紀南ではめちゃくちゃな雨だったらしい2020年09月25日 20時45分31秒

今日は紀南地方に大雨が降ったそうである。
1時間120mmというとてつもない降り方だったそうで、フェイスブックの書き込みでも新宮の国道が川のようになっていた。
天気図を見ても赤い所が紀南を覆っていた。
本当に異常気象が続く。

先日花園村に行ったが、そのとき神社を回った。

最初にいった下花園神社は、有田川の上流に沿う梁瀬橋の南峯山腹にある。
この社は、花園荘梁瀬村と付近の有中、峯手、中越、古向、臼谷、池の窪、敷地の氏神となっているそうである。
境内に八幡宮、稲荷社がある。

毎年正月8日には、若衆男子による豊穣を祈る「花園御田の舞」の行事(国の重要無形民俗文化財指定)があるというがまだ見たことはない。

又、近くに弘法大師開創という遍照寺があり、61年目ごとの閨年10月に法華経の説く女人成仏を劇的に演じる「仏の舞」(県指定無形民俗文化財)があるがこれはずっと以前見た。
小学校や保育園が隣接してあり、運動場からすぐ本殿がある珍しい神社である。

下花園神社

下花園神社

元々の木は枯れてしまったが、枝がたくさん伸びている。楽しみである。

下花園神社

下花園神社

次にいった上花園神社は、平安時代に殖産興業の神として創建されたといわれ、その後、花園荘の氏神として祀られ、とくに南北朝時代の長慶天皇の崇敬が厚かったといいう。ここは高野への道にあるので何度か参詣したことがある。

本殿は一間社春日造で、天保5(1834)年建立ということである。
1月10日に「御田の舞」が行われ、本来は菩薩面、鬼面、鼻高面、等の面、20余面があるが現在は、人口減により鼻高面だけを使うらしいが、まだ見たことはない。
なお面箱に「文保元(1317)年六月十五日、日州住侶再興永禄五年十一月一八日貞宗敬白」とある。
大きな杉に囲まれた社である。

上花園神社

上花園神社

上花園神社

上花園神社

上花園神社

上花園神社

晴れのち曇りのち雨のいちにち2020年09月22日 20時07分52秒

なんともいろいろ変わった一日だった。
朝早くから用事ができてかつらぎ町の花園村に行った。

神社を見て学校を見て街を見た。

花園村にはいくつかキャンプ場があるが、シルバーウィークであり、結構たくさんテントを張っていた。
バイクとたくさん出会ったが、たくさんの雨が降ってきたので困っただろうと思う。この気温では濡れると寒いからね。

ここ花園村も過疎に悩む。どう活性化するかという議論をいろいろした。
子弟が帰ってきて生活ができるようになんとかしたいとは思うが。

かつらぎ町花園村

ひょっとして恐竜ランドができたときに作ったのかな。

かつらぎ町花園村

創立100周年の記念碑。こうして人形を並べた記念碑は初めて見た。

かつらぎ町花園村

河原でバーベキューをしていた。水はめちゃくちゃキレイ。

かつらぎ町花園村

栗がはじけそうであった。

かつらぎ町花園村

コウヤマキの100円販売所。皆一把ずつ買った。

かつらぎ町花園村

かつらぎ町花園村

小学校からの集落。

かつらぎ町花園村

洗濯機を改造した機械。

かつらぎ町花園村

花園村中南の集落。いいなこんな風景。

かつらぎ町花園村

そして金剛の滝。今日の目的地である。野猿がある。

かつらぎ町花園村

夏はプール代わりで賑わうという。この水車の下に小水力発電所を建設中である。

かつらぎ町花園村

龍がいた。

風はあるがまだ暑い2020年08月24日 21時31分04秒

やっぱり台風のおかげでかなり暑い。
これが串本の沖などのルートをとればかなり涼しくなるのだけれど、やっぱりおかしいね。

今朝庭を見たら朝顔が今年初めて咲いた。
小さな先祖返りした朝顔だが、咲いてくれるとうれしい。
ゴーヤは昨年をよく獲ったが今年はなぜか大きくならず、小さいままのが多い。

