この頃思うこと2019年07月22日 21時27分14秒

最近地震のことが気になりだした。

磯田さんの古文書の読み解きの本を見ていて余計そう思うようになってきた。
何かどこかで起こりそうな気がしてならない。
東南海地震も周期的に見て起こってもおかしくない。
我が家の近くの紀ノ川右岸には中央構造体の断層が走る。
ここもいつ揺ってもおかしくない。

磯田さんの本では自分の身は自分で守ろう、ということがいわれている。
まさにその通りで、いかに生き延びるか、どうすれば生き残れるかをシミュレーションしておかなければと思う。

先の九州地方の大雨の際も、警報を出したいが住民の逃げ場がないという自治体が多いことが問題にされていた。
地震の時は広域になるのでもっと大変だと思う。
最近の雨は50年に一度とか経験のしたことのない雨だとかが続いている。
具体的なガイドラインも出さずお金も少ししか出さず、すべてを自治体任せにしていないかどうか、もう一度防災について考えてほしいね。
高齢社会になってきて、素早く逃げられる人も減ってくるから、なおさら真剣に取り組んでほしい。
選挙の開票結果を見ながらそんなことを思っていた。

写真は白黒が1971年、カラーが1975年。

上浦海岸

潮岬

このミニ函館のような街に、専門家は3分で10mの津波が来るといっている。
実際に来ればひとたまりもないが、幸い沖の大島が天然の防波堤になっているので、
波もじわりとくる。
南海地震の際には我が家も津波に襲われたらしいが、波はじわっときて鴨居まで水没したようである。

串本の街