ウミガメのことなど2019年09月28日 20時47分32秒

串本は土地も狭く田も少なく牧場もないため、海からの恵みで生きてきた。
鯨や亀は、貴重なタンパク源であった。
それがいつの頃からかウミガメの生息数が減り、絶滅危惧種の保護動物になってしまった。
鯨はいろいろとややこしい問題を抱えながら、漁をしている。
牛肉を食べるのには抵抗がないくせに、野生動物が殺され食卓に上がるとかわいそうだという人たちがいるが、どこかおかしい。

写真は1973年の我が串本でのウミガメの解体風景である。
私の子供の頃は時々こうした風景があった。
亀が上がると近所が集まって大きな鍋で亀の肉をゆで、皆でつついた。
味はすっぽん料理の匂いをきつくした感じだが、おいしい。
栄養たっぷりの感じがする。当時は醤油だけで食べた。

私が子供の頃の記憶からすると、年間捕獲した亀はせいぜい50頭くらいだったと思うが、それぐらい捕獲しても減ることは無い。
小笠原では現在も130頭程度捕獲が許可されているそうである。

私は亀が減った理由は、産卵場所を減らしてしまったためだと考える。
大事な砂浜や渚を不必要な埋め立てや護岸工事をして、彼らの産卵場所を狭めてしまったためである。

人間の経済活動が彼らを存続の危機に陥らせ、少なくなってきたから保護しようといっても、もう遅い。

ウミガメ

解体している所も昔は砂浜だった。

砂浜が昔のまま残っていたなら、何百匹いやもっとたくさんの亀が生まれたはずである。亀は生まれた浜に産卵しに戻るが、産もうした砂浜が、コンクリートで覆われていたら産卵場所が無くなる。この浜もすでにコンクリートで覆われている。
亀の産卵は不可能である。

ここが元の砂浜なら少なくとも10頭の産卵場所はある。
1頭200個ほど産卵するとして、2000頭がこの浜を巣立つ。
成体になるのはそのうちの一割にも満たないと言うが、10頭ほど戻れば以前の親亀も合わせ総数は増えても減りはしない。
この単純な計算を狂わせたのが、人間の経済活動であると言うことをわかってほしいのである。

写真はもっとたくさん撮ったのだが、少し刺激が強いシーンがあるので2枚にした。

彼らが産卵できる砂浜がもっとたくさんほしいが、かなり絶望的である。
それに加えて最近ではプラスチックの問題でも深刻な影響があるとニュースでよく出る。そのうち絶滅してしまうのでは無いかと心配している。

ウミガメ

串本の我が家・・今はもうない2019年09月25日 12時41分09秒

今日もさわやかな朝であったが、また電車が延着した。
環状線へあちこちの路線が乗り込んでいるので、ひとつの路線が遅れると全部が遅れる。
朝の気合いをそがれる。

まして今朝のように立ちっぱなしだとつらいものがある。
昨夜も大幅に遅れていた。案内の放送がまちまちで、乗っているものにはつらいものがある。

写真はスキャンしたものの中にあった、串本の我が家である。
塀のひび割れは地震の時のものらしい。

子供の頃はこの塀にボールを投げてよく遊んだ。
道のすぐ向こうは浜でイワシの丸干しなどをよく干していた。
今はこの場所に4階建てのアパートが建っている。




だいぶ涼しくなってきた2019年09月24日 13時20分11秒

朝晩だいぶ涼しくなってきた。
ヒガンバナもだいぶ出てきた。
来週ぐらいは写真に撮るのにいいだろう。

わがふるさと串本は潮風が強く、車もエンジンより先にボディがいかれて寿命も短かった。最近のクルマは防錆がしっかりしているのであまりひどい錆は出てこないが、当時は新車から錆びだす車もあった。

結果、こうしてスクラップが増える。最近のスクラップ工場の廃車は今にも走り出しそうなものばかりである。

私が当時乗っていたスバル360もホンダライフもボロボロだった。
パテをもって何とか修理していた。

写真は1973年のスクラップ工場で、ここは今はない。




釣りが盛んなところがよくわかる。



キリギリスみたいになっている。

やっと雨が降ってちょっと涼しくなった2019年09月13日 12時15分02秒

朝からショックなことがあった。
オオタニサンがひざの手術をし、今シーズンの出場は絶望だとか。
彼が出る試合はスマホで時々チェックしていたが、楽しみがなくなる。
早く治って万全の態勢で次のシーズンを迎えてほしい。

昨夜は涼しい風が吹いて夜も暑くなかった。
このまま暑くならないでほしいね。
お月さんがきれいだった。
そういえばお月見も近い。

写真はカラーが1975年、白黒が1979年のもので、白い大きな建物はNTTビルである。
この建物は災害時避難場所になっている。10mの津波が来るとこの建物でもやばいが、NTTの建物は必要以上に強度があるので大丈夫だと思う。
NTTビルの西側の道を隔てて私の家があった。

