今日はいい天気2020年10月12日 19時25分54秒

昨日、近くの志野神社が正遷宮で里中満智子先生の絵があると言うことで見に行った。結構にぎにぎしく正遷宮を祝っていた。

志野神社は、
和歌山神社庁の記事によると、
「天言代主命・加具土命・息長帯姫命を祭神とし、紀の川市北志野の桜池の近くに鎮座している。
『紀伊国続風土記』によれば、徳川南龍公の御代にこの北志野の地に人工池(桜池)を創ろうとしたところ夜毎に、奇妙な光が辺りに発せられ又、地鳴りが起こり村人等を苦しめたとあり、この事を聞かれた南龍公が村人等と相談されたところ、昔この地に天正の兵火に焼亡し慶安三年まで衰廃していた社殿があった事が判り、この社殿を新しく建立されたところこの奇妙な光と地鳴りが消えたとの言い伝えがある。
ここであえて言い伝えとしたのは、当社に確かな記録の書物等が無い為である。
尚、以前は、東屋御前神社と言いその後現在の志野神社と称している。
又、神功皇后の三韓征伐の行幸地としても『風土記』等に記されているがこの場合多くは「小竹の宮」と記されている。
現在の本殿鎮座地は、以前よりやや北に移っているが容姿等はほとんど変り無く保っている。
例祭日には、餅投げ等あり賑わっており、祭典終了後は、宮講の式も執り行う。
その他当神社には宮座が有り「木村座」「稲垣座」の2座で、1月・10月には座の式も執り行っている」
とある。

志野神社

志野神社

志野神社

志野神社

この神社は、所謂、「小竹ノ宮址」。
小竹の宮は日本書紀の神功皇后条にも登場する。

「皇后は紀伊國においでになって、太子(後の応神天皇)に日高でお会いになった。
群臣とはかって忍熊王を攻めようとして、更に小竹宮に移られた。
このときちょうど夜のような暗さとなって何日も経った。時の人は『常夜へ行く』といったそうだ。
皇后は紀直の先祖、豊耳に問われて、『この変事は何のせいだろう』と。一人の翁がいうのに、『聞くところでは、このような変事を阿豆那比の罪というそうです』と。『どういうわけか』と問われると答えて、『二の社の祝者を一緒に葬ってあるからでしょうか』という。
それで村人に問わせると、ある人がいうのに、『小竹の祝と天野の祝は、仲の良い友人であった。小竹の祝が病になり死ぬと、天野の祝が激しく泣いて『私は彼が生きているとき、良い友達であった。どうして死後穴を同じくすることが避けられようか』といい、屍のそばに自ら伏して死んだ。それで合葬したが、思うにこれだろうか』と。墓を開いてみると本当だった。
ひつぎを改めてそれぞれ別のところへ埋めた。すると光が輝いて、昼と夜の区別ができた」
ま、昔のことはよくわからない。

志野神社

志野神社はそれほど大きくはないが綺麗ないい神社である。
なぜ里中先生の絵があるのか社務所の方に聞くと、里中先生がこの神社の人の親戚で、論文を読んでそれなら絵を描いてあげましょうと言うことになったらしい。
綺麗な素晴らしい絵を並べていた、白黒は原画で、着色したものも並べていた。
御朱印もその絵を印刷していた。

神社の上の桜井池ではボートが何艘か出てバスを釣っていた。

志野神社

志野神社

志野神社

今までの御朱印でも一番綺麗。

志野神社

境内にあった木だがなんとなく別の木が相互になじんでしまっている感じがする。

桜池

桜池ではバス釣りボートがかなりの数出ていたが釣れていそうになかった。

クロスカブCC110

クロスカブCC110

ちょっと出かけたが最近カブちゃんをあまり撮っていないのでカシャ!

