今日は風が強くて寒かった。2021年02月27日 20時26分46秒

今朝は6度ほどあったが一日中風が強く気温も上がらず寒い一日だった。

24日の日に花園に用事で行った。
その際北寺に立ち寄った。以前来たことがあるのだが、暗くてあまりきちんと見なかった。道のそばにあることから立ち寄った。

北寺観音堂の縁起は定かでないが、高野山の寺領として栄えた時代、集落すべてに伽藍形式のお堂があった中のひとつであると伝えられている。
本尊は観世音菩薩で、有田川町板尾の岩坂観音とは兄弟であるともいわれ、昭和28年の大水害で北寺集落が山津波で全壊した際に、このお堂だけが残ったという。
村全体が山津波に押しつぶされ、この寺だけが残ったというとてつもない惨事だったのだ。地蔵さんの裏になくなった方の名前があった。










それにしても政治が悪いと何もかも悪くなる感じだ。
愛知知事のリコールをもくろんだと思えば、それがアルバイトを使って名簿の書き写し作業が行われていたことがわかったが、主導した「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」事務局幹部の発注書を警察が押収したことの報道もなされるなか、リコールの会も弁護士と共に記者会見をして、それぞれ自らの関与を否定したものの具体的な説明はほぼなく、混沌とした事態となっているということである。
訳がわからない。

混沌にはかなり慣れっこになっているが、具体的な説明がないというのはどこかの
国の政府によく似ている。

それにまずいことが露見して記者会見などで「お詫びいたします」といいながらお辞儀をしているが、それが心からのものでないことはすぐわかる。
それに記者会見を開かなければいけないのにまずいことがあるので、拒否している人もいる。

本当に日本はどこへ行くのだろう。


今日もメジロ君もヒヨドリさんもよく来た。

今日も6度。ホンカクテキな春かな。2021年02月22日 10時04分44秒

先日バイクで走っていて、小さな神社に気がついた。

その神社は、歴史の長さを感じさせるような階段が続いていた。
いまにも崩れそうに縁が垂れ下がっているので、足下がおぼつかないものにとっては登りづらい。
手すりがありがたかった。

和歌山の白鬚神社は日高町の阿尾が有名だ。
そこの白鬚神社は400年程前に、天文の時代に滋賀県高島郡の白髭白鬚神社から、分霊を奉戴したのが和歌山県の白鬚神社の始まりとされている。
県の指定文化財となったくえ祭りが行われるが、その分霊を奉戴した際に携わったとされる区内の九戸の戸主の家が代々とり仕切っていると言われている。

じゃあこの白鬚神社はどれくらいの歴史を重ねてきたのだろうか。
いずれにしろ琵琶湖にある白鬚神社からの分霊とは思うが、山里にひっそりある感じで良かった。
こんな神社好きだなー。

白鬚神社

白鬚神社



白鬚神社

白鬚神社

白鬚神社

今朝は5度。だいぶ暖かい。2021年02月12日 21時12分23秒

今朝は5度だった。
朝の気温も少し高くなってきた。
もう二月中旬だものね。

最近オジサンには少し難しい言葉が増えてきた。
特に若者言葉がわからない。
最近悩んだのが「エモる」であった。
「キモい」や「ウザい」は理解できたが、「エモる」というのが最初わからなかった。
エモーションという言葉からきているのはなんとなくわかっていたが、それがいい意味だとはわからなくて、何か悪い言葉かな、と最初は思った。

しかしよくよく聞いてみると、「エモい」とは、なんとも言い表せない素敵な気持ちになったときに使う、主に若者の間で浸透しているスラングという。
感情が揺さぶられたときなどの使うらしいが、なんか違う感じがするのだけどね。
ほかにも「バズる」という言葉もある

英語の「buzz」 には「 噂話 などでガヤガヤ騒ぐ」となっていて「話題になる」という意味は大体わかったが「る」をつけるとやたらおかしい言葉になる。
「リアタイ」「エゴサ」などは、もうよその国の言葉のようである。
「リアルタイム」や「エゴサーチ」の意味らしい。
「jk」単に「女子高生」の頭文字であるのを最近知った。これは日本語じゃないか。
日本語って便利だ。英語あり、日本語あり、ほんと何でもありである。
「オジン」はついて行けなくなってきた。

そういえば昔「ナウい」などという言葉があり、最近それを使うと「それはオジンギャグでもう死語」と言われたな。

写真は1978年和歌浦の雪の日である。


気温は4度。2021年02月01日 19時44分39秒

今朝は4度。
昨日とあまり変わらないが、天気予報では夕方雨が降ってくるという。
冬は雨の日は気温が上がる。
新聞配達をしているとき、雨が降ると暖かいのでうれしかったのを覚えている。

