県立博物館企画展2019年01月21日 17時45分21秒

昨日、コンサートに行く前に少し早く家を出て、県立博物館に立ち寄った。
常設展は和歌山の歴史だが、企画展には結構思白いものがある。
昨日は、「きのくにの歩み」であった。
この博物館は65歳以上が、免許証を見せるだけで無料である。
これはいい制度。コキは胸を張ってタダで見学できる。


主に和歌浦と新宮熊野地方の熊野古道周辺の景色の絵などを展示していた。
中でも熊野の神々の成立を物語る「熊野権現縁起絵巻」3巻の異本が初公開されていたが面白かった。

熊野が神も仏も一緒くたに信仰してきたことがよくわかった。
絵を見ながら思ったが、熊野はさほど変わっていないが、和歌浦は大きく変わっている。


私が働き始めた昭和42年からでも大きく変わってしまった。
観光立県をうたっているが、和歌浦や水軒浜の景色が昔のままであれば、今ならもっと人が来るのではないかと思う。それと路面電車。なくなってしまって残念である。
都会のスタイルに追い付け追い越せと頑張ったけれど、やはり世の中は昔の景色のほうが、世界のだれもが期待している和歌浦や熊野の景色である。

紀南のほうは壊れながらも昔ながらの自然がかなり残っているので、串本町の自然景観はジオパークに今年もまた指定された。
展示品には、昔、江戸時代の鳥瞰図が結構多かったが、それらを見ながらこの景色が今残っていたら、と思いながら鑑賞した。

美術館の前で大勢の人が集まってスマホやタブレットをシュッシュッとこすっていた。
ポケモンGOかなにか美術館辺りに出現したのだろうか。異様な感じがした。


昨日の ルベルベット の開場を待つ人の行列。

今日は3℃であった。今日こそバイクで行こうと昨夜レインパンツの裏に、防寒用のフリースを張り付けたが結局車にした。