強は一日中雨が降った。台風は今夜来る。2020年10月09日 20時31分35秒

今日は一日雨だった。
風がもっと吹くかと思ったが、それほどたいしたことはなかったが、熊野地方は風雨が強いみたいである。
コースからして大変だと思う。

3密を防ぎながら外出できると人気が出てきたオートバイだが、神奈川県内の交通事故死のうち4割がオートバイらしい。
事故をしたライダーの年代構成がよくわからないが、若い人だと、あまりによくなりすぎた道とそして高性能になったバイクにスキルが付いてこないのじゃないかと思う。
中年を過ぎたリターンライダーだと自分の能力を過信してしまうのじゃないかと思う。

私が乗り始めた頃のように、国道でもすごいダートで、バランスをとるのが難しい道を乗りこなしてスキルが身につくのだと思う。
今は一足飛びにいい道いいバイクなので、走りが自分の実力だと思ってしまっているのではなかろうか。
多くなった車とむちゃくちゃに悪い運転マナーが事故の多さに輪をかけているのではないかと思う。

私自身ももうはしゃげる時を過ぎたので、右左折するときは、車の流れがと切れてからだしよっぽど空いてないと割り込みはしなくなった。

89歳が2人をひき殺しておいて、車が悪いのだと無実を訴えているらしいが、やはり有罪が妥当ではなかろうか。このまま無罪にすると悪い前例を作ってしまう感じがする。車の問題では決してない。
なにか日本はすべてにどこか違う方向へ行っている感じがする。寒い。


少し前の写真だが、蛾か蝶の幼虫。


このカマキリ君、上の写真と同じ種類の幼虫を捕まえて食事中。

今日はほんまもんの秋という感じ2020年09月21日 15時33分51秒

朝からいい天気だったのでクロスカブでちょこっと走った。
特に当てもなかったが時間もなかった。
とにかくバイクには絶好の気温であった。
ツーリングをするバイクにたくさん出会った。
手を上げてくれるのだが癖がついていないので応えられない。
昔はよく手を上げてエールを送りあいしたが、一時廃れ、また最近やり出してきた。
今度は手を上げよう。

世の中はシルバーウィークで渋滞や三密の映像が多いが、メディアはトラブルをことさらクローズアップさせる。
確かに人は解き放たれて外に行きたいだろうが、皆がまとまって動くからダメである。
外国のように、休みたいときに休みたいように休めるようにならないとダメだろう。
デジタル庁なんてのができたけど、どうしたいのかわからない。
そうした意味からすると働き方改革は、上手く取り組めばよかったのだけどね。

Sさんがどう舵取りをするか、ある意味楽しみである。

写真はカブちゃん。
ここでコーヒータイム。もうセミもツクツクボウシしか鳴いていなかった。


クロスカブCC110

クロスカブCC110

クロスカブCC110

バイクが2台続いて下りてきた。こちらに気がつけばコーヒーでもサービスしようかなと思ったが走り去った。こちらはだいぶ道から外れていたしね。


トンボが電線に止まっていた。秋だね。


栗も実をつけていた。


この地域だけの神社か浦上神社。


彫り物にすがっていたのはセミの抜け殻。建物の方々にあった。


小さいが立派な神社だった。





一気に秋。いい青空だった。2020年09月19日 20時25分04秒

今日は朝からいい天気。

今日はうれしいことがあった。また遊びのアイテムが増えたのである。

カヌーを二隻処分したのだが、釣りに行くにはどうしても手軽のがほしくなり、先日処分したCB400SSのお金の一部で買った。
使用頻度が昔ほどではなく、あまり高級なのもいらないし、手軽な軽いのを選んだ。
10kgしかなく膨らますのも10分あればもう漕ぎ漕ぎ態勢になる。
これを買ったもう一つの理由がカブに積めそうだったからである。
実際は思ったより大きいが、工夫すれば積めないことはない。
アルフェックボイジャー460Tはすこしハードな漕ぎ漕ぎに使って普段はこれになりそうである。もう一隻残っているがこれも嫁入り先が決まった。
結局三隻処分し、一隻買ったことになる。
四隻-三隻+一隻=二隻で、二隻の断捨離となる。