Aさんが2週続けて慶応大病院に入った。
河井夫婦の初公判を25日に控え、首相も同じく公職選挙法違反で刑事告発を受けた身である。
立件逃れの“盤石シフト”は崩れ、いつ司直の手が伸びるのかと怯えているに違いない。
頼りにしていた検事長がいない今、いろんなストレスで体調を壊しているのかも。

今朝やっと咲いてくれた朝顔。


ちっとも大きくならないゴーヤ。右上にも小さいのがあるがこの大きさから大きくならない。


はじめはフナかなと思ったが、ジャコのような体型をしていた。大きな亀が日陰を選んで歩いていた。


水をもらえないのかもう季節が終わったのか、しおれだしたひまわり。




だんだん稲穂も伸びてきた。

終戦記念日は殺人的な暑さだった。2020年08月15日 22時26分47秒

今日終戦記念日。殺人的暑さだった。
毎年いつもこの日は暑いが今年は格別だった。

終戦記念日の式典もいまいち盛り上がりに欠ける。
コロナはますます感染者数は増えている。
沖縄の感染者数が増えているのが気になる。
GOTOトラブルはまさにトラブルを運んでしまった。
識者や専門家は想定内と言っているが、政府の人々はこの想定もできなかったのか。
支持率が下がるのも無理はない。
よその国だったら退陣を要求してデモが捲き起こるだろうが日本人はおとなしい。
それにしてもコロナに関して政権側からは全くメッセージが出てこない。
言わなければいけないことがいっぱいあるはずなのだが、国民を馬鹿にしているのかもう投げやりになっているのか。

今年のお盆は全国的にさみしい。
写真は1991年8月美里村の盆踊り風景である。
年に一度のこうした集まりでご先祖様をお迎えしていたが今年はなくなったところが多い。都市部から里帰りしてコロナ感染がわかったら、マスコミは鬼の首を取ったように報道する。
PCR検査態勢が不備だからこうなるのはわかっていた。
政府の責任は重い。





依然暑い日2020年08月02日 20時55分59秒

今日も暑かった。
暑いのはかまわないのだがこのジトジト感がつらい。

政府は多くの人の移動が予想されるお盆休みの帰省や旅行に関し、「できれば今週中に(専門家らによる新型コロナウイルス感染症対策分科会を)開いて、専門家の意見を頂いた上で判断したい」と述べ、対応を検討する考えを示したそうだが、専門家が意見を言い提言をしても、聞き入れなければ意味ないじゃん。

新型コロナウイルスの重症化リスクが高い高齢者と接触が増える帰省については「慎重に考えないといけないのではないか」はいいとして、具体的にどうすればいいかにはやはり言及しなかった。
盆踊りなどは注意して、クラスタが発生した地域から帰省するのであれば、PCR検査をし、拡散を防ぐ手立てを打ちなさい、とか一言があってもいいと思う。
PCR検査は有料だものね。
国家を揺るがす伝染病の検査は無料にしなければますます罹患者が増える気がする。
一方で家族旅行は「やってもらってもいい」と述べたというがどこかおかしいね。
専門家に自分たちの考えを肩代わりさせ自分たちは何も考えない。今の政府はどうなってるのかな。

写真は1977年那智浜海水浴場。8月に撮ったのだが、まだ海開きをしていないのか、人が誰も泳いでいない。
最近紀南へ行けていないので、こういう写真で辛抱している。


この頃からどん兵衛があった。シャワー室がすごい。




貸しボートなんてあったけ。


雨ばっかり。コロナの勢いが止まらない2020年07月27日 20時59分04秒

長いこと写真を撮っていると自然と機材がたまってくる。
私の場合、下取りに出さずに次のを買うので余計増えてくる。
撮りたいものを撮れる機材に頼るというので必然的に増えてくる。
例えば虫を撮りたいとなると、マクロレンズがいる。
鳥を撮りたいとなると、ボーエンレンズがいる。
街角をウォッチングする場合はやはりワイドレンズがいる。
機材などはどんなのでもいい、要は腕だというプロ写真家がいるが、私の場合はやはり機材になる。
「被写体だ」というのは一般的な概念で、これは正論である。
となるといかにいい「被写体」を見つけるかであるが、しかし被写体はモデル撮影会以外は相手から撮ってくださいとはならない。
やはり「現地に行こう「現場を見よう」となる。
何やら会社でよく言っていた言葉であるが、やはりいつでもなんでも足で稼ぐ以外にない。その昔は古い町並みを探して車を走らせたが今の家からではそういう所もない。

