文化財のことなど2017年04月24日 22時15分00秒

先日、ある大臣が「学芸員はがん」「一掃」発言がありましたが、文化財を観光資源として生かすにも学芸員の専門知識は絶対に必要不可欠ですね。

全国でもユニークな展示を考えたり相当レベルの知識をもった学芸員さんがいてテレビなどでも明快な受け答えをしています。

観光資源となる、貴重な文化財をほったらかしにしているのは誰なのでしょうね。
これは自然環境保護にもつながりますね。

どこかの県で、棟方志功の版画がコピーとすり替えられて訳がわからないそうですね。

文化財はもともと我が国の根幹を支えてきたものであり、大臣のように観光活用としてねじ曲げられた形で認識されてしまうと具合悪いですね。

観光資源としても重要なことは言うまでもありませんが、それが第一義になるとピントがくるってきそうな気がします。

もし大臣のいうように観光資源としての位置づけを明確にしたいのなら、もっと予算を出し、たくさんの人が納得するような資源化を目指さなければいけないと思います。

先進国の中でもかなり少ない予算しか使っていない日本、しょぼい施設では学芸員さんの気合が入らないと思います。

何か最近の政治全体があらゆる面でいびつになりつつあるのを感じずにはいられません。

お隣の国が物騒な気配になってきているし、気合を入れてこの国をどうしていくか考えてほしいです。

写真は湾岸警察署の建設現場の塀に描かれているものですが、パッと見リアルでびっくりしました。



CB400SSと熊野古道へ2017年04月02日 20時59分16秒

熊野古道のページを前面リニューアルしていますが、やはり書き漏れや歩き漏れがあり不十分なページが出てきました。

特に御坊周辺は道も自動車道路で面白くなかったため、雑な歩きになっていましたので、ちょっとチェックしたくて走りました。

ちょうど12時に出発しました。
バイクもETCをつけているので行きは高速を走りました。
結構流れに乗り、楽に走れました。

CB400SSツーリング

広川のPAで昼食のサラダを買いました。

CB400SSツーリング熊野古道

御坊へついたのは1時20分でした。
河川敷昼食をと思ったのですが風が強いのと河川敷がゴルフ場になっているのでやめました。

CB400SSツーリング熊野古道

橋の下の落書き。下手。

CB400SSツーリング熊野古道

今日行きたかった岩内古墳で食べることにしました。
この古墳有馬王子のお墓と言われています。

CB400SSツーリング熊野古道

CB400SSツーリング熊野古道

昼食。

CB400SSツーリング熊野古道

CB400SSツーリング熊野古道

CB400SSツーリング熊野古道

塩屋王子。
ここにバイクを止めて岩内王子まで歩いて往復しました。

1時間ほど歩きましたがバイパスができて道そのものが分断されたり、案内板がなくなったりでわからなくなっていました。

CB400SSツーリング熊野古道

岩内王子。

CB400SSツーリング熊野古道

内の畑王子。

CB400SSツーリング熊野古道

新熊野神社。

CB400SSツーリング熊野古道

長い階段を上るとかわいい祠があります。

CB400SSツーリング熊野古道

CB400SSツーリング熊野古道

馬留王子。

CB400SSツーリング熊野古道

レンガ作りの、味のある鹿が瀬トンネルを見たかったのですが、バリケードが張られいけませんでした。
新しい道がいつの間にかついていて、御坊から広川まであっという間にいくことができるようになっていました。

