クロスカブにUSB電源端子取り付け2019年10月11日 22時35分05秒

今日は大人しくしていなさいとのお医者さんのお達しだったので、2時間30分の通勤は少しタフなので、休んだ。

重いものを持ったりするといけないと言うことなのだが、バイクをいじるくらいはいいだろうと、先日買っておいたUSB電源端子をクロスカブに取り付けることにした。

クロスカブ110

どこに付けるか大分迷ったが、やっぱりハンドルにした。

クロスカブ110

電源本体を取り付けてから、フロントカバーを外した。
リード電線には保護カバーを巻き付け配線した。
電線むき出しと違って他の電線ともなじんでいる。

クロスカブ110

フロントのカバーも外して、電線をシート下のバッテリのところまで配線した。
このカバーも簡単に外れた。
ただし、プラスチック嵌合なのでそれを割らないように気をつける必要がある。

クロスカブ110

カバーを外して眼に入ったのが、へんなバーであるがバーと思ったらドライバーだった。
こういう所にドライバーがなぜ、と意外なセッティングで戸惑ったが、バッテリの+端子を見るには、このドライバーで2本のビスを外さないといけないため、必要なのである。-端子はむき出している。
ハンドルから引いてきた電線を取り付けて、カバーを元に戻した。

クロスカブ110

白いボタンを押すと通電の確認で赤いランプがつく。
取り付け成功。

クロスカブ110

いろいろつけたが、それぞれのパーツはジコシュチョウしていないところがいいなー。

ここまでは思い通りのセッティングになった。
後はスマホホルダーだが、スタイルがたくさんあるので決めかねている。

夜10時30分、窓に当たる風が台風の風になってきて、こちらに近づいてきているのがわかる。

台風前とは思えないいい天気2019年10月10日 22時40分40秒

台風が近づいているとは思えないような朝だった。
波も無く空も雲が無かった。
紀南の方ではきっと荒波が打ち寄せているだろう。
串本では台風の前の大波を「沖の虎」といって漁に行けない漁師たちは、大島と潮岬の間をずっと眺めていた。
ものすごい白波が押し寄せてくる。
テレビでも勝浦などの波の様子を映していたが、もっとダイナミックな波が打ち寄せてくる。

令和最大の台風というが、被害が無ければいいけどね。
コースの予想も昔とずいぶん違ったものになってきた。


朝の和歌浦、片男波。


少し時間があったので、クロスカブにナックルガードとヘルメットホルダーを付けた。


ヘルメットホルダーは、CB400SSはリアキャリアにつけたが、今度はハンドルにした。
USB端子もすでに手に入れているのだが、夕べほとんど寝れなかったので今日の所はこれくらいにし、昼寝をした。

今日は少し長く・・クロスカブ1102019年10月06日 20時38分05秒

今日は雨が降りそうだったが晴れてきたので、やっぱりクロスカブの走りを知りたくて、少し長く走った。

またウルグアイラウンドを走ったが、少し開通したので知れ渡ってきたのか、バイクが多かった。天気もよかったのでどの道もバイクが多かった。
そういえば世界でのバイクの売り上げも快調らしい。
日本はのびが悪いらしいが。

途中の道ばたに広場があってそこでコーヒータイムを、少し長く取った。
いろいろと考えることが多いこの頃、紀ノ川を眺めながらのコーヒータイムは貴重である。


カブばかり8台ほどツーリングしていたが、一台が先に走って来、スマホを構えた。
他のカブは100mほど手前で並んで待ち一斉に走ってきた。
それを先に来た一人が写真に撮っていた。


ゆっくりしていたら、日も大分落ちてきた。
10月になって急に夕暮れが早くなった。



途中で黄コスモスの群生があり、その前でカシャ!


ミツバチがたくさん飛んでいたが、少し暗くなってきたので、飛んでいるところもあったのだが、ほとんどがぶれていた。
ストロボを炊けばよかった。


クロスカブの登坂力を試したが特にストレスはなくぐいぐいと、登った。
これは結構使える。
これからいろんなところに遊びに連れ出せる。

クロスカブ110が来た2019年10月05日 22時17分21秒

九月の初め頃に発注していたクロスカブが今日できあがった。
早速取りに行ってきた。

クロスカブ110

黄色のクロスカブはホンダ販売代理店の店先に、あった。
思えば初めて自分のお金で買ったバイクがカブで、それから54年経って買ったのが、カブ。
カブというバイクは特別な感じがする。
ホンダの凄いところは修理が非常にしやすいと言うことで、他メーカーのものは修理のための分解にひと手間もふた手間もかかった。

70歳になって、少しバイクへ乗るための能力が落ち始めており、そうかと言ってバイクの無い生活はさみしい。
というわけで、カブを買った。

110ccなのでそこそこ加速はいい。
タイヤ径が17インチで結構大きいのでCB400SSと停車時のポジションは大きく違わない。
ロータリー4段というのもいい。
これからだんだんカスタマイズして行こうと思うが、まず今日はトップケースを取り付けた。