家の電話をつけるときこのビルから直接、
「おい、電話工事終わったか?」
と声が掛けられた。
それくらいの距離にあった。

漁港を守る各堤防の周りは、魚が豊富で、自宅に帰った折にはガシラやハタ類をよく釣りに行った。
外道でウツボがよくかかった。

今でも帰ればルアー釣りで竿を出すが、昔ほどは釣れない。
しかしボウズはないから、さすが串本である。

カラーの写真を撮った場所は、山の上にあった畑まで登る途中の道で、「コエタゴ」(人糞をいれたおけ)を天秤棒で担いで畑までかついでよく登った。
下手に担ぐと桶がゆれ中で人糞がはねて服に引っかかった。

カラー白黒ともに今では景色も変わり、同じ位置からは写真を撮れないのではないかと思う。

今ではレストランなどもできて、このいかにも漁港という感じは薄れてきている。

串本漁港1975年

串本漁港1979年

写真を見る限りでは、10m級の津波が来たらひとたまりもないことがよくわかる。
祖父は津波の時はこちら側の山ではなく、津波を背にして向こうの山に逃げよとよく言っていた。こちらの山に逃げようとすると、逃げている間に海から波が来るという。
正論である。

ちょっとは涼しくなるかな?2019年09月12日 12時16分22秒

北から涼しい気団が下りてきそうな感じで、少しは涼しくなるかな。
このまま涼しくなってほしいね。
千葉のほうの災害復旧は進んでいないということで、これは予想していた。
わかいころ私の前の会社では台風の毎に災害復旧をやったが、当時の上司は指示が的確でまだぺいぺいの私もいい勉強をさせてもらったが、東京のほうは大きな台風が来ないからそういうノウハウを持った人がいないので復旧がおくれるのじゃないかと思っていた。

それはあたった。

一日でも早く回復させないとこの暑さで、また事故が起こる。
頑張ってほしいね。

写真は1975年。大島巡行船の待合室?風景で、廃車のバスを使っていた。
当時はたくさんの乗客がありこの待合室は重宝されていた。

巡行船待合所

巡行船

巡行船待合所

巡行船待合所

巡行船待合所

巡行船待合所


何とものどかな風景である。
最近は巡行船もなく、人も少なくなって、この桟橋もさみしくなった。
大島までの道路もついてさらにさみしくなった感じである。
道がつくと生活が変わる。
へき地対策でいい道をつけると、町にひっこす人が増えて以前よりも僻地になったところもたくさんある。

これで高速道路が新宮まで伸びると、串本は素通りされさらに訪問客が少なくなるような気がする。

原発建設に反対した頃2019年08月23日 22時56分23秒

前の会社の組合でいろいろなデモやストを経験したが、この原発反対闘争は今でも意義があったと思う。
連日地域の人たちと反対運動をしたが、もし紀南に原発が出来ていたらと思うとぞっとする。

東南海地震では3分後に10mの津波が来ると言うが、もし原発が出来ていたらそれらは福島ぐらいの被害は覚悟しなくてはいけないだろう。

よくぞ断念させたと思う。

最近は日本ジオパークとして自然の成り立ちなどの、証拠の景観がクローズアップされている。
この貴重な自然のあふれるところに原発を建設しようという、その発想がおぞましい。
辺野古などどれだけ自然を壊せば気が済むのか、なぜそっとしておいてくれないのか。

オリンピック会場でもあるお台場の海は下水が流れ込むので大腸菌が基準の数倍以上あり、トライアスロンで泳いだ選手が何人も腹痛を訴えたという.
下水処理を別ルートにせず雨が降ればそのまま海に流すという中途半端な施設を作っているのでこうなる。
そんな下水道はだめだと当時反対したのは、確か、K党だけだったと記憶する。

大腸菌うじゃうじゃな海を作っておいて、誰も責任をとらないし改修計画もない。
フィルターでフェンスをしてその場しのぎのことをする。
真夏のオリンピックトライアスロン競技のスイムはどうするのだろう。

さみしいね。

写真は1978年6月原発反対闘争で盛り上がった日のもの。

最近その予定地近くにロケット打ち上げ基地が出来るという。
それの方がはるかに夢があり雇用も増えるのではなかろうか。

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

昨日はツンドラの氷が溶けていると書いたが今朝のBSニュースではアマゾンの山火事は大変なことになっているとか、アマゾンが砂漠になれば、もう人類は生きていけないだろう。
早くなんとかしないと地球上の生物が生きていけなくなってしまう。

この頃思うこと2019年07月22日 21時27分14秒

最近地震のことが気になりだした。

磯田さんの古文書の読み解きの本を見ていて余計そう思うようになってきた。
何かどこかで起こりそうな気がしてならない。
東南海地震も周期的に見て起こってもおかしくない。
我が家の近くの紀ノ川右岸には中央構造体の断層が走る。
ここもいつ揺ってもおかしくない。

磯田さんの本では自分の身は自分で守ろう、ということがいわれている。
まさにその通りで、いかに生き延びるか、どうすれば生き残れるかをシミュレーションしておかなければと思う。

