大台ヶ原2017年10月09日 22時47分55秒

3連休の最後の日。
ウンドーをしていないので体がなんとなくシャキッとしないので、手軽にいける大台ヶ原に登りました。

まずシオカラダニを目指しました。
いままでは日出が岳からいくのですが、今日は反対側から登り始めました。

このコースは最初が下りが続きこのシオカラダニからは延々と登りが続きます。

大台ヶ原

ともかく下り終わり昼ご飯。
ここでモンベルの浄水器でコーヒー用の水を確保。
そのまま飲んでも大丈夫だと思いますが、とりあえずウイルスまでカットするというこの浄水器でこしてコーヒーを沸かしました。

コーヒーはなんとなくおいしく感じました(^^)

大台ヶ原

25センチほどのイワナが獲物を待っていました。
大中小のサイズのイワナが入れ替わり立ち替わり、行ったり来たりしていました。
かなりの数のイワナが泳いでいました。

フライを流したら楽しい思いができるのではないかと思いますが・・・・

大台ヶ原

今日はたくさんのひと人が行き来していました。

大台ヶ原

大台ヶ原

食事が終わった頃からガスがかかりだし、近くの景色しか見えなくなりました。

大台ヶ原

牛石が原も霧の中。

大台ヶ原

神武天皇も霧の中。
手をかざしてもだめでしょう。

大台ヶ原

昨年ここに登りましたが紅葉は遅くてがっかりでしたが、今日はもう2,3日早い感じで、まだすべてが紅葉していませんでした。

これだけ暑い日が続くと紅葉はかなり遅れるのではないかと思います。

大台ヶ原

大台ヶ原

大台ヶ原

大台ヶ原

作業用のモノレールが作られていました。
これを観光用に走らせると面白いですね。
それほど自然を壊しませんものね。
エンジンではなく電動式にするとなおいいですね。

大台ヶ原

昆虫があまりいない大台ヶ原ですが、この木でなにやら毛むくじゃらな幼虫がうごめいていました。

大台ヶ原

大台ヶ原

戻ってきた駐車場も真っ白でした。
帰りの道もガスってフォグランプをつけて走りました。

ガスの中鹿に合わないかなと思いましたが、駐車場で鳴き声を聞いただけでした。

いよいよEVの時代かな2017年09月07日 22時24分39秒

日産がリーフをモデルチェンジしました。
前のはイマイチダサかったのですが、今度のは際だった個性的なスタイルではないですがまずまずのいいスタイルですね。

航続距離は400kmということでこれもまずまずですね。
後はいいバッテリができてくるのを待ちましょう。

イギリスではタクシーを電気自動車にするという宣言をしています。
ロードマップをはっきりと示していますね。

日本が欠けているところです。
まえのEVブームの時も政府の対応は各省庁まちまちで足並みがそろわず、結局尻切れトンボとなり、世界から取り残される結果となりました。

我々がEVを販売し、コンバートしたときにほしかったのは急速充電に加えて、安いコストでたくさん充電できる施設がほしかったのですがだめでした。

今度のリーフの登場で、EV化を加速させてほしいですね。

写真は黒滝の道の駅で売っていた地場産品のうちの、鮎の塩焼きと草餅です。


鮎のいい匂いが漂っていました。


観光地では純粋な草餅が少なくたくさん人の集まるところ着色料入のがありますが、ここはきちんとしたよもぎ餅でした。

添加物が多いと後味が悪いですものね。

アンも甘過ぎずいい味でおいしかったです。

今日も坊主2017年09月03日 22時37分24秒

今日は久しぶりに紀ノ川に出かけました。
先日オークションで手に入れたラッキークラフトとゲーリーヤマモトを試したかったのもありました。

なかなか釣れずいろいろやりました。
ゲーリーヤマモトにヒットしたのですが、最近バラしてばかりなので今日は確実にと早合わせをしましたが、よくよく考えるとワームなのでもう少し後らせばよかったのですが、少し早すぎて食い込まずバラしました。

その一回だけ。

最近は不調極まりないです。
ばらしてばかりだからたまに来ると知らないうちに、慌ててしまうのでしょうね。
野球で原因不明のスランプってよく言いますが、レベルは違いますが同じような感じですね。

いかんいかん。


先日の大雨で練習施設が流れてしまってから、このグラウンドが使われていません。
ピッチャーマウンドのところだけ草が生えているのが面白くてカシャ!