釣り用には、ロッド立ても簡単につけられた。これはボイジャーで使っていたものだったがこれにも着いた。この角度だとトローリングができる。

ワクワクである。

あとはカヌーをどうカブに積むかで、タイ・ベトナム状態になるがリアシートを外したら簡単に乗ると思う。収納袋が思ったより大きかったので縛り方を工夫する必要がある。

カブに積んで川のそばまで行ってくんでこぎ出すのを楽しみにしている。
もちろん車にも簡単に入るので車でのツーリングの時などトランクに積んで出かけられる。
カヌーを漕ぐとケンコーコツが鍛えられるのでいいと思う。筋力を落としてはいけないのでいい運動になるはずである。


組んで、というより膨らました。微妙に仕上がりの悪いところもあるが、値段からするとこんなものかな。モンベルのなどは10万を超えるからね。


シートは以前ファルトボートに使っていたシートを利用した。


ロッド立てもボイジャーで使っていたものだが上手く着いた。トローリングができそうである。
ワクワク。

今朝は寒いくらいだった。2020年09月16日 19時43分57秒

朝から涼しかった。20度しかなく寒いくらいだった。

殺人的な暑さも遠のいて、いろんな遊びができる。
バイクで走っても気持ちがいい。

朝から病院の定期検査に行ってきたが、あいかわらず大勢の人であった。
しかしコロナの影響で、妙に静かである。
以前にも書いたかと思うが、そんな中でエレベーターだけが声高に、同じアナウンスを流し続けていた。

「エレベーターに乗るときは手すりをつかみ黄色の線のうちかわに乗ってください。・・・」といろんな危険因子を叫ぶように連呼していた。
大阪駅の長いエスカレーターもこのアナウンスがずっと流れる。
同じメーカーのかもしれないが、本などを読もうとしても耳障りでしようがない。

はやりの言葉で言うと「むかつく」

なぜこうも安全を押しつけがましく何度も何度も言うのだろうかと、センスを疑う。
外国でもいろいろエスカレーターに乗ったが、どれも静かであった。
日本ではもし事故があったとき、「安全に注意してほしいと絶えずアナウンスしたのですけど」というのが目に見えている。
せめて人が乗っていないときは声出しをやめてほしいのである。

夕方買い物がてらカブちゃんを走らせた。
ちょうど階段があったのでカブちゃんをカシャ!
なかなか様になってきた。
これでベトナムキャリアをつければアドベンチャーバイク。

あーどこかへ行きたいね。

ホンダ クロスカブCC110

ホンダ クロスカブCC110

ホンダ クロスカブCC110

ホンダ クロスカブCC110

検査結果は特に問題なし。ひとまずうれしい。

雨が降ってきた。2020年09月06日 23時03分33秒

今朝は朝日がきれいだった。
夕べ遅かった割には早く目が覚め5時に寝床を出た。
すこし眠かった。
今日の昼から雨が降ると言うことで、カブちゃんは朝から乗らなければと思った。
当てもなく走らせたが、時々雨が降ってきた。

写真を撮りに行きたいところもあったが、体調が万全でなかったので、雨の降ってこないうちにと帰宅した。
虫などの写真も撮れなかった。
眠いのでベットの上でちょっと昼寝と思って寝たが、7時過ぎまで寝てしまった。
スイミンブソクの帳尻は合わせたが、すこし寝過ぎた。
目が覚めたときはかなりの雨が降っていた。

台風10号は、鹿児島・宮崎・熊本を暴風域に巻き込み北上しているという。
日本も被害があるけど、この前から朝鮮半島に連続して上陸しているので、被害が出ているのではないかと思う。あまり詳細な被害は届かないけどね。