あったのかもしれないが、消えた。少しでも訪問客を呼ぼうとカンコーチ化を目指し、街が壊れてしまっている。
先日も書いたが、おしなべて安っぽいのぼり旗がはためきインスタ映えを狙った奇抜な食べ物を売っている。
おじさんにとってはシャッターを押す気にはならない。

そこでもっと困ったときには、「市場やね」となる。
市場は、うまそうな魚や野菜がたくさんあり、雑踏があり、人の行き来があり、写欲がそそられる。時として雑踏にそぐわない美人の売り子さんもいる。ま、ほとんどが安らぎを与えてくれる同年配の女性が多いのだが。
それやこれやで行き詰まると味のある市場を撮りに行った。
ここで過去形を使ったのは、最近は昆虫と鳥ばかりを撮っているので、市場にも久しく行ったことがないからである。
昆虫や鳥はショーゾーケンなど考えなくてもいいし、構図とか関係なしに撮るだけで野生の存在を感じるからである。
必然マクロレンズやボーエンレンズがほしくなってくる。しかし我慢をして昔からのストック機材で間に合わせている。どうせ私の腕はたかがしれているので、カメラよりも何倍も高い白い外装の明るく長いボーエンレンズは、ほしいが目をつむっている。虫を撮るにしてもストロボなどたくさんの機材がいるのだが、それにも目をつむり、今あるもので工夫をしながら撮っている。

ほどほどの機材でほどほどの撮り方しかしていないので、撮れた写真もほどほどとなる。ここに来てテーマを決めて撮ろうと思っているが、これがなかなか難しい。
悩みはそこにある。

バイクにカメラ一式を積んでそんなことを考えながら走っている。

ポンガシ屋さん

もはや絶滅危惧種の路地裏ポンガシ屋さん。これは珍しくご夫婦で耕運機でやってきた。写真をリサイズしながら我が団地だとわかりビックリした。

ポンガシ屋さん

撮ったことを忘れてしまっている。普通だったら「ポン」と言わせているところも撮るのだがこのときは撮っていない。何か急いだのかもしれない。

ポンガシ屋さん

耕運機に書いた看板の文字がまたいい。

ポンガシ屋さん

ここで「ポン」としたのかなー。見たかった。

こうしたポンガシ屋さんはもうほとんど見ることがなくなった。
あるところにはあるのだろうか?
ポンガシそのものは今でもあり、よく買って食べるが、ほかほかと暖かいのはもう味わえないのだろうか。
この写真は1991年6月だからもう30年近くたっている。もうこのお二人もいないだろうと思う。こんなポンガシ屋さんが今走ってきたら、絶対「ポン」といわせてもらうけどね。

クマゼミが今年初めて羽化した。2020年07月07日 20時19分53秒

雨が降ると水をやらなくていいが、ニュースで聞く水害の被害はすごいことになっている。
何か手助けを、と思ってもどうしようもないしボランティアも県を越えての応援は難しいから大変である。
フェイスブックでもコロナ禍と自然災害と同時に起こることを心配する書き込みがたくさんあったが、その心配が的中した。
これで地震などが起こったら目も当てられない。しかし世界各地で地震が群発している。不気味である。
ウィルスを始め、大雨など自然の威力を感じ、そのパワーには人類がいくら頑張っても負けてしまう。
人類はもっと謙虚に自然を大事にしなければいけない。
太古から、自然を、岩や山を、神とあがめた日本人は、そのパワーを知っていたのでせめて祈って鎮まり守ってもらおうとしたのだが、現代人は自然の怖さを忘れてしまっている。
怒っている感じである。