シンプル イズ ベスト 昼食。
おいしかったです(^^)


昨日登った大天井ヶ岳の奥駆けとの出会いに結界門があります。
「女人結界門」と書かれているはずが、「女」がありません。
何かの拍子で剥がれたのかと思ったら、これは故意にやられた感じでした。


この門のそばに立っている看板の、「女性」という言葉も削られていました。

なるほどね。


その横に立っている看板。


最近は、「差別」と「区別」と「選別」のけじめがわからない方が多くなりましたね。

学校でいじめが多いのも差別意識から来るように思えます。

小学校の徒競走で一緒にゴールするなどという馬鹿なことがまだ続いていると聞きます。やはり一生懸命走るためには順位をつけなければなりません。

そして男と女はやはり区別されるべきでしょうね。
でないと、電車でいえば、女性専用車両の存在価値がなくなります。

いろいろ議論がありますが、こうした女人禁制の山もあって面白いじゃありませんか。
スポーツでも男女別々ですものね。

テニスやバトミントン、卓球などは男女混合がありますが、レスリングや柔道・相撲が男女一緒くたになったら大騒ぎでしょうね。

大天井ヶ岳登山2017年09月02日 23時49分42秒

久しく大峰奥駆け道を歩いていなかったので、歩く時間の短いところということで大天井ヶ岳を選び登りました。

五番関トンネルの入り口に車を駐め、登りました。
駐車場横には東屋があり、ヤマハ セローが2台駐まっており、ご夫婦らしく2人が東屋でストーブで湯を沸かし昼食を用意していました。
いいなー。

登山のための用意をしていると、バイクが何台か走り去りました。
この道はトンネルを抜けて林道を走ると、吉野山まで続いています。

バイクの最高の林道ですね。

大天井ヶ岳

登りだし、山上が岳への結界に到着。
ちょうど修験者姿のイケメン若者が登ってきました。

「あなたがホラ貝を吹いていたのですか?」
「はい、そうです」
「いい音色でしたね。よく聞こえていました」
「ありがとうございます」
「一緒に写真を撮らせていただけませんか」
「はい、いいですよ」

というわけで、一緒に写真を撮らせていただきました。
若者はお祈りした後山上が岳の方に登っていきました。

大天井ヶ岳

大天井ヶ岳

かなりの登りをえっちらおっちら登りやっと頂上。
ガイドブックの地図には、1時間と書いていましたが、2時間かかりました。

大天井ヶ岳

大天井ヶ岳

大天井ヶ岳

帰りはガイドブックは40分と書いていましたが、やはり1時間20分かかり、倍の時間がかかりました。
コケないように慎重に歩くのでやむを得ないですね。

ガイドブックでは初級コースになっていましたが、感じとしては中級の登りに感じました。

昼が長いので、今日はヘッドランプのお世話にならずに降りることができました。
駐車場までの下りがガレ場なので明るいうちに帰れたのはラッキーでした。

今夜は時間がありませんのでこのへんで。

相変わらずの暑い日曜日2017年08月20日 22時18分03秒

朝から暑かったので、庭に水まきをし、玄関のシンビジウムにシャワーをかけると何やらうごめくものが。

ムカデでした。

それほど大きくはなかったですが立派な迫力がありました。

再びシャワーをかけると逃げていきました。
ゴキブリや害虫を食べてくれるので殺しませんでした。

ムカデ

あまり暑いので昼ご飯の後から高野山に走りました。
その目的は避暑もさることながら、先日導入した高野山観光協会のT3を見たかったのです。

T3は3台の内1台がレンタルされて出ていました。
3時間3000円。

感じとしてはもう少し安くてもいいかなと思いますが・・。


ライク T-3

ライク T-3

このT3,4人乗りです。
シートベルトをしています。
バイク乗り的には転倒したときには、シートベルトはない方がいいかもしれませんが、T3はまず転倒しないので、ぶつけたときの安全のためと割り切った方がいいかも。