避難勧告の出た地方ではホテルの利用者が増えているらしいが、これはいいかもしれない。ホテルは強固な作りになっているし安全だ。
ポストコロナはこうした発想の転換で防災を考えてほしい。

それにしても地球環境はおかしくなってきている。
海水温が高くなってきたので生態系の変わってきて、絶滅する種や増えすぎる種も問題となるときが来るのじゃないかなと思う。
シベリアの永久凍土が溶けるのも気になる。

ホンダ クロスカブCC110

いつも撮っている廃屋の前で。年々崩れが大きくなる。


この廃屋の屋根の草が、露草とは意外だった。所々で花が咲いていた。

台風が近づいている2020年09月04日 21時51分14秒

朝から結構な雨。
大型台風が近い。テレビのニュースでも災害から自分を守る方法ばかりを言っている。
セミもツクツクボウシが鳴くだけになってきた。それもすこし弱々しい。
季節は秋である。しかしまだ暑い。

メガネのレンズを入れかえができた、と連絡があったのでクロスカブで店に取りに行ってきた。
老人力がついてきてレンズが合わなくなってきたために、運転するとき危ないので思い切って変えたのである。安くはなかった。目が悪いと余分な金がかかる。

クロスカブちゃんは最近乗る機会が少ないので、すこし長く走った。
いつも行く粉河のウルグアイラウンドの東屋まで足を伸ばしコーヒーを沸かして飲んだ。
雨模様なのでスカッとしない空模様だった。

東屋には前の人が残したのだろうか弁当の食べかすが残っていた。
誰が片付けるの、といいたいが、当分はここに残るのだろうか。
民度が高いと言って自慢していた政治家がいるが、こういう所から民度を鍛えてほしい。これで台風が来て風で吹き飛ばされるとプラゴミになる。

東屋の下には小さな公園がある。
パンダとコアラの遊具があるが、ほとんど使われないのか、こけが生えてきている。
こういう遊具というのはなんとなくもの悲しげで、つい撮りたくなってくる。
このパンダも笑いたいが笑えない、そんな顔をしている。
実にシンプルでうまくできているのだがなんとなくペーソスが漂う。
ざわめきが戻るのを草ぼうぼうの中で待っている感じがなんともいい。

クロスカブで走っていると無理をしてでも追い抜こうとする車が多い。
CBちゃんの時は抜きに来なかったがやはり110CCだと遅いというイメージがあるのか何が何でも抜く、という運転者が多い。
抜かれるのはいいのだが車体ギリギリを走って抜かれると怖い目をするときがある。
特に若い女性に多い。当てられないよう気をつけなければいけない。

クロスカブCC110

クロスカブCC110

トップケースを26㍑から40㍑に変えたがそれほど大きくなった感じはない。よかった。


頭の上の黄色の輪は、天使になり損ねたパンダって言う感じである。


おいおいきちんと持って行けよ。まだ鶏の唐揚げ残っているで。

この暑さいい加減に終わってほしいね2020年08月26日 21時30分51秒

毎日暑い。
連日ネッチュウショウのことが言われている。
朝のニュース番組ではエアコンをかけ続けなさいといっていたが、エアコンをかけることは室外機から熱を放出し、余計高温化に拍車をかけているのではないかと素人考えだがすこし心配である。
特に都市部の密集したところでは、大変だと思う。
シミレーションによるとこの高温は毎年起こりそうだという。
私は未だにエアコンなしで寝ているが、エアコンを一晩中かけなさいと言っていた。
毎日妙にけだるいのはそのせいだろうか。

台風が日本をそれて韓国に上陸したみたいだが、お隣の中国にも雨が降るだろう。
それでなくても各地で洪水被害が出ている中国。これ以上雨は降ってほしくないだろうね。

先日からオークションで手に入れていたクロスカブのトップケースを取り替えた。
前のは50CC用で小さく何ほども入らず外に積んでいたが、今回のは一回り大きいのですこし余裕ができた。CBちゃんのより一回り小さく110ccのバイクにちょうどいい。
CB400SSが無くなり、このクロスカブがメインとなるので、やはり収容力が必要である。

