クルマ社会はどうなる2018年02月06日 12時35分39秒

トヨタパブリカ800
先日ホンダカブが1億台突破ということが報道されていました。
すごいですね。
私も初めて自分で買ったバイクがカブでした。
とにかくよく走り、壊れることがなかったですね。

高校2年間ずっと乗りました。
あの頃白浜までツーリングしましたが4時間半かかり、家に帰ったときは砂ぼこりで顔が真っ白でした。
今ダートを探して走るのが楽しいですが、当時は国道42号線が田辺から三重県までダートでした。
確か天皇陛下が行幸なさった時、簡易舗装されたという記憶があります。

それから50年。
クルマもバイクも進歩しました。
自動運転が始まりました。

動力もエンジンから電気モーターに変わりつつあります。
これはいわば先祖返りですけどね。

VWや日産はEVを中国をターゲットに重点的に展開するということで、やっぱり世界的なEVシフトは必然のような感じがします。

日本は国際的にみてずいぶん遅れているのを感じます。
この遅れを取り戻さないとまたぞろもうけをよその国にとられてしまう感じがします。

写真は1968年に私が描いたトヨタパブリカ800です。
ネガをスキャンした中にありましたが、これも懐かしいですね。
今こんな絵を描こうと思っても気合を入れてスイッチを入れないと、根気が続きません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kikuo.asablo.jp/blog/2018/02/06/8783272/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。