久しぶりの雨でしたが余り気温は下がらず2018年08月15日 22時59分22秒

久しぶりに雨が降りましたが、それほど涼しくはならなかったですね。
庭に水をやらなくてもよかったのが、いいとしましょう。
湿気が高いので涼しさを余り感じませんでした。

台風も次から次にできてきますが、天気予報も今年の台風の進路は確定しかねている感じですね。
マスコミも声高に、地球温暖化のせいだとは言いません。
地球温暖化のせいで海水温度が上がり異常気象になっていることを知らせてほしいですね。

ニュース番組で、出演している一部のコメンテーターが時々言っているだけです。

先日久しぶりに100均ショップへ買い物に行きましたが、プラスチックの製品が多いですね。それでもほとんどのものが揃っています。
ルアーも100円で売っていました。100円のルアーで釣れたらいいですね。
値段が安いので、根掛かりなど気にしなくてもきわどいところに打ち込めるでしょう。
他の商品でもこれが100円でできるか、という商品も中にはありますね。

写真は1980年白浜温泉祭りです。
今でもやっているのかな。

今見ても、ペーソスの漂う、いかにも地方の祭りという感じがします。





今年のお盆休みは、行きたかったところにはいけず、ストレスの残る5日間でした。
何かでリカバリーをしなければ・・

夏はやっぱり暑い2018年08月13日 22時24分07秒

今日もめちゃ暑で、39度ほどありました。
やっぱり異常な高温ですね。

普通雷が鳴ればザッと一雨来るのですがそれもないですね。
進路のはかりづらい台風が次々にできています。

今年の冬はこの揺り戻しと気圧の関係で、めちゃくちゃ寒いのではないかと心配します。暖かい冬であったなら、また来年の夏の暑さがコワイですね。

今日もどこへも行かず、いらなくなった、というより身辺整理が必要なため、古いカメラや車のカタログを整理しました。
ルーチェやカペラに始まりファミリア、ランサーとみていて飽きないものばかりですけどね。カメラではニコンやキャノンのフィルムカメラのカタログを結構丹念に集めていたので量的にはかなりありました。

捨てることにしました。

写真は1976年8月。
確か宇久井海岸かなと思いますが、はっきりしません。
今でもこういう光景はあるのでしょうか。
何となく人が生活を楽しんでいるという感じがいいですね。

ボイラーで干物に作る時代ですが、やはり天日干しは栄養価が高いのですけどね。

1976年夏

暑さしのぎにガード下で。

1976年夏

芸術ですね。

1976年夏

なんとものんびり。

1976年夏

いかにもおいしそうです。

人類の滅亡期がやってくる2018年08月07日 18時05分20秒

MSNのニュースで、

「デンマークのコペンハーゲン大学(University of Copenhagen)やドイツのポツダム気候影響研究所(Potsdam Institute for Climate Impact Research)、オーストラリア国立大学(Australian National University)などの研究者がまとめた論文によると、このまま極地の氷が溶け、森林が伐採され、温室効果ガスの排出量が増え続けていくと、地球は転換点となるしきい値を超える。そうなれば気温は産業革命前よりも4~5度上昇し、海面は現在よりも10~60メートル上昇し、21世紀末までに各河川は氾濫し、沿岸地域は暴風雨にさらされ、サンゴ礁は消滅。地球の平均気温は過去120万年間のどの間氷期よりも高温になるという」

という恐ろしい論文が紹介されていたのでコピペしました。

以前から言われていたことですが、現実に対応しなければいけない緊急事態になってきたことがわかります。
大雨、強風、干ばつすべてが加速度的にその厳しさを増してきています。
人間のわずか200年の間の経済活動がこの危機を招いたので、人間は力を合わせて温暖化対策をしなければいけないときになりました。
戦争などしている場合ではありませんね。

論文の紹介記事は、

「化石燃料を、最終的に廃棄物をゼロにする「ゼロエミッション」のエネルギー源で置き換えていくことや、植林のようなCO2吸収に関する戦略をさらに考え出すことを提言している」
としています。

写真は1976年の熊野の海岸です。
海水面が10mあがっても、この何とも言えないいい景色は消滅します。






紀ノ川紀ノ川バス釣り・・雷魚が釣れた2018年08月05日 14時20分28秒

暑い中、紀ノ川はどうだろうかと出かけました。
昨日釣具店で紀ノ川下流で釣れた、62センチのバスの写真を見せてもらいました。
やっぱり60センチを超えると迫力があります。