和歌山の山東地区で毎年かかしコンクールをしているが、今年も賞が決まったらしく名前と案山子名が書かれた札があった。
鬼滅の刃のお姫様が多いね。
どんなストーリーかも知らないが、見た人は泣けてくるという、どんなんだろう。
劇場アニメはミッキーマウス以外はあまり知らなかったころ、日本製で初めて見たのは「白蛇伝」で、当時は結構リアルでいい物語に思った。
もう半世紀以上たってしまった。
日本のアニメは世界的に人気だという。世の中も変わる。

へのへのもへじでよかった案山子も最近は手が込んできた。
しかし追い払うべきスズメはずいぶん減ってきた。









今朝は0度。寒!2021年01月30日 21時01分35秒

今朝は0度だった。
それほど寒く感じなかったのだが温度計を見て寒くなってきた。
というより風が昨日ほど吹いてなかったからかもしれない。

朝から用事で花園に行ったが、寒かった。
花園村の建物や土地を見て回ったが、過疎地の寒さを感じた。
オートキャンプ場ではテントを張っていた。
夜は冷えるだろうと思ったが、冬だからの楽しみもあるかもしれない。
一度やってみたいが、夜が明けても起きてこない羽目になるかもしれない。

帰り道道路の気温標示はマイナス0.8度であった。
かなり寒い。
そして下界に降りたところでは5度あった。
ずいぶん差を感じた。


水量は冬にしては多かった。写真右手の水車の下に小水力発電のユニットがある。


トタン屋根からつららが。


一番高い家から集落を見た。屋根には雪が残っていた。


もう人は住んでいない感じだった。


昔は田んぼだったようだがススキが生い茂っていた。その中にあった草むらのヒーロー。一世風靡のスバルサンバーだった。


山は深いし、日の暮れも早い。


梅が咲いていたところもあったが。
花園はまだ春は遠い感じである。

今朝は0度だった。2021年01月18日 20時21分57秒

天気予報通り、寒い朝だった。
鳥もあまり寒いと飛んでこないのか鳴き声が少ない。

何もしないで一日が過ぎた。

何もしないからテレビを見ていたら、昼からSさんの施政方針の演説を聴いた。
新味のない心に響かない演説であった。
コロナに関しても、「じゃーこの一年間何をしていたのか」と問いただしたくなるような内容であった。
「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と言うがその実現には、今のままではほど遠い。2月末日までにワクチンを打つと言うが、実現できるだろうか?
ま、下々が打てるのは6月を過ぎるだろうね。
もし打つ人数が少ないと東京オリンピックは中止せざる得なくなるのではないだろうか。やるだけやってもらいましょう。

それより後の大臣の方が内容はともかく、口調がはっきりして遙かによかった。

いろいろ行きたいところもあるのだが、「自粛」している。
奈良では年明けにいろんな祭りがあるが、奈良も感染者が多いので、いけないでいる。オリンピック以前の問題として、早く自由に行き来できるようにしてほしいね。

写真は1991年1月の古座の町の何気ない風景をカシャ!
こういう写真を忌まん目線でもっとたくさん撮りたいのだけれど、コロナのせいで、いけないでいる。







思うほど寒くはなかった一日2021年01月17日 20時39分50秒

今朝は寒いと言われていたが、そうでもなくフツーの冬の朝だった。
最近は、新聞を取ってくるとまずコロナ感染の和歌山が何人になっているかを見る。
そして患者が出た町を見る。幸いまだ紀の川市は少ない。
これが近くで感染していたらおちおち散歩もできなくなる。鳥撮りどころではなくなる。
やっぱり和歌山は県外に由来しているところが多く、または介護施設が多い。
気をつけなければと思う。

そんな大事なときに内閣の支持率は33%、不支持率が57%になった。もうこれはほとんど国民は内閣をアテにしていないと言うことだと思う。前から書いているようにメッセージがまるで伝わらない。

この9月にデジタル庁を作るというが今のスマホ時代を全然見ていないのが実態でまた利権の巣窟になりそうな気がする。
今は新聞やテレビなどあまり見聞きせず、スマホの書き込みを垣間見、そしてフェイクニュースであろうがなかろうが、短絡的な解釈をするのがスマホ世代の常である。単なるエッセンスだけをピックアップしていて、本質を見ていない人が多い。
コロナ患者が10代20代に多いのもうなずける。その人達に感染防止を頑張ってもらわないと感染者数はまだ増える。

写真は1981年1月の本宮大瀬観音の祭礼で、今もやっているかどうかわからないが、本宮の奥のいい行事だった。
もう40年経った。


細い山道を登ったが、結構時間がかかった。




念仏講が観音様に向けて念仏を唱える。




行事の終わりにもちまきがある。


久しぶりに会ったのだろうね。うれしそうに話していた。

昨日と打って変わっての寒い一日だった。2021年01月05日 21時10分35秒

今日は昨日と打って変わって底冷えがした。
昼でも6度か7度くらいしかなかった。
用事で病院に行ったが、やっぱりたくさんの人が来ていた。
和歌山は他県からの帰省や同窓会での感染が多い。
なぜか病院の駐車場も他県ナンバーが多かった。

