京都先斗町の無電柱化2017年02月14日 17時49分16秒

今日も寒かったですね。
昨日と同じくらいでした。

この寒さが最後のヤマでしょうか。
でも天気予報を見るとまだ峠を越えてない感じです。
早く暖かくなってほしいです。

2月はじめの新聞に、京都先斗町の無電柱化が始まるとの記事がありました。
いいことですね。
いろいろ紆余曲折があったようですが実現してよかったです。

その記事には、道路の無電柱化が「パリ・香港は100%」、「東京23区7.5%」との見出しで、囲み記事がありました。

一番進んでいる東京23区が10%にも達していません。
大阪は5.5%、名古屋が5%と書かれていました。

情けないですね。
コストだけの問題ではないと思います。

景観だけではなく、今日会社にやってきたSFAなどのシステムを構築する会社と話をしましたが、会社のシステム化が日本の各会社が大きく遅れているということを言われました。

これは私も感じます。

国全体が今のIOTや交通システムなどのシステム化への取り組みがチンタラしている間に世界は大きく進んでいます。

会社へのAIの導入もアメリカは導入済み・導入計画ありを入れると16.5%にのぼり、日本は5.6%という別の日の記事にもありました。

日本がシステムのバックボーンを開発しているのに運用ではるかに遅れています。
ITで後れを取り、AIでも後れを取っています。
景観などについてはもはやどうしようもなく遅れてしまっているのが現状です。

トランプさんの言動や動向がいろいろ議論されていますが、施策の是非はともかく、即断即決している姿を見ていると羨ましく思います。

国会中継を見ていると無駄な議論で時間を費やしているなと感じます。
わざとそうやってうやむやにしたいという魂胆見え見えです。

そのために肝心かなめの取り決めや約束事がおろそかになり、問題が起こるとまた同じ議論をしなければなりません。

誰か「無電柱化をやれ」と号令をかけてほしいです。
小池都知事が言っていますが、実現させてほしいです。

無電柱化だけではなく、いろんな国民にプラスとなるようなことに対しスピーディに決め、国民の同意を得、実行に移してほしいと思います。

写真は大阪の街角です。
電柱が大きくのさばっています。

一気に秋に2016年10月06日 22時08分25秒

重要文化財
今朝は少し暑かったのですが帰りには22度でした。
もう本格的な秋になりつつあります。
山道をゆっくりと歩くのにいい季節ですね。

今日バイク屋に電話をすると10月10日に到着とのこと。
本当はこの連休前にほしかったのですが、運送の関係で10日になるとのこと。

早くほしいなと思いながら帰りの駅までの道を歩いていると、ビルの駐車場にCB400SSがとまっていました。

いいスタイルです。

車でいえば、KLE400はRAV4で、CB400SSはカローラのようなセダンタイプで、KLEは山道が、CBは古い街角が似合う感じです。

オークションやネット通販で、ナックルガード、スクリーン、リアキャリアを手に入れて本体が来るのを待っている状態です。

中古で13000km走っているのでどんな状態かわかりませんが、いろいろ手を入れる楽しみがあります。

KLEも車検が残っているしKLEのリアケースやUSB端子・スマホホルダーなどをCBに移し替える作業があり、当分は2台並べての作業を楽しまなくてはと思っています。

どんな乗り味でしょうかね。

楽しみです。

写真は1980年ころかな、東寺の弘法市でのスナップです。
売っているものはたぶんこのおばさんが作ったものだと思うのですが左にある根っこのようなものも商品ですね。

重要文化財の杭とおばあさんの対比が面白くて撮ったようです。
かなり古いのであまりはっきりした記憶はありません。

今年もノーベル賞受賞2016年10月03日 23時12分00秒

ノーベル医学生理学賞を、東京工業大の大隅良典栄誉教授が受賞されました。
快挙ですね。

授賞理由は「オートファジー(自食作用)の仕組みの発見」ということですが凡人にはとんとわかりません。

こうして世界に認められる研究をして、結果受賞するというのは国民にとってもうれしいことです。

IPS細胞と合わせていろんな治療の可能性が広がりますね。

最近、1973年のネガをスキャンしています。

その中にあった、1973年の京都の写真です。
どこを撮ったのか忘れましたが、多分この景色はもうないのではないかと思っています。

1973年京都

京都1973年

京都1973年

このおじさんあまりにも一生懸命竹を切っていたので、声をかけられなかったのを覚えています。
今ならチェンソーできるのでしょうが鋸で曳いています。
これだけ切っても、まだ向こうにたくさんの切っていない竹があります。