その写真を見たわけでもないのですが、今日はどうしても川にでたくなりました。
ネッチュウショーがチラッと頭をよぎりましたが、出かけました。

まず休憩。

用意をしてコーヒータイム。
コーヒーが沸くのを待つ間、メップスブラックフューリーの小さめをつけてブルーギルを何匹か釣りました。

コーヒーを淹れ飲んでいるとき、割に型のいいバスが前を通り過ぎました。
これはこれは、と思いたも網を用意し、必殺ラパラをつけて態勢を整えました。

対岸近くで水面が少し揺れ、魚がいそうな気配がしたのでそこめがけてラパラを打ちました。

一発でヒット。

バスの引きにしては強くて粘っこい、近くに来るとやっぱり雷魚でした。

紀ノ川バス釣り

結構大きくてこのアングルでは入り切りませんでした。

紀ノ川バス釣り

横にすると結構な大きさでした。
たも網を使ってよかったです。

紀ノ川バス釣り

取り込んでからのたうったので、ラパラのフックが皆ゆがんでしまいました。
ルアーの泳ぎがいいように細いフックを使っているのですが、雷魚には少し細すぎました。ともかく久しぶりに引きを楽しませてくれました。

紀ノ川バス釣り

それにしても、やっぱりラパラ。

かなりの暑さでしたが、川面は涼しい風が時折吹き、快適でした。

またまた暑い休日2018年08月04日 21時11分58秒

朝から暑い一日の始まりでした。
庭の水やりをしましたが、ゴーヤがとうとう食べられるように大きくなっていました。

数も思った以上にたくさんありました。
これから楽しみです。

こんな休みの日に行きつけの医者に、薬をもらいに行きました。
せっかくの休みなので釣りに行きたかったのですが、しかたないです。


帰りにいつもの廃道に乗り入れ、和歌山電鉄の電車が来るのを待ちました。
電車が来るまでの間階段があったので登ってみると、古びたお稲荷さんがありました。鳥居も腐食していて葛がたくさん巻き付いていました。
廃道になったので訪れる人も少なくなったのでしょうか。



そして和歌山電鉄。


電車を待つ間、MLBの速報を見ましたが、大谷君がホームランを、それも2本打ったということでした。最近マルチ安打がないなと思っていたら、一気に二桁ホームランを打ってしまいました。
よかったですね。


ここの日陰はかなり涼しかったです。
今日は湯沸かしはしませんでした。

いろんな大学や組織の問題が続いていますが、何となくパターンが同じで、いやになります。
もうボス中心になって威張れる時代は終わったのですけどね。

台風一過ではなかった2018年07月31日 22時19分03秒

先日台風一過と書きましたが、そうではなかったですね。
ループを描いてまだ停滞しています。
やっぱり気圧配置が異常なのでしょう。

今日営業マンが外から帰ってきてすぐに、

「駅前に温度計があって営業に行く前は38度だったのに帰りに見ると40度を超していた。それを見て余計暑く感じてやる気が失せてくる」

と汗を拭いていました。

ほんとにこの天気どうなっているのでしょうね。
粉河祭りも台風のために中止になりました。

観光地も堪えているのではないかと思います。
こんな天気が続いては人もあまり動かないでしょう。

写真は1977年串本花火の時の夜店、だったと思います。
最近の夜店に行っても露天を楽しむという雰囲気は、昔ほどでない感じがします。
せっかくのイベントなのにスマホでゲームなどをやっていますからね。

環境が悪くなれば、人間もどこかおかしくなってくるような気がします。

串本祭り夜店1977年

串本祭り夜店1977年

串本祭り夜店1977年

串本祭り夜店1977年

世界リゾート博の時も暑かった2018年07月25日 12時55分51秒

暑い毎日ですが、なんとなく体の記憶がこの暑さを体験したことがあり、振り返ってみると、1994年のスタッフとして参加した「世界リゾート博」の時もめちゃ暑でした。
その時は、暑さの上に雨が記録的に降らないで、会場内に設置した水タンクの残量が厳しくなり、水を船から供給してもらったりもしました。

アイスクリームがとぶように売れたりもしました。

世界リゾート博

上は納涼ウナギ取りを急きょイベントとして子供ウナギのつかみ取をしました。

大人気でした。

世界リゾート博

夕暮れのサモアショーは大人気でした。

世界リゾート博

いろんな国の人々が参加して盛り上げてくれました。

世界リゾート博

ビールもたくさん売れました。

1994年7月16日に始まったリゾート博からもう24年経ったのですね。
早いものですが、あの時の暑さはいまだに思い出します。

オープン時に入った事務所内はエアコンが電気系統が故障して42度を超していましたが、最近は40度を超す町があるということで、当時より今の気温のほうが高くなっているのを感じます。

リゾート博開催当時は、夕方から夜にかけては、割と涼しかったですものね。
入場者も夜が多かったです。

最近は夜も暑いですから熱中症が多いのでしょう。

竜神岳の自然2018年07月24日 18時26分15秒

外はうだるような暑さですが、事務所の中は寒いくらいで、ブルゾンを羽織っています。記録的な暑さが続きますがこれはいつ終わるのでしょうか?

