行きあたりバッテリー・・シェルパ斉藤さん2019年01月11日 22時36分28秒

今朝は少し暖かだった。
空は雲が厚かった。
まだ体調は十分でない。朝早くに目が覚めたが二度寝してしまい、時間が押してきて慌てた。

昨日は雑誌ビーパルの発売日だったので買った。
今月もT3の走行記がのっている。
面白い。
今回のルートは走行距離も長いので電気が少なくなったことを示す赤いランプが点いたことも書いていた。

T3ができて乗り始めた頃、初期トラブルでよく止まった。
「EVに乗る時は、気合いと度胸やね」
とよく冗談を言い合った。
それほどよく止まったのである。

一番冷や汗をかいたのは、京都を走っているとき突然動かなくなり、足でけって移動していると、観光客が、
「この車ガイアの夜明けにでていた」
と指さされたときである。
その前週に私も含め、光岡の開発スタッフで、ガイアの夜明けのテレビ番組を撮ってそれが放映されたあとだった。

いまのT3は安定している、とはいってもバッテリは生もので、時々機嫌を悪くし、いうことをきかないときがある。
そういう不安を避けるべくメーカーは必死で次世代の自動車用バッテリを開発している。かなり目処が立ちつつあるので楽しみである。

シェルパ斉藤さんの「行き当たりバッテリ」は素晴らしいタイトルである。

今夜はかなり暖かだった。
その割には月や星がきれいだった。

釣り初め、走り初め2019年01月03日 21時08分07秒

今日は思ったより天気がよかったので昼過ぎてから川に出かけた。
本当は釣り初めにガシラかメバルがほしかったのだけど時間がないので、紀ノ川にした。
紀ノ川は綺麗にすんでいて、底まで見えていた。
鯉が時々前を泳ぎ去って行くが、バスらしい魚影は見えなかった。
釣れそうにないのでコーヒーを沸かしながらスケッチをした。
これも書き初めか?

木々の葉がないのでバードウォッチングにはいい季節なのだが、鳥も少なかった。
カワセミが目の前を横切ったが、とても写真には撮れない早さで通り過ぎていった。

紀ノ川バス釣り

紀ノ川バス釣り


岸辺にカラスガイの大きな殻が、いくつか転がっていた。
中身はなかった。
以前紀ノ川下流でこの貝をつり上げたことがある。
釣り上げたと言うよりはワームがこの貝の上に落ち、ビックリして口を閉めたのでフックを挟んだまま上がってきた。

そのとき食べてみたが肉が硬く、味もゴムをかんでいる感じだった。
これはかなり大きい。
なぜいくつかこうして死んでしまったのだろう。気になる。

紀ノ川バス釣り

いつもの橋の上。今日は昨日充電したので一発でかかった。
走り初め。また一年付き合ってもらおう。

CB400SS

CB400SS

娘からのラインの画像。
うーん。漢字の勉強をしている気配はあるが、ちょっと違っている。

ハンガリー

桃太郎ラーメン。ハンガリーのラーメンはどんな味だろう。
日本人がやっているのならこんなネーミングはしないだろうね。
日本人観光客狙いの、中国の人かわからない。

ハンガリー

今日は少し風邪気味で、体が重かったが今日出かけなければずっと行けない感じがして出かけた。
薮漕ぎをしてもいつものスイスイとした調子は出てこなかった。

初夢2019年01月02日 21時01分31秒

夢を見た。

会社への通勤途上、雨が降ってきた。会社は剣山の頂上のようなところにあり道は険しく細い。とても始業時までには間に合わないので電話をしようと携帯を探すが、ない。あちこち探したが結局見つからないまま目が覚めた。

ここでトイレ。
映画のインターミッションの感じ。

再び夢を見た。
今度は体育館のようなところの椅子を並べていた。
レセプションが迫っているのにまた半分も並んでいない。
必死になって並べだしたところで目が覚めた。

初夢にしては少し苦しい展開の夢であった。
最初の夢は日本100名山を時折見るのでその記憶が出てきたのか。
会社ではよく椅子の並べ替えをしているので、その作業がよみがえったのか。

一富士二鷹三なすび、にはならなかった。

朝から少し暖かだったので雪道を走った車の洗車をした。
高圧洗浄機で洗剤のスプレーから始めた。
ワックスがけも何ヶ月ぶりかでやった。
ついでにフレアーの洗車ワックスもやってしまったが、フレアのワックスをかけ始めたとき、雨が降り出した。
龍門山あたりは日が照っていた。団地の周りだけが降っている感じだった。

くそ!

