原発建設に反対した頃2019年08月23日 22時56分23秒

前の会社の組合でいろいろなデモやストを経験したが、この原発反対闘争は今でも意義があったと思う。
連日地域の人たちと反対運動をしたが、もし紀南に原発が出来ていたらと思うとぞっとする。

東南海地震では3分後に10mの津波が来ると言うが、もし原発が出来ていたらそれらは福島ぐらいの被害は覚悟しなくてはいけないだろう。

よくぞ断念させたと思う。

最近は日本ジオパークとして自然の成り立ちなどの、証拠の景観がクローズアップされている。
この貴重な自然のあふれるところに原発を建設しようという、その発想がおぞましい。
辺野古などどれだけ自然を壊せば気が済むのか、なぜそっとしておいてくれないのか。

オリンピック会場でもあるお台場の海は下水が流れ込むので大腸菌が基準の数倍以上あり、トライアスロンで泳いだ選手が何人も腹痛を訴えたという.
下水処理を別ルートにせず雨が降ればそのまま海に流すという中途半端な施設を作っているのでこうなる。
そんな下水道はだめだと当時反対したのは、確か、K党だけだったと記憶する。

大腸菌うじゃうじゃな海を作っておいて、誰も責任をとらないし改修計画もない。
フィルターでフェンスをしてその場しのぎのことをする。
真夏のオリンピックトライアスロン競技のスイムはどうするのだろう。

さみしいね。

写真は1978年6月原発反対闘争で盛り上がった日のもの。

最近その予定地近くにロケット打ち上げ基地が出来るという。
それの方がはるかに夢があり雇用も増えるのではなかろうか。

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

原発反対闘争の頃

昨日はツンドラの氷が溶けていると書いたが今朝のBSニュースではアマゾンの山火事は大変なことになっているとか、アマゾンが砂漠になれば、もう人類は生きていけないだろう。
早くなんとかしないと地球上の生物が生きていけなくなってしまう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kikuo.asablo.jp/blog/2019/08/23/9144724/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。