朝庭を見るととうとうゴーヤがなり出した。まだ小さいが楽しみである。
クリニックに定期検診に行ったが、行きはたいした降りではなかったが帰りはかなり大粒になって来た。
昼から雨になると予想してバイクで出かけたが、やはり降ってきた。
いつもの和歌山電鉄沿いの道を走ったが、前が見えないくらいに降ってきたので、ガード下で小降りになるのを待った。
ただ待っているのはつまらないのでコーヒータイム。
電車が2回ほど通った。

今日の庭でゴーヤが実をつけたことよりうれしいことがあった。
毎年羽化するセミの抜け殻があったことである。
一時は10匹を超える羽化があったが、年々その数が少なくなり、昨年は5匹くらいしか羽化しなかった。
今年はすでに2匹。これは今年期待できるかなと思う。
楽しみである。

羽化の瞬間の、命の輝きを見るのは、うれしい。

ゴーヤ

小さいが立派なゴーヤ。これから次々出てくるだろう。

和歌山電鉄

タマ電。

和歌山電鉄

ウメ電。

クロスカブCC110

コーヒータイム。

クマゼミ

抜け殻。

クマゼミ

きょうは二匹あった。

クマゼミ

庭で仰向けになりバタバタしていたので、家の中で様子を見た。

クマゼミ

アジサイの葉に移したが飛ぼうとしなかった。羽化の時何か支障があったのかもしれない。

クマゼミ

梅雨の晴れ間。2020年07月05日 20時53分34秒

風は依然としてあったが晴れた。
緑花センターの蓮はどうかなと行ってきたが、まだ十分ではなかった。

ミノルタを提げたおじさんが(向こうはオリンパスを提げたおじさんと思っているかもしれない)一生懸命少ない蓮を撮っていた。
「まだ十分咲いてないですね」
「そうやね。まだあかんね」
「咲き出したら朝早くから開けるとアナウンスがあるのですけどね」
「あれは今年ないそうや。この橋が結構狭いからということや」
「そうですか」
「今日来たのはね、このカメラが昨日届いたので試し撮り」
「ミノルタですか、あれは色がよくて写りもいいですね」
「そうや、デジタル2倍ズームも効くし、APS-Cレンズをつけたら1.5倍で結構クローズアップができるからね」
「いいですね」
とうれしそうであった。その気持ちわかる。そういえば最近はそういうトキメキの瞬間を味わったことないなー。
古い機材ばかりだものね。カイカイムシが起こっても先立つものがない。
よく写る機械がたくさん出てきているが、少しさみしい。

トンボなんかワンサカいるかと思ったがいることはいるが少なかった。
肝心の蓮の花は、少しばかり咲いているが、まだ十分ではない。
来週の中頃かな。

園内にはいくつかの東屋があり、その中で昆虫や鳥が来るのを待ったが、ホオジロだけが木の上できれいにさえずってくれた。

そういえば今日は東京都知事の選挙である。
ま、小池さんで決まり。
それよりAさんはどうなるのだろうか。
外野席がいろいろうるさいが、これほど国民をないがしろにした人はいないのでね。

九州の大雨被害も甚大である。中国もどうなるかわからない。
災害が起これば自分の身をどう守るかシミュレーションしておかなくてはいけない。
災害はいつ起こるかわからないからね。


こんな花はちらほらだった。


何かの幼虫。


赤とんぼ。


白い蓮もあった。


トンボ君達。


キキョウがきれいに咲いていた。


枝の先でさえずってくれた。


花の先っちょが少し赤いのが色っぽい。


アジサイの上にいた。キリギリスのようだがそうではないみたいである。調べておく必要あり。


キリギリスのようなバッタを撮っているとムカデが顔を出した。花をいじってなくてよかった。


アジサイはもう終わりであった。

花園村2020年07月03日 20時58分32秒

朝からは晴れていたが、天気予報通り雨になってきた。
今日は花園へ少し調べ物をしにいってきた。
花園では本降りになってきた。
昼すぎについたがちょうどネムノキが雨に濡れしっとりときれいだった。