クロスカブ110

まずトップケースを取り付けた。
これは以前乗っていたシャリーに付けていたもので、クロスカブにはちょうどいいかも。
オークションで買っていた荷台を取り付け、トップケースを上に取り付けた。

クロスカブ110

街で見かけるクロスカブは、元の荷台にケースを取り付けているが、こうした方が人も乗せられるし荷物をたくさん積める。
タイヤはKLE400と同じようなパターンでオンオフ両方いける感じである。

クロスカブ110

あとUSB端子やスマホホルダーもほしい。
ホーコーオンチなのでスマホのナビは必需品である。
CB400SSにもスマホホルダーを付けているが、さてどうしよう。

付けたいものをどう付けるかがこれからの楽しみである。

クロスカブ110

110ccだから、カタログでは1リットルで60kmほど走ると言うがせめて50km走ってくれたらと思う。
今日満タンにしたが次の燃料補給が楽しみである。
燃料の残量計がついているのはうれしいね。

ガソリンを入れてからの帰りに、カシャ!
稲穂の色と同じでなかなか、いいじゃん。

クロスカブ110

エンジンのプラグの近くに、何やら電線がついている。
そういえばこのバイク、燃料噴射である。

クロスカブ110

HONDAバイクが並んだ。
向こうのCB400SSも捨てがたい。

クロスカブ110

クロスカブ110

また遊び道具が増えたが、クロスカブでチョコマカ走り、写真を撮って回りたいね。
CB400SSより気軽に駐められるのがいい。
そうそうクロスカブしかいけないところでのコーヒーブレイクもいいなー。

楽しみ、楽しみ、ワクワク。

秋らしいいい天気2019年09月19日 12時35分52秒

今朝はずいぶん涼しかった。
通勤の道の両脇にはもう稲を刈り取っている田もある。

まだヒガンバナは咲いていない。
あと4日しかないが、咲いてくれるだろうか?

バイクのクロスカブ110を注文した。
現物は10月にならないと来ないが、早く見たい。
このバイクでいろいろやりたいことがあって、夢がわく。
色は黄色にした。
CB400SSはまた買い取り専門店に引き取ってもらうことにする。

クロスカブ110

そういえば先日のサウジアラビアへの石油施設への攻撃はドローンだったようで、いよいよ来たかという感じである。
どこが攻撃したかはよくわからないが、小さな無人機で石油施設に大きなダメージを与えたということに、怖いものを感じる。

まさにマンガでしかなかった無人機による攻撃には、衝撃を受けた。
そういえば福島原発の事故の時もアメリカはドローンを飛ばし放射能漏れがあることをいち早く察知し、自国民に日本から脱出するように促したということである。
それらは日本のメディアではほとんど報道されることはなかった。

アメリカではドローンを飛ばすために、プロのゲーマーを雇っているという。
ゲーマーなら操作テクニックもすごいだろう。
これからの戦争はいつどこでどのように起こるかわからなくなってきた。
ゲーム感覚で戦争を起こされてはかなわない。

昨日会社訪問にきたひとが話の中で、
「作業効率化のためにロボットを導入しませんか?」
というと、相手の経営者がこたえて、
「置く場所もないのでいいです」
という返事だったといって、
「世間はそんなものです」
と嘆いていた。
提案したのは、ソフトのロボットだったのだが、相手の方は人間型をしたロボットとおもっていたようである。
ドローン(無人航空機)にしても同じようなことがいえる。
今回も攻める側に人的被害はなく施設が破壊できた。
それもドローンによる。

写真は1973年那智山のふもとにあった鉱山跡である。
この建物は人もめったに来なかったのでこの中でヌードの撮影会なんかを何度かやった。
今でもまだあるのだろうか。

那智鉱山

最盛期にはこの下に車が止まり荷受けしたのだろうか。

那智鉱山

なんとなく雑然とした工場の中。

那智鉱山

那智鉱山

事務所。まだ書類なども残っていた。

那智鉱山

坑道かな。

那智鉱山

CB400SSちょい乗り2019年08月24日 21時05分29秒

訳あって長いことCBに乗っていなかったが、今日はそれほど暑くなかったので、チョイノリに、ひとっ走りした。

まずいつもの行く愛宕池への入り口の東屋まで走った。
本当はもっと遠くまで走りたいところだったが体調を考えて、自粛した。

東屋でコーヒーを沸かした。
コーヒーの後下界をスケッチした。

東屋の下に小さな公園があるがほとんど使われていない。

雑草も伸び放題である。
こんな中途半端な公園はなんとかして欲しい。
この下に老人ホームがあるので、散歩の時の休憩場所に利用してもらうとかの方がよっぽど利用価値が高い気がする。
パンダもなんとなくさみしそうで、涙目である。

帰りはウルグアイラウンドで建設中の田舎のハイウェイを走った。
この道路の予算配分はどうしているのか知らないが、建設を初めてもう何年経つだろうか?