CB400SSツーリング熊野古道

もう一つ確認したかった丹賀不動明王ですが、役行者あり西国33ヵ所あり四国88カ所ありその他いろいろありの神社でした。

帰りは国道や県道を走り家に着いたのは7時20分でした。
距離は130km走っていました。

確認したかった王子はほぼいくことができました。

よかったのは、前のKLE400のように腰が痛くならなかったことです。
シートの堅いのがいいのでしょうか。

ともかく久しぶりの少し長い距離、うれしかったですね。

岩内王子の手前で、元同僚に偶然会いました。
15年ぶりでしょうかね。聞けば今大学へ通っているとのこと。
いいですね。

私も何か頑張らねばと思いました。

今日撮った写真を織り込んでページに反映させて行きたいと思います。

ページのリニューアルも結構進んで、今、中辺路まで来ました。


そうそう帰りの金屋から海南に抜ける道で狸が足を引きずりながら歩いていたので写真に撮ろうとしましたが、逃げられてしまいました。

車にはねられたのかもしれません。

高野女人道続き2017年03月20日 20時53分51秒

昨日の続き。
坂を下りると小さな橋があって、再び登りになります。


道はさらにきつい登りになって上に続きます。

高野女人道

稜線に出ると遠くまで見渡せます。

高野女人道続き

赤松がたくさん。
その昔はきっとたくさんの松茸が採れたことでしょう。

高野女人道続き

さらに登ると遠くの山がかすんで見えます。

高野女人道続き

相の浦口に地蔵さんがあります。

高野女人道続き

案内表示を兼ねています。

高野女人道続き

道はまだ登りが続きます。

高野女人道続き

野猿かアンテナの基礎の跡が残る広場に来ます。

高野女人道続き

高野女人道続き

やっとついた頂上にはテレビのアンテナが立っています。

高野女人道続き

大滝口女人同跡には5時に到着。
ここで小辺路ルートとクロスします。
時間がないので、高野の町中に降りることにしました。

高野女人道続き

途中の道にはまだ雪が残っていました。
さすが高野山。

高野女人道続き

今日は暖かだったですね。
朝から以前から気になっていたバンパーのへこみを修理しました。
結構時間がかかりましたが、なんとかそれほ目立たなくすることができました。

バンパーを外し、へこみをたたき伸ばして、再び取り付けました。

作業をしていると近所の人が、

「素人の仕事にしてはいいんじゃないですか」

という感想でした。


適塾2017年03月07日 19時24分51秒

今朝は気温は割と高かったですが風が吹いて体感温度は真
冬並みでした。

昼からN新聞のセミナーにいてきましたが、道筋に袴姿の女性がたくさん歩いていました。どこかの学校の卒業式があったみたいです。
もうそんな時期なのですね。

会場に行く途中で外人さんのご夫婦が、

「Where ********* HOTEL」

と声をかけてきました。
始めと終わりの言葉で、ホテルを探しているのがなんとなくわかりました。
ホテルの名前を教えてもらって、yahooの地図をスマホで出しました。
すぐ近くだったので、

「アバウト 3ミニッツ」

というと喜んで、一緒に探して歩きました。
私のyahoo地図はうまくナビをしなかったので、間違った方向に行ってしまいました。
ふと見ると女性の方がスマホを出してどうやら探し当てたらしく、これは私のナビよりわかると判断したのか、

「*********サンキュー」

ということで大きなスーツケースを引きながら、そのホテルの方に向かいました。
ホテルの場所を知っていればもっとかっこよかったのにと、少し残念でした。

講演の間に鼻が悪くなり、ズズーという感じでたれてきました。風邪か花粉症かわかりませんが、なんとなく頭も重く憂鬱な気分で講演を聴きました。

めちゃ寒い中を鼻をすすりながら歩いて会社に帰りましたが、事務所でもちり紙が離せませんでした。
他の人もズルズルとしているのかゴミ箱もティッシュペーパーがいっぱいでした。

「僕もシティボーイになってしまったのかな」

というと、笑われました。

写真は、適塾近くにあったアルミ像です。適塾生などを表しているようです。
今日初めて見ました。








世界遺産 高野街道 三谷坂(2)2017年02月20日 12時30分38秒

昨日の続き。
とにかく坂は登りばかり。
最近山に登っていないので、足が少し身がいりかけていました。

天気がいいので川を隔てて向こうのかつらぎ山系がよく見えました。


涙石には1時到着。
説明板を見るとこの石からの湧水は枯れたことがないということでしたが、今は流れていません。
枯れてしまっています。

山を見てその理由がわかりました。
杉林にしたためですね。
これが落葉広葉樹林であればかれることはなかったと思います。

杉を伐採したら次は落葉広葉樹を植えてほしいです。
そうすればここの水は復活すると思います。

世界遺産 高野街道 三谷坂

世界遺産 高野街道 三谷坂

杉林のはじめは結構明るいですが、進むにつれて暗くなります。

世界遺産 高野街道 三谷坂

誰かが掛けた遍路道の札。

世界遺産 高野街道 三谷坂

昼食は調理の難しい?、アルファ米のエビピラフ。

おいしかったですが、調味料を入れるのが遅くて途中でふたを開けたりしたので本来の食感と味でなかったかもしれません。

この日はこの四角のコッヘルの使い初めでした。
このコッヘルだとガスバーナーとボンベ、脚などがこのコッヘルの中に収容できるので、かさばらなくなりました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

道はますます暗くなります。

世界遺産 高野街道 三谷坂

この辺にも住宅があったような感じの石積みが続いていました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

道はいいけれど、下りが全くなく普段登っている山以上にきつく感じました。

この後はまた明日。

世界遺産 三谷坂2017年02月19日 22時54分43秒

今日は朝からピーカンでした。
昨年世界遺産に追加登録された三谷坂を歩くことにしました。

出発は11時15分でした。

世界遺産 高野街道 三谷坂

もう梅がよく咲いていました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

歩き始めにまず宮滝の滝の音が聞こえます。
滝壺にいきたかったのですが、危険で降りるなという看板がありパスしました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