車にはほとんどあわなかった。
三カ所ほど道路工事をしていて工事区間のための信号がつきその間車がたまった。
行きしなはほとんどが一台か二台であった。

雨が降っていたので恐竜ランドを見に行った。

花園村恐竜センター

恐竜はかなりできがいいし、屋外のものはほぼ実物大である。

花園村恐竜センター

結構リアルにできていて見るだけでも楽しい。

花園村恐竜センター

花園村恐竜センター

花園村恐竜センター

恐竜を見て歩き分岐の道をいくといきなり仏像が。

花園村恐竜センター

そして地獄があった。

花園村恐竜センター

こういうのを好きな人もいるけどね。

花園村恐竜センター

そして恐竜。

花園村恐竜センター

恐竜から地獄と、その変化に少し戸惑った。
ターゲットが中途半端な感じがした。
もう少し子供向けのもいるのではないか、という声もあった。
坑道が結構入り組んでいるので、エリア分けをし、展示内容をもう一ひねりする必要がある気がした。
ここまで来て地獄は見たくないので、子供が楽しめる内容がいいような気がする。
各エリア入り口に扉をつけ、どんな展示があるだろうかと思わせるワクワク感を演出するのも方法かもしれない。

昔見たときは動く恐竜もあった気がしたのだが、少し全体に小ぶりになった感じがする。このランドにもっとたくさんの人に足を運んでもらうにはどういう展示をすればいいか、かなり悩ましい課題である。恐竜のできがリアルでいいだけにもう一工夫がほしい気がした。
奇想天外な創作恐竜ばかりを集めたエリアを作っても面白いかもしれない。
今はやりのインスタ映えのする恐竜を作りSNS用キネンサツエイするのもいいかも。

見終えて
「寒かったです」と事務所の人に言うと、
「そうですね。一年中13度くらいですから今日位の気温だと少し寒いかわかりません。もう少し暑いといいのですけどね」

見学を終わると、雨がさらにきつくなってきた。

花園村恐竜センター

駐車場の横に山百合が3本咲いていた。この花もめっきり減った。

今日もいい天気だった2020年07月02日 22時48分34秒

今日もいい天気。
朝からまた一つホームページを新しくした。
やはり昔時間がなかった頃のは作りが荒く、デザインも悪い。
それに画像が重いのでリサイズしながらページを作り替えているので時間がかかる。
しかし楽しい作業ではある。

あれこれ作りたいのはたくさんあるが、最近のはブログに任せている。
ページの容量が多くなると追加料金を取られるので軽く軽くしている。
あまり軽くすると今度は画質が落ちてみるに耐えないようなものになる。
そのさじ加減が難しい。
今旅のページを作り直しているが、行ったときのことを思い出しながらリニューアルしている。
よくあちこち行ったなと思う。

yahooのニュースを拾い読みしていたら、『米科学誌「プロスワン(PLOS ONE)」に掲載された論文によると、豪ウエスタンオーストラリア(Western Australia)州の遠隔地の沿岸水深約2メートルの海底で、7000年以上前にアボリジニの人々が作製した古代の石器が数百個発見されたという。』という記事があった。すごいね。
これでオーストラリアの原住民の暮らしぶりがわかったらすばらしい。

日本では卑弥呼がどこにいたかというのが未だにわからないが、私は、古事記や日本書紀を作るとき都合悪いから歴史の事実から抹消されたのではないかと思っている。
きっと時の権力を握ったものが、卑弥呼がいたと言うことを後の世に引き継ぎたくなかったからだろう。
もし彼女がいたら天皇家を立ち上げるとき都合が悪いと思う。
秦の始皇帝がやったような焚書に近いことをやったのではないだろうか。

それは現在もある。
大事な公文書を、「それらの文書は廃棄しました」といとも簡単に、廃棄したとのたまう忖度マンがいつの時代にもいる。

写真は、最近“日本のアマルフィ”と呼ばれている雑賀崎の1975年7月のスナップである。急峻な地形に建物が張り付いたような独特の景観は、確かにアマルフィとよく似ているが、1975年当時は町中もクラシックで今より遙かによかった。

1975年7月田ノ浦漁港

漁をする舟はほとんどすべてが同じ色塗りで、これだけでもかなりインパクトがあった。

1975年7月田ノ浦漁港

1975年7月田ノ浦漁港

1975年7月田ノ浦漁港