東は橋本市まで続くのだがまだ途中で切れている。
この道が完了し橋本まで続けば、バイクで走るのには絶好の道となる。
先日粉河方面から那賀方面へのトンネルが開通し少しつながった。
かつらぎ町のところでまだ通っていないようである。
やるのなら早く開通させてほしい。いかにもお役所仕事の感じである。

CB400SSでちょい乗り

CB400SSでちょい乗り

CB400SSでちょい乗り

さみしげで涙目のパンダくん。
長いこと使っていないのがわかる。

CB400SSでちょい乗り

愛宕池。対岸はスポーツ広場である。
バスがいそうな気がするのだけどどうなんだろう。

CB400SSでちょい乗り

つい最近開通したトンネル。ここも長いことかかっていた。

CB400SSでちょい乗り

道沿いにあった草むらのヒーロー。おうちもすむ人がいないのかヒーローになりつつある。

CB400SSでちょい乗り

今日は28度で今週元の頃の30度を超す暑さでなかったので、快適に走れた。
クロスカブ110は、今注文しても10月になるらしい。
もう少しCBちゃんに頑張ってもらうことにする。

クロスカブ110がほしい2019年07月27日 20時27分44秒

私の悪い癖は、本人はいい癖だと思ってるのだが、何かを決断するとそれにまつわる楽しいイメージが再現もなく湧いてくることである。

先日もクロスカブ110を手に入れようと思いだしたら、もう止まらない。
あそこへ行きたい、キャンプしたい、魚を釣りたいと、まさに際限がない。

KLE400の時はまだ若く、いろいろできたが先のブログにも書いたが、70を超したのでもっとライトにツーリングやキャンプを楽しまなければと思い出した。

クロスカブは一応タンデムができるようにし、リアバッグはKLE400、CB400とつないできたバッグをつける。キャンプに行くときはサイドバッグを左右につける。
ロッドは今でもリアバックに入れて釣り場に行っている。
カメラも積める。

クロスカブ

これは私が山道を走っているイメージ、息子が描いてくれた。

クロスカブ

そのお返しにキャンプ中の私のイメージを描いた。

ロッドを書き忘れたが夕食のおかずはアメノウオである。
ま、魚はともかく普段のストレス解消のため、手近なところでこうした時間を持ちたいなと思う。
マクロレンズを持って行って昆虫写真。過疎地を訪れて記録もやりたいなー。
そういう至福の時、早く実現しよう。

バイクのダウンサイジング2019年07月24日 17時36分02秒

クロスカブに乗る
コキになりあちこちガタが来だしているが、バイクはできるだけ長く乗ろうと思っている。
今のCB400も軽くていいのだが簡単に100キロが出せる。

熟年ライダーが事故るのは体力、判断力、動体視力などが衰えているのを認識せず若い頃のままに走るからかもしれない。

この頃バイクのダウンサイジングを真剣に考えている。
そこで、自分で買ったバイクの最初はカブだったので、この際クロスカブという手もあるなと思う。

そんな話をすると息子がイメージを絵にしてくれた。
こんな感じだろうね。
黄色のクロスカブいいかも。

ミニカー大集合2019年05月03日 20時36分14秒

昆虫や鳥を撮りに行こうとCBで走っていると、ミニカーのコンボイがやってきた。
これはこれはと思いユーターンして後を追いかけた。

ミツオカ、タケオカ、トヨタの集団であった。


信号待ちでカシャ!
いいスタイル。シェラフやテントを積んでいるのでこれはキャンプするなと判断。
後をつけることにした。


竹房橋の河原に来た。


ミニカーが並んだ。タケオカとトヨタコムス。
コムスはEVなので、
「電池は持ちますか?」
「いや発電機を積んでいます。
なるほど、それなら安心。
と話している間に小型発電機を下ろし充電をはじめた。


これらの三台はミツオカ。


どちらもキュート。


これなんてすごいスタイル。ほしくなってくるね。


バーベキューの用意とテントの設営が始まった。


遠くは愛媛県、近くは有田市そして京都、奈良から集まってきたという。


今日は暖かだったが・・2019年04月06日 22時59分35秒

春爛漫という感じの日曜日。
いろいろ行きたいところがあったが行かずじまいであった。
この陽気であちこちの桜も見頃を迎えてきているだろう。

フィルムをスキャンしながら、以前から気になっていたCBのクラッチワイヤーを取り替えた。
特に切れそうでもなかったが、何分古いので危険回避のために取り替えることにした。ワイヤーは他のワイヤと一緒にフレームにくくられていたのでタンクを外して古いワイヤを抜き取った。

それにしてもこのバイクはメンテがしやすい。
3本のネジを外すだけでタンクが取りはずしができる。
前のKLE400だとカバーを外さなければいけないかったので時間がかかった。

CB400SS

家の前の公園の桜もほぼ満開に近い。
2階のベランダからカシャ!

家の前の桜

上のため池は今工事がされている。決壊対策かな。
着工してかなり時間が経っているが、未だに完成しない。