コンクリで簡易舗装された道が上りばかりで続きます。

世界遺産 高野街道 三谷坂

途中の畑にあった木のこぶ。
はじめは蜂の巣かなと思いました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

ウルグアイラウンドの道路整備が行われています。
かなり以前から工事が行われていますがなかなか完成しません。

世界遺産 高野街道 三谷坂

世界遺産 高野街道 三谷坂

工事中の道が見えてきました。

世界遺産 高野街道 三谷坂

ピーカンの空を切り裂くように飛行機雲。

世界遺産 高野街道 三谷坂

道を掘り下げています。

世界遺産 高野街道 三谷坂



世界遺産 高野街道 三谷坂

世界遺産 高野街道 三谷坂

経文岩には12時半につきました。

坂は上りばかりのままさらに上に続きますが、この後はまた明日。

コンサートの後、鳥がたくさん2017年02月12日 22時42分33秒

今日は大阪のいずみホールでコンサートがあり、聴きに行きました。千里フィルハーモニア定期演奏会でした。
指揮は澤和樹さんでした。
なかなかいい演奏でした。

曲目は、
ベルディの「運命の力」、チャイコフスキーの「眠れる森の美女」、ベートーベン「英雄」でした。
ホールにはパイプオルガンがあり音響もよかったです。



ホールを出てから大阪城に行きました。

ヒヨドリ

ヒヨドリの雌かな?
人慣れしているのか近くによっても逃げませんでした。


ジョウビタキ

ジョウビタキです。

スズメ

スズメが椅子に座っていた老夫婦が撒いたお菓子をついばんでいました。


猛禽類のマニアがたくさん集まっていました。
少し前まで飛ばせていたそうで、このときは並べて楽しんでいました。
このかわいい鳥は、初めて見ましたが、アメリカジョウゲンボウというそうです。


ハヤブサです。


ハリスホークという鷹です。和名ではモモアカノスリというらしいですが、ハリスホークというほうが格好いいですね。


ハヤブサと飼い主。このあとハヤブサはアイマスクをされました。


大阪城が夕日に輝いていました。



梅が咲いていました。

大阪城はたくさんの人が来ていましたが、ほとんどが外国の方で、周りの言葉が聞き取れないので、異国に来た感じでした。

外国から来た人にとって、日本の城の繊細で端正なところがいいのではないかと思います。

その辺のことはまた別に日に。

いろいろ2017年02月08日 21時57分45秒

今日のニュースで自衛隊の日報が公表されましたが、なんとなくおかしいなぁ、と感じているのは私だけではないと思います。
事実として殺生行為があったのに「戦闘」ではなく憲法上都合が悪いので「武力衝突」という表現にしたといいますが、それで通るのですね。

ま、今に始まったことではありませんが、国会答弁を見ながら、政府は一般市民を助けてくれないなという気がします。

やっぱり自分のことは自分で守らないといけないですね。
今や頼りにできるのは皆が貯めているお金ですが、それすらどんどん目減りしています。どう自分を守ればいいかわからないですね。

写真は先日行った葛城古道の八幡神社です。
小ぶりながら社殿もしっかりしていてきれいな神社でした。

少し急な階段がありました。

伏見 八幡神社

杖がありました。

伏見 八幡神社

伏見 八幡神社

伏見 八幡神社

武者絵の絵馬です。かなり古いので、何の絵かわかりません。

伏見 八幡神社

このショット、カシオのアウトドアカメラです。
35mm換算21mm。結構広角なので、神社がほぼ全景入っています。

伏見 八幡神社

お百度ならぬ御千度石。

伏見 八幡神社

白蛇が守っていました。

伏見 八幡神社


ワープロソフト2017年02月05日 20時40分01秒

今日は新しいワープロソフトをインストールしました。
一太郎2017です。

これまで一太郎2004を使っていましたが、いい加減に新しくしようと先日購入していたものです。

WindowsについているIMEは変換がいまだに悪いためMSDOSの時代から、一太郎ATOKを使ってきました。
実に13年ぶりのバージョンアップです。
一太郎そのものは毎年バージョンアップしていましたが、買わずに使い続けていました。

今回のATOK2017はびっくりするくらいにサクサク変換するようになりました。

ただし、一太郎の文書作成画面はコマンドが複雑化して使いづらくなっています。
これは一太郎だけではなくマイクロソフトのオフィス2017のワードなども同じです。
時代でしょうね。