メーターの確認。
RAV4 104,353km、フレア 18,620km、CB400SS 26,445km。


RAV4は、1年で 11,999km。


CB400SSは、1年で 5,342km。


フレアは、 3,485km。
それぞれが結構走っている。

CB400SSは心配したとおりにバッテリが上がっていた。
洗車の間充電していたら元気になった。
交換して2年目だから、そろそろ換えなくてはいけないかな。
チェーンとスプロケットも換え時になってきた。
あっという間に70歳台に突入したが、いつまで安全に乗れるかなー、と車を洗いながら思った。

車を洗うといつも、学校を出て就職したデーラーで正月納車の新車を徹夜で何台も磨いたことを思い出す。
「いつになったら車が持てるのだろうか?」と仲間と話しながら、ドラム缶にスチーム洗車用のノズルを突っ込み温水にし、手を温めながら磨いた。
車に水をかけると、ルーフの水が凍って、拭き取るときにはセーム革を使ってもシャリシャリと音がした。

冬用タイヤに履き替え2018年12月16日 18時38分38秒

朝から結構暖かだったので、RAV4とフレアのタイヤをスタッドレスに変えた。
暖かかったのと天気がよかったのではかどったが、RAV4のタイヤは重いので、いい運動になった。

CBを最近乗ってあげていないのでバッテリが心配だった。
エンジンを回してみた。
クルンと一回回っただけでいやいやをした。
やっぱりバッテリがへたっていた。

タイヤを変える前に充電を開始した。

2台の車のタイヤを変えると結構時間がかかった。
昼前に充電を終え,エンジンを掛けてみた。
少し頼りないがなんとかかかった。

昼過ぎからシートバッグを取り付けた。
これまでもつけていたがバックルの位置が悪く、片方がつけられなかったので今回きっちり取り付けられるようにした。

そのあとバッテリを完全充電するために走った。
京奈和を走ろうと思ったが、カラスウリを探して紀ノ川南岸のウルグアイラウンド道路を走った。
この道は作り出してもう何年も経つがまだ完成していない。
一体どんな予算でいつ完成するのだろう。


カラスウリは見つかった。
その前でコーヒータイム。


帰りは雨がぱらついてきたが大降りにはならなかった。


いつも撮っている廃屋の前で。
KLEの時から時々撮っているが、建物が大分崩れてきている。


取り付けたシートバック。しっかりとりついた。
このバッグのなかはガスストーブやクッカー、スケッチブックなどが入っている。
簡単に外れるので車にも持ち込める。
結構重宝している。


あーどこか遠くへ走りたいね。

そういえば日本でも空母を作るらしい。
何故空母まで作るかという具体的な説明もなく、建造する。
災害用に使うというが、災害用にジェット戦闘機がいるのか。
国民を馬鹿にするにもほどがある。
アメリカが喜ぶだけではないのか。

シェルパ斉藤さんin東京2018年12月12日 12時05分16秒

シェルパ斉藤さんの奥様から、T3の八ヶ岳~東京ツーリングの写真が送られてきた。
準備中のスナップ。

シェルパ斉藤in東京

にゃんこが邪魔をする。

シェルパ斉藤in東京

走り出し。

シェルパ斉藤in東京

都市の夜のムード満点。

シェルパ斉藤in東京

ノリノリツーショット。

シェルパ斉藤in東京

銀座。
有名なライターが乗っているのに意外とT3を見てくれていない。
大阪ではこうした交差点に止まるとカメラの放列があるが、東京人はクールである。
私も東京タワーの下をぐるっと回ったが誰も見てくれなかった。
いや見て見ぬふりをするというのが正確か。