ライク T-3

そして護摩壇山近くのパーキングエリア。
赤とんぼがたくさん飛んでいました。

ムギワラトンボもちらほら。




赤とんぼはその赤さが増してきています。
稲刈りの頃には真っ赤になって里山に降りてきます。


たくさんのバイクや車が走り去りました。
バイクのツーリングチームの一台に、ガソリンタンクに犬を乗せて走っているのがありました。
とっさのことに写真は撮れなかったのですが、わんちゃんもうれしそうに?きちんと座って乗っていました。


高野の山々。
優しい山稜が折り重なっています。
いいですね。
癒やされます。


そして夜。
打田で花火があったのでベランダでビールを飲みながら眺めました。
花火も年々打ち上げ数も花火のグレードも下がっています。

いつもなら最後に連発して終わるのですが、今年はけじめのない終わり方でした。
ま、仕方ないですね。

花火

花火

今年の高校野球は面白いですね。
投手戦があり、打撃戦があり、飽きさせないですね。
監督さんも指揮が難しい試合ばかりで、大変だと思います。

この炎天下で熱中症などにならないか気になりますが、彼らはそんなこといってられない感じです。
応援団も年々レベルが上がってます。

どこが勝ってもいいのですが、またメイクドラマをしてほしいです。

龍神岳登山2017年07月16日 22時34分05秒

朝から暑かったの涼しいところをと思い、昼前から護摩壇山に向かいました。

同じ思いの人が多かったのかたくさんのバイクや車が登っていました。

龍神岳に登ることにし、歩き始めました。

護摩壇山

ささゆりが迎えてくれました。

ささゆり

冬に登ったときはここは雪がたくさん積もっていました。
今日は緑がきれいでした。


東屋で休憩しましたが蝶々が一匹飛び回っていました。


そしてトンボも。
どちらも縄張りがあるのか、広いところで一匹ずつでした。


そして龍神岳頂上。


熊野の山々が遠望できました。
大峰の山々も見えましたが木の背丈が伸びて見えにくくなっていました。


ガマガエル君がのしのしと登山道を横切っていました。


なんか哲学的な表情をしています。


帰りのルートスカイライン南口の方に降りることにしました。
初めて歩きましたがなかなかいい道でした。
今度歩くときはこの道を使おうと思いました。


道の途中の開けたところで護摩山タワーが見えまし。。


降りたところにあったホタルブクロがきれいでした。


駐車場で出会ったダートランチームが休憩していました。
いろいろバイクの話をしました。

今夜は駐車場に泊まり、夜間走行を楽しむそうです。

いいなー。


スカイラインの帰り道でパトカーが止まっていました。
みると反対車線の路側にカフェレーサータイプの大型バイクがぐちゃぐちゃになって転がっていました。
ヘルメットも散っていました。

タイヤ痕が道をよぎっていました。
けがをしてなければいいのですが・・・

気をつけなければいけないなと思いながら、帰りの道を急ぎました。

大台ヶ原登山2017年07月02日 22時58分03秒

ウンドーフソク解消のために、11時頃から大台ヶ原に向かいました。

雨が心配だったのですが大丈夫でした。

大台ヶ原

新緑の時期は過ぎ、緑がかなり濃くなっていました。

大台ヶ原登山

大台ヶ原登山

大台ヶ原登山

正木峠を下りかけたとき鹿が目の前を横切り、こちらをチラミしながら笹を食べだしました。ワイドズームではアップにできないので、レンズを交換する間も逃げずに笹を食べ続けました。