今度のはケースの上がフラットで荷物が積みやすくできている所が気に入った。
フックをつけバッグを乗せたがフラットなために乗せやすかった。
これで釣り道具やカメラも大きなバッグを積むことができる。
コロナがなければ遠出したいけどね。

クロスカブCC110

前のは26㍑で今度のは40㍑かな。だいぶ大きくなった。
メーカーは同じSHADにした。

クロスカブCC110

CB400SSからのフックを取り付けた。

クロスカブ110

バッグを取り付け。


余ったレインカバーを取り付けてみた。ぴったりなので雨でもいける。
バッグの中にはCB400SSのレインスーツや雨用手袋などうつした。
高速が走れないだけでツーリングの用意はできた。

アツ!のち熱アツ暑。CBちゃんお嫁入り2020年08月19日 21時41分51秒

今日は昨日と比べて湿度が低く風が吹いていたので幾分過ごしやすかったが、やはり昼からは殺人的な暑さが戻ってきた。
きょうはとうとうCBちゃんを嫁に出した。
もう少し長く乗りたい気もあったが、車検が来月に迫り費用も結構かかる可能性があるので、思い切って手放した。
乗りやすくて燃費もよくていいバイクだったけどね。
何より修理がやりやすくて楽だった。
4年弱乗ったが、あまり何度も遠くには行けなかった。
それがすこし残念である。

結構高値で引き取ってくれたのでよしとしよう。
いつものようにユーチューブに動画で外観とエンジン音を入れた。

https://youtu.be/cHOC6NhKuvQ

クロスカブCC110を見ながら、引き取りに来た若い人が「お客様でCC110ないかとよく聞かれます」と言っていた。
乗りやすくて燃費もよくて結構走るからクロスカブやCT125は人気が出るだろうね。

クロスカブ110

トップケースやナックルガードを取り外したCBちゃん、これからお嫁入り。

ホンダCB400SS

ホンダCB400SS

もうこの並びはなくなった。

クロスカブ110

もうすぐこの上のカヌーもお嫁入り。

ホンダCB400SS

ドナドナ状態。TRX850、KLE400、そしてCB400SS。
このバイクが一番気軽に乗れたかな。

クツワムシ

散歩の途中捕まえて庭に放したクツワムシが、100mほどはなれた山裾で鳴いていた。動画にしたらよかったかな。

暑あつアツ。2020年08月16日 21時43分14秒

今日はちょっとは気温が下がるかと思ったが、何の何の、昨日より気温が高かった。
ニュースでは浜松が40.9度ということだった。
うだってしまう。
熱中症でなくなった方も多いとニュースで言っていた。

4年近く乗ったCB400SSをとうとう手放すことにした。
車検が近いし、CC110も結構戦闘力があるので、思い切って手放すことにした。

去年は入院などであまり乗っていないので距離が伸びなかったが仕方ない。
軽くていいバイクだった。
カヌーも整理しだしたが、だんだんこれらで遊んだことなどが、思い出になってしまう。
今日は暑い中のろのろと、売るために部品を外したり、磨いたりした。
配線をはずそうとシートを取り外すと、なんと蜂が巣をしていた。
すでに羽化した後で、幼虫の餌になった蜘蛛の皮だけがたくさん出てきた。

CB400SS

27976Km走っている。
13264kmの時買ったので14712km走ったことになる。ちょっと少ないね。
心残りは、これでキャンプツーリングをしたかったが行けなかったことである。
サイドバッグも買っていたのだけれどね。
カブにつけて行くことにする。

CB400SS

シート下のケースの上の蜂の巣。


夜涼しくなってから歩いたが気温はあまり下がったいなかった。
今日はコンデジをやめて軽い一眼レフを提げて歩いた。やはりシャープ。


クツワムシが鳴いている。


そのポートレイト。