イベントで、「先着何名で景品を上げます」というのをやると、大阪はすぐなくなるが、東京はかなり残る。
東京は景品ごときであたふたしないのだろうか。

シェルパ斉藤in東京

今朝は少し暖かだった。

阪和線は通常通り運行したが、地下鉄が遅れた。遅れた理由が乗客の乗り降りに時間がかかり、遅れたという。
私が乗ろうとした電車は満員で次のを待とうとしていたら女性が何人か、その満員の車両にお尻を向け、クックッと二振り、乗ってしまった。
バッグやコートの裾は車外なので扉がすぐには閉まらなかった。こういうのが遅れの原因になるのだろう。車内を見るとなんと席が空いている。一人分楽になるはずである。誰か座れば私も乗れただろう。

このマナーの悪さは何とかしてほしい。

うれしい朝2018年11月27日 12時27分03秒

今朝は比較的暖かだったので、CBちゃんで走った。
夜明けが遅いので家を出るときから日が昇り始める。
この時間が一番好きである。

竜門山から日が昇り始める。

ベストといえないが朝日がきれいだったので、ケータイでカシャ!

バイクだとすぐに停められるので景色をとるのにいい。
陽は、峠のふもとのあたりで顔を出す。
今度はその光がまぶしい。

山も紅葉がその色を少しずつ濃くしているが、今年の紅葉は色が悪い。気温が高いからだろうか。
途中のイチョウ並木は半分が葉を落としている。

駐車場でドングリの実を拾った。

野池はだめだ!2018年11月23日 23時32分06秒

久しぶりのバス釣りにCBちゃんと出かけた。
今日はいつもの紀ノ川ではなく、野池を攻めてみようと思った。

CB400SS

釣れそうな池だったが岸際に水草がびっしり。
ワームで狙ってもよかったがほっこりしないのでパス。


ここで少し狙ったけれど来なかった。
左手の岸辺の木にプラグが一つラインをつけたまま引っかかっていた。
この池はルアーと時合いが合えば釣れそうである。


2年ほど前に釣ったことのある池。
釣り禁止になっていた。


ヘラブナ釣り師が二人ほど釣っていた。


遅い昼食。カップラーメンとインスタント味噌汁。


この池も対岸に行きたかったが、入り口に「個人所有地のため進入禁止」とあった。


次の池も釣り禁止。


このガードレールの内側で釣る分には危険などないけどね。
こうした野池の最大の欠点は、落ちたら這い上がれるところがないと言うことである。
だから野池に落ちると危険だと言われる。
堤防を築くとき、そのあたりのレスキューがしやすい構造にしてほしい、といつも思う。


水鳥が多かった。


夜、和医大のバンドの定期演奏会を聞きに行ってきた。
医者や看護師の卵が見事な演奏を聴かせてくれた。



管楽器のメンバーも上手だった。



この女性ドラマーも元気にドラムをたたいていた。

あと何年かしたらお医者になって、
「どうしましたか?あ、風邪引きですね」
とかやっているだろう。

CB400SSオイル交換・・26053km2018年11月10日 20時55分59秒

昨夜、小野田寛郎さんの「たった一人の30年戦争」という本を布団の中で読んだが、これがなかなか面白くてつい一時過ぎになってしまった。

極限の生活で生き延びるすべを語っている。
この本で初めて知ったことだが、鈴木さんが連れ帰る以前から、日本とフィリピン両国から名指しで投降の呼びかけがあったと言うことである。
フィリピンの現地の人も小野田さんを恐れていたそうである。
それでも命令が下っていないので潜伏を続けたようである。

まだ全部読んでいないが、アウトドアのサバイバルの指南書としても結構面白い。

遅くに寝た割には、起床は普通通り六時前だったので一日中頭がさえなかった。
フィルムをスキャンしながら、部屋をかたづけたりしていたが、CB400SSのオイルを換えなければいけない時期だと気がつき、交換した。