大台ヶ原登山

熊野灘をバックにポーズをとってくれました。
これが晴れて青空だったらよかったのにと思いましたが、それは仕方ないですね。

大台ヶ原登山

大台ヶ原登山

家に帰ると東京都議選の開票結果をやっていました。

ほぼ予想通りの結果になりつつあります。
やはり都民はきちんとした判断しましたね。

結局小池さんの圧勝となりました。

この支持を大事にして、政治でもリーダーシップをとり、他府県の模範となるいい政治をしてほしいですね。

行者環岳でであった昆虫たち2017年06月05日 22時05分54秒

イギリスでまたテロがありました。
大変な時代です。
日本もうかうかしていると危ないですね。

気をつけなくてはいけません。

もっと統一感のある国になってほしいと思います。

写真は先日登った行者環岳でであった虫たちです。

行者還岳の虫たち

今何故この蝉の抜け殻が。
昨年のものにしてはきれいすぎるし、今年出たのであれば少し早すぎる感じがします。

行者還岳の虫たち

行者還岳の虫たち

やっぱりセンチコガネがいました。

行者還岳の虫たち

テントウムシもいました。

行者還岳の虫たち

蝶も時々見かけましたが、撮れませんでした。
これから夏に向け、虫もだんだん増えてくるでしょうね。

高野女人道続き2017年03月20日 20時53分51秒

昨日の続き。
坂を下りると小さな橋があって、再び登りになります。


道はさらにきつい登りになって上に続きます。

高野女人道

稜線に出ると遠くまで見渡せます。

高野女人道続き

赤松がたくさん。
その昔はきっとたくさんの松茸が採れたことでしょう。

高野女人道続き

さらに登ると遠くの山がかすんで見えます。

高野女人道続き

相の浦口に地蔵さんがあります。

高野女人道続き

案内表示を兼ねています。

高野女人道続き

道はまだ登りが続きます。

高野女人道続き

野猿かアンテナの基礎の跡が残る広場に来ます。

高野女人道続き

高野女人道続き

やっとついた頂上にはテレビのアンテナが立っています。

高野女人道続き

大滝口女人同跡には5時に到着。
ここで小辺路ルートとクロスします。
時間がないので、高野の町中に降りることにしました。

高野女人道続き

途中の道にはまだ雪が残っていました。
さすが高野山。

高野女人道続き

今日は暖かだったですね。
朝から以前から気になっていたバンパーのへこみを修理しました。
結構時間がかかりましたが、なんとかそれほ目立たなくすることができました。

バンパーを外し、へこみをたたき伸ばして、再び取り付けました。

作業をしていると近所の人が、

「素人の仕事にしてはいいんじゃないですか」

という感想でした。


高野女人道テクテク2017年03月19日 23時02分40秒

朝からいい天気でした。
バイクが汚れていたので石けんで洗ってあげました。
ピカピカになりました。
ワックスをと思いましたが時間がなくまた明日にでもやろうと思います。

昨夜出しておいたミカンに朝早くからヒヨドリがやってきました。
昨日のと同じ個体のようです。
別の鳥が来てほしいですね。


2時前に家を出、高野女人道を歩きにまた高野に登りました。
歩き始めは2時50分でした。
いつもながらかなり遅くなってしまいました。

高野女人道

お助け地蔵から登り始めました。

高野女人道

道は良く整備されて歩きやすかったですが結構急な登りがありました。
このプレート黑河道にもありました。

高野女人道

愛宕神社についたのは3時5分でした。

高野女人道

高野女人道

高野女人道

愛宕神社を過ぎた頃、行く道で近くの方らしいご婦人に会いました。

「女人道にいくのかい」
「はい」
「最近は鹿が多くなっているので気をつけてください。朝など国道までも出て来るよ」
「へー奈良公園みたいですね」
「おかげでこのあたりに草花が皆食われてしまいました」
「それは大変ですね」
「スカイラインへの道をつけたり、トンネルを掘ったりしてからこちらへ出てきた」

ということでした。広く新しい道やトンネルができて餌場までの道を中断されて、人家まで出てくるようになったのでしょうね。

高野女人道

坂の上りはじめのところに熊注意のかんばんがありました。
英語の注意書きがあるところが時代ですね。
でもこの看板は少しおかしいですね。
英語版には熊にあったときの対処方法を書いているのに、日本語では単に注意しなさいということだけしか書かれていません。
日本人もこのくらいの英語は理解しなさいと言うことでしょうけど・・・

高野女人道

有刺鉄線が張り巡らされていました。

高野女人道

この後ろくろ峠まで歩き、町に戻りました。
それについては次の日に。