写真は和歌山の一銭橋で、その昔飛び入りで普通免許がうかり、この橋を意気揚々と渡ったことを思い出す。
当時は確か六十谷辺りに試験場があった気がする。

橋の歴史は古く、最初は明治8年らしい。
明治41年頃、楠見村長や和歌山市民が協力して橋を建設。
橋の修復の為に有料とし、楠見村に住む人は5厘、村民以外の人は1錢の通行料を取り、橋を運営。1錢橋の別名はこの時についた名だそうである。
その後、市が管理を行うようになって通行料はななくった。
橋は木造で、昭和37年に最後の架け替え工事が行われたが、鉄骨の橋に木造の橋が継ぎ足されているという奇妙な修復で、面白かったので写真に撮っておいた。
木造の橋を車で通っても大丈夫か?と不安になるような不思議な橋だった。とにかく狭くて車の運転の下手な人にとっては、苦行みたいな橋だったと思う。
やっと掛け変わったのは平成15年らしい。

写真は昭和64年頃かな?

和歌山 一銭橋

今の車のサイズではすれ違うのは難しいと思う。

和歌山 一銭橋

和歌山 一銭橋

和歌山 一銭橋

支えの木も割れている感じがするが。

和歌山 一銭橋

和歌山 一銭橋

和歌山 一銭橋

和歌山 一銭橋

高野山は雪だった。丹生都比米神社初詣2021年01月02日 20時47分39秒

今日も寒かった。
まだ向かいの山に雪が残っていたので、高野山は雪だろうと思い、走った。
案の定雪は積もっていた。高野山へ抜ける道はずっと積もっていた。
高野山道路に入ると道路の両脇にうずたかく雪が積まれているところもあった。
山内の道路はアイスバーンになり、レスキューされた車もあった。
県外の車はノーマルタイヤできた車が多く、県内の車は高野山の雪が深いことを知っているので、割とスタッドレスが多かった。
奥の院の駐車場でも県外の車でスリップしながら走り出す車があちこちで見られた。
駐車場で休憩を兼ねて温かい飲み物を飲んでいると急に暗くなり雪が降ってきた。
丹生都比米神社のも寄りたかったので、壇上伽藍の根本大塔に向かった。この頃は雪がやんでいた。

壇上伽藍はさらに雪が深かった。
いろいろともっと撮りたいところもあったが、寒さのせいかトイレに行きたくなり、じっくり撮れなかった。
丹生都比米神社はいつもなら小屋の中に椅子を置き、甘酒が出てくるのだが今年はなかった。

高野山雪

雪で作ったコーン。うまく使っていた。


アイスバーンになった駐車場。ずいぶんフロントタイヤを滑らせる車が多かった。

雪の高野山 壇上伽藍

ちょうど晴れてきた。

雪の高野山 壇上伽藍

私の好きな西塔。

雪の高野山 壇上伽藍


雪の高野山 壇上伽藍

初詣は丹生都比米神社だったがかなり暗かった。

丹生都比米神社初詣

秋に紅葉で綺麗だった池も一面の氷が張っていた。

丹生都比米神社初詣

それでもたくさんの参詣客がいて駐車場はいっぱいだった。

丹生都比米神社初詣

丹生都比米神社初詣

丹生都比米神社初詣

丹生都比米神社初詣

丹生都比米神社初詣

丹生都比米神社初詣

丹生都比米神社初詣

雨で鳥撮りには行けなかった2020年12月24日 14時39分46秒

今日は朝から雨。
医者へ薬をもらいに行ってきた。
今日こそ鳥を撮ろうと手ぐすね引いていたが雨が強くなってきたのでやめた。
それにコロナでどこへも行けない。

引き続き古い写真だが1975年6月の田辺街角のポンガシ屋さん。この商売もイベント以外ではあまり見かけなった。
ポンガシ屋さんがきているとの聞き込みとポンと響き渡る音とでお米と砂糖を持ってポンガシ屋さんの所に集まった。来るおうちは毎回決まっていた。
ほかほかしたポンガシのアジはお菓子の少ない子供の頃には美味しい食べ物であった。
今でも売っているが、すでにできたもので、ポンと言った後のホクホクポンガシには勝てない。とは言いつつ売っているとすぐ買ってしまう。食べた後、こぼれて車の中がポンガシだらけになるのは愛嬌である。

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

ポンガシ屋さん

今日のニュースで前IT大臣がコロナにかかったという。会食のことは知らなくて責任はないと言うが、こういう大事なことを言わないはずはない。
忘年会とする以上は酒席があるのは当然である。
一体この国はどこへ行くのだろうか。
10倍も人口があるお隣の国は押さえ込みにITも活用している。
我が国も少しはまねしてもいいのじゃないかと思う。