラを使っていたものにとって、なんか寂しい気になる。
デジタルになるとンズの性能が、シビアになり性能の善し悪しが写りに影響するようになった。
それとともに画素数も大きく影響するようになった。これについてはまた書きたい。

最近国の、日本の政治の脆弱さをつくづく感じている。
例えばコロナのPCR検査数が世界的に見て158番目らしい。これはバングラディシュの148位よりも下である。
国民は、コロナの流行が始まった時から早くPCR検査態勢を作ってほしいと言っているが、未だになぜ増えないかと議論して政府は増えない理由の言い訳に忙しい。
それと働き方改革をうたっているが、エコノミー症候群で亡くなった人の労災認定を国が認めないという不思議さを今日テレビでやっていた。
公務員はそれが認められるという。
働くことにおいてすべての人々がフラットでなくてはいけないのになぜ公務員だけががという割切れなさがある。

Aさんが民度が高いと言っていたが、民度を低くしているのが政府である。
国会の議論中に英語の勉強をしている議員さんもいるとか、それも自身の選挙区の被害について審議しているときだったとか。
最近はトンチンカン議員さんは意識的に出さないのかしれないが、もっと国民の立場に立った議員さんが出てほしいね。
いくら悪政を敷かれても選んだのは国民だから情けないのだが、今回のコロナ禍を機会に、もっと真剣に候補者を選び投票していかなければこの国は沈んだままになる。


七年ほどの地中生活から羽化して二週間ほど同じ空気を吸っていたが、命が潰えてしまった。毎年のことだがこういう姿はやはりさみしい。


今元気に飛び回っているのはトンボ君達である。


実は今日に持ち出しレンズは、結構古い18-250mmズームである。
結構シャープだがボケが汚い。マクロ単体レンズと比べるとやはり見劣りする。
しかしズーム比が高いので重宝する。

相変わらずの暑さ!!!2020年07月22日 21時13分47秒

今日22日、全国で新型コロナウイルスの感染が確認された人は、これまでに724人以上となり、全国の1日の感染者数としては過去最多を更新したという。
これは、緊急事態宣言が7都府県を対象に出されていた4月11日の720人を上回る数字である。
これはあくまで検査をした人の数字であって、実際にはこの10倍あるという。となると7240人以上である。大阪も感染者が増え出した。
これでもGOTOトラブルキャンセルはやるのだね。
週刊誌ではちょろちょろとNさんの話が出てくる。
下々の知らないところでいろいろありそうだ。
GOTOトラブルで患者が増えたら誰がどう責任を取るのだろうか。
「国民の皆様に説明責任を果たします」といって様々な事案に対し、納得のいく説明を未だかつてしてくれていない。
国民の誰もが危惧をし、対策を打ってほしいと言っていることでも、後回しでGOTOトラブル優先だった。
アメリカの二の舞をしそうな感じである。

最近ウンドー不足を感じるので朝から近くの行者堂に登った。
距離はそれほどないのだが登りと下りがあるので朝一番の歩きとしてはちょうどいい。
結構汗をかいた。
汗がすこし引いてからコーヒータイムにした。
スケッチブックを出してすこし絵を描いた。上手くかけなかったが。

行者堂

行者堂。コンクリなので貫禄がないがきれいに手入れされていた。
結構信者がいる。




いちおうドリップコーヒーを飲んだ。スーパーの一番安いのだが、セミ時雨の中でのコーヒーはおいしい。


今日は一本古いレンズのテストをした。
トキナー AT-X60-120f2.8ズームである。
f2.8と明るく、ちょうどいいズーム比で撮影会などに重宝した。もちろんマニュアルフォーカスである。もう45.6年前のレンズである。
それが今のデジカメで使えるか試した。


古いレンズなので細かいことをいえばきりがないが、なんとか写っていた。



こうして古いレンズが使えるとうれしい。難点はレンズがガラスなので大きさのわりには重いことである。これからもちょくちょく使っていこう。

今日は風が強かった。2020年05月07日 16時36分08秒

今日は風が強かった。
郵便局に用事があり、普段はバイクか車で行くところを歩いた。
結構遠いので時間がかかった。
普段は見ることのできない景色があり面白かった。

交差点に地蔵さんがあった。

貴志川町街角

バイパス工事の前は別の所にあったらしいが工事の都合で引っ越してきたようである。
次は地蔵寺。この町に引っ越してきてはじめて中に入った。
小さいがなかなかいい寺だった。

貴志川町街角

貴志川町街角

貴志川町街角

貴志川町街角

貴志川町街角

郵便局のATMを利用する人のために椅子を3脚ほど建物の外に並べていて、おばあさんが一人座って、前の人がお金を下ろしてくるのを待っていた。
事務所の中はビニールシートで覆われている以外は普段と変わりはなかった。
郵便局で用事を済ませちょっと遠回りをした。