京都1973年

このローソクのお店は、西陣の近くだったように思いますが忘れました。
綺麗なローソクを作っていたのを覚えています。

確か、カブレないかとか、ローソクを作るコツなどをお聞きしたように思います。

もう40年以上前です。

京都1973年

このころの西陣をはじめあちこちの路地は京都らしい長屋があり、歩くのが楽しみでしたが、最近は近代的な駐車場付きのおうちが多くなりました。

天皇陛下が京都御所においでになれば、京都もそして関西も変わるのではないかと思っているのですけどね。
1200年以上京都におられたのですけどね。

石峰寺2016年05月16日 21時50分44秒

13日に伊藤若冲のお墓があるという石峰寺に行ってきました。
以前から行きたいお寺でしたが今回初めて行くことができました。

狭い路地をいくつか曲がった山の中腹に石峰寺はありました。

駐車場から入り社務所で参詣料を払っていこうとするとお寺の女性が、

「写真は撮らないでくださいね」

とのことでした。
ここまで来て写真が撮れないのはつらいですがやむをえません。

五百羅漢は伊藤若冲が下絵を描いて、十年以上にわたり作りこんだものなのですね。
そのどれもがユニークでユーモラスで存在感のあるものばかりでした。

写真がいけないのならスケッチを、と優しいお顔で足の裏をこちらに向けている石像をスケッチしました。
後ろが竹やぶで、蚊に刺されながら描きました。

境内に戻り先ほどの寺務所の女性と立ち話をしました。

「このお寺も線路のところまで境内でしたが、廃仏毀釈でここだけになってしまいました」
「羅漢さん趣がありますね。雪の日などいいでしょうね」
「ハイ結構雪がたくさん降るのでいいですよ」

ということでした。

赤い三門からいったん出てふと見ると看板があり、

「写真撮影とスケッチは禁止しております」

スケッチも駄目だったのです。
この三門から入れば目に入ったのですが、駐車場から入ったので気づかずでした。
せっかく描いたのだから貼り付けました(^^)

石峰寺さんすみません。

フォトジェニックな石仏がたくさんあったので写真を撮りたかったですね。




境内にはいろんな花が咲いていました。
廃仏毀釈前のこのお寺を見たかったです。

京都鉄道博物館2016年05月14日 23時54分48秒

鉄道博物館です。
リニューアルしてめちゃ面白くなった感じです。

展示もよく考えられていて大人も十分楽しめます。
時間がなくて走り走りでしたが、結構見ごたえを感じました。

懐かしのダックスフントのクロシオもありました。

鉄道博物館

鉄道博物館

寝台列車が食堂車に変身しており行列ができていました。


懐かしの環状線です。



鉄道博物館

鉄道博物館

鉄道博物館

古い駅舎を再現していますが、そのに置いてあったミゼット。
これに乗ってよく走りました。

鉄道博物館

鉄道博物館

ジオラマ。やってみたかった。

鉄道博物館

昼食は線路型の絵を描いているスパゲッティ。


クロシオをデザインしたビスケット。


リニューアル記念に切符をプレゼントしてもらいました。
ここはきっちり見ようと思えば丸一日かかるでしょうね。

スカイラウンジに行くと東寺が真正面に見えて、JR在来線と新幹線がその下を走っています。

ちょうど上り下りの関空特急「はるか」と新幹線がクロスしました。
すごいタイミングだったと思うのですが、こうしたクロスは日常的なのでしょうか。

鉄道博物館

鉄道博物館

鉄道博物館

ともかく、人で人で。
大人も子供も楽しめるいい施設ですね。
見残しがまだだいぶあるのでまた機会があれば行ってみたいです。

京都2016年05月13日 22時25分25秒

今日はお休みを頂いて、京都にやってきました。
京都国立博物館でやっている「禅」展のチケットを頂いたので見に来たのです。

ところがナビのセットを間違って京都市美術館に来てしまい、まず平安神宮を見学することになりました。

平安神宮は平日にもかかわらず大勢の人が来ていました。
外国人観光客のほうが多かったですね。
様々な国の言葉が飛び交っていました。

平安神宮

平安神宮

平安神宮

平安神宮

今日の持ち出しレンズは、ニコンで使っていたタムロン18-250mmでした。

平安神宮

ピントはマニュアルですが何とかあわせることが出来ました。
やはりデジタル用のレンズですので写りは問題なしですね。
ただしぶれたカットが結構ありました。
250mmはフルサイズに換算すると500mm。
手持ちでは苦しいところがありますね。

平安神宮

平安神宮

平安神宮

ここまでタムロン。
次からはいつも使っているパナソニックの12-32mmです。

平安神宮

そして京都国立博物館。
「禅」展は見応えがありました。
高野山が真言密教なので、禅宗に対しての流れはあまり知らなかったのですが、いろんな国宝や重要文化財の資料を目の当たりにして、改めて宗教のおもしろさを感じました。

ここも平日にもかかわらず満員で、土日はもっと混雑する事が予想され、平日に来てよかったと思いました。

京都国立博物館

京都国立博物館

京都国立博物館