こんなこともできるこんなこともできる、と機能ばかりが増えている感じがします。

なるほど使いこなせばいいのでしょうが、普段の作業ではシンプルな方がいいですね。

ともかく新しいコマンドを勉強して使いこなしたいですね。

このブログの文章はATOK2017でたたいていますが、なるほどすごい変換効率でサクサク書いてくれます。少々のミスタッチは許してくれて正しい文字に変わっています。

写真は昨日行った葛城古道歩きの際にあった菩提寺の続きです。

菩提寺

三門の仁王様。
結構太い金網が張られていたのでワイドレンズでは金網に押しつけても写ってしまいました。ニコンだったら写らないですけどね。

顔だけならマクロ50mmで金網を消せますが・・・

菩提寺

菩提寺

きれいな観音様がいました。

菩提寺

菩提寺

右の石像は役行者のようです。

菩提寺

金剛山が背後に見えます。ここからも金剛山に登れます。

菩提寺

ここ葛城古道周辺のおうちは立派ですね。
いかにも旧家という感じのおうちばかりです。
歴史の深さを感じます。

かつらぎ古道テクテク2017年02月04日 21時03分38秒

最近会社が遠くなった代わりに歩く距離が短くなりました。
前の北浜の事務所の時は必ず5000歩以上歩いていましたが、今の事務所になって、測ってはいませんが3000歩くらいに減ってしまっています。
そのせいかどうか、やっと70kg台に減っていた体重が71kg台に逆戻りしてしまいました。

これではいけないと、テクテクをすることにしました。
先週は高見山の樹氷見学登山ができなかったので、今週は葛城古道を歩くことにしました。

何年ぶりかのテクテクですが、まだ行ったことのない菩提寺と八幡神社のほうに歩きました。

葛城古道

歩いていくと、寒い寒いといいつつも、道筋の草花などで春は確実にやってきているのを感じました。

葛城古道

この地蔵さんはいままで「あ、あるな」という感じできちんと見ていませんでした。
今日は間近にお参りしました。

葛城古道

少し高台になったところから、大峰山系でしょうか、冠雪してきれいに見えていました。
偏光レンズがあればもっとクリッと撮れていたと思います。

葛城古道

歩いていく道端で目に付いた草花や木の実です。

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

葛城古道

古道の分岐を菩提寺のほうに向かいました。

葛城古道

途中桜を眺めるポイントの看板がありました。


菩提寺の三門の壁にその桜の写真が貼ってありました。
綺麗ですね。


三門。

菩提寺

こちらに仏さまが安置されていました。
このお寺については別の日に書きたいと思います。

菩提寺

菩提寺を出ていったん戻り高天彦神社への道がフェンスで囲われてあり、そこは歩いたことがなかったので、ロックを外しその道を歩きだしました。

葛城古道

道は最近作られたらしく真新しい階段やグレーチングで橋も作られていました。
水仙の花も道端に何本も植えられており、ここをかつらぎ古道の一つのルートにしようという感じでした。

葛城古道

はじめの降りと登りが少しきついだけで、尾根道に入ると広くないですが歩きやすい道が続きます。

葛城古道

30分ほど歩いたところに真新しい東屋があり、その手前にもイノシシ除けのフェンスがありました。

葛城古道

東屋で少し休憩し大きな農家らしい建物を眼下に見ながら降りました。

葛城古道

降りきったところにまたフェンスがありましたが、今度のフェンスは針金でくくられて開けられず、「通行禁止」の札が掛けられていました。
ここまで来てそれはないぞと、こじ開けて進もうかなと思いましたが大人げないのでやめ、もと来た道を引き返しました。

葛城古道

夕ぐれの陽が長い影を作っていました。

葛城古道

エナガが群れてさえずっていましたが、動きが素早いのと小さいので、写真に撮りにくい鳥です。

葛城古道

八幡神社。
小ぶりですがいい神社でした。この神社についても日を改めて書きたいと思います。

八幡神社

神社の下に産直のお店がありました。
ちょうどご主人らしき男性が出てきたので、

「いまはどんなものを販売しているのですか?」
「うーーん、今はとれないのでほとんど出ませんね」
「そういえばさっき高天原神社にこの先から行こうとしたのですが、山を越えて降りきったところのフェンスがロックされていてその先進めず困りました」

と聞くと、

「え、それは困りましたね。あそこは閉めてはいけないのですけどね。その道はこの地域の人たちがつけたのです」
「男の人がいましたが私たちがきたのをみてどこかへ行ってしまいました。出て来たら入ってもいいか聞こうと思ったのですけどね。なんとなく隠れられた感じです。いい道ができたと思ったのに残念でした」
「あの家は無人で管理をしている人がいるのですが・・。それは問題ですね。フェンスが閉められて通れないと困りますので、今夜寄り集まりがあるのでそのとき言っておきます」

ということでした。車道でない古道を歩けると思って楽しみだったのですけどね。


久しぶりの葛城古道でしたが、少し歩き足りない気もしますが、これまで行けてなかったお寺と神社にいけたのと久しぶりの山道で少しきつい運動ができたので良しとしましょう。
ともかくいい天気でよかったです。

また明日は雨くさいので嫌ですね。