アメリカでは52度ということですが、日本もいつかそんな温度になる可能性がありますね。

北ヨーロッパでも異常な暑さとかで、山火事などが多発しています。
北極の氷が溶けて動植物の生態系が壊れないか心配です。

人間の経済活動への自然界が反旗を翻している感じです。

写真は先日登った竜神岳の自然のスナップです。
もう少し珍しい鳥などが欲しいですが、空を鷹が舞っていたので鳥の鳴き声もあまりしませんでした。

キノコがいろいろありました。
ほとんど毒キノコでしょうね。名前を調べなくてはと思います。
 
竜神岳の自然

竜神岳の自然

竜神岳の自然

竜神岳の自然

なに鷹かわかりませんが、トンビより一回り大きく、二羽が悠然と上空を旋回していました。

竜神岳の自然

ホウノキの実がなっていました。

竜神岳の自然

ギンボシヒョウモンかな。これは山の頂上によくあります。

竜神岳の自然

向こうに見えるのは大峰山系でしょうか。
崖の崩落があちこちで見られます。

竜神岳の自然

越戒の滝2018年07月23日 21時28分15秒

竜神岳に登った後、帰り道の小さなパーキングの東屋で昼食をし、そのあと越戒の滝に行きました。
ここは平成12年の大雨の際、谷全体が崩落しその姿を変えたところですが、そこはほとんど当時のままでした。
重機を置いていたので補修をしていますが作業はたいへんだと思います。

4kmほど下ったところに滝はありますが、そこに行くまでの道が、まさにアドベンチャーでした。
とにかくあちこち崩落し、石のかけらがゴロゴロ、山肌は今にも崩れそうなところばかりでした。

崩れ落ちた石のかけらの角がとがっていて、もろにそれを踏みつけるとタイヤが切れるので、尖っていて踏むとやばい石を避けながらの走りでした。

滝はいつものようにかなりの水量で落ちていました。

滝めぐりをいろいろしていますが、どの滝も途切れることなく大量の水を流し続けることに感心します。

実は滝に降りるおりくちの前に、スズキのジムニーが止まっていましたが、
「こんなところまで来て物好きな人やね」
と思って降りていくと、私と同じ年ぐらいの男性が一人滝の写真を撮っていました。
その人と、滝の話やここに来るまでの道の悪さなどに話が弾み、住所を聞くと、なんと町内会に人でした。
話はさらに盛り上がりました。

こういうこともあるのですね。

今日は昼から医大へ検査の日取りを決めに行きました。
3時に入り、先生との打ち合わせが終わったのは5時10分ほどでした。
もう窓口は締まっているので監視員さんがいる夜間窓口が医療費の支払い場所でした。
ところが業務を監視員さんが一人で受け付けているため、カードと書類を渡して30分ほど待ちました。
何というシステム。
わずか220円の費用を払うのに30分もかかったわけです。

せっかく院内でオンラインにしているのであれば、カードを渡せばすでに決済が終わって、ディスプレイで費用などと個人とを確認し、すぐに決済できるように改善すべきです。すでに待っていた人も怒って、
「いつまで待たすんな」と窓口へ言っていました。
システムを改善し、フレックスタイムにして専門の受付の人を配置して処理すべきですね。

結局医大を出たのは6時前でした。

写真は昨日の越戒の滝です。

越戒の滝

越戒の滝に行くまでにあるちいさな滝。

越戒の滝

滝への降り口に止っていたジムニー。

越戒の滝

越戒の滝

滝は越戒の滝と衛門嘉門の滝の二つがあります。

越戒の滝

越戒の滝口。

越戒の滝

衛門嘉門の滝。

越戒の滝

道にはこんな石がゴロゴロ。
それにこの辺に石は手で得持っただけでボロボロと欠け落ちてきます。
何時崩れてもおかしくない崖が続いています。

越戒の滝

石のかけらが尖っているので踏まないように気を使いました。
とは言いつつ踏みながら走らなければいけないので、運を天に任せる感じでした。

越戒の滝

2か所ほどこうした水の流れるガレ場を通ります。
かなり神経を使う4kmの往復でした。

これは二輪駆動では難しい道でした。
四輪駆動でよかった。

龍神岳ちょい登り2018年07月22日 22時29分58秒

暑かったので暑気払いをかねて最近はあまり行っていないので、ちょいと龍神だけに登ってきました。

護摩山スカイタワーまでの道はバイクがたくさん走っていました。

龍神岳

キャンプしながら走っているのでしょうか。
荷物がいっぱい。

龍神岳

気温は25度で下界の30度とえらい違いでした。

龍神岳

かなり遠くの山もはっきり見えました。

龍神岳

龍神岳

龍神岳頂上。

龍神岳

バイクも多かったですが自転車もたくさん登っていました。
単純に「熱中症にならないでね」と思いながら一生懸命こいでる自転車を追い抜きました。自転車で登る人が多くなってきたのでラックが据え付けられていました。
こんなおもてなしいいですね。

龍神岳

登山は距離も短かったのですぐ降りることができました。
その後越戒の滝を見にいきましたがそのことは別の日に。