先の九州地方の大雨の際も、警報を出したいが住民の逃げ場がないという自治体が多いことが問題にされていた。
地震の時は広域になるのでもっと大変だと思う。
最近の雨は50年に一度とか経験のしたことのない雨だとかが続いている。
具体的なガイドラインも出さずお金も少ししか出さず、すべてを自治体任せにしていないかどうか、もう一度防災について考えてほしいね。
高齢社会になってきて、素早く逃げられる人も減ってくるから、なおさら真剣に取り組んでほしい。
選挙の開票結果を見ながらそんなことを思っていた。

写真は白黒が1971年、カラーが1975年。

上浦海岸

潮岬

このミニ函館のような街に、専門家は3分で10mの津波が来るといっている。
実際に来ればひとたまりもないが、幸い沖の大島が天然の防波堤になっているので、
波もじわりとくる。
南海地震の際には我が家も津波に襲われたらしいが、波はじわっときて鴨居まで水没したようである。

串本の街



台風一過ではなかった2018年07月31日 22時19分03秒

先日台風一過と書きましたが、そうではなかったですね。
ループを描いてまだ停滞しています。
やっぱり気圧配置が異常なのでしょう。

今日営業マンが外から帰ってきてすぐに、

「駅前に温度計があって営業に行く前は38度だったのに帰りに見ると40度を超していた。それを見て余計暑く感じてやる気が失せてくる」

と汗を拭いていました。

ほんとにこの天気どうなっているのでしょうね。
粉河祭りも台風のために中止になりました。

観光地も堪えているのではないかと思います。
こんな天気が続いては人もあまり動かないでしょう。

写真は1977年串本花火の時の夜店、だったと思います。
最近の夜店に行っても露天を楽しむという雰囲気は、昔ほどでない感じがします。
せっかくのイベントなのにスマホでゲームなどをやっていますからね。

環境が悪くなれば、人間もどこかおかしくなってくるような気がします。

串本祭り夜店1977年

串本祭り夜店1977年

串本祭り夜店1977年

串本祭り夜店1977年

母校の京阪神同窓会2018年07月14日 21時37分37秒

今日は母校の京阪神同窓会があり行ってきました。
昭和20年くらいからの卒業生から平成30年卒業生まで100名ほどが参加しました。

学年が違い、クラスが違うとお互い年をとっているのでほとんど初対面という感じでした。

しかし記憶にある人やの名前や場所、そして高校の時のクラブのことなどを話し出すと、
「ああその人知っている」とか「あああそこね」「あの先生はね」
と、記憶がたぐり寄せられて、共通の話題が出てきます。

そして、普段使えない串本弁が気楽に使えるのも、よかったです。
串本から出てきて串本の方言が出てくるので苦労したそうです。
おなじです。

メインゲストが私より2年先輩で、船村徹に師事し、レコード大賞ももらったことのあるギタリストの斉藤功さんでした。

家が近いこともありよく遊んでもらったのですが、今は有名になって芸能界では知らない人がいないくらいのギタリストです。
演歌のテレビ番組などでも時々出演しています。

美空ひばりの復帰コンサートでも演奏しましたが、そのときはさすがに緊張したそうです。

アップもいくつか撮ったのですが有名人なので遠くからのものを。

帰りの電車は、北陸の大雨と阪和線の線路が暑さでやばいので、のろのろ運転となり、20分ほど遅れました。

天王寺の掲示板は北から南まで、ほとんどの路線で赤くワーニングがついていました。

それにしても暑かった。
このブログでもいつか書いたのですが、今年はメチャ暑になるのではないかという予想が当たってしまいました。

観測史上初の暑さなどにならないでほしいですね。

1975年串本町田原海岸2018年06月28日 12時33分10秒

1975年の串本町(当時は古座町)田原海岸。

当時魚釣りや写真を撮りによくいきました。

1975年串本町田原海岸

熊野の当時の一般的な家屋。

風呂は外にあって縁側があり、台風が来ると板戸を取り付けます。
ポンプ式の井戸がありました。

庭にはトウモロコシやなすびが植わっていました。

1975年串本町田原海岸

ローカル電車でも当時は5両をつないでいました。
それでもたくさん乗っていた気がします。
今は2両くらいでしょうかね。それでもガラガラです。

1975年串本町田原海岸

磯でアワビをとってきて体を洗っています。

1975年串本町田原海岸

明日の漁の準備。

1975年串本町田原海岸

当時の奥様はこのほっかぶりをしていました。

今でもこの田原荒船海岸は、自然が豊かでいかにも熊野の海という雰囲気が残っています。
ここに原発の建設計画があり、地域住民が猛反対をして建設を阻止しました。

私も当時反対集会に何度か出ました。

もし建設されていたら、専門家の予想通り津波が来るとひとたまりもなく、大きな被害が起きたかもしれません。

今となっては大正解。
この海岸は、いつまでもこのままで残しておきたい、スバラシイところです。