近くに古墳があったのを思いだした。
丸山古墳である。
古墳はあった。木が生い茂り、藪になっていた。いわれないと古墳とはわからない。
しかしいろんなものが出てきたようで案内看板に、説明があった。

貴志川町街角

いい加減に案内板を更新してほしいね。

貴志川町街角

貴志川町街角

竹藪にしか見えない。

道は古墳を巻くように続いている。
まるた川に沿って歩いた。
ここは少し前までバスなども泳いでいたが、今は鯉だけが見えていた。
少し気になったがフナの群れがいないことで、いま時分は群れをなして泳いでいないとだめなのだが、全国的に少なくなっている感じである。

貴志川町街角

川は思った以上に長かった。

貴志川町街角

一昔前には家などなく田ばかりであったが、もう住宅地になってきている。
川は草が生い茂りなかなかいい環境のように見えた。
少なくとも川床をコンクリートで覆っていないところがいい。
大きな車道に出たが結構車が多く歩道が切れたり細かったりで危ないので脇道に入った。

貴志川町街角

しばらく歩くと神社に突き当たるが、ここは地域の氏神である。
ここまでの道も、一昔前はいい町並みであったが今は真新しいおしゃれな家が多くなっていた。
神社にあった自動販売機でジュースの小さいのを買った。

貴志川町街角

この神社がどういうものかはわからない。

貴志川町街角

神社の神木。

貴志川町街角

多羅乳女神社本殿。

貴志川町街角

護国神社もある。

結構暑かったが、風が強かったのでそれほど汗はかかなかった。
家に帰ると12000歩を超えて歩いていた。

久しぶりのクリニック2020年04月30日 21時04分25秒

今日も朝からいい天気。

毎日イソヒヨドリがさえずるが今朝はきちんと撮っておこうと、OM-Dにオリンパスの70-300mmズームを着けて撮った。
オリンパスはCCDが小さいので300mmだと倍の焦点距離になる。
600mmになるので大きく写る。
飛ぶところを撮りたかったが、撮れなかった。


普段もらっている薬が少なくなってきたので、クリニックに開いているか確認の電話をし、CC110でいった。
クリニックの窓口は透明ビニールで囲いをしていた。
仕方ない。
薬だけでも一応血圧などは看護師さんに計ってもらう。

「コロナで大変ですね」
「そうですね。気を遣います。124と76です。順調ですね」

帰りはいつものところでコーヒータイム。
電車が走ってきた。
ラッピングが面白い。
大池遊園でも撮ったがこれはあまりうまくいかなかった。



それにしてもPCR検査件数は依然として増えず、実数がわからないままである。
いわゆるはじめからの「専門家」はお抱えで信用できないが、まわりから早くたくさん検査しろと突き上げられてやや増えてきた感じである。

いずれにしろ全世界にガラパゴス状態をさらけ出している感じである。
環境対策と同じで、基礎研究では世界に冠たる国とは思えないていたらくである。
Aさんが、経済重視で突き進んできたつけがまわって来た。

ニュースで「前広」という言葉を、Aさんがよく言っているのを耳にしたが、意味がわからずネットで探した。
「時間の余裕を持って検討する」という意味で、いまではもう余裕などないのだけどね。

学校の9月始まりも「前広」でやるらしいがあれこれ検討している間に9月が来てしまう。子供たちがかわいそうである。

マスクを決めるのはめちゃくちゃ早かったけどね。

しかしそれも発注先が訳もわからないところで、とても国が発注するような会社ではないことから、またぞろうさんくさい噂が湧き上がってきている。
これでは国民がついて行くわけない。

いい天気が続く2020年04月29日 23時38分25秒

いそひよどり ニッコール200㎜f4
今朝もいい天気だった。
皮肉なもので休みが続きだしてから天気が良くなってきた。
風もなくなってきたが、釣りにはいかなかった。

コロナも若干少なくなってきている感じである。
しかしここで気を抜いてはもっときつい感染が大量に起こりそうな気がする。
気を付けよう。

コロナ禍で働き方や学校の始業時期の9月がクローズアップされてきた。
今まで何度も俎上に上がってきた課題だが、学級閉鎖を受けて一気に議論が湧き出してきた。
私は9月に変更したほうがいいと思う。
修学旅行の心配をしている人もいたが桜の季節の修学旅行も粋なものである。
諸外国は9月だから留学生の受け入れもしやすくなる。

これを機会に変えてほしいね。
会計年度も9月に変えたらいい。
ハンコもなくそうということが言われだしたし、コロナを機会に世界のガラパゴスから抜け出してほしい。

写真は、きれいな声でさえずっているイソヒヨドリ。
毎日朝早くからさえずっている。

今日は、ニッコール200㎜f4にニコンのテレプラスを着け400㎜にして撮った。
何とか写っていた。
400㎜でこれだけの大きさなのでかなり遠い。