古いオイルはかなり黒くなっており、換えてよかった。
これで燃費が向上すればうれしいが。

同時にフロントフォークのブーツの裂けてきたのを補修したが、ほぼ限界に来つつある。
自分で直すには時間がかかりそうだし悩ましい。
部品代は安いのだが、工賃が高い。

和歌山街角そしてバイクのことなど2018年10月22日 12時57分14秒

ここ2週間の週末を、割と長距離を走りました。

バイクで走って思うのは、バイクが気軽に停められるところがほとんどないということです。虐げられています。

まだ和歌山は規制や監視が緩く、結構あちこち路駐しています。
どこにも駐輪できないもどかしさバイクに乗らない人にもわかってほしいです。

先のブログでも書きましたが、政府や官庁の偉い人はバイクなどあまり乗らないでしょうね。

これはほとんどのアクティビティに通じます。
今度政治家やキャリア官僚の皆さんに、バイクに乗って熊野地方を訪れ、海で釣りをしたり川をカヌーで漕ぎ下ったり、大峰山を登ってほしいですね。

そうすることで今の日本で必要な物事がわかってくるのではないかと思います。

地方の活性化を言うのであれば、その地方の独自性をどう育てるか、などをいろいろ考えてほしいです。地元もそれにこたえて大胆に地方らしさを考えてほしいと思います。

現に元気のある地方もどんどん出ていることから、それらに倣いさらに独自な取り組みを加えればいい町ができるのではないでしょうか。
そして長いスパンで街を発展させ人口を少しずつ増やす取り組みをしてほしいです。

地方でも都市並みの収入を得るにはどういう取り組みをすればいいかではないでしょうか。それプラス文化的なレベルを高めることでしょうね。

写真は和歌山の街角のバイク。
クローズされているのでしょうかいいバイクが放置されたまま並んでいます。


ホンダのシルクロード。ほしかったバイクの一つです。動いているのかな。




久しぶりのバイクで奈良2018年10月21日 21時28分28秒

奈良興福寺の中金堂が先週落慶法要をやったのですが、その姿を見たくて奈良に走りました。
天気も良かったしバイクで走りました。

10時50分出発でいつもながら遅い走り出しでした。
1時前に県庁に到着しバイクを駐輪場に置きました。

興福寺中金堂は堂々とした姿で立っていました。参拝待ちの人がたくさん並んでいたので入らずに外から眺めました。

奈良興福寺

釈迦如来像が表から見えました。

奈良興福寺

北円堂が特別拝観をしていたので入りました。
このお堂も国宝ですね。
現在興福寺境内の堂宇の中で最も古いものです。
中の仏像は国宝だらけで、運慶一門プロジュースの立派な仏像ばかりでした。
弥勒如来坐像はいかにも運慶という感じで座っていました。
特によかったのは無著菩薩立像と世親菩薩立像でした。
800年以上たっているとは思えないくらいにリアルで、見るものをひきつけました。

奈良興福寺

奈良興福寺

日向は結構熱い日だったので、鹿も陰ばかりを歩いていました。
北円堂の後は東金堂と国宝館で国宝たちを堪能しました。
阿修羅にも久しぶりに会いました。

奈良興福寺

この鹿君、せんべいもほしくない感じでうとうとし続けました。

奈良興福寺

なぜか公園の中でお化粧をするカップルがいました。
結婚写真を撮るのかな。

奈良興福寺

今日はなぜか鹿が少なかったです。

奈良興福寺

駐輪したところにはせんとくんがいました。

奈良興福寺

帰りの京奈和道路のSAで休憩。

バイクでの奈良。
往復で176km走っていました。
前のKLEよりかは高速の伸びは少し落ちますが、腰も痛くならないし90km/h巡航が楽にできるのでグッド。

でも日の暮れが早くなり、橋本あたりの気温は13度で少し寒かったです。
岩出に来ると16度でした。